星 蘭 ひとみ 出光。 星蘭ひとみの本名や出身学校などのプロフ情報!プライベート画像は?

星蘭ひとみの実家は出光興産!?双子の真相や学習院を卒業して頭が賢い!

星 蘭 ひとみ 出光

キャロル:彩みちる(本役:朝美絢) というわけで 99期・諏訪さきの主演が決定。 いやーめでたい!! 本当におめでとうございます!! かねがね当ブログでは 99期の最期の頼みの綱として諏訪の名前を出してはいましたが、 ご存じの通り雪組は 「ひとりっ子政策」が根強い組。 これまで「お情け新公」を一切しないイメージだったのですが (調べきれないのですが平成以降で新公1回の人っていたのだろうか?) ここにきて 宝塚人事の良心を見た印象です。 諏訪は入団成績2番と成績優良者で実力も高水準。 だがしかし、組内ではどちらかというと 雪組別格四天王コースっぽい雰囲気を漂わせていたので まさかまさかの新公主演で驚き半分、嬉しさ半分といった感じ。 そして99期といえば、97期を上回る不遇の期として 去年の段階で 新公主演者が0。 本命と思われた亜蓮冬馬、輝生かなでのおこぼれを 帆純まひろ、英かおとが拾ったかたちで新公主演を果たし、 これで3名が新公主演経験者となりました。 なんだか97期が永久輝せあを除き、 綺城ひか理、蓮つかさ、留依蒔世がお情け1 回(綺城は1. 5回)やったのと 似たような状況ですよね。 まぁ一定数路線スターを作っておかねば 今後ますます人材不足になっていくのは目に見えていますし、 来年始まるであろう「宝塚グラフ」の99期年間特集で 掲載できる人がいないという問題もあるでしょうから、笑 組の状況よりも宝塚人事全体を見た結果の 新公主演決定と言ったところでしょうか。 いずれにせよ諏訪にはこのチャンスを 大いなる飛躍の糧にして頂きたいですね。 応援しています!! 101期・星蘭ひとみ:まさかの専科異動 こちらは久しぶりのビックリ人事。 星組のオードリー・ヘップバーンこと、 星蘭ひとみがまさかの専科異動。 星蘭といえば、既に 新公ヒロを2度経験した立派な路線娘役なわけですが、 その圧倒的なヴィジュアルよりも ある意味凄まじい舞台技術の方が話題になる存在。 笑 いやもうその美貌は本当に完璧ですよね。 美しいだけでなく気品がある。 『霧深きエルベのほとり』での極美慎との並びは モブポジションだったにも関わらず 圧巻の美の輝きを放っていました。 ですが、先日改めて『デビュタント』観ましたけど、 いやー凄いですよね。 下手とか音痴とかそういうレベルじゃない。 宝塚ではよく、大切なのはヴィジュアルか技術か という二者択一論がよく持ち出されますけど、 彼女の場合、そのヴィジュアルで全くカバー出来ていないのが凄い。 先日スカステで「プリンセスRecipe」なるコーナーに出ていましたけど、 台詞ではなく自分のことを喋っているのに、 それすらも棒読みでしたからねぇ…。 というわけで映像系に進出するというのは その美貌をいかんなく発揮できるわけですから 選択肢としては正解なのかもしれません。 わざわざ 「今後は映像を中心に出演する予定」と書くくらいですから もう既に次の仕事は決まっているのでしょう。 過去には 純名里沙という 財団中にNHK連続テレビ小説『ぴあの』に主演、 その後トップ娘役になった存在がいるわけですが、 星蘭はそのコースを歩まなそうな予感がします、技術的に。 まぁこの専科異動に関しては今後も含め様子見でしょう。 彼女も新たな環境での飛躍に期待したいです。 奇数期のつれづれを思う 以前、95期を挟んで前は偶数期が、 後ろは奇数期が不遇な印象があるなんて書きましたけれど、 97期、99期に続き101期もなんだかよう分からない状況になりつつあります。 月組では娘役転向した 天紫珠李と 結愛かれんが拮抗状態、 縣千は雪組ひとりっ子コースかと思いきや、 綾、彩海にはばまれて実は現時点で新公主演1回のみ (しかも轟理事)。 そして新公ヒロを2度務めた 星蘭ひとみは専科異動となり、 順調に歩みを進めているのは 首席で初詣ポスターにも出ていた 鷹翔千空くらいかなぁ。 もちろん、新公学年はあと2年間もチャンスがありますし まだなんとでも転がりますけれど、 100期、102期の路線過多な印象と比べると、ねぇ。 というわけで101期が今後どうなっていくのか こちらもあわせて気になるところです。 ただ立樹と未来は御曹司だった貴城が新公卒業&下に上げたい生徒がいなかったための応急処置的新公で、蘭香は花組から組替えな上主演作が役替わりの凱旋門、更に次作で退団したのでちょっと特殊枠かな。 あと星蘭さんの専科入りは、娘1にしたいけど舞台技術に問題がありまくりだし今後上がる見込みもないから外部で知名度を上げてから…ということなのか、あるいはもう路線終了で宝塚の広告塔的に映像作品で使っていくということなのかがわかりにくいですね。 舞空の下で経験積ませた方が今後のためだと思いますが、予科本科の関係だから酷だと判断したのか? 星組の人事って最終的に上手くいきますけど、結構行き当たりばったりで決めてる感じがしますね。 こんばんは。 ここのところ急に冷えてますから体調崩しやすいのでお大事になさってください。 雪組で1度だけの新公主演者というと上で書かれている香綾しずるさんと大湖せしるさんもそうだったはずです。 当時の雪組は本命の凰稀さん沙央さんと彩風さんの中間に1、2回の生徒を挟んでいてちょっと今の雪組に近いかもしれないですね。 星蘭さんの映像中心専科は本当に驚きました。 純名里沙さんが現役生ながら朝のテレビ小説の主演を務めたのを思い出しました。 当時宝塚には興味がありませんでしたがドラマのおかげで純名里沙さんだけは認識してました… 朝ドラはもう再来年まで主役も決まっているので違うでしょうが大きな映像のお仕事が既に決まっているんでしょうかね。 とても興味があります。 舞台技術にかなりの不安のある彼女ですが仮に映像で成功して知名度が上がったらどこかでトップ就任もあるのかなと思ったりしています。 可能性は低いとは思いますが。 あの美貌に話題性があればお芝居をもう少しなんとかしたらトップ就任ありそうなんですよね。 就任先にはこういう異例人事大好きな月組が真っ先に浮かんでしまいました。 現状組内で上げたい娘役がイマイチ見えてこない組というのもありますが。 いつも楽しみに拝読しております。 ライビュ専科の地方民です。 寒暖差が激しいと体調を崩しやすくなりますね。 お大事になさってくださいね。 劇団としてはそろそろ檀れいさんクラスの「映像の世界で宝塚出身と認知されている美人」枠が欲しいのかなあ。 そういう方がいると初心者に宝塚を紹介しやすいですしね。 檀さんは技術面でいろいろ言われておりましたが、「私を見て!感動して!」の圧は凄かった。 金麦のCMでの15秒に込めた瞬発力は今見てもハッとします。 星蘭さんは演技が上手い下手というより、綺麗な瞳の奥の感情を読み取ろうとして「読み込み中・・・ぐるぐる・・・読み込みできませんでした。 あれ?」と戸惑うことがあるんです。 笑 前近代の皇室のやんごとなき方を思わせるような。 カメラ撮影用の演技のレッスンを受けることがいい刺激になるといいな。 大河ドラマで公家の姫役とか来ないかしら。 せーらひとみちゃん、専科移動ビックリしましたね。 私は記憶はなかったのですが、純名りさの前に 遥くららさんがテレビに出ていたそうです。 お歌はあまり上手ではなかったものの、外の仕事でお芝居が 少しうまくなり、大スター、麻美れい様の相手役をして ターコ様ファンもわりと温かく見守っていたそうです。 私はちびっこの頃このゴールデンコンビを何度か見て 好きだったのですが、こないだ映像を動画で見て ターコ様がビジュアルだけでなくお歌まで素晴らしいのに対し 遥くらら様はお歌はさほどでもなかったので、 先ほどの話を聞いて納得しました。 せーらひとみちゃんも、お芝居が少し鍛えられると良いですよね。。 純名りさのような歌はなくとも。

