ショッピング カート asp。 現役ECコンサルタントが選ぶショッピングカートASP徹底比較

SaaS型ECサイト構築プラットフォームはfutureshop

ショッピング カート asp

ECサイトを構築するには、ASPカートの利用やECパッケージ・オープンソースを活用する必要があります。 その他にも楽天市場やYahoo! ショッピング、AmazonなどのECモールへの出店も方法の一つです。 ここでは、ASPカートの種類やそれぞれの特徴、選定する上でのポイントをお伝えします。 初期費用・月額費無料から利用できるASPカートもあるため、比較的簡単にECサイトをオープンすることが可能になります。 また、クラウド上でサービスが提供されているため、法改正や基本的なアップデートはベンダーが行うため、開発コストも最低限で押さえることが可能です。 なお、モールに比べてデザインや機能を柔軟にカスタマイズすることができますが、あくまでもASPカートベンダーから提供された枠組みの中でECサイトを構築する必要があるため、連携できるサービスに制限があるなど、ECパッケージやフルスクラッチで制作するのに比べると制限がある程度残ります。 初期費用、月額料金が無料で利用できる無料ASPカート ECサイトを無料で構築できるのが、BASEやSTORES. jpなどの無料ASPカートです。 初期費用・月額費用が無料であるものの、商品が売れるごとに決済手数料が発生します。 スタートアップ段階の場合、ASPカートに掛ける費用を抑え、人材採用や商品開発、マーケティングに投資をするという選択をする企業も少なくありません。 購入が成立した際に「BASEかんたん決済手数料」が各注文ごとに3. また、ショップの売上金を引き出す振込申請を行う際にも振込手数料と事務手数料がかかります。 なお、売り上げの振込は振込申請から10営業日(土日祝除く)です。 jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社) STORES. jpでは月額費用無料のフリープランと月額1,980円のスタンダードプランが用意されています。 フリープランであっても決済方法も豊富で登録可能な商品数は無制限です。 オプションの手数料を支払うと、売上金を翌日に振り込まれるスピードキャッシュサービスや、保管・梱包・発送をお任せできる倉庫サービスなども提供しています。 無料版ではデータ記録容量が0. 1GBであったり、再販リクエスト受付機能やお問い合わせ管理ができないなど、機能が制限されています。 なお、イージーマイショップでは導入費、月額固定費無料のクレジット、コンビニ決済サービス「イージーペイメント」が用意されています。 ECサイト運営に必要な機能がそろっている有料ASPカート 有料ASPカートは無料カートよりもデザインや機能の制限が少ないため、自社の世界観を表現しやすくなります。 有料のASPカートにもさまざまなサービスがあり、費用や機能、連携サービスが異なるため、自社に適したカートを選ぶ必要があります。 なお、基本的には初期費用と月額費用が発生し、手数料が発生するカートは多くありません。 店舗・ブランドのファン化に向けたキャンペーン機能が豊富なほか、CMS機能「commerce creator」により、デザインのカスタマイズ性が高く、ブランディングを意識したサイト構築が可能な一方で、サイトの更新性の高さも維持しています。 実店舗連携やカゴ落ち対策、リピート販促の強化が可能です。 月額22,000円から利用可能なスタンダードプランと81,000円から利用できるゴールドプランを提供しています。 月額費用3,000円で利用できるビジネスショッププラン、月額10,000円で651機能を利用できるプレミアムショッププラン、MakeShopの上位版「MakeShop エンタープライズ」を提供していますが、各プランとも発生するのは月額費用と初期費用のみで、売り上げ手数料は一切不要です。 専門知識がなくとも、SEOや集客ができるシステムが用意されています。 専任の担当者が付くなど、サポートも充実しています。 開通料は15,000円、月額利用料は4つのパターンを提供していますが、基本機能は全プラン共通です。 なお、オプションサービス、決済代行手数料以外の追加固定費はかかりません。 なお、Eストアーではショップサーブに加えて、コンサルや運営代行サービスなども提供しています。 日本市場へは2017年に参入。 日本人スタッフも配置され、管理画面の日本語などローカライズが進められています。 月額費用はベーシックプランで29米ドル、スタンダードプランが79ドル、プレミアムプランは299米ドルです。 なお、Facebook上で商品販売を可能にするライトプランは9米ドルで利用可能です。 1500社に導入され、レスポンシブECサイト構築で実績No. 1を誇ります。 費用体系は初期費用20,000円、月額9,800円から独自の機能カスタマイズにも対応したアドバンスプランまで、8つのプランで提供しています。 なお、Amazon. comが提供するクラウドサービスAWSを採用し、花道の安定性と快適なECサイト環境を提供しています。 一番低額なライトプランは初期費用3,000円、年間登録料3,600円、利用手数料1. ヤマトグループのサービスということもあり、ネットショップ運営に必要な商品管理・受注・配送・決済のデータ管理を一つのIDで、一つの管理画面から管理することができます。 月額費用は低価格、販売手数料0円、決済手数料も割安なので、ショップの売上規模が大きくなっても、コストを安く抑えることができます。 また、豊富にあるアプリを追加することでECサイトの成長に応じた施策を行うことが可能になります。 