ロレアル 洗い流さないトリートメント 口コミ。 洗い流さないトリートメントの人気ランキング15選♪口コミ上位をご紹介

ロレアル パリ エルセーヴ 【口コミで評判の洗い流さないトリートメント・ヘアオイルNo.1おすすめランキング】

ロレアル 洗い流さないトリートメント 口コミ

日本でも多くの女性やプロの美容師に愛されている一流ブランドです。 ケラスターゼといえば、サラサラ&ツヤ感のある抜群の仕上がりが最大の魅力! しかも、髪質や髪の悩みに対応した商品ラインナップが展開されているので、「自分にぴったり合う洗い流さないトリートメントを見つけることができる」というのも嬉しいポイントですよね。 今回は、そんなケラスターゼの洗い流さないトリートメントを調査。 68 口コミ総数 237件 参考価格 10,000円 容量 120ml ケラスターゼ(ロレアル)独自の毛髪パワーアップ成分「ステモキシジン」&白髪対策成分「AOXセリュラ」を配合。 スカルプケア&ヘアケアができる洗い流さないトリートメントです。 白髪や髪のボリューム、ハリコシが気になる方にオススメ。 健康的な髪を育てる土台の頭皮もケアできるので、エイジング対策にぴったりです。 心地良い香りですよ。 15 口コミ総数 124件 参考価格 4,500円 容量 100ml ケラスターゼ初のオーガニックシリーズ。 自然由来成分99%、オーガニック認証のオイルを配合。 油分と水分を混ぜて使う二層式ミストタイプの洗い流さないトリートメントです! 油分と水分による潤いと、しっとりとしたツヤ感を髪に与えることができ、ケア&保護に優れています。 もちろんベタつきや重さはなく、軽やかでサラサラに仕上がりに。 ケラスターゼらしいハイレベルな仕上がりです! 植物由来成分&オーガニックオイルによる贅沢なケア、軽い寝癖直し、ツヤ出し、スタイリングなど、朝も夜も活躍してくれます。 香りは、高級感のあるケラスターゼのアロマな香り。 忙しい朝にもぴったりです。 ケラスターゼの洗い流さないトリートメントのイチオシは? 洗い流さないトリートメントを1220本調査したオススメ編集部が、今回特にオススメするのがこちら、、、 「DS アドジュネス」です! 白髪や髪のボリューム、ハリコシが気になる方向けのアイテムで、こうしたエイジングの悩みに関しては抜群の実力を誇ります。 ケラスターゼ(ロレアル)独自の毛髪パワーアップ成分「ステモキシジン」&白髪対策成分「AOXセリュラ」を配合していて、頭皮にスプレーすることでスカルプケアができます。 しかも、洗い流さないトリートメントとして髪の毛もケアできるので、もう最強ですw 価格はお高めですが、やはり年齢を重ねた髪や頭皮には、良質なアイテムでケアしてあげたいところ。 エイジング対策をするなら、ぜひ持っておきたい洗い流さないトリートメントです。 この記事のおわりに ケラスターゼのオススメの洗い流さないトリートメントを11本、ランキング形式でご紹介しました。 定番のソワンオレオリラックスやユイルスブリムはもちろん、まだ発売されて間もないユイルオーラボタニカもランクインしていましたね。 ケラスターゼは、髪質や悩みだけでなく、オイルタイプ・クリームタイプ・ミストタイプなど、好みに合わせて選べるのも魅力の1つ。 よければチェックしてみてくださいね。 ・ケラスターゼのヘアオイル ・ケラスターゼの販売店.

