ノバスタン 添付 文書。 ノバスタンHI注10mg/2mLの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

サンドスタチン皮下注用100μgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ノバスタン 添付 文書

医療従事者専用サイト このサイトをご利用いただくための注意事項です。 必ずお読みください。 このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。 一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。 医療用医薬品は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。 使用(服用など)している医療用医薬品について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。 ご利用条件 当社サイトのご利用に先立ち、下記のご利用条件をご熟読いただきたく、お願い申し上げます。 なお、一旦ご利用を開始されました後は、下記のご利用条件および関連するすべての法律を遵守いただくことをご承諾いただいたものとみなします。 著作権について 当社サイトに含まれるすべての内容は、当社および当該内容提供者の財産であり、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律によって保護されております。 当社サイトの利用は、非営利目的の個人的利用の範囲内に限るものとし、この範囲を超えてのダウンロード、複製等一切の利用を禁じます。 また、いかなる場合においても、内容に変更を加えたり、更なる複製を行うことを禁じます。 商標等について 当社サイトに表示されている商標、ロゴマーク、商号等は法的に保護されています。 これらの無断使用などの侵害行為を禁じます。 免責事項 当社サイトに掲載する情報に関して細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・有用性・完全性、およびエラー・ウィルス感染等の危険がないことの安全性等のいずれについても保証するものではなく、いかなる責任を負うものでもありません。 また、当社サイトないしは当社サイトに掲載された情報を利用されたこと、または利用できなかったことにより生じるいかなる損害についても何ら責任を負いません。 また、予告なしに当社サイトに掲載する情報の内容を変更したり、サイトを閉鎖させていただくことがありますので、予めご了承ください。 医療情報について 当社サイトに掲載されている医療情報は、一般的な情報提供を目的としており、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代替となるものではありません。 また、当社サイトに掲載されている医薬品に関する情報は、日本における医薬品添付文書の情報や当サイトと提携する製薬企業からの情報提供をもとに作成しており、日本以外の国での利用においては、これらの情報が適切でない場合がありますので、それぞれの国における承認の有無や承認内容をご確認ください。 なお、当社サイトに掲載されている医薬品に関する情報は、その製品の効能・効果を宣伝または広告するものではありません。 ブラウザの推奨環境について 当社サイトのコンテンツを快適にご利用いただくために、下記のWebブラウザでご覧いただくことを推奨致します。 環境が満たされていない場合、各種コンテンツを正しくご利用いただけない場合がございます。 PC:Internet Explorer 11以上、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Google Chrome スマートフォン: iPhone(OS9以上)Safari、Android(OS4. 4以上 Google Chrome アクセス情報の取得について 当社サイトでは、サービスの利便性向上を目的として、個人の特定が可能な情報を除いた範囲でCookieやアクセスログを利用して、利用者のアクセス情報を収集しておりますので、予めご了承ください。 また、本サイトにおいてはサービス向上のためGoogle, Inc. のGoogle Analyticsを利用してサイトの計測を行っております。 これに付随して生成されるテキストファイル「Cookie」を通じて分析を行うことがありますが、この際、IPアドレス等のユーザ様情報の一部が、Google, Inc. に収集される可能性があります。 サイト利用状況の分析、レポートの作成、その他のサービスの提供目的に限りこれを使用します。 利用者は、本サイトを利用することで、上記方法および目的においてGoogleが行うこうしたデータ処理につき許可を与えたものとみなします。 ただし、当サイトで設定するクッキーにはお客さまの個人情報(氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所、口座番号等の情報)は含まれていませんのでご安心ください。 ただし その際、本サイトの機能が一部利用できなくなる可能性があります。 電子メールによる情報について 電子メール等により利用者から一方的に提供される情報・資料に対しては、何ら返信の義務を負うものではなく、利用者の個人情報(取扱いについては別途個人情報保護方針で規定しておりますのでご参照ください)を除き、機密の取扱いを致しかねます。 また、当社は、個人情報を除いた当該情報・資料をいかなる目的にも無償で自由に利用できるものとします。 リンクについて 当社サイトへのリンクをご希望の場合は、事前に当社へご連絡いただき承諾を得てください。 また、当社サイトにリンクしている第三者のWebサイト、または当社サイトがリンクを設けている第三者のWebサイトについては、一切の責任を負いません。 ご連絡は、お問い合わせ等をご利用ください。 雑誌などへの掲載について 雑誌書籍、広告などの出版物等の各種メディアへの掲載を希望される場合は、事前に当社へご連絡いただき承諾を得てください。 ご連絡は、お問い合わせ等をご利用ください。 英語サイトについて 英語サイトの内容は、原則として日本語サイトに掲載された原文の翻訳とし、日本語サイトの原文と英語サイトの翻訳に齟齬がある場合は、日本語の原文の内容を優先します。 その他 この利用条件は、日本法を準拠法とし、それに基づいて解釈されるものとします。 この利用条件に関わるすべての紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とするものとします。 会員利用規約 本規約は、株式会社オーイズミ・アミュージオが運営する医薬品情報検索サイト「Sirakus」の会員に適用される利用規約です。 会員登録にあたり以下規約にご了承くださいますよう、お願い致します。 第1条 会員の定義 「会員」とは、医薬品情報検索サイト「Sirakus」(以下「当社サイト」)において、当社サイトが指定する方法によって会員登録をおこなったユーザー(サイト利用者)のことを指し、本規約の適用対象となります。 第2条 会員に提供するサービスと機能 当社サイトは会員に対し、非会員ユーザーには提供しない限定サービス・機能を提供します。 会員にはメール等による情報提供サービスのほか、お気に入りリスト機能・閲覧履歴機能・検索条件保存機能・製品へのご意見ご要望投稿機能等を提供しますが、「非会員」と「本会員」では提供されるサービス・機能は異なり、またその提供範囲は事前の通知なく変更される場合があります。 ユーザーは、当社サイトのサービス・機能の提供範囲の変更に対し疑義を申し立てることはできません。 第3条 ID・パスワードの管理 ユーザーは自己の責任においてID(ログインメールアドレス)とパスワードを管理・保管し、これを第三者に利用させたり、貸与・譲渡等をおこなってはなりません。 第三者の利用により生じた損害の責任はユーザーが負うものとし、当社サイトは一切の責任を負いません。 第4条 投稿に対するユーザーの責任 投稿機能を用いて投稿した内容に対する責任はユーザーが負うものとし、当社サイトは一切の責任を負いません。 