今晩 いかが。 会議テーマ「今晩いかがですか?案件 〜仕事の後にオススメの簡単レシピ〜」

会議テーマ「今晩いかがですか?案件 〜仕事の後にオススメの簡単レシピ〜」

今晩 いかが

日々の生活で意外に大変なのが、食事ではないでしょうか? 毎日のことなので食事のメニューを考えるのは大変です。 食事は、予算や健康のことを考えながら、毎日、違うメニューにしないといけませんよね。 そして、子どもがいる家庭では、学校の給食のことも考えて食事を作る必要もあります。 そして「何が食べたい」と家族に聞いても、別に何でもいいと言うのに、食事時になるとガッカリされてショックなこともあると思います。 一生懸命メニューを考えて作って、喜ばれないことも多々あると思います。 毎日食事を作るのも大変ですが、どんなメニューにするのかを考えるのも意外と大変です。 冷蔵庫に残っているもので、食事を作ろうと思ってもなかなか思い付かないときもありますよね。 今まであれこれ考えていた食事のメニューをネットのレシピサイトを使えば、簡単に決めることができるようになるのです。 そして、 レシピサイトによっては、健康を考えたレシピもあるのです。 夏バテかもと思ったら夏バテ解消の食事のレシピやストレスがたまっていると思えば、ストレス解消の食事などを作ってみてはいかがでしょう? そして、食事に気を付けるべき糖尿病や高血圧などの方にオススメなレシピもあるんですね。 さらに妊婦さんやシニア向けや赤ちゃん向けのレシピなどもあるんですよ。 そして、ネットのレシピサイトには、本などと違いとても多くのレシピがあるので、料理のレパートリーを増やすこともできます。 今までチャレンジしてこなかったような料理もレシピをみれば、それなりに簡単に出来ちゃうかも?!と思うようなものもありますよ。 デザートのレシピも沢山あるので、デザートは買って食べているって人は、手作りデザートに挑戦してみてはいかがですか? ネットのレシピサイトを活用すれば、余った食材を無駄にすることが無くなりますし、料理のレパートリーも増えて食事で家族の健康管理もできるようになります。 食事のメニューで困っている方は、是非ネットのレシピサイトをお試しあれ!! 〇ネットのレシピサイト紹介 〇 このように、いろいろなレシピサイトがありますが、動画に拘ったレシピサイトもありますので、紹介しておきますね。

次の

今晩のおかずどうしよう?!と思ったら、ネットのレシピサイトで探してみてはいかが?!

今晩 いかが

毎日の食事作り、みなさまどうされていますか? たまには違うメニューを取り入れたい思うことありますよね。 そこで5月に食べたい野菜料理を2回にわたってご紹介!京都市内の飲食店で腕を振るう薬膳アドバイザー・鈴木大河さんに、旬の野菜を使った身体にやさしいおすすめ料理を教えてもらいました。 また梅雨に入り湿気もあるので体の中が滞りやすくなります。 そこで今回は消化を助け食欲増進、そして日焼け対策にもなるレシピをご紹介します。 万願寺唐辛子の肉詰め煮 舞鶴市生まれの唐辛子「万願寺唐辛子」は唐辛子なのに辛みはなく(たまにハズレがありますが)、肉厚で甘さとやわらかなのが特徴です。 5月から~10月下旬まで出回ります。 また、鶏肉は胃腸に優しく体を温め、消化を助ける効果がありますよ。 京ラフランとキノコのお浸し 京ラフランは京都大学と京都市が開発した新京野菜。 ダイコンとコールラビ(キャベツの1種)を交配させたもの。 茎はアスパラ、葉は大根のような味です。 手に入りにくい場合は小松菜など葉物でもおいしくできますよ。 足りない場合はゆで汁で調整 1時間ほど浸したら完成。 お好みでゆずの皮などを散らすとよい 【POINT】 京ラフランは小松菜に対しカルシウムやビタミンB6、ビタミンCが多く、栄養素たっぷり。 栄養が偏りがちな時にもおすすめです。 また整腸、免疫UP作用のあるキノコと合わせるとさらにいいですね。 薬膳アドバイザー。 京都大学在学中より飲食店でのアルバイトで料理の魅力に目覚め飲食の道へ。 また、学生時代、長年続けてきた陸上競技がケガのためにできなくなり太ったことから食生活を見直しているうちに東洋医学に触れ薬膳に興味を持つように。 野菜をたっぷり使った料理が得意。

次の

今晩いかが? 最新刊(次は1巻)の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

今晩 いかが

毎日の食事作り、みなさまどうされていますか? たまには違うメニューを取り入れたい思うことありますよね。 そこで5月に食べたい野菜料理を2回にわたってご紹介!京都市内の飲食店で腕を振るう薬膳アドバイザー・鈴木大河さんに、旬の野菜を使った身体にやさしいおすすめ料理を教えてもらいました。 また梅雨に入り湿気もあるので体の中が滞りやすくなります。 そこで今回は消化を助け食欲増進、そして日焼け対策にもなるレシピをご紹介します。 万願寺唐辛子の肉詰め煮 舞鶴市生まれの唐辛子「万願寺唐辛子」は唐辛子なのに辛みはなく(たまにハズレがありますが)、肉厚で甘さとやわらかなのが特徴です。 5月から~10月下旬まで出回ります。 また、鶏肉は胃腸に優しく体を温め、消化を助ける効果がありますよ。 京ラフランとキノコのお浸し 京ラフランは京都大学と京都市が開発した新京野菜。 ダイコンとコールラビ(キャベツの1種)を交配させたもの。 茎はアスパラ、葉は大根のような味です。 手に入りにくい場合は小松菜など葉物でもおいしくできますよ。 足りない場合はゆで汁で調整 1時間ほど浸したら完成。 お好みでゆずの皮などを散らすとよい 【POINT】 京ラフランは小松菜に対しカルシウムやビタミンB6、ビタミンCが多く、栄養素たっぷり。 栄養が偏りがちな時にもおすすめです。 また整腸、免疫UP作用のあるキノコと合わせるとさらにいいですね。 薬膳アドバイザー。 京都大学在学中より飲食店でのアルバイトで料理の魅力に目覚め飲食の道へ。 また、学生時代、長年続けてきた陸上競技がケガのためにできなくなり太ったことから食生活を見直しているうちに東洋医学に触れ薬膳に興味を持つように。 野菜をたっぷり使った料理が得意。

次の