チェーザレ ミュージカル。 中川晃教、中止となったミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』をコンサートで

中川晃教が初披露!ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』製作発表~歌唱編~│エンタステージ

チェーザレ ミュージカル

もくじ• ざっくりあらすじ 舞台は1475年、ローマ。 結婚を許されない枢機卿という身分でありながら領主 ロドリーゴ(別所哲也)は男児 チェーザレ(中川晃教)を授かった。 16年後、才気溢れるチェーザレはピサの大学に在籍していた。 しかし学内では学生たちが出身別に睨み合っており、3つの派閥に分かれていた。 一方、ヴァチカンでは教皇インノケンティウス8世崩御の時が迫り、次期教皇選が繰り広げられていた。 キリスト教の最高位である教皇の座を巡り、激しく争うチェーザレの父ロドリーゴと宿敵 ジュリアーノ(岡幸二郎) チェーザレは、父を教皇の座に着かせるため頭脳戦に身を投じていくが・・・ 15世紀ヨーロッパの物語です。 15世紀が舞台の作品って実はあまりないので、馴染みがない人は 『ノートルダムの鐘』と同じ時期と考えて置けばざっくりOKです。 ちなみにミュージカル好きがピンときそうな中世ヨーロッパが舞台の作品ラインナップはこんな感じ。 中川さんは正直なところパっと見の第一印象ではアンジェロ役のほうが筆者的には合っていると思っていました。 しかし、西洋絵画風のキャラクタービジュアルを見てチェーザレ役でよかったと拝んでしまいました。 お、お美しい・・・! カリスマとして紹介されることの多いチェーザレですが、 実はかなり根明でポジティブな性格です。 頭も良いし運動もできるしおまけに性格も良いみたいな人、クラスに一人はいたじゃないですか。 まさにあんな感じです。 威厳のあるカリスマらしい一面と、一方で親しみやすくて人望の厚いチェーザレ。 どちらかの一面だけの役を演じることが多い役者が多い中で、中川さんならこの2つの相反する姿を違和感なく演じてくれるのでは!と思っています。 ・『ロミオ&ジュリエット』 ・『ウーマンオブザイヤー』 Kバレエカンパニーに所属しているバレエダンサーです。 とはいえ、テレビ番組の司会業やCMなど多数の方面で露出があるので、お顔とダンスを見て「あぁこの人ね!」とピンとくる人も多いと思います。 今作のキャスト発表は何段階かに分けられ、ミゲル役が最後の発表でした。 そのため 「ここまでもったいぶるなんて一体どんな大物が来るんだ・・・!?」と密かにザワザワされていました。 しかも2020年4月の予定が未公表の人気ミュージカル俳優が多かったので、あの人じゃないのこの人じゃないのと憶測と期待が入り混じるチェーザレ空きわい。 蓋を開けてビックリなんと宮尾さん。 がっかり・・・という声は見かけませんでしたが、とにかく意外だったという声が多かったように思います。 最近はミュージカルにも積極的に出演しており、『ロミオ&ジュリエット』『ウーマンオブザイヤー』にも出演。 そしてウーマンオブザイヤーはロシア人ダンサーという役どころでした。 ・チェーザレの側近&陰の功労者 ・専門用語と背景は大体ミゲルが説明 ・クールに見えるが実は結構お茶目 ・チェーザレに対して熱い想いがある 今作のミゲル役はダンスは一切関係なしの役です。 ダンスを封印された? 宮尾さんのパフォーマンスに注目・・・なのか!? そして、端正でクールな印象のある宮尾さんですが、実はかなりの三枚目。 見た目に反したギャップとユニークさを持っている方です。 一方ミゲルはというと、宮尾さんの見た目どおりの基本的にはクールな役です。 しかし親しい人にはお茶目な一面も見せるミゲルなので、宮尾さんは意外とハマっているかも? そして、ミゲル役は物語の説明役としての役割もあります。 専門用語や政治関係がかなり複雑な本作なので、ミュージカルにおいてもミゲルの説明セリフがかなり多くなるはず。 身体よりも口を動かす役どころになるでしょう。 ちなみに筆者はミゲルがいちばん好きな登場人物です。 