いとこの子。 「いとこ・はとこ・またいとこ」の違いは?家系図で見る親族の呼び名

いとこの香典の相場はいくら包めばいいの?いとこの香典の金額は?

いとこの子

いとこ婚とは? いとこ婚とは、 いとこ同士で結婚することです。 いとこは、自分からみて親の兄弟姉妹の子供です。 いとこ婚は、ある人物の孫同士で結婚するということになります。 いとこ婚に関わる法律 民法734条は、 「直系血族又は三親等内の傍系血族」との間の婚姻を禁止しています。 ・直系血族…父母、祖父母、曾祖父母、高祖父母…や、子、孫、曾孫、玄孫…など自分と直系の関係にある人。 ・ 傍系血族…兄弟姉妹、おじ、おば、甥、姪、いとこ…などで、同じ祖先から分かれ出た人。 ・一親等…「父母」「子」 ・二親等…「祖父母」「孫」「兄弟姉妹」 ・三親等…「曽祖父母」「ひ孫」「おじ・おば」「甥姪」 ・ 四親等…「高祖父母」「玄孫」「大おじ・大おば」 「いとこ」「甥姪の子」 つまり、 傍系血族であり、四親等であるいとこと結婚することは、法律で認められています。 いとこ同士の結婚のメリット、デメリット なかなか聞きなれない上に、少し違和感を抱く人も多いいとこ婚ですが、メリットもあるようです。 特に大きいのは、 親戚付き合いの負担が少ないことです。 元々両家が親族関係であるため、新たな関係性を築く必要がなく、通常の親戚付き合いよりも少ない負担でトラブルなく済むケースが多いようです。 義父母がおじやおばといった気心の知れた人であることで、 嫁姑問題も起こりづらいと言えるでしょう。 遺産相続の際などに同じ親類同士であれば財産が分散しづらく、遺産争いに発展しづらい面もメリットの一つです。 逆にデメリットとしては、生活がうまくいかず万が一離婚してしまった場合でも、親族という関係には変わりなく、ぎくしゃくしてしまう可能性も高いことが挙げられます。 また、いとこ婚は法的に認められているとはいえ、めったにないことであり、 偏見や差別を受けてしまうことも往々にあるようです。 いとこ婚のイメージや実態 いとこ婚は歴史上、世界的にみても 多くの貴族や王族で行われてきました。 移動手段も少なく、狭い地域で同じような身分の中で結婚相手を探さないといけないという背景もあり、一般庶民の間でもいとこ婚が頻繁に行われていたようです。 しかし、現在はいとこ婚は身近とは言い難いのが現状です。 いとこ同士で結婚できることを知らない人もいるので 違和感を抱く人も少なくありません。 いとこ夫婦の子供は障害のリスクがあるか? 血縁関係が近い夫婦の間に子供ができた場合、遺伝子が類似していることから 障害児の子どもが生まれる可能性が高くなります。 日本で三親等以内の結婚が法律で認められていないのも、近親者同士が結婚した場合、障害児や奇形児が生まれる可能性が高いためです。 いとこ婚で生まれた子供の障害の可能性については、さまざまな意見やデータが存在しますが、血縁関係がない夫婦の間に生まれた子供と比べ、いとこ婚の夫婦の間に生まれた子供のほうが何らかの奇形や障害を持って生まれる可能性が倍あるというデータもあるようです。 いとこ同士で結婚した有名人 いとこ婚は非常に珍しいことなのであまりピンとこない方も多いかもしれませんが、意外と多いいとこ同士で結婚した有名人を紹介したいと思います。 現在の有名人でいとこ婚をした人物といえば 菅直人元首相です。 菅氏は周囲の反対を押し切っていとこと結婚しました。 政治家でいうと他にも現在の総理大臣・安倍晋三氏の祖父、 岸信介元首相、その兄の 佐藤栄作元首相もいとこ婚です。 また、新一万円札に採用された 渋沢栄一もいとこ同士で結婚しました。 相対性理論で有名な物理学者 アルベルト・アインシュタインもいとこと結婚をしています。 まとめ 現在はあまり身近ではないいとこ婚ですが、法律上は認められており、メリットがあるのも事実です。 しかし、少数派であるがゆえに偏見やタブー視している人も少なくありません。 いとことの結婚を考えている人は、子供が生まれたときのリスクなど含め、ネガティブな面も考慮しながら、自分の考えをしっかり持ち慎重にすすめる必要がありそうです。

次の

いとこの子供のご祝儀の相場は?欠席する場合の結婚祝いの金額は?

