つみたて nisa ideco 併用。 「iDeCo」と「つみたてNISA」を併用して“老後資金2000万円問題”を解決する方法を伝授! 節税で浮いたお金を活用すれば、20年で1000万円を準備できる!|iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2020年]|ザイ・オンライン

運用の併用は可?確定拠出年金(iDeCo)とNISAの違いを比較

つみたて nisa ideco 併用

1 <徹底比較>つみたて(積立)NISAとイデコ(iDeCo)の違いは? 「つみたて(積立)NISA」とともに話題になることが多い「イデコ(iDeCo)」。 どちらも国が作った、積立投資の非課税制度です。 そのため「どっちが得なの?」と比較されることが多いのですが、もともとの「利用目的」が異なっていることをご存じですか? イデコは正式名称を「個人型確定拠出年金」といって、「老後資金」を積み立てることを目的としています。 20歳以上60歳未満の公的年金に加入している人なら誰でも加入できます。 一方、つみたてNISAは、20歳以上なら誰でも利用でき、貯める目的に特に制限はありません。 この目的の違いから、制度の中身もいろいろ異なる点があるのです。 そんなつみたてNISAとイデコの制度の違いについて、下の比較表にまとめてみました。 これからつみたてNISAとイデコを徹底比較しながら、どちらがお得なのか、判定していきますね。 (1)節税効果:イデコの勝ち! 一般的には投資信託などの金融商品を売買して得られた利益には約20%の税金がかかります。 しかし、つみたてNISAやイデコを通して金融商品を売買した場合、その 利益が非課税になるという節税メリットがあります。 ただイデコの場合、節税メリットはこれだけにとどまりません。 毎月積み立てる掛け金が全額、所得控除されますので、その結果、 その年の所得税と翌年の住民税を軽減することができるのです。 節税メリットにおいては、イデコのほうが大きくリードしていると言えるでしょう。 (2)掛け金(積立額)の最低金額:つみたてNISAの勝ち! つみたてNISAとイデコでは、積立できる掛け金も異なります。 つみたてNISAの場合、金融機関によって異なりますが、月々1000~5000円程度が一般的です。 ただ、SBI証券や楽天証券、マネックス証券、松井証券、auカブコム証券(旧カブドットコム証券)などの主要ネット証券会社だと月々100円からと超少額で始められます。 一方イデコの場合は、掛け金の最低金額は1回5000円以上で、1000円単位で設定することになっています。 つみたてNISAのほうが、掛け金(積立額)の最低金額は低く、設定できる積立額の幅も広くなっています。 つまり、始めやすい金額を柔軟に決めることができます。 (3)1年間に投資できる金額:つみたてNISAの勝ち!? 1年間に投資できる金額も、つみたてNISAとイデコでは異なります。 まず、つみたてNISAの投資上限額は年間40万円までとなっています。 一方イデコは、加入者の職業によって上限額が異なります。 自営業者だと年間81万6000円、公務員は年間14万4000円、企業年金がある会社員は年間14万4000円〜24万円、企業年金がない会社員と専業主婦(主夫)は年間27万6000円と決まっています。 1年間で投資できる金額について、単純につみたてNISAとイデコを比較することはできませんが、 自営業者以外の職業の方なら、イデコよりつみたてNISAのほうが多くなります。 (4)積立期間:引き分け!? 積立期間は、つみたてNISAは最長20年間、イデコは20歳~60歳までの最長40年間までとなっており、制度上ではイデコのほうが長いです。 ただイデコの場合、制度の利用開始年齢によって積立期間が異なる点に注意が必要です。 例えば、55歳の人がイデコに加入した場合、60歳までの5年間しか積み立てられませんが、つみたてNISAを利用する場合は20年間(75歳まで)積立が可能です。 こう見ると、 つみたてNISAのほうが利用時間の自由度は高いといえます。 (5)積立できる商品:引き分け!? つみたてNISAとイデコでは、積立できる商品ラインアップも大きく異なります。 