ああ 言え ば。 ああ言えばこう言う人の特徴とイライラしない上手な対応法|feely(フィーリー)

ああ言えば こう行く

ああ 言え ば

1:ああ言えばこう言うって英語でなんていう? 「ああ言えばこう言う」というのは、相手の言うことに対してあれこれと理屈をつけて従わないことを意味します。 似たような表現としては、「屁理屈(へりくつ)をこねる」というのがあります。 ああ言えばこう言う人というのは、男女を問わず、また世代を問わず、いますよね。 もちろん、外国にだっています。 英語で「ああ言えばこう言う人」というのは、「You have a comeback for everything what I say! (=私が言うことに全部反論してくる人)」と表現したりします。 」という表現もあります。 これはまさに「あなたは屁理屈ばっかり!」というニュアンスです。 2:ああ言えばこう言うのはなぜ?その深層心理3つ ではなぜ「ああ言えばこう言う」人がいるのでしょうか。 (1)自己主張が強い ああ言えばこう言う人というのは、心理学的に言えば、自己主張が強い人といえるかもしれません。 そして、自己主張が強いのは、自分のことをわかってほしい、知ってほしいということの裏返しだったりします。 自分のことを知ってもらうため、わかってもらうために、自分の意見を強調してしまうがあまり、ああ言えばこう言う人になってしまうんです。 (2)負けず嫌い ああ言えばこう言う人というのは、相手の意見を受け入れずに、自分の意見を頑なに主張する人にも見られます。 そういう人は、相手の意見を受け入れる=自分が負けたと考えてしまうのです。 負けるのが好きな人というのはそんなにいませんよね。 ああいえばこういう人は、特に自分の負けを認めたくないため、自分の考えを通そうとして、ああ言えばこう言う人になってしまうんです。 (3)自己中心的 自己中心的な人というのは、自分がいちばんでないと気が済まない、物事が自分の思い通りにならないとイヤなタイプです。 相手のことよりも自分のことのほうが大事。 なので、何ががなんでも自分の思い通りにしようとします。 その結果、ああ言えばこう言う人になってしまうんです。 3:ああ言えばこう言う人への対処法3つ ではもし身近に、ああ言えばこう言う人がいた場合、どう対応すればいいのでしょうか。 (1)話を聞いてあげる たいていの場合、ああ言えばこう言う人の主張というのは、間違っていることが多いです。 そして、話の途中でそれが明確にわかることもあります。 ですが、ああ言えばこう言う人に対しては、ひとまず相手が全部話し終えるまで待ってあげましょう。 理想は、相手の言うことに耳を傾けること。 ですが、聞いてますよという態度をだけでも、まぁ大丈夫でしょう。 自分のことをわかってほしいタイプのああ言えばこう言う人は、話を聞いてあげないと、ますます強めの自己主張をしてきます。 (2)妥協点を探ってあげる ああ言えばこう言う人の意見も、たまには採用してあげましょう。 例えば仕事の場合、ああ言えばこう言う人から、本当は不要だけれども、それを採用したからといって損失にはならないし、大きな負担にはならないという意見が出てきたとします。 そんなときは、その意見を採用してあげて、ああ言えばこう言う人にやらせればいいんです。 全否定するではなく、多少なりとも意見が採用されたことで、ああ言えばこう言う人はたいてい満足します。 (3)アドバイザー的に考える ああ言えばこう言う人って、実は考え方によっては人がが思いつかなかったことを提案してくれるありがたい存在だったりします。 すでに検討して却下した意見も言ってくる人もいますが、その場合にも、こちら側に再検討のチャンスを与えてくれたとも考えられますね。 このように考えると、ああ言えばこう言う人も存在意義があると思って、腹も立たないのではないでしょうか。 4:ついいちいち反論してかわいくない…ああ言えばこう言う性格の治し方3つ とはいえ、いちいち反論してくる「ああ言えばこう言う」人は、面倒ですよね。 もし自分が「ああ言えばこう言う」人だった場合、どうすれば直すことができるのでしょうか。 (1)自分の意見を聞いてほしいなら、まず相手の意見を聞く ディベートの基本のような話ですが、ああ言えばこう言う人とのトラブルの原因は、お互いに話を途中までしか聞いていないことで起こるミスコミュニケーションです。 なので、まずは、お互いに相手の話を最後まで聞くようにする努力が大事です。 (2)相手を否定する言葉を使わない これも、ディベートや接客ビジネスの基本です。 どんなに自分の意見を通したくても、相手を否定するような言葉を使うのはやめましょう。 特に、意見ではなく相手自身を否定するのは絶対ダメです。 簡単なところでは、「でも」とか「だから」という言葉を使わずに相手と話し合うだけでも、印象はかなり変わります。 (3)考えてから話す ああ言えばこう言う人って、感情的に話す傾向にあります。 感情的に話し始めてしまうと、たとえいい意見を言っていても、すんなりと受け入れられる可能性は低くなります。 考えてから話すというのは、例えばスピーチのように、話す予行練習をしてから実際に口に出すだけでも、だいぶ違います。 5:まとめ ああ言えばこう言う人というのは、どこにでも言いますし、状況によっては自分自身もああ言えばこう言う人になってしまうことがあります。 これを、お互いさまだからと放っておくのは、人間関係としてはよくないですよね。 自分自身も含めて、ああ言えばこう言うクセは少しずつでも直していきたいものです。 この記事を書いたライター 平松隆円 R. Hiramatsu 大学教員。 化粧研究で博士(教育学)の学位を取得。 専門は化粧心理学や化粧文化論。 大学では魅力をテーマに恋愛心理学も担当。