いとこの子

「いとこ」とは何? 「いとこの子供」の名前に触れる前に、まずは「いとこ」の定義についてご紹介します。 一言に「いとこ」と言っても、様々な定義があるからです。 最も簡潔に説明すると、いとことは父母の兄弟である伯父(叔父)や伯母(叔母)の子供です。 さらに詳しく言うと、次のような説明ができます。 いとこの定義 いとことは何か、それを詳しく説明していくと下記の通りです。 父親と母親の祖父母から見て「孫」に当たる者から、自分と自分の兄弟姉妹を除いた者同士の関係。 同じ祖父母を持つ者同士の関係。 父母がそれぞれに兄弟や姉妹の関係にある時の子供同士の関係。 いとこの父親か母親のいずれかが、自分の父親か母親と兄弟姉妹の関係がある。 自分の子供との続柄が「甥」や「姪」である場合の関係。 自分の親にとっての「甥」と「姪」は自分のいとこ。 伯父(叔父)や伯母(叔母)の子供。 ただ注意したいのは、伯父(叔父)や伯母(叔母)の子供でも、母親と父方の伯父(叔父)との間に生まれた子供、そして父親と伯母(叔母)の間に生まれた子供は「異父母兄弟姉妹(いふぼけいていしまい)」と呼びます。 いとこにとって、2組いる祖父母の内、いずれか1組が自分にとっても「血縁関係」のある祖父母であること。 「いとこ同士」と呼べるのは、それぞれが「兄弟姉妹の子供同士」に当たる関係の場合。 ひと組の夫婦にとって「外孫(そとまご)」と「内孫(うちまご)」との関係を「いとこ」と呼ぶ。 自分と「4親等」の血縁関係である血族。 いとこの定義は、ほぼ以上です。 これ以外に、いとこを「父方いとこ」と「母方いとこ」の二つに分けていう言い方もあるので覚えておくと良いでしょう。 「父方いとこ」とは、父親の甥と姪• 「母方いとこ」とは、母親の甥と姪 いとこについては、これ以外にも 「義理のいとこ」と呼ぶ関係が発生します。 どんな場合かというと、自分や自分の近親者の結婚や「養子縁組」に伴って発生する関係です。 義理のいとこは、家系図上は自分と同じ世代に位置付けられますが、親子ほどの年齢差が見られる場合もあるようです。 いとこの表記 次にいとこの漢字表記についてご説明します。 いとこは性別や年齢の違いによって「従兄」「従弟」・「従姉」「従妹」と表記上の区別が付いています。 親族上の区分 表記 読み方 詳しい関係 いとこ 従兄 じゅうけい 年上の、男のいとこ 従弟 じゅうてい 年下の、男のいとこ 従姉 じゅうし 年上の、女のいとこ 従妹 じゅうまい 年下の、女のいとこ このように、同じ「いとこ」を意味する言葉でありながら、厳密な言い分け方や表記上の区分もあるので注意が必要です。 いとこの子供とは 「いとこの子供の呼び方」とは いとことは何かについて詳しくご説明してきました。 さて、このいとこの子供が、一般的には「従甥(じゅうせい)」或いは「従姪(じゅうてつ)」と呼ばれています。 さらに詳しく説明すると下記の通りです。 いとこの子供の呼び方「男の子の場合」 男の子、すなわち いとこの息子の場合は「従甥」と表記して「じゅうせい」若しくは「いとこおい」と呼んでいます。 或いは「従兄弟違」と表記し、「いとこちがい」と呼ぶことも可能です。 いとこの子供の呼び方「女の子の場合」 いとこの子供の内で女の子、すなわち「娘」の事を 「従姪」と表記して「じゅうてつ」或いは「いとこめい」と呼んでいます。 または「従姉妹違」と漢字で書いて「いとこちがい」と読む場合もあります。 いとこの子供をまとめて呼ぶと いとこの子供は男女によって呼び方が違うことをご説明しました。 しかし、まとめて呼ぶ場合も見られます。 息子、娘関係なく(男女の区別を付けずに)呼ぶ場合は「従甥姪」と表記します。 呼び方は「じゅうせいてつ」若しくは「いとこおいめい」です。 いとこの子供から見た自分の呼び方 さて、いとこの子供の呼び方が「従甥(じゅうせい・いとこおい)」、「従姪(じゅうてつ・いとこめい)」であることは、前章でご説明した通りです。 それではいとこの子供からみた自分の呼び方は、一体どう表記し、何と呼んでもらえば良いのでしょう? その答えは、 「従兄弟違」若しくは「従姉妹違」と表記され、「いとこちがい」と呼んでいます。 さらに厳密に言うと、男性であれば 「従兄弟伯父(いとこおじ)」、女性であれば「従姉妹伯母(いとこおば)」とそれぞれ別々に呼ぶことも可能です。 いとこの子供にとって「自分」とは、父や母のいとこです。 系図で見ると遠い存在のようにも感じますが、いとこの子供は自分から見れば5親等の血族。 言い換えると、いとこの子供は、民法上に定義されている「6親等内の親族」です。 まとめ 「いとこの子供の名前」をご説明するために、「いとことは何か」、「いとこ同士の様々な関係とは」等についてご紹介してきました。 ご理解頂けましたでしょうか? 因みに余談ですが、いとこの子供と自分とは結婚できます。 民法第734条の条文には、近親婚の「禁止事項」が次の通り記載されています。 「民法第734条」 直系血族又は三親等内の傍系血族間では、婚姻することができない。 いとこの子供が5親等であることはご説明した通りです。 従って、自分といとこの子供とは結婚することができます。 親族でありながらも、法律上は婚姻が許可されている、「近くて遠い親族」がいとこの子供というわけです。

