産廃 収集 運搬。 「市」の収集運搬業許可は必要ですか?

「市」の収集運搬業許可は必要ですか?

産廃 収集 運搬

環境便利帳 産業廃棄物の収集運搬・処理の委託契約書に貼付する印紙税額 チェックシートと一覧表 [2010年11月1日] 印紙税は、印紙税法の定めにより、契約書や領収書などに課税される税金です。 課税の対象となるのは、国税庁「印紙税額一覧表」(課税物件表)に掲げられた20種類の文書(非課税文書に該当する場合を除く)です。 一般的に、産業廃棄物の収集運搬を委託するための契約書は「印紙税額一覧表」(課税物件表)の第1号の4文書(運送に関する契約書)、産業廃棄物の処分を委託するための契約書は第2号文書(請負に関する契約書)に該当します。 ただし、産業廃棄物処理委託契約書が、営業者間で継続的に生ずる取引の基本となる契約書で、契約期間が3ヶ月を超えている、又は、契約期間が自動更新される場合は、第7号文書(継続的取引の基本となる契約書)にも該当することになります。 このような場合は、契約書に記載金額(契約金額)があるかどうかで、文書の所属を決定します。 産業廃棄物処理委託契約書に「記載金額がある」とは、例えば、以下の状態を指します。 (例)• (例)• 以上の流れを、フローチャートで確認してみましょう。 ご氏名やメールアドレスを公表する事はありません。

次の

株式会社ダイサン

産廃 収集 運搬

自動車検査証の写し等は、有効期間内のものに限ります。 また、車を借用する場合は、原則車検証の使用者の欄に申請者を登録していただきます。 車検証の使用者欄の名義が申請者と異なる場合は車両の使用の権原を有することを証する書類 車両の賃貸借契約書の写し又は車両の賃借等に関する証明書等 を添付していただきます。 ・車両等が賃貸借等の場合は、検査証に車両等の賃貸借契約書等(船舶の場合は裸傭船契約書又はこれに準ずる傭船契約書)の写しを添付 鳥取県で5年間のようです。 「継続的」とは何日以上のことをいうのか? 答 「継続的」とは、概ね業の許可期間である5年間とすべき。 参考までにあるゼネコンから聴いた話です。 自社運搬とは、排出事業者が自ら運搬すれ意思が明確にされれば良い。 この自ら運搬する明確な意思の中にレンターカーは含まれるのかが判断のポイントです。 レンタル、リースと形態が色々ありますが、自治体によっては不可というところもあるそうです。 極論すれば、1日借りた車は明確な運搬の意思の表れではないとのことです。 勿論その自治体は少数派ですが。 JKさんの問いに対して。 例えば1日のレンタルでは排出事業者が運搬するという明確な意思と見なされないということだとおもいます。 車両表示は建前上は必要で、ほんとはやらないというのが 実態だとおもいます。 11888 【A-7】 Re:産廃運搬のレンタカー使用 2005-08-10 03:04:44 循(じゅん) ( 「リース車OK,レンタカー不可」 という背景に 「青ナンバー問題」 があるのではと思いますが、いかがでしょうか。 貨物自動車運送事業はレンタカーによる営業はできません。 また、レンタカーの約款には「営業目的は不可」となっています。 リース車では、契約の中で「営業目的=廃棄物収集運搬」を明らかにしていれば使用可能であると思います。 過去、廃棄物収運業界に国(国交省)から「青ナンバー取得するように」という指導があったと業界新聞に記事がありました。 一方、環境省から自治体あてに「青ナンバーの確認は必要とせず」との見解がでているらしいです。 それぞれの法律を所管する省庁が違うのですが、 実際のところ、廃棄物処理業の許可権限を有する所轄の廃棄物担当者の指導に従うしかないのでしょう。 11890 【A-8】 Re:産廃運搬のレンタカー使用 2005-08-10 09:32:24 こてつ ( >自ら運搬する明確な意思の中にレンターカーは含まれるのかが判断のポイントです。 >レンタル、リースと形態が色々ありますが、自治体によっては不可というところもあるそうです。 それにしても廃掃法の解釈って、自治体によって異なることが非常に多いですね。 >2.廃棄物運搬の許可業者がレンタカーで廃棄物を運搬する場合 収集運搬業者が廃棄物を運搬する車両は、収集運搬業申請時及び車両変更届出時に申請した車両でなければなりませんので、レンタカーでは不可です。 収集運搬車両については、基本的に 1.申請者の自己所有車両 2.車検証の使用者の欄に申請者の名前がある車両 3.賃貸借契約による とされていますが、「リース契約」(車両リース会社からの賃貸契約)は認めるが、「庸車契約」(車両リース会社以外からの賃貸契約)は認めないという自治体もありました。 弊社の場合リース車両が数台含まれていたため、リース会社であることを証明する書類としてその会社の会社案内を追加提出させられました。 11945 【A-9】 法運用・解釈権は、実務を行う地方自治体に優先 2005-08-12 17:51:56 Dr.ゴミスキー ( 質問に対する回答では有りません。 それにしても廃掃法の解釈って、自治体によって異なることが非常に多いですね」にコメントします。 この悩みは、国と地方自治体の関係を理解すると判ります。 つまり、本来、国が行うべき仕事を地方自治他に委任しているのが原因です。 廃棄物処理法だけでは有りませんが、地方分権一括法に基づく、地方自治法の法運用が、国の事務でも、地方自治体の運用・解釈を優先しているからです。 この点は、地方分権一括法及び同法の成立を受けて改正された各種の法律(約450余の関係法律)をご理解すると良いでしょう。 コメントが抽象的ですが、個別具体的な事例から学習することをお勧めします。

次の

あいちの環境

産廃 収集 運搬

見出し• 産業廃棄物の収集運搬業許可 収集運搬業を一言で言うと、産業廃棄物の運送屋さんのことです。 例えば青森など。 産業廃棄物 収集運搬業の許可とは 産業廃棄物の 収集運搬業を始めるには、業を行おうとする区域を管轄する都道府県知事 の 許可を受けなければ、収集し運搬することが出来ません。 また、業務の内容によって、『 積替・保管』付きの 収集運搬業の 許可を取得しなければ なりません。 1つの許可の範囲に、取り扱う品目の許可を取ります。 積替・保管の有無とは 収集運搬業を始めるにあたり、『 積替・保管』を含むか否かを問われます。 『積替・保管』とは、次のように説明されます。 積替・保管とは、産業廃棄物を排出元から運搬先に運搬する過程において許可を得た保管 場所で、一定量・一定期間、取扱う産業廃棄物を保管することを言います。 積替・保管を行わない収集運搬を『 直行型』などと呼ばれることもありますが、 積替・保管の法律の趣旨は、非効率な運搬を避け、効率よく収集運搬しようというのが、 本来の趣旨です。 また、積替・保管付きの収集運搬業許可を取得するには、自治体によりますが、 積替・保管を行う場所の土地や建物、周囲などの調査項目をまとめた『 事前計画書』の 提出を求められる場合があります。 計画がまとまっていない状態では、積替・保管付きの収集運搬業許可を取得することは 出来ませんので、事前の計画が必要です。 積替・保管については、から 産業廃棄物 収集運搬業許可取得 代行サービス サポート料金は、.

次の