自身の投稿を製薬企業が参考にすることに留意し、責任ある投稿に努めてください。 第5条 禁止事項 会員は次の行為をすることはできません。 虚偽の情報を登録、または提供すること 2. 他の会員、当社サイトまたは第三者の著作権その他の権利を侵害する行為 3. 他の会員、当社サイトまたは第三者のプライバシーや財産を侵害し、不利益・損害を与えるおそれのある行為 4. 他の会員、または第三者を誹謗中傷する行為 5. 当社サイトで得た情報を第三者に提供するなど、営利を目的とした情報提供活動に用いること 6. 各種投稿機能を営業活動等に利用すること 7. 故意にシステムに負荷をかける行為、本サービスの運営を妨げる行為 8. 公序良俗に反する行為、法令に反する行為 9. その他当社サイトが不適切と判断する一切の行為 第6条 個人情報・投稿情報等の利用目的・保護 当社サイトは、ユーザーが会員登録時に入力した個人情報および投稿情報等を以下の目的において利用します。 1.当社サイトからのお知らせ及び製品情報・広告の配信 メール等にて、当社サイトから製品情報や広告を配信するために利用します。 お知らせ や広告を配信するにあたり、より会員個々に適した情報をお送りするために、入力した 個人情報等を統計的に処理するなどして活用(提携企業からのご案内を、医師会員のみ にお送りするなど)します。 2.外部へのコンテンツ提供 プレスリリースや出版目的、または製薬メーカー等からの依頼に応じ、会員が投稿した 情報やアンケート回答結果等を統計化するなどして発表・提供することがあります。 個人が特定できる情報や、メールアドレス・電話番号等連絡可能なID情報を会員の許 可なく第三者に提供することはありません。 コンテンツ提供にあたっても、個人が特定 できる形式で利用することはありません。 第7条 投稿内容の著作権と当社サイトの利用権 会員が投稿した文書等の著作権は当該会員にあります。 ただし当社サイトは、当該会員に対価等の支払いなく、その文書等を当社サイトその他で二次利用できるものとします。 なお、当社サイトは再利用にあたり当該文書等を会員への通知なしに自由に編集・改変できるものとします。 著作者は、これら当社サイトによる著作物利用について著作者人格権を行使できません。 第8条 投稿内容以外の著作権 会員が投稿した文書等を除くすべての著作物の著作権は、当社サイトに属します。 会員はこれら著作物を許可なく複製し、自身のサイトなどで公開することはできません。 第9条 退会の自由 会員は、いつでも当社サイト指定の方法にて退会することができます。 第10条 会員の抹消・投稿内容の削除 会員が本規約5条に記載された禁止事項に違反したと当社サイトが判断した場合、当社サイトは事前に会員に通知することなく会員情報・投稿内容を抹消・削除することができます。 第11条 投稿された内容の不保証 会員により投稿された内容について当社サイトは一切保証しません。 投稿に対し付帯表示される「投稿者職種」がたとえ医療従事者であっても、確実に医療従事者による投稿かどうかを保証することはできません。 投稿には医療情報が含まれますが、その解釈や実際の医療現場での活用(もしくは患者としての情報活用)にあたっては十分注意してください。 当社サイトは、会員により投稿された情報を参考とした結果発生した損害等について一切責任を負いません。 第12条 設備等に関する責任 1. 当社サイトのご利用に必要な端末、通信機器、ソフトウェア、回線利用契約の締結及びインターネット接続サービスへの加入などの通信環境の整備、設定などの一切は、会員が自己の費用と責任において行っていただきます。 当社は、会員が本サービスのご利用にあたり使用される通信機器、ソフトウェア、及びこれらに付随して必要となる全ての機器との互換性を確保するために、当社等の管理する設備、システム若しくはソフトウェアを改造、変更若しくは追加し、又は当社サイトの提供方法を変更する義務は負いません。 会員は、当社サイトのご利用にあたり当社が推奨する通信環境、ソフトウェア等が備えられていない場合、当社サイトの全部又は一部の利用に支障をきたすおそれがあることを予め承諾していただきます。 第13条 サービスの変更・中止 当社サイトは会員に事前通知なく提供サービス・提供機能を変更・中止することがあります。 第14条 その他免責および損害賠償 1. 当社サイトに掲載する情報に関して細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・有用性・完全性、およびエラー・ウィルス感染等の危険がないことの安全性等のいずれについても保証するものではなく、いかなる責任を負うものでもありません。 また、当社サイトないしは当社サイトに掲載された情報を利用されたこと、または利用できなかったことにより生じるいかなる損害についても何ら責任を負いません。 また、予告なしに当社サイトに掲載する情報の内容を変更したり、サイトを閉鎖させていただくことがありますので、予めご了承ください。 当社は、本サービス等に使用するデータベース等の障害、その他本サービス等に起因するいかなる損害についても、賠償する義務を一切負わないものとします。 当社は、利用者等が本サービス等を利用したことにより発生した利用者等の損害及び利用者等が第三者に与えた損害について一切の責任を負わないものとします。 第15条 譲渡等の禁止 会員は、本サービスを利用する権利及びその他本サービスを通じて得た権利(ポイントサービスにおけるポイントを含む)・義務の全部又は一部を、有償無償を問わず、第三者に譲渡すること、貸与すること、又は担保に提供することはできません。 第16条 規約の変更 当社サイトは、会員に事前の承諾を得ることなく本規約を変更することができ、サイト上に掲載された規約が変更された時点より効力を生じるものとします。 変更の内容は、メールなど当社サイトが合理的と判断する方法で通知します。 第17条 準拠法と合意管轄 本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。 シラクスポイント規約(以下「本ポイント規約」といいます。 )は、株式会社オーイズミ・アミュージオ(以下「当社」といいます)が、会員規約(以下「シラクス会員規約」といいます)に基づき会員登録をした会員(以下「会員」といいます)に対して、ポイントサービス(以下「本サービス」といいます)を提供するにあたり、その諸条件を定めるものです。 本サービスに関し本ポイント規約に規定のない事項については、会員利用規約が適用されます。 第2条(ポイントの付与) 1. 当社は、会員が当社または当社と提携しサービス等を提供する者(以下「サービス提供者」といいます)が指定する方法でサービスの利用を行った場合等、当社がポイント付与に相当であると認めた場合に、直接またはサービス提供者を通じて「シラクスポイント」(以下「ポイント」といいます)を付与します。 ポイント付与の対象となるサイト、サービス、ポイントの付与率、その他ポイント付与の条件は、当社またはサービス提供者が決定し、当社または当該サービス提供者がサービスを提供する所定のサイトへの掲示その他当社所定の方法により会員に告知します。 ポイント付与の対象となるか否か、ポイントの付与率、および有効期限は、サービス提供者、利用サービスの内容等によって異なることがあります。 会員に対してポイントを付与するか否か、付与するポイント数、その他ポイントの付与に関する最終的な判断は、当社またはサービス提供者が行うものとし、会員は予めこれに同意するものとします。 また、付与しないと判断した場合にも、その理由を開示する義務を負わないものとします。 本ポイント規約に従って正当に取得したポイントが、プログラムの不具合等により、会員のポイント残高に正しく反映されなかった場合には、当社の判断によって相当なポイント残高に調整することができるものとします。 第4条(ポイントの利用) 1. 会員は、当社またはサービス提供者が定める方法により、保有するポイントを、プレゼント、サービス、その他の特典(以下「特典」と総称します)と交換することができます。 特典の内容、交換方法等については、当社またはサービス提供者がサービスを提供するサイトへの掲示その他当社所定の方法により告知します。 