いら し て ください 敬語。 「ご連絡ください」は間違い?連絡をお願いする際の敬語と例文集

書いてもらう依頼をするとき使える敬語

いら し て ください 敬語

書類やサインなど目上の方やお客様に何かを書いてもらう際、どのように依頼すれば敬語となるでしょうか。 目の前の書類などがあれば「こちらに書いてくださいますか」でも不自然ではありません。 ただ、もう少し突っ込んで言うなら、「書いていただけますか」というように「いただく」という言葉が使えます。 「書いてもらう」の敬語は、「書いていただく」なのです。 「書いてもらう」の敬語は対象によって使い分けられる 「お書きください」「お書きいただけますか」というように、「書く」という言葉を使うことに子どもっぽさを感じるというのであれば、他の言い回しをするようにしましょう。 「書く」という動作は、書く対象によって表現を変えることができます。 サインやアンケート、手紙など対象によって「書く」の敬語を使い分けるようにしましょう。 サインを書いてもらうときの敬語:「サインをいただけますか」 書類や契約書、クレジットカードの支払い書などにサインを書いてもらう際は、「書く」を使わずそのまま「サインをいただけますか」や、「ご署名いただけますか」というような言い回しがいいでしょう。 サインとは署名のことですので、「サインを書いていただけますか」としなくよいです。 「書く」を払っても言葉は成り立ちます。 アンケートを書いてもらうときの敬語:「ご記入いただけますか」 アンケートは項目があり、テスト用紙のようにどんどん埋めていく作業です。 ですので、アンケートを書いてもらう際の敬語は「ご記入いただけますか」や「ご記入をお願いします」がよいでしょう。 アンケート以外でも、入館書や請求書など決まった項目を埋める書面は「書く」の変わりに「記入する」という言い回しが使えます。 紹介文を書いてもらうときの敬語:「ご紹介いただけないでしょうか」 推薦文や紹介状などを書いてもらう際は、まずはメールより手紙といった古風な連絡手段で依頼をするとよいです。 そこで、文面で紹介してほしいという気持ちで返事を依頼する際は、「書いてください」「返信をください」という表現は使わないようにするよいですね。 「ご紹介いただけないでしょうか」とういように用件を伝えるだけで充分です。 一言書いてもらうときの敬語:「添えていただけますか」 不明点や質問をメールで受付けるとき、招待状の返信をもらうときなど、相手から一言を書いてもらうときは、「ご一筆いただけますか」や「一言添えていただけますか」というような言い回しが使えます。 このように、「書く」を使わないようにしたいときは「書く」という動作にとらわれないことがポイントです。 「書いてもらう」の敬語は「書いていただく」だが対象によって使い分けるのがポイント 相手に何かを「書いてもらう」ときの敬語をご紹介しました。 まとめると、「書いてもらう」の基本の敬語は「書いていただく」です。 これは、対象によって使い分け、サインの場合は「ご署名いただく」、アンケートの場合は「ご記入いただく」一言の場合は「添えていただく」になります。 「書く」はさまざまな言い換えができるので、ほかにもどのような言い回しができるか考えてみてください。

