ツイッター センシティブ 投稿。 ツイッターの著名人アカウント乗っ取り 仮想通貨取引所は3200万円相当の送金を阻止

Twitter(ツイッター)のセンシティブな内容とは?設定方法や解除の方法を解説

ツイッター センシティブ 投稿

関連記事• ツイッターを使っていると 「センシティブな内容が含まれている可能性があるツイートです。 」と表示されてフォローしている相手のツイートを見れないことがあります。 みんながそれに対していいねを押したりして反応しているのに自分だけ見れない!! ツイッターに表示されている解決方法だと 表示するには、センシティブな内容のメディアに関する設定を変更します。 これは、アカウントの「プライバシーとセキュリティ」設定の「セキュリティ」セクションにあります。 設定を変更 と出てきていますが、 これをツイッターの公式アプリ内でやっても解決できないんですよね。 これが原因で多くの人が困っているわけです。 では、どうすればいいのでしょうか?それを詳しく説明します。 記事の目次• ツイッター公式アプリでは解決できない ツイッター公式アプリに表示されている方法でセンシティブな内容を表示させたい場合、以下のようになります。 【注意】この方法では解決できません! まずはツイッターに表示されているように「設定とプライバシー」をクリックします。 そして、「プライバシーとセキュリティー」をクリックします。 しかし!!これでは解決されてないんです。 解決するにはブラウザでログインする必要がある では、どうすればいいのかというと、サファリなどのブラウザでログインをする必要があります。 まずは、センシティブな内容のツイートを表示させて、以下のように出てくる「設定を変更」をクリックします。 もしくはパソコンでも可能です。 まずはブラウザでツイッターアカウントにログインをしてください。 ログインをしたら、アカウント設定をクリックして、表示される「設定とプライバシー」をクリックしてください。 そして、「プライバシーとセキュリティ」をクリックします。 そして、安全性の部分に「センシティブな内容を表示しない」という部分に初期状態ではチェックマークが入っています。 この チェックマークを外してください。 そして、変更を保存してください。 以上でセンシティブな内容でも表示されるようになります。 まとめ センシティブな内容を表示する方法はツイッターの公式アプリではできないように現状はなっています。 そのため、ツイッター公式アプリで見ている場合でもブラウザのツイッターと同じ方法が記載されてしまっているので、みなさんが勘違いしてしまうという事態が起こっています。 この部分をなんとか改善してもらいたいですよね。 とりあえず、解決するには パソコンでもスマホでもいいからアプリではなく、ブラウザでツイッターアカウントにログインをして操作する! です。 公式アプリからの解決策は今の所ないので、iPhoneであればSafariなどのブラウザ、PCならGoogle ChromeやFirefoxなどのブラウザを利用してツイッターアカウントにログインをして操作して解決しましょう!.

次の

Twitterのセンシティブな内容の解除方法!設定変更で表示できる!

