スラアク 立ち回り。 【MHWアイスボーン】スラアクの立ち回りと操作方法【モンハンワールド】|ゲームエイト

スラッシュアックスの特徴と立ち回り

スラアク 立ち回り

スラッシュアックスの基本動作 スラアクの基本的な動作の説明です。 斧モード、剣モードがありますが、どちらも• 縦斬り X• 横斬り A• 斬り上げ• 突き・突進斬り• そして、斧モードだと振り回し、剣モードだと属性解放突き、といった特殊な動きをしてくれます。 スラアクは斧モードと剣モードの2つを操ることができる、特殊な武器です。 スラッシュ「アックス」という名前だけあって、基本モードは斧ですが、武器に付属でついているビンの効果を出したい場合は剣モードにしなくては恩恵が受けれません。 剣モードを使うためには、「 スラッシュゲージ」というゲージを溜めなければなりません。 ゲージを溜めるのは比較的簡単で、時間経過で勝手に増えていきますし、Rボタンでリロードして増やすこともできます。 ただ、スラッシュゲージが不足している場合のみRでリロードしてくれるだけで、通常のRボタンは変形です。 ただ、剣モードを目指すため、斧モードは下準備みたいなもの、ということはありません!斧だとビンの恩恵は受けれませんが、なんと言ってもリーチが長い!振り回しているときなんて、プレイヤーがつま先立ちしてまで距離伸ばしてくれてますし(笑)単発の攻撃力が高いのも斧モードの魅力です。 あとは• ガードできない• すべての攻撃がのけぞり無効• 攻撃直後の回避は回転回避ではなくステップ といった独特な動きもします。 剣モードの時なんて、見た目は大剣みたいなんですけど、ガードできないんですよね。 長くなっちゃいましたが各スタイルの動作を見ていきます。 ギルドスタイル 基本スタイルですね。 動作は上に長々と書いたものが基本となります。 初めてこの武器を使う方はギルドスタイルから練習していきましょう。 突進斬りで距離を詰めた後に、位置を移動せず攻撃し続けます。 斬り上げからは縦斬りに繋がるため、ループしてずっと攻撃し続けられますよ。 高威力のなぎ払いフィニッシュを使うコンボです。 振り回しは連打している間使い続けますが、同時にスタミナを消費するので、ご利用は計画的に。 なぎ払いフィニッシュは見た目によらず、発動後の硬直はなく、すぐに回避に繋げられるため便利です。 この後剣モードのコンボに繋げられます。 前に進むことなく、定位置で攻撃を続けられます。 高威力の属性解放フィニッシュを使うコンボですね!隙は大きいですが、剣モードの真骨頂!最後にドッカーン!と砲撃を飛ばせて素敵。 もちろん威力も高いです。 ギルドスタイルとの差異 無し ストライカースタイル モンスターに攻撃を当てると「狩技」ゲージが溜まり、タッチパネルを押すだけで発動する特別な大技を使えます。 このスタイルは、狩技メインで戦いたい場合にオススメ。 攻撃操作もシンプルに変化しているため初心者でも使いやすいです。 振り回し使用時はスタミナを消費しますが、他の攻撃中に回復するため、斬り上げ後にまた振り回しをはじめても良いかも。 高威力の属性解放フィニッシュを使うコンボです。 属性解放フィニッシュを出したい時は、Xボタンから始めてください。 ギルドスタイルとの差異 ストライカーでは、• なぎ払いフィニッシュができない(斧モード)• 二連斬りができない(剣モード) どちらも高火力攻撃につながる攻撃ができなくなってますね…これは、「狩技メインで戦ってください」という運営様の声が聞こえてくるようです。 [ad ad-2] エリアルスタイル 空中戦メインのスタイルです。 普段の前方回避がエア回避に変化します。 エア回避中にモンスターと接触するとそのモンスターを踏みつけて空に舞い上がることができます。 微妙に当てづらい感じがします。 ギルドスタイルとの差異 身軽に空を舞うことができるのエリアルですが、• 突進斬りができない(斧モード)• 属性解放突きができない(剣モード)• 斧モードで突進斬りができないので、モンスターとの間合いが詰めにくいですね。 なるべくエア回避を利用して近づきましょう。 ブシドースタイル これは上級者向けのスタイルですね。 モンスターの行動を把握していないと、うまく使えません。 ブシドーでは、モンスターの攻撃に合わせて回転回避をすると「ジャスト回避」成功し、反撃モーションに移ることができます。 オススメのコンボ おすすめコンボは以下の通り。 隙が大きそうなら、更に剣のコンボを繋げても良し。 ギルドスタイルとの差異 ブシドーでは• 斧:振り回しからのなぎ払いフィニッシュができない。 なぎ払いフィニッシュをしたければジャスト回避からのみ。 斧:斬り上げ後にRで変形斬りへ派生• 剣:ジャスト回避後、二連斬り上げ使用可能• 回避やステップ後に剣:斬り上げに派生できない=間合いを詰めるまでは斧モード このような点が注意ですね。 スラアクはやはり動きが遅く、機動力が低いのが弱点ですが、ブシドーはジャスト回避後に斧:なぎ払いフィニッシュが繰り出せるのは楽しいかも! [ad ad-2] ブレイヴスタイル MHXXから追加された新スタイルです。 ブレイヴゲージを貯めることでブレイヴ状態となり、高火力な攻撃を繰り出すことができるようになります! 通常の納刀と違い、Yを押すと特別な「納刀継続」状態になり、体が青く光ります。 この状態でモンスターに攻撃を当てるとブレイヴゲージが溜まります。 また、納刀継続状態でモンスターに当たっても攻撃を受け流せる「イナシ」状態になります。 スラアクは鈍足なのでイナシ状態はありがたいですね。 イナシだとダメージも少なめになります。 オススメのコンボ まずは非ブレイヴ時のおすすめコンボ。 剣からの強変形斬りは振り回し二連続のようなモーションです。 なぎ払いフィニッシュ後に強変形斬りに繋がるので、まだ攻撃し続けられそうなら更に続けるのも良いと思います。 このコンボのもうひとつの特徴として、スラッシュゲージが残っている場合限定なのですが、攻撃後に斧モードに移行せず、そのまま剣:斬り上げに派生できることですね。 これらの特徴のおかげで、属性解放フィニッシュ後の隙の大きさをカバーしてくれるようになりました。 でも、属性解放二連フィニッシュなんてちょっとした爆発が起きる分、スラッシュゲージの消費が非常に激しいので、いったんリロードする方がいいかもしれません。 狩技と組み合わせましょう。 ギルドスタイルとの差異 ブレイヴスタイルは、ブレイヴ状態で• もちろん、攻撃や回復などの便利なアイテムを作れますし、自分だけではなく仲間にも有効です。 このスタイルを選ぶと、マカ錬金タルを常備する状態になっていて、タルが最初からアイテム欄に入っています。 時間経過や、攻撃するとゲージが溜まってアイテム生成が可能。 スラアクだと、斧:縦斬りか剣:二連斬りでのゲージが溜まりやすいです。 ギルドスタイルとの差異 レンキンスタイルのデメリットとしては、• 簡易属性解放フィニッシュ、ジャンプ属性解放突き使用不可 これくらいですね。 あまり困らないかもしれません。 まとめ 以上、6つのスタイルごとのスラアクのおすすめコンボを解説しました。 いやー…斧モード・剣モードと、モードチェンジの忙しい武器ですね!ややこしいから嫌い!!とか言わずに、使ってみると意外と便利機能満載ですよ。 モンスターにもいろいろ種類がいて豊富なので、このように臨機応変に使い分けられる武器もいいものかもしれません。 さてさて、ここまで読んだあなた。 さっそくスラアクを使ってみましょう!.

