外壁 塗装 増 改築 等 工事 証明 書。 住宅:住宅ローン減税

外壁塗装工事でも住宅ローン控除を受けられる

外壁 塗装 増 改築 等 工事 証明 書

増改築証明書の発行7,700円(税込) 個人の方・リフォーム工事会社の方向け リフォーム工事で減税されるなんて知らなかった! という方も多く、そういう方々は、減税に必要な書類集めに苦労されていると思います。 ここでは、バリアフリーリフォーム減税を申告するために必要な「増改築等工事証明書」についての情報をお届けします。 住宅ローン減税についての記事は その他のリフォーム減税(省エネリフォーム、財形貯蓄の適格払出し、贈与税の非課税措置、固定資産税、その他)の種類、対象となる工事内容、証明書発行費用については をご覧ください。 省エネリフォームや耐震、長期優良住宅化リフォームなど、 減税にはさまざまな種類がありますが、 バリアフリーリフォームの所得税減税は、もっとも身近で申請しやすい制度と言え、 減税の上限額は 20万円となります。 浴室をシステムバスにリフォームされた方で 50歳以上、 所得税を納付されている方なら、ほとんどの場合が減税対象となります。 たとえば、この写真のような浴室工事なら、 ・段差の解消(洗面脱衣室と浴室出入り口の段差が2㎝以下) ・浴室の床をすべりにくくする ・出入り口の、ドアを引き戸にする ・浴槽のまたぎを低くする ・取り扱いが容易な水栓金具 ・手すりの設置(2箇所) 以上が減税対象工事となり、 合計 110,000円の減税となります。 けっこうな金額になりますよね! さらに、これに加えてトイレのリフォームをされた方なら、 ・便座の座高を高くする ・手すりの設置(1箇所) ・トイレの出入り口の段差を解消する ・滑りにくい床にする これらが減税対象となり、 浴室とあわせると、 合計 153,000円の減税となります。 もちろん浴室とトイレ以外にも手すりを取り付けた場合、 その本数分、減税額が多くなります。 テイキング・ワンでいままで増改築等工事証明書を出した中で、 もっとも減税額が多かったのは、 198,000円でした。 上限が20万円なので、満額に近いですね。 昨年、同じようなリフォーム工事をされた方は、 たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 でも、 「減税の話なんて、今はじめて聞いた!」 「どんな手続きをすればいいの、誰になにを頼めばいいの!」 「いまからで確定申告に間に合うの!?」 …という方が多いと思います。 でも、 ご安心ください! 減税対象の工事をした方は、 必要書類をそろえていただければ、 テイキング・ワンで「増改築等工事証明書」を発行します。 安いです。 当社で工事された方には、私たちが減税のことをお知らせして 増改築等証明書を発行するので みなさん確定申告をして税金が戻ってきてうれしい! と、なるのですが、 当社で工事されてない方は、減税のことを知らないままの方が多いということを知りました。 当社で工事していない方にも、 もっと気軽にこの制度を利用してもらいたいなという思いから、 お安く証明書の発行をしています。 建築士事務所の費用の相場はわかりませんが、当社では、一般の方が減税で得られるメリットに見合う金額で設定しています。 増改築等工事証明書は、建築士事務所に属する建築士等が発行できます。 証明書には、発行者の建築士の免許証の写し又は免許証明書を添付しますので、リフォーム工事会社でも、建築士事務所登録していない会社は証明書を発行できません。 それでは、レッツトライ! 1.条件があうかどうかレッツ・チェック! バリアフリーリフォーム減税の適用条件として、 浴室をシステムバスにリフォームされた方で 50歳以上、 所得税を納付されている方 と書きましたが、ほかにも条件があります。 例)減税額が10万円で 住宅所有の割合が夫:60%、妻:40%の場合、 夫が確定申告すれば減税額は60%の6万円程度となります。 *リフォーム工事費用に充てるために地方公共団体から補助金等の交付、 介護保険法に規定する居宅 介護住宅改修費又は介護予防住宅改修費の給付を受ける場合には、 本額を差し引いた金額から判定。 