うつ 病 初期 症状。 うつ病の初期症状なのか?最近すぐ泣いてしまいます。

うつ病の初期症状一覧!

うつ 病 初期 症状

うつ病ではこれまでできていたことができなくなったり、活気がなくなって自宅に引きこもりがちになったりすることがあります。 こうしたことから高齢者のうつ病は認知症と間違われてしまうことも多いのです。 高齢者のうつ病と認知症では、 発病のきっかけや初期の症状、症状の特徴、進行のしかたに違いがあります。 まず、高齢者のうつ病の場合、発病に際して何らかの きっかけを認めることが比較的多くあります。 初期の症状では、不眠や食欲低下、あるいは体調不良が目立ちます。 一方、「認知症」では、物忘れなどの記憶障害が目立ちます。 うつ病でも集中力が低下し、物事を覚えられなくなってしまうことがありますが、うつ病ではそのことに悩むことが多いのに対し、認知症では物忘れを否定する傾向が多くみられます。 症状の進行ではうつ病の場合、大きなストレスなどをきっかけに、数週間から数か月単位で進行することが多いのですが、認知症、とくにアルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症の場合は、数年間かけてゆっくり進行します。 これらの病気では、脳内の変性(病的な変化)がゆっくり生じることで、病気の症状が進行するためです。 その他の 症状の特徴としてわかりやすいものは、うつ病の場合、お金がなくなって立ち行かなくなってしまうと信じる貧困妄想や、体のことをくよくよ悩む心気(しんき)妄想が現れることがあります。 一方、認知症では、誰かが家の中に入ってきているという侵入妄想や、ものを盗まれていると思い込む「ものとられ妄想」がみられることがあります。 高齢者の場合、認知症など他の病気との鑑別が必要となります。 実際にはうつ病と認知症が合併することもありますし、また内科系の病気や脳外科系の病気で意識が障害されていることで、うつ病や認知症と誤解されている場合もあるので、医療機関などで詳しい診察と検査を行います。 詳しい問診、例えば、記憶について質問を行ったり、文章や図形を書いてもらったり、計算をしてもらうなど、さまざまな認知機能の障害の有無や、その程度を調べます。 血液・生化学的検査では、体内の電解質やホルモンのバランスの異常、あるいは隠れた内科系の病気など、認知機能に影響を与えるものがないかどうかを調べます。 脳画像検査(CT検査・MRI検査など)でも、認知機能に影響を与えるような脳の中の異常、たとえば萎縮や脳梗塞、脳出血の後遺症、あるいは脳腫瘍などの有無や程度をみます。 脳波検査は簡便に脳の働きを見ることが出来る検査であり、脳機能の低下の有無や、上記の検査で表れた異常が脳機能に及ぼす影響、あるいはてんかん性の異常の有無などについて調べます。

次の

知られざるうつ病の身体症状を明らかに

うつ 病 初期 症状

行動症状 パーキンソン病の初期症状で述べたように、パーキンソン病患者はうつ、不安、アパシー(無関心)、疲労などの行動変容を経験することがあります。 これらは、非常に初期のパーキンソン病の症状であり、症状があまりにも曖昧であるため、医師がパーキンソン病の発症と関連させる可能性は低いでしょう。 最初にうつで治療されていた患者が、後からパーキンソン病であることが判明することを時々目にします。 うつ病、不安、疲労、またはアパシーのような行動症状は、個別にも発症しますが、併発して「併存症状」として起こり得ます。 例えば、うつと不安は一緒に起こることが多いです。 同様に、うつとアパシーまたはうつと疲労は同時に起こることがあります。 幸いにも、うつを軽減する多くの薬剤が不安も軽減します。 アパシーを治療するための特別な医薬品はなく、治療するのは難しい場合があります。 場合によっては、パーキンソン病の症状自体のより良い治療がうつを軽減し、アパシーを改善することがあります。 行動症状とパーキンソン病の症状は、時にはパーキンソン病の症状が悪化し、不安やうつがより深刻となる「悪循環」を引き起こし、こういった感情の症状の増悪は、パーキンソン病の症状への対処や適応に大きな課題となります。 この悪循環は、構成要素の各部分、すなわちパーキンソン病の症状、うつ、不安を治療することによって打ち壊せる可能性があります。 運動やより良い社会活動など薬剤治療以外でも、行動症状を緩和することができるかもしれません。 うつ病 うつは、 パーキンソン病患者の約40%で重大な問題となります。 初期症状で指摘したように、重度のうつは、神経変性疾患を診断されたときの失望や悲しみとは異なります。 パーキンソン病を患っている多くの人たちは、かつてのように反応しなくなってしまった身体に不満を抱いています。 事実、軽度な状態から徐々に重症化していくうつはパーキンソン病では非常に一般的であり、この問題についてより多くの研究が注目されています。 しかし、典型的な重度のうつは、絶望感、無力感、自己価値の低下を伴い、食欲や睡眠の乱れを引き起こします。 医師の中には、パーキンソン病患者の脳内の神経伝達物質の破壊による結果、重度のうつが起こると考えている人もいます。 これにはいくつかの証拠があります。 例えば、パーキンソン病の他の兆候が出る前に、うつになります。 これは、少なくともいくつかのうつの形態が、脳化学の根本的な変化を反映し得ることを示唆しています。 また、うつが障害による個人的な反応であった場合、病気の進行と同じ割合で増加すると予想されますが、研究でこれを確認することはできていません。 ここでは、パーキンソン病のうつは主に脳の神経化学的な変化によるものだと考えていきます。 慢性進行性疾患の苦悩はうつに寄与しますが、生化学的変化もパーキンソン病における重度うつの発症に大きく関与します。 パーキンソン病の症状とうつ病の症状にはかなり重なる部分があるため、障害の初期にうつが現れると、医師はパーキンソン病の初期症状を見落とすことがあります。 うつ状態の人は、パーキンソン病の症状を呈しているように見えることがあり、パーキンソン病患者は、うつを模倣するような症状を有することがあります。 例えば、表情の喪失(仮面様顔貌)は、うつの表情と誤解される可能性があり、パーキンソン病の人たちの動きの遅さや屈曲姿勢は、うつを有する人の歩行や姿勢と誤認される可能性があります。 パーキンソン病の人たちが誤ってうつだけであると診断された場合でも、典型的な安静時振戦が現れるか、動きの遅さが自立した日常生活機能を妨害し始めるようになってくると、時間とともに正しい診断が明らかになってきます。 うつは、広範囲の抗うつ薬でうまく治療することができます。 医師は、患者のすべての病歴と現在の症状プロフィールを考慮に入れ、効果のある抗うつ薬を推奨します。 抗うつ薬の妥当性を検討するために、通常 1〜 2ヵ月間適切な用量で服用する試用期間を設けてください。 それが有効でない、または望ましくない副作用を引き起こす場合は、別の抗うつ薬を試してください。 重度のうつによって、精神医学的に介護や入院を余儀なくされることはほとんどないでしょう。

