中国 ダム 決壊。 三峡ダム決壊。そのとき、中国は? 日本は?

中国の24の省で集中豪雨による大規模な洪水 三峡ダム決壊への懸念が再燃|ニフティニュース

中国 ダム 決壊

んちゃ。 梅雨に入ってから、連日の雨。 んも〜、身も心も腐っちゃうよぉ〜。 しかし。 中国ではもっと大変な事態になっているようで。 以前に三峡ダムがそろそろ決壊するのではないかという記事を書きました。 その三峡ダムが 大ピーンチ!! なようですよ。 中国24の省で大規模な洪水 三峡ダムへの懸念が高まる 6月に入ってから、中国各地で集中豪雨による大規模な洪水が発生した。 中国当局の15日の発表では、国内24の省で850万人が被災した。 17日早朝、中国の三峡ダムの上流にある四川省カンゼ・チベット族自治州丹巴県の発電所の施設と周辺の村が洪水で流された。 三峡ダム決壊への懸念が再燃した。 中国メディアの報道によると、6月16日以降、中国南部、中部と西南部で豪雨が24時間にわたって継続的に降り続いた。 17日、四川省の丹巴県内で13カ所以上で土砂崩れや地すべりが確認された。 県内の発電量2000キロワットの梅龍発電所と発電量3200キロワットの阿娘溝発電所が、土石流によって崩壊し、一部の村が飲み込まれた。 梅龍発電所の地元である梅龍溝では、大規模な堰止湖が発生した。 中国メディア「天気網」によると、堰止湖の容量は1234万立法メートルだ。 中国国内ネット上で、 四川省などの水害で各地の小型ダムが決壊すれば、湖北省宜昌市にある三峡ダムは崩壊する可能性があるとの心配の声が上がった。 17日、中国人ネットユーザーは海外ツイッターで、「宜昌市より(長江の)下流にいる市民、早く逃げなさい」との国内専門家の警告を相次いで転載した。 この専門家は、中国建築科学研究院の研究員である黄小坤氏だ。 同氏は、SNS微信のグループチャットで警告を書き込んだ。 三峡ダムに詳しい中国人の水利専門家、王維洛氏は大紀元の取材に対して、 「 三峡ダムが崩壊すれば、(長江の中下流にある)宜昌市や湖南省岳陽市から、長江の入り江に位置する上海市まで、甚大な被害をもたらす」と強く懸念した。 王氏は「峡谷(三峡)が形成されたのは、この地域の地盤が弱いからだ」と述べ、同地域の住民も土砂災害に見舞われるリスクが大きいとの見方を示した。 同氏によると、三峡ダムの建設に伴い、多くの住民が新しい町へ立ち退かされた。 新しい団地の大半は、山の斜面や山の上に建てられており、耐震補強工事が施されていないうえ、今は土石流に飲み込まれる恐れがある。 王氏が得た情報では、 国内9万8000基のダムの4割が「安全ではない」という。 引用元: しかも。 すでに洪水の影響から、農作物は壊滅的被害。 中国北部には穀倉地帯があるのですが、そこにはバッタ襲来で、バッタの幼虫が大量発生。 農作物に多大な被害を及ぼしているそう。 ということは。 中国は食糧不足に陥る可能性はほぼ確実ということでしょう。 これで三峡ダムが決壊となれば、 中国終了 ということになってしまうのかも。 こうなってしまったら、日本も他人事ではない。 なんだかんだで、いまだに日本は中国依存が激しい。 様々な生活用品が中国製品だったりするわけですからねぇ。 中国がダメになってしまうと、日本も生活用品をはじめ、様々なところで物資不足に陥る可能性が・・。 日本の政治家は親中な人がけっこういますしね。 経団連なんて、思いっきり親中ですからね。 いまだに中国、中国なんて言いやがって。 さっさと中国から撤退しないと、日本人が困ることになるわ。 それにしても中国。 ホント、余計なもの作っちゃったわなぁ〜。 三峡ダムができた当初は、 1万年に1度の大洪水でも耐えうるダム と、豪語していたのですがね。 それが 1000年に1度の大洪水でも耐えうるダム。 そして今は、 100年に1度の大洪水でも耐えうるダム。 それが。 10年ちょっとしか耐えられなかったダム・・ な〜んてことにならないと良いのですけどね。