チェーザレを一心に慕い、何があっても俺が守るという静かな闘志がカッコいいんですよね。 アンジェロ役 ・恐ろしく空気が読めない ・しかし物事の本質を理解&核心を突く ・実は誰よりもハートが強いかも ・読者&観客と同じ目線 アンジェロ役ですが、 実は主役のチェーザレよりもある意味重要な役です。 というのも、アンジェロは何もしらない転校生のような立ち位置で、世間知らずのアンジェロが周囲にいる人に色々と聞いたり教わったりしながら時代背景や専門用語を学んでいくという構成です。 アンジェロはその時代にあまり詳しくない読者や観客と同じ目線である必要があります。 観客と同じ目線、同じ価値観を常に保っている必要のあるきわめて重要な役です。 ・『薄桜鬼』 ・『メサイア』 ・『シークレットガーデン』 2. 5次元系の舞台への出演が中心ですが、2018年の東宝『シークレットガーデン』への出演をきっかけにグランドミュージカルへの第一歩を踏んだかなという印象です。 『シークレットガーデン』への出演が決定したときに更新されたブログにこのように書かれていました。 誰だこいつと思われる方も少なくないと思います。 俺もそう思います(笑)なら自分を知って頂ける千載一遇のチャンスです。 すごい気合だ!と感動した記憶があります。 普通は、ご迷惑をおかけしないように・・・とか、こんな自分が・・・とか、ネガティブな枕詞を付ける役者さんが多いなか強気でカッコいい。 山崎大輝 Wキャスト ・『レ・ミゼラブル』 ・『ミス・サイゴン』 ・『タイタニック』 ・『ジャージー・ボーイズ』 個人的にはかなりえぇー!?というキャスティングでした。 役自体というよりも 藤岡さんがこの手のミュージカル作品に出演されることに驚いた。 というのも、藤岡さんと言えばミュージシャンとして活躍する一方、舞台は往年のグランドミュージカル作品への出演が中心でした。 そのため、漫画原作の2. 5次元っぽい要素のある本作に出演するのはかなり意外でした。 長年付き合いのある中川さんが主演だからかな?それとも、まさかの原作ファンとか? 出演を決められた理由をぜひぜひ知りたいキャスティングです。 ・中盤の回想にて登場 ・ハインリッヒ7世との信頼関係あり ・漫画ではちょっとチョイ役 藤岡さん自体はめちゃくちゃ歌の上手い、良い意味でクセのある歌声です。 そんな藤岡さんがダンテ・・・ダンテ・・・ 50代以上の役者さんが演じられると予想していた役だったので、ちょい若めのダンテ? ちなみに 漫画では出番はかなり少ないです。 というかほぼチョイ役。 チェーザレたちよりも100年以上前の人物です。 というのも、ダンテって原作では7巻の歴史回想録の中で登場する役なんですよね。 ミュージカルの中で派回想の中の人物としてのみ登場するのか不明ですが、どのような出番になるのかはちょっと楽しみ。 15分くらいの スーパーダンテタイムがくるのか、それとも原作をちょっとミュージカル向きにしてちょこちょこ登場するのかな? ジュリアーノ役 岡幸二郎 ・『レ・ミゼラブル』 ・『1789 -バスティーユの恋人たち-』 ・『ミス・サイゴン』 ・『ロミオ&ジュリエット』 ・『二都物語』 キャスティングが発表されたとき 「で、でたぁ~~~!!」と叫びそうになりました。 岡幸二郎が・・・?チェーザレに・・・?こんなの傑作ミュージカルになるに決まってるじゃん。 最初に発表されたキャストは主演の中川さんだけだったので、その時は「たぶん中川晃教+2. 5次元俳優みたいな座組になるんだろうなぁ・・・」と予想していたんです。 ところがどっこい、蓋を開けてみればまさかの岡幸二郎さん。 ミュージカル『チェーザレ』に厚みと深みが一気に増したような気がします。 説明不要のミュージカル界の重鎮の参戦に期待せざるを得ません。 迫力という意味でも歌唱力という意味でも、主演の中川さんに負けず劣らずでないと務まらない役です。 中川さんに声量で負けたらアレ?ってなっちゃうような役。 岡さん本人もいつだったか 「そろそろ若手を育成する側に回ってきた」と仰っており、最近は積極的に若手の多いコンサートやイベントを主催しています。 たしかに岡さんが推していた役者がこぞって出世してるんですよね。 海宝さんとか三浦さんとか。 