パニック 障害 原因。 堂本剛、パニック障害等の壮絶な人生に光一の支えとは

パニック障害の原因とは?脳の変化・家族の対応について|心療内科|メンタルクリニック・精神科,ひだまりこころクリニック

パニック 障害 原因

1. パニック障害とは? (1) パニック障害とは? パニック障害とは、精神障害の一つである不安障害の一つです。 人は地震や火事など、突発的な生命の危機を前にするとパニックを起こしがちです。 「心拍数が増え、血の気が引き、冷静に物事が考えられなくなる」「大声で叫びだしたいような気分に襲われる」「吐き気に襲われたり、実際に吐いてしまったりする」「じっとしていられなくなり、やみくもに走りだす」といった反応が、人がパニック状態に陥ったときの典型的な反応です。 こうした反応は体に備わった生き延びるためのプログラムなのですが、このようなパニック状態のような反応が、何でもないときに、命の危険がないのに突如訪れる、その1回1回は短時間なのに、数日を経たずにくり返されるのがパニック障害です。 【関連記事】 (2) パニック障害の原因 「図-パニック障害の原因」 パニック障害を含む不安障害は、以前は心理的な要因が主な原因であると考えられてきました。 しかし脳科学の発展に伴い、脳内の神経伝達物資系が関係する脳機能異常が主な原因だとする説が有力になってきています。 いずれにしてもその原因は十分に解明されているとは言えず、脳機能などの身体的な要因、心理的な要因、さらに社会的な要因が複雑に絡み合って起きると考えられています。 このことが脳機能の異常、つまり身体的な面がパニック障害の原因ではないかと考えられる大きな理由となっています。 というのも、恐怖感を司る、大脳辺縁系にある扁桃体を中心とした「恐怖神経回路」は、主にセロトニン神経によって制御されているからなのです。 たとえばパニック障害の中核症状の一つで、何の理由もなく突然起こる「パニック発作」は、実は以下のような心理的要因があるケースが多いと考えられています。 時代や環境によりものごとの受け止め方や考え方は変化します。 つまり、社会的要因は人間が作り出しているものと言い換えることもできるわけですが、それがパニック障害を含む不安障害の原因となっている面があると考えられているのです。 (3) パニック障害の患者数 パニック障害は、生涯に一度でもかかる方が一般人口の2~8%にも達すると言われており、うつ病などとともに最も発症することが多い精神疾患・精神障害と言えます。 1) 動悸がする、心拍数が極端に上がる 2) 汗が出て止まらない 3) 体が震える 4) 息切れする 5) 息苦しい、窒息する感じがする 6) 胸が痛い、胸苦しさがある 7) 吐き気、おなかの苦しさ 8) めまい、ふらつき 9) うずき 10) 感覚まひ、極端に冷たい感覚または逆に極端に熱い感覚 これらの身体症状は、「気が遠くなっていっていく」「死んでしまうのではないか」「自分がコントロールできない、変になるかもしれない」と感じられるほどの強い不安・恐怖と伴う発作です。 そのピークは10分以内に達しますが、仮に救急車で病院へ運ばれたとしても、その症状は病院に着いたころにはほとんどおさまっており、検査などでも特に異常は見られません。 しかし同様の発作が数日と経たずにくり返し起こります。 このような発作は他の不安障害・うつ病・統合失調症などにも見られる症状と言われていますが、パニック障害による「パニック発作」は、原因やきっかけなし、また、いつどこで起こるかわからない「予期しない発作であること」が特徴です。 このような不安を「予期不安」と言います。 また「心臓発作ではないか」などのように発作のことをあれこれ心配し続けたり、仮に口には出さなくても発作を心配して「仕事をやめる」などの行動上の変化がみられたりといったことも、「予期不安」に位置づけられます。 たとえば一人での外出すること・乗り物に乗ること・人混み・行列・橋の上・高速道路・美容院・病院・劇場・会議など、広場というより、行動の自由が制限されて、発作が起きたときすぐに逃げられない場所や状況に対する恐怖だと考えればわかりやすいでしょう。 