医療保険 40代 女性。 50代女性の医療保険の選び方は?加入と見直しのポイントを徹底解説!

50代女性の医療保険の選び方は?加入と見直しのポイントを徹底解説!

医療保険 40代 女性

40代になって、医療保険の加入を考えている人も多いはずだ。 医療保険には「掛け捨て型」と「積立型」があり、どちらにするか悩むケースもあるだろう。 仕事や家庭で日々忙しい40代にはどちらが適しているのだろうか。 医療保険の掛け捨て型とは支払った保険料が戻ってこないタイプの保険 掛け捨て型医療保険とは、解約をしても支払った保険料が戻ってこないタイプの医療保険だ。 「戻ってこない」と聞くと保険料を無駄にしているイメージを抱くかもしれないが、保険料はもしもの時の保障を受けるために支払うものである。 保険料を支払うことで安心を買っていると考えたい。 医療保険の積立型とは解約や満期のタイミングでお金が戻ってくる保険 積立型医療保険とは、支払った保険料の一部が積み立てに回ることで解約や満期の時にお金が戻ってくる医療保険のことだ。 中には保険金の請求がなく数年経過するなどの条件を満たすと、健康還付金として返戻金のある医療保険もある。 保険料が戻ってくるのはうれしいことだが、投資性の強い保険でない限り自分の支払った保険料を上回ることはほとんどない。 貯蓄として利用できると同時に解約時期などによっては払込保険料を下回る可能性もある。 掛け捨て型医療保険と積立型医療保険の大きな違いは「解約返戻金」があるかないか 掛け捨て型と積立型の医療保険の違いは「解約返戻金」の有無である。 解約返戻金とは保険契約を解約した時に保険会社から払い戻されるお金のことだ。 一般的に解約返戻金は契約してからの年数が長くなるほど返戻率は上昇していき、最終的に払込保険料を上回ることもある。 解約返戻金のある医療保険は保険料が相対的に高くなりやすい。 解約返戻金がなかったり抑えたりしている医療保険を選ぶことで、保険料を安くすることもできる。 掛け捨て型医療保険には解約返戻金がないため、保険期間中に入院や手術で給付金を受け取ることがなければ、保険料を支払うだけになってしまう。 その代わり、掛け捨て型には柔軟に契約が変更しやすいなどの特徴がある。 一方で積立型医療保険には解約返戻金があるため、解約した時だけではなく満期を迎えた場合などに支払った保険料の全額あるいは一部が戻ってくる。 保障と同時にお金を貯められるのが積立型の特徴だ。 このように解約返戻金の有無によって掛け捨て型医療保険と積立型医療保険の商品性には大きな違いがある。 医療保険の「掛け捨て型」と「積立型」を商品数や保険料の違いで比較 商品数や保険料の違い、ほかの医療保険への切り替えやすさの観点から掛け捨て型と積立型を比べてみよう。 商品数が多いのは掛け捨て型医療保険 商品数が多いのは「掛け捨て型」である。 ほとんどの保険会社が扱っているため「積立型」に比べて選択肢が豊富だ。 特約を組み合わせたり新しい医療保険に乗り換えてみたりと、ライフスタイルに応じたカスタマイズもしやすく保障を充実させやすい。 保険料は掛け捨て型医療保険のほうが安い 短期的に見れば、保険料は「掛け捨て型」のほうが安い。 「積立型」は貯蓄分の保険料が上乗せされているので、その分月々の保険料が高くなる仕組みだ。 だが、「掛け捨て型」に長期間加入すると、「積立型」より高くつくこともある。 簡易的なシミュレーションとして、40歳男性がある掛け捨て型医療保険と積立型医療保険に加入した場合の払込保険料を比較してみよう。 基本的な条件はどちらも同じで入院日額5,000円の終身払いとし90歳までの保険料を比較する。 積立型医療保険は60歳の時に健康還付金として保険料の一部が戻ってくるものとする。 60歳時点では約40万円も払込保険料が少なく現役時代の家計負担を抑えられるのはメリットだ。 一方、実質の負担で考えると健康還付金のある積立型医療保険のほうが60歳時点の払込保険料は少なくなる。 その後は加入期間が長くなるにつれて積立型医療保険の保険料が掛け捨て型を上回っていく。 このシミュレーションでは80歳程度まで掛け捨て型と積立型の実質的な保険料には差がないため、普段の家計負担を軽くしたいのか健康還付金などの返戻金を楽しみにしたいのかといった保険料以外の観点を持って選択することも大切だ。 どちらの医療保険の場合も、加入すると2012年1月1日以降の締結分からは、積立型の貯蓄部分も含み一般の生命保険料控除とは別に介護医療保険料控除の対象になる。 医療保険を更新した場合は2012年1月1日以降に契約したものとみなされ、最高4万円までの所得控除を受けることができる。 他の医療保険へ変更しやすさは掛け捨て型 「掛け捨て型」のほうが将来、医療保険の見直しをしたり、保障内容を変えたりすることが容易だ。 「積立型」の商品の大多数は長期の契約を前提としており、加入時の保障内容が変更になることはない。 かつ中途解約の場合は、その解約返戻金は払い込んだ保険料の総額より少なくなることが多い。 保障内容、満期保険金や生存給付金、解約返戻金の返戻率などをしっかり確認しておくことが大切だ。 積立型医療保険の保険料は無駄に感じにくい 医療保険に加入する1番の目的は病気やケガの医療費に備えることだが、実際に病気やケガをして保険を請求するかどうかはわからない。 病気やケガをしても医療保険の給付対象外ということもある。 