つみたてNISAの場合は、「投資信託」と「ETF(上場投資信託)」の2種類です。 一方イデコの場合は、「定期預金」「保険」「投資信託」の3種類となっています。 「元本が変動する投資信託で運用するのはちょっと……」という人は、元本が確保される定期預金や保険を選ぶことができます。 商品は 「自分自身がどういう運用がしたいのか」「元本が変動してもよいか」といったことを判断した上で選ぶわけですから、つみたてNISAかイデコか、どちらが得か損かという話にはならないと思います。 (6)運用資産の引き出し:引き分け!? つみたてNISAとイデコは、どちらも長期の積立が前提なので、お金が必要になったときに引き出しできるかが気になるところです。 まずつみたてNISAについては、引き出しはいつでもOK、引き出し時は税金や手数料などはかかりません。 住宅購入資金や子どもの教育資金など、目的に応じていつでも引き出せます。 一方のイデコについては、老後資金を貯めるという目的があるため、原則60歳まで引き出しができません。 これはデメリットのように見えるかもしれませんが、60歳まで取り崩さずに、老後資金を強制的に貯められるという点で見ればメリットとも言えます。 つまり、引き出しできるかどうかで、どちらが得ということはありません。 貯めたお金を何に使うかによって、制度を使い分けることが大切なのです。 2 つみたて(積立)NISAとiDeCo(イデコ)、資産がどれだけ増えるかシミュレーションしてみた! ここまでつみたて(積立)NISAとイデコ(iDeCo)の違いをご紹介してきました。 では、もし同じ条件で積み立てた場合、運用成果はどう違ってくるのでしょうか? そこで、つみたてNISAとイデコで、同じ商品(投資信託)に積立投資をした場合、その運用結果がどうなるのか、シミュレーションしてみました。 つみたてNISAの対象商品の中で「ニッセイ日経225インデックスファンド」を例に挙げて、解説しましょう。 【投資信託の節税効果】• つみたてNISAもイデコも、投資信託の運用における結果は同じです。 運用益に対して税金がかからないことで、約311万円もの節税効果が得られました。 さらにイデコの場合は、掛け金が全額所得控除になるため、所得税と住民税の節税効果が20年間で計144万円にもなりました。 「運用益が非課税」+「掛け金全額が所得控除」という、ダブルの節税効果が受けられるので、その点はイデコの大きな強みと言えます。 ただし、このシミュレーションだけでイデコのほうが得だと考えるのは禁物です。 さっきも紹介したように、イデコは原則60歳までお金を引き出せません。 つみたてNISAなら自由にお金を引き出せます。 老後より前に使うお金なら「つみたてNISA」、老後資金なら「イデコ」というように、目的に合わせて上手に使い分けることも検討してもよいのではないでしょうか。 3 まとめると、つみたて(積立)NISAとiDeCo(イデコ)を選ぶ基準は難しくないよ!この2つだ! さて、つみたて(積立)NISAとイデコ(iDeCo)ですが、「結局どちらを選べばいいの?」と迷っている人も多いでしょう。 そこで思い切って、選択基準をそれぞれ2点に絞ってみました。 最終結論はズバリこちらです! つみたてNISA どこで口座開設したらよいの? いざ始めよう!と思っても数ある金融機関の中から、どこを選べばよいか迷いますよね。 そこで、分かりやすい基準として、中立的なつみたてNISA専門サイト「つみたてNISAナビ」で圧倒的に口座開設されている会社と、独自のサービスやキャンペーンがあるおすすめ金融機関をご紹介します。 集計期間:2020年04月01日〜2020年04月30日• 1 SBI証券 SBI証券の特徴は?• つみたてNISAナビで圧倒的No1の口座開設数!• つみたてNISA対象銘柄、業界最多• Tポイントが貯まる・使える• 2 楽天証券 楽天証券の特徴は?• 取扱銘柄数が150本以上と豊富なラインナップ!• 楽天スーパーポイントが貯まる• 100円から投資信託がができる• No1にも劣らない auカブコム証券 auカブコム証券の特徴は?• 銘柄数150本以上、全て100円から購入可能!• 他のお取引手数料が優遇される「NISA割」特典• 郵送不要「オンラインで完結」•