パニック障害のある方は、このような「広場恐怖」を伴うことが多いとされていますが、伴わない場合もあります。 広場恐怖を伴うと、日常生活や仕事に支障を来す場合が多くなります。 (2) 過換気症候群との違い 過換気症候群とは文字通り、過度に呼吸をしてしまう状態、過呼吸の状態をくり返すことを言います。 何らかの原因で息を何回も激しく吸ったり吐いたりする過呼吸状態になると、血液中の炭酸ガス濃度が低くなります。 この結果、呼吸を司る呼吸中枢神経の働きにより呼吸が抑制されるため、ご本人は呼吸困難を感じるようになります。 また何度も呼吸するため、血液がアルカリ性に傾く・血管の収縮が起きる・手足のしびれや筋肉のけいれんや収縮が起きることになり、さらに過呼吸状態が酷くなるという悪循環の回路に陥るのです。 パニック障害との違いは、パニック障害が既に見てきた3つの症状があるのに対し、過換気症候群は不意に過呼吸状態になることが継続的に起きることです。 とはいえこの違いは非常に判別しにくい面があると言えます。 また仮に当初は過換気症候群だった場合でも、それを何度も経験すれば不安を感じるようになると考えられることから、パニック障害との違いはますますわかりにくいと言えます。 他にも過換気症候群とパニック障害とを併発している場合もあるとする考え方や、過換気症候群とパニック障害とはほぼ同じものだとする考え方もあります。 よって症状の軽減をはかる上でも、専門医の診断を受けることが大切だと言えるでしょう。 3. パニック障害と診断されたら 「図-パニック障害の治療方法」 パニック障害の治療は、薬物療法と認知行動療法の2つの治療を平行して行うことで、最も効果が高まると考えられています。 (1) 薬物療法 パニック障害ではパニック発作をなくすことが治療の一番の目標になります。 これには薬物療法が有効で、主に抗うつ薬のSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と、抗不安薬のベンゾジアゼピン誘導体(BZD)が用いられます。 SSRIとBZDには、それぞれに長所と短所があるため、それを補完し合いながら行う併用療法を行うのが一般的とされています。 また症状が良くなったとしても、投薬治療は継続、半年から1年程度経過してから、徐々に薬の量を減らしていくのが一般的な投薬治療方法です。 症状が良くなったからと言って自己判断で服薬を中止しまうことは再発を助長する可能性すらあるようです。 (2) 認知行動療法 以下のような認知行動療法もパニック障害の治療として有効とされています。 また効果が出ると薬物療法よりも再発リスクが少ないと考えられています。 少しずつ成功体験を積み重ねることによって不安をコントロールしていく治療法だ、と言い換えることもできるでしょう。 パニック障害の場合認知に歪みがあり、ネガティブな方向に解釈してしまうクセができてしまっていると考えられています。 つまり不安の予兆に対して最悪の事態を予測してしまうクセがついてしまっている状況と言い換えることができるわけです。 認知療法とはこの認知を矯正する方法です。 パニック障害に特有の予測してしまうクセを、「この不安は最悪の事態を無意識に予測して起きている。 しかし、最悪の自体は起こらない。 だから安心してよい。 そして時間が経てばこの症状も自然に治まる」などのように、言葉にして自分に言い聞かせることによって、認知の修正(=クセの修正)をしていくことになります。 (3) 経過(予後・治りやすさ) パニック障害は回復までに時間がかかりやすい、あるいは、慢性化しやすいと言われています。 その理由の一つに、発症から治療までにすでに長い時間が経ってしまっている場合が多いことがあげられます。 他にも病気に対する知識やその理解の低さから周囲のサポートを受けにくいことなども、慢性化しやすい理由の一つとして考えられます。 また、特にうつ病やアルコール・薬物依存などを併発している場合、症状が悪化、経過が長引くこともがわかっています。 このように、パニック障害は慢性化しやすい病気と言えるわけですが、問題はパニック障害の症状そのものだけではなく、パニック障害に伴う能力障害や機能障害が仕事や日常生活へ与える影響が大きい面にもあります。 