平成23年6月30日以降に契約を締結して工事を行う場合は、 国の補助金等も対象となる。 2.証明書発行のために必要な書類をそろえます 以下の書類をそろえてください。 ない場合は領収証や振込み明細書、通帳コピーなど工事代金の支払いが確認できるものもご提出ください。 工事費内訳書(見積書) どこを、どのようにリフォームしたのか、減税対象となる工事内容の詳細がわかるもの 間取り図面 間取りの変更がない場合は、現在の間取り図があれば結構です。 ない場合はご相談下さい。 工事写真 リフォームを行った部屋すべての、工事前・工事後の写真。 補助金等の給付証明書のコピー 補助金や住宅改修費の給付を受けている場合は、その証明書のコピー。 「増改築等工事証明書発行依頼書」は、以下からダウンロードしてください。 送っていただいた書類は、後日の確認のため当社にて保管しますので 返却いたしません。 原本ではなく、コピーをとったものを送ってください。 「リフォーム減税の手続きに必要だから」 と、おっしゃれば、出してくれると思います。 書類がそろったら、次は… 3.テイキング・ワンに連絡をする 連絡方法はメールかお電話で。 ご相談は無料です。 《メールでのご連絡》 このホームページの《お問合せフォーム》に、必要事項を入力して お問合せ項目欄に「バリアフリー減税について」と入力のあと、 おたずねになりたいこと、または増改築証明書発行希望 など 目的に応じたメッセージを送信してください。 メール、またはお電話にて、折り返しのご連絡をします。 《お電話でのご連絡》 テイキング・ワン電話092-919-5885に、お電話ください。 営業時間は土日祝日をのぞく平日の午前9時から午後5時です。 営業時間外には留守番電話、もしくは転送電話になっています。 必要書類がそらわなくて困った! という方も、まず相談してみてください。 4.2の必要書類をメール、郵送、またはお持込 メールなどでやり取りしたあとで、 必要書類をテイキング・ワンに送ってください。 書類は、 ご自宅でPDFに変換できるようでしたらメールに添付して送信ください。 PDFへの変換ができない場合は、 郵送、もしくはテイキング・ワンまで持ってきてください。 これら必要書類を確認して、 増改築等証明書を発行できるか否か、 最終的に判断します。 5.発行手数料をお支払ください お支払いは、テイキング・ワンの指定金融機関にお振込みください。 振込み手数料はご負担ください。 お振込みを確認後、増改築等工事証明書を普通郵便またはプラス500円で速達にて郵送します。 6.増改築等工事証明書が届いたら、お住まいの地域管轄の確定申告会場にて確定申告をしてください。 確定申告はご自身でおこなってください。 このページについてのお問い合わせ、ご質問は、お気軽にどうぞ。 必ずお読みください。 税金のこまかいことや、税制の詳細については税務署でなければわかりません。 リフォーム減税には、ほかにもいろいろな種類があります。 よくお問合せいただくのが、 バリアフリーリフォームの「固定資産税減税」です。 こちらは65才以上の方(その他の適合要件有)が対象で、 リフォーム工事完了後3か月以内に申請が必要なので、 期限を過ぎていたら申請できません。 また、バリアフリーリフォーム固定資産税の減額は、 建物のみにかかる固定資産税が 減税対象となり、土地は対象となりません。 そして新築時からの経過年数が経っている場合 特に戸建て20年以上 は、 家の資産価値が少ないため、 減税金額が少ない事が多いのでご注意下さい。 【よく発行しているリフォーム減税の種類】 ・バリアフリーリフォーム減税…タイルのお風呂をユニットバスにリフォーム プラス トイレリフォーム プラス 廊下や階段に手すりを設置するなど ・住宅ローン減税…100万円以上の工事で償還期間10年以上のローンを組んだ場合 ・財形貯蓄の適格払い出し…リフォーム費用を財形貯蓄で支払う場合 ・贈与税の非課税措置…資金の贈与を受けて行う一定のリフォーム ほかにもいろいろとリフォーム減税には種類がありますが、 以上の4つが多いです。 くわしくは、以下のページをごらんください。 さまざまな減税制度についてまとめた冊子をご紹介します。 「マンガでわかる住宅リフォームガイドブック」.