そのため、 本作からも岡さんに実力を引き出されて大出世する若手俳優がでるかもしれません。 ロドリーゴ役 別所哲也 ・チェーザレの父親 ・ジュリアーノとバッチバチに対立 ・少々派手好きな行動派 ロドリーゴはチェーザレのお父さん役です。 息子であるチェーザレを一流の逸材へ育てるため深い愛情と莫大な資金で支援。 父と息子が登場する創作物って大体が親子間の確執があったり上手くいっていなかったりするのが常ですが、チェーザレとロドリーゴの関係は良好。 一方、岡幸二郎さん演じるジュリアーノとはバチバチの敵対関係に。 ロドリーゴとジュリアーノの対立に迫力がないと『チェーザレ』の渋みが薄れてしまうので、この二人のキャスティングは原作ファンとしては観劇前から大満足。 別所哲也vs. 岡幸二郎? バルジャンとジャベェェーーール!!なお二人ですね。 ロレンツォ役 今拓哉 ・舞台となるフィレンツェの実質的支配者 ・メディチ家の持病である痛風に苦しむ まず第一に、 『チェーザレ』で描かれている2次元のロレンツォに似てらっしゃる。 今回の舞台化って、正直見た目はあまり漫画のデザインに寄せていないというか、あくまで役者としての中身や役への相性で選ばれたキャスティングという印象です。 そのため、漫画のデザインと役者の見た目のタイプがまぁ似てない。 しかし ロレンツォだけは唯一役者さん、つまり今さんっぽい雰囲気のある役です。 (公式HPより引用) なんとあの明治座にオーケストラピット導入なんだとか。 驚きです。 この導入って、何がきっかけだったんでしょう? もともと明治座にオーケストラピットを設置する企画があって、その一発目がたまたま『チェーザレ』だったのでしょうか。 それとも、このメンツでオケピがないなんてあり得ない!ということで設置が決まったんでしょうか。 もし後者だったらかなりワクワクする話じゃないですか? だって、 一流のミュージカル俳優の存在によって文化やエンターテインメントの設備の拡充が成されているわけですよ。 中川晃教さんは、ミュージカルというものを、もっともっと身近なものにしたい!人々の生活の一部になってほしい!と常々おっしゃっていますよね。 あぁ、まさにそれを 牽引 けんいんしてるんだ・・・ってなんだか感動してしまいました。 5次元と呼ばれる舞台作品だけでなく、東宝や宝塚によって漫画原作のグランドミュージカル化が頻繁です。 『王家の紋章』『デスノート』『ポーの一族』などは、2次元作品である漫画原作とは思えないほどのクオリティでした。 『チェーザレ』も 漫画原作で成功したミュージカル作品として、これらの系統の流れに乗ること間違いなし! だって明治座がこれだけ力を入れているんだし、出演者の実力は申し分ないし、原作も人気だし。 しょーもない作品だったらアッキーファンが黙ってないし! 中には 大事故を起こした漫画原作ミュージカルもありますが、チェーザレに対してはただならぬ期待とワクワクがありますよね。 5次元のキャストバランス 本作は、主役はもちろん物語に深みと厚みを出す重要な役どころにはグランドミュージカル多数出演の実力派、比較的ライトな役どころの学生たち数名は2. 5次元系のダブルキャストという構成です。 これ、スゴくいいと思います。 というのも、最近2. 5系出身でグランドミュージカルで活躍している役者さんすごく多いじゃないですか。 古川雄大さん、加藤和樹さん、三浦涼介さん、伊礼彼方さん・・・ などなど、挙げればキリがないほど業界を 犇 ひしめいています。 5次元のキャスティングよりも、今回のように混ぜこぜがいちばん好きなんですよね。 果たして 岡幸二郎センサーに引っかかる若手は出てくるんでしょうか。 総括! いやー、楽しみだ! 早く観たい! ちなみに、 漫画未読の方は絶対に読んでから観劇することをオススメします。 1巻だけでも読めばなんとなく全体の関係性はわかってきます。 歴史漫画に慣れている人でも頭ごっちゃごちゃになるくらい複雑かつ専門用語のオンパレードです。 複数回観劇予定なら初回は完全初見でもそれはそれで楽しいかもしれないけど、1回しか観れない人は絶対読んでおくべき!読む時間がない人はせめてwikiでもいいから目を通して!!.

