とくダネ 伊藤 アナ 休み。 笠井アナがバカすぎ!とくダネ降板しろと言われるのはなぜ?伊藤利尋アナとの関係は!?

山崎夕貴とくダネ休みの理由は?代役やフリー転身が気になる!

とくダネ 伊藤 アナ 休み

『とくダネ!』公式サイト フジテレビ系『とくダネ!』でサブMCを務める伊藤利尋アナウンサーが、専業主婦を卑下するような発言をしたとして、大炎上している。 その一つとして、専業主婦の妻からプレゼントを渡された夫が、「俺のお金で買ったんだよね?」と言い放ったというエピソードが紹介された。 この夫の発言に対し、山崎夕貴アナウンサーは「最悪! 最低! 最低ですよね、これ」と激怒。 小倉智昭も「これは絶対言っちゃダメ。 働いてなくてもそれだけのことはやってるんだから、家庭で」と妻の気持ちを理解していた。 しかし、伊藤は「いやいや、でも、そうなんでしょ? そうなんですよね? 実際、俺のお金なんでしょ? ですよね?」「高い物を買われちゃうと、ちょっと、なんかねえ……」と夫側に共感するような発言を連発。 これに共演者から反論意見が飛ぶと、「ちょっと待ってください。 僕が言ったんじゃないです。 つい言っちゃったんだろうなって……」と弁明していた。 ネット上では、「伊藤アナの奥さんと子どもがかわいそう」「まだこんなこと言ってる人いるんだ」「俺様が食わしてやってるって思っちゃってるんだろうな」「本音が出ちゃったね」「モラハラ臭がプンプンする」といった声が相次いでいる。 なお、伊藤は6年の交際をへて、2004年に1歳年下の一般女性と結婚。 現在は2児の父親だという。 「伊藤の発言に不快感を示す女性視聴者が続出。 これまで伊藤アナの好感度は高く、オリコンが発表している『好きな男性アナウンサーランキング』でも、フジで唯一の上位常連だった。 しかし、多くの女性を敵に回したことで、好感度は駄々下がり中です」(記者) ふと、時代錯誤な一面が露呈してしまった伊藤。 今後、挽回できるだろうか?.

次の

伊藤利尋アナ『とくダネ!』MC加入で小倉智昭は降板へ? 視聴率低迷でモーニングショー、スッキリに抜かれ…

とくダネ 伊藤 アナ 休み

『とくダネ!』公式ホームページより 4月の改編で大きくリニューアルした、フジテレビ朝のワイドショー『とくダネ!』。 実力派として知られる伊藤利尋アナウンサーと、人気バグツンの山崎夕貴アナを新たに起用し、番組史上最強といってもいい布陣が敷かれたことが話題だが、そんな中、一人どうにも腰の落ち着きどころが見当たらないのが、1999年の番組開始からレギュラー出演をしている、笠井信輔アナである。 「番組の顔の一人であることは間違いなく、小倉智昭が海外取材や長期の休みをとった際には、MCを務めてきたことを見ても、次期MC候補のナンバーワンと周囲も本人も思っていたに違いありません。 しかし、今回、フジは非情にも、8期も後輩の伊藤アナを新たに司会者の一人として起用。 これは、勇退が時間の問題といわれる小倉の後継者として指名されたようなもの。 今後、笠井アナにお鉢が回ってくる可能性は、ゼロになりました」(番組関係者) 笠井アナは「ニュースデスク」として出演を続けているが、 「アンカー役の伊藤アナがいますから、笠井アナの必要性はほとんどありません。 役割的にもそうだし、画面的なことを考えても、朝から、小倉、伊藤とともに、おじさんの顔が3つ並ぶことには、何のプラスもないでしょう。 完全にダブついています」(同前) ニュースデスク以外に、笠井アナに与えられた仕事に、山崎アナ担当の新コーナー「NEWSヤマサキ調べました」のアシスタント役があるが、こちらも評判はよろしくない。 「『とくダネ!』にまだ慣れず、プレッシャーを感じていることがありありの山崎アナが見せる、新人アナに戻ったかのような表情が初々しくていいのに、そこに笠井アナが大声でカットインしてきてニュースの解説を行うので、せっかくの山崎アナの見せ場が台無しです」(女子アナウォッチャー) 笠井アナは、番組開始当初から『とくダネ!』一筋。 ニュースデスクとして、毎朝、3時半に出社して番組で取り扱うニュースの選定や原稿の作成なども行っており、制作スタッフとしての貢献度もあるようで、周囲からは「もう裏方に徹した方がいいのでは」といった声も聞こえてくる。 笠井アナは、なぜ、こんなことになってしまったのか。 「局の看板番組を任せられるだけの信頼を上層部から得られていない、ということ以外にないでしょう。 笠井アナは、そもそも天然で空気が読めない上に、87年のバブル期入社でフジの浮かれた時代をまだ引きずっている、フジの現在の低迷を象徴するような存在。 金メダルを獲得した、スピードスケート女子団体パシュートの勝因の解説の中で、3人の息をピッタリ合わせることが大事だという話になると、笠井アナは、わざわざカットインしてきて、得意満面、こう言ったのだ。