それを考えると掛け捨て型医療保険の保険料を無駄に感じてしまう人もいるだろう。 積立型医療保険は解約返戻金や健康還付金によって保険料が戻ってくるため、掛け捨て型のように保険料がムダだと感じにくい。 その分の保険料が高くなるという側面はあるものの、積立型のメリットは病気やケガで医療保険を使わなくても保険料が無駄にならない。 積立型医療保険は緊急時に契約者貸付や自動振替貸付を利用できる 積立型医療保険は加入期間が経過するほど解約返戻金が増えていく。 途中解約すれば保険料の一部が戻ってくるが、その時点で保障も消えてしまう。 途中で医療保険を解約するのは契約の切り替えか資金が必要な時だろう。 契約の切り替えなら自分の意思であり問題ないが、緊急時など資金が必要な時は積立型医療保険なら解約せずに済む可能性がある。 積立型の保険には契約者貸付や自動振替貸付という機能があり、その時の解約返戻金の範囲で資金の貸し付けが受けられるのだ。 契約者貸付は自分で申し込み、自動振替貸付は保険料の引き落としができないときに保険会社が一時的に立て替える制度である。 できれば利用しないほうがよいが、災害時や教育費が足りないなど資金が必要な場面で活用できる。 もちろん貸付であるため金利が発生し返済義務もあるが、解約せずに一時的な資金対応ができるのは積立型医療保険ならではの特徴だ。 医療保険の「掛け捨て型」と「積立型」、40代はどちらを選べばいいのか 医療保険の「積立型」と「掛け捨て型」のどちらがいいのか。 その判断には、どういったライフプランを持っているのか、その中で医療保険をどう位置付けるかを明確にする必要がある。 医療保険の掛け捨て型が向いている人 掛け捨て型医療保険が向いているのは、子供の進学や住宅の購入などライフイベントが重なり保障を手厚くしたい人だ。 掛け捨て型医療保険は安い保険料で保障を準備できるため、支出が多くなる時期でも家計への負担を抑えながら必要な保障を担保できる。 保険料はひと月にすれば数千円のことだが、積み重なれば大きい。 他に優先すべきことがあるなら保険料を抑えるのは賢明な選択だ。 すでに積立型医療保険に加入している人でも10年間のみなど保障を厚くしたい時期だけ掛け捨てに加入するのもありだろう。 医療保険の積立型が向いている人 積立型医療保険が適しているのは、病気やケガに備えつつ貯蓄もしたい人だ。 中でも計画的にお金を貯めるのが苦手な人は、医療保険で強制的に積み立てをしていく方法もある。 毎月自動的に引き落とされる積立型なら、意識せずにお金を貯めやすくなる。 無理のない保険料なら積立型で将来お金が戻ってくるのを楽しみにしてもいいだろう。 株や投資信託での運用をしたくない人も向いている。 投資はどうしても不確実性のあるものであり、確実なものでしか貯蓄したくない人もいるだろう。 積立型医療保険は途中解約すると元本割れの可能性は高いが、特定の年齢まで加入するなど条件を満たせば払込保険料相当額が還付されるものもある。 お金が増えなくても保険料が戻ってくればいいと考える人には適しているのかもしれない。 医療保険の「掛け捨て」と「積立」は損得だけで判断しない 医療保険を「掛け捨て」と「積立」で迷うのはよくあることだ。 積立だと保険料は高くなるが、掛け捨てだとどうしても無駄だと感じてしまうのだろう。 医療保険は何十年と加入する可能性があり損得で比較するのも大切だが、家計状況やライフプランも考慮して検討したい。 正解がないものだからこそ、掛け捨て型と積立型それぞれの特徴から自分に合った医療保険を選ぶようにしよう。

次の

女性向け医療保険のおすすめ人気ランキング10選【2020年最新版】

医療保険 40代 女性

もしもの病気やケガなど、人生には思わぬアクシデントに見舞われるリスクがあります。 加えて、人生には子どもの進学、住宅購入、自分の定年退職や老後など、ライフプランに応じてお金が必要になるタイミングもあります。 これらでかかるお金への備えは、年代やライフステージに合わせて計画すると効率的です。 お金の準備の方法には、預貯金や運用のほか、保険を活用できることがあります。 どの方法で準備するかは、お金の使い道や収入、すでにある貯蓄などの状況によって異なります。 ここではそのうち、40代の女性のライフステージで活用できる保険について考えてみましょう。 また、どんな種類の保険が適しているか、おすすめの保険をみてみましょう。 記事の目次• 転職したときの生命保険の選び方 自身のキャリアプランや家庭の事情などに合わせて、働き方を変えたり職場を変えたりすることは珍しくありません。 転職の方法にはいくつかありますが、おもに別の企業に再就職する方法と、自営業になって起業する方法があります。 働き方の変化に合わせて、受けられる公的な保障制度が異なることがありますから、転職のタイミングで生命保険を見直すと安心です。 特に、病気やケガをしたときの公的なサポートは、勤務先によって異なることがあります。 そこで、まずは病気やケガをしたときに備える医療保険やがん保険、就業不能保険を、そして将来にかかるお金を備えるゆとりがあれば、終身保険や個人年金保険を検討するのもよいでしょう。 医療保険・がん保険 病気・ケガの治療費に備える 病気やケガでかかる治療費に備えるには、おもに医療保険やがん保険が向いています。 公的な医療制度により、病院で保険がきく治療を受けたときには自己負担は原則3割ですみます。 