次の

ミュージカル『チェーザレ』幻のおけぴ観劇会、開演! 感激観劇レポ|おけぴネット

チェーザレ ミュージカル

イタリアの歴史を舞台にした漫画「チェーザレ〜破壊の創始者〜」のミュージカルが始まります。 チェーザレは歴史上残忍なイメージで描かれていることが多いですが、こちらの漫画では普段は頭脳明晰で冷静沈着な優等生だけど、明るく素直な一面もあって魅力的な青年です。 丁度漫画が連載している時期に、アメリカのドラマ「ボルジア家 愛と欲望の教皇一族」が放送されていましたが、セットと衣装が素晴らしく美しかったです。 さて、今回のミュージカル化ですが、出演者はイケメン揃いです。 笑) 「チェーザレ」が誰か知らないけど、出演者が気になって観てみたいという方もいらっしゃると思いますので、人物像やキャスト、チケット、明治座の紹介をしたいと思います。 チェーザレとは チェーザレ・ボルジアはイタリア・スペインの名門貴族ボルジア家の後継者です。 1475年に誕生し31歳で亡くなっています。 イタリアのルネサンス期の政治思想かマキャヴェッリは後に「容姿ことのほか美しく堂々とし、武器を取れば勇猛果敢であった」とチェーザレの印象を書き残しています。 チェーザレの死後、ユリウス2世によってボルジア家関連の肖像画は全て焼却されてしまったため、生前に描かれたチェーザレの肖像画としては、レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた26歳頃のスケッチがある程度です。 漫画「チェーザレ〜破壊の創始者〜」著書は惣領冬実さんです。 物語だけでなく描画の細部に至るまで極めて史実に沿った品質を維持した作品に仕上げる為、2005年より「モーニング」に不定期連載で連載中。 チェーザレ・ボルジアを中心に、架空の人物を織り交ぜつつ、当時の権力者・有名人の群像劇を描いています。 漫画「チェーザレ」あらすじ メディチ家によって設立されたピサのサピエンツァ大学に16歳の青年 アンジェロ・ダ・カノッサが編入してきた。 大学での講義の最中、周囲の空気を読めないアンジェロはその言動によってメディチ家の子息・ジョヴァンニの面子を潰してしまう。 その仕返しに、ジョヴァンニに誘われた馬の遠乗りでアンジェロは騎乗している馬を暴走させられ、崖に落ちそうになる。 だが、その寸前に一人の青年に助けられた。 彼こそが名門貴族ボルジア家の後継者、 チェーザレ・ボルジアであった。 純真で素直なアンジェロにチェーザレとチェーザレの腹心 ミゲルは心を許す。 大学内には チェーザレが率いるスペイン出身の スペイン団と、 ジョヴァンニが率いるフィレンツェ共和国出身の フィオレンティーナ団がある。 ライバル関係でありながら長い付き合いということもあり、チェーザレとジョヴァンニはお互いに友好的である。 メディチ家当主 ロレンツォ ジョバンニの父 に目を掛けられているアンジェロのことを、ジョヴァンニの側近でフィオレンティーナ団の ドラギニャッツォは妬ましく思っている。 しかし、同じフィオレンティーナ団の ロベルトは世間知らずなアンジェロを常々気遣ったり面倒を見てくれる。 そんな中、メディチ家の周辺で次々とおかしなことが起こりはじめる。。 当時のイタリアは周辺の列強諸国による干渉にさらされ、またカトリック教会も権力闘争の場となっており、800年に渡って繰り広げられたイベリア半島再征服運動(レコンキスタ)の完了を目前とした激動の時代が始まろうとしていた。 そのような中、1492年、時の教皇インノケンティウス8世の崩御とそれに伴う次期教皇選挙(コンクラーヴェ)が始まる。 