特典の種類、内容、交換に必要なポイント数、その他ポイント使用の条件は当社またはサービス提供者が定めるものとし、当社またはサービス提供者はこれらをいつでも新規設定、変更または終了させることができます。 品切れ、その他の事情により会員から交換の申し出のあった特典を提供できないことがありますが、その場合は、特典を変更していただくか、または当該ポイント数を会員に返還します。 当社は、前項に定める事由により会員に何らかの不利益が発生したとしても、それについて補償せず、一切の責任を負いません。 会員は、ポイントを使用するときに、当社の求めにしたがって、特典の送付先、連絡先その他の事項を届け出るものとします。 会員に特典を送付する場合、送付先は日本国内における会員本人居住の住所の会員名に限られます。 海外への送付、会員本人以外への送付、または私書箱への送付はできません。 特典によっては、サービス提供者や当社が委託する提携会社から提供されることがあります。 この場合の特典利用の条件については、各サービス提供者または各提携会社の規約または約款等に従うものとし、当社は特典の品質、有用性について、何ら保証するものではありません。 これらの特典に瑕疵がある場合、当該特典を発送・提供したサービス提供者または提携会社と解決するものとします。 会員は、当社または特典提供者に故意・重過失がある場合を除き、特典の返品または他の特典への交換をすることはできません。 第5条(ポイントの照会) 1. 会員は、当社所定の方法により、会員が保有するポイント数、対象取引ごとのポイント獲得数・ポイント使用数を照会することができます。 会員は、前項により照会したポイント数に疑義のある場合には、ただちに当社またはサービス提供者に連絡し、その内容を説明するものとします。 ただし、ポイント数に関する最終的な決定は当社またはサービス提供者が行うものとし、会員はこれに従うものとします。 第6条(ポイントの取消・消滅・有効期限) 1. 当社またはサービス提供者は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、会員に事前に通知することなく、会員が保有するポイントの一部または全部を取り消すことができるものとします。 会員が180日間、商品交換、ポイント付与の対象となる行為をしなかった場合、事前の告知なく保有する全ポイントは自動的に消滅するものとします。 理由の如何を問わず、ポイントの利用が終了し会員登録が削除された場合、会員が獲得しているポイントは直ちに消滅するものとします。 当社は、取消または消滅したポイントについて何らの補償も行わず、一切の責任を負いません。 第8条(ポイントの譲渡・貸与等の禁止) 保有するポイントを他者に譲渡、貸与、または担保に差し入れること、ポイントを共有することはできません。 また、会員の死亡に伴いポイントは失効し、相続することはできません。 第9条(事故等) 当社および提携企業が提供する特典につき、その配送中または提供後に配送遅延、紛失、盗難、破損等の事故が生じた場合は、当該事故が当社の帰責事由による場合を除き、当社およびは一切責任を負わず、ポイントの返還も行いません。 第10条(本サービスの中断・停止等) 当社は、火災、停電、地震等の天災その他の事由によるシステム障害の発生、およびシステム保守の必要上、本サービスの全部または一部の提供の中断または停止が必要であると判断した場合には、事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を中断または停止することができるものとします。 この中断または停止により会員に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。 第11条(第三者による使用) 1. ポイントの使用は、会員本人が行うものとし、当該会員以外の第三者が行うことはできません。 当社は、ポイント使用時に入力されたアカウントが登録されたものと一致することを確認した場合には、会員本人による使用とみなし、それらが盗用、不正使用その他の事情により会員本人以外の者が利用している場合であっても、それが第三者による不正使用であった場合でも、当社は使用されたポイントを返還せず、会員に生じた損害について一切責任を負いません。 第12条(税金及び費用) ポイントの取得、ポイントの利用、特典との交換に伴い、税金や付帯費用などが発生する場合には、会員がこれらを負担するものとします。 第13条(会員資格の喪失・停止) 理由の如何を問わず会員が会員の地位を喪失した場合には、保有するポイント、特典との交換権、その他本サービスの利用に関する一切の権利を失うものとします。 会員は地位の喪失にともなって当社に対して何らの請求権も取得しないものとし、当社は会員に対して一切責任を負わないものとします。 第14条(本サービスの変更・廃止) 当社は、会員に事前に通知することなく、本ポイント規約の変更および本サービスの変更、停止または中止(ポイント使用の中止、ポイント付与の中止、提携サービスの変更、ポイント付与条件の変更を含みますが、これらに限られません)を行うことができるものとし、本条に基づいて当社が本サービスの停止等を行ったことにより会員に不利益または損害が生じた場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。 なお、本条に基づく本ポイント規約および本サービスの変更、停止または中止は、すでに行われたポイントの使用には影響しないものとします。 最終更新日:2018年2月20日.

次の

アルガトロバン注射液10mg「サワイ」(スロンノンHI注10mg/2mL/ノバスタンHI注10mg/2mLのジェネリック医薬品)|沢井製薬

ノバスタン 添付 文書

効能・効果• アンチトロンビン3低下の血液体外循環時の灌流血液の凝固防止• アンチトロンビン3低下の血液透析の灌流血液の凝固防止• 先天性アンチトロンビン3欠乏の血液体外循環時の灌流血液の凝固防止• 先天性アンチトロンビン3欠乏の血液透析の灌流血液の凝固防止• バージャー病の安静時疼痛の改善• バージャー病の四肢潰瘍の改善• バージャー病の冷感の改善• 閉塞性動脈硬化症の安静時疼痛の改善• 閉塞性動脈硬化症の四肢潰瘍の改善• 閉塞性動脈硬化症の冷感の改善• 慢性動脈閉塞症の安静時疼痛の改善• 慢性動脈閉塞症の四肢潰瘍の改善• 慢性動脈閉塞症の冷感の改善• 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の運動麻痺の改善• 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の起立の改善• 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の座位保持の改善• 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の食事の改善• 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の神経症候の改善• 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の日常生活動作の改善• 脳血栓症急性期<ラクネを除く>の歩行の改善• HIT2型の血液体外循環時の灌流血液の凝固防止• HIT2型の血液透析の灌流血液の凝固防止• HIT2型の血栓症の発症抑制• HIT2型の経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止• ヘパリン起因性血小板減少症2型の血液体外循環時の灌流血液の凝固防止• ヘパリン起因性血小板減少症2型の血液透析の灌流血液の凝固防止• ヘパリン起因性血小板減少症2型の血栓症の発症抑制• ヘパリン起因性血小板減少症2型の経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止 用法・用量 (主なもの)• 1.次記疾患に伴う神経症候(運動麻痺)、日常生活動作(歩行、起立、座位保持、食事)の改善[発症後48時間以内の脳血栓症急性期(ラクネを除く)]:はじめの2日間は1日アルガトロバン水和物として60mgを適当量の輸液で希釈し、24時間かけて持続点滴静注する• その後の5日間は1回アルガトロバン水和物として10mgを適当量の輸液で希釈し1日朝夕2回、1回3時間かけて点滴静注する• なお、年齢、症状に応じて適宜増減する• 2.