神戸 ラーメン 第 いち 旭。 神戸で昔から愛されてるラーメン「神戸ラーメン第一旭」で食べる味噌ラーメン

これぞ!!神戸ラーメン 第一旭 三宮本店

神戸 ラーメン 第 いち 旭

概要 [ ] 神戸のラーメンにはこれといった統一した特徴は存在せず、さまざまな味やスタイルが混在している。 したがって「神戸ラーメン」は「神戸 のラーメン」と同義であり、それ以上でも以下でもない。 「神戸ラーメン」という言葉は、(アサヒフーズ)がにFC展開する際に名乗ったことで誕生した。 神戸市民の間では「」などと同じ単なる店名あるいは商標として捉えられており、「神戸ラーメン」というものが存在するという認識もない。 古くから神戸に存在するラーメンの特徴としては、次のようなものが挙げられる。 縮れのないストレート麺• 具材は(実際にはスープを取った後のゆで豚を用いることが多い)・・青を基本とする• やを主材とした旨みの強いスープ 歴史 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2010年1月) 本来の神戸のラーメン [ ] 頃までの神戸のラーメンは、豚の正肉などから取った無色透明の広東風清湯スープに、柔らかく縮れのないストレートな細麺(多くは平打ち)を合わせるというシンプルなスタイルであった。 具材としては、ゆでもやし・青ねぎ・(着色なし)が定番で、の人気も高かった。 神戸には戦前からが多数在住しており、また伝統的な食文化の面からも醤油味を好む関東とは異なり、塩ないしは薄口醤油を少量用いるのみで素材の味を生かした薄味の関西風が発達している。 現在も古くからの街の中華料理店で供されるラーメン(メニューでは 「中華そば」 「汁そば」と表記されることが多い)はほとんどがこのタイプであり、後述する濃厚で油っぽいラーメンの台頭後も中高年層や女性を中心に根強い人気を保っている。 第一旭の台頭 [ ] に、ののれん分けとして神戸に進出。 現在の神戸ラーメンの原点とも呼べる店である。 現在の感覚からすればあっさり系に分類されることもあるが、当時としては脂っこく濃厚な醤油味と食べ応えのある硬めの麺、山盛りのネギにスープを取った後の豚肉をスライスして用いることによるボリュームたっぷりのチャーシュー麺などが革新的な味として労働者や学生の間で評判となった。 もっこす以降 [ ] もっこす総本店 は、第一旭の味をベースに、同店の出身者が豚ガラや背油などを用いてさらに濃厚で若者向けに仕上げた第二世代の人気店である。 現在の神戸を代表する味として支持を集めているが、第一旭が持ち込んだ大量の薄切り煮豚と山盛りの青ネギというのスタイルはしっかりと継承されている。 より濃厚な味を求める嗜好の変化に伴う第一旭の衰退と共に、もっこすに代表される類似店がいくつか誕生しているが、その多くは基本的に第一旭の味とスタイルを継承・進化させたものである。 その意味では、今日言われる神戸ラーメンのルーツは京都の第一旭にある。 第一旭と、その流れを汲むもっこすやなどのカウンターには、揚げにんにく・おろしにんにく・にら唐辛子・ラー油など通常のトッピングに加え、短冊状に切った黄色いが置かれている。 これはを注文する人のためであるが、中にはたくあんをラーメンにトッピングとして投入する者もいるという。 地域別のラーメン屋 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2008年2月)• 周辺 三ノ宮駅周辺では数多くのラーメン専門店および中華料理店が営業しているが、・丸高・博多一風堂・ラーメン四天王など、他地域の有名ラーメンチェーン店も進出しているため、激戦区となっている。 丸萬・梅春園・丸玉食堂・淡水軒といった昔ながらの汁そばを提供する店や、サッポロラーメンの老舗・熊五郎なども健在である。 JR神戸線周辺 大倉山の中央図書館前には旧・第一旭の店舗を引き継いだもっこす総本店がある。 南京町にはやなどの入ったラーメンを300円程度の安値で食べさせる屋台がある。 これは南京街の再開発後に、観光客を対象に始まった形態である。 国道2号線 ・の沿いには多くのラーメン店が出店している。 戦前の札幌ラーメン(一般に認識されているとは異なる)の味を受け継ぐ竹家もこの地域にある。 その他の地域 貿易港として開けた神戸には昔から多くの華僑が定住しており、中華街として有名な南京町のみならず市内各地に有力な中華料理店が点在している。 住宅街の中にある一見普通の中華料理屋も、その多くは戦前から神戸に住む中国人の経営である。 こうした店で供されるラーメンは、いわゆる中華料理店で使われるガラスープ(汎用清湯スープ)をベースにしたものである。 当地のラーメンは、醤油の色が薄いスープであり、鶏ガラあるいは豚肉のだしでストレート麺を使う店が主流である。 関連項目 [ ]•