1か月あたりの自己負担額が所定の金額を超えると、高額療養費として超えた部分が戻ってきます。 そこでこれら公的な保障制度の上乗せとして活用できるのが、民間の医療保険・がん保険です。 医療保険は病気やケガで入院や手術をしたときに給付金がおりる保険です。 入院1日につきいくら、などあらかじめ決めた金額を受け取れます。 医療保険には、一生涯にわたって保障が続く終身型と、一定期間のみ保障の対象になる定期型があります。 一部の医療保険には、がん・脳血管疾患・心疾患(三大疾病)など所定の病気にかかるとまとまった「診断給付金」を受け取れるものがあります。 入院・手術にかかわらず、診断確定をされた時点で給付金を受け取れるため、医療費だけでなく治療中の家族のお見舞い、通院にかかる交通費のほか、仕事を休んで収入が下がったときの補てんにも充てられそうです。 給付金を受け取る原因をがんに限定したものががん保険です。 がんによる入院や手術をしたとき、がんと診断されたときなどに給付金がおります。 これらの医療保険・がん保険のなかには、女性向けに保障内容を手厚くした保険もあります。 女性特有の病気のときには、給付金額が上乗せされる、入院給付金を受け取れる日数が長いなどの特徴があります。 40代前後にかけては、子宮頸がんや子宮筋腫など女性ならではの病気にかかる人が多い傾向がみられる病気もあります。 医療保険やがん保険を検討するときには、これらの病気にかかったときを考慮しておくのがおすすめです。 就業不能保険 働けなくなった時の生活費に備える 会社に勤めていれば、仕事が原因で病気・ケガをしたときには「労災保険」でカバーされます。 業務外の病気やケガでも、仕事を休んで収入が下がった社会保険の「傷病手当金」で、お給料の一部が支給されます。 また給付を受け取れるのは最長1年6カ月です。 ただ、労災保険や傷病手当金の給付を受け取るには所定の要件を満たす必要があります。 また、支給される金額や期間の上限があります。 さらに、自営業・フリーランスになる場合には、安定した固定給はなくなります。 病気やケガによって仕事を休めば、その分すぐに収入が下がる恐れがあります。 加えて公的な健康保険制度は、多くの場合は国民健康保険に変わるか、会社員だったときに加入していた健康保険を任意継続することになりますが、いずれの場合も傷病手当金がありません。 よって、会社員・公務員の頃に比べて収入減少のリスクがとても高いといえます。 そこで、仕事を休んで収入が下がったときに給付を受け取れるのが就業不能保険です。 病気やケガで仕事ができない状態になったときに、あらかじめ決めた給付金がおりる保険です。 転職後も会社員、公務員になる場合には、公的な健康保険の傷病手当金から生活資金をどれくらい充てられるかを確認するのがおすすめです。 特に転職によって前職よりも収入が下がる場合には、生活費のやりくりについて一度見直しておきましょう。 転職によって自営業・フリーランスになる場合には、収入減が家計の負担に直結するおそれがあります。 そんなときに取り崩せる貯蓄がどれくらいあるかを確認したうえで、足りない分を就業不能保険で備えることもできるでしょう。 終身保険・個人年金保険 将来かかる費用に備えて貯蓄する お金を貯めたいと思ったら、終身保険や個人年金保険を検討してもよいでしょう。 貯蓄をする方法には預貯金のほかに、勤務先の確定拠出年金、個人型の確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAなどの運用や、積立型の生命保険を活用することもできます。 確定拠出年金は、勤務先によって利用できる制度の種類や積み立てられる金額が異なりますので、転職先にどんな制度があるかをぜひ確認しましょう。 前職よりも勤務先の制度が充実していれば、貯蓄のためにすでに加入している終身保険や個人年金を減額すると効率的なことがあります。 逆に、転職先の制度が手薄いようならば、自助努力で貯める方法を検討したいものです。 自営業・フリーランスになる場合には、勤務先の制度は基本的に使えなくなります。 逆に、iDeCoで積み立てられる掛金額は、制度上、会社員・公務員よりも上限額が高くなります。 家計にゆとりがあれば、老後に向けてiDeCoを活用してもよいでしょう。 まずは勤務先や公的な貯蓄制度を確認し、その上乗せとしてどれくらいの貯蓄をするとよいのか、そして家計からどれくらい貯蓄にあてられるかを検討してみましょう。 そのうえで、上乗せする方法のひとつには、積立型の生命保険があります。 積立型の生命保険には、おもに終身保険と個人年金保険があります。 終身保険は、基本的には万が一亡くなったときに遺族に保険金がおりるものですが、契約から所定の期間を経てからならば、解約して解約返戻金を受け取れるものがあります。 この機能を活用して、将来に受け取る資金のために終身保険で貯蓄することができます。 老後の資金に充てることを想定して貯蓄をするなら、個人年金保険もあります。 60歳や65歳など、あらかじめ決めた年齢まで保険料を積み立てて、その資金を老後に年金として受け取れるものです。 転職をすると前職よりも給与が下がることもあります。 転職をして収入額や家計のやりくりに変化があったときには、できるだけ早めに貯蓄の方法や金額を見直しておくのがおすすめです。 