マネー ショート。 【マネー・ショート 華麗なる大逆転】解説/原作者マイケル・ルイスについて

マネー・ショート 華麗なる大逆転 : 作品情報

マネー ショート

複数のVODで配信されていますが、• 無料登録の入力項目が少ない• 無料キャンペーン期間が長い• 作品の充実度• 解約が簡単 という理由から、最もオススメな動画配信サイトは U-NEXTになります! 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を今すぐ観たい方にオススメはU-NEXT U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 また、U-NEXTをおすすめする最大の理由として、無料登録時に600ポイントをもらえることが挙げられます。 U-NEXTにラインナップされている作品は• 見放題作品• ポイントレンタル作品 の2パターンが存在します。 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』はポイントレンタル作品となり、通常は追加料金がかかってしまいますが、 現在実施中の無料登録キャンペーン登録時にもらえる600ポイントを利用すれば、無料で『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を観ることが出来ます! U-NEXTは映画のみならず、海外ドラマ、韓流ドラマ、国内ドラマ、アニメ、さらには漫画や雑誌も提供されており、31日間は無料で使い放題なので、使い心地を試してみて、あなたのライフスタイルに合えば継続、合わなければ解約しちゃいましょう。 配信状況などはをご確認ください。 スマホで予約• 視聴後、ポストに返却 という簡単3ステップで、家にいながらツタヤの充実した商品ラインナップを楽しめるサービスです。 の説明が少し分かりにくい部分もありますが、 現在30日間の無料キャンペーンを実施しているので、試しに使ってみて自分が想像していたサービスと違う…と感じた場合はキャンペーン期間中に解約をすれば料金は一切かかりません。 この機会に試してみてはいかがでしょうか? 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』作品紹介 C 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』作品概要 リーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人の男たちの実話を描きます。 原作は『マネーボール』の原作者マイケル・ルイスによるノンフィクション「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」。 監督は『アントマン』の脚本などを手がけてきたアダム・マッケイが務めます。 キャストはリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリング、スティーブ・カレル、ブラッド・ピットという豪華共演です。 第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞など主要部門を含む合計5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞しました。 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』あらすじ C 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 2005年、ニューヨーク。 金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされません。 そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く計画を立てます。 そして08年、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れ…。 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』主要キャスト紹介• クリスチャン・ベール/マイケル・バーリ• スティーブ・カレル/マーク・バウム• ライアン・ゴズリング/ジャレッド・ベネット• ブラッド・ピット/ベン・リカート• マリサ・トメイ/シンシア・バウム 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』主要スタッフ紹介• アダム・マッケイ/監督• ブラッド・ピット、他3名/製作• ルイーズ・ロズナー=マイヤー、ケビン・メシック/製作総指揮• マイケル・ルイス/原作• チャールズ・ランドルフ、アダム・マッケイ/脚本 まとめ 映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』のフル動画を無料視聴する方法、作品概要をご紹介しました。 動画配信サービスの無料キャンペーン期間を活用すれば、違法アップロードされた動画よりも安全かつ高画質で映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』を無料で見られるので安心ですね!.