次の

いとこの子供はなんと呼ぶ?意外と知らない親族呼称

いとこの子

親族とは? 親族というと、一般的には、親戚とほぼ同じ意味で、親戚よりも少し硬い言い方というような位置づけでしょう。 この点、 親族に含まれる人の範囲は、民法で明確に定義されていて、法律用語ではなく範囲が曖昧な親戚とは異なります。 親族について、民法では、次のように定められています。 第725条 次に掲げる者は、親族とする。 一 六親等内の血族 二 配偶者 三 三親等内の姻族 これら3つのいずれかに該当する関係の人は、法的な意味で親族であり、 いずれにも該当しない人は法的には親族ではないということになります。 したがって、親族の範囲を知るためには、「六親等内の血族」、「配偶者」、「三親等内の姻族」のそれぞれの意味を理解しなければなりません。 血族・姻族とは? 血族と姻族という言葉が出てきたので、まず、この点から説明します。 血族とは、血縁関係にある人のことですが、これには、生物学上の血縁だけでなく、 養子縁組による法律上の血族も含まれます。 姻族とは、配偶者(夫または妻)の血族と、血族の配偶者のことです。 配偶者の血族の配偶者は姻族には含まれません。 親等とは? 「六親等内の血族」と「三親等内の姻族」と、親等という言葉が2回も出てきました。 親等(しんとう)とは、親族関係の法的な遠近を表す単位のことです。 親等が小さければ法的に近い親族関係であるということが言え、親等が大きければ法的に遠い親族関係であるということが言えます。 親等は、親子関係を経るごとに1親等を加えて数えます。 例えば、父母や子は1親等です。 祖父母は、親の親なので、2親等です。 孫は、子の子なので、2親等です。 兄弟姉妹は、親の子なので、2親等です。 伯叔父母(伯父(親の兄)、叔父(親の弟)、伯母(親の姉)、叔母(親の妹)の総称。 要するに「おじ」「おば」のこと。 )は、親の親の子なので、3親等です。 なお、親等を素早く数えるには、兄弟姉妹は2親等と覚えておくとよいでしょう。 先ほどの例では、伯叔父母(おじ・おば)の親等を数えるときに、親の親の子で3親等と数えましたが、兄弟姉妹は2親等と覚えておくと、親の兄弟姉妹だから1親等+2親等=3親等と計算することもできます。 また、姻族の親等の数え方も、血族親等の数え方と同じです。 つまり、配偶者の親も自分の親も同じ1親等、配偶者の兄弟姉妹も自分の兄弟姉妹も同じ2親等、配偶者の連れ子も自分の子と同じ1親等です。 配偶者と死別しても、その血族との姻族関係は自然には終了しません。 姻族関係を終了させるには、姻族関係終了届を役所に提出しなければなりません。 したがって、配偶者と死別した場合、姻族関係終了届を提出するまでは、配偶者の血族との親等は死別前と同じです(例えば、義父や義母は1親等)。 親等について詳しくは「」をご参照ください。 親族の範囲 家系図で見る親族の範囲 親族の範囲を家系図で示すと下図のようになります。 枠で囲ってあるのが親族です。 丸囲いの数字が親等です。 焦げ茶色の枠が6親等以内の血族で、 桃色の枠が3親等以内の姻族です。 枠で囲っていない人は親族ではありません。 例えば、従兄弟姉妹(いとこ)の配偶者は4親等の姻族ですが、親族に含まれる姻族は3親等までなので、従兄弟姉妹の配偶者は姻族ではありません。 