次の

外壁塗装でローン控除を行う仕組み②

外壁 塗装 増 改築 等 工事 証明 書

外壁塗装もOK、住宅ロ-ン控除で減税 住宅ローン控除とは、年末に残っている住宅ローンの残高に応じて、所得税から一定額が控除される制度です。 年末調整の際に一度確定申告すれば、条件が変わらない限り、10年間は対象となって控除が受けられます。 外壁塗装も、一定の条件を満たしていれば住宅ローン控除の対象になります。 まずは住宅ローン控除の仕組みからじっくり確認してみましょう。 10年間で最大400万円、住宅ローン控除の仕組みとは? 住宅ローン控除とは、一般的にわかりやすいからと定着した呼び名で、正しい制度名称は「住宅借入金等特別控除」といいます。 ここでは、わかりやすく「住宅ローン控除」の呼び名で紹介を進めていきます。 2021年12月までに住宅を購入&入居で対象に 住宅ローン控除の対象となるのは、2021年12月までに住宅を購入し、入居した人です。 毎年最大40万円が所得税から戻ってきます。 会社員は、その年の所得税が前もって勤務先から納税されているので、年末調整で確定申告し、納め過ぎたことになる分を還付してもらうことになります。 現金が返ってくるのは、お得な気分、倍増ですね。 とはいえ、家を購入すればだれもが毎年40万円戻ってくるわけではありません。 条件の詳細を確認しましょう。 最大控除が受けられる条件とは 最大控除が適用されるのは、ローン残高が10年間で4000万円を超えている、つまり借入額が4000万円を超えている場合です。 加えて、年間の所得税と住民税が合わせて40万円を超えている必要があります。 所得税から控除しきれない場合、住民税からも控除されます。 ただし、住民税から控除されるのは、所得税の課税総所得金額などの額の7%、もしくは13万6500円のうちの小さい額が上限となります。 納税額を超える金額が戻ることはあり得ません。 また、返済期間が10年は必要です。 繰り上げ返済などで返済期間が10年を切ると、控除の対象から外れます。 金融機関からの借り入れが対象、諸条件に注意 どこから借り入れているかも対象の条件となります。 一般的な金融機関から借りたいわゆる住宅ローンであれば、問題はないはずですが、職場の従業員向けの貸し付けや親や親族などから借り入れた場合は対象にはなりません。 住宅ローン控除に必要な主な条件• 新築または取得日から6カ月以内に入居している• 所得が3000万円以下である• ローンの返済期間が10年以上ある• 登記簿に記載されている床面積が50㎡以上• 床面積の1/2以上が自分の住居用である 認定長期優良住宅や認定低炭素住宅など、より長い期間住むことが前提となった住宅は、最大控除額やローン残高の条件が変わりますので、注意が必要です。 外壁塗装で受ける住宅ローン控除 上記で説明した住宅ローン控除は、外壁塗装を行った場合も対象になります。 外壁塗装は大切なメンテナンスの1つですし、バカにならない額の費用がかかる場合もあります。 こうした知識があれば、いざというときあわてずに済むことも多いですので、外壁塗装が住宅ローン控除の対象となる場合も確認しておきましょう。 外壁塗装でローン控除を受ける条件 住宅ローン控除は、リフォームも対象となります。 その規定は、建築基準法で定める「大規模な修繕」や「大規模な改修工事」というものです。 外壁塗装は、これに当てはまります。 提出する書類• 増改築工事証明 (外壁塗装の際、業者が作成する書類)• 住宅借入金等特別控除の計算明細書• 住宅取得資金に関わる借入金の年末残高証明書• 住民票の写し• 給与所得者は、給与所得の源泉徴収票 特に最初の「増改築工事証明」は、外壁塗装を行ってローン控除を申請する際に欠かせない書類です。 外壁塗装だけだと、施工前後の変化がわかりづらいこともあって、増改築に該当しないとみなされることもあるためです。 外壁塗装前に確定申告で住宅ローン控除の利用を検討していたら これから外壁塗装をお考えの方にとっては非常に心強い制度ですね。 外壁塗装での住宅ローン控除には、業者にも用意してもらう書類があります。 そのため、契約を済ませる前に一度業者には相談しておくと良いでしょう。 対応できる業者かそうでないかも、良い業者かどうかの一つの判断材料となります。