次の

ロレアルの洗い流さないトリートメントオイルの魅力とは?口コミと使い方も

ロレアル 洗い流さないトリートメント 口コミ

ロレアルパリ 洗い流さないトリートメントの違いとは? ロレアルパリと言えば、CMでもお馴染みの高クオリティなヘアケアブランドですよね。 サロンのような仕上がりが自宅でも体感できることもあり「どんな商品か詳しく知りたい」と思われる方も多いのではないでしょうか。 中でも洗い流さないトリートメントにおいては、各個人の悩みや好みに合わせて多くの種類が販売されています。 その為「どれを選んだら良いのか分からない」「自分の悩みに適しているのはどれなのか」と1つに絞り込むのが大変です。 ネット通販に限らず、ドラックストアやディスカウントショップでも手に入れられるため、直接手に取り吟味できる魅力があります。 ただ、長時間お店で悩むのはなんだか気が引けてきますよね。 そこで、ロレアルパリの洗い流さないトリートメントにはどんな違いがあるのか、以下の項目に分けて調べてみました。 洗い流さないトリートメントのタイプ• 馴染ませる時のテクスチャー&仕上がり• 改善したい髪の悩み• おすすめしたい髪質• 付けていて心地良い香り このようにロレアルパリでは洗い流さないトリートメントだけでも、5つの違いがあるのです。 1つずつ掘り下げていくことで自分に適した商品が見つけやすくなります。 ぜひ、参考にしてください。 ロレアルパリの洗い流さないトリートメントは「オイル」「クリーム」の2タイプ ロレアルパリの洗い流さないトリートメントでは、以下の2タイプに分けることができます。 それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう。 オイルタイプ 古くから髪のダメージ補修や髪質改善に利用されてきたオイルタイプ。 今も尚、利用され続けているのには、優れた効果に秘密があります。 ロレアルパリに限らず、オイルタイプのトリートメントには植物由来の天然成分が使用されていることがほとんど。 ロレアルパリでは、花由来のエキス・オイルが配合されています。 天然の成分が配合されているだけあって、年齢や性別にとらわれず安心して使い続けられるメリットがありますよね。 また、キューティクルが剥がれるほどの強いダメージを受けている髪でも、オイル独特の性質によって毛先まで保護することができます。 髪の毛が傷む理由には多くの原因がありますが「仕方ない」と諦めることなく、比較的に早い段階で艶のある髪質へと改善することが可能です。 さらに、オイル独特の髪の毛をコーティングする働きによって、更なるダメージを予防する効果も期待できます。 ただ、オイル特有のべた付きに対して苦手意識を持ちやすいといったデメリットがあります。 クリーム 「オイルタイプのべた付きやテカリが気になる」そんな思いを払拭させるかのごとく誕生したのがクリームタイプです。 オイルタイプに比べて扱いやすく、初心者でも抵抗感なく髪全体へと有効成分を馴染ませられる魅力があります。 また、不足した水分を効率よく補給できるため、しっとりとした柔らかい髪質へと仕上げることが可能です。 髪への浸透力が高く、乾いた髪にもべた付きを気にすることなく馴染ませられます。 ただオイルタイプに比べて、ダメージから髪を守る力はそれほど期待できません。 ドライヤーやヘアアイロンの熱、紫外線といったキューティクルを剥がすようなダメージから髪を守るのが目的であれば、クリームタイプは期待外れの印象を抱きやすいです。 馴染ませる時のテクスチャー&仕上がり ロレアルパリの洗い流さないトリートメントでは、それぞれテクスチャーや仕上がりに違いがあります。 オイルタイプ1つでも、水のように軽いものから濃厚でとろみのあるものまでさまざまです。 さらに仕上がりにおいても、サラッとした軽いタイプから柔らかくしっとりとしタイプと違いがあります。 一見、手に取るとべた付きが気になりそうな商品でも「実際に付けてみると仕上がりがサラッとしている」といった意外な感想を抱くことも少なくありません。 ただ、それでもテクスチャーが苦手であれば、継続して使い続けていこうとは思いませんよね。 なので、自分がどんな仕上がりを求めていて、どんなテクスチャーが好みなのか再確認してみると、ロレアルパリの洗い流さないトリートメントが選びやすくなりますよ。 改善したい髪の悩み 人によって改善したい髪の悩みは違いますよね。 細くて柔らかいタイプ• 太くて硬いタイプ• どちらも属さない普通タイプ 上記のような、各々の髪質によってロレアルパリの洗い流さないトリートメントを選び分けるのもオススメです。 ロレアルパリに限らず、「どちらも属さない普通タイプ」であれば、特に髪質に関係なく好みに合わせて選んでも効果に大きな差はでてきません。 