ツイッター センシティブ 投稿

センシティブの基準は何か では何がセンシティブで何がセンシティブではないのか、確認していきましょう。 Twitterによるとセンシティブな内容とは• 写実的な暴力表現• 成人向けコンテンツ• 強姦及び性的暴行に関するコンテンツ• グロテスクなコンテンツ• ヘイト表現を伴う画像 と明言されています。 上記いずれかに該当し、センシティブ認定された画像については、 画像が表示される前に警告メッセージが出ます。 ただ何がひっかかるかはTwitterのさじ加減的なところもあるので、開いてみたら普通じゃん、といったケースも多々あるようです。 しかし、実際にこれマズいんじゃないのというものもしっかりフィルターにかかっているので、うっかり開いてオーマイガー!!なんてことにならないよう注意しましょう。 センシティブな内容の画像・動画を非表示にしよう このセンシティブな画像は、お好みで表示にも非表示にもできます。 まずは非表示の仕方からみていきましょう。 非表示にする方法-ブラウザ版 こちらはログインしてから行いましょう。 歯車マークから設定画面を開き、プライバシーとセキュリティへ進みます。 その後、セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外しましょう。 これでTwitterがセンシティブ認定した画像・動画、それを含んだツイート、リツイートは表示されません。 非表示にする方法-スマホ版 次にスマホ版ですね。 アプリを開いて、• アイコンメニューの設定とプライバシーをタップ• プライバシーとセキュリティをタップ• セキュリティに表示されているセンシティブな内容を含む画像・動画を表示するのチェックを外す これで設定は完了です。 ちなみに iPhoneの場合、なぜかアプリではセキュリティチェックはずしができないので、Safariなどのブラウザから行う必要があります。 お近くのノジマ店舗を検索いただけます 逆にセンシティブな画像・動画を表示してみる 逆にセンシティブな画像・動画を表示したいなら、設定を変える必要があります。 パソコンで表示させる パソコンで表示させる場合、警告メッセージが出たらそれを 無視して「表示する」をクリックすればOKです。 今後もセンシティブな画像を閲覧できるようにしたい場合は、警告メッセージにある「設定を変更」をクリックします。 これでセンシティブなものが閲覧できるようになります。 Androidで表示させる Android版の設定変更は基本的にはパソコン版と同じです。 ただ、 最新のバージョンにアップデートしておく必要があります。 iPhoneで表示させる iPhoneも基本的にはAndroidと同じです。 ただ例によってアプリでは設定までできませんので、 Safariなどのブラウザを使って設定を変えなくてはなりません。 ブラウザ版でのログインが必要なので、若干メンドクサイですかね。 センシティブ認定以上にセンシティブなものが表示されたら 仕方ないことではありますが、Twitterが考える「センシティブ」を超えた画像や動画が表示されるケースがたまにあります。 もちろん見たくはないので、非表示にしたいところですが、なにせセンシティブに引っかかってこないため、非表示にすらできないケースもあります。 そんなときの 対処法として、「通報」があります。 この通報は、いわゆるTwitterの運営側がユーザーから集めた情報で、センシティブな投稿を見つけ出すようなものです。 ユーザーが直接モノ申すことができるわけですね。 通報は、通報したいツイートの右上のあるVのマークをタップし、「ツイートの報告」を開きます。 そこから「センシティブな画像を表示している」をタップすればOKです。 また通報した後、そのツイートをしたアカウントをブロックかまたはミュートする設定が行えます。 ミュートとはフォロー解除やブロックを行わずに、特定のアカウントのツイートがタイムラインに表示されないようできる機能です。 ミュートしたことは相手にはわからないので安心です。 またミュートはいつでも解除できます。 ミュート設定について詳しく 先ほども言いましたが、ミュートというのはフォローの解除やブロックではなく、特定アカウントのツイートがタイムラインに出ないようにするための、第三の方法です。 ミュートされたことは相手にはわからない上に、いつでも解除できるのでラクちん。 