次の

中国・三峡ダム:決壊への懸念が高まる、24の省で大規模な洪水…水利部次官「洪水が、今年のブラックスワン(予想外の出来事)に」★10 [特選八丁味噌石狩鍋★]│エンがちょブログ

中国 ダム 決壊

中国の環境問題が世界中に発信されて久しい。 だが、改善される様子は一向になく、むしろ地球全土にまで悪影響を及ぼしかねない勢いである。 中国の水質汚染の現状を評論家、宮崎正弘氏がレポートする。 * * * 中国は水を巡って周辺国に被害をまき散らしている。 ダムは全土に22万か所あり、そのうち2万か所以上がすでに決壊している。 そのことの反省もなく、あちこちに新しいダムを建設している。 最近ではミャンマー、ラオス、ベトナムの国境地帯にダムを建設したが、3国の下流域では、中国に水をせき止められ、水が落ちてこないため、農作ができなくなっている。 中国が誇る世界最大の三峡ダムは1994年に着工し、2009年に発電所等を含む全プロジェクトが完成。 今年から全面稼働が始まった。 発電量は原発15基分とされる。 しかし、すでに三峡ダム決壊の恐れを指摘する研究者がいる。 土砂の堆積でダムの機能を果たさなくなる日は近いとも言われている。 ダム建設による深刻な水質汚染は日本にとっても重大な問題を引き起こしている。 三峡ダムの水没地、および周辺地域からの汚染物質や大量のゴミが流入し、長江流域、そして黄海の水質を悪化させて生態系まで狂わせているのだ。 特に三峡ダムの上流にある重慶は人口3000万人超を抱え、環境施設が不十分なため工業・生活排水が垂れ流しの状況である。 リチウム電池や染料などの原材料、農薬もそのまま流される。 またダムの上流では水洗トイレもないため糞尿も垂れ流しだ。 異臭が漂い、赤や黄色など混濁したダムは「巨大な汚水の肥えだめ」と呼ばれているほどだ。 この水質汚染の影響で長江と黄海の魚介類が100種類以上絶滅した。 中国の漁民は自国の海域で魚が獲れなくなったので、日本と韓国・台湾の海域にまで出没して乱獲するようになった。 台湾ではボラの捕獲が減り、名物のカラスミ生産が減っている。 日本では巨大エチゼンクラゲがこの数年繰り返し発生しており、日本海沿岸の漁場を悩ましている。 エチゼンクラゲの繁殖地は黄海、渤海と見られている。 大量発生の原因は富栄養化、地球温暖化による海水温上昇などが考えられているが、各地のダムによる水質汚染が最大の原因ではないかと疑われている。 さらに水質汚染は中国の国家事業によって全土に拡散している。 中国はもともと北方で降水量が少なく、南方では多い。 北京の水不足は深刻で、そのため、大運河を開削して長江の水を北京まで送る「南水北調」計画が進行している。 汚染を拡散し、生態系にも大きな破壊をもたらすため、「三峡ダムよりも深刻な環境破壊が起きる」と海外の専門家から指摘されている。 しかも3本計画されている運河のうち、1本は完成が近いが、汚染されているためとても飲料としては使えないという。 中国の資本家が日本の水源地を買い占めようとしている背景には水質汚染、土壌汚染があることは言うまでもない。 実は2005年、ロシアのバイカル湖の豊饒な水をモンゴル経由でパイプラインで中国まで運ぶ計画があった。 だが、ロシアの環境団体の猛烈な反対に遭い、頓挫している。 イナゴの大群のように自国の自然を食いつぶした中国人は今後、ますます近隣国の自然に手を出してくるだろう。