次の

ああ言えばこう言う人の心理と直したいときの対処法

ああ 言え ば

ああ言えばこう言う人の心理 議論が好き ああ言えばこう言う人の中には議論が好きな人も多いものです。 議論をするということは、すなわち互いの意見をぶつけ合うことになりますので、「ああ言えばこう言う」ことがポジティブに働く面もあるでしょう。 しかし、議論の本題を反れて相手の論説の批判に終始してしまうようでは本末転倒です。 人によってはそれも「議論」という定義の範疇になるのかもしれませんが、議論の意義はテーマについて話し合って相互理解を深めたり、何かしらの問題を解決することです。 反論のための反論になってしまっては、議論を行う意味がありません。 相手を負かしたいと思っている 本能的に「相手を負かしたい」「相手に負けたくない」と思っている人はああ言えばこういう人になりやすいようです。 人間、基本的には誰かのアドバイスに耳を傾けた方が人生が捗るものですが、ああ言えばこういう人は「他人のアドバイスを受け入れたら負け」という風に考えてしまうのでしょう。 相手のアドバイスや意見を受け入れることなく、自分の意見を通すことが彼らの至上の命題になってしまっているケースも少なくありません。 ああ言えばこういう人は、「負けず嫌い」と言い換えることもできるでしょう。 そもそも議論や話し合いというのは勝ち負けではなく、相互理解を深めたり建設的な意見交換をするために行うものです。 しかし、負けず嫌いな人はそこを勝負の場と捉えてしまうため、本来の趣旨を忘れて弁論に励んでしまうのではないでしょうか。 分かってほしい気持ちが強い ああ言えばこう言う人は、「自分のことを理解してほしい」という気持ちが強い場合もあります。 自分を理解してほしいという気持ちが強すぎるあまり、自説を強く押し通そうとしてしまうのではないでしょうか。 しかし、人間は何かを強制されればされるほどそのものに対して嫌悪感を抱いてしまう傾向がありますので、残念ながら逆効果と言うほかありません。 誰かに理解してほしい、という気持ちがあるのであれば、むしろ相手の発言に耳を傾け、まずは相手を理解するように努めた方が叶いやすいでしょう。 自分に 自分に自信がなく劣等感が強い人も、ああ言えばこう言う人になりやすいようです。 自分に自信がない人は相手の意見に対して押し黙ってしまうこともありますが、自信のなさを気取られないよう攻撃的になってしまうケースもあります。 相手を攻撃しても自分の現状が変わるわけではありませんが、相手をやり込めることで一時的な優越感を得ることができるでしょう。 それは自分の自信のなさを隠してくれる覆いのようなものにもなりえますので、彼らは必要以上に弁舌を振るうのかもしれません。 感情的になりやすい ああ言えばこう言う人は感情的になりやすく、物事を冷静に捉えられない傾向もあるようです。 その場合、相手の主張に対しての反論というよりは、相手が何かを主張することで「自分が攻撃された」と思い込み、防衛本能に任せて自分の主張を繰り広げるという心理になるのでしょう。 議論というのは、互いが自分の感情をしっかりとコントロールすることによって成り立ちます。 それが難しい場合、議論や話し合いというよりは、ただの喧嘩に終始してしまうのではないでしょうか。 考え方の中心は自分 ああ言えばこう言う人の考えの中心には常に自分が存在し、その周辺に他者が存在するという形になるようです。 その世界では自分は絶対的存在であり、だからこそ相手の意見に耳を傾けることができず、自分の論説を押し通そうとしてしまうのでしょう。 しかし、それでは人間関係はうまくいかず、次第に人が離れていってしまいます。 そうなってから気づいても後の祭りになってしまうので、自分中心の考え方とは、なるべく早いうちにおさらばしたいものですね。 ああ言えばこう言う人は、「自己中」であると言い換えることもできるでしょう。 自分の人生に期待が持てない 自分の今後の人生に期待が持てない場合も、ああ言えばこう言う人になりやすい傾向があります。 自分の人生に期待がないからこそ他人のアドバイスに耳を傾けることができず、「でもでもだって」になってしまうのではないでしょうか。 そのような態度で人生が好転する確率は限りなく低いものですが、これもある種の防衛本能なのかもしれません。 何かにチャレンジして失敗すると、人は少なからず傷つきます。 それが積み重なると、時に回復が難しいほどのダメージを受けてしまうケースもありますので、そうなるくらいであれば「でもでもだって」を主張して挑戦から逃げるのが合理的な判断になってしまうのでしょう。 ああ言えばこう言うの性格を直したいなら話を聞くこと いかがでしょうか。 ああ言えばこう言う人は性格が悪いと思われがちです。 だからこそそのような性格を直したいと強く思うこともあるでしょう。 大切なのは相手の話をじっくり聞いて、受け入れることです。 そして何かしら言いたい衝動を我慢することです。 最初は難しいかもしれませんが、このようにシンプルな対処法を心がけるだけで、性格は改善していきますよ。 また、もしあなたの仕事が上手くいっていなかったり、職場での悩みがあるのであれば「」もあわせて読んでみましょう。 きっと今までの悩みや問題が一瞬で解決できるキッカケをつかむことができるはずですよ。