独身のときの生命保険の選び方 自身が万が一死亡したときに遺族に保険がおりる死亡保険は、一般的には遺族の生活費やお葬式代にあてることを想定して契約します。 しかし独身のときには、養う子どもや家族がいない人がほとんどでしょう。 その間には、遺族のための死亡保険よりも、まずは自分が病気やケガをしたとき、そのために仕事ができず収入が下がってしまったときへの備えを優先して検討するのがおすすめです。 そこで、病気やケガに備える医療保険・がん保険、仕事を休業して収入が下がったときに備える就業不能保険を中心に検討してみましょう。 医療保険・がん保険 病気・ケガの治療費に備える 病気やケガでかかる治療費に備えるには、おもに医療保険やがん保険が向いています。 公的な医療制度により、病気やケガで病院にかかったとき、保険がきく治療を受けて窓口で保険証を提示すれば自己負担は原則3割ですみます。 ただ、病気やケガで受診をしたとき、入院をしたときには治療費以外にも交通費や差額ベッド代などがかかることがあります。 そこで活用できるのが、民間の医療保険・がん保険です。 医療保険は病気やケガで入院や手術をしたときに給付金がおりる保険です。 入院1日につきいくら、などあらかじめ決めた金額を受け取れます。 給付金を受け取る原因をがんに限定したものががん保険です。 がんによる入院や手術をしたとき、がんと診断されたときなどに給付金がおります。 これらの給付金は保険会社が定めた支払要件に該当すると受け取れ、使い道は問いません。 保険で受け取った給付金を、差額ベッド代や入院のために必要な日用品の購入費などに充てることもできます。 これらの医療保険・がん保険のなかには、女性向けに保障内容を手厚くした保険もあります。 女性特有の病気のときには、給付金額が上乗せされる、入院給付金を受け取れる日数が長いなどの特徴があります。 子宮筋腫や子宮頸がん、乳がんなど、女性ならではの病気は、40代前後でかかることもあります。 医療保険やがん保険を検討するときには、これらの病気にかかったときを考慮しておくのもおすすめです。 就業不能保険 働けなくなった時の生活費に備える 仕事を休んで収入が下がったときに給付を受け取れるのが就業不能保険です。 自分の生活費を自分の収入でやりくりしているなら、働けなくなったときの生活費の確保のことも考えておくのがおすすめです。 会社に勤めていれば、仕事が原因で病気・ケガをしたときには基本的に公的な制度である「労災保険」でカバーされます。 業務外の病気やケガでも、仕事を休んで収入が下がった社会保険の「傷病手当金」で、お給料の一部が支給されます。 ただ、これらの公的な保険を受け取るには所定の要件を満たす必要があります。 また、支給される金額や期間の上限があります。 そこで、公的な保険の上乗せとして活用できるのが就業不能保険です。 病気やケガで仕事ができない状態になったときに、あらかじめ決めた給付金がおりる保険です。 また給付を受け取れるのは最長1年6カ月です。 終身保険・個人年金保険 将来かかる費用に備えて貯蓄する 家計にゆとりがあり、お金を貯めたいと思ったら、終身保険や個人年金保険を検討してもよいでしょう。 貯蓄をする方法には預貯金のほかに、勤務先の確定拠出年金、個人型の確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAなどの運用や、積立型の生命保険を活用することもできます。 積立型の生命保険には、おもに終身保険と個人年金保険があります。 終身保険は、基本的には万が一亡くなったときに遺族に保険金がおりるものですが、契約から所定の期間を経てからならば、解約して解約返戻金を受け取れるものがあります。 この機能を活用して、将来に受け取る資金のために終身保険で貯蓄することができます。 老後の資金に充てることを想定して貯蓄をするなら、個人年金保険もあります。 60歳や65歳など、あらかじめ決めた年齢まで保険料を積み立てて、その資金を老後に年金として受け取れるものです。 40代まで仕事を続けていると、若い頃に比べて収入が増え、家計にゆとりが出始めるケースもあります。 毎月安定的に黒字が続くようなら、早めに貯蓄の習慣を身に着けておくこともおすすめです。 結婚したときの生命保険の選び方 結婚をしたら、新しい家庭を築くことになります。 それまでの独身生活とは一変して、夫婦2人での生活でのリスクやかかるお金を、早めにふたりで検討したいものですね。 とはいえ、家事や育児の大半を妻が担い、夫が家計を支える家庭が多いのも実情です。 共働きなら自分の生活費を自分で出す女性もいますが、もし自分が亡くなったときに、遺された夫にその後の生活費を用意する必要がなければ、万が一のための死亡保険はそれほど優先的に検討しなくてもよいでしょう。 また、専業主婦になれば夫の収入で生活する人が多いでしょうから、やはり自分を対象にした死亡保険の優先度は高くなさそうです。 一方で、自分が病気やケガをしたときへの備えは考えておくのがおすすめです。 そのため、まずは病気やケガに備えて医療保険・がん保険のなかから検討してはいかがでしょうか。 そして、共働きで家計を担っているなら、仕事を休んだときに備える就業不能保険、万が一亡くなったときに備える死亡保険を状況に応じて検討してもよいでしょう。 家計にゆとりがあれば、貯蓄をするうえでの選択肢として終身保険や個人年金保険を検討することもあるでしょう。 