通信制高校 ランキング。 通信制高校で一番 評判がいい学校はどこですか?大学進学を考えています。

【2020年度版】総合力の高いおすすめ通信制高校28選【ランキング】

通信制高校 ランキング

全日制では自分から中退を望まない限りほとんどの生徒が卒業していくため、今まで学校選びにおいて卒業できるかどうかを気にかけたことはあまりないかもしれません。 しかし、実は通信制高校は生徒の卒業率が全日制高校よりも低い傾向があります。 勉強をある程度自分でしなければいけないことや、登校日数の少なさにより逆に通うのが面倒になってしまうなど、さまざまな理由があります。 なので、選ぶ時はしっかりと卒業できる環境が整っているか見極めることが非常に大切です。 その判断の根拠として、その通信制高校の実績となる卒業率は非常に重要な観点になるのです。 卒業できなければ入学する意味はない? 「卒業資格が取れないならば通う意味がない」という意見をよく聞くことがあります。 全日制高校ならば途中で退学してしまったとしても、思い出や友人が残るでしょう。 しかし通信制高校は全日制よりも思い出が作りづらく、資格以外に得るものが少ないと考える人も多いです。 現在は通信制高校でも行事やイベントが盛んな学校は多いですし、週3日以上学校に通うようなコースもありますが、やっぱり全日制に比べると高校生活に費やす時間は少ないです。 なかにはスクーリングに参加しないまま中途退学してしまう人もいます。 通信制高校に通う目的は「思い出づくり」よりも「卒業資格取得」という人がほとんどでしょう。 だからこそ最短で効率よく卒業資格も取りたいものですね。 卒業できる確率が高い通信制高校の特徴 卒業できる学校の特徴としてよくあげられるのは、とにかく生徒へのサポートがしっかりしていることです。 通信制高校が卒業しづらいのは、登校日数が少ないので自宅学習が進まない人が多いからだといわれています。 そこで大事なのがなるべく学校に登校してもらうことです。 学校にさえ行ければ嫌でも勉強が進むという人がほとんどですよね! 卒業率が高い通信制高校は生徒に登校してもらえるようなたくさんの工夫をしています。 授業を面白くするための職員教育の充実、担任制の導入、カウンセラーの設置、通いやすい登校形態、支払い続けられる学費などなど、その工夫は本当に多種多様です。 卒業確率の高い学校は生徒へのサポートが充実していて保護者からの信頼も厚いということ。 当然、生徒の多くがリタイアしていくような学校よりも通いやすいことになるのです。 学校選びの注意点 卒業できる確率が高いからと言って、両手をあげて「全部オッケー!」というわけではありません。 各学校のホームページに載っている情報はあくまでその学校が調べて発表しているもの。 なかには生徒数自体がそもそも少なく入学が難しい学校や、3年間で卒業できない生徒は転校を勧められるような学校もあります。 卒業の確率だけで見ずに、他にも口コミや評判などからしっかりと学校について調べてみることが大切です。 また、説明会や相談会に行くことも非常に大切なことになります。 気になることは説明会や相談会で聞いてしまって、不安は残さないようにしましょう。 通い続けられる通信制高校=卒業できる通信制高校.