次の

世界最大の三峡ダムはいつ決壊してもおかしくない│気になる情報

中国 ダム 決壊

詳細は「」を参照 1937年の開始よりは中国中心部への進軍を急速にすすめ、1938年6月までに中国北部全域を制圧するに至った。 、日本軍はの中心地であるを占領、が攻略される状況となった。 鄭州は交通の動脈であるとの両鉄道路線の合流点であり、日本軍が同地の攻略に成功することは、国民党政府にとって主要都市(・)の危機に直結することを意味した。 国民党軍側では劉峠第一戦区副司令官の「の堤防破壊により洪水を起すことによって日本軍の進撃を阻止」する案が司令官に示され、の承認を得た。 堤防の破壊準備 [ ] 国民党軍は本拠を三劉寨付近に置いて5月頃から住民の交通を遮断し、本流が河岸に激突する場所に内径10メートル、深さ15メートルの穴を掘り、これを互いに横坑で連結して爆破する準備を行ったが 事件後にも未完成で爆破されなかった穴が数個残っていた。 北方の堤防上では溝を掘って増水期に自然に決壊するように準備されていた。 堤防破壊の準備作業は5月下旬から確認されており国民党軍は1個の兵に加えて付近の農民を強制して作業を行っていた。 洪水 [ ] 将軍はから日本軍前衛部隊の背後を突く形での堤防爆破を命じられたが、国民党軍の撤退が終わるまで爆破を延期していた。 この間、蒋介石は爆破が行われたかについて何度も問い合わせを行っている。 6月7日には付近で爆破が行われたが、この作業は失敗し 、場所を()に変更して作業が進められ、6月9日午前9時に作業が終了し黄河の水は堤防の外に流出した。 氾濫は・・にまたがる54,000平方kmの領域に及んだ。 水没範囲は11都市と4,000村に及び、3省の農地が農作物ごと破壊され、水死者は100万人、被害者は600万人と言われる が被害の程度については諸説ある。 日本軍の対応 [ ] 被災地における日本軍の救助作業 国民党軍は陥落直前に約8kmに渡って黄河の堤防破壊を行い、雨期に入る開封一帯を水没させた。 6月9日に続いて6月11日夜にも隴海線の西方20kmの地点で黄河の堤防3ヵ所が破壊され、2、3日前の雨で増水した水が堰を切って奔流しつつあったため、12日午後5時に日本軍の2部隊が堤防修理に出動し、開封治安維持会からも50名以上が自発的に応援に出た。 洪水は中牟を中心として幅約20kmにわたり、5m弱の高さを持った中牟城壁は30cm程度を残すだけとなった。 幸い線路が高い所に位置していたため、住民は線路伝いに徒歩で東方に避難した。 日本軍は筏船百数十艘を出して住民とともに救助活動を行い、同時に氾濫した水を中牟付近から別の地域に誘導するために堤防と河道を築いた。 この惨状の中で日本軍には犠牲者・被害共にほとんどなかった。 国民党軍は現場に近づく日本軍に攻撃を加えた ほか、日本軍が住民と共同で行っていた防水作業を妨害した(日本軍の地上部隊は住民とともに土嚢による防水作業を行い、日本軍の航空機も氾濫した地区において麻袋をパラシュートにより投下してこれを支援したが、決壊地点の対岸にいた中国軍遊撃隊が麻袋の投下開始直後からその航空機と地上で防水作業中の住民に激しい射撃を加えたこともあった)。 日本軍に救助された避難民は方面1万、、方面5万、方面2万、その他数万であった。 報道 [ ] 中国側の発表 [ ] 中国国民党は当初から「黄河決壊事件は日本軍が引き起こしたものである」との発表を行っていた。 午前、中国国民党の通信社であった中央社は「日本ので黄河決壊」というを発信した。 には全土の各メディアが「日本軍の暴挙」として喧伝した。 各国メディアはこの発表に対しては慎重な姿勢を示した。 また、日本側も中国側の発表を否定するコメントを出した。 中国側からは、最初は黄河の堤防破壊は堤防の影に避難している中国軍を日本軍が砲撃および爆撃した時になされたものであるとの説明がなされ 、後には事件は日本軍によって意図して行われたことであり、中牟と鄭州地区にある中国軍陣地への水攻めとし、かつ後方連絡を脅かすゲリラに対する戦略であり、広東への絶え間ない無差別爆撃と同様に中国民衆を威嚇する日本軍の作戦の一部とされた。 さらに報告では日本軍機による中牟北部の堤防への爆撃が続けられ、これが洪水を悪化させ、かつ日本軍は洪水の被害を受けた地区からの避難民を機関銃で銃撃していること が説明された。 