いんげん 筋 とり。 サヤインゲンの下拵えと茹で方:旬の野菜百科

いんげんの筋取りは必要?どこからどの方法で取れば?

いんげん 筋 とり

いんげんの茹で方 いんげんを茹でるときには下のような手順です。 軽く水洗いをする• 筋(すじ)をとる (根元のへたを包丁で切り落とす)• 塩とともに茹でる それぞれについて詳しく見ていきましょう。 水洗いし、筋があるかチェック まずはいんげんをまとめて、軽く水洗いをします。 そのあと、いんげんに筋があるかどうかのチェックをします。 いんげんの筋の見分け方 いんげんはもともとはかたい筋があったのですが、最近では筋のないいんげんも多くなってきましたね。 いんげんに筋があるかどうか確認するためには、まず いんげんの両端をぽきっと折ります。 その時に へたに糸のような筋がついてくれば、それは筋ありのいんげんです。 筋のないいんげんの場合にはすじがなく、へただけがとれます。 筋の取り方(へた) 筋のないいんげんの場合には、へたの部分を包丁でまとめて切り落としましょう。 筋のあるいんげんの場合にはひとつずつ、すじをとっていきます。 いんげんの筋の取り方 まずへたの部分を折り、筋がつながっていることを確認します。 それからそのへたを下のほうへすーっと引っ張っていきます。 筋を取るコツは力を入れすぎず、あわてないこと。 力を入れたり早く引っ張ってしまうと途中で筋が切れてしまい、うまく筋を取ることができません。 ただ、あまりに筋がやわらかい場合には食べても気にならないので、とらなくてもよい場合もあります。 茹で方と茹で時間 さて、下ごしらえが終わったら、いんげんを茹でていきます。 まずは鍋にたっぷりお湯を沸かし、そこに塩を入れます。 塩の量は 水1Lで塩大さじ1杯くらいを目安にすると、いんげんのうまみや鮮やかな色が引き出されます。 塩はひとつまみと書いてあるところも多いのですが、「ちょっと多いかな」というくらいが実はうまみや色を鮮やかにしてくれます。 その後、いんげんをお湯の中に入れます。 茹で時間について いんげんの茹で時間については、量やいんげんの厚みによっても変わります。 2分~3分程度をめやすに、細いものや薄いいんげんは2分、モロッコインゲンなどの厚いものは4分くらいです。 冷凍保存する場合には茹で時間は1分以下がおすすめ。 いんげんをたくさん茹でる場合には、茹で時間にかかわらず、時々箸で混ぜるとよいでしょう。 茹で終わったら ゆであがったらいんげんを 冷水や氷水に落とし、冷まします。 一気に冷やすことで、茹であがってからも色があざやかに仕上げることができます。 いんげんをざるにあげたまま冷まそうとすると、色が悪くなってしまうこともあります。 また、冷水でさましたあとにはすぐにざるにあげましょう。 水の中でいんげんを放置していると栄養が流失したり、水っぽくなってしまったりするので注意が必要です。 そのあと用途に合わせて切ったり、いためたりと調理をすることができます。 ちなみに、いためものに使う場合にも下ゆでをしてからのほうがお勧めです。 いんげんを冷凍保存する場合 いんげんを冷凍保存する場合には、上に書いたように茹で方・茹で時間にも注意が必要です。 冷凍する場合の茹で時間は短い人では 20秒~1分くらいです。 普通に使う場合と同じく2~3分の茹で時間だと、解凍した時にびちゃっと水っぽくなってしまうので注意しましょう。 生で保存するよりも軽くゆでてからのほうが色や風味を保つことができます。 冷凍保存したいんげんを使う場合には自然解凍か流水で解凍するのがよいでしょう。 いんげんの調理法 茹で時間を忘れてしまうほどあまり使わないイメージのあるいんげんですが、実はいろいろな調理法があります。 代表的なものでは、下のようなものがあります。 いためもの• パスタの具材• サラダや胡麻和えなどあえ物• 素焼き• 肉料理・魚料理のつけあわせ あざやかな緑色なので、料理に使うだけで彩りがきれいになりますね。 独特の食感なので料理のアクセントにもなります。 個人的にはそぼろ・いり卵とともに三食丼にして食べるのがお気に入りです。 いんげんは筋肉疲労回復や夏バテの防止にも最適で、食物繊維は便秘解消もしてくれるなど健康にもよい食材。 これを機に、普段の生活でもいんげんを多く食べてみてはいかがでしょうか。 終わりに いんげんの茹で方や茹で時間、それに筋の取り方などについて見てきました。 嫌いなわけではないけどあまり食べない食材は、調理法や茹で方などもついつい忘れてしまいがちですよね。 少しでも参考になったならば幸いです。