次の

必要書類 (参考写真)│増改築等工事証明書の発行手続きサイト

外壁 塗装 増 改築 等 工事 証明 書

リフォームの際の住宅ローン減税とは リフォーム時に該当する住宅ローン控除とは、リフォームを行った際にその費用が減税の対象になる場合、税金が戻って来る制度です。 国は、住宅借入金等特別控除という、住宅ローン控除を行っております。 住宅の取得や大規模修繕の際に住宅ローンを組んだ場合、一定の要件を満たすと住宅ローンの減税を受ける事が出来ます。 外壁塗装のリフォームを行った際も、この住宅ローンの減税に該当する事があります。 減税対象の限度額は400万円までです。 該当する場合、毎年10年間年末の住宅ローンの残高の1%相当が減税となり戻ってきます。 住宅ローン控除のイメージは、次の図を見ると解りやすいと思います。 年 元金残高 最大控除・減税額 2014年 平成26年 23,830,932 238,309 2015年 平成27年 23,318,080 233,180 2016年 平成28年 22,796,651 227,966 2017年 平成29年 22,266,501 222,665 2018年 平成30年 21,727,480 217,274 2019年 平成31年 21,179,443 211,794 2020年 平成32年 20,622,241 206,222 2021年 平成33年 20,055,718 200,557 2022年 平成34年 19,479,718 194,797 2023年 平成35年 19,479,718 188,940 使われる住宅ローンの金利にもよりますが、一般的な住宅ローン減税によりこれだけの減税へ繋げる事が出来ます。 とても大きな控除又は減税額という事がよく解ると思います。 住宅ローン控除に該当するポイント 住宅ローン控除を受ける事が出来る要件は 「大規模な模様替えの工事」に該当する事です。 大規模とは建築物の主要構造部の一種以上となり、模様替えとは材料や仕様を変え改修工事前の建物の価値の低下を防ぐ工事となります。 住宅ローン控除を受ける為のポイントは、以下の項目が必須となります。 建物を取得して住み始めたのが、平成26年4月1日~平成31年6月30日の間 その時期により、この期間は変わる場合があります。 主要構造部模様替えのリフォームの工事費用の合計が100万円以上 通常外壁塗装は主要構造部の該当にはなりませんが、住宅ローン控除の場合は該当となります。 他の部位の塗装の場合は、主要構造部の該当とみなされませんので該当しません。 住宅減税手続きを行う当人のその年の取得合計金額が3000万円以下 年収ではなく、様々な控除を行った後の金額が3000万円以下であれば該当します。 住宅ローンを10年以上借りる事 外壁塗装工事の場合は、10年以上の住宅ローンを借りる事が条件となります。 増改築面積が50㎡以上 この場合、外壁塗装工事のリフォームの㎡数が50㎡以上という事となります。 ご自分の住居用の建物である事 住宅ローン控除を受ける、ご自分が住む建物の工事しか該当しません。 賃貸であったり、ご自分以外の親や子供等がご自分名義の住宅ローンで借入れを行う場合は該当しません。 あくまで、ご自分が住む建物の住宅ローン控除の為の手続きのみの該当となります。 耐震性能を有している建物である事 古い建物は耐震性能があるとはみなされず、対象外となります。 木造は築20年以内、鉄筋コンクリート造の場合は築25年以内の建物が該当となります。 住宅ローン控除対象になる住宅ローンとは 住宅ローン控除対象になる住宅ローンは、全ての住宅ローンが該当する訳ではありません。 一般的な銀行から借り入れをする住宅ローン(フラット35など)が該当します。 住宅ローン控除にならないローンは、以下が挙げられます。 控除にならないローン 1 一般的な金融機関からの借り入れではない住宅ローン 2 職場の従業員向けの貸付 3 親や親族等から借り入れしたローン 一般的な金融機関からのローンと比べると、他から借り入れをする場合の方が金利等の問題を考慮すると最終的にお得かもしれません。 しかし、今回のような外壁塗装のリフォーム等による住宅ローン控除を受ける事を考えると、最終的には一般的な金融機関からの住宅ローンの場合の方がお得となる場合もあります。 住宅ローン控除に必要な「増改築等工事証明書」とは 住宅ローン控除を受ける為には、税務署に提出する必要書類が全て揃っている事が絶対条件となります。 