このため症状をなくすことを目指すだけでなく、症状をコントロールしながら仕事や日常生活を送れるようになることを目指すことも大切だとも言えます。 4. パニック障害のある方を支援するにあたって大切なこと (1) パニック障害を理解する パニック障害はその症状の程度はともかく、「その症状について表現される状態」を多くの方が経験します。 たとえば極度の緊張状態のときに心拍数が増えたり汗をかいたりすること、息苦しさを感じたりすることは、多くの方が経験されるものでしょう。 また、内科的な検査を受けても異常が見つからないという特徴があります。 このため「気のせい」「気にしすぎ」「性格的なもの」などのようにみなされやすく、ご本人も、周囲の方も、病気だと気づかない場合が多くあります。 よってまずはパニック障害が精神障害の一つであるということの理解が必要になると言えるでしょう。 (2) 正しい診断と適切な治療を受けさせる もしかしたら・・・と思ったら、可能な限り早いタイミングで精神科や心療内科医の診察を受けることが大切です。 パニック障害はその原因で見たように、「心の弱さ」が原因で発症するわけではありません。 生命に関わるようなことが起きた時、多くの人がパニックに陥るのと同様、それと同様のことが不意に起こるのがパニック障害であり、脳機能の問題や環境などの要因が複雑に絡み合って発症するのです。 そして原因が複雑な病気だからこそ、正しい診断と適切な治療を受けることが大切とも言えます。 精神障害に対する誤った見方もあり、ご本人が専門医の診察を受けること自体に抵抗し、それを拒むケースも少なくありません。 ご本人を診察に向かわせるような働きかけが必要になる場合があるという意味でも、パニック障害の正しい理解は重要と言えます。 (3) 自分で不安をマネジメントする方法を身につける 不安マネジメントに有効な方法として、腹式呼吸、筋のこわばりを緩めるリラクゼーション法、ヨガ、音楽や香りなどを用いたリラックス法といったものがあります。 支援される方が一緒に行うなどしても良いのではないでしょうか。 ただ中には効果が疑われるようなものがあったり、腹式呼吸などは誤った方法で行うと肺呼吸となってしまい、過呼吸を助長するような面もあったりしますので、主治医に相談してから行うとより良いと言えるでしょう。 (4) 規則正しい生活と適度な運動 規則正しい生活の基本は、食事・睡眠・運動です。 規則正しい生活は、体内のリズムや自律神経系の働きを整え、免疫力を向上させます。 つまりバランスの取れた食事、十分で質の高い睡眠、適度な運動は、パニック障害をコントロールするうえでも有効な方法なのです。 (5) 嗜好品について コーヒーは、過剰摂取で不安を増強させる場合があると言われています。 またアルコールには不安を一時的に軽減する効果がありまが、その一方で耐性や依存を起こしやすい面があります。 また、一部の抗不安薬と併用すると副作用が増強し、危険な場合もあります。 いずれも、適量、ほどほどを大前提とすることが大切、ということになります。 ご本人がなかなかコントロールできないような場合、買い置きしないなどの工夫やサポートが必要とも言えるでしょう。 最後に パニック障害は患う方も多い精神疾患・精神障害の一つです。 パニック発作、予期不安、広場恐怖の3つをその特徴としています。 パニック障害の原因は、心の弱さというようなものではなく、脳機能の異常であることが有力視されています。 このことからも推察されるとおり、その回復には時間がかかりやすく、またその症状がまったく出なくなるわけでもないと考えられています。 一方で、規則正しい生活をすることや、症状などをコントロールする方法を身につけることで、生活へ影響を及ぼさないようにすることは可能であると考えられてもいます。 いわば「うまくつき合う方法を見つけること」がパニック障害の対策だという面があるということです。 なお、この記事に関連するおススメのサイトは下記の通りとなります。 ご参考までご確認ください。 mhlw. mhlw. mhlw. mhlw. nise. ncnp. jspn. php? jrs. php?