医療保険・がん保険 病気・ケガの治療費に備える まず検討しておきたいのが、病気やケガで病院にかかったときのための医療保険・がん保険でしょう。 公的な医療制度により、保険がきく治療を受けて窓口で保険証を提示すれば自己負担は原則3割ですみます。 また、高額療養費制度により、1カ月に負担した医療費が所定の額を超えると、超えた部分の医療費が戻ってきます。 ただ、病気やケガで受診をしたとき、入院をしたときには治療費以外にも交通費や差額ベッド代などがかかることがあります。 そこで活用できるのが、民間の医療保険・がん保険です。 医療保険は病気やケガで入院や手術をしたときに給付金がおりる保険です。 入院1日につきいくら、などあらかじめ決めた金額を受け取れます。 給付金を受け取る原因をがんに限定したものががん保険です。 がんによる入院や手術をしたとき、がんと診断されたときなどに給付金がおります。 これらの給付金は保険会社が定めた支払要件に該当すると受け取れ、使い道は問いません。 保険で受け取った給付金を、差額ベッド代や入院のために必要な日用品の購入費などに充てることもできます。 もしパートや専業主婦などで、ご自身が病気・ケガをしたときにかかる費用は夫の収入や貯蓄から充てることができれば、医療保険やがん保険はそれほど必要性が高くないかもしれません。 一方で、病気・ケガで想定外の出費がかかると生活費のやりくりが厳しくなる可能性がありそうなら、パートや専業主婦の妻を対象に医療保険やがん保険から給付を受け取れると安心ではないでしょうか。 また、子宮筋腫や子宮頸がん、乳がんなど、女性ならではの病気には40代前後でかかる病気もあります。 結婚後に子どもを望んでいれば妊娠・出産時の異常や帝王切開などで入院・治療の可能性もあります。 医療保険・がん保険のなかには、女性向けに保障内容を手厚くした保険もあります。 女性特有の病気のときには給付金額が上乗せされる、入院給付金を受け取れる日数が長いなどの特徴があります。 妊娠や出産でのトラブルも対象になるのが一般的です。 就業不能保険 働けなくなった時の生活費に備える 仕事を休んで収入が下がったときに給付を受け取れるのが就業不能保険です。 会社に勤めていれば、仕事が原因で病気・ケガをしたときには基本的に公的な制度である「労災保険」でカバーされます。 業務外の病気やケガでも、仕事を休んで収入が下がった社会保険の「傷病手当金」で、お給料の一部が支給されます。 ただ、これらの公的な保険を受け取るには所定の要件を満たす必要があります。 また、支給される金額や期間の上限があります。 また給付を受け取れるのは最長1年6カ月です。 これらの公的な保険の上乗せとして、就業不能保険を活用できます。 おもに共働きで、ご自身の収入で家計を支えている場合には、もしも働けなくなったときに収入を補てんする方法のひとつとして向いているでしょう。 死亡保険 遺された家族の生活費に備える 自分がもしも亡くなったとき、遺されたパートナーの生活に必要なお金を遺してあげるなら、死亡保険も検討しておきましょう。 死亡保険には、おもに定期保険、終身保険、収入保障保険があります。 定期保険は、契約している期間に亡くなった場合に、あらかじめ定めた保険金がおりるものです。 終身保険は、生涯にわたって保障が続く保険で、亡くなる時期にかかわらず保険金がおります。 収入保障保険は、もしも亡くなったときの保険金が毎月のお給料のように少しずつおりる保険です。 これらの死亡保険は、家計への支えの比重に合わせて保険金額を設定するのがおすすめです。 夫婦ともに収入があれば、生活費のためにご自身の収入からあてている金額や、万が一の際に遺されたパートナーがその後生活するうえで足りないと想定される生活資金がどれくらいあるかを考えて検討するとよいのではないでしょうか。 なお、死亡保険の適切な金額は、この先のライフプランの変化によって変わることがあります。 とくに住宅ローンを借り入れたときには、ローンとともに団体信用生命保険に契約することがあります。 共働きなどで夫婦それぞれで団体信用生命保険に契約するケースなどでは、それに合わせて死亡保険を見直すのがおすすめです。 終身保険・個人年金保険 将来かかる費用に備えて貯蓄する お金を貯めたいと思ったら、終身保険や個人年金保険を検討してもよいでしょう。 貯蓄をする方法には預貯金のほかに、勤務先の確定拠出年金、個人型の確定拠出年金(iDeCo)やつみたてNISAなどの運用や、積立型の生命保険を活用することもできます。 積立型の生命保険には、おもに終身保険と個人年金保険があります。 終身保険は、基本的には万が一亡くなったときに遺族に保険金がおりるものですが、契約から所定の期間を経てからならば、解約して解約返戻金を受け取れるものがあります。 この機能を活用して、将来に受け取る資金のために終身保険で貯蓄することができます。 老後の資金に充てることを想定して貯蓄をするなら、個人年金保険もあります。 60歳や65歳など、あらかじめ決めた年齢まで保険料を積み立てて、その資金を老後に年金として受け取れるものです。 仕事を続けて40代を迎えると、若いころに比べて収入が増え、家計にゆとりが出始めるケースもあります。 安定的に家計が黒字になるようなら、早めに貯蓄の習慣を身に着けておくこともおすすめです。 