チェーザレは父 ロドリーゴ・ボルジアやメディチ家、 ラファエーレ・リアーリオ枢機卿などと手を組みながら権謀術数を駆使し、自らの理想を実現するため、ロドリーゴの宿敵 ジュリアーノとの戦いが始まる。 ミュージカル「チェーザレ」出演者 チェーザレ 中川晃教 ナカガワ アキノリ :宮城県出身のシンガーソングライター・俳優。 小学生から作曲を始め、高校生の時に地元テレビで取り上げられことがきっかけで作詞作曲をした「I WILL GET YOUR KISS」がドラマ『マリア』の主題歌に起用された。 ミュージカル『モーツァルト! 』の主演に抜擢され、初舞台で数々の賞を受賞するという前例のない快挙を成し遂げた。 A post shared by on Nov 9, 2019 at 7:24am PST ミゲル 宮尾俊太郎 ミヤオ シュンタロウ :北海道出身でバレエダンサー・タレント。 14歳でバレエを始め、17歳でフランスのカンヌ・ロゼラハイタワーに留学。 帰国後の2004年、熊川哲也率いる「K-BALLET COMPANY OFFICIAL」に入団。 「ドン・キホーテ」「白鳥の湖」「ジゼル」等次々と主演を果たし、2009年9月ファースト・ソリストに昇格。 アンジェロ 〈スクアドラ ロッサ チーム 〉 松田凌 マツダ リョウ :兵庫県尼崎市出身の俳優。 高校2年の時、舞台『URASUJI3』を観劇し、「自分も同じ舞台に立ってみたい」と、その日に俳優になることを決意する。 2012年初出演舞台ミュージカル「薄桜鬼」で初主演を務める。 〈スクアドラ ヴェルデ チーム 〉 山崎大輝 ヤマザキ ダイキ :静岡県出身の歌手・俳優。 ジュノンボーイになる以前から母親の勧めによりキッズモデルとして活動していた。 ミュージカル「忍たま乱太郎 第三弾〜山賊砦に潜入せよ〜」久々知兵助役など。 ジョヴァンニ 〈スクアドラ ロッサ チーム 〉 平野良 ヒラノ リョウ :神奈川県出身の俳優。 劇、ミュージカルを中心とした多数の作品で主演を務める人気俳優であり、近作では「文豪とアルケミスト 余計者ノ挽歌」 2019年 の太宰治役や、ミュージカル「憂国のモリアーティ」 2019年 のシャーロック・ホームズ役で好演を見せている。 〈スクアドラ ヴェルデ チーム 〉 風間由次郎 カザマ ユウジロウ :神奈川県出身の俳優。 大河ドラマ「風林火山」今川氏真役、ミュージカル「スター誕生」主演ぎっちゃん役 ドラギニャツォ 〈スクアドラ ロッサ チーム 〉 井澤勇貴 イザワ ユウキ :東京都出身のモデル・俳優。 「小学六年生」の読者モデルとして芸能界デビュー。 2019年エイベックスを退社し現在フリーで活動中。 舞台「Messiahメサイア-悠久乃刻-」主演有賀涼役、「岡野教授の千年花草譚・岡野教授の南極生物譚」主演花山児太郎役など。 〈スクアドラ ヴェルデ チーム 〉 近藤頌利 コンドウ ショウリ :大阪市出身の俳優。 ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!! 忍者の戦隊が好きで、「シンケンジャー」のオーディションを受け、谷千明役で俳優デビュー。 映画「カバディーン! 〜花吹雪高校篇〜」主演の牧野竜一役、ミュージカル「薄桜鬼〜風間千景篇〜」主演、ミュージカル「憂国のモリアーティ」 主演 を務めた。 〈スクアドラ ヴェルデ チーム 〉 木戸邑弥 キド ユウヤ :奈良県出身の俳優。 一人っ子で両親は理解とは仲が良く、ダンススクールに通ったことがきっかけで芸能に興味を持ち高校入学と同時に状況した。 映画「ごくせん THE MOVIE」大隈邑弥 役、舞台「家族のはなし」山本幸太 役など。 