アンパンマン おしゃべり いっぱい ことば ず かん superdx。 【楽天市場】アンパンマン おしゃべりいっぱい ことばずかん スーパーデラックス(1個)【セガトイズ】[おもちゃ 遊具 知育玩具]:NetBabyWorld(ネットベビー)

アンパンマン おしゃべりいっぱいことばずかん Super DX タッチペン 修理

アンパンマン おしゃべり いっぱい ことば ず かん superdx

目次 「アンパンマンことばずかんSuperDX」のおすすめポイント 持ち運びしやすいサイズ サイズはB5のノートよりも少し大きいくらいです。 持っている絵本よりも少し大きく重いので、1歳過ぎの頃は両手で「よいしょ」と言いながら運んでいる姿が可愛かったです。 2歳を過ぎた今は、余裕で色々な場所に持ち運びしています。 実家への帰省などのときにも、持っていくのに邪魔にならないサイズです。 ペンが持てたら何歳からでも1人で遊ぶことができる 鉛筆よりもかなり太めなアンパンマンのペンを使って遊びます。 1歳4ヶ月頃でも一人で持てていました。 2歳頃にはこんな感じです。 ひとりで持ってきて、ひとりで遊んで、その辺に放置します。 遊び方もとってもカンタン。 ペンの電源を入れる 2歳になる頃から1人で電源を入れたりスリープ解除ができるようになりました。 「ことばずかん」を開く• 好きな絵をペンでタッチ! どこを触っても、何かしら反応がある!• 音が出る。 嬉しそう。 指でタッチしても音は出ません。 のりものや動物が好きになった 絵本と違って、 音が出るのがこのことばずかんの一番の特徴です。 たとえば、のりもののページでしんかんせんをタッチすると、アンパンマンの声で「しんかんせん」「ファーン(新幹線の音)」という音を聞くことができます。 また、動物も名前と鳴き声を聞くことができます。 毎日ことばずかんで名前と音を聞いていたので、電車やバス、動物の実物を見たときには一気にのりものや動物の虜になっていました。 長く遊べる 今の時点で1年くらい、ほぼ毎日遊んでいるのですが、 一向に飽きる気配はありません。 むしろ、知っていることが増えたので、これまで見向きもしなかったページにも食いつくようになりました。 二語文モードやクイズも含めてまだ、しばらく遊べそうです。 「アンパンマンことばずかんSuperDX」の残念ポイント アンパンマンのキャラを推しすぎた"重要ページ"にちょっとがっかり 商品名に「アンパンマン」って入っているくらいなので、当たり前なのですが、 アンパンマンのキャラクターがたくさん出てきます!アンパンマンが大好きな子にはたまらないと思います。 ただ、どうやら、うちの子はアンパンマンにあまり興味がない様子…。 そして、全部で25のカテゴリーに分類されているのですが、そのうちの1つに「ゆうえんち」というページがあります。 こんな感じです。 1ページまるごとキャラクター紹介のページなんですよね。 アンパンマン好きからするとたまらない、興味がない子は開かないページになってしまいます。 このページはまだ、キャラクターを知れるページ!として割り切れるのですが、最後の重要なページ「 あいうえおひょう」が…。 「あ」の部分をタッチすると、「アンパンマンのあ!」「い」の部分をタッチすると、「いちごちゃんのい!」という音が出ます。 これがすごく残念!「あ」の部分を押したら「あ!」だけで良かったのに〜。 ちなみにアンパンマンの絵の部分をタッチすると「アンパンマン!」という音が出ます。 どっちかだけで良かったのでは〜?? アルファベットのページでは、「A」の部分をタッチすると、「A!」りんごの絵の部分をタッチすると、「Apple!りんごのことだよ」という音が出ます。 「あいうえおひょう」も「アルファベット」のような感じだったら、もっと良かったなぁ、とひらがなに少しずつ興味を持ち始めた頃に感じました。 同じような商品でディズニーのものもあります。