ミュート済みのリストを表示することもできます。 ミュートの詳細について ミュートにはいくつか覚えておくべきポイントがありますので紹介します。 まず、ミュートしているアカウントでも自分をフォローできる上、自分もミュートしているアカウントをフォローできます。 なんとも奇妙ですが、できるらしいです。 そしてここポイントかも。 ミュートしているアカウントからもダイレクトメッセージが届きますが、プッシュ通知やショートメール通知は届きません。 いちいち通知が届かないので、ウザくなくてよいかも!? フォロー中のアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合、そのアカウントからの返信、 ツイートは [通知] タブに表示されます。 それと、ミュートする以前にミュートしたアカウントから送信されたツイートは、ホームタイムラインには表示されなくなります。 そして会話をクリックかタップしたときには、ミュートしているアカウントの返信は表示されます。 フォローしていないアカウントをミュートするとどうなる? フォロー中のアカウントをミュートした場合とは違い、• そのアカウントからの返信や ツイートは [通知] タブに表示されない• 会話をタップしてもミュートしているアカウントの返信は表示されない• ミュートしていないアカウントが、ミュートしているアカウントのコメントをリツイートしたとき、そのツイートは表示されない。 という仕様になっています。 ミュートする方法 <ツイートからミュート>• ツイートの アイコンをクリック• [ミュート] をクリック <プロフィールからミュート>• ミュートするアカウントのプロフィールページに移動• メニューのアイコン…をクリック• オプションのリストから [ミュート] を選ぶ ミュート解除の方法 まず、ミュートしているアカウントのプロフィールに移動します。 ブラウザページの場合は、ミュートアイコンをクリックしてミュートを解除します。 アプリの場合は、[このアカウントのツイートをミュートしています] の隣にある [ミュートを解除] をタップします。 ブロックの機能もおさらい ブロックはミュートとは違い、別のアカウントとのやり取りをコントロールする機能です。 その意味ではミュートよりも厚い盾のようなもので、特定アカウントから連絡が来る、ツイートが見られる、フォローされるのを文字通り、「ブロック」してくれます。 ブロックの詳細 公式サイトからかいつまんでまとめてみましょう。 ブロックしたアカウントはあなたをフォローできない、あなたもそのアカウントをフォローできない• フォロー中のアカウントをブロックすると、フォローが解除される。 相手が自分をフォローしていた場合、相手もフォローが解除される• ブロックした通知は相手に行かないが、相手があなたのプロフィールを見るとブロックされていることがわかる• ブロックしたアカウントからの通知は届かない ちなみにこのブロックは、あなたがログインしているときだけ機能するので、ログインしていないことに気が付かず、嫌な相手のツイートを見てしまって「キィ----」とならないようにご注意ください。 ブロックされるとどうなる 逆にあなたがブロックされた側だとして、何ができなくなるか見ていきましょう。 相手(あなたがブロックされた人)をフォローできない• ログイン状態で相手のツイートを見られない• ダイレクトメッセージを送れない• ログイン状態で相手のフォローアカウント、フォロワー、いいね、リストを見られない• リストに追加できない• 写真にタグ付けできない などが起きます。 ブロックの方法 <ツイートからブロック>• ブロックするアカウントのツイート上部にあるvアイコンをクリック• [ブロック] をクリック• [ブロック] を選んで確定 <プロフィールからブロック>• ブロックするアカウントのプロフィールページに移動• プロフィールページでその他アイコン…をクリック• メニューから [ブロック] を選ぶ• [ブロック] をクリック まとめ 特定のキーワードが含まれるツイートや、特定のアカウントのツイートを見たくない場合、ミュート機能を使いましょう。 ミュート機能を使えば相手に気づかれずに非表示にできます。 嫌いな言葉、嫌いな人のツイートを、セルフセンシティブ判定でブロック! これでTwitterは、もっと、快適になる!.