ダンテ 藤岡正明 フジオカ マサアキ :東京都出身でミュージシャン・俳優。 シングル「交差点」でデビュー。 2005年ミュージカル「レ・ミゼラブル」マリウス役でミュージカルデビュー。 ロレンツォ 今拓也 コン タクヤ :千葉県出身のミュージカル俳優。 奥さんは歌手の岩崎宏美。 大学在学中に劇団四季研究所に入所。 1997年に退団。 劇団四季「キャッツ」 マンカストラップ役、ミュージカル「マリー・アントワネット 」フェルセン役、大河ドラマ「篤姫」 土佐藩主・山内容堂役など。 ラファエーレ 丘山晴己 キヤマ ハルキ :東京都出身でアメリカと日本で俳優・ダンサー。 父親は日本舞踏家の花柳伊三郎で母親はバレリーナ。 14歳で渡米。 MTV「Dance or Drop」ダンサー出演 海外 、ブロードウェイミュージカル「キャバレー 」ボビー役、東宝ミュージカル「RENT」エンジェル役など。 ハインリッヒ7世 横山だいすけ:千葉県出身で歌手・俳優。 「おかあさんといっしょ」の11代目うたのおにいさん。 2006年劇団四季に入団。 「ライオンキング」のレイヨウ役。 退団後、うたのおにいさんの中で歴代最長9年で卒業後は、ミュージカル「魔女の宅急便」にキキの父親オキノ役で出演。 「だいすけお兄さんの世界 名 迷作劇場」で全国各地を回っている。 ジュリアーノ 岡幸二郎:福岡県出身のミュージカル俳優。 3年間劇団四季にシーズンメンバーとして入団しており、「オペラ座の怪人」ラウル役、「クレイジー・フォー・ユー」ムース役などで活躍。 期間終了後は「ミス・サイゴン」ジョン役、「レ・ミゼラブル」 アンジョルラス役、「ロミオ&ジュリエット」キャピュレット卿役など。 ロドリーゴ 別所哲也:静岡県出身の俳優。 慶應大学在学中、ミュージカル「ファンタスティックス」で俳優デビュー。 アメリカ滞在経験が長く、英語が堪能。 ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜 2」日下部光彦役、「ミス・サイゴン」主演・エンジニア役、「太陽のかわりに音楽を。 そのため、前方席で左右の端に座るとかなり斜めから舞台を見ることになります。 1段高い場所なので見通しは良い。 最前列以外はどこにお座りになっても一緒。 桟敷は1階席でなければ無意味。 明治座食事 明治座といえば芝居の幕と幕の間に食べる弁当という意味で名づけられた「 幕の内弁当」が有名です。 公演によって休憩の回数は違い 1回か2回休憩で、 1回の休憩は35分間です。 その間に食事を済ませることになります。 (食事をされない方も勿論いますよ。 ) 35分の間に、食堂に移動してトイレに行ったりは結構スピーディーに動くことになるので、あまり バタバタしたくない方はお席で食べることをオススメします。 食堂の利用と お弁当は 事前予約が必要になりますので、 観劇日2日前まではインターネット予約「席とりくん」で、 前日までに 電話か 明治座切符売場にて予約。 喫茶は予約の必要はありません。 基本、「持ち込み禁止」ですが、 持参される方は多いですし、 注意されることもありませんよ。 デパ地下のお弁当やコンビニのおにぎりなどお席で食べてる方結構いらっしゃいます。 まとめ 惣領冬実さんの「チェーザレ」は私の愛読書で全巻持っています。 とても繊細なタッチで描かれているので、読んでいてイラストの美しさに目を奪われます。 登場人物が一人一人魅力的なんですよね。 中でも、私はミゲルが大好きです。 笑 歴史物では、チェーザレが残酷で冷酷な人間として書かれていることが多いのですが、こちらの漫画のチェーザレは冷静で頭が良く優しい面もあり、本当に魅力的な男性なんですよ。 そしてイケメン!! 舞台が気になっていて、まだ漫画を読まれていない方にはぜひオススメしたい漫画です。