次の

パニック障害の原因(2)

パニック 障害 原因

このパニック障害の原因としてまず挙げられるのが、 やはり剛くんが幼い頃から人気が出て、芸能活動が忙しくなったこと。 入所は 2001年で12歳のときですから、 まだ小学生です。 実はこの以前から、堂本直宏の芸名で ドラマや映画・バラエティーに出演していたそうですが。 それから精神的な負担と自由な時間が欲しい という理由で活動を停止していました。 しかしそれから少ししてお姉さんが勝手に ジャニーズ事務所に履歴書を送ったのですが このとき私生活が充実していたことから、乗り気でなかったようです。 そのお姉さんや彼女の噂についてはこちらです。 剛くんの光一くんに対しての第一印象は 「真面目で、仲良くなれそうにない奴」 であったそうですが、話をしているうちにだんだんと心が通じ合ってきて、 それが直接的ではないかも知れませんが、最終的には入所を決断しました。 それからすぐに人気が出て、 しかも子役経験があることから ドラマや映画で 引っ張りダコとなりました。 これでは、芸能活動を停止した意味がなくなってしまったと思います。 1995年から1997年に放送されたテレビドラマ 『金田一少年の事件簿』では主演を演じ、人気は絶頂でした。 当時 「シャキーンシャキーン」 という効果音と見事なカメラワークのあとの 「犯人はお前だ!!」 という決め台詞が流行りました。 日常の些細なことに対して、しょうもない推理をする子たちも続出しました。 すげーイケメンです。 こりゃ人気出ますよねww 精神的な苦痛を感じる日々 しかしながら当時は高校生であるのにも拘らず、 ほとんど余裕のない生活を過ごしていたとのこと。 この当時を振り返り、剛くんはインタビューでこのように述べています。 「(~前略)でも僕、ほとんど記憶ないんです、もう。 しんどすぎて。 かわいそうやなと思うんですけど。 全然覚えてないんです。 自分が誰と会って何したかなんて。 忙しすぎて、ほとんど寝てないから。 当たり前よね。 しかしながらそれに反して人気はどんどん出て 仕事も入るので、こなすしかありません。 自分自身を押し殺しながらそれに応じているうちに、 どんどん精神的に蝕まれていった。 人は本来、苦手なことはできないはずなのに それを無理して、得意な人以上に対応していたわけですからね。 全国のテレビに出て、一挙手一投足が注目されるわけですから、 普通に考えてそのプレッシャーたるや、 中高生が普通経験することでもないでしょう。 1997年のCDデビュー 『硝子の少年』の際には過呼吸を発症し、 2003年5月の 「Dome F Concert」コンサート中には 体調不良で倒れてしまったそうです。 光一や音楽の支え このとき救ってくれたのは音楽、 そして相方である光一くんであると語っています。 18歳の頃からの5年間がもっとも辛い時期だったとして、 「もしこれらがなければ、自分はもうこの世にいないと思う」 とまで語っています。 どれほどまでに追い込まれていたかがよくわかる発言ですね。 光一くんは、 剛くんをよく観察しながら理解して、 彼が精神的に危なそうだと思えることは自分が担当したり また発作が出そうなときはフォローをしたりしていたようです。 この辺りは、本当に剛くんを思いやる気持ちがなければ タイミングとかがわかりませんからね。 私の印象としても光一くんは非常に思いやりのある人ですから、 間違いなく 人一倍の気遣いをしていただろうと思います。 ちょうど剛くんがもっとも辛かったであろう時期に 光一くんに対して書いた手紙があり、 それを番組内で読み上げたことがありました。 その内容については、こちらをご参照ください。

次の

パニック障害の原因(2)