定期購入に特化したリピートカート リピートカートには定期購入商品を販売する際に必要となる定期購入のサイクル指定や、購入回数ごとの割引設定などの機能が搭載されています。 サブスクリプション事業において重要な販売・顧客・入金・在庫の管理などと、販売促進を一元的に管理することができます。 月額49,800円から利用可能なスタンダードプランから、サブスクストアを軸とした最適なソリューション提案を受けられるエキスパートプランまで、計3つのプランを提供しています。 侍カートでは、ツーステップマーケティングと呼ばれる、サンプルやお試しをしてもらい、メールやDMなどで本商品や定期コースへアップセルを行う、マーケティング手法に必要な作業を自動化することに集中した開発が行われています。 月額費用70,000円のASPプランから最上位のフルスクラッチプランの3パターンでサービス提供をしています。 リピートカートに必要な機能をフル装備しているほか、店舗運用や分析業務、販促施策などの機能が一つに集約されているため、業務の効率化も可能です。 月額49,800円で利用できるライトプランから、高スペックな専用サーバーを利用できるゴールドプランまで、3つのプランを提供しています。 いずれも従量課金はありません。 通販初心者から本格的な通販事業者まで幅広く対応しています。 LP一体型の申し込みフォームやアップセル機能、顧客の購入履歴をページ遷移なしで確認できるCS専用画面などを備え、EC事業者の売り上げアップを支援しています。 開店代行や乗り換えの際のデータ移行などをリピストが代行するサービスも提供しています。 98万~始められる単品リピート通販向けのショッピングカートです。 リピート通販で重要な定期購入への引き上げやCRMなどを行うための機能だけではなく、受注管理や出荷管理、カスタマーサポートを効率的に行う機能も標準搭載。 EC事業者のフェーズに合わせて、集客施策や会員ランク機能や商品レビュー機能など必要な機能を提供しています。 更に、定期注文の際の受注・出荷時のメール自動配信など60%のコスト削減を実現するオペレーションツールで管理者の側のオペレーションタイムを大幅に削減できます。 SUPER STUDIOがメーカーとしてEC業務を行うために開発されました。 2019年9月時点で約200社のメーカーに利用されており、導入ショップの平均年商は業界最高水準である1. 5億円にまでのぼります。 通常のカート機能のほか、フォーム一体型LP作成機能や広告集計機能、定期継続率の分析なども可能です。 その実力から、「広告の費用対効果を改善させる通販(D2C)クラウドサービスNo. 1」にも選ばれています。 取引先ごとの価格管理や販路の管理、決済手段の管理など、BtoB取引きならではの商習慣に対応し、業務を効率化します。 月額9,800円から、最短3日で利用することができます。 BtoBの受発注に必要な機能は全て標準対応のため、カスタマイズの必要がないのが特徴です。 また、在庫連動や後払い決済、WMSなど多数のサービスと連携しているため、業務の効率化が可能です。 商品数や会員数によって選べる6つのプランとさらに上位のエンタープライズプランが用意されています。 アピリッツがさまざまなEC支援事業を10年以上行なっていることもあり、EC運営が初めての方でも安心して開店・運営できるサポート体制を整えています。 月額費用は40,000円からですが、規模に合わせた料金提案がなされます。 また、オプションで開店設定代行、画面設計・デザイン制作サービスなども提供しています。 BtoB取引に必要な取引先ごとの価格設定、商品の出し分け、決済手段設定に加えて、BtoC機能も追加することが可能です。 サイトを一元化することで、商品登録や受注処理などを一括で管理することが可能です。 月額50,000円で利用できるライトプランから150,000円までのエンタープライズプランまで3つのプランがあります。 特に、サブスクリプション機能を強みに持ち、売り上げの安定化と注文者の工数削減を実現し、売り上げ拡大を支援しています。 料金プランは月額費用79,800円となっています。 適切なASPカートを選ぶためには、まず次の6つのポイントを押さえる必要があります。 低コストで利用できるカートは初期費用や月額費用が無料の代わりに手数料が発生したり、逆に月額費用が発生するカートでは、手数料が発生しないこともあります。 また、ASP型といえども必要に応じてカスタマイズが発生することもあります。 現在の予算を踏まえて、導入後も無理のないカートを選ぶ必要があります。 また、プランによって制限があるものもあります。 事前に登録したい商品数、導入後の増え幅を考慮して選択すると良いでしょう。 たとえば、一元管理ツールやメール管理ツール、決済サービスのほか、CRMシステムやセキュリティーツールなどです。 カートによって連携できるツールや決済手段が異なりますので、自社で利用したいサービスと連携しているカートを選ぶ必要があります。 途中で乗り換えることもできますが、可能であれば必要な連携先が揃ったカートを選ぶと良いでしょう。 カートの乗り換えにはデータの移行など手間がかかります。 将来的に事業拡大を目指すのであれば、プラン変更などで対応できるカートを選択するのが良いでしょう。 ASPカート9社のサービス資料をまとめて請求 これまでご紹介してきた一部のASPカートのサービス資料を掲載しています。 まとめて無料でダウンロードが可能です。 しっかりと情報取集をした上で、自社にあった適切なカートを選んでください。

次の

【2018年度版】有料のECショッピングカートASPを徹底比較!通販サイトにおすすめなのはどれ?