日本側は「開封の堤防破壊は中国軍に強制された農民によるもの」との声明を出し 、日本軍は自軍の前進を妨げる洪水を引き起こすことはなく、また堤防の大きさを考慮すれば爆撃と砲撃によって堤防を破壊することは不可能だったと主張した。 なお、日中双方とも破損した箇所を塞ぐため、農民の援助を得ながら懸命な努力をしていると主張していた。 日本メディアの報道 [ ] 日本国内では『同盟旬報』が現場の声として「日本軍の堤防修理や避難民救済の活動により中国民衆の日本軍に対する理解が深まり、図らずも日本軍と中国民衆を固く結びつける機会となっている」と報じた。 各国メディアの報道 [ ] アメリカにおける報道は被害の規模を伝えるのみにとどまり、『ブルックリン・デーリー・イーグル』紙が6月16日に「日本軍が必死の救助活動をしている」と報じた程度だった。 日本の『同盟旬報』は「アメリカでは災害が人災であることを伝えていない」と報じている。 英国では事件が日本軍の砲撃で引き起こされたとする中国側の説明に無理があることを示しながら双方の主張を伝えた。 は事件をと戦った人のように中国人は堤防を破壊して日本軍の進撃を止めたと報じ、中国のは額面通りに受け取られるべきではないと断った上でそれによると日本人の被害が5千人とし、日本側はこれを否定しながらも日本軍の動きが制限されたことを認めたことを伝えた上で、この事件が中国の長い歴史の中においてさえ比類のない大災害の恐れがあるとし、から送られた専門家の支援によると向上のための巨大な建設作業を無に帰したことを指摘した。 フランスでは上海発電は漢口からの報告として中国軍は黄河の堤防破壊による洪水で日本軍の進撃を阻止し、日本兵は5千溺死という類の報道により中国側の成功として紹介されたため10日以降、左翼系の新聞を中心にパリの各紙が取り上げた。 駐仏中国大使館は夕方、黄河決壊に関するコミュニケを各通信社・新聞社に送った。 その中で15日漢口来電として事件を起したのは日本であるとしていたが16日の各紙朝刊は全くこのことを掲載しなかった。 にはフランス機関紙「共和報」は黄河決壊事件は中国軍による自作自演であり 、主筆ピエール・ドミニクの論説では「中国軍の黄河の堤防破壊は下級軍人の個別の行動ではなく、有識者が熟慮の末に、重大な責任を自ら負って準備決行したものである」としている。 スペインのはの社説で 中国軍は黄河の堤防を破壊してに勝る大水害を起こそうとしている。 中国の中部地域における70万平方キロメートルの地域が水没の危機に晒され、7千万の住民が大洪水の犠牲となろうとしている。 しかし英、米、仏いずれからもこの世界に前例なき人類一大殺害に対し一言たりとも抗議する声を聴かない。 と伝えた。 論争 [ ] 政府は日本軍の不意を突くため、大多数の住民に対しては事前に堤防の破壊を伝えない方針を決定した。 洪水は何百万もの家を水没させたが、予め知らされていなかった大多数の住民には逃げる時間が無かった。 ただ堤防の破壊地点付近では国民党軍が知らせたため種子・家具什器類は高い場所に運ばれ、同時に見舞金も渡されていたことが住民から報告された。 洪水を引き起こすために花園口で堤防を破壊することが必要だったかどうかは、その人的被害の大きさと共に今も議論されている。 までは洪水が日本軍に「機動性の難題」をもたらし、戦局が膠着したため部分的に成功という説もある。 影響 [ ] 日本軍は武漢三鎮への進撃を一時停止せざるを得なかったが、進路変更により漢口作戦の発令から2ヵ月後の10月26日には武漢三鎮を占領した。 黄河決壊による被害は「」というとともに、中国民衆をさらに苦しめることになった。 農作物にも大きな被害を与え、さらに国民党側による食料調達()の為、農民は厳しい搾取を受けることとなった。 もともとに流れ込んでいた黄河が流れを変え東南方に氾濫し、いわゆる新黄河となって流域附近からに注ぐようになったことで、それまで黄河によって潤されていた北支の田畑は夏になると乾燥して水飢饉となり、反対に中支の新黄河流域地方は毎年洪水に苦しめられることになった。 黄河の流れは南側へ変わり黄海に注ぐようになったが、堤防がからにかけて再建されたことで1938年以前の流域に戻っている。 堤防破壊の後遺症として1942年に河南省で干ばつが起こった際に飢饉が発生し、道端には凍死者と餓死者があふれ、飢えから屍肉が食べられたと伝えられる。 