次の

「お知らせください」の敬語表現・ビジネスメールでの使い方と文例

いら し て ください 敬語

日本語の敬語表現には大きく分けて3種類あり、尊敬語、謙譲語、丁寧語の3つの敬語をそれぞれの場面や状況で使い分け、相手に対して失礼のないよう配慮されたコミュニケーションが図られます。 尊敬語は「目上の人や立場が上位にある人に対し、話者が一方的に敬意を示す敬語表現」を意味し、この敬語表現は主にビジネス上のやり取りで使われます。 謙譲語は「相手と自分の立場や関係性を問わず、話者が自発的にその姿勢や立場を低め、相手に敬意を示す敬語表現」を意味し、これはビジネス上のやり取りでもプライベートでも使われます。 丁寧語は「不特定多数の人々に公示できる丁寧な言葉遣いによる敬語表現」を意味し、主に「です・ます調」によって当たり障りのない表現として相手に敬意を示すポピュラーな敬語表現になります。 尊敬語での「ご心配なく」の使い方 「ご心配なく」という言葉を敬語表現にする際には、特に尊敬語と謙譲語による表現の差異はほとんどありません。 相手に敬意を示す姿勢で「ご心配なく」という旨を伝え、話者は常に低姿勢をもって相手の立場を立てる言い方になります。 ・ご心配なさらないでください。 ・ご心配にはおよびません。 ・ご心配いただくにはおよびません。 ・特に問題はございません。 ・お気にされる必要はございません。 ・お気になさらないでください。 ・ご心配される必要はございません。 これらの言葉はビジネス上のやり取りでも一般的に使われており、特に目下の人から目上の人に対して使われる敬語表現となります。 謙譲語での「ご心配なく」の使い方 先でご紹介しましたように、ビジネス上のやり取りにおいて「ご心配なく」の謙譲語はほとんど尊敬語表現と同じでかまいません。 相手に対して「心配しないでください」という旨を簡潔に伝える姿勢を取りながら、自分の立場を低めて表現に大きな変わりはありません。 ・お気遣いはご不要でございます。 ・お気遣いなくよろしくお願いいたします。 ・ご心配なさらないでください。 ・お心を騒がせないようよろしくお願いいたします。 ・いろいろとお気遣いをいただき、誠にありがとうございます。 ・ご心配をおかけいたしましたことを、深くお詫び申し上げます。 ・厚くお気遣いをいただき、重ねてお礼申し上げます。 謙譲語表現の場合は、基本的に話者による一人称の表現が強く、特に「心配をおかけいたしまして、申し訳ございません」という感謝とお詫びの姿勢をもって相手に伝えられます。 「ご心配なく」の敬語の使い方 先で少しご紹介しましたが、「ご心配なく」という言葉はビジネス上でもプライベートでも多くの場面で使われる日常語の1つでもあり、またその場その場において、簡潔に相手に対する感謝の気持ちやお詫びの姿勢を伝える必要が出てきます。 ・ご心配をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません。 ・お気遣いいただき、誠にありがとうございます。 ・ご配慮をいただくことができ、重ねてお礼申し上げます。 ・なにかとご心配の旨お伝えいただき、深く感謝申し上げます。 このように、何らかの事情によって話者が相手に対し、多くの配慮や心配をかけてしまった場合を想定した上で「ご心配なく」という言葉が伝えられることが多く、その場合は上記のように「申し訳ございません」や「ありがとうございます」、また「お礼申し上げます」などの、お詫びや感謝を伝える言葉セットで使われます。 ビジネスでの「ご心配なく」の使い方 ビジネス上のやり取りで使われる「ご心配なく」という言葉は全て、目上の相手に対する敬意を示す表現として使われます。 これは上司でも先方の会社の社員でも同じく、誰に対しても一定の敬意を示す言葉を伝えることにより、仕事の円満を図ることにつながります。 電話の対応や接待、またビジネスメールでのやり取りや連絡交換においても、「ご心配なく」という言葉はこれまでにご紹介しました尊敬語・謙譲語・丁寧語による言い方がされ、どんな相手に対しても非礼のないよう対応を心がけなければなりません。 ・お気遣いなさらないでください。 ・ご心配をおかけいたしました。 ・ご心配なさらないでください。 ・お気遣いはご不要によろしくお願いいたします。 このように「御(ご)」という言葉を接頭辞として置き、丁寧な言葉遣いによる表現を取ることで、ほとんどのビジネスシーンで敬語表現が伝えられます。 メールでの「ご心配なく」の使い方 ビジネスメール・電子メールで「ご心配なく」という旨を伝える場合には、当然文語表現となるため、口語表現とは違った適切な表現を取る必要があります。 「適切な表現」というのは少々お堅い表現のことを指し、会話では回りくどい言い方になってしまうことでも文章では伝えられる、正しい文章表現を意味します。 ・ご心配をいただき、誠にありがとうございました。 ・ご心配なさらないでください。 ・お気遣いはご不要にございます。 ・この度は十分なご配慮をいただきまして、誠にありがとうございます。 ・この度はご高配をいただき、誠に感謝いたします。 ・お気になさらないでください。 これらの表現も「ご心配なく」の敬語表現として認められますが、多くの場合は「ご心配をいただき、誠にありがとうございました」と先に伝えておき、その後の文章で「お気になさらないでください」という旨を付け加える言い方がされます。 敬語「ご心配なく」の例文 言葉や表現を覚える際には実際に例文などを作り、その例文の中で覚えるべき言葉を使って意味の活用や、さまざまな場面でどのようにその言葉の用法が工夫できるかを学ぶことが良いでしょう。 ・この度はお気遣いいただきまして、誠にありがとうございます。 ・ご心配なさらないでください。 ・お気になさらないでください。 ・お気遣いはご不要にお願いいたします。 ・ご心配される必要はございません。 ・ご心配の必要はありません。 「ご心配なく」の別の敬語表現例 これまでにご紹介しました「ご心配なく」の敬語表現のうちに、「ご心配なく」という言葉の別の敬語表現の例が見受けられます。 ・お気になさらないでください。 ・お気を揉まれないよう、よろしくお願いいたします。 ・格別のご配慮をいただきまして、誠にありがとうございます。 ・お気遣いはご不要にございます。 ・お気遣いはご不要です。 ・お気にされる必要はございません。 ・ご心配をおかけいたしました。 「ご心配」という言葉をあえて使わなくても、「ご心配なく」という気持ちは別の表現をもって相手に伝えられます。 「お気になさらないでください」や「ご心配をおかけいたしました。 丁寧語での「ご心配なく」の使い方 先でご紹介しましたように、丁寧語は「不特定多数の人々に公示できる当たり障りのない敬語表現」を指すため、尊敬語や謙譲語に比べて、比較的簡単に用件を敬語で伝えることができます。 ・ご心配はいりません。 ・ご心配不要に願います。 ・お気になさらないでください。 ・お気にしないでください。 ・お気を揉まないでください。 ・ご心配をおかけいたしました。 ・問題はございません。 このように、主に「です・ます調」による丁寧な言葉の表現によって相手に伝えられ、特定人物ではなく全ての人に対する敬語表現となるため、それほど姿勢や立場の関係を気にすることはありません。 「ご心配なく」の英語表記と意味 先でご紹介しました「ご心配なく」の英語表記を参考にして、「ご心配なく」の意味合いを含めた英語の例文をいくつかご紹介します。 ・For that matter, please do not worry. 「その件につきましては、ご心配なさらないでください。 」 ・Please do not worry about planning business plan. 「事業計画の立案につきましては、どうぞご心配なさらないでください。 」 ・Regarding attendance at the meeting tomorrow, please do not worry about it. 「明日の会議への出席につきましては、ご心配ご不要に願います。 」 「ご心配なく」の英語表現と意味(2) 先述の「ご心配なく」の英語表現に引き続きまして、さらに具体的な「ご心配なく」の例文をご紹介します。 ・I'm sorry to cause you worried. I have passed Doshisha University this time. 「ご心配をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません。 この度、同志社大学に合格いたしました。 」 ・I am grateful to you for your prosperity. I passed the Waseda University Faculty of Letters this time. 「ご高配をいただき誠に感謝いたします。 この度、早稲田大学文学部に合格いたしました。 」 「ご心配なく」の英語表現と意味(3) 先述の具体的な「ご心配なく」の例文に引き続き、今度はさまざまな場面での「ご心配なく」の用例についてご紹介します。 ・I am already in perfect condition. I'm sorry to cause you worried. 「もう体調は万全です。 ご心配をおかけいたしまして、申し訳ございませんでした。 」 ・Regarding the matter, please do not take good care of me. 「その件につきましては、どうぞお気を揉まれないよう願います。 」 ・Operation is perfect. There is no need to worry about it. 「運営上は万全です。 ご心配される必要はございません。