ショッピング カート asp

ECサイトを構築するには、ASPカートの利用やECパッケージ・オープンソースを活用する必要があります。 その他にも楽天市場やYahoo! ショッピング、AmazonなどのECモールへの出店も方法の一つです。 ここでは、ASPカートの種類やそれぞれの特徴、選定する上でのポイントをお伝えします。 初期費用・月額費無料から利用できるASPカートもあるため、比較的簡単にECサイトをオープンすることが可能になります。 また、クラウド上でサービスが提供されているため、法改正や基本的なアップデートはベンダーが行うため、開発コストも最低限で押さえることが可能です。 なお、モールに比べてデザインや機能を柔軟にカスタマイズすることができますが、あくまでもASPカートベンダーから提供された枠組みの中でECサイトを構築する必要があるため、連携できるサービスに制限があるなど、ECパッケージやフルスクラッチで制作するのに比べると制限がある程度残ります。 初期費用、月額料金が無料で利用できる無料ASPカート ECサイトを無料で構築できるのが、BASEやSTORES. jpなどの無料ASPカートです。 初期費用・月額費用が無料であるものの、商品が売れるごとに決済手数料が発生します。 スタートアップ段階の場合、ASPカートに掛ける費用を抑え、人材採用や商品開発、マーケティングに投資をするという選択をする企業も少なくありません。 購入が成立した際に「BASEかんたん決済手数料」が各注文ごとに3. また、ショップの売上金を引き出す振込申請を行う際にも振込手数料と事務手数料がかかります。 なお、売り上げの振込は振込申請から10営業日(土日祝除く)です。 jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社) STORES. jpでは月額費用無料のフリープランと月額1,980円のスタンダードプランが用意されています。 フリープランであっても決済方法も豊富で登録可能な商品数は無制限です。 オプションの手数料を支払うと、売上金を翌日に振り込まれるスピードキャッシュサービスや、保管・梱包・発送をお任せできる倉庫サービスなども提供しています。 無料版ではデータ記録容量が0. 1GBであったり、再販リクエスト受付機能やお問い合わせ管理ができないなど、機能が制限されています。 なお、イージーマイショップでは導入費、月額固定費無料のクレジット、コンビニ決済サービス「イージーペイメント」が用意されています。 ECサイト運営に必要な機能がそろっている有料ASPカート 有料ASPカートは無料カートよりもデザインや機能の制限が少ないため、自社の世界観を表現しやすくなります。 有料のASPカートにもさまざまなサービスがあり、費用や機能、連携サービスが異なるため、自社に適したカートを選ぶ必要があります。 なお、基本的には初期費用と月額費用が発生し、手数料が発生するカートは多くありません。 店舗・ブランドのファン化に向けたキャンペーン機能が豊富なほか、CMS機能「commerce creator」により、デザインのカスタマイズ性が高く、ブランディングを意識したサイト構築が可能な一方で、サイトの更新性の高さも維持しています。 実店舗連携やカゴ落ち対策、リピート販促の強化が可能です。 月額22,000円から利用可能なスタンダードプランと81,000円から利用できるゴールドプランを提供しています。 月額費用3,000円で利用できるビジネスショッププラン、月額10,000円で651機能を利用できるプレミアムショッププラン、MakeShopの上位版「MakeShop エンタープライズ」を提供していますが、各プランとも発生するのは月額費用と初期費用のみで、売り上げ手数料は一切不要です。 専門知識がなくとも、SEOや集客ができるシステムが用意されています。 専任の担当者が付くなど、サポートも充実しています。 開通料は15,000円、月額利用料は4つのパターンを提供していますが、基本機能は全プラン共通です。 なお、オプションサービス、決済代行手数料以外の追加固定費はかかりません。 なお、Eストアーではショップサーブに加えて、コンサルや運営代行サービスなども提供しています。 日本市場へは2017年に参入。 日本人スタッフも配置され、管理画面の日本語などローカライズが進められています。 月額費用はベーシックプランで29米ドル、スタンダードプランが79ドル、プレミアムプランは299米ドルです。 なお、Facebook上で商品販売を可能にするライトプランは9米ドルで利用可能です。 1500社に導入され、レスポンシブECサイト構築で実績No. 1を誇ります。 費用体系は初期費用20,000円、月額9,800円から独自の機能カスタマイズにも対応したアドバンスプランまで、8つのプランで提供しています。 なお、Amazon. comが提供するクラウドサービスAWSを採用し、花道の安定性と快適なECサイト環境を提供しています。 一番低額なライトプランは初期費用3,000円、年間登録料3,600円、利用手数料1. ヤマトグループのサービスということもあり、ネットショップ運営に必要な商品管理・受注・配送・決済のデータ管理を一つのIDで、一つの管理画面から管理することができます。 月額費用は低価格、販売手数料0円、決済手数料も割安なので、ショップの売上規模が大きくなっても、コストを安く抑えることができます。 また、豊富にあるアプリを追加することでECサイトの成長に応じた施策を行うことが可能になります。 定期購入に特化したリピートカート リピートカートには定期購入商品を販売する際に必要となる定期購入のサイクル指定や、購入回数ごとの割引設定などの機能が搭載されています。 サブスクリプション事業において重要な販売・顧客・入金・在庫の管理などと、販売促進を一元的に管理することができます。 月額49,800円から利用可能なスタンダードプランから、サブスクストアを軸とした最適なソリューション提案を受けられるエキスパートプランまで、計3つのプランを提供しています。 侍カートでは、ツーステップマーケティングと呼ばれる、サンプルやお試しをしてもらい、メールやDMなどで本商品や定期コースへアップセルを行う、マーケティング手法に必要な作業を自動化することに集中した開発が行われています。 月額費用70,000円のASPプランから最上位のフルスクラッチプランの3パターンでサービス提供をしています。 リピートカートに必要な機能をフル装備しているほか、店舗運用や分析業務、販促施策などの機能が一つに集約されているため、業務の効率化も可能です。 月額49,800円で利用できるライトプランから、高スペックな専用サーバーを利用できるゴールドプランまで、3つのプランを提供しています。 いずれも従量課金はありません。 通販初心者から本格的な通販事業者まで幅広く対応しています。 LP一体型の申し込みフォームやアップセル機能、顧客の購入履歴をページ遷移なしで確認できるCS専用画面などを備え、EC事業者の売り上げアップを支援しています。 開店代行や乗り換えの際のデータ移行などをリピストが代行するサービスも提供しています。 98万~始められる単品リピート通販向けのショッピングカートです。 