妊娠・出産に備えるときの生命保険の選び方 子どもができて家族が増えると、生命保険の考え方は大きく変わります。 夫婦と子どもでの暮らしで備えたいリスクやかかるお金に合わせて、生命保険を検討したいものですね。 たとえば妊娠・出産を控えると、通常時とは体調が変わることがあります。 妊娠中の異常や帝王切開などの出産時の処置は、入院や手術を伴うことがあります。 また、生まれてくる子どもの教育費も計画的に準備を始めたいですね。 そこでおもに、病気やケガに備えて医療保険・がん保険、子どもの教育費に備えて学資保険(こども保険)のなかから検討してはいかがでしょうか。 医療保険・がん保険 病気・ケガの治療費に備える まず検討しておきたいのが、病気やケガで病院にかかったときの備えた医療保険・がん保険でしょう。 公的な医療制度により、保険がきく治療を受けて窓口で保険証を提示すれば自己負担は原則3割ですみます。 ただ、病気やケガで受診をしたとき、入院をしたときには治療費以外にも交通費や差額ベッド代などがかかることがあります。 そこで活用できるのが、民間の医療保険・がん保険です。 医療保険は病気やケガで入院や手術をしたときに給付金がおりる保険です。 入院1日につきいくら、などあらかじめ決めた金額を受け取れます。 給付金を受け取る原因をがんに限定したものががん保険です。 がんによる入院や手術をしたとき、がんと診断されたときなどに給付金がおります。 これらの給付金は保険会社が定めた支払要件に該当すると受け取れ、使い道は問いません。 保険で受け取った給付金を、差額ベッド代や入院のために必要な日用品の購入費などに充てることもできます。 もしパートや専業主婦などで、ご自身が病気・ケガをしたときにかかる費用は夫の収入や貯蓄から充てることができれば、医療保険やがん保険はそれほど必要性が高くないかもしれません。 一方で、病気・ケガで想定外の出費がかかると生活費のやりくりが厳しくなる可能性がありそうなら、パートや専業主婦の妻を対象に医療保険やがん保険から給付を受け取れると安心ではないでしょうか。 また、子宮筋腫や子宮頸がん、乳がんなど、女性ならではの病気には、40代前後でかかる病気もあります。 妊娠・出産時に異常所見があったり、帝王切開などで入院・治療をしたら、その医療費がかかる可能性もあります。 40代での妊娠・出産は一般的には若い年代に比べてリスクが高いといわれていますので、それまで健康だった人も経過によっては予定外の入院や手術をするケースを想定しておくと安心かもしれませんね。 医療保険・がん保険のなかには、女性向けに保障内容を手厚くした保険もあります。 女性特有の病気のときには給付金額が上乗せされる、入院給付金を受け取れる日数が長いなどの特徴があります。 妊娠や出産でのトラブルも対象になるのが一般的です。 学資保険・こども保険 子どもの教育費に備える 子どもが生まれたら、将来の進学に向けて早めに教育資金を準備してあげたいもの。 貯蓄の方法には預貯金や運用のほか、積立型の保険もあります。 そのひとつが学資保険です。 貯蓄機能に加えて、親御さんの万が一の際にもお子さんに資金を遺す機能がついています。 「こども保険」という名称で販売されていることもあります。 学資保険やこども保険は子どもを対象にして契約します。 基本的には生まれた後に契約しますが、一部は出産予定日まで140日以内などの要件を満たすと、生まれる前から契約できるものがあります。 妊娠初期の段階や、妊娠前から早めに備えるなら、終身保険を活用する方法もあります。 終身保険には契約から所定の期間を経てからならば、解約して解約返戻金を受け取れるものがあります。 この機能を活用して、将来に受け取る資金のために終身保険で貯蓄することができます。 子育て中の生命保険の選び方 子育てをしているときは、家族の生活費や教育費など、人生の中でもお金の負担が重くなりがちです。 自身の病気やケガのほか、子どもの教育費、自分に万が一の際の子どもの生活費などに備えておくと安心です。 おもに、病気やケガに備えて医療保険・がん保険、子どもの教育費に備えて学資保険(こども保険)、仕事を休んだときに備えて就業不能保険、万が一亡くなったときに備えて死亡保険のなかから検討してはいかがでしょうか。 医療保険・がん保険 病気・ケガの治療費に備える まず検討しておきたいのが、病気やケガで病院にかかったときの備えた医療保険・がん保険でしょう。 公的な医療制度により、保険がきく治療を受けて窓口で保険証を提示すれば自己負担は原則3割ですみます。 ただ、病気やケガで受診をしたとき、入院をしたときには治療費以外にも交通費や差額ベッド代などがかかることがあります。 そこで活用できるのが、民間の医療保険・がん保険です。 医療保険は病気やケガで入院や手術をしたときに給付金がおりる保険です。 入院1日につきいくら、などあらかじめ決めた金額を受け取れます。 給付金を受け取る原因をがんに限定したものががん保険です。 がんによる入院や手術をしたとき、がんと診断されたときなどに給付金がおります。 これらの給付金は保険会社が定めた支払要件に該当すると受け取れ、使い道は問いません。 保険で受け取った給付金を、差額ベッド代や入院のために必要な日用品の購入費などに充てることもできます。 もしパートや専業主婦などで、ご自身が病気・ケガをしたときにかかる費用は夫の収入や貯蓄から充てることができれば、医療保険やがん保険はそれほど必要性が高くないかもしれません。 