次の

神戸ラーメン 第一旭 三宮西店 (だいいちあさひ)

神戸 ラーメン 第 いち 旭

概要 [ ] 神戸のラーメンにはこれといった統一した特徴は存在せず、さまざまな味やスタイルが混在している。 したがって「神戸ラーメン」は「神戸 のラーメン」と同義であり、それ以上でも以下でもない。 「神戸ラーメン」という言葉は、(アサヒフーズ)がにFC展開する際に名乗ったことで誕生した。 神戸市民の間では「」などと同じ単なる店名あるいは商標として捉えられており、「神戸ラーメン」というものが存在するという認識もない。 古くから神戸に存在するラーメンの特徴としては、次のようなものが挙げられる。 縮れのないストレート麺• 具材は(実際にはスープを取った後のゆで豚を用いることが多い)・・青を基本とする• やを主材とした旨みの強いスープ 歴史 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2010年1月) 本来の神戸のラーメン [ ] 頃までの神戸のラーメンは、豚の正肉などから取った無色透明の広東風清湯スープに、柔らかく縮れのないストレートな細麺(多くは平打ち)を合わせるというシンプルなスタイルであった。 具材としては、ゆでもやし・青ねぎ・(着色なし)が定番で、の人気も高かった。 神戸には戦前からが多数在住しており、また伝統的な食文化の面からも醤油味を好む関東とは異なり、塩ないしは薄口醤油を少量用いるのみで素材の味を生かした薄味の関西風が発達している。 現在も古くからの街の中華料理店で供されるラーメン(メニューでは 「中華そば」 「汁そば」と表記されることが多い)はほとんどがこのタイプであり、後述する濃厚で油っぽいラーメンの台頭後も中高年層や女性を中心に根強い人気を保っている。 第一旭の台頭 [ ] に、ののれん分けとして神戸に進出。 現在の神戸ラーメンの原点とも呼べる店である。 現在の感覚からすればあっさり系に分類されることもあるが、当時としては脂っこく濃厚な醤油味と食べ応えのある硬めの麺、山盛りのネギにスープを取った後の豚肉をスライスして用いることによるボリュームたっぷりのチャーシュー麺などが革新的な味として労働者や学生の間で評判となった。 もっこす以降 [ ] もっこす総本店 は、第一旭の味をベースに、同店の出身者が豚ガラや背油などを用いてさらに濃厚で若者向けに仕上げた第二世代の人気店である。 現在の神戸を代表する味として支持を集めているが、第一旭が持ち込んだ大量の薄切り煮豚と山盛りの青ネギというのスタイルはしっかりと継承されている。 より濃厚な味を求める嗜好の変化に伴う第一旭の衰退と共に、もっこすに代表される類似店がいくつか誕生しているが、その多くは基本的に第一旭の味とスタイルを継承・進化させたものである。 その意味では、今日言われる神戸ラーメンのルーツは京都の第一旭にある。 第一旭と、その流れを汲むもっこすやなどのカウンターには、揚げにんにく・おろしにんにく・にら唐辛子・ラー油など通常のトッピングに加え、短冊状に切った黄色いが置かれている。 これはを注文する人のためであるが、中にはたくあんをラーメンにトッピングとして投入する者もいるという。 地域別のラーメン屋 [ ] この節にはが含まれているおそれがあります。 問題箇所をしして、記事の改善にご協力ください。 議論はを参照してください。 ( 2008年2月)• 周辺 三ノ宮駅周辺では数多くのラーメン専門店および中華料理店が営業しているが、・丸高・博多一風堂・ラーメン四天王など、他地域の有名ラーメンチェーン店も進出しているため、激戦区となっている。 丸萬・梅春園・丸玉食堂・淡水軒といった昔ながらの汁そばを提供する店や、サッポロラーメンの老舗・熊五郎なども健在である。 JR神戸線周辺 大倉山の中央図書館前には旧・第一旭の店舗を引き継いだもっこす総本店がある。 南京町にはやなどの入ったラーメンを300円程度の安値で食べさせる屋台がある。 これは南京街の再開発後に、観光客を対象に始まった形態である。 国道2号線 ・の沿いには多くのラーメン店が出店している。 戦前の札幌ラーメン(一般に認識されているとは異なる)の味を受け継ぐ竹家もこの地域にある。 その他の地域 貿易港として開けた神戸には昔から多くの華僑が定住しており、中華街として有名な南京町のみならず市内各地に有力な中華料理店が点在している。 住宅街の中にある一見普通の中華料理屋も、その多くは戦前から神戸に住む中国人の経営である。 こうした店で供されるラーメンは、いわゆる中華料理店で使われるガラスープ(汎用清湯スープ)をベースにしたものである。 当地のラーメンは、醤油の色が薄いスープであり、鶏ガラあるいは豚肉のだしでストレート麺を使う店が主流である。 関連項目 [ ]•