リピート通販で重要な定期購入への引き上げやCRMなどを行うための機能だけではなく、受注管理や出荷管理、カスタマーサポートを効率的に行う機能も標準搭載。 EC事業者のフェーズに合わせて、集客施策や会員ランク機能や商品レビュー機能など必要な機能を提供しています。 更に、定期注文の際の受注・出荷時のメール自動配信など60%のコスト削減を実現するオペレーションツールで管理者の側のオペレーションタイムを大幅に削減できます。 SUPER STUDIOがメーカーとしてEC業務を行うために開発されました。 2019年9月時点で約200社のメーカーに利用されており、導入ショップの平均年商は業界最高水準である1. 5億円にまでのぼります。 通常のカート機能のほか、フォーム一体型LP作成機能や広告集計機能、定期継続率の分析なども可能です。 その実力から、「広告の費用対効果を改善させる通販(D2C)クラウドサービスNo. 1」にも選ばれています。 取引先ごとの価格管理や販路の管理、決済手段の管理など、BtoB取引きならではの商習慣に対応し、業務を効率化します。 月額9,800円から、最短3日で利用することができます。 BtoBの受発注に必要な機能は全て標準対応のため、カスタマイズの必要がないのが特徴です。 また、在庫連動や後払い決済、WMSなど多数のサービスと連携しているため、業務の効率化が可能です。 商品数や会員数によって選べる6つのプランとさらに上位のエンタープライズプランが用意されています。 アピリッツがさまざまなEC支援事業を10年以上行なっていることもあり、EC運営が初めての方でも安心して開店・運営できるサポート体制を整えています。 月額費用は40,000円からですが、規模に合わせた料金提案がなされます。 また、オプションで開店設定代行、画面設計・デザイン制作サービスなども提供しています。 BtoB取引に必要な取引先ごとの価格設定、商品の出し分け、決済手段設定に加えて、BtoC機能も追加することが可能です。 サイトを一元化することで、商品登録や受注処理などを一括で管理することが可能です。 月額50,000円で利用できるライトプランから150,000円までのエンタープライズプランまで3つのプランがあります。 特に、サブスクリプション機能を強みに持ち、売り上げの安定化と注文者の工数削減を実現し、売り上げ拡大を支援しています。 料金プランは月額費用79,800円となっています。 適切なASPカートを選ぶためには、まず次の6つのポイントを押さえる必要があります。 低コストで利用できるカートは初期費用や月額費用が無料の代わりに手数料が発生したり、逆に月額費用が発生するカートでは、手数料が発生しないこともあります。 また、ASP型といえども必要に応じてカスタマイズが発生することもあります。 現在の予算を踏まえて、導入後も無理のないカートを選ぶ必要があります。 また、プランによって制限があるものもあります。 事前に登録したい商品数、導入後の増え幅を考慮して選択すると良いでしょう。 たとえば、一元管理ツールやメール管理ツール、決済サービスのほか、CRMシステムやセキュリティーツールなどです。 カートによって連携できるツールや決済手段が異なりますので、自社で利用したいサービスと連携しているカートを選ぶ必要があります。 途中で乗り換えることもできますが、可能であれば必要な連携先が揃ったカートを選ぶと良いでしょう。 カートの乗り換えにはデータの移行など手間がかかります。 将来的に事業拡大を目指すのであれば、プラン変更などで対応できるカートを選択するのが良いでしょう。 ASPカート9社のサービス資料をまとめて請求 これまでご紹介してきた一部のASPカートのサービス資料を掲載しています。 まとめて無料でダウンロードが可能です。 しっかりと情報取集をした上で、自社にあった適切なカートを選んでください。

次の

ASP型カートシステムとは!?メリットや注目のサービス、3つの選定ポイントを解説

ショッピング カート asp

パート 8: Ajax 更新プログラムを使用したショッピングカート Part 8: Shopping Cart with Ajax Updates• この記事の内容 by MVC Music Store は、ASP. NET MVC と Visual Studio を使用して web 開発を行う方法を紹介したチュートリアルアプリケーションです。 The MVC Music Store is a tutorial application that introduces and explains step-by-step how to use ASP. NET MVC and Visual Studio for web development. MVC ミュージックストアは、音楽アルバムをオンラインで販売し、基本的なサイト管理、ユーザーサインイン、およびショッピングカート機能を実装する軽量のサンプルストア実装です。 The MVC Music Store is a lightweight sample store implementation which sells music albums online, and implements basic site administration, user sign-in, and shopping cart functionality. このチュートリアルシリーズでは、ASP. NET MVC ミュージックストアサンプルアプリケーションをビルドするために実行するすべての手順について詳しく説明します。 This tutorial series details all of the steps taken to build the ASP. NET MVC Music Store sample application. パート8では、Ajax の更新プログラムを使用したショッピングカートについて説明します。 Part 8 covers Shopping Cart with Ajax Updates. ユーザーは登録せずにカートにアルバムを配置することができますが、チェックアウトを完了するにはゲストとして登録する必要があります。 We'll allow users to place albums in their cart without registering, but they'll need to register as guests to complete checkout. ショッピングとチェックアウトのプロセスは2つのコントローラーに分けられます。 ShoppingCart コントローラーは、項目をカートに匿名で追加できるようにし、チェックアウトプロセスを処理するチェックアウトコントローラーです。 The shopping and checkout process will be separated into two controllers: a ShoppingCart Controller which allows anonymously adding items to a cart, and a Checkout Controller which handles the checkout process. このセクションのショッピングカートから始めて、次のセクションでチェックアウトプロセスを作成します。 