慢性動脈閉塞症(バージャー病・閉塞性動脈硬化症)における四肢潰瘍、安静時疼痛ならびに冷感の改善:1回アルガトロバン水和物として10mgを輸液で希釈し、1日2回、1回2〜3時間かけて点滴静注する• なお、年齢、症状に応じて適宜増減する• 凝固時間の延長、回路内凝血(残血)、透析効率及び透析終了時の止血状況等を指標に投与量を増減し、患者毎の投与量を決定するが、毎時アルガトロバン水和物として5〜40mgを目安とする• 4.ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型(発症リスクのある場合を含む)における経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止:本剤を適当量の輸液で希釈し、アルガトロバン水和物として0. その後抗凝固療法の継続が必要な場合は、0. なお、持続投与量は目安であり、適切な凝固能のモニタリングにより適宜調節する• 5.ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型における血栓症の発症抑制:本剤を適当量の輸液で希釈し、アルガトロバン水和物として0. なお、肝機能障害のある患者や出血のリスクのある患者に対しては、低用量から投与を開始する• 活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)を指標に投与量を増減し、患者毎の投与量を決定する 病気や症状に応じた注意事項• 過敏症• 凝固障害• 血管障害による出血傾向• 月経期間中• 血小板減少性紫斑病• 血友病• 手術時• 消化管出血• 頭蓋内出血• 尿路出血• 重篤な意識障害を伴う大梗塞• 出血性脳梗塞• 性器出血を伴う妊産婦• 脳塞栓[ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型を除く]• 相対禁止• 脳塞栓• 希望禁止• DIC• 播種性血管内血液凝固症候群• 慎重投与• 亜急性細菌性心内膜炎• 血小板減少• 重症高血圧症• 重症糖尿病• 重篤な肝障害• 手術後• 消化管潰瘍• 大腸炎• 内臓腫瘍• 脳出血• 消化管憩室炎• 抗凝固剤投与中• 血小板凝集抑制作用を有する薬剤投与中• 血栓溶解剤投与中• フィブリノゲン低下作用を有する酵素製剤投与中• DIC• 肝機能障害• 出血傾向• 脳塞栓• 出血性病変• 播種性血管内血液凝固症候群• 出血のリスク• 投与に際する指示• 肝機能障害• 出血のリスク 効果・効能 (添付文書全文) 1.次記疾患に伴う神経症候(運動麻痺)、日常生活動作(歩行、起立、座位保持、食事)の改善:発症後48時間以内の脳血栓症急性期<ラクネを除く>。 2.慢性動脈閉塞症(バージャー病・閉塞性動脈硬化症)における四肢潰瘍、安静時疼痛ならびに冷感の改善。 4.ヘパリン起因性血小板減少症2型(HIT2型)(発症リスクのある場合を含む)における経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止。 5.ヘパリン起因性血小板減少症2型(HIT2型)における血栓症の発症抑制。 <効能・効果に関連する使用上の注意> 血液体外循環時に使用する場合、播種性血管内血液凝固症候群(DIC)に伴うアンチトロンビン3低下患者では、血液体外循環時に投与した経験がないので、投与しないことが望ましい。 用法・用量 (添付文書全文) 1.次記疾患に伴う神経症候(運動麻痺)、日常生活動作(歩行、起立、座位保持、食事)の改善[発症後48時間以内の脳血栓症急性期(ラクネを除く)]:はじめの2日間は1日アルガトロバン水和物として60mgを適当量の輸液で希釈し、24時間かけて持続点滴静注する。 その後の5日間は1回アルガトロバン水和物として10mgを適当量の輸液で希釈し1日朝夕2回、1回3時間かけて点滴静注する。 なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。 2.慢性動脈閉塞症(バージャー病・閉塞性動脈硬化症)における四肢潰瘍、安静時疼痛ならびに冷感の改善:1回アルガトロバン水和物として10mgを輸液で希釈し、1日2回、1回2〜3時間かけて点滴静注する。 なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。 凝固時間の延長、回路内凝血(残血)、透析効率及び透析終了時の止血状況等を指標に投与量を増減し、患者毎の投与量を決定するが、毎時アルガトロバン水和物として5〜40mgを目安とする。 4.ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型(発症リスクのある場合を含む)における経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止:本剤を適当量の輸液で希釈し、アルガトロバン水和物として0. その後抗凝固療法の継続が必要な場合は、0. なお、持続投与量は目安であり、適切な凝固能のモニタリングにより適宜調節する。 5.ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型における血栓症の発症抑制:本剤を適当量の輸液で希釈し、アルガトロバン水和物として0. なお、肝機能障害のある患者や出血のリスクのある患者に対しては、低用量から投与を開始する。 活性化部分トロンボプラスチン時間(aPTT)を指標に投与量を増減し、患者毎の投与量を決定する。 <用法・用量に関連する使用上の注意> 1.慢性動脈閉塞症の患者に使用する場合:4週間を超えて投与した経験は少ないので、本剤の投与期間は4週間以内をめどとする。 3.ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型(発症リスクのある場合を含む)における経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止に使用する場合: 1).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型の経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止に使用する場合、本剤の投与開始から10分程度で活性化全血凝固時間(ACT)を測定し、術後4時間まではACTが250〜450秒となるように持続投与量を調節する。 ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型の経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止に使用する場合、患者の状態により、術後4時間以降の抗凝固療法の継続の要否を判断するが、その後も抗凝固療法の継続が必要な場合は、0. 5〜3倍程度となるよう持続投与量を適宜調節し、適宜aPTTを測定し、目標とする範囲に達した後は1日に1回aPTTを測定する。 2).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型の経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止に使用する場合、本剤のクリアランスが低下している肝機能障害のある患者に対して術後4時間以降も抗凝固療法が必要な場合は、0. 3).本剤による治療開始及び投与量変更時には、次を参考に投与する。 本剤を20mLに希釈し、0. 本剤を20mLに希釈し、0. 4).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型の経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止に使用する場合、術後4時間以降も抗凝固療法を継続する必要があり、本剤を0. 4.ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型における血栓症の発症抑制に使用する場合: 1).