メジャー2nd 薫。 メジャーセカンドかわいい子ランキング!キャラクターの紹介も合わせて

メジャーセカンド(第2シリーズ)

メジャー2nd 薫

小学生の時はあまりかわいらしいシーンがなかったので、ヒロインなのかどうか微妙な立ち位置だったような気もしますが。 小学4年生の時に吾郎と同じクラスになり、三船リトルで同じチームに所属していました。 小学生の時から、吾郎に対して特別な感情を抱いていた描写があります。 小学生の時に、吾郎が九州へ突然転校して、中学で戻ってきた時には殴るほど怒りを露わにしていたので、よっぽど好きだったのでしょう。 小学生の時は運動音痴キャラで吾郎にバカにされるシーンも多かったのですが、中学からはソフトボール部のキャプテンになるまで運動神経が改善しました。 高校でも聖秀学院高校でソフトボール部のキャプテンを務めたり、150キロ越えの吾郎のストレートをキャッチするなど、 達者な運動神経を持つようになりました。 弟は清水大河と言い、後に聖秀学院高校で吾郎と同じチームで戦うことになります。 茂野吾郎と清水薫の馴れ初めと交際のきっかけ 吾郎とと清水薫の馴れ初めと言っても、 幼馴染なので交際に発展するまでの経過はあまり明確ではありません。 初めての出会いは小学4年生の時のクラスが同じになったことがきっかけですね。 クラスのいじめられっ子だった小森を助けるために学級委員長の清水が助けるといった学校生活が描かれていました。 いじめに関して吾郎は関係ないのですが、ある日、小森がいじめられているところに助け舟を出したところ揉め事が発展していき、清水と接触するようにもなります。 それから、三船ドルフィンズで野球を始めるべく、学校の生徒を勧誘するのですが、清水も入団するようになりました。 小学生の頃、 清水が野球を辞めたいと言ってきて、吾郎がフライが取れるようにレクチャーします。 その時の吾郎の言葉が 「おまえが一人で捕れるようになるまで、おれ、この手、絶対離さねーから」 と小学生が口にするにはませている口説き文句のようなセリフに清水は恋に落ちていくようになりました。 本格的に交際し始めたのは、吾郎がメジャー挑戦のためにアメリカへ渡りちょうど1年近く経った頃。 吾郎はワールドカップの日本代表に選ばれるかどうかの時期に日本へ帰国してきました。 清水は弟にそそのかされるように吾郎をデートに誘います。 しかし、吾郎はワールドカップのことを優先し、デートをすっぽかしてしまうのです。 姉の姿を見た大河が様子が変だと思い、事情を聞いて清水の気持ちを吾郎に伝えます。 事の重大さが分かった吾郎は清水のところへ謝罪しに行きます。 その時に清水は 「別に起こってないよ。 悪気が無いのは分かっている。 ライブに一緒にいけなくなったことは怒っていない。 ただ本田と私に温度差があってこたえただけ。 ライブに遅れても行くって言ってくれなかったのは本多は少しもドキドキしてなかったっていうことだもんな」 と話し、吾郎はそこで初めて清水を女性として認識し始めました。 別日に吾郎から清水をデートに誘い、遊園地や水族館に行きました。 清水はてっきり前日のデートの埋め合わせだと思っていたのですが、吾郎は 「気を使ってただの幼馴染のために1日をつぶすほど俺はお人よしじゃねえ。 たぶんただ好きなこと普通にデートしたかっただけだよ。 2アウト満塁のピンチよりも今日は何倍もドキドキしたよ。 10年かからないと気づかない鈍感野郎だけどそんなんでいいか?」 とさりげなく告白。 野球と絡めた比喩でデートでのトキメキを表現し、自分の鈍感さを認めて告白する。 何とも男らしい告白の仕方ではないでしょうか。 ここから二人は本格的に交際をスタートするのです。 茂野吾郎と清水薫が結婚するシーンと結婚後 36. 交際して1年がたったころ、吾郎がスランプに陥った状態で日本に帰国します。 女性トレーナーが吾郎の監視をするために日本へついてくるのですが、その時に清水と鉢合わせます。 清水は吾郎の彼女だったらメジャーリーガーの妻になることの意識を持つことの重要性を教えられ、覚悟がつかない状態に陥ってしまいました。 メジャーリーガーの妻になることへの不安や心配を吾郎に打ち上げるために公園に呼び出し、全てを吐き出しました。 すると、吾郎は 「大学出て働いたっていい、お前の人生なんだ。 俺に合わせることなんてない。 それにメジャーリーガー茂野吾郎を支えなきゃなんて気負うこともねえ。 お前のペースで良い。 いつかお前が本当にそれでもいいって思えた時、生涯茂野吾郎とバッテリーを組んでくれ。 」 と話し、これが事実上のプロポーズになりました。 清水が大学2年生なので、結婚のプロポーズにしては早すぎじゃない?と違和感も覚えますが感動エピソードとして綺麗にしまっておきましょう。 アニメ版の最終回はこのシーンで締めくくられ、場面はワールドシリーズに切り替わります。 数年後のシーンになるのですが、いつ頃結婚したのかも具体的には分かりませんでした。 ワールドシリーズ決勝で長女が出産しているのでおそらくその年に結婚しているのでしょうが。 詳しくは『 特別版「ワールドシリーズ編」夢の瞬間へ』に収録されています。 まとめ.