河南旱魃と民衆の離反 [ ] 作家のによれば、1942年から1943年にかけて河南省では水旱蝗湯(すいかんこうとう)と呼ばれる水害、、の発生 、およびによる重税により、300万人あまりが餓死した (オドリック・ウーによれば死者300万人、土地を捨てた者300万人、救援を待つ飢えた人々は1,500万人を数え、河南の西部、南部、東部の順にの被害があったことも指摘している )。 この状態が続けば河南省は全滅していたが 、1943年の冬から1944年の春までの間に日本人が河南の被災地区に入り、軍糧を放出して多くの人々の命を救った (ウーによれば飢饉の数年間、日本側は各地の食糧倉庫から食糧を放出し、飢えた人々に食糧を調達していた )。 そのため、河南省の人々は日本軍を支持し、日本軍のために道案内、日本軍側前線に対する後方支援、担架の担ぎ手を引き受けるのみならず、軍隊に入り日本軍による中国軍の武装解除を助けるなどした者の数は数え切れないほどだった。 1944年春、日本軍は河南省の掃討を決定した()。 そのための兵力は約6万人であった。 この時、河南戦区の司令官は河南省の主席とともに農民から彼らの生産手段である耕牛さえ徴発して運送手段に充てることを強行し始めた。 これは農民に耐え難いことであった。 農民は猟銃、、鉄の鍬で自らを武装すると兵士の武器を取り上げはじめ、最後には中隊ごと次々と軍隊の武装を解除させるまでに発展した。 推定では、河南の戦闘において数週間の内に約5万人の中国兵士が自らの同胞に武装解除させられた。 すべての農村において武装暴動が起きていた。 日本軍に敗れた中国兵がいたるところで民衆によって襲撃、惨殺、あるいは掠奪され、武器は勿論、衣服までも剥ぎ取られた。 3週間以内で日本軍はすべての目標を占領し、南方への鉄道も日本軍の手に落ちた。 この結果、30万の中国軍は全滅した。 脚注 [ ]• 『支那事変画報』33号、「皇軍の慈愛/の活動」より(毎日新聞社、昭和13年7月11日発行)• 「「支那事変陸軍作戦」付図などより作成• からへの電報, 1938年• 242• 35 昭和十三年六月上旬号、p. タックマン 1996, p. 214• サンケイ新聞 1976, p. 145• 549• 黄 2002, p. 226• 被災者約1250万人、死者・行方不明者約89万人 岩波現代中国事典• 被災者1000万人超、溺死数十万人 中国百科大辞典、p. 682、• 被災者1200万人、溺死89万人 中国革命史辞典、p. 301、• 同盟ニュース、昭和13年6月23日• 同盟旬報 第二巻第十七号六月三十日発行 No. 36 昭和十三年六月中旬号、pp. 9—10• 36 昭和十三年六月中旬号、p. 日本軍の被害は堤防修復作業の際に中国軍からの攻撃を受けたためであり、洪水自体による犠牲者はほとんど報告されていない。 『東京朝日新聞』1938年6月20日付夕刊、第1面• 陸軍省「一挙潜山を攻略す」『官報附録 週報』内閣印刷局 1938年6月29日• 227• 36 昭和十三年六月中旬号、p. 36 昭和十三年六月中旬号、p. 仲小路 1938, p. 217• (中国語)• 杉本 1980, p. (日本語) Invasion of China: History, page 440. 劉 2006, pp. 13,14,120• 209• 劉 2006, p. 112• 劉 2006, pp. 112-113• 114• 劉 2006, pp. 114-115• 115 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 関連:、• () -• 参考文献 [ ]• 『日中戦争知られざる真実』 、2002年• 杉本壽「河南省三劉砦黄河決潰堵口工程」『水温の研究』24巻 水温調査会事務局 1980年• 鈴木敏明 『大東亜戦争は、アメリカが悪い』 碧天舎、2004年• 高橋文雄『第十四師団史』、1990年• 著、杉辺利英訳『失敗したアメリカの中国政策』原題: Stilwell and the American experience in China,1911-45、、1996年• 『世界戦争論』日本問題研究所、1938年• 著、劉燕子訳、監修『温故一九四二』中国書店、2006年• 『 12 日中全面戦争』サンケイ新聞、1976年• 陸軍省「一挙潜山を攻略す」『官報附録 週報』内閣印刷局 1938年6月29日.

次の