パニック 障害 原因

パニック障害の症状 症状は人によって違いがありますが、 突然、動悸、過呼吸、息苦しさ、めまい、ふらつき、頭がフワッと浮く感じ、などの症状が出て、 何が起こったか分からず恐怖心に襲われ、その後しびれや震え、冷や汗が出てきて体に力が入らなくなる。 こういった感じの症状が出ます。 そして、最初に症状が出て以降 「またあのような発作が起こるのではないか?」という不安・恐怖が日常生活で度々出てくるようになり、個人差はありますが時々症状が出て、日常における活動範囲が狭まってしまったりします。 めまいや動悸、息苦しさなどの症状につきましては次のページをご参照ください。 パニック障害の状態 具体的には次のような状態になったりします。 人から誘いを受けた時、理由を作り上げて断るようになったりします。 例えば電車、飛行機、バス、エレベータ、美容室、外食、車、人の多い教室、映画館・ホールといった閉じられた空間を避けるようになる。 「うつ」に関する内容につきましては次のページをご参照ください。 原因について 概ねパニック症状を起こした人の共通点として、 症状が起こる前に不安、怒り・恐怖、緊張感、悲しみ、妬みなどを抱えるといった「ストレス」があった。 また栄養不足などで健康を害し、 ストレスの負荷に耐えられない状態になっていた、というものがあります。 ストレスのかかりやすい要素として、 人の目を意識し過ぎたり、真面目で繊細というような性格的なものがあります。 バランスの良い食事につきましては次のページの「バセドウ病の食事量と栄養バランス」部をご参照下さい。 タイトルにはバセドウ病とありますが、ここに書かれている栄養バランスの良い食事法に関しては全ての人共通になります。 パニック障害を引き起こす仕組み ではパニックの症状が起きやすくなる仕組みを順に記載していきます。 脳下垂体は内臓である副腎に恐怖に備えるよう通知を送ります。 副腎からアドレナリンが分泌されます。 アドレナリンは体を活発にします。 理由は人間の祖先は野獣に襲われる恐怖を抱いた時に、やっつけるか逃げるかしなければならず、その為に体が活動的になる必要がありました。 その名残が今も残っています。 そして筋肉も緊張状態になり、 より多くの酸素や糖分を必要とします。 すると血液中の酸素や糖分が不足がちになります。 そうなると動悸、息苦しさ、過呼吸、めまい、ふらつきなど様々な症状が出やすくなります。 糖分の過剰摂取もパニック障害になりやすくする 日頃から糖分を過剰摂取していると、糖を体中の細胞に届ける働きをしてくれているインスリンというホルモンがたくさん分泌される体質になります。 日頃からこの インスリンがたくさん分泌されるようになると、血液中の糖分が早く少なくなり、空腹を早く感じられるようになり、フラフラしやすくなります。 そして血液中の糖が少なくなると体に蓄えられている糖を血中に送ろうとして、この時に アドレナリンが出てきます。 すると動悸や過呼吸、不安といった症状が起きやすくなるという悪循環に陥りやすくなります。 インスリンが出なくなると、血液中の糖分が増え糖尿病になります。 糖尿病につきましては次のページをご参照ください。 食生活を正す パニック症状が起きにくい体を作ることが大切です。 体は食べ物から作られますので、しっかり食生活を正しましょう。 これはコーヒースプーンに6~7杯くらいの量になります。 Sponsored Link 自律神経の働きについては次のページをご参照下さい。 リラックス法を日々の生活に取り入れる 腹式呼吸、音楽を聴く、リラックスヨガ、アロマ、半身浴、瞑想、自律訓練法など世の中にはリラックスする方法が色々あります。 自分に合ったリラックス法を見つけ、毎日時間を作って行なうと良いです。 1日1回、心を落ち着かせることは日々の精神の安定に繋がります。 次のページにアロマを使ったリラックス法と複式呼吸法について記載していますので、ご参考にして頂ければと思います。 運動をする 運動がなぜ良いのかというお話をします。 日頃から体が緊張状態になっている場合は色々な症状が出やすい状態と言えます。 パニック症状を恐れていたりすると、体は緊張状態になります。 体を動かすとこの緊張状態がほぐれます。 すると症状は起きにくくなります。 そして何より運動を継続すると体は鍛えられ、 効率的に酸素が体中に運ばれるようになります。 こういったことからも酸素不足になりにくくなり、症状は起きにくくなります。 