次の

つみたてNISAとiDeCo|つみたてNISA|NISA(少額投資非課税制度)|りそな銀行

つみたて nisa ideco 併用

「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA」の合わせ技で、「老後資金」1000万円を作る方法をマンガで解説! 発売中のダイヤモンド・ザイには、別冊付録「老後資金をゼロから1000万円つくる方法」がついてくる! 先日、金融庁が「老後に2000万円必要」との報告書を発表して話題になったが、それをきっかけに、改めて「老後資金」を準備する重要性を実感した人は多いはず。 その手段として検討したいのが、節税効果が高い「iDeCo」の活用と、「iDeCo」による節税で浮いたお金を「つみたてNISA」で運用するというやり方だ。 ダイヤモンド・ザイの別冊付録では、「iDeCo」とつみたてNISAを併用する方法を提案するほか、それぞれの特徴やメリットなどについて、わかりやすく解説している。 「老後に2000万円必要」という金融庁の報告書が、議論を呼んだことは記憶に新しい。 これはあくまで平均値で、必要な金額は人によってまちまちだ。 とはいえ、できるだけ多く用意するに越したことはない。 上のマンガで紹介したのは、「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」と「つみたてNISA」を組み合わせて老後資金を作る方法。 モデルケースは専業主婦の妻がいる45歳サラリーマンで、税込年収は800万円だ。 「iDeCo」には、積立時の「所得控除」、運用時の「運用益の非課税」、給付時の「公的年金控除(または退職所得控除)」という3つの節税効果があるが、その中でも得に大きいのが積立時の「所得控除」。 「iDeCo」に拠出した金額は、所得から丸々差し引けるのだ。 マンガの例の場合、年間27万6000円が課税所得から除外される。 その結果、何もしなければ徴収されていた約8万円の税金を節税できるのだ。 この8万円を老後資金の足しにするとどうなるか。 それをシミュレーションしたのが、マンガ内のグラフだ(以下に抜粋)。 例では、月々2万3000円を「iDeCo」で運用し(1)、2年目からは節税できた8万円を、「つみたてNISA」を利用して運用している(2)。 「つみたてNISA」も、中長期にわたり資産を作るのに向いている仕組みだ。 「iDeCo」のような所得控除はないが、運用益に対する20%の課税がゼロなのは、「iDeCo」と同じ。 年齢や勤め先に関係なく誰でも使える制度なので、使わなければ損だろう。 すると、「iDeCo」だけでも758万円に。 さらに、「つみたてNISA」で年8万円運用すれば、225万円になり、合わせると約983万円という結果になった。 ちなみに現在、「iDeCo」にお金を拠出できる年齢は60歳までだが、これを65歳に引き上げる検討が始まっている。 将来的には恐らくそうなるはずなので、45歳からこのプランを始めても間に合うはずだ。 別冊付録では、「iDeCo」や「つみたてNISA」の特徴や注意点、メリット・デメリットなどをわかりやすく解説しているので、誌面も併せてチェックを! ダイヤモンド・ザイの大特集は「減配しない! 持ち続けられる『10年配当株』を買おう!」。 過去10年にわたって減配しておらず、今後も継続して配当収入が得られそうな「10年配当株」を紹介するほか、配当株にこだわって億り人になった個人投資家の投資手法も公開している。 ほかにも「10年続く株主優待37」「人気投信10本のファンドマネージャーに公開質問!」「『ユダヤ人大富豪の教え』の著者・本田健さんに聞く ワクワクするお金との付き合い方」「プロ10人に聞く 2019年後半の日本株予測!」「仮想通貨 急騰のワケと今後は?」「マンガ コンビニ対FCオーナーの争点は?」「今度こそFXで儲ける! レンジ攻略で7割勝つ!」など、お得な情報が盛りだくさん。 さらに、別冊付録は「老後資金をゼロから1000万円つくる方法」に加えて、「2019年6月からの新制度対応! ふるさと納税」もついてくる! おすすめの返礼品の情報をたっぷり掲載しているので、2019年のふるさと納税にまだ手を付けていない人は必見だ。 受取時は 給付手数料440円(1回毎)を信託銀行に支払う。 還付時には 、国民年金基金連合会と信託銀行への 還付時手数料として 合計1488円(1回毎)がかかる。 運営機関変更時の手数料は「他の金融機関から」変更の場合で、「他の金融機関に」変更する場合は 4400円の手数料が発生する場合がある。 下記の金額は 掛金を拠出する場合(すべて税込)。 口座管理料はどちらのコースでも、誰でも0円だ。 人気のアクティブ型投信「ひふみ年金」や「ジェイリバイブ」は両コースに用意。 保有運用商品はPC画面に加え、スマートフォン上でも管理できる。 資産残高や損益状況の確認、掛金の配分設定の変更やスイッチング等が可能だ。 【信託報酬が低いおすすめ投資信託】 ・eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)(信託報酬:0. 154%以内)<セレクトプラン> ・SBI・全世界株式インデックス・ファンド[雪だるま(全世界株式)](信託報酬:0. 1102%)<セレクトプラン> ・DCインデックスバランス(株式80)(信託報酬:0. 22%)<オリジナルプラン> 【関連記事】 口座管理料 (月額) 手数料 投資信託 加入時・企業型からの移換時 他の運営機関からの変更時 0円 0円 0円 25本 【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! インデックス型投信の信託報酬は最安水準! 口座管理料が誰でもずっと「無料」 で、コスト面から最もお得な金融機関の1つ。 投資信託の本数は24本と標準的だが、内容は充実。 「eMAXIS Slim」シリーズなど 信託報酬が最安水準のインデックス型投資信託が揃えられている。 加えて、 「ひふみ年金」「jrevive」など好成績のアクティブ型投信も豊富だ。 「つみたてNISA」と「iDeCo」、どちらの制度が各個人の投資目的に適しているかアドバイスが受けられる「つみたてNISA・iDeCoシミュレーション」が便利。 現在2つの iDeCoキャンペーン開催中。 どちらも 8月31日(月)まで。 iDeCo口座の新規加入等で 最大10万円相当のAmazonギフト券が抽選で当たる。 また 「紹介キャンペーン」は、紹介された人(被紹介者)がキャンペーンの手順に従って、iDeCoに加入すると、被紹介者1名につき紹介者に5000円相当、最大で2万5000円相当のAmazonギフト券がプレゼントされる。 【信託報酬が低いおすすめ投資信託】 ・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0. 