次の

神戸ラーメン 第一旭 三宮西店 (だいいちあさひ)

神戸 ラーメン 第 いち 旭

兵庫県の神戸でグルメを食べるならば、真っ先に思い浮かぶのが「神戸牛」であろう。 街を歩けばどこへ行っても牛・牛・牛。 全部ホンモノなのかと疑うほどの神戸牛の看板祭りだけに、ほとんどの人は「神戸牛」を連想するに違いない。 北海道や九州ならまだしも、そんな神戸で「グルメ=ラーメン」なんて方程式は、まず出てこないはずである。 ところが! 神戸は三ノ宮に、草食系にも肉食系にもなれる絶品ラーメンがあったのでご報告したい。 ・京都にある名店の暖簾分け 私(筆者)が訪れたのは、『神戸ラーメン第一旭』。 関西出身でラーメン好きの人であれば「どこかで聞いたことのあるような……」と思うかもしれない。 それもそのはず、ここは京都にある行列覚悟の人気ラーメン店の暖簾分けしたお店である。 ・半端ないコショウの量 ……と自信たっぷりに言ったはいいものの、九州出身の私はそんなこと露知らず。 「神戸ラーメン」というネーミングに驚き、とりあえず食べてみることにした次第だ。 オシャレな外観のお店に入り、Aラーメン(550円)と神戸っ子丼(500円)を注文した。 そして待つことしばし。 醤油ラーメンが到着し、中にはネギ、モヤシ、メンマが入っており、コショウがドバッとかけてある。 おやおや、これはヤバイものを頼んでしまったかな。 正直、そう思うくらいコショウの量がスゴかった。 だがしかし……! ・草食にも肉食にもなれる神戸ラーメン スープを飲み、麺をズズズッと食べてみると、これが驚くほどにおいしい。 シンプルなのにアッサリしているのがクセになる。 外見は肉食系なのに、中身は草食系ラーメンといったところだろうか。 スゴくイイ。 しかも、ここのラーメンはそれだけではないのが高ポイント。 というのも、テーブルに置いてあるニンニクをチョチョイと加えると、ラーメンが一気に肉食系へ変貌! パンチの効いた味も楽しむことができるのだ。 スープとの相性が成せるわざだろうか。 まるでカメレオンのように変化する上、どちらも絶品なのでぜひ試してみて欲しい。 ・神戸っ子丼 また、ラーメン以外に注文した神戸っ子丼はご飯にチャーシュー、ネギ、ノリ、生玉子入りといったもの。 中に隠れた玉子とチャーシューのコンボはおいしいが、ボリュームがあるので、ラーメン以外にもガッツリ食べたい人にオススメだ。 冒頭でお伝えしたように、ここは京都にある老舗の暖簾分け店。 食べてみて納得。 どうりでおいしい訳であった。 神戸を訪れた際、ラーメンが食べたくなったら『第一旭』へ迷わずGOだ。

次の