また、配偶者の兄弟姉妹の配偶者は、姻族ではないので、当然、親族でもありません。 異母兄弟、異父兄弟も親族 半血の兄弟姉妹(異父兄弟姉妹・異母兄弟姉妹)も兄弟姉妹ですので親族です。 親等も2親等で、全血の兄弟姉妹と変わりません。 なお、被相続人(亡くなった人)の全血の兄弟姉妹と、半血の兄弟姉妹が共同相続人になった場合、半血の兄弟姉妹の法定相続分は全血の兄弟姉妹の法定相続分の半分になります。 離婚して疎遠になった親子も親族 子と離婚した両親の間の親等は、 離婚前と変わらず、1親等なので、親族です。 親権を持っていなくても結論は同じです。 認知された非嫡出子も親族 未婚の男女の間に生まれた子(非嫡出子)であっても 母子関係は親族です。 父子関係は、 認知されている場合は親族ですが、 認知されていない場合は親族ではありません。 養子も親族 養親と養子の関係であっても 実の親子と同じく1親等で、親族です。 養親だけでなく、 養親の血族や姻族とも規定の親等以内の関係であれば親族になります。 例えば、養親に実子がいれば、その実子と養子は兄弟姉妹となり、親族(2親等の血族)です。 なお、養子縁組後の親族と、養子の実の親族は、親族になりません。 つまり、養親と、養子の実親や実の兄弟姉妹は、親族ではありません。 養子の子について、養子縁組前に生まれた子は、養子縁組後の養子の親族と親族になりませんが、養子縁組後に生まれた子は、養子縁組後の養子の親族と親族になります(養子の孫も同様)。 養子に出た子と実親の関係については、普通養子縁組の場合はそのまま親族ですが、特別養子縁組の場合は実の親族とは親族関係がなくなります。 連れ子も親族 再婚相手の 連れ子も1親等の親族です。 しかし、血族ではなく姻族です。 養子縁組をすれば血族になります。 なお、互いに連れ子がいた場合、連れ子同士は親族にはなりません。 親族の分類 親族にはいくつかの分類があります。 前述の 血族と姻族(および配偶者)というのも一つの分類方法です。 このほか、 直系と傍系、 尊属と卑属という分類方法があるので、説明します。 直系と傍系 直系とは、 世代の 上下方向に真っ直ぐつながる系統のことです。 例えば、父母、祖父母、曽祖父母、高祖父母、子、孫、曽孫、玄孫などが直系に当たります。 一方、 傍系とは、直系ではなく、兄弟姉妹によって枝分かれした系統のことです。 例えば、兄弟姉妹、伯叔父母(おじ・おば)、甥・姪、従兄弟姉妹(いとこ)、伯叔祖父母(大おじ・大おば)、大甥・大姪などが傍系に当たります。 また、直系・傍系は、血族・姻族と組み合わせて使用することもできます。 つまり、直系血族、直系姻族、傍系血族、傍系姻族というように分類することができます。 直系血族とは、自分の直系の血族、つまり、自分の父母、祖父母、曽祖父母、高祖父母、子、孫、曽孫、玄孫などのことです。 直系姻族とは、直系の姻族、つまり、配偶者の直系血族のうち自分の直系血族ではない者、および、直系血族の配偶者のことです。 具体的には、配偶者の父母(義父・義母)や祖父母、曽祖父母、高祖父母など、および、子や孫、曽孫、玄孫などの配偶者が、直系姻族に当たります。 なお、前述の通り、姻族で親族に当たるのは、3親等以内に限りますので、4親等である配偶者の高祖父母や玄孫の配偶者は、姻族ではありますが、親族ではありません。 