次の

さやいんげんの筋取りをマスターする、簡単に筋を取る方法

いんげん 筋 とり

スナップえんどうの筋の取り方 スナップえんどうは絹さやよりも、 筋が太く、筋の取り方もより丁寧に行う必要があります。 また、ヘタを除いた部分からゆでる時に水が入ってしまうので、 ゆでた後の水気の切り方もポイントに。 そのあたりもぜひ参考にしてみてください。 まず、スナップえんどうは 先端がとがっている側面に太い筋があるので、ヘタをポキっと折って、先端まで引っ張って太い筋を取ります。 続いて、 ヘタ側の筋を除いた所と反対側に爪を立て(こちらは細めの筋が取れることがあるので)、同じく先端にむかって筋を取ります。 つまり、スナップえんどうは 両側の筋を取る必要があるのですが、スタート地点がどちらもヘタ側から筋を取るようにすると、(筋がある場合は)きれいに取れると思います。 筋も同様で、先端よりもヘタ側が硬めで太い筋になっている場合が多いかと。 そういった意味合いでも、ヘタ側から筋を取ったほうが良いと感じています。 冷えたら水を切るのですが、ざる上げしただけだと、下の写真左のように スナップえんどうの中の空洞に水が残っていることが多々あります。 これが料理を水っぽくさせるので、ざるで水気を切ることに加え、 スナップえんどうを数本手に持ち、ヘタ側を下にして勢いよく振って水気を切るとよいです。 水気を嫌う料理の場合は、さらにさらしやキッチンペーパーでヘタ側を下に軽くたたき、水気を吸いとるなどしてもよいと思います。 水気がしっかり切れたら、料理に合わせて必要があればスナップえんどうを半分に切るなどして使用します。 冷蔵保存なら2日ほど日持ちします。 【補足】スナップえんどうの開き方など レストランなどでスナップえんどうを開いて、サラダやパスタに使うこともあります。 食べやすくなり、見た目にも動きが出やすく、かさも増える、味も絡みやすい、そんな理由もあってのことだと思います。 開き方は、ゆでたスナップえんどうのカーブした部分に爪を入れ、そこから開くと中に入っている豆も半分にきれいに分かれてくれます。 ここからは参考までの情報ですが、 水が入りやすいならゆでた後に筋を取れば?とも思いますよね(実際うちの妻がそう質問してきました)。 しかし、スナップえんどうをゆでた後に筋を取ろうとすると、筋は取れるものの、自然とスナップエンドウが開いてしまいます。 ゆでる前に筋取りすると不思議とくっついたままなのです。