We'll start with the Shopping Cart in this section, then build the Checkout process in the following section. カート、注文、および OrderDetail モデルクラスの追加 Adding the Cart, Order, and OrderDetail model classes ショッピングカートとチェックアウトプロセスでは、いくつかの新しいクラスを使用します。 Our Shopping Cart and Checkout processes will make use of some new classes. [モデル] フォルダーを右クリックし、次のコードを使用してカートクラス Cart. cs を追加します。 Right-click the Models folder and add a Cart class Cart. cs with the following code. using System. ComponentModel. DataAnnotations; namespace MvcMusicStore. ただし、RecordId プロパティの [Key] 属性は例外です。 This class is pretty similar to others we've used so far, with the exception of the [Key] attribute for the RecordId property. カートの項目には、匿名ショッピングを許可する CartID という名前の文字列識別子がありますが、テーブルには RecordId という整数の主キーが含まれています。 Our Cart items will have a string identifier named CartID to allow anonymous shopping, but the table includes an integer primary key named RecordId. 慣例として、Entity Framework コードでは、買い物かごという名前のテーブルの主キーが CartId または ID のいずれかであることを前提としていますが、必要に応じて、注釈やコードを使用して簡単にオーバーライドできます。 By convention, Entity Framework Code-First expects that the primary key for a table named Cart will be either CartId or ID, but we can easily override that via annotations or code if we want. この例では、Entity Framework コードで単純な規則を使用する方法について説明していますが、これらの規則に違反している場合は、これらの規則によって制限されません。 This is an example of how we can use the simple conventions in Entity Framework Code-First when they suit us, but we're not constrained by them when they don't. 次に、次のコードを使用して Order クラス Order. cs を追加します。 Next, add an Order class Order. cs with the following code. using System. Collections. Generic; namespace MvcMusicStore. This class tracks summary and delivery information for an order. まだ作成されていないクラスに依存する OrderDetails ナビゲーションプロパティがあるため、 まだコンパイルされません。 It won't compile yet, because it has an OrderDetails navigation property which depends on a class we haven't created yet. ここで、OrderDetail. cs という名前のクラスを追加して、次のコードを追加して修正してみましょう。 Let's fix that now by adding a class named OrderDetail. cs, adding the following code. namespace MvcMusicStore. これには、Dbsetsも含まれます。 We'll make one last update to our MusicStoreEntities class to include DbSets which expose those new Model classes, also including a DbSet. 更新された MusicStoreEntities クラスは次のようになります。 The updated MusicStoreEntities class appears as below. using System. Data. Entity; namespace MvcMusicStore. Next, we'll create the ShoppingCart class in the Models folder. ShoppingCart モデルは、カートテーブルへのデータアクセスを処理します。 The ShoppingCart model handles data access to the Cart table. さらに、ショッピングカートのアイテムを追加および削除するために、ビジネスロジックを処理します。 Additionally, it will handle the business logic to for adding and removing items from the shopping cart. ショッピングカートに商品を追加するだけで、アカウントにサインアップするようにユーザーに要求しないので、ユーザーがショッピングカートにアクセスするときに、ユーザーに対して一時的な一意識別子 GUID を使用 またはグローバル一意識別子を割り当てます。 Since we don't want to require users to sign up for an account just to add items to their shopping cart, we will assign users a temporary unique identifier using a GUID, or globally unique identifier when they access the shopping cart. この ID は、ASP. NET Session クラスを使用して格納します。 We'll store this ID using the ASP. NET Session class. 