次の

マネー・ショート 華麗なる大逆転

マネー ショート

わたし: 今回、観ていただいた「マネー・ショート 華麗なる大逆転」は、個人的には、正直、専門用語がいっぱいで難しかったなぁ・・・、という感想でした。 このあたり、プロの投資家の方の目から見ると、いかがでしょうか? くぼっち: そうですね。 この映画は、簡単にいうと「リーマンショックという、世界的に大きな金融恐慌があった時に、世界が破滅する方に賭けて、億万長者になった人たちの話」なので、そのあたりの知識があるとより楽しめると思います。 たとえば、「リーマン・ショック」とはどういう事件だったのか。 「サブプライムローン」「CDS」「CDO」などの経済用語はどのような意味なのか・・・がわかっていたほうが楽しめることは間違いないでしょうね。 わたし: ほとんどの人は「リーマン・ショック」という単語は知っていても、実際に「何が理由で、経済破綻が起きたのか」については、きちんと理解できていないと思うんです。 特に、普通に暮らす人達にとっては「何か経済でとんでもないことがおきた」「不況の原因になった」という印象くらいで、起こった詳しい経緯などはあまり浸透していないイメージがあります。 これは、監督のインタビューを読んだ際にまったく同じことが書いてありました。 そういう意味では、あのとき起きたことを改めて知るのには、とても良い映画ですよね。 くぼっち: たしかに、2008年くらいの当時でも、テレビや雑誌でも、いろいろな解説はありましたよね。 たとえば、「サブプライムローンが原因だった」「低賃金の人に、住宅ローンをどんどん出していたから破綻したんだ」といったような説明です。 しかし、それらを読んでも、それがなぜ、世界的な恐慌にまで発展したか、まで理解している人は少ないかもしれません。 わたし: この映画を見る上で、これだけ知っておけばいい!というリーマン・ショックの説明をするとしたら、窪田さんはどのようにしますか? くぼっち: まずリーマン・ショックですが、狭義の意味では、アメリカの投資銀行であるリーマン・ブラザーズ社が2008年9月15日に破綻したことを指し、広義には、そこから発生した世界的な金融危機すべてを含みます。 まず、リーマン・ブラザーズとは、何をしている会社かというところから知っておいたほうがいいでしょう。 リーマン・ブラザーズは、世界的に有名な「投資銀行」でした。 わたし: 投資銀行って何ですか? くぼっち: 投資銀行とは、「証券取引免許をもつ金融機関」ですね。 投資銀行は、みなさんが日常的にお使いの銀行(「商業銀行」といいます)、預金した人のお金を元に貸し出したりをするわけではありません。 投資銀行は、投資先のファイナンスを手伝うというのが主な業務です。 たとえば、株式公開や、増資をする時、また社債を発行したりする、といった形です。 そのうちの一つが、資金を集めるために、証券化する、ということがあります。 くぼっち: ここで出てくるのがサブプライムローンです。 プライムとはいわゆる公務員や大企業に勤める人などの「優良客」のこと。 サブプライムは「サブ」ですから、フリーターや映画にも出てきたストリッパーなどを含む信用情報の低い人ということです。 一般の人がローンで買うものと言えば、住宅がメインでしょうから、サブプライムローンは信用情報の低い人向けの、住宅を担保とした住宅ローンという理解でOKです。 わたし: 理解できました。 くぼっち: 映画の中では、NINJA(ニンジャ)ローンなんて言われていましたよね。 これは、英語で「無収入・無職・無資産(No Income、No Job、No Assets) 」の頭文字を取ったものです。 わたし: ひどいですね…。 くぼっち: このサブプライムローンは証券化され、非常に信用度の高い商品として世界各国の投資家へ販売されていました。 わたし: 「証券化される」とはどういうことですか? くぼっち: 証券とは、有価証券、すなわち価値のある紙です。 お金、株券、債権などですね。 債権の「債」は借金ということ。 例えば「国債」は、国が証券という紙を発行する方式で行う借金です。 この債権は発行時に返済期限と利率が決まっていて、期限が来ると、元金が支払われ、また購入者は、利息を受け取ることができます。 国家が保証するものですから比較的安全な金融商品ではありますが、もちろん発行している国家の財政の状態などによっては、何が起こるかはわからないわけです。 よって、価格は常に変動します。 