商品の紹介文に書かれているような効果が平均的に期待できます。 ところが「細くて柔らかいタイプ」と「太くて硬いタイプ」では、有効成分や水分の浸透に違いがでるため、思っているような効果が表れにくい傾向があるのです。 ロレアルパリの洗い流さないトリートメントは、そんな髪質別の悩みにも対応しています。 自分の髪質に適した商品を選ぶことで、効率よくダメージを労わることが可能です。 日ごろから自分の髪は「細い」「太い」と意識している方は、ぜひ髪質別に選んでみてください。 付けていて心地良い香り ロレアルパリの洗い流さないトリートメントが人気である理由には「香り」にも秘密があります。 一般的な洗い流さないトリートメントでは、ありきたりな匂いがする商品ばかりですよね。 ところが、ロレアルパリでは香水のような深い香りが楽しめる魅力も詰まっています。 香りの構造はトップノートからラストノートまで、トリートメントとは思えないほどの高品質な造りに。 シーズンによっては、従来品にはない香りが楽しめる限定商品も販売されています。 まるで香水を選ぶかのように、オシャレ感覚で利用できるのもロレアルパリならではの魅力ですね。 ヘアトリートメントはダメージを予防する効果も期待できますので「髪質を維持・予防するために利用したいだけ」と言う方は商品によって異なる香りをメインに選ぶのもオススメです。 【髪質別】ロレアルパリ 洗い流さないトリートメント12種類の選び方 ロレアルパリの洗い流さないトリートメントの違いに加えて、少しだけ選び方のポイントを交えてお伝えしてきました。 ロレアルパリの洗い流さないトリートメントでは、期間限定の商品を除いて12種類もの商品が販売されています。 ここからは、これらの商品を髪質別で紹介していきます。 価格やテクスチャー、香りについても記載していますので参考にしてくださいね。 細くて柔らかい髪向け エクストラオーディナリーオイル サラサラフィニッシュ 3. 0 髪が細く柔らかい人におススメしたいのが、エクストラオーディナリーオイル サラサラフィニッシュです。 髪が細い人の特徴にはダメージを受けやすく絡まりやすいことが挙げられます。 エクストラオーディナリーオイル サラサラフィニッシュでは、普通髪よりも刺激に弱い髪質を保護し、ダメージから守りながら労わる効果が期待できます。 また、ロレアルパリで販売されているオイルタイプの中でも軽やかなテクスチャーが特徴的。 しっとり潤う仕上がりではなく、ハリやコシを与えサラサラとした柔らかい仕上がりです。 甘く女性らしいフルーティーな香りも魅力的ですね。 トップノートには、マンゴーやネクタリン、ブラックベリーを。 ミドルノートにはフリージア。 ベースノートにはセダーウッドやサンダルウッドといった自然を感じる香りをチョイスしています。 太くて硬い髪向け エクストラオーディナリーオイル リッチフィニッシュ 3. 0 太くて硬い髪質におすすめしたいのが、エクストラオーディナリーオイル リッチフィニッシュです。 太くて硬い髪質では、まとまりにくくスタイリングが難しい特徴が挙げられます。 エクストラオーディナリーオイル リッチフィニッシュでは潤いをたっぷりと与え、柔らかくダメージを労わる効果が期待できます。 ロレアルパリで販売されているオイルタイプの中では、軽やか過ぎず重すぎないテクスチャー。 サラッとした軽い印象は低いものの、潤いを中心としたしっとりと滑らかな指通りの良い仕上がりです。 また、香りの構成は細い髪質向けにオススメしたエクストラオーディナリーオイル サラサラフィニッシュと全く同じになります。 ベリーやマンゴ-の甘い香りをトップノートに持ち、心安らぐウッディをベースノートとした構成になっています。 どちらにも属さない普通髪向け エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチフィニッシュ 3. 5 パサつきが気になる方におすすめしたいのが、エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチフィニッシュです。 パサつきの主な原因はダメージによって開かれたキューティクルから潤いが逃げてしまっている事。 エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチフィニッシュでは豊富な潤い成分を髪に与えてコーティングし、乾燥を予防する効果が期待できます。 ロレアルパリで販売されているオイルタイプの中では、しっとりと重みのあるテクスチャーに。 軽やかな仕上がりとは正反対に、乾燥を和らげる保湿を中心とした滑らかな仕上がりとなっています。 香りについては、トップノートには男性からの支持も高いイランイランやグレープフルーツゼストを。 