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、本剤のクリアランスが低下している肝機能障害のある患者、又は出血のリスクのある患者に対しては、低用量(0. 2).本剤による治療開始時には、次を参考に投与を開始する。 本剤を20mLに希釈し、0. 本剤を20mLに希釈し、0. 3).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、本剤投与開始後は、aPTTを投与前値の1. 5〜3倍の範囲かつ100秒以下となるように用量を調節する。 なお、ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、出血のリスクのある患者ではaPTTが、投与前値の1. 5〜2倍となるように用量を調節する。 4).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、本剤投与開始2時間後及び本剤の投与量の変更2時間後を目安にaPTTを測定し、投与量を調節する。 ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、肝機能障害がある患者又は出血のリスクがある患者に対しては、本剤投与開始あるいは投与量変更6時間後にもaPTTを測定することが望ましい。 ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、aPTTが目標とする範囲に達するまでは、適宜aPTTを測定し、目標とする範囲に達した後は1日に1回aPTTを測定する。 5).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、aPTTが投与前値の3倍を超えた又はaPTTが100秒を超えた場合は、本剤の投与を中止する(本剤投与を再開する場合には、aPTTが治療域(投与前値の1. 6).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、本剤を使用することにより血小板数が回復し、安定した場合には、経口抗凝固薬(ワルファリン等)による治療の開始を考慮し、なお、ワルファリンに切り替える場合は、本剤とワルファリンを5日間程度併用する。 7).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、経口抗凝固療法への移行が困難な患者を除き、本剤を漫然と使用しない(国内外の臨床試験において本剤投与期間はおおむね7〜14日間であり、また、国内で実施された臨床試験では、ワルファリンへの切り替えができなかった患者1例での投与期間は最長35日であった)。 副作用 (添付文書全文) 脳血栓症急性期:承認前の調査417例中報告された副作用は4. 承認後における使用成績調査では、3,360例中報告された副作用は8. 慢性動脈閉塞症:承認前の調査180例中報告された副作用は13. 承認後における使用成績調査では、5,019例中報告された副作用は3. 承認後における調査では、80例中報告された副作用は17. ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型における血栓症の発症抑制:国内で実施された医師主導治験では、8例中6例に、出血関連の副作用6件、肝障害4件、皮疹2件等の副作用が報告された。 <海外の臨床試験>米国で行われた臨床試験(安全性評価対象症例567例)では、168件の副作用が報告され、主な副作用は、深部静脈血栓症、出血等の血管障害27件、悪心等の胃腸障害24件、紫斑等の皮膚及び皮下組織障害18件等であった。 1.重大な副作用 1).出血性脳梗塞(1. 2).脳出血(0. 3).ショック・アナフィラキシーショック(頻度不明):ショック、アナフィラキシーショック(蕁麻疹、血圧低下、呼吸困難等)が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行う。 4).劇症肝炎(頻度不明)、肝機能障害(0. 2.その他の副作用 1).血液:(0. 2).過敏症:(0. 3).血管:(0. 4).肝臓:(0. 5).腎臓:(0. 6).消化器:(0. 7).その他:(0. 使用上の注意 (添付文書全文) (警告) 本剤の脳血栓症急性期の臨床試験において、出血性脳梗塞の発現が認められている。 脳血栓症の患者に使用する場合には、臨床症状及びコンピューター断層撮影による観察を十分に行い、出血が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う。 (禁忌) 1.出血している患者:頭蓋内出血、出血性脳梗塞、血小板減少性紫斑病、血管障害による出血傾向、血友病その他の凝固障害、月経期間中、手術時、消化管出血、尿路出血、喀血、流早産・分娩直後等性器出血を伴う妊産婦等[出血している患者に投与した場合には止血が困難になる恐れがある]。 2.脳塞栓[ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型を除く]又は脳塞栓の恐れ[ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型を除く]がある患者[出血性脳梗塞を起こす恐れがある]。 3.重篤な意識障害を伴う大梗塞の患者[大梗塞の患者は出血性脳梗塞を起こす恐れがある]。 4.本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (慎重投与) 1.出血の可能性のある患者(消化管潰瘍、内臓腫瘍、消化管憩室炎、大腸炎、亜急性細菌性心内膜炎、脳出血の既往歴のある患者、血小板減少している患者、重症高血圧症、重症糖尿病の患者、手術後の患者等)[出血を起こす恐れがある]。 2.抗凝固剤投与中、血小板凝集抑制作用を有する薬剤投与中、血栓溶解剤投与中又はフィブリノゲン低下作用を有する酵素製剤投与中の患者[これらの薬剤と併用することにより、出血傾向の増強を起こす恐れがある]。 3.重篤な肝障害のある患者[本剤の血中濃度が上昇する恐れがある]。 (重要な基本的注意) 1.血液凝固能検査等の出血管理を十分に行いつつ使用する。 2.脳血栓症の患者に使用する場合、本剤の投与により出血性脳梗塞、脳内出血を助長する可能性があるので、臨床症状及びコンピューター断層撮影による観察を十分に行い、出血が認められた場合には直ちに投与を中止する。 3.ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、次記の点に留意する。 1).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、本剤を投与する際には、血小板数、aPTT及びプロトロンビン時間(PT)等を観察しながら、出血のリスクを考慮して慎重に投与する。 2).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型の患者のうち、脳塞栓又は脳塞栓の恐れのある患者に対しては、治療上の有益性と出血性脳梗塞等の危険性を十分に勘案し、適応を検討する。 3).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、播種性血管内血液凝固症候群(DIC)に対する本剤の有用性は確認されていないので、基礎疾患、合併症等を十分に確認し、鑑別を行う。 4).ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型における血栓症の発症抑制に使用する場合、本剤投与中に肝機能障害が発現した場合は、投与継続によるリスクとベネフィットを慎重に判断し、投与継続の可否を検討し、また、投与を継続する場合は、肝機能及びPT、aPTTを頻回に検査し、観察を十分に行う。 4.ヘパリン起因性血小板減少症<HIT>2型の経皮的冠インターベンション施行(発症リスクのある場合を含む)時の血液の凝固防止に使用する場合、本剤のクリアランスが低下している肝機能障害、又は出血のリスクのある患者に対する本剤の使用経験の報告はないことから、このような患者では、治療上のリスクとベネフィットを十分に勘案し、適応を検討する。 また、投与の際は十分な観察を行う。 5.