次の

「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示された場合の対処法

ツイッター センシティブ 投稿

センシティブを解除する方法 まず、センシティブな内容のツイートはこのように表示されます。 このツイートをタップすると、「 設定を変更」が出てきますのでここをタップします。 TwitterのアプリからTwitterのWebサイトにとびます。 「プライバシーとセキュリティ」の設定画面になりますが、これがすべて英語表記になっています。 これではわからないので日本語表記に変えてみます。 Settingsの画面で「 Account」をタップします。 Account画面の中にある「 Language」をタップします。 画面下に出てくる言語の中から「 日本語」を選択します。 選択が完了したら「 Save」をタップして変更を保存します。 設定画面で「 プライバシーとセキュリティ」をタップします。 画面のようにチェックマークが入ったら設定は完了です。 Twitterのアプリに戻り、先程センシティブな内容が含まれている可能性があるというツイートを確認してみました。 何がセンシティブだったのか、このツイートではアプリの紹介がされているだけでした。 広告のようなツイートはダメなんでしょうね。 本当に不適切なツイートが表示されるのは嫌ですが、この程度なら問題ないと思います。 不適切なツイートを報告する センシティブを解除すると、センシティブ・不適切なツイートが流れてくる可能性があります。 この場合はTwitter社に問題を報告する手があります。 「問題を報告する」画面から「 センシティブな画像を表示している」または「 不適切または攻撃的な内容を含んでいる」をタップすればTwitter社に報告され、対応してもらえます。 まとめ 「センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と出てくるツイートを表示できるように設定を変えてみました。 設定画面が英語だったので戸惑いましたが、言語を日本語に変えて、センシティブの解除設定ができました。 この解除設定で不適切な内容のツイートが多く表示されるようなら、Twitter社に問題を報告するかセンシティブの設定を戻せばよいと思います。 解除できない状況がよくわかりませんが、アカウントを複数お持ちですか? 複数のアカウントを持っている場合は、TwitterのWebサイトにそれぞれのアカウントでログイン・ログアウトして設定を変更してやればセンシティブの解除ができます。 センシティブの解除は基本的には次の手順になります。 スマホから次のURLをタップします。 メールなど・パスワードを入力してTwitterにログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 設定にある「ログアウト」をタップします。 この手順でもう一度試してみてください。 宜しくお願いします。 は訳すと「アカウントは使用停止されており、この操作を実行することはできません。 」となります。 サスペンド(アカウント凍結)解除はツイッターヘルプセンターで確認して行ってください。 アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、サポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができるようです。 ヘルプセンターのURLはこちらになります。 ヘルプセンターでご確認お願い致します。 神住 2件のコメントを拝見いたしました。 ご質問が同じような内容ですので、こちらのコメントに回答いたします。 複数のアカウントを持っている場合は、TwitterのWebサイトにそれぞれのアカウントでログインして設定を変更してやればサブ垢でもセンシティブの解除ができると思います。 基本的な手順は以下のとおりです。 スマホから次のURLをタップします。 メールなど・パスワードを入力してTwitterにログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 設定にある「ログアウト」をタップします。 ログイン画面に戻って別のアカウントでログインします。 以下同様にアカウント別に設定を変更します。 この手順を繰り返して行えばすべてのアカウントでセンシティブを解除できると思います。 注意点として、一度ログインするとそのアカウントが残っていますので必ず「ログアウト」してから次のアカウントでログインしてください。 宜しくお願い致します。 神住 コメントを拝見しました。 基本的には、アプリからではなくTwitterのウェブサイトの設定で変更すればできるはずです。 TwitterのWebサイトは次のURLです。 スマホからこのサイトにアクセスしてお使いのアカウントでログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 それでも解除できない場合は、ウェブにアクセスしても自動的にアプリが開いてしまっていることが考えられます。 その場合は、ブラウザの検索画面からTwitterと入力して「Twitterにログイン」を選択してアクセスしてください。 宜しくお願い致します。 神住 こんにちは。 私のプログをご覧いただきありがとうございます。 センシティブだったツイートが見れないとのことですが、今一度セキュリティーの設定がオンになっているか確認してみてください。 アプリからでは設定がわかりませんのでブラウザからTwitterのウェブサイトにアクセスしてログインします。 画面左上の自分のアイコンをタップします。 「設定とプライバシー」をタップします。 「プライバシーとセキュリティ」をタップします。 チェックマークが入っていればOKですが、入っていなければ原因は設定が行われていなかったことになります。 次にチェックマークが入っているのにセンシティブだったツイートが見れないケースはアプリの不具合が原因かもしれません。 この場合はTwitterのアプリをリセットしてみてください。 リセットの仕方はiPhoneの場合で説明します。 Twitterアプリを立ち上げます。 電源ボタンを長押しします。 電源オフの画面になります。 ホームボタンを長押しします。 Twitterの画面に戻ればリセットは完了です。 Androidスマホの場合は、リセットの仕方を検索してみてください。 リセットでも解決しない場合は、再度ご連絡ください。 宜しくお願い致します。 神住 こんにちは。 私のプログをご覧いただきありがとうございます。 は訳すと「アカウントは使用停止されており、この操作を実行することはできません。 」となります。 サスペンド(アカウント凍結)解除はツイッターヘルプセンターで確認して行ってください。 アカウントが誤って制限されていると思われる場合は、サポートに問い合わせて異議申し立てを行うことができるようです。 ヘルプセンターのURLはこちらになります。 無事に凍結が解除できるといいですね。 解決できなければまたご連絡ください。 神住 カテゴリー•

次の