次の

アンパンマン ことばずかん

アンパンマン おしゃべり いっぱい ことば ず かん superdx

どんなことができるの? 『ことばずかんSuperDX』を簡単に説明すると… 図鑑の絵をペンでタッチするだけで、アンパンマンのキャラクターたちがことばを教えてくれるという知育玩具です。 今の玩具ってすごいですよね。 娘が2歳になってからは二語文モードが大活躍しています。 おしゃべりの数はトータルで2200種類以上あります。 動物、乗り物、季節行事、挨拶、色形、あいうえお等、様々なテーマが全53ページ。 テーマが普段の生活に関わることばかりなので、 言葉を覚え始める頃~6歳頃まで活躍してくれることでしょう。 つまみ部分が小さく少し力が必要なので、小さなお子さんの場合は大人のサポートが必要です。 どうしても途中飽きてしまうこともあるので、こういうクイズがあると気分転換になって良いですよね。 『アンパンマン おしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDX』を使用している人の口コミはどんな感じ? 『ことばずかんSuperDX』を使用している方の口コミには、どのようなものがあるのでしょうか? 2歳の誕生日プレゼントとして購入しました。 アンパンマンが大好きなので大喜びで毎日遊んでいます。 キャラクターのマネをして発音してくれるのでこちらも楽しいです。 引用元:楽天みんなのレビュー 知育おもちゃの中で一番購入して良かったと思える商品です。 日本語だけでなくネイティブの英単語、日本語は二語文まで話してくれるモードがあるのがとても良いです。 レビューの評価が低い方のコメントを確認してみると、「発送」「ラッピング」など店舗に対する評価が主なもののようです。 お気づきになった方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「定価」ではなく「希望小売価格」なので、販売店によって差があります。 しかも、けっこう違います 笑 個人的な見解ですが、 店舗よりもネットショップで購入する方が安い傾向があります。 ネットショップの中でも、ラッピング有・無によっても値段が若干違ってきます。