ミドルノートにはソルティーマリンノートやミラベル。 ベースノートにはホワイトムスクやバニラを用いた大人の魅力を引き出すほのかに甘い構成です。 エクストラオーディナリーオイル セラム 4. 0 積み重なるダメージが気になる方におすすめしたいのが、エクストラオーディナリーオイル セラムです。 これまでご紹介したヘアオイルよりも更なる濃密さを追求。 オイルならではの特性を最大限に取り入れており、キューティクルの補修はもちろんのこと髪の毛1本1本を深い潤いで満たします。 ロレアルパリで販売されているオイルタイプの中では、最も濃厚でとろみのあるテクスチャー。 しっとりと潤いの高いみずみずしい仕上がりとなります。 香りについては、エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチフィニッシュと同じく、大人の魅力を引き出すイランイランやホワイトムスク、バニラなどの香りで構成されています。 また、グレープフルーツゼストによって甘さだけではない奥深い香りを楽しめるのも魅力です。 エクストラオーディナリーオイル ピュアセラム 3. 5 艶の溢れる髪質を求める方には、エクストラオーディナリーオイル エクアランペリアル オイルです。 ロレアルパリ独自技法「シャインミラーテクノロジー」によって髪の毛1本1本のキューティクルを整え、輝きあふれる髪へと導きます。 クセのある髪の毛にも、しっかりと潤いを与えて広がり抑えたまとまりのある仕上がりに。 香水の都とも呼ばれる南フランスで用いられるローズをぎゅっと詰め込んだ華やかな香りも魅力的です。 トップノートとミドルノートには種類の異なるフラワーの香りを用い、ベースノートは深みを作り出すウォータームスクやブロントムスクで構成されています。 潤いだけに限らず軽やかでまとまりのある仕上がりが体感できるトリートメントです。 エルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアオイルエッセンス 4. 0 乾燥によるダメージが気になる方におすすめしたいのが、エルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアオイルエッセンスです。 潤いレベルを25%も増加。 同ブランド商品に少ない、リペア補修やプロテクト効果が期待できます。 髪表面にあるキューティクルを守ることはもちろんのこと、潤い力が高く浸透力に優れているためサラッとした仕上がりに。 オイル独特のべた付き感が気になる方でも抵抗感なく傷みにくい髪質へと改善することが可能です。 香りについてですが、公式サイトには詳しい情報がありませんでした。 ですが、実際の香りはフローラル系の爽やかで華やかな香りです。 ドライヤーの使用前後に馴染ませるのがオススメの使い方。 効率よくなめらかで艶のある髪へと導けます。 エルセーヴリスインテンス スムースオイルエッセンス 3. 5 うねりやクセ毛を改善したい人におすすめしたいのが、エルセーヴリスインテンス スムースオイルエッセンスです。 「何をしても改善できなかった」そんな悩みを解決してくれる商品となっています。 同ブランド商品と比較すると、アルガンオイルやニュートリアムと呼ばれる潤い成分をたっぷりと配合しています。 これらの成分によってクセ毛やうねりの原因となるダメージを補修し、毛先までハリのある指通りの良い髪質へと導きます。 さらに、オイルならではのコーティング効果によって湿気に左右されない髪質に。 広がりが気になる環境でも長時間キープすることができます。 香りについては、優しいフローラル。 気にならない程度のふんわりとした香りなので、キツイ匂いが苦手な方でも抵抗感なく付けられます。 エルセーヴカラーヴィヴ カラーケアオイルエッセンス 3. 0 繰り返すカラーリングによって傷んだ髪をケアしたい人におすすめしたいのが、エルセーヴカラーヴィヴ カラーケアオイルエッセンスです。 カラーリングによって傷んでしまった髪の表面をなめらかに仕上げてくれます。 さらには、指通りの良い髪質を維持するためにキューティクルを保護し、ダメージを和らげる効果も期待できるのです。 紫外線などのダメージが防げることで、綺麗に染め上げた色味を抜けにくく保ちやすい状態に。 ルセーヴカラーヴィヴ カラーケアオイルエッセンスはダメージ補修だけではなく、色味と艶を最大限に引き出すことができるのです。 香りについては、フローラル系の香りであることが分かりました。 公式サイトでは詳しい香り情報が掲載されていないため、テスターで確認する必要があります。 エクストラオーディナリー オイル ラ クレム リッチ フィニッシュ 3. オイルを配合しているのにも関わらず、べた付かないのが魅力。 