次の

星蘭ひとみが専科へ!組み替えの理由や出演作品は?YouTuberになる可能性も?【マーケティングの観点から読み解く組み替え】

星 蘭 ひとみ 出光

今回の記事では、宝塚歌劇団男性ファンが男性におすすめしたい可愛い娘役【星組編】をご紹介します。 このサイトをありがたくもチェックしていただいている方の 男女比は1:9くらいだと思います。 しかし、幼い頃からミュージカルというエンターテイメントで活躍することを志し、将来有望な女性が入るところ、それが宝塚歌劇団であることは間違いありません。 そこで、今回は男性目線から世の中の男性におすすめしたい美しく、可愛い娘役を星組からご紹介します。 - 2017 10月 1 5:35午前 PDT 宝塚歌劇団星組、101期生。 入団時の成績は37番。 2015年月組「1789-バスティーユの恋人たち-」で初舞台。 2017年「ベルリン、我が愛」新人公演で初のヒロインに抜擢。 オードリー・ヘップバーンに似ていると言われるほど端正かつ可愛らしい顔が特徴。 当初指摘されていた歌やダンスのスキルも向上中。 入団時の成績は19番。 2012年宙組「華やかなりし日々/クライマックス」で初舞台。 雪組に所属し、2017年星組に組み替え。 2017年「THE SCARLET PIMPERNEL」新人公演でヒロインを演じる。 「阿弖流為-ATERUI-」「ドクトル・ジバゴ」とヒロインが続く次期娘役トップ候補。 歌唱力も高く、栗山千明に似た顔立ち。 演技には男らしい力強さも感じる。

次の

星蘭ひとみの実家は出光興産!?双子の真相や学習院を卒業して頭が賢い!

星 蘭 ひとみ 出光

入団時には、決して優等生ではない成績ながら射止めた新人公演初ヒロインで、一気に娘役スター候補に名を連ねました。 2017年『ベルリン、わが愛』新公で初ヒロイン。 2018年『ANOTHER WORLD/Killer Rouge(キラー ルージュ)』でも二度目の新人公演ヒロインを努めていらっしゃいますね。 星蘭ひとみさんは101期生。 新人公演主演・ヒロイン経験のある同期生には、• 鷹翔千空(たかと ちあき)さん(宙組男役)• 結愛かれん(ゆい かれん)さん(月組娘役)• 天紫珠李(あましじゅり)さん (宙組娘役)• 縣千(あがたせん)さん (雪組男役) さんがいらっしゃいます。 (順不同・記事執筆当時) 2019年現在、研5ですのでこれからもあとに続く同期生はいることでしょう。 こちらの記事では、新人公演で2度のヒロインを努めた後に、専科に異動して「映像での活躍」がメインとなる星蘭ひとみさんのプロフィールやこれまでの舞台略歴をご紹介していきます。

次の