次の

ああ言えばこう言う辞典

ああ 言え ば

よかれと思って話したことに対して、ああ言えばこう言う我が子にイライラして、ついお説教……。 そんな経験はないだろうか? 「できない」「ムリ」と、何に対しても否定的で、口ごたえやいいわけが多い子どもへの接し方のコツを、コーチングのプロ、石川尚子氏に伺った。 *** 大人でも、悩みを相談した時に相手から返ってくる言葉を素直に受け取れず、反論したくなることはありませんか? よかれと思ってかけてくれる言葉も、受け取れない時は受け取れないものです。 ああ言えばこう言うネガティブな子どもの話を、説得や激励の言葉を挟まず、聴くことに徹していると、話が前に向かい始める時があります。 どのような聴き方かというと、「相手をなんとかしよう」という自分の気持ちを脇に置き、「言いたいことは何だろう?」「どんな気持ちなんだろう?」と、自分の意識をただ相手に向けて聴くのです。 「次に何を言おう?」とか「どうしてこんなにネガティブなんだ?」などとこちらが頭の中で考えている時は、心が相手に向かわず、自分の内側と対話をしている状態です。 「勉強しなきゃって思うんですけど、なかなかできないんです」と相手が言った言葉に対して、「やる気になれないんだね」などと、こちらの解釈で言い換えたりせずに、「なかなかできないんだね」と、そのまま受けとってみてください。 子どもの気持ちを一つひとつ丁寧に受けとってあげると、子どもも「こんなことを言っていても仕方ないな」「自分が勝手に思い込んでいるだけだな」と気付き、自分で建設的に考えられるようになるのです。 最近は、ああ言えばこう言う子どもと出会うと、「自分の器を試されているな」と思い、ひたすら心を相手に向け、受けとることに専念するようにしています。 相手が前向きな言葉を話し始める瞬間は、本当に爽快です。

次の