ラブ パクチー。 【楽天市場】LOVEパクチーSAUCE ラブパクチーソース LOVEPAKU(旧LOVEパクチーソース Natural) 【ソース/調味料/エスニック/アウトドア】:SNB

JOHNS LOVEPAKU(旧ラブパクチーソースナチュラル): だし 調味料 乾物|AKOMEYA TOKYO

ラブ パクチー

材料 1人分• 【下味】• 鶏モモ肉• 【衣】• 小麦粉• 片栗粉• 【パクチータルタルソース】• 玉ねぎ• ピクルス• ゆで卵• マヨネーズ• 【仕上げ】• レモン• 120g• 大さじ1• 大さじ1• 大さじ1• 大さじ1• 10g(みじん切り)• 10g(みじん切り)• 大さじ3• 大さじ1•

次の

【楽天市場】LOVEパクチーSAUCE ラブパクチーソース LOVEPAKU(旧LOVEパクチーソース Natural) 【ソース/調味料/エスニック/アウトドア】:SNB

ラブ パクチー

9月に入り少しばかり涼しくなってきたものの、まだまだ残暑続く毎日。 こんな気候にもってこいの料理と言えば、 エスニック料理。 スパイスが効いた料理は食欲をそそりますね。 そんなエスニック料理を簡単に作れてしまう一風変わった調味料を使ったレシピのご紹介です。 中国語では香菜(チャンツァイ)、英語ではコリアンダーといいます。 どれも同じです。 独特の香りが苦手な人と大好きな人にはっきり分かれるハーブですが、案外パクチー好きは多く、パクチー愛好家を 「パクチニスト」と呼ぶらしいです。 You TubeにアップされているLOVEパクチーの唄もなかなかシュールです(笑)。 ・ ・LOVEパクチーの唄 材料は、大豆油、にんにく、レモングラス、塩、砂糖、唐辛子などで肝心の パクチーは入っていません。 これならパクチー嫌いでも食べられるかも?この際、パクチーが好きか嫌いかは置いておいて、LOVEパクチーSAUCEを使ってエスニック料理にチャレンジしてみましょう。 エスニック独特のスパイシーな香りと程よい酸味、辛味がします。 結構、塩分は強め。 LOVEパクチーSAUCEのホームページにもレシピが掲載されていますが、何かオリジナルなレシピを考えてみたい。 そこで、プロの知恵をお借りすることにしました。 「LOVEパクチーSAUCEを使って、私にも作れるエスニック料理を教えて下さい」という勝手極まりないお願いを快諾してくれたのは、福島県郡山市の中心街に今年5月にオープンした 「」の芹沢シェフ。 郡山ブランド野菜など、福島県産のとびっきりの野菜を存分に楽しむことができます。 お店は郡山市の桜の名所で知られる「開成山公園」のすぐ近くで、一般法人「食大学」が主催する 「開成マルシェ」の会場としても使用されている柏屋開成店の中庭の一角にあります。 トレーラーハウスをレストランに改築し、カウンターから続く デッキテラスは開放感満載。 郡山のメインストリートである桜通り沿いにありながらも、静かで緑豊かな抜群のロケーション。 昼は木漏れ日の中で野菜たっぷりのランチ、夜は夜風を感じながらワインなんてのも・・・。 もう、最高です。 ベストテーブルの料理長を務める芹沢シェフは、福島県田村市船引町のご出身で、ご実家は魚屋さんだったとか。 コックになるのが小さい頃からの夢で、ホテルやカレーショップ、エスニックバルなどを経て、現在のベストテーブルへ。 そうそう、ベストテーブルさんのお料理はちょっぴりエスニックテイストなものも多く芹沢シェフならこのLOVEパクチーSAUCEを使いこなしていただけるのでは・・・と思い、レシピ開発をお願いしてみました。 ということで、芹沢シェフによるLOVEパクチーレシピをご紹介します。 こんな感じです。 いかがでしょうか。 しっかりめの味なので、ビールが進みそうです。 カシューナッツは一般的に市販されている塩味がついたものでもOKだとか。 茹でて灰汁を抜くことがポイントだそうです。 材料も少ないですし、定番のカシューナッツも目先が変わっていいですね。 砕いてサラダのトッピングにしても良さそう。 さて、お次はサイドメニュー。 バルで人気のあのタパスをLOVEパクチーでアレンジしてみました。 なめこは石づきを取り除く。 鷹の爪は半分に切り、種を取り除く。 ニンニクはスライスにしておく。 アヒージョならぬ、 パクージョ。 これが、美味しい!!普通のアヒージョよりコクがあって、それでいてこの オイルをパクチーに絡めて食べると絶妙。 パクチー好きはよりパクチーが好きになることうけ合い。 砂肝の歯ごたえもコリコリして楽しいし、なめこのとろみもソースに溶け合って美味。 アヒージョといえばマッシュルームですが、ここではなめこを使いました。 実は郡山市界隈でちょっと話題のなめこがあるんですよ。 通常のなめこの2~3倍の大きさで、シャキシャキとした歯ごたえとコクのある旨味が特徴。 ゆえにアヒージョにしてもバッチリ。 手に入らない場合は、少し大ぶりのなめこを選んでやってみてくださいね。 さてさて、お次はメイン。 付け合わせの野菜も細長く切り、焼いておく。 トマトを湯むきし、種を取り、粗みじん切りにし、材料cと混ぜる。 出来上がりはこちら。 先の二品よりもちょっと手間はかかりますが、メインディッシュとしての見栄えはさすがです。 豚肉に塗ったパクチーペーストがやや濃いめの味なので、 フレッシュなトマトを使ったサルサソースと合わせて食べると美味しいです。 パクチーが苦手なら、フレッシュなパクチーをセロリやイタリアンパセリに変えても合うかも。 とにかくこのLOVEパクチーSAUCEとサルサソースの相性がgoodな一皿です。 普通のスーパーで十分手に入ります。 そうしたいつもの食材を使ってこんな風にいとも簡単にエスニック料理が作れるとなれば、グッと料理の幅も広がりそう。 この他、バターと合わせてツブ貝のオイル煮(エスカルゴ風)やマヨネーズと合わせてディップなんかも良さそう。 出来合いのお惣菜であれば、餃子や唐揚げにもマッチしそうです。 いつもの食卓にマンネリを感じたら、こんなソースを使ってみるのも手かも。 ちょっと味が濃いめなので、何かとブレンドするのが個人的にはおススメです。 シュールなLOVEパクチーSAUCEの唄を口ずさみながらのクッキングもまた楽しいかも。 (終).

次の

【これはヤバイ】パクチニストじゃないけど怖いもの見たさで『パクチー&レモネード』を飲んでみた / 温めるとパクチー感が倍増

ラブ パクチー

材料 1人分• 【下味】• 鶏モモ肉• 【衣】• 小麦粉• 片栗粉• 【パクチータルタルソース】• 玉ねぎ• ピクルス• ゆで卵• マヨネーズ• 【仕上げ】• レモン• 120g• 大さじ1• 大さじ1• 大さじ1• 大さじ1• 10g(みじん切り)• 10g(みじん切り)• 大さじ3• 大さじ1•

次の