花 を さがす 少女 歌詞。 かいりきベア「失敗作少女」自己嫌悪と理想に苦しめられた少女を歌詞から考察してみた

In terra Paxと花をさがす少女の歌詞を教えてください

花 を さがす 少女 歌詞

アーティスト名、曲名、作詞者、作曲者、アーティスト名カタカナ読み、 曲名カタカナ読み、作詞者カタカナ読み、作曲者カタカナ読み、歌いだしから検索できます。 カタカナは全角で入力してください)• 検索結果の並び順を選択できます( 曲名昇順(あ〜)、 曲名降順(ん〜)、 新着順)。 「アーティスト名」で「 完全一致」を選択した場合、別名でリリースした作品も検索できます。 歌詞全文から一部のフレーズを入力して検索できます。 前方一致、後方一致、部分一致、完全一致で検索できます。 検索例:• あらかじめご了承ください。 JavaScript、ActiveXコントロールの使用を許可する設定にしてください。 Microsoft Internet Explorer 5. x以上のブラウザ• Macご使用の場合:OS10. x、OS9. x/ブラウザSafari 、IEに対応しています。 一般公開.

次の

花をさがす少女_NE

花 を さがす 少女 歌詞

カテゴリ• Junky『メランコリック』の意味 メランコリックとは 物思いに沈むさま、憂鬱であるさまという意味。 「メランコリックな感情」などと使われます。 主人公の憂鬱な心境を表しています。 Junky『メランコリック』のテーマ 『メランコリック』が描くもの。 それは「ツンデレ少女の片想い 」です! 片思いすると、好きという気持ちだけでなく、いろんな感情が湧いてきますよね。 その中には気持ちを伝えられずモヤモヤした感情もあります 『メランコリック』は片思いのネガティブな部分が、ポップな音色とともに表現されています。 明確な結末は描かれず、少女の恋する内面にスポットを当てた曲です。 いっそ自分の気持ちに気付いて、向こうから告白してくれればいいのに。 そう思うものの、クラスメイトはいつも通り友達みたいな会話だけ。 今日だって「ねぇねぇ」なんて笑顔で話しかけてきて。 また思い出して眠れなくなってしまう。 勇気が出せない自分に苛立ち、そのイライラがクラスメイトへの対応に出てしまう。 結果ツンデレになっています。 きっと『メランコリック』の主人公は初恋です。 好きだという気持ちは自覚あるのに、告白する勇気が出せず、どうすればよいのかも分からない。 結果ツンデレな対応になってしまう。 思春期の言葉に表せない恋心を描いているといえます。 押し寄せる後悔と、自虐思考 そういう時期なの おぼれたいのいとしのメランコリー 『メランコリック』の恋は、ゴールが描かれません。 主人公は好きだと伝えられず、毎日過ごし、夜には後悔で気が沈む。 まるでメランコリックな気持ちに恋してるよう。 そんな主人公の内面にフォーカスした曲です。 果たして少女は告白したのか。 その恋は実ったのか、それとも儚く散ったのか。 聴き手である私たちの想像に委ねられます。 恋の結末を少女は語らず、今夜も 「 この恋と、君への愛に溺れたい」 という想いを抱いて眠りにつくのです。 まとめ 今回の考察を書いていて、自分の片思い体験を思い出しました。 今思うと甘酸っぱいような恥ずかしいような、複雑な気分に。 想いを伝えずに過ごした期間も悪くなかったな~……などと考えていたら、キーボードを打つ手が止まってしまっていました。 きっとこういう状態をメランコリックというんでしょうね(笑).

次の

かいりきベア「失敗作少女」自己嫌悪と理想に苦しめられた少女を歌詞から考察してみた

花 を さがす 少女 歌詞

---------------- あぁ ほら また間違えた これで何度? 何回目? 間違うことは悪くない、なんて言われることもありますが、少女にとって前向きに捉えることも出来なくなるほどに間違いを繰り返してきたようです。 間違いを繰り返すうちに自信をなくしてまた間違いを増やしてしまう。 そんな負のループを繰り返しているものの表面上は何もないように振舞っています。 しかし、心は確実に磨り減り、「私は誰にも望まれてない」と自己肯定感も下がり精神的に不安定になっているようです。 なにをしてもいくら頑張ろうとしても上手くいかず、生まれた意味がない、生きていく希望もないと思うほど絶望していました。 おそらくその少女の精神の不安定さは周囲に悟られてしまうほど大きくなっているのでしょう。 しかし少女は誰かに心配されたいわけでもなく、心配されることで他人に心配をさせてしまった、迷惑をかけたという思いだけが蓄積していきます。 そして「自然に笑えばいいのかな」と心配されまいと気を張った結果、更に追いつめられてしまいます。 「泣き止んだ鼓動」は心臓が止まったことを表しており、自らに追いつめられた果てに自殺を選んだのでしょう。 死の寸前、生まれ変わり次に目覚めたとき新たな人生を歩んでいくときはきっと笑えるはずという願いを込めて「オヤスミナサイ」と目を閉じ少女の人生は幕を閉じました。 間違いから生きていけなくなった少女のどこか悲しさを感じる『失敗作少女』。

次の