各国の国債の評価・格付けを行うのが、格付け機関です。 わたし: サブプライムローンも債権ですか? くぼっち: サブプライムローンもモーゲージ債として証券化された債権です。 モーゲージ債とは、不動産を抵当すなわち担保とした証券のことです。 わたし: こういった証券の取引を行っているのがリーマン・ブラザーズやゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなどの投資銀行や、ドイツ銀行やクレディスイスなどの銀行、メリルリンチなどの証券会社なんですね。 くぼっち: 先ほどサブプライムローンも証券化され、販売されたと言いました。 この証券化の際に、いくつかの信用度の高いローン(プライムローン)と、本当は信用度の低いローン(サブプライムローン)を集めて商品化したものが、CDO(債務担保証券)です。 このローンのカラクリを映画の中ではシェフがシーフードスープに例えて面白く説明していましたね。 リスクの高いものも、低いものもの中に入れてしまえば、全体としてのリスクは限りなく0に近いという理論です。 わたし: すごい理論ですよね! くぼっち: でも、そもそもサブプライムローンはアメリカでは信用度の高い証券として扱われていたんですよ。 なぜか。 それは2007年頃まではアメリカの住宅価格は高騰し続けていたからです。 要は、家は値上がりするんだから、ローンを返せなくなったら売れば良いという理論です。 つまり、サブプライムの方たちが月々のローンを返せなくなったとしても、例えば1億で買った家を2億で売ることができれば、ローンも返済できるどころか、手元にはお金が残る。 彼らはそのお金で、また新しい家を買うこともできますよ、と話されていたんです。 わたし: でも家が売れなくなった。 くぼっち: サブプライムローンの契約は、変動金利のものが多く、最初は返済額が少なく、あとから返済額が値上がりするものだったんです。 その金利の値上がりが2007年頃のものが多く、ローンが返せない人が増えた結果、サブプライムローンを含む金融商品が債務不履行に陥り、不動産が売れなくなったんです。 こうしてサブプライムローンは破綻し、サブプライムローンを含む証券を抱えていた多くの会社が窮地に立たされたわけです。 リーマン・ブラザーズはこの負債を抱えきれず、2008年9月15日に破綻しました。 わたし: なるほど…それにいち早く気づいたのが、この映画の主人公たちだったんですね。 くぼっち: そうですね。 彼らが取った方法は、リスクの低いローンも高いローンも集めて商品化したCDO(債務担保証券)の「保険」とも言える商品である、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を買い漁ることです。 CDSは、定期的な金額、いわゆる保険料を支払い続けることによって、債務の信用リスクが傾いた一定の自由が発生した際に、価値の下がった部分を補う金額をもらうことができる保険商品です。 誰もがサブプライムローンを含む住宅ローンは破綻しないと思い込んでいたときに、破綻する方に賭けたんです。 わたし: 毎月の保険料に苦しむ姿が描かれていましたね。 くぼっち: 住宅ローンが破綻するといっても、周りの誰も信じてくれないですしね。 わたし: この映画で一番印象に残ったシーンはどこでしたか? くぼっち: ブラッド・ピット扮する元銀行家が、CDSを買い漁り狂喜乱舞する若い投資家ふたりに物申すシーンですね。 CDSを買い漁るということは、経済が破綻することに賭けているということ。 わたし: 住宅ローンの破綻に賭けた主人公たちも、大金を手にして大喜びするのではなく、手にすることへの葛藤が描かれていました。 また、それだけでなく、骨太な社会派作品でありながら、コメディ作品を多く手がけてきた監督による遊びゴゴロのあるシーンや、音楽・演出も加わって、エンタメ作品としても多いに楽しめる作品になっていましたよね。 くぼっち: でもやっぱり少し難しいですよね。 終わったあと、「よくわからなかった」という声がチラホラ聞こえていましたよ・笑• 主演:クリスチャン・ベール「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット• 監督:アダム・マッケイ• 公開日:2016年3月4日(金)• moneyshort. c 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. Share.