次の

うつ病の症状で泣くのは初期段階!そんな時どうする?

うつ 病 初期 症状

うつ病の初期症状 誰でも強いストレスやショックを受けた時などは、一時的に憂鬱な気分になったり落ち込んだりします。 そうした通常の憂鬱な気分や落ち込みと、「うつ病」の抑うつ症状には、どのような違いがあるのでしょうか。 通常の「憂鬱な気分」の場合• 時には家族とも顔を合わせたくなくなる• 唯一のポイントとしては、 その憂鬱な気分が概ね一日中、かつ2週間以上に渡って続いているか どうかです。 私の場合、睡眠障害(早朝覚醒)から始まり、「何かおかしい」と心身の変化を感じるようになっておよそ1年経ち、ある朝、あまりの気分の落ち込みから布団から起き上がることが出来なくなり、程なくして病院で「うつ病」と診断されました。 私の場合の具体的な症状は…? 更に掘り下げて、私の場合の具体的な症状については、以下の通りです(順不同)。 まだ、自身の「うつ病」を疑う前の症状• 嬉しいことや楽しいことがあった時の瞬間的な気分の高揚は別として、数週間~数か月に渡って何となく気分が落ち込んでいる• 仕事中、以前に比べて集中力が低下しており、考えがなかなかまとまらない• 帰宅後、また休日は、行動する気力が無く、すぐに横になって眠ってしまう• 落ち込んだ気持ちが朝から夕方まで続き、帰宅時は楽になって前向きな気力が少し出る。 しかし、翌朝になるとまた落ち込んでいる。 毎日がその繰り返し• 新聞を読むことが嫌でたまらなくなり、まともに読めない• 真っ直ぐ出社することが出来なくなり、出勤途中にどこかで時間を潰す• やらなければならない仕事量を実際よりも膨大に感じ、呆然として手が付けられない• 他人(特に上司)の言動に過敏に反応し、ちょっとの事でも大きなショックを受けてしまう• 人の話や説明が頭に入りにくく、理解できない• 創造力や折衝力が必要とされる仕事がまるで出来ず、全部後回しにしてしまう• 話し声が小さくなる• 身体が重く感じられ、動作がゆっくりになる• 首や肩のコリや腰痛などが長期に渡ってある これは実際の私の自覚症状ですが、もし、 1項目目が該当し、それに加えて他の 項目にも当てはまり、そしてそれが2週間以上に渡って続いているようであれば、あなたはうつ病である可能性が非常に高いです。 こちらので診断した上、速やかに病院で診てもらうことをお勧めします。 なぜうつ病は自分で気づきにくいのか? ではなぜ、うつ病は自分で気が付くことが難しいのでしょうか?私の経験から導き出される答えは、以下の3点です。 自覚症状は確かにあるが、「疲れ」「気のせい」「誰にでもあること」と思ってしまう• うつ病のせいで、既に冷静で的確な判断力を失っており、自分が病気だと考えられない• 社会人としての責任感から、「うつ病である自分」はあり得ないと排除して考えてしまう 様々な症状が出て、相当の我慢を続けているにも関わらず、自分自身の責任感というか、プライドと言ってもいいかもしれませんが、「うつ病である自分」を認めたくない意識が強く働くせいで、かなり重症にならないと病院に行きません。 これまでの専門学者や医師の研究では、真面目で責任感がある方がうつ病になりやすい性格だそうですが、そういう人ほど、うつ病であることをなかなか受け入れることが出来ず、無理を押してずっと頑張ってしまい、悪化させて中度以上のうつ病になってしまうのです。 まとめ うつ病は、会社人としての落後者でも、弱い人間だからなったのでもありません。 様々なストレスにさらされてそれに対抗した心身が、自身を守るために反応した自然な姿だと私は思います。 これを読んでいる貴方は、ご自身のうつ病を高確率で疑っている方でしょう。 ここは素直になって、私のように数か月以上の休職が必要になる前に、出来るだけ早くに「うつ病の可能性」を受け入れて、病院の診察を受けることを祈っています。

次の