オイルタイプの良い部分だけを取り込み、クリームタイプならではの浸透力で髪を保湿します。 なめらかなテクスチャーは髪に馴染ませやすく、まとまり感のあるスタイルへと仕上げられます。 伸びが良いので少量でも髪全体へと広げられるのも注目ポイント。 手軽にコスパよくダメージケアするには最適なヘアトリートメントですね。 エクストラオーディナリーオイルラクレム リッチフィニッシュについても、香りはフローラル系ということのみ。 気になる方はテスターで確認してみましょう。 エクストラオーディナリーオイルラクレム エクストラ リッチフィニッシュ 4. 繰り返し受けたダメージへの補修力が高く、不足した潤いを十分に与えることができます。 日ごろの刺激によってダメージが積み重なった髪の毛も艶のあるしなやかな状態へと導けます。 ロングヘアであればあるほど毛先のダメージが気になりますよね。 そんなときは、重ね塗りがオススメです。 べた付きが気になる使用方法ですが、エクストラオーディナリーオイルラクレム リッチフィニッシュであれば、不快感なくケアすることができます。 香りについては、上記でご紹介してきた商品同様に、フローラル系であることしか分かりませんでした。 フローラル系の香りが苦手な方は一度、テスターで確認しましょう。 エルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアエッセンス 3. 5 集中的なダメージケアができるトリートメントを探している方には、エルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアエッセンスがおすすめです。 美髪に必要なアミノ酸を4種類も配合しています。 もともと髪は90%ものアミノ酸で構成されています。 豊富なアミノ酸が配合されているエルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアエッセンスは、傷んだ髪の毛に有効的だと言うことが分かりますね。 深刻なダメージにも深くまで浸透することで、髪の毛の内側からダメージを補修し、健康的な美髪へと導きます。 徹底的にダメージケアを行うには最適なヘアトリートメントと言っても過言ではありません。 気になる香りについては、フローラル系であることが分かりました。 ただ、どんな匂いがするのかは実際使用してみないと分かり難いといったデメリットがあります。

次の

洗い流さないトリートメントランキング【最強】おすすめ18選!市販プチプラも

ロレアル 洗い流さないトリートメント 口コミ

ロレアルパリ 洗い流さないトリートメントの違いとは? ロレアルパリと言えば、CMでもお馴染みの高クオリティなヘアケアブランドですよね。 サロンのような仕上がりが自宅でも体感できることもあり「どんな商品か詳しく知りたい」と思われる方も多いのではないでしょうか。 中でも洗い流さないトリートメントにおいては、各個人の悩みや好みに合わせて多くの種類が販売されています。 その為「どれを選んだら良いのか分からない」「自分の悩みに適しているのはどれなのか」と1つに絞り込むのが大変です。 ネット通販に限らず、ドラックストアやディスカウントショップでも手に入れられるため、直接手に取り吟味できる魅力があります。 ただ、長時間お店で悩むのはなんだか気が引けてきますよね。 そこで、ロレアルパリの洗い流さないトリートメントにはどんな違いがあるのか、以下の項目に分けて調べてみました。 洗い流さないトリートメントのタイプ• 馴染ませる時のテクスチャー&仕上がり• 改善したい髪の悩み• おすすめしたい髪質• 付けていて心地良い香り このようにロレアルパリでは洗い流さないトリートメントだけでも、5つの違いがあるのです。 1つずつ掘り下げていくことで自分に適した商品が見つけやすくなります。 ぜひ、参考にしてください。 ロレアルパリの洗い流さないトリートメントは「オイル」「クリーム」の2タイプ ロレアルパリの洗い流さないトリートメントでは、以下の2タイプに分けることができます。 それぞれどんな特徴があるのか見ていきましょう。 オイルタイプ 古くから髪のダメージ補修や髪質改善に利用されてきたオイルタイプ。 今も尚、利用され続けているのには、優れた効果に秘密があります。 ロレアルパリに限らず、オイルタイプのトリートメントには植物由来の天然成分が使用されていることがほとんど。 ロレアルパリでは、花由来のエキス・オイルが配合されています。 天然の成分が配合されているだけあって、年齢や性別にとらわれず安心して使い続けられるメリットがありますよね。 また、キューティクルが剥がれるほどの強いダメージを受けている髪でも、オイル独特の性質によって毛先まで保護することができます。 