大川 隆 法 自宅。 「幸福の科学」大川隆法の息子/YouTuberの宏洋、教団とネット上で大論争へ

「幸福の科学」大川隆法の息子/YouTuberの宏洋、教団とネット上で大論争へ

大川 隆 法 自宅

《私、大川宏洋は2017年12月31日をもってニュースタープロダクションとのタレント契約を終了いたしました。 そして、宗教法人幸福の科学の職員も今月いっぱいで退職させていただくことになりました。 (中略)出来ることであれば、もっとニュースタープロダクションでの仕事を続けていきたかったです》 「宗教法人・幸福の科学」の総裁・大川隆法氏(61)の長男であり、副理事長も務めていた大川宏洋氏(28)。 1月1日に投稿されたInstagramの文面からは、無念さがにじみ出ていた。 教団の文化芸能方面を任されており、信者たちの人気も高かったのです」(幸福の科学の関係者) 今年初夏に公開予定の大川総裁製作総指揮の恋愛映画『さらば青春、されど青春。 』では主演も務めている。 ヒロインは昨年に出家宣言で話題になった女優・清水富美加(23、現・千眼美子)。 幸福の科学を離れることになった宏洋氏だが、これは追放同然の処分だという。 彼はInstagramを通じてこんな言葉も発信しているのだ。 《ニュースタープロダクションの皆様に、お別れのメッセージを贈らせていただきます。 もう会って話すことも難しいでしょうし、グループLINEもすぐ消されてしまう可能性があるので……》 宏洋氏の教団追放について、前出の幸福の科学関係者が語る。 「芸能事務所『ニュースタープロダクション』の経営について、大川総裁と宏洋氏が衝突したと聞いています。 きょう子さんに、大川総裁と宏洋氏の確執について話を聞いた。 「宏洋さんの幸福の科学退職については知りませんでした。 ただ母の立場で言えるのは、宏洋さんがとてもナイーブで芸術家肌の人間だということです。 仕事にも創意工夫をこらすタイプですし、それが余って、教団の枠からはみ出てしまったのだと思います」 さらに今回の確執について幸福の科学サイドの見解を聞くため、芸能事務所社長退任の理由などについての質問状を送った。 すると広報担当者が次のようなコメントを寄せてきたが、父子の関係などについては、ふれられていなかった。 《大川宏洋氏は、現在も幸福の科学職員という立場に変わりはありません。 また、大川宏洋氏は、今後も、初夏公開予定の映画「さらば青春、されど青春。 」の宣伝活動に参加されると聞いております》 だが、前出のきょう子さんは、こうも語っていた。 「幸福の科学では、総裁よりも目立ったり、メディアで取り上げられたりすると、教団をクビになるというジンクスがあるのです。 宏洋さんも、私たちの子供とは思えないほどのイケメンです。 更新日:2018年1月28日 提供元:.

次の

「幸福の科学」大川隆法の息子/YouTuberの宏洋、教団とネット上で大論争へ

大川 隆 法 自宅

幸福の科学グループ創始者 兼 総裁。 1956 昭和31 年7月7日、徳島県に生まれる。 東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。 81年、大悟し、人類救済の大いなる使命を持つ「」であることを自覚する。 86年、「幸福の科学」を設立。 信者は世界100カ国以上に広がっており、全国・全世界に精舎・支部精舎等を700カ所以上、布教所を約1万カ所展開している。 説法回数は3,150回を超え(うち英語説法150回以上、公開霊言・リーディング1000回以上)、また著作は31言語以上に翻訳され、発刊点数は全世界で2,650書を超える。 『太陽の法』 幸福の科学出版刊 をはじめとする著作の多くはベストセラー、ミリオンセラーとなっている。 また、映画、、、「奇跡との出会い。 ハッピー・サイエンス・ユニバーシティと学校法人 幸福の科学学園 中学校・高等学校 の創立者、幸福実現党創立者兼総裁、HS政経塾創立者兼名誉塾長、幸福の科学出版 株 創立者、ニュースター・プロダクション 株 会長、ARI Production 株 会長でもある。 幸福の科学は1986年、大川隆法総裁によって立宗されました。 立宗以来、真実の人生観に基づく「幸福」を広めるべく、活動を展開してきました。 人間は、肉体に魂が宿った霊的な存在であり、心こそがその本質であること。 私たちは、この世とあの世を何度も転生輪廻し、様々な人生経験を通して、自らの魂を成長させていく存在であること。 神仏が実在し、過去も現在も未来も、人類を導いているということ。 こうした霊的な真実を広め、人間にとっての本当の幸福を探求すると共に、神仏の願う平和で繁栄した世界を実現することこそ、幸福の科学の使命であり目的です。 その使命の実現のために、幸福の科学は、講演や書籍やメディアによる啓蒙活動や数々の社会貢献活動、さらには、政治や教育、国際事業にも取り組んでいます。 霊的な真実が忘れられ、宗教の価値が見失われている現代において、幸福の科学は宗教の可能性に挑戦し続けています。 幸福の科学グループ.

次の

大川隆法_百度百科

大川 隆 法 自宅

幸福の科学グループ創始者 兼 総裁。 1956 昭和31 年7月7日、徳島県に生まれる。 東京大学法学部卒業後、大手総合商社に入社し、ニューヨーク本社に勤務するかたわら、ニューヨーク市立大学大学院で国際金融論を学ぶ。 81年、大悟し、人類救済の大いなる使命を持つ「」であることを自覚する。 86年、「幸福の科学」を設立。 信者は世界100カ国以上に広がっており、全国・全世界に精舎・支部精舎等を700カ所以上、布教所を約1万カ所展開している。 説法回数は3,150回を超え(うち英語説法150回以上、公開霊言・リーディング1000回以上)、また著作は31言語以上に翻訳され、発刊点数は全世界で2,650書を超える。 『太陽の法』 幸福の科学出版刊 をはじめとする著作の多くはベストセラー、ミリオンセラーとなっている。 また、映画、、、「奇跡との出会い。 ハッピー・サイエンス・ユニバーシティと学校法人 幸福の科学学園 中学校・高等学校 の創立者、幸福実現党創立者兼総裁、HS政経塾創立者兼名誉塾長、幸福の科学出版 株 創立者、ニュースター・プロダクション 株 会長、ARI Production 株 会長でもある。 幸福の科学は1986年、大川隆法総裁によって立宗されました。 立宗以来、真実の人生観に基づく「幸福」を広めるべく、活動を展開してきました。 人間は、肉体に魂が宿った霊的な存在であり、心こそがその本質であること。 私たちは、この世とあの世を何度も転生輪廻し、様々な人生経験を通して、自らの魂を成長させていく存在であること。 神仏が実在し、過去も現在も未来も、人類を導いているということ。 こうした霊的な真実を広め、人間にとっての本当の幸福を探求すると共に、神仏の願う平和で繁栄した世界を実現することこそ、幸福の科学の使命であり目的です。 その使命の実現のために、幸福の科学は、講演や書籍やメディアによる啓蒙活動や数々の社会貢献活動、さらには、政治や教育、国際事業にも取り組んでいます。 霊的な真実が忘れられ、宗教の価値が見失われている現代において、幸福の科学は宗教の可能性に挑戦し続けています。 幸福の科学グループ.

次の