154%) ・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬: 0. 1023 %) 【関連記事】 口座管理料 (月額) 手数料 投資信託 加入時・企業型からの移換時 他の運営機関からの変更時 0円 0円 0円 31本 【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 信託報酬の低い投信を 多数 ラインナップ! 口座管理料は残高を問わず誰でも0円 で、 コスト面から最もお得な金融機関の1つ。 投資信託のラインナップは31本と豊富。 信託報酬の低いインデックス型 が揃っている。 超低コストで全世界や米国に投資できる 「楽天・全世界株インデックス・ファンド」「楽天・全米株式インデックス・ファンド」は注目だ。 「MHAM日本成長株ファンド」など好成績のアクティブ型も用意。 電話で問い合わせができる「個人型確定拠出年金(iDeCo)ダイヤル」は土日も受付を行っている。 【信託報酬が低いおすすめ投資信託】 ・三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド(信託報酬:0. 176%) ・たわらノーロード先進国株式(信託報酬:0. 10989%以内) ・楽天・全世界株式インデックスファンド [ 楽天・バンガード・ファンド(全世界株式) ] (信託報酬:0. 222%程度) 【関連記事】 口座管理料 (月額) 手数料 投資信託 加入時・企業型からの移換時 他の運営機関からの変更時 0円 0円 0円 23本 【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 銀行の中では最も条件がいい! 投資信託は信託報酬の低い商品が揃っている。 イオン銀行は受付金融機関で、みずほ銀行が運営管理機関となるが、みずほ銀行の口座管理料が0円となるのは条件付きなのに対し、無条件で0円とより有利。 無条件で口座管理料が0円なのは銀行で唯一だ。 さらに 低コストのバランス型投資信託があるのも魅力。 【信託報酬が低いおすすめ投資信託】 ・D IAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0. 154%) ・たわらノーロード 先進国株式(信託報酬:0. 10989%以内) ・マイバランス70(確定拠出年金向け)(信託報酬:0. 1540%) 【関連記事】 口座管理料 (月額) 手数料 投資信託 加入時・企業型からの移換時 他の運営機関からの変更時 0円 0円 0円 21本 【おすすめポイント】大手対面型証券会社の中で唯一、口座管理料が誰でも無料! 大 手の対面型証券会社の中で唯一、 口座管理料が誰でもずっと無料。 投資信託のラインナップは2018年10月から新たに6本を追加し計21本に拡充。 インデックス型投資信託の 信託報酬がさらに安くなり、アクティブ型では 好成績で人気の「ひふみ年金」も取扱を開始。 品揃えの魅力度が大幅にアップした。 【信託報酬が低いおすすめ投資信託】 ・ ダイワつみたてインデックス日本株式(信託報酬:0. 154%) ・ダイワつみたてインデックス外国株式(信託報酬:0. 154% ) 【関連記事】 口座管理料 (月額) 手数料 投資信託 加入時・企業型からの移換時 他の運営機関からの変更時 0円 0円 0円 11本 【おすすめポイント】口座管理料が誰でも無料! 投資信託は11本厳選で選びやすい! 口座管理料は残高を問わず誰でもずっと無料。 投資信託は厳選された11本を用意している。 信託報酬が低いインデックス型に絞り込んでおり、アクティブ型は 人気の「ひふみ年金」と金に投資する投信の2本のみ という思い切ったラインナップ。 投資初心者でも迷わず選べる。 【信託報酬が低いおすすめ投資信託】 ・DIAM DC 国内株式インデックスファンド(信託報酬:0. 154%) ・eMAXIS Slim先進国株式インデックス(信託報酬:0. 1023 %) 【関連記事】 口座管理料 (月額) 手数料 投資信託 加入時・企業型からの移換時 他の運営機関からの変更時 0円 0円 0円 26本 【おすすめポイント】 2019年4月27日(土)より「カブコムのiDeCo」取扱い開始。 KDDIアセットマネジメントが運営管理機関となりサービスが提供される。 スマートフォンから操作できるiDeCo専用アプリにより、 節税効果のシミュレーションや申し込み、運用商品の選択などが直感的に行える。 取扱商品は、信託報酬が業界最低水準となるインデックス投資信託を中心に、株式、債券、不動産 REIT の投信や定期預金など幅広く27本。 若いうちはリスク資産に投資し、老後は安定運用を目指す「ターゲットイヤーファンド」も選択が可能だ。 【信託報酬が低いおすすめ投資信託】 ・つみたて日本株式 日経平均 ・(TOPIX)(信託報酬: 0. 198 %) ・つみたて先進国株式(信託報酬:0. 22% ) 口座管理料 (月額) 手数料 投資信託 掛金1万円以上or 残高100万円以上 掛金1万円未満で 残高100万円未満 加入時 企業型からの移換時 0円 283円 0円 0円 26本 【おすすめポイント】 掛金が月1万円以上なら口座管理料0円!低コストの投信が豊富! 掛金が月1万円以上もしくは残高100万以上なら、口座管理料が0円。 投資信託は、 バランス型を含め主な投資対象で 信託報酬が低いインデックス型が用意されている。 アクティブ型投信では人気の「ひふみ年金」もラインナップ。 【信託報酬が低いおすすめ投資信託】 ・野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX(信託報酬: 0. 154 % ) ・野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI(信託報酬:0. 154% ) ・マイバランスDC70(信託報酬:0. 投資商品は投資信託4本と定期預金1本しか用意されていないが、 投資信託を選ぶと、投資信託の種類と投信残高に応じてPontaポイントが毎月付与されるのは大きなメリット。 投資信託は「安定」「安定成長」「成長」「高成長」の4種類。 スマホの専用アプリも用意されている。 【信託報酬が低いおすすめ投資信託】 ・auスマート・ベーシック(安定)(信託報酬: 0. 385%) ・auスマート・ベーシック(安定成長)(信託報酬: 0. 385%) ・auスマート・プライム(成長)(信託報酬:1. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 15)• 広瀬 隆雄(2020. 20)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019.