注: ASP. NET セッションは、ユーザー固有の情報を格納するのに便利な場所であり、サイトから離れた後に期限切れになります。 より大きなサイトでは、セッション状態の誤用によってパフォーマンスが低下する可能性があります。 Note: The ASP. NET Session is a convenient place to store user-specific information which will expire after they leave the site. While misuse of session state can have performance implications on larger sites, our light use will work well for demonstration purposes. ShoppingCart クラスは、次のメソッドを公開します。 The ShoppingCart class exposes the following methods: Addtocartは、アルバムをパラメーターとして受け取り、それをユーザーのカートに追加します。 AddToCart takes an Album as a parameter and adds it to the user's cart. カートテーブルでは、各アルバムの数量が追跡されるため、必要に応じて新しい行を作成するロジックや、ユーザーが既にアルバムのコピーを注文している場合は数量を増やすことができます。 Since the Cart table tracks quantity for each album, it includes logic to create a new row if needed or just increment the quantity if the user has already ordered one copy of the album. Removefromcartは、アルバム ID を取得し、ユーザーのカートから削除します。 RemoveFromCart takes an Album ID and removes it from the user's cart. カートにアルバムのコピーが1つしかない場合、その行は削除されます。 If the user only had one copy of the album in their cart, the row is removed. Emptycartは、ユーザーのショッピングカートからすべての項目を削除します。 EmptyCart removes all items from a user's shopping cart. GetCartItemsは、表示または処理のために CartItems の一覧を取得します。 GetCartItems retrieves a list of CartItems for display or processing. GetCountは、ユーザーがショッピングカートに持っているアルバムの合計数を取得します。 GetCount retrieves a the total number of albums a user has in their shopping cart. Gettotalは、カート内のすべての品目の総コストを計算します。 GetTotal calculates the total cost of all items in the cart. Createorderは、チェックアウトフェーズ中にショッピングカートを注文に変換します。 CreateOrder converts the shopping cart to an order during the checkout phase. Getcartは、コントローラーがカートオブジェクトを取得できるようにする静的メソッドです。 GetCart is a static method which allows our controllers to obtain a cart object. Getcartidメソッドを使用して、ユーザーのセッションからの cartid の読み取りを処理します。 It uses the GetCartId method to handle reading the CartId from the user's session. GetCartId メソッドでは HttpContextBase が必要であるため、ユーザーのセッションからユーザーの CartId を読み取ることができます。 The GetCartId method requires the HttpContextBase so that it can read the user's CartId from user's session. 完全な ShoppingCart クラスを次に示します。 Here's the complete ShoppingCart class: using System; using System. Collections. Generic; using System. Linq; using System. Web; using System. Web. Mvc; namespace MvcMusicStore. Carts. Carts. Carts. Carts. Carts. Carts. Carts. Carts where cartItems. cartItems. Count. Carts where cartItems. cartItems. Album. Price. Sum ; return total?? decimal. Album. Album. Price ; storeDB. OrderDetails. string. IsNullOrWhiteSpace context. User. Identity. User. Identity. Session[CartSessionKey]. Carts. Our Shopping Cart Controller will need to communicate some complex information to its views which doesn't map cleanly to our Model objects. ビューに合わせてモデルを変更する必要はありません。 モデルクラスは、ユーザーインターフェイスではなく、ドメインを表す必要があります。 We don't want to modify our Models to suit our views; Model classes should represent our domain, not the user interface. 1つの解決策は、ストアマネージャーのドロップダウン情報の場合と同様に、ViewBag クラスを使用して情報をビューに渡すことですが、ViewBag を介して大量の情報を渡すと管理が困難になります。 One solution would be to pass the information to our Views using the ViewBag class, as we did with the Store Manager dropdown information, but passing a lot of information via ViewBag gets hard to manage. これを解決するには、 ビューモデルパターンを使用します。 