次の

メジャーセカンドかわいい子ランキング!キャラクターの紹介も合わせて

メジャー2nd 薫

小学生の時はあまりかわいらしいシーンがなかったので、ヒロインなのかどうか微妙な立ち位置だったような気もしますが。 小学4年生の時に吾郎と同じクラスになり、三船リトルで同じチームに所属していました。 小学生の時から、吾郎に対して特別な感情を抱いていた描写があります。 小学生の時に、吾郎が九州へ突然転校して、中学で戻ってきた時には殴るほど怒りを露わにしていたので、よっぽど好きだったのでしょう。 小学生の時は運動音痴キャラで吾郎にバカにされるシーンも多かったのですが、中学からはソフトボール部のキャプテンになるまで運動神経が改善しました。 高校でも聖秀学院高校でソフトボール部のキャプテンを務めたり、150キロ越えの吾郎のストレートをキャッチするなど、 達者な運動神経を持つようになりました。 弟は清水大河と言い、後に聖秀学院高校で吾郎と同じチームで戦うことになります。 茂野吾郎と清水薫の馴れ初めと交際のきっかけ 吾郎とと清水薫の馴れ初めと言っても、 幼馴染なので交際に発展するまでの経過はあまり明確ではありません。 初めての出会いは小学4年生の時のクラスが同じになったことがきっかけですね。 クラスのいじめられっ子だった小森を助けるために学級委員長の清水が助けるといった学校生活が描かれていました。 いじめに関して吾郎は関係ないのですが、ある日、小森がいじめられているところに助け舟を出したところ揉め事が発展していき、清水と接触するようにもなります。 それから、三船ドルフィンズで野球を始めるべく、学校の生徒を勧誘するのですが、清水も入団するようになりました。 小学生の頃、 清水が野球を辞めたいと言ってきて、吾郎がフライが取れるようにレクチャーします。 その時の吾郎の言葉が 「おまえが一人で捕れるようになるまで、おれ、この手、絶対離さねーから」 と小学生が口にするにはませている口説き文句のようなセリフに清水は恋に落ちていくようになりました。 本格的に交際し始めたのは、吾郎がメジャー挑戦のためにアメリカへ渡りちょうど1年近く経った頃。 吾郎はワールドカップの日本代表に選ばれるかどうかの時期に日本へ帰国してきました。 清水は弟にそそのかされるように吾郎をデートに誘います。 しかし、吾郎はワールドカップのことを優先し、デートをすっぽかしてしまうのです。 姉の姿を見た大河が様子が変だと思い、事情を聞いて清水の気持ちを吾郎に伝えます。 事の重大さが分かった吾郎は清水のところへ謝罪しに行きます。 その時に清水は 「別に起こってないよ。 悪気が無いのは分かっている。 ライブに一緒にいけなくなったことは怒っていない。 ただ本田と私に温度差があってこたえただけ。 ライブに遅れても行くって言ってくれなかったのは本多は少しもドキドキしてなかったっていうことだもんな」 と話し、吾郎はそこで初めて清水を女性として認識し始めました。 別日に吾郎から清水をデートに誘い、遊園地や水族館に行きました。 清水はてっきり前日のデートの埋め合わせだと思っていたのですが、吾郎は 「気を使ってただの幼馴染のために1日をつぶすほど俺はお人よしじゃねえ。 たぶんただ好きなこと普通にデートしたかっただけだよ。 