次の

【MHXX】スラッシュアックスのススメ:くずひこのブロマガ

スラアク 立ち回り

属性解放突きによる高DPSが強力• 剣モードには心眼効果付き• 斧と剣共に火力面が優秀 剣と斧を使い分ける武器 スラッシュアックスは斧と剣、2種のモードを使い分けながら戦う武器です。 共に強力な火力を有しており、斧モードでは高リーチを活かした立ち回り、剣モードではビンを消費する動きとそれぞれの強みが異なります。 剣モード時に消費するスラッシュゲージ スラッシュゲージは切れ味の下に表記されており、剣モードでの攻撃時に消費します。 スラッシュゲージは納刀や斧モード時に自動回復し、全てを使い切ると自動で斧モードに切り替わります。 剣モードで高出力状態へ移行 スラッシュゲージを消費する剣モードでの攻撃を一定量モンスターに当てると、ゲージが最大まで溜まり高出力状態へと移行します。 高出力状態では剣モードの各種攻撃が強化され、ゲージは攻撃やビン毎に溜まり具合が変化します。 ビンにはそれぞれ効果が存在 各スラッシュアックスに付いているビンはそれぞれ上記の効果を持ちます。 ビンの効果は剣モード時のみ付加され、ビンが対象の武器に合っているかどうかも重要です。 斧モードの性能が大幅強化 斧モードの各性能がアイスボーンで大幅に強化を受けました。 斧強化状態が新たに追加され、元々芳しくなかった斧モード時の火力が飛躍的に向上したため、斧を主体とした立ち回りも強力となりました。 回避に癖がある スラアクは攻撃後にすぐ回避行動を使用すると、前転せずステップ回避を行います。 ステップは位置調整や距離を詰める動作としては優秀ですが、通常回避よりも距離を稼げないため、被弾してしまう可能性が高いです。 また、斧強化によって怯みを取りやすくなるため、基本は斧モードで立ち回るのがおすすめです。 ゲージがあれば剣モードでコンパクトに攻める 剣モードは動きがコンパクトであり、手早くダメージを稼げます。 周囲攻撃に乏しいモンスターが相手なら、クラッチクローからの零距離解放突きを積極的に狙うのも手です。 機動力は斧に劣るため、クラッチでカバーしましょう。 スラッシュアックスの新アクション動画 スラッシュアックスの新アクション動画では、クラッチクローを始めとする追加要素を紹介しています。 おすすめ装備• 防具データベース• 特殊装具•

