楽天 モバイル フリー ダイヤル。 HTC U11 SIMフリーで楽天モバイルを使ってみた。(4/16追記)

フリーダイヤルより安い着信課金

楽天 モバイル フリー ダイヤル

1回の通話が10分を超えた場合、10分超過分につき30秒ごとに10円の通話料が別途かかります。 「」は2018年3月31日(土)23:59をもちまして、サービスを終了いたしました。 詳細は「」のページをご確認ください。 お申し込み方法 新規お申し込みの場合 楽天モバイルのお申し込みと同時にお申し込みいただけます。 お申し込みフォームの「お客様情報入力」画面にある、「楽天でんわのプランのご選択」で「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイルを申し込む(月額基本料850円)」を選択してください。 既に「楽天でんわ by 楽天モバイル」(月額基本料 0円)をご利用の場合 既に「楽天でんわ by 楽天モバイル」(月額基本料 0円)をご利用中のお客さまが、「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」(月額基本料 850円)にお申し込みいただく場合、ご利用中のプランは自動解約となります。 「」より、いつでも「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」(月額基本料 850円)へのプラン変更をお申し込みいただけます。 あらかじめご了承ください。 Step3 「楽天でんわ」アプリ を使って発信• 音声通話の発信時に「003768」を通話先番号の先頭にお付けいただくことでサービスをご利用いただけます。 Step5 プリフィックスが付与 されて発信される ご利用上の注意• 1回の通話が10分を超えた場合、10分超過分につき30秒ごとに10円の通話料が別途かかります。 ・店舗にてお客様の情報の登録が完了。 ・ご自宅でSIMをお受け取り、ご自宅でMNP手続きが完了のいずれか。 「楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル」および「楽天でんわ by 楽天モバイル」の開通までは数日~最大で一週間お時間がかかる場合がございます。 利用規約 •

次の

楽天モバイルの「楽天Link」は単なるダイヤルアプリではない、Wi

楽天 モバイル フリー ダイヤル

フリーダイヤルへかけても料金は無料 結論から先にを言ってしまいますが、 フリーダイヤルへの電話は、 固定電話からかけても携帯電話(スマホ)からかけても 「料金は無料」です。 注意点や認識した方が良いこと 無料なので安心してかけてもらっていいのですが、 「注意点や認識しておいた方が良いこと」があるので、 順番に解説して行こうと思います^^ なぜ無料なのか? そもそもフリーダイヤルとは 着信した側が支払うシステム フリーダイヤルは、1985年にNTTが最初に始めたサービスで、 「電話を着信した側が通話料金を負担するシステム」 になります。 お客様からの電話受付の窓口として使用 企業などが、 「お客様からの商品の問い合わせ、注文、クレーム」などの 電話を受け付ける、窓口としての電話番号として使用しています。 無料にすることでお客様に電話をかけやすくする お客様に通話料金を負担させないことで、 「商品の問い合わせ、注文、クレーム」などの 電話をかけやすくし、顧客対応を充実させる狙いがあります。 携帯(スマホ)からつながらない? 原則は固定電話からのダイヤル フリーダイヤルは、原則では、 固定電話からの電話受付を対象にしています。 携帯(スマホ)からつながらないフリーダイヤルもある その為、フリーダイヤルによっては、 携帯電話(スマホ)からの電話着信を受け付けていない場合もあります。 携帯(スマホ)からフリーダイヤルへ電話をかけた場合に、 つながらないことがあるのは、その為です。 携帯未対応の場合はアナウンスが流れる 携帯未対応のフリーダイヤルに、携帯から電話した際は、 「固定電話からお掛けになって下さい」 という旨のアナウンスが流れます。 ちなみに、このアナウンスが流れた場合でも、 その際の通話料金は特にかからないので、安心してください。 携帯未対応の場合はどうする? 固定電話からかける 携帯未対応のフリーダイヤルの場合の対応としては、 当たり前ですが、まずは 「固定電話からかける」ことです。 携帯からかけないといけない場合は? それでも、状況的にどうしても携帯電話からかけないといけない場合もあると思います。 その際は、企業の公式サイトにてフリーダイヤルの記載のあるページを探してみて下さい。 フリーダイヤルの代わりとなる電話番号が記載されています。 ちなみにその代わりの電話番号で繋がる先は、フリーダイヤルの番号先と同じです。 そして、ここで注意点ですが、 その代わりの電話番号はフリーダイヤルではありません! その為、 『電話をかけた側に通話料金がかかってしまう』ので、 その認識はしておいて下さい! フリーダイヤルからの着信料金はかかる? 先ほど、フリーダイヤルは受け取った側が料金を払う仕組みになっていると説明しました。 そう説明すると、 「フリーダイヤルからの着信時は料金はかかるの?」 という質問をされることがあるので、ここで説明しておきます。 着信料金はかからない フリーダイヤルから掛かってきた場合に電話に出ても、 着信側に料金がかかることはありません! ですので、そこは安心して下さい! フリーダイヤルの電話番号の種類は? フリーダイヤルの電話番号は、 「電話番号の前4桁」で判断することが出来ます。 前4桁が下記の場合は、フリーダイヤルの番号なので、認識しておきましょう! フリーダイヤル番号の前4桁 0120 0070 0077 0800 0088 それではこれで、この記事に関しては終わりですが、いかがでしたか? もし参考になったなら良かったです^^• カテゴリー• 100• アーカイブ•