2アウト満塁のピンチよりも今日は何倍もドキドキしたよ。 10年かからないと気づかない鈍感野郎だけどそんなんでいいか?」 とさりげなく告白。 野球と絡めた比喩でデートでのトキメキを表現し、自分の鈍感さを認めて告白する。 何とも男らしい告白の仕方ではないでしょうか。 ここから二人は本格的に交際をスタートするのです。 茂野吾郎と清水薫が結婚するシーンと結婚後 36. 交際して1年がたったころ、吾郎がスランプに陥った状態で日本に帰国します。 女性トレーナーが吾郎の監視をするために日本へついてくるのですが、その時に清水と鉢合わせます。 清水は吾郎の彼女だったらメジャーリーガーの妻になることの意識を持つことの重要性を教えられ、覚悟がつかない状態に陥ってしまいました。 メジャーリーガーの妻になることへの不安や心配を吾郎に打ち上げるために公園に呼び出し、全てを吐き出しました。 すると、吾郎は 「大学出て働いたっていい、お前の人生なんだ。 俺に合わせることなんてない。 それにメジャーリーガー茂野吾郎を支えなきゃなんて気負うこともねえ。 お前のペースで良い。 いつかお前が本当にそれでもいいって思えた時、生涯茂野吾郎とバッテリーを組んでくれ。 」 と話し、これが事実上のプロポーズになりました。 清水が大学2年生なので、結婚のプロポーズにしては早すぎじゃない?と違和感も覚えますが感動エピソードとして綺麗にしまっておきましょう。 アニメ版の最終回はこのシーンで締めくくられ、場面はワールドシリーズに切り替わります。 数年後のシーンになるのですが、いつ頃結婚したのかも具体的には分かりませんでした。 ワールドシリーズ決勝で長女が出産しているのでおそらくその年に結婚しているのでしょうが。 詳しくは『 特別版「ワールドシリーズ編」夢の瞬間へ』に収録されています。 まとめ.

次の

清水薫 (しみずかおる)とは【ピクシブ百科事典】

メジャー2nd 薫

茂野いずみが野球を好きになったきっかけ 野球が嫌いだった 茂野いずみは幼い頃に野球を嫌いになりかけました。 理由は茂野吾郎が投手を引退し、野手になろうとしていた時にあることが起こってしまいます。 投手を血行障害が原因で引退した後 茂野吾郎は父と同じように野手になることを決断します。 その際茂野吾郎は娘のいずみに野手に転向するということは伝えず、 ずっと陰で練習していました。 しかし影で練習していたので娘のいずみは父、茂野吾郎が他のおとうさんと違って働いていないニートみたいな人と勘違いしてしまいます。 娘は父に他の父と同じようにちゃんと働いて欲しかったのです。 (本当は茂野吾郎は野手になるために本気で努力しています。 ) しかし茂野吾郎は結果で 父の姿、 野球の素晴らしさを 伝えるために何も娘に言いません。 そして3ヶ月がたった日、いずみはオーシャンスタジアムに連れてこられます。 最初は何で野球なんか見に来るのかわからなかったいずみですが、 球場でプレーしていた選手の一人に父、茂野吾郎がいることに気づき、 試合に見入ってしまいます。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 その後の話はメジャー最終話メッセージを見ればわかります。

次の