次の

伊藤利尋

とくダネ 伊藤 アナ 休み

内容は3月の末で仮設住宅から強制的に移動させられる被災者へのインタビューだったのですが、問題視されたのは、笠井アナのありえない行動だったのです。 仮設住宅のインタビュー時は雨が降っていたのですが、笠井アナはずぶ濡れの状態でしかもノックもせずにドアを開けて入り込んだのです。 想像してみてください!人様の自宅に濡れたままの状態で、室内を汚しながら入ってこられたら許せますか? 調子に乗っているのか!配慮が足りない!と言いますか、「人としてどう?」と思ってしまします。 私の子供でも友達の家にお邪魔する時はちゃんと礼儀を守ってますよ。 笠井アナはアナウンサーという立派な仕事をしているちゃんとした大人なのに、こんな常識のない行動は「バカすぎ」といわれるのも仕方ありません。 スポンサーリンク 笠井アナがとくダネ降板しろと言われるのはなぜ? 笠井アナが「とくダネ降板しろ」と言われるのは、上で紹介したバカすぎる行動だけではありませんでした。 東日本大震災の直後の取材である家族に密着した時のことでした。 濡れた車の中にある遺体を発見したのですが. なんとそのままインタビューを続けたというのです。 当時の状況を考えますと非常識!傲慢すぎやしませんか!芸能人の恋愛のスクープではないのですから、もっと考えてから行動すべきでは? 笠井アナは阪神淡路大震災の時のヘリコプター内での報道でも、はしゃいでいると思えるような態度をとっていたようです。 ただでさえ笑っているような顔されてるのだから、「直撃LIVEグッディ!」の安藤優子さんを真似したらどうですか?安藤優子さんなんか面白い話題でも神妙な表情されてますからね。 スポンサーリンク 笠井アナと伊藤利尋アナとの関係は!? 「みんなのニュース」の司会を務めていた伊藤利尋アナが「とくダネ!」のレギュラーに決まり1年以上経ちましたが、当時心配されていたのは笠井アナと伊藤利尋アナの関係性でした。 伊藤利尋アナは「アミーゴ」の愛称で親しまれている人気アナウンサーです。 「めざましテレビ」はもちろんバラエティー番組やスポーツの実況中継などで大・大活躍です。 笠井アナは1987年入社・伊藤利尋アナは1995年入社と笠井アナは8期先輩にあたります。 2018年の4月に伊藤利尋アナが「とくダネ!」で小倉智昭さんと共に司会を務めることになった時はさすがにスタッフの間でもざわついたようです。 番組関係者の意見では伊藤利尋アナに対しては、 「とっさの判断が的確で、場の空気をよんで緩急をつけたコメントができると社内でも引っ張りだこです。 (先輩後輩の関係もあるでしょうし)二人は難しい関係とは言えるでしょう。 スポンサーリンク.

次の