一方で、病気・ケガで想定外の出費がかかると生活費のやりくりが厳しくなる可能性がありそうなら、パートや専業主婦の妻を対象に医療保険やがん保険から給付を受け取れると安心ではないでしょうか。 また、子宮筋腫や子宮頸がん、乳がんなど、女性ならではの病気には、40代前後でかかるケースもあります。 医療保険・がん保険のなかには、女性向けに保障内容を手厚くした保険もあります。 女性特有の病気のときには給付金額が上乗せされる、入院給付金を受け取れる日数が長いなどの特徴があります。 妊娠や出産でのトラブルも対象になるのが一般的です。 子育て中のママが病気やケガなどの入院で自宅を不在にすると、家事や育児を担うパパへの負担が重くなるかもしれません。 ご自身の治療費や入院費用はもちろん、パパが仕事に出かける間に子どもをベビーシッターなどに任せたり、家事代行を依頼したりする費用がかかる可能性もあります。 こうした医療費以外の出費のことも考えておくと安心ですね。 就業不能保険 働けなくなった時の生活費に備える 仕事を休んで収入が下がったときに給付を受け取れるのが就業不能保険です。 会社に勤めていれば、仕事が原因で病気・ケガをしたときには基本的に公的な制度である「労災保険」でカバーされます。 業務外の病気やケガでも、仕事を休んで収入が下がった社会保険の「傷病手当金」で、お給料の一部が支給されます。 ただ、これらの公的な保険を受け取るには所定の要件を満たす必要があります。 また、支給される金額や期間の上限があります。 また給付を受け取れるのは最長1年6カ月です。 これらの公的な保険の上乗せとして、就業不能保険を活用できます。 おもに共働きで、ご自身の収入の全部または一部が家計を支えている場合には、もしも働けなくなったときに収入を補てんする方法のひとつとして向いているでしょう。 子育て中には食費や被服費、日用品費など生活にかかるお金のほか、ベビー用品、保育園代や習い事、塾代など、子どもにかかるお金の負担もあります。 夫婦で家計を支えているなら、ママの収入がダウンしたときのことも考えておくと安心ですね。 学資保険・こども保険 子どもの教育費に備える 子どもの将来の進学に向けて教育資金を準備するなら、学資保険やこども保険を検討するのもよいでしょう。 貯蓄の方法には預貯金や運用のほか、これら積立型の保険もあります。 学資保険には、貯蓄機能に加えて、親御さんの万が一の際にもお子さんに資金を遺す機能がついています。 契約中にもし親が亡くなってしまったら、以後は保険料の払込が免除され、かつ所定の時期になると子どもが一時金や満期金を受け取れます。 これらを受け取ることで、お子さんが安心して高校や大学への進学できそうです。 学資保険は子どもを対象に、パパ、ママのどちらでも契約できます。 契約者の年齢や性別で保険料などが異なりますので、複数のシミュレーションをしてみるのがおすすめです。 なお、契約できる子どもの年齢には上限があります。 すでにお子さんが小学生・中学生という場合なら、預貯金や運用でお金を積み立てる、あるいは終身保険を活用する方法もあります。 終身保険には契約から所定の期間を経てからならば、解約して解約返戻金を受け取れるものがあります。 この機能を活用して、将来に受け取る資金のために終身保険で貯蓄することができます。 お子さんの進学時期に合わせて解約することを想定するなら、払い込む期間は十数年以内になるケースが多いですが、契約する親御さんの年齢・性別などに応じてプランを検討してもよいでしょう。 死亡保険 遺された家族の生活費に備える 親御さんにもしものとき、お子さんの教育費に限らず生活に必要なお金を遺してあげるなら、死亡保険も検討するのもよいでしょう。 死亡保険には、おもに定期保険、終身保険、収入保障保険があります。 定期保険は、契約している期間に亡くなった場合に、あらかじめ定めた保険金がおりるものです。 終身保険は、生涯にわたって保障が続く保険で、亡くなる時期にかかわらず保険金がおります。 収入保障保険は、もしも亡くなったときの保険金が毎月のお給料のように少しずつおりる保険です。 これらの死亡保険は、家計への支えの比重に合わせて保険金額を設定するのがおすすめです。 夫婦ともに収入があれば、生活費のためにご自身の収入からあてている金額や、万が一の際に遺されたパートナーがその後生活するうえで足りないと想定される生活資金がどれくらいあるかを考えて検討するとよいのではないでしょうか。 なお、死亡保険の適切な金額は、この先のライフプランの変化によって変わることがあります。 お子さんがもう1人増えたときにはその生活費や教育費を踏まえて見直すのがおすすめです。 また住宅ローンを借り入れたときには、ローンとともに団体信用生命保険に契約することがあります。 共働きなどで夫婦それぞれで団体信用生命保険に契約するケースなどでは、それに合わせて死亡保険を見直すのも重要です。 ライフステージに合わせてかかるお金に備えて このように、40代の女性が備えておきたいお金は、転職や結婚、子育てなどのライフステージに応じて異なります。 数年の間にこれらのライフイベントを相次いで経験するケースも少なくありません。 人生の節目を迎えたら、定期的にお金の備えを見直すのがおすすめです。 そのときに必要なお金を、計画的に準備しておけるとよいですね。 執筆者プロフィール.