髪の毛が傷む理由には多くの原因がありますが「仕方ない」と諦めることなく、比較的に早い段階で艶のある髪質へと改善することが可能です。 さらに、オイル独特の髪の毛をコーティングする働きによって、更なるダメージを予防する効果も期待できます。 ただ、オイル特有のべた付きに対して苦手意識を持ちやすいといったデメリットがあります。 クリーム 「オイルタイプのべた付きやテカリが気になる」そんな思いを払拭させるかのごとく誕生したのがクリームタイプです。 オイルタイプに比べて扱いやすく、初心者でも抵抗感なく髪全体へと有効成分を馴染ませられる魅力があります。 また、不足した水分を効率よく補給できるため、しっとりとした柔らかい髪質へと仕上げることが可能です。 髪への浸透力が高く、乾いた髪にもべた付きを気にすることなく馴染ませられます。 ただオイルタイプに比べて、ダメージから髪を守る力はそれほど期待できません。 ドライヤーやヘアアイロンの熱、紫外線といったキューティクルを剥がすようなダメージから髪を守るのが目的であれば、クリームタイプは期待外れの印象を抱きやすいです。 馴染ませる時のテクスチャー&仕上がり ロレアルパリの洗い流さないトリートメントでは、それぞれテクスチャーや仕上がりに違いがあります。 オイルタイプ1つでも、水のように軽いものから濃厚でとろみのあるものまでさまざまです。 さらに仕上がりにおいても、サラッとした軽いタイプから柔らかくしっとりとしタイプと違いがあります。 一見、手に取るとべた付きが気になりそうな商品でも「実際に付けてみると仕上がりがサラッとしている」といった意外な感想を抱くことも少なくありません。 ただ、それでもテクスチャーが苦手であれば、継続して使い続けていこうとは思いませんよね。 なので、自分がどんな仕上がりを求めていて、どんなテクスチャーが好みなのか再確認してみると、ロレアルパリの洗い流さないトリートメントが選びやすくなりますよ。 改善したい髪の悩み 人によって改善したい髪の悩みは違いますよね。 細くて柔らかいタイプ• 太くて硬いタイプ• どちらも属さない普通タイプ 上記のような、各々の髪質によってロレアルパリの洗い流さないトリートメントを選び分けるのもオススメです。 ロレアルパリに限らず、「どちらも属さない普通タイプ」であれば、特に髪質に関係なく好みに合わせて選んでも効果に大きな差はでてきません。 商品の紹介文に書かれているような効果が平均的に期待できます。 ところが「細くて柔らかいタイプ」と「太くて硬いタイプ」では、有効成分や水分の浸透に違いがでるため、思っているような効果が表れにくい傾向があるのです。 ロレアルパリの洗い流さないトリートメントは、そんな髪質別の悩みにも対応しています。 自分の髪質に適した商品を選ぶことで、効率よくダメージを労わることが可能です。 日ごろから自分の髪は「細い」「太い」と意識している方は、ぜひ髪質別に選んでみてください。 付けていて心地良い香り ロレアルパリの洗い流さないトリートメントが人気である理由には「香り」にも秘密があります。 一般的な洗い流さないトリートメントでは、ありきたりな匂いがする商品ばかりですよね。 ところが、ロレアルパリでは香水のような深い香りが楽しめる魅力も詰まっています。 香りの構造はトップノートからラストノートまで、トリートメントとは思えないほどの高品質な造りに。 シーズンによっては、従来品にはない香りが楽しめる限定商品も販売されています。 まるで香水を選ぶかのように、オシャレ感覚で利用できるのもロレアルパリならではの魅力ですね。 ヘアトリートメントはダメージを予防する効果も期待できますので「髪質を維持・予防するために利用したいだけ」と言う方は商品によって異なる香りをメインに選ぶのもオススメです。 【髪質別】ロレアルパリ 洗い流さないトリートメント12種類の選び方 ロレアルパリの洗い流さないトリートメントの違いに加えて、少しだけ選び方のポイントを交えてお伝えしてきました。 ロレアルパリの洗い流さないトリートメントでは、期間限定の商品を除いて12種類もの商品が販売されています。 ここからは、これらの商品を髪質別で紹介していきます。 価格やテクスチャー、香りについても記載していますので参考にしてくださいね。 細くて柔らかい髪向け エクストラオーディナリーオイル サラサラフィニッシュ 3. 0 髪が細く柔らかい人におススメしたいのが、エクストラオーディナリーオイル サラサラフィニッシュです。 髪が細い人の特徴にはダメージを受けやすく絡まりやすいことが挙げられます。 エクストラオーディナリーオイル サラサラフィニッシュでは、普通髪よりも刺激に弱い髪質を保護し、ダメージから守りながら労わる効果が期待できます。 