次の

【モンハンダブルクロス】スラッシュアックスの立ち回り解説

スラアク 立ち回り

モンハン4Gをプレイしていたときもそうだったけど、ワールドを始めた当初もスラッシュアックスとチャージアックスが混同してしまい、どちらがどっち状態でした。 その頃からガードが出来る方がチャージアックス、ガードが出来ないのがスラッシュアックスみたいな覚え方をしていました。 ワールドの頃はチャージアックスが猛威を振るっていて、スラッシュアックスは趣味武器だなんて言われていた記憶があります。 そんなスラッシュアックス、スラアクはアイスボーンで急にスポットライトを浴びることになった。 それはクラッチとゼロ距離属性解放突きがお手軽に火力が出せるようになったから。 転身や不動の装衣を使用中は無理やりにでも弱点に張り付いて、ダメージを与え続ける。 アイスボーンで動きが早くなったり、動き回るモンスターに対しても、すまし顔で立ち回れることも脚光を浴びた要因になっているのだろうと思う。 反対にチャージアックスはアイスボーンで大人しくなってしまった感がある。 スラアクはどんな武器? 基本は移動が速い斧モード、そして移動は遅いが剣モードに変形させて戦うことができる。 そしてスラアクにはスラッシュゲージというものが存在している。 このゲージが十分に溜まっていれば剣に変形することができ、このゲージは時間経過で溜まっていくようになっている。 斧モード時は斧強化状態にすることができ、この状態は斧が赤く光り、斧による攻撃で怯ませやすくなり、部位破壊しやすくなるもよう。 剣モードは攻撃に心眼がデフォルトでついているので、攻撃が弾かれることが無い。 ただし、剣モードでは攻撃の度にスラッシュゲージを消費するようになっており、ゲージが無くなると強制的に斧モードになる。 その際、隙だらけになるので注意が必要になる。 もう1つ注意点があり、スラッシュゲージが3割以下の状態で剣モードに移行しようとすると、リロードすることになり、隙だらけになってしまう。 ビンの効果が付与されるのは剣モードでの攻撃時であり、剣モードで攻撃を与えていくとビンの出力が増した高出力状態になる。 追撃ダメージが追加されるこの状態は、結構病みつきになるほど気持ちよかったりする。 (私だけ?) 高出力状態ではゼロ距離解放突きと呼ばれる、モンスターに張り付いて攻撃できるようになる。 スラアクの立ち回り 実際スラアクを触って間もない私ですが、立ち回り方は大きく分けて2パターンある感じです 1つは素早く高出力状態に覚醒させて、クラッチで張り付いてゼロ距離解放突きをどんどん狙っていくパターン。 ゼロ距離解放突きは切れ味を消費せず、モンスターの弱点にガンガンダメージを与えられるので強力。 回復カスタム、転身・不動の装衣と相性が凄まじく良いが、飽きやすい(私だけ?) 転身・不動の装衣を使用中は動き回るモンスターをもろともしないのが魅力なので、整備スキル5は欲しいところ。 そしてもう1つは斧・剣モードをメインにする立ち回り。 変形切りや斧強化の叩きつけ、高出力状態からのラッシュなど、使っていて気持ちよくなれるしカッコいい。 前転してからの変形切りや下がりながらの変形切りなど、奥が深い立ち回りができる。 剣から斧への変形切りにはゲージを回復させる効果があったり、斧による切り下がりは機動力があったりするので、個性が出る。 モンスターダウン時には斧ブンブンから、復帰に合わせて叩きつけを狙ったり、モンスターダウン時にはひたすら剣攻撃で、復帰したら装衣を着てゼロ距離解放突きを狙ったりと多様性がある。 スラアクに必要なスキル 攻撃や達人、弱点特攻やマルチ用の怯み軽減に関しては他近接と同じ。 整備5、体力増強3、精霊の加護5、弱点特攻3、耳栓1、超会心3、見切り、強化持続3が基本になるのかな そのうえで回避距離や回避性能など入れ替えたりを好みでするといいかも ちなみにゲージの回復と覚醒を早める集中を入れる場合は、集中3まで盛るよりも集中2で十分だ。 理由としては3と2では効果に大差がないから。 個人的にはそれよりも他に優先するスキルが多いので、集中はあればいいなくらいの立ち位置。 そしてゼロ距離解放突きにはデフォルトで耳栓4が付いた状態なので、耳栓1があればゼロ距離解放突き中は耳栓5になり、咆哮による中断がなくなるので耳栓1は是非とも採用したいところ。

次の