血液体外循環時に使用する場合、次記の点に留意する。 1).出血性病変又は出血傾向を有する患者の血液体外循環時には観察を十分に行い、出血増悪がみられた場合には減量又は投与を中止する。 2).血液体外循環時に使用する場合、外来透析患者では、穿刺部の止血を確認してから帰宅させる。 (相互作用) 併用注意: 1.抗凝固剤(ヘパリン、ワルファリン等)[出血傾向の増強を起こす恐れがあるので、減量するなど注意する(血液凝固作用を阻害することにより、凝固時間を延長し、出血傾向を増強することが考えられる)]。 2.血小板凝集抑制作用を有する薬剤(アスピリン、オザグレルナトリウム、チクロピジン塩酸塩、クロピドグレル硫酸塩、シロスタゾール、ジピリダモール等)[出血傾向の増強を起こす恐れがあるので、本剤を減量するなど注意する(但し、ヘパリン起因性血小板減少症(HIT)2型(発症リスクのある場合を含む)における経皮的冠インターベンション施行時の血液の凝固防止に使用する場合には、経皮的冠インターベンション施行において併用が必須とされる薬剤(アスピリン、チクロピジン塩酸塩、クロピドグレル硫酸塩等)との併用を理由に減量しない)(血小板凝集を抑制することにより、出血傾向を増強することが考えられる)]。 3.血栓溶解剤(アルテプラーゼ、ウロキナーゼ等)[出血傾向の増強を起こす恐れがあるので、減量するなど注意する(プラスミノーゲンをプラスミンに変換させ、生成したプラスミンがフィブリンを分解し血栓を溶解するため、出血傾向を増強することが考えられる)]。 4.フィブリノゲン低下作用を有する酵素製剤(バトロキソビン等)[出血傾向の増強を起こす恐れがあるので、減量するなど注意する(フィブリノゲンが低下することにより出血傾向を増強することが考えられる)]。 (高齢者への投与) 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。 なお、65歳以上の高齢者における副作用発現率は、脳血栓症急性期の使用成績調査では7. (妊婦・産婦・授乳婦等への投与) 1.妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 2.授乳中の婦人には本剤投与中は授乳を避けさせる[動物実験(ラット)で乳汁中へ移行することが報告されている]。 (小児等への投与) 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験がない)。 (過量投与) 1.症状:本剤の過量投与により、出血の危険性が増大する。 2.処置:過量投与時、出血性合併症が発現した場合は本剤の投与を中止し、出血の原因を確認する(本剤の抗凝固作用を中和する薬剤は知られていないので、症状に応じて、外科的止血や新鮮凍結血漿輸注など適切な処置を行う)。 (適用上の注意) 1.開封時:アンプルカット時の異物混入を避けるため、エタノール消毒綿等で清拭しカットする。 2.投与時:本剤はそのまま静脈内に投与せずに希釈して使用する(本剤を原液のまま投与すると、溶血を起こす恐れがある)。 (取扱い上の注意) 本品は、「ワンポイントカットアンプル」を使用しているので、アンプル枝部の白マークを上にして、反対方向に折り取る。 (保管上の注意) 遮光。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

脳梗塞の点滴治療はこの3つ!効果と副作用について解説

ノバスタン 添付 文書

医療従事者専用サイト このサイトをご利用いただくための注意事項です。 必ずお読みください。 このサイトは、国内の医師・歯科医師・薬剤師等の医療関係者を対象に、医療用医薬品や医療機器等を適正にご使用いただくための情報を提供しています。 一般の方および国外の医療関係者に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。 医療用医薬品は、患者さま独自の判断で使用(服用など)したり、中止したり、あるいは用法・用量を変えたりすると危険な場合がありますのでご注意ください。 使用(服用など)している医療用医薬品について疑問を持たれた場合には、治療に当たられている医師・歯科医師又は調剤された薬剤師に必ず相談してください。 ご利用条件 当社サイトのご利用に先立ち、下記のご利用条件をご熟読いただきたく、お願い申し上げます。 なお、一旦ご利用を開始されました後は、下記のご利用条件および関連するすべての法律を遵守いただくことをご承諾いただいたものとみなします。 著作権について 当社サイトに含まれるすべての内容は、当社および当該内容提供者の財産であり、各国の著作権法、各種条約およびその他の法律によって保護されております。 当社サイトの利用は、非営利目的の個人的利用の範囲内に限るものとし、この範囲を超えてのダウンロード、複製等一切の利用を禁じます。 また、いかなる場合においても、内容に変更を加えたり、更なる複製を行うことを禁じます。 商標等について 当社サイトに表示されている商標、ロゴマーク、商号等は法的に保護されています。 これらの無断使用などの侵害行為を禁じます。 免責事項 当社サイトに掲載する情報に関して細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・有用性・完全性、およびエラー・ウィルス感染等の危険がないことの安全性等のいずれについても保証するものではなく、いかなる責任を負うものでもありません。 また、当社サイトないしは当社サイトに掲載された情報を利用されたこと、または利用できなかったことにより生じるいかなる損害についても何ら責任を負いません。 また、予告なしに当社サイトに掲載する情報の内容を変更したり、サイトを閉鎖させていただくことがありますので、予めご了承ください。 医療情報について 当社サイトに掲載されている医療情報は、一般的な情報提供を目的としており、決して医師その他医療従事者によるアドバイスの代替となるものではありません。 また、当社サイトに掲載されている医薬品に関する情報は、日本における医薬品添付文書の情報や当サイトと提携する製薬企業からの情報提供をもとに作成しており、日本以外の国での利用においては、これらの情報が適切でない場合がありますので、それぞれの国における承認の有無や承認内容をご確認ください。 なお、当社サイトに掲載されている医薬品に関する情報は、その製品の効能・効果を宣伝または広告するものではありません。 ブラウザの推奨環境について 当社サイトのコンテンツを快適にご利用いただくために、下記のWebブラウザでご覧いただくことを推奨致します。 環境が満たされていない場合、各種コンテンツを正しくご利用いただけない場合がございます。 PC:Internet Explorer 11以上、Microsoft Edge、Mozilla Firefox、Google Chrome スマートフォン: iPhone(OS9以上)Safari、Android(OS4. 4以上 Google Chrome アクセス情報の取得について 当社サイトでは、サービスの利便性向上を目的として、個人の特定が可能な情報を除いた範囲でCookieやアクセスログを利用して、利用者のアクセス情報を収集しておりますので、予めご了承ください。 また、本サイトにおいてはサービス向上のためGoogle, Inc. のGoogle Analyticsを利用してサイトの計測を行っております。 これに付随して生成されるテキストファイル「Cookie」を通じて分析を行うことがありますが、この際、IPアドレス等のユーザ様情報の一部が、Google, Inc. に収集される可能性があります。 サイト利用状況の分析、レポートの作成、その他のサービスの提供目的に限りこれを使用します。 利用者は、本サイトを利用することで、上記方法および目的においてGoogleが行うこうしたデータ処理につき許可を与えたものとみなします。 ただし、当サイトで設定するクッキーにはお客さまの個人情報(氏名、生年月日、電話番号、メールアドレス、住所、口座番号等の情報)は含まれていませんのでご安心ください。 ただし その際、本サイトの機能が一部利用できなくなる可能性があります。 