また、ロレアルパリで販売されているオイルタイプの中でも軽やかなテクスチャーが特徴的。 しっとり潤う仕上がりではなく、ハリやコシを与えサラサラとした柔らかい仕上がりです。 甘く女性らしいフルーティーな香りも魅力的ですね。 トップノートには、マンゴーやネクタリン、ブラックベリーを。 ミドルノートにはフリージア。 ベースノートにはセダーウッドやサンダルウッドといった自然を感じる香りをチョイスしています。 太くて硬い髪向け エクストラオーディナリーオイル リッチフィニッシュ 3. 0 太くて硬い髪質におすすめしたいのが、エクストラオーディナリーオイル リッチフィニッシュです。 太くて硬い髪質では、まとまりにくくスタイリングが難しい特徴が挙げられます。 エクストラオーディナリーオイル リッチフィニッシュでは潤いをたっぷりと与え、柔らかくダメージを労わる効果が期待できます。 ロレアルパリで販売されているオイルタイプの中では、軽やか過ぎず重すぎないテクスチャー。 サラッとした軽い印象は低いものの、潤いを中心としたしっとりと滑らかな指通りの良い仕上がりです。 また、香りの構成は細い髪質向けにオススメしたエクストラオーディナリーオイル サラサラフィニッシュと全く同じになります。 ベリーやマンゴ-の甘い香りをトップノートに持ち、心安らぐウッディをベースノートとした構成になっています。 どちらにも属さない普通髪向け エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチフィニッシュ 3. 5 パサつきが気になる方におすすめしたいのが、エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチフィニッシュです。 パサつきの主な原因はダメージによって開かれたキューティクルから潤いが逃げてしまっている事。 エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチフィニッシュでは豊富な潤い成分を髪に与えてコーティングし、乾燥を予防する効果が期待できます。 ロレアルパリで販売されているオイルタイプの中では、しっとりと重みのあるテクスチャーに。 軽やかな仕上がりとは正反対に、乾燥を和らげる保湿を中心とした滑らかな仕上がりとなっています。 香りについては、トップノートには男性からの支持も高いイランイランやグレープフルーツゼストを。 ミドルノートにはソルティーマリンノートやミラベル。 ベースノートにはホワイトムスクやバニラを用いた大人の魅力を引き出すほのかに甘い構成です。 エクストラオーディナリーオイル セラム 4. 0 積み重なるダメージが気になる方におすすめしたいのが、エクストラオーディナリーオイル セラムです。 これまでご紹介したヘアオイルよりも更なる濃密さを追求。 オイルならではの特性を最大限に取り入れており、キューティクルの補修はもちろんのこと髪の毛1本1本を深い潤いで満たします。 ロレアルパリで販売されているオイルタイプの中では、最も濃厚でとろみのあるテクスチャー。 しっとりと潤いの高いみずみずしい仕上がりとなります。 香りについては、エクストラオーディナリーオイル エクストラリッチフィニッシュと同じく、大人の魅力を引き出すイランイランやホワイトムスク、バニラなどの香りで構成されています。 また、グレープフルーツゼストによって甘さだけではない奥深い香りを楽しめるのも魅力です。 エクストラオーディナリーオイル ピュアセラム 3. 5 艶の溢れる髪質を求める方には、エクストラオーディナリーオイル エクアランペリアル オイルです。 ロレアルパリ独自技法「シャインミラーテクノロジー」によって髪の毛1本1本のキューティクルを整え、輝きあふれる髪へと導きます。 クセのある髪の毛にも、しっかりと潤いを与えて広がり抑えたまとまりのある仕上がりに。 香水の都とも呼ばれる南フランスで用いられるローズをぎゅっと詰め込んだ華やかな香りも魅力的です。 トップノートとミドルノートには種類の異なるフラワーの香りを用い、ベースノートは深みを作り出すウォータームスクやブロントムスクで構成されています。 潤いだけに限らず軽やかでまとまりのある仕上がりが体感できるトリートメントです。 エルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアオイルエッセンス 4. 0 乾燥によるダメージが気になる方におすすめしたいのが、エルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアオイルエッセンスです。 潤いレベルを25%も増加。 同ブランド商品に少ない、リペア補修やプロテクト効果が期待できます。 