住宅ローン控除の条件には、建築業者が発行する「増改築等工事証明書」が必要となります。 外壁塗装の住宅ローン控除は、増改築等工事証明書が大きなカギとなります。 どのような書類なのか、ご紹介致します。 増改築等工事証明書は建築業者が作成 増改築等工事証明書は、リフォームの際の建築業者が作成してくれます。 増改築等工事証明書を税務署に提出する事で住宅ローン控除を受け付けるので、建築業者には事前にこの書類の発行をお願いしましょう。 その為、工事着工前に建築業者と増改築等工事証明書に対して、きちんと打ち合わせをしておかなければいけません。 工事が終わってからでは作成できない場合もありますので、必ず工事着工前に依頼しましょう。 増改築等工事証明書が無ければ住宅ローン控除を受けられない 特に外壁塗装工事のリフォームの場合は、増改築等工事証明書が無いだけで増改築工事を行ったとみなしてくれない場合があります。 外壁塗装工事の場合は着工前と完成後の違いが解りにくいので、他の増改築工事と比べてより高く増改築等工事証明書が必要だという事を覚えておきましょう。 増改築等工事証明書は他の書類では代用不可能 増改築等工事証明書という書類が必要ですので、これに変わる書類では代用にはなりません。 しかし、工事契約書や見積書、領収書等で増改築等工事証明書の代わりになると、勘違いをしているお客様も少なくないようです。 増改築等工事証明書を提出しなければ住宅ローン控除の手続きが始まりませんので、他の書類では全く意味を成しません。 増改築等工事証明書という書類1つで住宅ローン控除を受ける事が出来ませんので、よく覚えておきましょう。 住宅ローン控除を受ける事が出来れば、以降10年間は住宅ローン減税となります。 住宅ローン控除の為には確定申告も必要 住宅ローン控除は、確定申告をしなければ受ける事が出来ません。 住宅ローンに該当するリフォームを行った翌年の初めに、必ず確定申告を行いましょう。 1度確定申告を行っておくと翌年以降も同じ内容で更新されますので、 毎年確定申告を行う必要はありません。 一般的な会社員の方は確定申告に慣れていないので、申告時期のギリギリに慌ててしまう事があります。 年末年始などの時間に余裕がある時に必要書類を揃えるようにし、いつでも確定申告が出来るように準備しておく事をオススメします。 ローン控除は選択する制度により還付額に差が出る 住宅ローン控除についてご紹介しておりますが、外壁塗装リフォームを行う際の工事の内容によっては、他の減税制度を採用した方が減税金額が高くなる場合があります。 住宅ローン控除より得する可能性が考えられる他の減税制度は、 バリアフリー改修減税と省エネ改修減税の2つです。 バリアフリーの改修工事や省エネに対する改修工事に外壁塗装工事が大きく絡む場合、この2つの制度の方が減税額がお得になる場合があります。 バリアフリーや省エネリフォーム工事の際、外壁塗装工事を絡めて減税に該当するのかが大きなポイントとなります。 どの減税制度が1番お得なのか、建築業者に相談すると的確に判断をしてくれます。 解りにくく判断が付かない場合は、外壁塗装の達人入力フォームへご入力頂くと、専門スタッフがお電話で相談をお聞きさせて頂きますのでお気軽にどうぞ。 住宅ローン控除が損になる場合もある 住宅ローン控除と考えると、物凄くお得に聞こえます。 しかし、今回外壁塗装工事でローンを組む前に、建物購入の際に住宅ローンを既に組んでいる事を思い出してみましょう。 そもそも元からある住宅ローンを減税させる為に、住宅ローン減税の為の外壁塗装工事費用のローンの借り入れを今回は検討しています。 しかし、住宅ローン控除と今回の外壁塗装工事のローンにかかる利息を比較すると、100%お得になっていない場合もあります。 住宅ローンが減税になっても今回のリフォームのローンの利息が高くなり、結果的に損してしまうケースもあります。 これでは、せっかくの住宅ローンの減税の手続きは何の意味もありません。 更に、住宅ローン控除をする為に行わなければいけない書類作成等の手間も大きくかかってしまいます。 減税してお得にする為の手続きですので、お得が見込めるどころか損をしてしまうのであれば住宅ローン控除の手続きを組まない事をオススメします。 まずは、住宅ローン控除と今回の外壁塗装工事のローンの金利の差し引きを行って、お得なのか損なのかを計算して対比する所からはじめましょう。 建築業者はこのような計算は非常に得意ですので、事前に問い合わせてどれが1番のお得な方法なのかを検討しましょう。

次の