電子メールによる情報について 電子メール等により利用者から一方的に提供される情報・資料に対しては、何ら返信の義務を負うものではなく、利用者の個人情報(取扱いについては別途個人情報保護方針で規定しておりますのでご参照ください)を除き、機密の取扱いを致しかねます。 また、当社は、個人情報を除いた当該情報・資料をいかなる目的にも無償で自由に利用できるものとします。 リンクについて 当社サイトへのリンクをご希望の場合は、事前に当社へご連絡いただき承諾を得てください。 また、当社サイトにリンクしている第三者のWebサイト、または当社サイトがリンクを設けている第三者のWebサイトについては、一切の責任を負いません。 ご連絡は、お問い合わせ等をご利用ください。 雑誌などへの掲載について 雑誌書籍、広告などの出版物等の各種メディアへの掲載を希望される場合は、事前に当社へご連絡いただき承諾を得てください。 ご連絡は、お問い合わせ等をご利用ください。 英語サイトについて 英語サイトの内容は、原則として日本語サイトに掲載された原文の翻訳とし、日本語サイトの原文と英語サイトの翻訳に齟齬がある場合は、日本語の原文の内容を優先します。 その他 この利用条件は、日本法を準拠法とし、それに基づいて解釈されるものとします。 この利用条件に関わるすべての紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とするものとします。 会員利用規約 本規約は、株式会社オーイズミ・アミュージオが運営する医薬品情報検索サイト「Sirakus」の会員に適用される利用規約です。 会員登録にあたり以下規約にご了承くださいますよう、お願い致します。 第1条 会員の定義 「会員」とは、医薬品情報検索サイト「Sirakus」(以下「当社サイト」)において、当社サイトが指定する方法によって会員登録をおこなったユーザー(サイト利用者)のことを指し、本規約の適用対象となります。 第2条 会員に提供するサービスと機能 当社サイトは会員に対し、非会員ユーザーには提供しない限定サービス・機能を提供します。 会員にはメール等による情報提供サービスのほか、お気に入りリスト機能・閲覧履歴機能・検索条件保存機能・製品へのご意見ご要望投稿機能等を提供しますが、「非会員」と「本会員」では提供されるサービス・機能は異なり、またその提供範囲は事前の通知なく変更される場合があります。 ユーザーは、当社サイトのサービス・機能の提供範囲の変更に対し疑義を申し立てることはできません。 第3条 ID・パスワードの管理 ユーザーは自己の責任においてID(ログインメールアドレス)とパスワードを管理・保管し、これを第三者に利用させたり、貸与・譲渡等をおこなってはなりません。 第三者の利用により生じた損害の責任はユーザーが負うものとし、当社サイトは一切の責任を負いません。 第4条 投稿に対するユーザーの責任 投稿機能を用いて投稿した内容に対する責任はユーザーが負うものとし、当社サイトは一切の責任を負いません。 自身の投稿を製薬企業が参考にすることに留意し、責任ある投稿に努めてください。 第5条 禁止事項 会員は次の行為をすることはできません。 虚偽の情報を登録、または提供すること 2. 他の会員、当社サイトまたは第三者の著作権その他の権利を侵害する行為 3. 他の会員、当社サイトまたは第三者のプライバシーや財産を侵害し、不利益・損害を与えるおそれのある行為 4. 他の会員、または第三者を誹謗中傷する行為 5. 当社サイトで得た情報を第三者に提供するなど、営利を目的とした情報提供活動に用いること 6. 各種投稿機能を営業活動等に利用すること 7. 故意にシステムに負荷をかける行為、本サービスの運営を妨げる行為 8. 公序良俗に反する行為、法令に反する行為 9. その他当社サイトが不適切と判断する一切の行為 第6条 個人情報・投稿情報等の利用目的・保護 当社サイトは、ユーザーが会員登録時に入力した個人情報および投稿情報等を以下の目的において利用します。 1.当社サイトからのお知らせ及び製品情報・広告の配信 メール等にて、当社サイトから製品情報や広告を配信するために利用します。 お知らせ や広告を配信するにあたり、より会員個々に適した情報をお送りするために、入力した 個人情報等を統計的に処理するなどして活用(提携企業からのご案内を、医師会員のみ にお送りするなど)します。 2.外部へのコンテンツ提供 プレスリリースや出版目的、または製薬メーカー等からの依頼に応じ、会員が投稿した 情報やアンケート回答結果等を統計化するなどして発表・提供することがあります。 個人が特定できる情報や、メールアドレス・電話番号等連絡可能なID情報を会員の許 可なく第三者に提供することはありません。 コンテンツ提供にあたっても、個人が特定 できる形式で利用することはありません。 第7条 投稿内容の著作権と当社サイトの利用権 会員が投稿した文書等の著作権は当該会員にあります。 ただし当社サイトは、当該会員に対価等の支払いなく、その文書等を当社サイトその他で二次利用できるものとします。 なお、当社サイトは再利用にあたり当該文書等を会員への通知なしに自由に編集・改変できるものとします。 著作者は、これら当社サイトによる著作物利用について著作者人格権を行使できません。 第8条 投稿内容以外の著作権 会員が投稿した文書等を除くすべての著作物の著作権は、当社サイトに属します。 会員はこれら著作物を許可なく複製し、自身のサイトなどで公開することはできません。 第9条 退会の自由 会員は、いつでも当社サイト指定の方法にて退会することができます。 第10条 会員の抹消・投稿内容の削除 会員が本規約5条に記載された禁止事項に違反したと当社サイトが判断した場合、当社サイトは事前に会員に通知することなく会員情報・投稿内容を抹消・削除することができます。 第11条 投稿された内容の不保証 会員により投稿された内容について当社サイトは一切保証しません。 投稿に対し付帯表示される「投稿者職種」がたとえ医療従事者であっても、確実に医療従事者による投稿かどうかを保証することはできません。 投稿には医療情報が含まれますが、その解釈や実際の医療現場での活用(もしくは患者としての情報活用)にあたっては十分注意してください。 当社サイトは、会員により投稿された情報を参考とした結果発生した損害等について一切責任を負いません。 第12条 設備等に関する責任 1. 当社サイトのご利用に必要な端末、通信機器、ソフトウェア、回線利用契約の締結及びインターネット接続サービスへの加入などの通信環境の整備、設定などの一切は、会員が自己の費用と責任において行っていただきます。 当社は、会員が本サービスのご利用にあたり使用される通信機器、ソフトウェア、及びこれらに付随して必要となる全ての機器との互換性を確保するために、当社等の管理する設備、システム若しくはソフトウェアを改造、変更若しくは追加し、又は当社サイトの提供方法を変更する義務は負いません。 会員は、当社サイトのご利用にあたり当社が推奨する通信環境、ソフトウェア等が備えられていない場合、当社サイトの全部又は一部の利用に支障をきたすおそれがあることを予め承諾していただきます。 第13条 サービスの変更・中止 当社サイトは会員に事前通知なく提供サービス・提供機能を変更・中止することがあります。 第14条 その他免責および損害賠償 1. 当社サイトに掲載する情報に関して細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性・有用性・完全性、およびエラー・ウィルス感染等の危険がないことの安全性等のいずれについても保証するものではなく、いかなる責任を負うものでもありません。 また、当社サイトないしは当社サイトに掲載された情報を利用されたこと、または利用できなかったことにより生じるいかなる損害についても何ら責任を負いません。 また、予告なしに当社サイトに掲載する情報の内容を変更したり、サイトを閉鎖させていただくことがありますので、予めご了承ください。 当社は、本サービス等に使用するデータベース等の障害、その他本サービス等に起因するいかなる損害についても、賠償する義務を一切負わないものとします。 当社は、利用者等が本サービス等を利用したことにより発生した利用者等の損害及び利用者等が第三者に与えた損害について一切の責任を負わないものとします。 