運動の種類としてはウォーキング、水泳、ジョギング、ダンス、縄跳び、自転車こぎ、ヨガなど色々あります。 体全体の筋肉の約80%を使い、負荷的にもちょうど良いウォーキングがお勧めですが、自分に合った運動を見つけられるといいでしょう。 運動量としては最初は無理なくできるところから始め、慣れてきたら徐々に増やし、週に3日以上、30分以上の有酸素運動ができるようになることを目標にすると良いかと思います。 ハード過ぎる運動は逆効果ですので、無理をし過ぎないよう注意して下さい。 運動で動悸が気になるかもしれませんが、問題ありません。 運動を続ければ逆に心拍数は少なくなっていき、動悸を感じにくくなっていくと思って頂ければと思います。 耳鳴り、便秘、下痢に関する内容につきましては次のページをご参照ください。 気持ちを明るくする努力をする 日常にストレス要因がある場合や、パニック症状への恐怖心などで定期的に心の平穏が崩されるかと思います。 その場合は何とか 意識的に気持ちを切り替えて明るい方向に心が動くよう努めましょう。 物事を常に楽観的に考えるのが良いです。 生きていれば様々なことがありますので、容易ではないことですが意識し続けることで1日の中で心が平穏である時間が増えていくでしょう。 何か考えると気持ちが楽しくなるようなネタを用意しておき、心がマイナスに働いた時はそのネタを使うのも一つです。 また日常で使う言葉も、できる限り前向きな肯定的な言葉を使うようにするといいです。 繰り返しになりますが、容易ではないことですので、 仮にできなかったとしても、決して「自分はダメだ!」などと思わず、また気持ちが落ち着いたら明るい気持ちになるよう意識してみればいいです。 この繰り返しが大切です。 楽しみをみつける パニック障害の症状をお持ちの方は 1日の中で症状のことを考える時間が多い傾向にあります。 人間には忘れるという能力が備わっています。 何かに没頭していると、他のことはあまり思い浮かばなくなります。 楽しく没頭できるものをたくさん持つ努力をしてみましょう。 パニック症状をお持ちの方は「楽しめるものが何も無い」とおっしゃる方が多いです。 少しでも興味を持ったこと、あるいは今は興味がないけれども昔興味のあったことなど、思いつくことは何でもやってみることをおすすめします。 そして面白くなければ、やめてしまえば良いです。 意外にこれはやってみると面白かったと思えるものが出てくるでしょう。 いくつか楽しめるものが出てくるとパニック症状はどんどんあなたから遠く離れていくことでしょう。 応援しています。 腰痛、しびれ、頭痛といった症状に関する内容は次のページをご参照ください。 仕事への考え方 パニック障害の方は定職につくのはかなり難易度が高いと考えられます。 このパニック障害は不安を感じる状況になればなるほど悪化する傾向にありますので、 不安を強く感じるような仕事を選ぶことは避けねばなりません。 しかし、全く緊張感がなく不安を感じないような仕事を見つけるのはなかなか難しいかもしれません。 パニック障害の方の中には就職活動中にこの事実を隠して就職する人も結構いるようです。 しかし、想像よりも仕事がきつかった場合はこの障害によって辞めることになってしまうこともあるでしょう。 できる限りそのような状況を避けるためにも、 仕事内容ではなく環境で仕事を選んだ方がいいと思われます。 たとえば、上司や同僚が自分の状況をしっかりと理解してくれるような職場とか、困ったときに相談する人がいるような環境が整っている職場に就職するなど、 仕事の内容よりも環境の良い職場づくりへの意識の高い企業への就職を考えてみるのが良いかと思います。 パニック障害につきましては次のサイトも参考にしてみて下さい。 MSDマニュアル 家庭版 最後に パニック障害で起きる症状としては動悸やめまい、過呼吸などがあります。 パニック障害の方は1回パニック症状が起きて以降、また症状が起きるのではないか?という恐怖や他の人になかなか話せないといった事から行動範囲が狭まってしまいがちになります。 パニック障害になる人は、症状を起こす前に強いストレスがあったり、栄養が不十分だったるする傾向があります。 また真面目で繊細な性格人が起きている傾向があります。 パニック障害を改善させる方法は食事を正す、リラックス法を見につける、運動する、気持ちを明るい状態になるよう努める、楽しみを見つけるといった項目があります。 パニック障害は治るものですので、前向きに日々お過ごし頂けたらと思います。 カテゴリー•

次の