次の

アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDXのレビュー│エムナラ

アンパンマン おしゃべり いっぱい ことば ず かん superdx

Contents• アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDXのはどんなおもちゃ? 箱が大きくてもらったときは驚きました みんなが大好きなアンパンマンのタッチペンで、イラストをタッチすると音声で教えてくれる知育玩具です! 2017年の日本おもちゃ大賞エデュケーショナル・トイ(知育玩具)部門で大賞を受賞しており、2010年の販売開始から110万台を超えるミリオンセラーのおもちゃです。 収録されているおしゃべりは2200種類と日常的に使いそうな言葉はほぼカバーできそうなボリューム感で、このうち英単語が700語と二語文 絵本を読む、赤い傘など が350文! クイズ形式でモノやコトの名前を覚えたり、挨拶や友達とのコミュニケーションの仕方を学べたり、英単語はネイティブの発音を聞くことができます。 アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDXと類似商品との比較 アンパンマン避けていた我が家は、兄夫婦にリクエストする前に類似商品も調べていました。 タカラトミーのディズニーやベネッセのシンプルなもの、内容を比較してアンパンマンに落ち着いたわけですが比べてみるとこんな感じです。 商品名 アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんsuperDX ことばがいっぱい!マジカルずかんプレミアムDX おしゃべりことばのずかん メーカー セガトイズ タカラトミー ベネッセ 収録数 日本語1400語以上、英語800語以上、二語文350種類以上 日本語1100語以上、英語950語以上、キャラクターボイス280種類以上 日本語・英語633語 ページ数 53ページ 39ページ 52ページ 特徴 クイズモード ポスター付き 日本語英語モード ポスター付き ポスター付き 価格 楽天最安値 6520円 7480円 4298円 収録されている言葉が多いこと、二語文モードがあることが決め手でしたが、今考えるとアンパンマンのキャラクターが余裕で100人くらい登場してそうなので、実際は、、、笑 結果として娘がとても気に入っているのでよかったです。 アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDXが1歳にもおすすめな理由 どこを触っても反応がある おもちゃの遊び方を理解していなくてもペン先でどこかに触れたら音が出るというのは1歳2ヶ月のむすめも理解して遊んでいます。 表紙や目次もタッチすると何かしらの反応があるので、直感的に遊び方をマスターできるのはさすがです。 写真ではなくて全てイラスト 図鑑は全て写真ではなく単純化されたイラストです。 写真か実物のような精密なイラストの方が正しい知識がつくんじゃないかと考えていましたが、小さな子どもには情報量が多すぎて処理しきれないと聞きました。 子どもが単純化されている絵本やキャラクターに興味を持つ様子を見て納得の説だったので、初めての図鑑は子どもが自ら興味を持ちやすいイラストがふんだんなこの図鑑をおすすめします。 登場する単語の幅 日常的な子どもとの会話の中で出てくる言葉ってそう多くはなくて、親が意識的に働きかけないと新しい言葉を覚える機会を逃してしまいます。 絵本や幼児向けのテレビなどでも学ぶ機会はありますが、この図鑑の圧倒的な収録単語の多さは単純に子どもが新しい言葉に触れる機会を増やせるんです。 1歳なので言葉として話すのはまだ先ですが、大人の話している内容を理解している様子から、語彙が確実に増えている様子が伺えます。 持ち歩きもできるので何気なくタッチしして知ったものの名前を実物と照らし合わせるという、図鑑発信で言葉の理解を深めていくこともできます。 握りやすいタッチペン・破れにくいページ 1歳くらいだと力加減が下手くそです。 小さい手でもしっかりと握れるほどよい太さのペンで、タッチしやすいように握らせてあげるとあとは子どもの好きなように遊べます。 ページはリングノートのような作りになっていますがラミネートされた丈夫な紙なので、多少乱暴にめくってもいまのところ破れたり折れ曲がったりしていません。 持ち運びできるハンドル付き ペンを収納し持ち歩ける仕様になっています。 実はまだ持ち歩いたことはないのですが、これから少しずつ一人で遊べるようになってきたら移動中のおもちゃにもぴったりだし、何より図鑑で見ているものと実物を照らし合わせて見られるのを楽しみにしています。 例えば図鑑で予習をしてから水族館など行って、実物と見比べてみたり! 持ち歩けることで使い方の幅も広がりますよね。 アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDXで1歳ができること 1歳ちょうど 初めて触れた日はとにかくアンパンマンの形をしたタッチペンを握りしめて離さず、スイッチを入れて音が鳴ろうものなら、大喜びで体を揺らしていました。 自分でタッチすることはまだ難しく、見本を見せようとペンを受け取ろうとしてもまあ離さないので、『コンサートホールで演奏会』のページでアンパンマンのテーマ曲を流して楽しみました。 音楽はアンパンマンのマーチ、ゆうきりんりん、アンパンマン体操の3種類で歌詞は入っていませんが子どもはとっても気に入っていました。 1歳2ヶ月現在 ペンを握らせると上手にページにタッチすることができています。 動物や楽器は名前の後に鳴き声や音がなるので気に入ってタッチしていますが、これはなんだろう?と興味を持ってタッチしたり、モノの名前が知れて楽しいというところに行き着くにはもう少し時間がかかりそうです。 アンパンマンおしゃべりいっぱい!ことばずかんSuperDXの気になるところ マイナーなキャラがたくさん出てくる とにかくアンパンマンのキャラクターがたくさん出てきます。 むすめはアンパンマンのアニメは見たことがなく、お菓子のパッケージや児童館にあるおもちゃなどでしか触れる機会がありません。 ひらがな一覧がアンパンマンに登場するキャラクターなんですが、全然知らないマイナーなキャラクターばっかりででした。 日常的に使える単語だったらもっと良かったなというのが正直なところです。 電池の減りが早い? 電池の減りが早いというレビューもみかけましたが、使いはじめてから2ヶ月でまだ電池交換していません。 年齢的にも長く集中して遊ぶという感じではないので、これからたくさん使うようになったら頻繁に交換が必要になるのかもしれないですね。 アンパンマンおしゃべりいっぱいことばずかん!SuperDXを一歳が実際に使ったまとめ.

次の