次の

映画「マネーショート華麗なる大逆転」ネタバレあらすじと結末

マネー ショート

マネーショートの登場人物たち サイオン・キャピタル デスメタルをこよなく愛する元神経医師という経歴を持つマイケル・バーリという人物です。 サイオン・キャピタルというファンドを運営しています。 モルガン・スタンレーの子会社フロントポイント社 フロントポイント社は、モルガン・スタンレーの子会社であるヘッジファンドです。 映画では、一本の電話からアメリカの住宅市場の異変に気が付きCDSという金融商品を使い住宅市場の崩壊に挑んでいます。 引退した敏腕銀行家と個人投資家 このチームは、マイケル・バーリが各投資銀行とCDSを結ぶために準備していた住宅市場のレポートを偶然に目にしてサブプライムローンの崩壊に向けて方策を講じます。 個人投資家ということもあり、CDSではなくオプションという金融商品を使って金融危機に挑んでいます。 サブプライムローンについて サブプライムローンとは何か? サブプライムローン(subprime-lone は、英語が語源であり和訳すると信用力の低いローンという意味です。 リーマンショックの際には、 低所得者向けの住宅ローンがサブプライムローンと呼ばれていました。 本来、普通のローンの考えでいくと低所得者向けにローンを組む場合には債務者が滞納する可能性が高いので高金利で、なおかつ十分な担保を確保しないとお金を貸せません。 サブプライムローンの仕組みというのは、上記の図からもわかる様に 変動金利制を取り入れていました。 ローンを組んでから2~3年間は、ローンの金利分(記号A)のみを支払えば良いという契約から数年目以降は、ローン総額(元金)+金利(A+B)を支払わなければならなかったのです。 少し考えれば債務不履行が続発しそうですが、サブプライムローンが始まった当初はそれ程債務不履行はありませんでした。 その背景には、米国の住宅価格の上昇があったからです。 多くのサブプライムローン利用者は、住宅購入後の数年間は低金利ローン(金利:A)を返済し、支払が元金+金利(A+B)になる前に住宅価格の上昇と共に担保価値が上がり一般的なローンに借り換えられると当時考えていたのです。 サブプライムローンの借り手は社会的弱者 サブプライムローンは、 低所得者向けローンという言葉からも分かる様に移民や風俗業従事者など社会的な信用度の低い人々( 社会的マイノリティ)に対して貸付が行われていました。 ローン会社は、本来デフォルト(債務不履行)になる様な借り手を見極めて融資しなければなりません。 しかし、2000年代のアメリカではローンは無審査で通っていました。 マネーショートではドイツ銀行が危険性を解説 マネーショートの映画では、ドイツ銀行の職員がジェンガをつかってCDOの危険性を解説している場面があります。 CDOは、言わば新鮮な林檎と腐ったリンゴをジューサーでごちゃまぜにしてりんごジュースとしてリパッケージした様な金融商品です。 私はこのジェンガを使った解説シーンがスマートでとても好きです。 CDOの構成 CDO証券の債権は、3つに階層に分けて投資家に売り出されました。 まず、最上位層は低リターンだが元本の保証確率の高い シニア層、中間層である メザニン層、高リスク高リターンの エクスティ層に分かれます。 個人投資家や年金運用期間には、 シニア層の債権が好まれ、リターンを重視するヘッジファンドには、 エクスティ層が好まれました。 しかし、どうしても人気の無い債権がでてきてしまいます。 そうした時にCDOを作成していた金融機関は、様々なCDOを集めて更に新しいCDOを生み出していきました。 そうする事で、メザニン層やエクスティ層の債権のみで作れらているはずのCDOの中からシニア層の債権が生み出される事になります。 この様なモラルの無い行為が繰り返され世界中の投資家や金融機関に広まった結果としてリーマンショックがアメリカだけではなく世界中に波及してしまったのです。 モーゲージ債の入ったCDOは債務不履行(デフォルト)しない? 当時の米国の投資家や世界中のCDO債権を売買していた投資家は、モーゲージ債が債務不履行しないと考えていたのでしょうか? それは、ファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(米連邦住宅貸付抵当公社)という会社が多く関係しています。 ファニーメイとフレディマック ファニーメイの設立は、大恐慌の爪痕が残る1938年で、米国の経済建直しの一環として米国民の住宅保有を促進する目的で政府系金融機関として創設されました。 その後、1968年に民営化を果たします。 民営化したファニーメイでしたが、民営化後もGSE(Government Sponsored Enterprises( 政府支援法人)として住宅ローン債権の買取や証券化を主に行ってました。 そのため、ファニーメイの合成するCDOは、投資家達からは実質的な 政府保証がある債権とみる動きが強かったのです。 サブライム問題後は、経営状況が著しく悪化し現在は公的資金の注入を受けて政府管理下あります。 