髪表面にあるキューティクルを守ることはもちろんのこと、潤い力が高く浸透力に優れているためサラッとした仕上がりに。 オイル独特のべた付き感が気になる方でも抵抗感なく傷みにくい髪質へと改善することが可能です。 香りについてですが、公式サイトには詳しい情報がありませんでした。 ですが、実際の香りはフローラル系の爽やかで華やかな香りです。 ドライヤーの使用前後に馴染ませるのがオススメの使い方。 効率よくなめらかで艶のある髪へと導けます。 エルセーヴリスインテンス スムースオイルエッセンス 3. 5 うねりやクセ毛を改善したい人におすすめしたいのが、エルセーヴリスインテンス スムースオイルエッセンスです。 「何をしても改善できなかった」そんな悩みを解決してくれる商品となっています。 同ブランド商品と比較すると、アルガンオイルやニュートリアムと呼ばれる潤い成分をたっぷりと配合しています。 これらの成分によってクセ毛やうねりの原因となるダメージを補修し、毛先までハリのある指通りの良い髪質へと導きます。 さらに、オイルならではのコーティング効果によって湿気に左右されない髪質に。 広がりが気になる環境でも長時間キープすることができます。 香りについては、優しいフローラル。 気にならない程度のふんわりとした香りなので、キツイ匂いが苦手な方でも抵抗感なく付けられます。 エルセーヴカラーヴィヴ カラーケアオイルエッセンス 3. 0 繰り返すカラーリングによって傷んだ髪をケアしたい人におすすめしたいのが、エルセーヴカラーヴィヴ カラーケアオイルエッセンスです。 カラーリングによって傷んでしまった髪の表面をなめらかに仕上げてくれます。 さらには、指通りの良い髪質を維持するためにキューティクルを保護し、ダメージを和らげる効果も期待できるのです。 紫外線などのダメージが防げることで、綺麗に染め上げた色味を抜けにくく保ちやすい状態に。 ルセーヴカラーヴィヴ カラーケアオイルエッセンスはダメージ補修だけではなく、色味と艶を最大限に引き出すことができるのです。 香りについては、フローラル系の香りであることが分かりました。 公式サイトでは詳しい香り情報が掲載されていないため、テスターで確認する必要があります。 エクストラオーディナリー オイル ラ クレム リッチ フィニッシュ 3. オイルを配合しているのにも関わらず、べた付かないのが魅力。 オイルタイプの良い部分だけを取り込み、クリームタイプならではの浸透力で髪を保湿します。 なめらかなテクスチャーは髪に馴染ませやすく、まとまり感のあるスタイルへと仕上げられます。 伸びが良いので少量でも髪全体へと広げられるのも注目ポイント。 手軽にコスパよくダメージケアするには最適なヘアトリートメントですね。 エクストラオーディナリーオイルラクレム リッチフィニッシュについても、香りはフローラル系ということのみ。 気になる方はテスターで確認してみましょう。 エクストラオーディナリーオイルラクレム エクストラ リッチフィニッシュ 4. 繰り返し受けたダメージへの補修力が高く、不足した潤いを十分に与えることができます。 日ごろの刺激によってダメージが積み重なった髪の毛も艶のあるしなやかな状態へと導けます。 ロングヘアであればあるほど毛先のダメージが気になりますよね。 そんなときは、重ね塗りがオススメです。 べた付きが気になる使用方法ですが、エクストラオーディナリーオイルラクレム リッチフィニッシュであれば、不快感なくケアすることができます。 香りについては、上記でご紹介してきた商品同様に、フローラル系であることしか分かりませんでした。 フローラル系の香りが苦手な方は一度、テスターで確認しましょう。 エルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアエッセンス 3. 5 集中的なダメージケアができるトリートメントを探している方には、エルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアエッセンスがおすすめです。 美髪に必要なアミノ酸を4種類も配合しています。 もともと髪は90%ものアミノ酸で構成されています。 豊富なアミノ酸が配合されているエルセーヴダメージケアPRO EX ディープリペアエッセンスは、傷んだ髪の毛に有効的だと言うことが分かりますね。 深刻なダメージにも深くまで浸透することで、髪の毛の内側からダメージを補修し、健康的な美髪へと導きます。 徹底的にダメージケアを行うには最適なヘアトリートメントと言っても過言ではありません。 気になる香りについては、フローラル系であることが分かりました。 ただ、どんな匂いがするのかは実際使用してみないと分かり難いといったデメリットがあります。

次の