次の

プロFP10人に聞く「医療保険の賢い選び方」10選

医療保険 40代 女性

もくじ• 医療保険見直しの必要性 最近、保険を見直しましたか?もし若い頃に保険に加入して、それ以来一度も見直したことがないという30〜40代の方は、を見直してみると良いでしょう。 なぜなら、一般的に医療保険は、 医療技術の進歩に伴って内容が変わってくるものだからです。 今回は、医療保険の見直しのタイミングや選ぶときの注意点をご紹介します。 また、その前に医療保険について詳しく知りたいという方は下記記事もチェックしてみてください。 なぜ、30〜40代で医療保険を見直すのか? 加入している医療保険の内容が今の自分の状況に合っているのかどうかは適宜見直す必要があります。 なぜなら、医療技術は1年、2年単位で進歩しているからです。 以前はとされていた治療法が先進医療ではなくなったり、新たに先進医療として認められたりする治療法もあります。 医療技術の目覚ましい進歩と共に、医療保険の内容も大きく変わりました。 一方で、一度加入した医療保険の保障内容は、基本的に何年経っても変わりません。 社会人になって日々忙しく働いていて、つい保険の見直しのことを忘れてしまっていた、結婚や出産を経験してライフプランの変化があった、そんな方も多いのではないでしょうか。 ですので、働き盛りの30〜40代の方は、加入している医療保険の見直し時期だと言えるのです。 医療保険の選び方 トレンドはあるの? 最近では医療技術の進歩や制度の変更により、 入院日数が短縮化されていますが、反対に以前に比べて 通院日数が増加しています。 また、 給付対象となる手術の項目も数年前に比べて大幅に増えています。 このような背景があることもあり、かなり前に医療保険に入り、そのままにしているという方は一度、医療保険の見直しをした方が良いと言えます。 それでは、医療保険のトレンドを紹介します。 (1)入院何日目から保障されるか 以前の医療保険は、「5日以上入院したら1日目から保障」といったように長期入院に対応したものが多かったのに対し、最近の医療保険は、 「1泊2日から保障」や 「日帰り入院から保障」などの短期入院に対応しているものもあります。 (2)1回の入院で何日まで保障されるか 以前の医療保険では、「1入院120日まで保障」といった120日型が主流でしたが、最近は、 60日型の短期入院を重視したプランが多くなってきました。 また、入院が長期化しやすい生活習慣病に関しては、120日まで保障するの付加などもできるタイプもあります。 (3)先進医療の保障があるか 今は、ほとんどの医療保険が先進医療の保障を特約で付加可能となっています。 保障内容・保障限度額に差はありますが、月々数百円で数千万円の治療が保障されるものもあります。 (4)掛け捨てに近いタイプの終身型 以前は、やがある医療保険も多くありましたが、現在では解約返戻金がない、もしくはあってもごくわずかという掛け捨てに近いタイプの終身医療保険というものもあります。 一生涯の保障を、割安なで確保できる点が魅力です。 どういったタイプの医療保険がよいのかは、人それぞれです。 ただ、新しいタイプの医療保険の多くは、現在の医療環境に適したものと言えます。 新しい医療保険に加入するときの注意点は? 新しく医療保険に加入した場合のデメリットはないのでしょうか。 新しい医療保険に加入し直す場合の注意点を見ていきましょう。 (1)契約年齢が上がると保険料も上がる 保険は、が上がるほど保険料も上がります。 新しい医療保険に加入したとしても、 年齢による保険料アップで、現在のプランより割高になるケースもあり得ます。 (2)新規加入できる健康状態か 新しく保険に加入するときは、現在の健康状態を元に診査します。 健康状態によっては新たに医療保険に加入ができない可能性があります。 保険会社のが通ってから今の医療保険を解約するようにしましょう。 (3)解約返戻金はあるか 解約返戻金のある医療保険に加入していた場合、 早期に解約すると、解約返戻金が支払った保険料よりも少ない可能性があります。 する前に確認しておきましょう(解約返戻金が全くないタイプの商品もあります)。 (4)加入中の医療保険に特約を追加できるか 新しい医療保険に加入し直すだけが、改善策ではありません。 ご加入の医療保険に、希望する保障を特約で追加できる場合もあります。 また、保険料の払込期間を延長することで月々の支払い保険料を下げることも可能です。 医療保険は、ご自身とご家族が安心して生活するためのものです。 多種多様なプランがあるので、タイミングを見極めて、あなたにピッタリの新しい医療保険に加入しましょう。 また、加入した保険も適宜見直しを行いましょう。 頼りになるFPの存在 「お金のことを相談できる場所やサービスがある」ことをご存じですか? 資産形成・家計見直しのプロフェッショナルとして、ファイナンシャルプランナー(FP)がいます。 FPに相談することで、お金のお悩みやご不安の解決法のヒントが得られるかもしれません。 ご自分で調べるだけでは不安だという方は、「FPに相談する」という選択肢も検討してみませんか。

次の