フレディマックは、1970年にファニーメイを補完し住宅ローン市場へ資金を供給させる為に米議会の公認を受けて設立されました。 その為基本的には、ファニーメイと同様にGSE(Government Sponsored Enterprises(政府支援法人)として住宅ローン債権の買取や証券化を行ってました。 住宅ローンの普及および住宅市場の貢献には大きく役割を果たしました。 しかし、現在はファニーメイと同じく経営状況に問題があり政府の管理下にあります。 政府の後ろ盾がある機関が発行している金融商品であった為、多くの投資家は安全な資産運用先だと判断しました。 クレジット・デリバティブの一種で、企業の債務不履行にともなうリスクを対象にした金融派生商品。 対象となる企業が破綻し金融債権や社債などの支払いができなくなった場合、CDSの買い手は金利や元本に相当する支払いを受け取るという仕組み。 nomura. html 株式、債券、金利、通貨、金、原油などの原資産の価格を基準に価値が決まる金融商品の総称です。 取引形態としては、先物取引、オプション取引、スワップ取引、フォワード取引などがあります。 古くは米や綿花などの農作物を対象とした先物取引から発達し、1990年前後からは、株式、債券などの金融商品を対象とした先物取引、オプション取引、スワップ取引などが活発に取引されるようになりました。 近年はこれらのほかに天候(降雨量や降雪量、気温など)や信用力などを対象とする取引(天候デリバティブやクレジットデリバティブなど)も登場しています。 引用元:SMBC日興証券 CDSを買う側は、月々一定額のプレミアム 手数料 を支払い、CDSを売る側は市場に異変が無ければプレミアムが丸々儲かる仕組みです。 両者間で市場のリスクを売買しているイメージです。 CDSを買う側はリスクを引き渡す代わりにプレミアムを払いCDSを売る側は、リスクを引き受ける代わりにプレミアムを貰うと言う事です。 ちなみに、個人投資家では売買契約は出来ません。 ヘッジファンドと投資銀行の間で多くのCDSを結びました。 リーマンショックの際には、アメリカの住宅市場のバブルを察知しCDSを大量に購入し大儲けした投資家もいました。 逆にCDSを販売していたAIGは当然大損失を受け破たん寸前まで追い込まれました。 CDSは株式投資と同じ原理で買値と売値の差額で儲ける CDSは、発行体(売り手)と投資家(買い手)との 相対取引です。 売り手は、このCDOは破綻しないはずと判断していれば比較的安い保険料でCDSを結びます。 逆に買い手の側は、このCDOに対するCDSはもっと価値が上がるはずだと判断できるCDOを探し出してCDSを結びました。 株式投資に置き換えて貰うと割安株投資がイメージとして近いです。 市場に本来の価値より安いと判断されている株(CDO)を見つけて買って(CDSを結び)、その他の投資家が気付き始めた時に高値で売り抜ける事で利益を得られるという事です。 (CDSで言えばCDOがデフォルトリスクが高まるとCDSの価値が上がり売値が跳ね上がり莫大な利益をもたらしました。 ) 合成CDOとCDSについて CDOは、住宅ローンやクレジットカードローン・車のローンなどの債権を証券化した金融商品だと説明しました。 CDOに似た金融用語で 合成債務担保証券(合成CDO・シンセティックCDO)という金融商品があります。 合成CDOは、通常のCDOにCDSの保険債券を細分化し組み込んだ金融商品です。 つまり、格付け会社からデフォルトリスクが高いと評価されるA評定以下のCDOに対するCDSを組み入れられた金融商品です。 CDSという金融派生商品を含むCDOのリスク判定は極めて難しくリーマンショックの被害を拡大させる起爆装置の様な金融商品となってしまいました。 マネーショートでは投資銀行はCDSを結ぶ投資家を嘲笑っていた マネーショートでは、マイケル・バーリ率いるサイオン・キャピタルが大量のCDSを買いこんでいる様を嘲笑っているシーンがあります。 これは、誰もが住宅市場の崩壊などはないと過信しており、馬鹿な奴という事を描いているシーンです。 格付け機関と金融機関 リーマンショック前、多くの投資家がCDOを購入していたのは、証券化している金融機関が政府支援法人だという事と格付け機関がCDOに対してA評価を出している事が原因でした。 リーマンショック時には、サブプライムローンを含むCDOの多くにA評価(債務不履行の可能性は限りなく低い)という格付けを行っていました。 当時の関係者の証言によると格付け会社は、CODのリスクは認識していたが、低い格付けをつけると仕事が相手にとられてしまうという理由から高い格付けをつけていた様です。 結論 いかなる金融商品も元本毀損リスクはあります。 リスクを取るからこそリターンがあるわけです。 しかし、闇雲にリスクを取ればリターンがあるわけではない事は、歴史を振り返ると明らかです。 自分の大切なお金を投資する訳ですからきちんと投資対象について勉強してから取り組む事が大切だと思います。 文庫の原作も発売されています。 ご興味のある方は、是非読んで見て下さいね。

次の