次の

ミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」

チェーザレ ミュージカル

日本のミュージカル界を牽引する俳優、中川晃教さんが、新型コロナウイルス禍で公演中止となったミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」のナンバーと、名作ミュージカルの楽曲を披露するコンサートを7月11日・12日に明治座で上演することが発表されました。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くの舞台公演が中止となりました。 感染拡大を防ぐための対策で観客数を制限せざるをえない今、チケット代を据え置くと興行収入が半分以下になる上、観客数に応じて料金をアップさせると手に入りにくいプラチナチケット化が進んでしまうため、多くのスタッフやキャストが必要な舞台公演は事実上、上演できない状態が続いています。 4月13日〜5月11日の日程で東京・明治座で上演予定だった、惣領冬美さん原作のミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」も、公演中止となり上演の見込みが立たない作品の1つ。 公演を楽しみに待っていたファンのために、せめて楽曲の魅力だけでも伝えたいと、主演の中川晃教さん(チェーザレ・ボルジア役)によるコンサート「中川晃教コンサート2020 feat. ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』」が企画されました。 明治座にとって、創業以来初めてオーケストラの生演奏による作品だったミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」のために書き下ろされたナンバー。 未発表曲も含む楽曲を主役のチェーザレ・ボルジアを演じる中川晃教さんが披露。 また、ハインリッヒ7世役のさん、アンジェロ・ダ・カノッサ役のさんをゲストに迎え、歌やトークなど多彩な内容が用意されるとのこと。 上演にあたっては、来場する観客に安心してもらうための安全対策や衛生環境を整え、感染拡大の防止に細心の注意を払っていくとしています。 このため、来場者には新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ対策に協力してもらう部分があるとのこと。 一例として、人との十分な間隔を確保するため、劇場では前後左右に1席おきの着席となるので、並び席は発券されません。 またコンサートを機に、未発売となっていたミュージカル「チェーザレ 破壊の創造者」の公式グッズをオンライン限定で販売することも決定。 6月27日10時より、ミュージカル公演公式サイトにて販売が始まります。 コンサートは2020年7月11日(17時開演)と、7月12日(12時開演/17時開演)の計3公演。 チケットは全席指定で8500円(税込)のほか、イープラスのみで取り扱われる3500円(税込)の配信チケットが用意されています。 チケットの販売は明治座のインターネット予約「席とりくん」のほか、イープラスのインターネット予約で6月27日の10時から開始されます。 新型コロナウイルスの影響で、これまでとは違った形での公演となるため、詳細はコンサート公式サイトで確認してください。 C 惣領冬実・講談社/中川晃教コンサート2020ft. MC 情報提供:明治座 (咲村珠樹).

次の