次の

2020年度版 学費の安い通信制高校ランキング|平均学費や各学校の学費一覧も掲載

通信制高校 ランキング

全国各地にキャンパスのある広域通信制高校の学費をまとめてみました。 公式サイトに表記の無いところは、資料からチェックしてます。 年4~8日通学のコースで、トータル費用の安い順に紹介しています。 いずれも初年度、1年間で25単位履修する場合の学費です。 次年度からは入学金分は安くなります。 鹿島学園高等学校• 自宅学習制:266,000円(入学金5万円含む。 年間25単位履修の場合。 年8日程度通学)• 週5通学コース:526,000円(入学金5万円含む) 3年間トータルの学費で計算すると 最安の通信制高校です。 (公立は除く) 通学日数は最短の年間4日ではありませんが、鹿島学園高等学校は他校と違い、通信制だけでなく全日制高校も運営しており、信頼感もあります。 通信制の学習キャンパスは全国各地にあります。 週5通学のコースも安く、出来るだけ通学しながら、費用を安く抑えたい方向けです。 N高等学校• ネットコース:253,000円(入学金1万円含む。 年間25単位履修の場合。 年5日間のスクーリング)• 週1通学コース:505,000円(入学金11万円含む)• 週5通学コースの場合:955,000円(入学金11万円含む) ネットコースは、在学中に1回以上沖縄本校での宿泊スクーリング(4泊5日)に参加する必要があります。 その参加費、交通費、宿泊費は上記に加算していません。 入学金が安めのため、3年間トータルの費用で計算すると最安にはなりません。 通学コースは高めですが、プログラミング等の専門コースが充実しています。 特徴として「創造力」を身に付ける事を重視しており、投資部やeスポーツ部等、ネット部活が活発です。 NHK学園高等学校• ベーシックコース:317,000円(入学金3万5千円含む。 年間25単位履修の場合。 学校月に1~2回登校)• ネット学習集中コース:367,000円(入学金3万5千円含む。 年間4日間のスクーリング)• 登校コース:547,000円(入学金3万5千円含む。 週3日登校) ベーシックコースは通学日数の割に安いです。 同コースのスクーリングは全国主要都市33会場で実施。 不登校経験者も多く通っておられます。 パンフレットに付属していた通学体験談は、読んでいて感動しました。 特徴は歴史と実績が強く、設立は1962年、日本で最初の広域通信制高校です。 過去7万人の卒業生を出しています。 第一学院高等学院• 通信コース:334,820円(入学金1万円含む。 年間25単位履修の場合。 年1回4日間の集中スクーリング)• 週1通学コース:434,820円(入学金1万円含む)• 週5通学コース:661,020円(入学金136,000円含む) 学費は平均的です。 主要都市を中心に全国48キャンパスを展開しています。 「自分を好きになる」ことを重視している通信制高校で、 大学進学者数が非常に多いのが特徴です。 飛鳥未来高等学校• ベーシックコース:458,000円(入学金1万円含む。 年20日程度通学)• スタンダードコース:558,000円(入学金1万円含む。 週1日通学)• 週5通学コース:854,000円(入学金1万円含む。 ) いずれも東京池袋校の費用です。 通学を重視しているためか、年4日程度通学のコースはありません。 週5コースの場合、週2日は選択した専門科目(マンガ、ネイル等)の授業になります。 専門コースの学費はHPに掲載していない高校が多いのですが、は掲載しており、とても潔いと感じました。 KTCおおぞら高等学院• 週1通学コース:53万円(入学金5万円含む)• 週5通学コース:83万円(入学金5万円含む) サポート校ですが、上記費用は提携の通信制高校の学費を含んでいます。 そのため 費用はやや高めです。 担任の先生は「コーチ」と呼ばれており、自分と相性の合いそうなコーチを選べるのが特徴です。 サポート校ならではといえます。 ルネサンス高等学校 通信コース:445,000円(入学金5万円含む。 年4日通学) 通信コースはスマホ、タブレットを主に使って学習するシステムのためか、通学日数の割に 学費はやや高めです。 成人限定のスクーリング、親子で参加できるスクーリングがあるのが特徴です。 就学支援金で記載の金額よりも安くなります ほとんどの世帯がを受ける事ができるため、記載の費用よりも安くなります。 年間25単位取得した場合の就学支援金は以下になります。 世帯年収 支援される(安くなる)金額 0~250万円 300,750円 250~350万円 240,600円 350~590万円 180,450円 590~900万円 120,300円 最安は文句なく公立の通信制高校 公立の通信制高校だと、年間の総費用は 5万円程度で済みます。 週1のスクーリングで非常に安く済ませられますが、 サポートが弱く、都市部にしかないというデメリットもあります。 詳細: まとめ 学費の相場は• 学費も大事な要素ですが、特に不登校経験者の方は どんな先生がサポートしてくれるかも気になる点だと思います。 まずは資料請求して各校の感触を確かめてみて下さい。

次の

ウェルカム通信制高校ナビ

通信制高校 ランキング

当サイトの総合ランキングでは、さまざまな生徒が自分らしく通いやすい場所を紹介しています。 通信制高校の生徒には、様々な事情を抱えている人がいたり、年齢層が広かったりなどの特徴があります。 そのような特徴を持つので、通う日数が選べたり、カウンセラーがいたり、多種多様な人が通えるような工夫が、各通信制高校でひとつは存在する場合がほとんど。 そんな工夫が凝らしてある通信制高校の中でも、より一層個性を尊重したり、自分の専門を高められたりする学校があります。 今回は、様々な個性を尊重してくれるような通信制高校をピックアップして紹介しているので、きっと自分に合ったところがみつかりますよ。 自分に合うところがきっと見つかる 通信制高校に通おう、と思い立った段階で「なにがしたいか分からない」「通える自信がない」という方も方も少なからずいらっしゃると思います。 そんな方でも、総合ランキングをちょっと見てみましょう。 通信制高校にはさまざまなコースがあるところが多いです。 忙しくて通うのが難しいと高校卒業を諦めていた人でも通えるようなコースや、あなたが夢に見ていた道に進めるようなコースが設置されている場合もあります。 様々な高校を見比べていると、自分の生活や目指す方向に合うものがきっと見つかりますよ。 専門知識を得られる通信制高校がたくさん! 専門学校は一般的に高校卒業後に入学するものだと考えられていますが、通信制高校によっては提携していて、そのノウハウをつかって教育をしているところもあるんです。 そんな高校を選べば、専門的な知識を学びながら高校卒業資格をとることができるので、その後に進学しても、高卒で就職しても、周りのひとよりも一歩前に進んだ状態でスタートを切ることが可能です。 通信制高校には、スペシャリストになる道がその他にもたくさんあります。 どんな分野でも未経験で入学可能で、置いていかれずに学べる環境が整っている場合がほとんどです。 自分に合った通信制高校を見つけるコツ いろいろな通信制高校を見比べた後に「ココは良いな」と思ったポイントを覚えておきましょう。 家から近いことが何より大事、学費が一番大事だと思っていても、良いなと思ったポイントを覚えておくと、意外と自分でやりたいことが見つかったりします。 通い続ける上で距離や値段は確実に大切なこと。 しかし、その前提をクリアして大事になるのはその環境の居心地の良さですよね。 そのポイントを探すには、独自の授業やカリキュラムはもちろんのこと、HPや資料の見た目も参考になります。 最終的には学校説明会に参加して校舎や先生の雰囲気を見るのが一番ですが、見に行く前に、自分が大事に思うポイントに合うかで絞っておきたいですね。 少しでも興味があったら無料で資料請求してみよう!.

次の