次の

「いらない」のビジネスで使える正しい敬語表現

いら し て ください 敬語

コンビニなどで「レシートは要りますか?」と聞かれた際、「大丈夫です」と答える方は多いのではないでしょうか。 「大丈夫です」は「要らない」のを優しく伝えられます。 断るときはハッキリ伝えるという方でも、「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれた際はどうでしょう。 意外にも、「大丈夫です」と間違った敬語で答えているものです。 ハッキリしない言い方なのでビジネスで使わない ポイントカードで例えると、「持っていますか?」と聞かれて「持っていない」と答えると「お作りしますか?」と聞かれる場合があります。 しかし、「大丈夫です」と答えるとそれ以上相手は踏み入れられません。 このように、「大丈夫です」は否定を和らげるだけでなく、問いを遮断するという多様性があります。 「大丈夫です」ではなく理由を答えるのが大切 ビジネスでの返答は内容をハッキリさせるのが大事です。 例えば「要らない」をやんわり伝えようとしたとき「大丈夫です」と答えては、NOなのかYESなのか分かりません。 相手も気遣いよりキッパリと「不要」と言われたいと思うものでしょう。 曖昧に答えるのではなく、何が大丈夫なのかその理由を敬語で答えるのが大切なポイントです。 NOの場合は「結構でございます」などの敬語にする メールの返信が不要な場合や、資料の添付が不要な場合など、その必要がないのを伝えるなら「お返事は送らなくとも結構でございます」「添付の必要はございません」などと言い換えられます。 営業を受けた際の断り方としては、「せっかくのお話ですが、今のところ必要ございません」という言い回しでNOを伝えましょう。 「大丈夫です」は敬語ではない 「大丈夫です」は、ハッキリしないという理由の他に、敬語ではないという点もあります。 社内同士でのフランクな関係なら許されるでしょうが、「大丈夫です」はそもそも敬語ではないので、ビジネスシーンでは使うべきではありません。 アポイントで日程の調整をするときなど、相手の提案にOKを伝えたい場合、「その日程で大丈夫です」と答えず、「その日程で問題ありません」と言う敬語に言い換えましょう。 OKで使う場合の敬語は「問題ありません」 OKの意味で使う「大丈夫です」の敬語は、ほとんどが「問題ありません」で言い換えられますが、別の言い方もできます。 それは、相手の問いに合わせるという敬語です。 「私服でも良いですか?」という質問なら「はい、私服で構いません」と答え、「今からでも申込みできますか?」なら「はい、お申込みいただけます」といった敬語にしましょう。 「大丈夫です」を敬語にする際は「結構でございます」「問題ありません」に言い換える 敬語ではない「大丈夫です」を丁寧な言い回しにしようとする際は、簡素な表現にしないことを心がけましょう。 OKでもNOの意味でも、何が大丈夫なのかを具体的に答えるようにするのです。 ビジネスではハッキリした返事と丁寧な言い回しが大切なので、「大丈夫です」を多用しているという方はすぐに使わないよう敬語の訓練をしましょう。

次の