A solution to this is to use the ViewModel pattern. 次に、コントローラークラスを設定して、ビューに最適化されたこれらのクラスをビューテンプレートに渡して使用できるようにします。 Our controller classes can then populate and pass these view-optimized classes to our view template to use. これにより、ビューテンプレート内でタイプセーフ、コンパイル時チェック、およびエディター IntelliSense が有効になります。 This enables type-safety, compile-time checking, and editor IntelliSense within view templates. ショッピングカートコントローラーで使用する2つのビューモデルを作成します。 ShoppingCartViewModel はユーザーのショッピングカートの内容を保持し、ユーザーが何かを削除したときに、ShoppingCartRemoveViewModel を使用して確認情報を表示します。 カートから We'll create two View Models for use in our Shopping Cart controller: the ShoppingCartViewModel will hold the contents of the user's shopping cart, and the ShoppingCartRemoveViewModel will be used to display confirmation information when a user removes something from their cart. プロジェクトのルートに新しい Viewmodel フォルダーを作成して、整理しておきましょう。 Let's create a new ViewModels folder in the root of our project to keep things organized. プロジェクトを右クリックし、[追加]、[新しいフォルダー] の順に選択します。 フォルダーに Viewmodel という名前を指定します。 Name the folder ViewModels. 次に、Viewmodel フォルダーに ShoppingCartViewModel クラスを追加します。 Next, add the ShoppingCartViewModel class in the ViewModels folder. 2つのプロパティがあります。 カート項目のリストと、カート内のすべての品目の合計価格を保持する10進値です。 It has two properties: a list of Cart items, and a decimal value to hold the total price for all items in the cart. using System. Collections. Generic; using MvcMusicStore. Models; namespace MvcMusicStore. Now add the ShoppingCartRemoveViewModel to the ViewModels folder, with the following four properties. namespace MvcMusicStore. カートへのアイテムの追加、カートからのアイテムの削除、およびカート内のアイテムの表示です。 The Shopping Cart controller has three main purposes: adding items to a cart, removing items from the cart, and viewing items in the cart. ここで作成した3つのクラス ShoppingCartViewModel、ShoppingCartRemoveViewModel、および ShoppingCart が使用されます。 It will make use of the three classes we just created: ShoppingCartViewModel, ShoppingCartRemoveViewModel, and ShoppingCart. StoreController と StoreManagerController のように、MusicStoreEntities のインスタンスを保持するフィールドを追加します。 As in the StoreController and StoreManagerController, we'll add a field to hold an instance of MusicStoreEntities. 空のコントローラーテンプレートを使用して、新しいショッピングカートコントローラーをプロジェクトに追加します。 Add a new Shopping Cart controller to the project using the Empty controller template. 完全な ShoppingCart コントローラーを次に示します。 Here's the complete ShoppingCart Controller. インデックスとコントローラーの追加アクションは非常によく似ています。 The Index and Add Controller actions should look very familiar. Remove と CartSummary controller アクションは2つの特殊なケースを処理します。 これについては、次のセクションで説明します。 The Remove and CartSummary controller actions handle two special cases, which we'll discuss in the following section. using System. Linq; using System. Web. Mvc; using MvcMusicStore. Models; using MvcMusicStore. ViewModels; namespace MvcMusicStore. GetCart this. Albums. GetCart this. HttpContext ; cart. GetCart this. Carts. Album. GetCart this. We'll next create a Shopping Cart Index page that is strongly typed to the ShoppingCartViewModel and uses the List View template using the same method as before. ただし、Html. actionlink を使用してカートから項目を削除するのではなく、jQuery を使用して、このビュー内のすべてのリンク HTML クラス RemoveLink を含む に対して click イベントを "接続" します。 