次の

楽天モバイルMVNOの新規受付終了に伴う、既存ユーザの今後のベストの選択肢(DMMモバイルとFREETEL含む)

楽天 モバイル フリー ダイヤル

楽天モバイルの SMS を受信できない Android 端末でも、Rakuten Link アプリの SMS 認証を通すノウハウを書いておきます。 ) 手持ちのドコモ版 Huawei P30 Pro はちょっと特殊で、• SIMカードを入れ替えると強制再起動する• パートナー回線エリアで SMS 受信できない という端末。 そのお陰で色々とコツが分かったので、トラブルシュート情報もシェアしておきます。 前提条件 今回は、 楽天モバイルの SMS を受信できる端末を別に用意することで、SMSを受信できない端末で Rakuten Link の認証を行います。 以下、• SMS 認証したいけど SMS 受信できない端末を「A」• もう一台用意した SMS 受信できる端末を「B」 として説明します。 ここでは、端末「A」として、SIMロック解除済みドコモ版 Huawei P30 Pro、端末「B」として Huawei P30 Lite を用意しました。 準備作業 作業を始める前に、以下の準備作業をしておきましょう。 端末「A」「B」の両方で、Rakuten Link アプリから事前にログアウトしておく。 端末「B」が、楽天モバイルの SMS を受信できる環境にあることを確認しておく。 (例:端末「B」がパートナー回線エリアで SMS を受信できない場合、楽天回線エリアへ移動しておく。 端末「A」を、Wi-Fi接続しておく。 端末「A」で使う予定の楽天回線SIMの電話番号を控えておく。 SIM 取り出しピンを用意しておく。 以上です。 別端末で受信したSMSでRakuten Linkを認証する 準備作業が終わったら、さっそく、端末「A」で Rakuten Link を使えるようにしていきます。 まず最初に、楽天モバイルのSIMカードを端末「B」に挿します。 端末「B」に送られる SMS の認証コードを確認しておきます。 ここで、端末「B」から楽天モバイルのSIMカードを取り出します。 その状態で、端末「A」の Rakuten Link アプリ上で、端末「B」で受信したSMS認証コードを入力します。 以上で認証を完了できます。 それでもSMS認証がうまくいかない場合 色々と検証した結果の手順ですので、先の方法でたいていはうまく行くとは思いますが、検証中、何度か認証コードを「送信する」しても、レスポンスが返ってこず、認証されないケースがありました。 その場合、手順中の SMS 認証コード受信直後に、• その後、端末「A」での認証コード入力時に、• という方法で認証が通ったケースもあるので、万が一の際には参考にしてみてください。 Rakuten Link は、4G 接続でも Wi-Fi 接続でも音声通話・SMSが利用できるため、この方法で認証しても、Rakuten Link は普通に利用できます。 回線交換が使えない機種でのRakuten Linkの制約 0120 から始まるフリーダイヤルや、0570 から始まるナビダイヤルなど、一部の番号への発信は Rakuten Link では対応していません。 楽天回線に正式対応した端末であれば、非対応番号でも回線交換に切り替えてこれらの番号へ発信することができますが、そうでない端末の場合、これらの番号へ発信するには他の方法を用意するか、あるいは発信できない点には注意が必要です。 また、手元の環境では、今回の方法で認証した Rakuten Link アプリからの発信時でも「発信者番号通知」、つまり、着信側へ発信者の電話番号を通知することができましたが、一部環境では「非通知」となってしまうとの情報が出ています。 念のため、自分の環境でどうなのかは事前に確認しておいた方が良いかもしれません。

次の