第15条 譲渡等の禁止 会員は、本サービスを利用する権利及びその他本サービスを通じて得た権利(ポイントサービスにおけるポイントを含む)・義務の全部又は一部を、有償無償を問わず、第三者に譲渡すること、貸与すること、又は担保に提供することはできません。 第16条 規約の変更 当社サイトは、会員に事前の承諾を得ることなく本規約を変更することができ、サイト上に掲載された規約が変更された時点より効力を生じるものとします。 変更の内容は、メールなど当社サイトが合理的と判断する方法で通知します。 第17条 準拠法と合意管轄 本規約の準拠法は日本法とし、本規約に関する紛争については、東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第1審の専属的合意管轄裁判所とします。 シラクスポイント規約(以下「本ポイント規約」といいます。 )は、株式会社オーイズミ・アミュージオ(以下「当社」といいます)が、会員規約(以下「シラクス会員規約」といいます)に基づき会員登録をした会員(以下「会員」といいます)に対して、ポイントサービス(以下「本サービス」といいます)を提供するにあたり、その諸条件を定めるものです。 本サービスに関し本ポイント規約に規定のない事項については、会員利用規約が適用されます。 第2条(ポイントの付与) 1. 当社は、会員が当社または当社と提携しサービス等を提供する者(以下「サービス提供者」といいます)が指定する方法でサービスの利用を行った場合等、当社がポイント付与に相当であると認めた場合に、直接またはサービス提供者を通じて「シラクスポイント」(以下「ポイント」といいます)を付与します。 ポイント付与の対象となるサイト、サービス、ポイントの付与率、その他ポイント付与の条件は、当社またはサービス提供者が決定し、当社または当該サービス提供者がサービスを提供する所定のサイトへの掲示その他当社所定の方法により会員に告知します。 ポイント付与の対象となるか否か、ポイントの付与率、および有効期限は、サービス提供者、利用サービスの内容等によって異なることがあります。 会員に対してポイントを付与するか否か、付与するポイント数、その他ポイントの付与に関する最終的な判断は、当社またはサービス提供者が行うものとし、会員は予めこれに同意するものとします。 また、付与しないと判断した場合にも、その理由を開示する義務を負わないものとします。 本ポイント規約に従って正当に取得したポイントが、プログラムの不具合等により、会員のポイント残高に正しく反映されなかった場合には、当社の判断によって相当なポイント残高に調整することができるものとします。 第4条(ポイントの利用) 1. 会員は、当社またはサービス提供者が定める方法により、保有するポイントを、プレゼント、サービス、その他の特典(以下「特典」と総称します)と交換することができます。 特典の内容、交換方法等については、当社またはサービス提供者がサービスを提供するサイトへの掲示その他当社所定の方法により告知します。 特典の種類、内容、交換に必要なポイント数、その他ポイント使用の条件は当社またはサービス提供者が定めるものとし、当社またはサービス提供者はこれらをいつでも新規設定、変更または終了させることができます。 品切れ、その他の事情により会員から交換の申し出のあった特典を提供できないことがありますが、その場合は、特典を変更していただくか、または当該ポイント数を会員に返還します。 当社は、前項に定める事由により会員に何らかの不利益が発生したとしても、それについて補償せず、一切の責任を負いません。 会員は、ポイントを使用するときに、当社の求めにしたがって、特典の送付先、連絡先その他の事項を届け出るものとします。 会員に特典を送付する場合、送付先は日本国内における会員本人居住の住所の会員名に限られます。 海外への送付、会員本人以外への送付、または私書箱への送付はできません。 特典によっては、サービス提供者や当社が委託する提携会社から提供されることがあります。 この場合の特典利用の条件については、各サービス提供者または各提携会社の規約または約款等に従うものとし、当社は特典の品質、有用性について、何ら保証するものではありません。 これらの特典に瑕疵がある場合、当該特典を発送・提供したサービス提供者または提携会社と解決するものとします。 会員は、当社または特典提供者に故意・重過失がある場合を除き、特典の返品または他の特典への交換をすることはできません。 第5条(ポイントの照会) 1. 会員は、当社所定の方法により、会員が保有するポイント数、対象取引ごとのポイント獲得数・ポイント使用数を照会することができます。 会員は、前項により照会したポイント数に疑義のある場合には、ただちに当社またはサービス提供者に連絡し、その内容を説明するものとします。 ただし、ポイント数に関する最終的な決定は当社またはサービス提供者が行うものとし、会員はこれに従うものとします。 第6条(ポイントの取消・消滅・有効期限) 1. 当社またはサービス提供者は、会員が次の各号のいずれかに該当すると判断した場合、会員に事前に通知することなく、会員が保有するポイントの一部または全部を取り消すことができるものとします。 会員が180日間、商品交換、ポイント付与の対象となる行為をしなかった場合、事前の告知なく保有する全ポイントは自動的に消滅するものとします。 理由の如何を問わず、ポイントの利用が終了し会員登録が削除された場合、会員が獲得しているポイントは直ちに消滅するものとします。 当社は、取消または消滅したポイントについて何らの補償も行わず、一切の責任を負いません。 第8条(ポイントの譲渡・貸与等の禁止) 保有するポイントを他者に譲渡、貸与、または担保に差し入れること、ポイントを共有することはできません。 また、会員の死亡に伴いポイントは失効し、相続することはできません。 第9条(事故等) 当社および提携企業が提供する特典につき、その配送中または提供後に配送遅延、紛失、盗難、破損等の事故が生じた場合は、当該事故が当社の帰責事由による場合を除き、当社およびは一切責任を負わず、ポイントの返還も行いません。 第10条(本サービスの中断・停止等) 当社は、火災、停電、地震等の天災その他の事由によるシステム障害の発生、およびシステム保守の必要上、本サービスの全部または一部の提供の中断または停止が必要であると判断した場合には、事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を中断または停止することができるものとします。 この中断または停止により会員に生じた損害について、当社は一切責任を負わないものとします。 第11条(第三者による使用) 1. ポイントの使用は、会員本人が行うものとし、当該会員以外の第三者が行うことはできません。 当社は、ポイント使用時に入力されたアカウントが登録されたものと一致することを確認した場合には、会員本人による使用とみなし、それらが盗用、不正使用その他の事情により会員本人以外の者が利用している場合であっても、それが第三者による不正使用であった場合でも、当社は使用されたポイントを返還せず、会員に生じた損害について一切責任を負いません。 第12条(税金及び費用) ポイントの取得、ポイントの利用、特典との交換に伴い、税金や付帯費用などが発生する場合には、会員がこれらを負担するものとします。 第13条(会員資格の喪失・停止) 理由の如何を問わず会員が会員の地位を喪失した場合には、保有するポイント、特典との交換権、その他本サービスの利用に関する一切の権利を失うものとします。 会員は地位の喪失にともなって当社に対して何らの請求権も取得しないものとし、当社は会員に対して一切責任を負わないものとします。 第14条(本サービスの変更・廃止) 当社は、会員に事前に通知することなく、本ポイント規約の変更および本サービスの変更、停止または中止(ポイント使用の中止、ポイント付与の中止、提携サービスの変更、ポイント付与条件の変更を含みますが、これらに限られません)を行うことができるものとし、本条に基づいて当社が本サービスの停止等を行ったことにより会員に不利益または損害が生じた場合でも、当社は一切責任を負わないものとします。 なお、本条に基づく本ポイント規約および本サービスの変更、停止または中止は、すでに行われたポイントの使用には影響しないものとします。 最終更新日:2018年2月20日.

次の