次の

絹さやの下ごしらえ(筋とり/ゆで方/ゆで時間など):白ごはん.com

いんげん 筋 とり

インゲンに含まれる栄養価はV. B・カロチン・カリウム・食物繊維などで、ビタミン・ミネラルが豊富な健康野菜です。 インゲンには弦あり種と弦無し種があります。 弦無し種を選べば支柱を立てる必要がないのでスペースが限られてしまうマンションのベランダなどでもインゲンマメの栽培が可能です。 インゲンは弦無し種の方が育てやすいので、家庭菜園初心者は弦無しインゲンからまずは育ててみましょう。 インゲンマメの種まき・植え付け・収穫カレンダー インゲンの植付時期は4月中旬~6月中旬 収穫時期は6月上旬~8月下旬 インゲンマメの栽培時に気を付けるポイント!• 雨・高温・乾燥に弱い為、早めに種を蒔くようにしましょう。• 短期間で何度も収穫出来るので時期をずらして種植えると無駄がありません。• 種は一晩水に浸けて水分を含ませてやると発芽率が良くなります。• 種の粒は重ならないように蒔きましょう。 間引きの時に株同士が近いと一緒に抜けてしまうことがあります。• 弦ありインゲンの場合は支柱立ては早めに行う様にしましょう。 支柱立てが遅れると隣同士の弦が絡んで上手く巻きつかなくなります。• 日当たりの良い場所で育てますが、花が咲いてから雨に当てると花粉の付きが悪くなってしまいますので、雨が直接当たらない場所で育てましょう。 インゲンマメの栽培に適したプランターサイズと土づくり インゲンを栽培するときのプランターサイズですが、標準タイプ(60㎝程度)以上の深型ものを利用して育てましょう。 インゲンマメは長期間に渡り収穫するので、根群を深く張らせるために深型のプランターを利用するのです。 インゲンマメの用土配合は 赤玉土6. 5に対して腐葉土が2. 5、それにバーミキュライト1を配合します。 インゲンマメをプランターで育てる場合は、排水性の高い用土で育てることが病気の発生を防ぐ最大のポイントになります。 プランターで育てる時は用土を鉢の8部目くらいまでにしておきましょう。 インゲンマメを種から育てる(種蒔き) 4月中旬頃から6月中旬頃までに種を蒔きますが、インゲンマメは多湿・高温・乾燥に弱い為、真夏は実付きが悪くなります。 地域ごとの収穫時期の気温を考えて植える時期を決定しましょう。 プランターで植える場合は株間を約20㎝取り、種を植える為のくぼみを作り、弦無し種は3~4粒ずつ、弦あり種は2粒程度、種同士が重ならないように注意して種を蒔いてやります。 種の大きさの3倍程度の盛土をして手で軽く押さえて種と用土を密着させるようにしてやりましょう。 盛土の量が多すぎると光量不足で発芽率が下がることがあります。 種を植えた後は乾燥に注意して発芽するまでの間はたっぷりと水を与えて用土が乾燥しないように注意しましょう。 インゲンマメの間引き インゲンマメは種まき後、約1週間から10日ほどで発芽します。 本葉が3~4枚になった時が間引きのタイミングです。 元気の良い苗を2本残して1箇所に2本立てにしてやりましょう。 インゲンマメの支柱(ネット)を立てる 弦ありのインゲンマメは間引きを行った後に支柱を立ててやります。 支柱は合掌式としますが、家庭菜園で育てる時は写真の様なネットを支柱の間に張って育てると管理が簡単になります。 弦無しインゲンの場合は支柱は基本的には必要ありませんが、苗が小さいうちは風邪などで茎が折れてしまう事がありますので、低い支柱を立ててそれに茎を結んでおくと良いでしょう。 弦ありのインゲンマメは草丈が2~3mにも成長します。 支柱は長めのものを利用するようにしましょう。 合掌式の場合は交点を低めの位置にして弦同士が絡まないように成長させていくようにしましょう。 インゲンは風通しを良くすることが大切です。 インゲンマメの追肥の頻度と与える量 インゲンマメはマメ科の中でも比較的多くの肥料を必要とする種類です。 蕾が膨らみ始めたら化成肥料を約10gほど株の周りにパラパラっと撒いて株もとに周辺の土と一緒に寄せてやります。 肥料をやりすぎると実が付かない事があるので適量を適期に与えることが上手に育てるポイントになります。 肥料のやりすぎには注意! 梅雨時期の管理について インゲンマメは比較的多湿を好む野菜ですが、花に直接雨が当たると受粉がうまく行われないので開花が始まったら雨には注意が必要です。 また、水やりが不十分だと花が落ちてしまいます。 水やりの回数を多めにして花に直接かからないようにすればOKです。 開花が始まったら、畑で育てる場合は敷き藁や腐葉土、プランターで育てる時は新聞紙などで株元をマルチングしてやると管理が楽になるでしょう。 インゲンマメの収穫時期 インゲンマメは開花後10日~15日くらいが収穫の適期となります。 莢の長さが10~15㎝の頃の若莢が一番おいしい頃合いです。 実を取り遅れてしまうとあっという間に莢が固くなってしまうので、莢だけが膨らみ実が膨らむ前に収穫するのがポイントです。 病気の発生を予防するために、手でもぎ取らずハサミで丁寧に莢の根元を切り取って収穫しましょう。 インゲンの「育て方と病気対策」まとめ インゲンはスペースが狭い場所で育てる時は弦無し種がおススメ。 種植え後は水やりを十分に行って乾燥には注意しましょう。 芽が出た後も水やりは多めにします。 ただし開花後は花粉の付きが悪くなるので花には直接水が掛からないように注意すること。 インゲンマメを栽培する時に発生しやすい害虫は、アブラムシ類、ハダニ類、ハモグリバエ類、フキノメイガです。 アブラムシ類、ハダニ類、ハモグリバエ類はそれぞれ薬剤で防除出来ます。 害虫を見つけたら早期対策を行いましょう。 インゲンマメは梅雨時期に病気が集中して発生します。 インゲンマメが掛かりやすい病気は「炭疽病」や「菌核病」などです。 これらの病気は採光を良くして通気性を高めてやることで予防することが出来ます。

次の