傍系血族とは、自分の傍系血族、つまり、前述のとおり、兄弟姉妹、伯叔父母(おじ・おば)、甥・姪、従兄弟姉妹(いとこ)、伯叔祖父母(大おじ・大おば)、大甥・大姪などのことです。 傍系姻族とは、傍系の姻族、つまり、配偶者の傍系血族、および、自分の傍系血族の配偶者のことです。 具体的には、配偶者の兄弟姉妹、伯叔父母、甥・姪、従兄弟姉妹、伯叔祖父母、大甥・大姪など、および、自分の兄弟姉妹、伯叔父母、甥・姪、従兄弟姉妹、伯叔祖父母、大甥・大姪などの配偶者が、傍系姻族に当たります。 なお、前述のとおり、姻族で親族に当たるのは3親等以内に限りますので、4親等である、配偶者の従兄弟姉妹、伯叔祖父母、大甥・大姪、および、自分の従兄弟姉妹、伯叔祖父母、大甥・大姪の配偶者は、姻族ではありますが、親族ではありません。 尊属と卑属 尊属とは自分よりも上の世代の血族のことで、卑属とは自分よりも下の世代の血族 のことです。 ここでいう世代とは、年齢のことではなく、親子関係による区分のことです。 例えば、自分と同じ世代の血族には、兄弟姉妹、従兄弟姉妹(いとこ)、再従兄弟姉妹(はとこ。 親同士がいとこの関係)などがいます。 父母と同じ世代の血族には、父母、伯叔父母(おじ・おば)、従伯叔父母(いとこおじ・いとこおば。 親のいとこ)などがいます。 子と同じ世代の血族には、子、甥・姪、従甥姪(いとこおい・いとこめい。 いとこの子)などがいます。 尊属は、自分よりも上の世代の血族なので、前述の父母世代の父母、伯叔父母、従伯叔父母などに加えて、祖父母世代の祖父母、伯叔祖父母(大おじ・大おば)など、さらには、曽祖父母世代、高祖父母世代、そのさらに上の世代も尊属です。 卑属は、自分よりも下の世代の血族なので、前述の子世代の子、甥・姪、従甥姪などに加えて、孫世代の孫、大甥・大姪など、さらには、曽孫世代、玄孫世代、そのさらに下の世代も卑属です。 なお、自分と同じ世代は、尊属でも卑属でもありません。 また、尊属・卑属に当たるのは、血族のみです。 姻族は尊属・卑属に含まれません。 尊属・卑属は、直系・傍系と組み合わせて、直系尊属、傍系尊属、直系卑属、傍系卑属と分類することができます。 直系尊属には、父母、祖父母、曽祖父母、高祖父母などが該当します。 傍系尊属には、伯叔父母、従伯叔父母、伯叔祖父母などが該当します。 直系卑属には、子、孫、曽孫、玄孫などが該当します。 傍系卑属には、甥・姪、従甥姪、大甥・大姪などが該当します。 親族であることの法的効果 民法や刑法などの法律で、 親族でなければできないといった規定や、反対に親族ではできないといった規定など、親族に関する様々な規定があります。 例えば、民法895条1項では、次のように定められています。 推定相続人の廃除又はその取消しの請求があった後その審判が確定する前に相続が開始したときは、家庭裁判所は、親族、利害関係人又は検察官の請求によって、遺産の管理について必要な処分を命ずることができる。 推定相続人の廃除の遺言があったときも、同様とする。 また、後見人や後見監督人、保佐人や保佐監督人の選任や解任の請求権者の一つとして、親族が指定されています。 なお、4親等以内の親族とか、直系尊属などのように、一部の親族にのみ、権限を与えたり、制限を付したりすることもあります。 まとめ 以上、親族について説明しました。 参考になれば幸いです。

次の