However, instead of using an Html. ActionLink to remove items from the cart, we'll use jQuery to "wire up" the click event for all links in this view which have the HTML class RemoveLink. フォームを送信するのではなく、この click イベントハンドラーは、RemoveFromCart コントローラーアクションへの AJAX コールバックを行います。 Rather than posting the form, this click event handler will just make an AJAX callback to our RemoveFromCart controller action. RemoveFromCart は、JSON でシリアル化された結果を返します。 この結果、jQuery コールバックは次に jQuery を使用して、このページに対して4つのクイック更新を解析して実行します。 The RemoveFromCart returns a JSON serialized result, which our jQuery callback then parses and performs four quick updates to the page using jQuery:• 削除されたアルバムを一覧から削除します。 Removes the deleted album from the list• ヘッダーのカート数を更新します Updates the cart count in the header• ユーザーに更新メッセージを表示します Displays an update message to the user• カートの合計価格を更新します。 Updates the cart total price 削除シナリオは、インデックスビュー内の Ajax コールバックによって処理されるため、RemoveFromCart アクションの追加のビューは必要ありません。 Since the remove scenario is being handled by an Ajax callback within the Index view, we don't need an additional view for RemoveFromCart action. ViewModels. RemoveLink". attr "data-id" ; if recordToDelete! DeleteId. DeleteId. text data. text data. text data. ActionLink item. Album. Album. Price item. CartTotal これをテストするには、ショッピングカートに商品を追加できるようにする必要があります。 In order to test this out, we need to be able to add items to our shopping cart. 店舗の詳細 ビューを更新して、カートに追加 ボタンを含めます。 We'll update our Store Details view to include an "Add to cart" button. ここでは、このビューを最後に更新した後に追加したアルバムの追加情報 ジャンル、アーティスト、価格、アルバムアート を含めることができます。 While we're at it, we can include some of the Album additional information which we've added since we last updated this view: Genre, Artist, Price, and Album Art. 次に示すように、更新されたストアの詳細ビューのコードが表示されます。 The updated Store Details view code appears as shown below. model MvcMusicStore. Models. Title Genre: Model. Genre. Name Artist: Model. Artist. Name Price: String. Price Html. Now we can click through the store and test adding and removing Albums to and from our shopping cart. アプリケーションを実行し、ストアインデックスを参照します。 Run the application and browse to the Store Index. 次に、ジャンルをクリックして、アルバムの一覧を表示します。 Next, click on a Genre to view a list of albums. アルバムのタイトルをクリックすると、[カートに追加] ボタンを含む、更新されたアルバムの詳細ビューが表示されるようになります。 Clicking on an Album title now shows our updated Album Details view, including the "Add to cart" button. [カートに追加] ボタンをクリックすると、ショッピングカートのインデックスビューがショッピングカートの概要リストと共に表示されます。 Clicking the "Add to cart" button shows our Shopping Cart Index view with the shopping cart summary list. ショッピングカートを読み込んだ後、[カートから削除] リンクをクリックすると、お客様のショッピングカートの Ajax 更新を確認できます。 After loading up your shopping cart, you can click on the Remove from cart link to see the Ajax update to your shopping cart. 登録されていないユーザーがカートに項目を追加できるようにする、実用的なショッピングカートを構築しました。 We've built out a working shopping cart which allows unregistered users to add items to their cart. 次のセクションでは、チェックアウトプロセスの登録と完了を許可します。 In the following section, we'll allow them to register and complete the checkout process.

次の