次の

「iDeCo」と「つみたてNISA」を併用して“老後資金2000万円問題”を解決する方法を伝授! 節税で浮いたお金を活用すれば、20年で1000万円を準備できる!|iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説[2020年]|ザイ・オンライン

つみたて nisa ideco 併用

例えば、公務員は毎月12,000円までです。 あなたが加入できるかの簡単診断は下記サイトを。 つみたてNISAとiDeCoは何が優れているのか 毎月、最低5,100円から積み立てられる つみたてNISAもiDeCoも「毎月いくら」という形で、投資信託などの金融商品を購入できます。 私達は「100万円や500万円、1000万円といった大金で株を買う」という資産運用のイメージを持っています。 しかし、つみたてNISAもiDeCoもそのような大金は不要です。 両者を併せても毎月5,100円から始められるんです。 主に老後の備えに最適である つみたてNISAもiDeCoも老後の備えに最適な制度です。 特にiDeCoは60歳になるまで取り崩せないなど、完全に老後に向けての制度として作られています(個人型確定拠出「年金」の名が示すとおり)。 例えば、 あなたが現在40歳だった場合、つみたてNISAは20年、iDeCoは20年以上の運用期間を取れます。 20年ってめっちゃ長いですよね。 この運用期間を考える時には、特に 投資信託の長期投資は高い成功確率を誇ることを思い出してください。 過去の実績に基づく限りは、20年以上の長い期間運用することで、高い確率で投資元本には運用益が乗るはずです。 その投資元本と運用益こそが、あなたの老後の生活費になります。 税金が優遇される つみたてNISAもiDeCoも税制上の優遇があります。 iDeCo:一度支払ったお金は、 60歳まで手元に戻りません• つみたてNISA:お金が必要になったら、 いつでも換金できます(出金できます) 生活防衛資金など緊急性のあるお金や、子供の10年後の学費になるお金はiDeCoよりもつみたてNISAに向いています。 iDeCoに投資すべきお金は、あなたの老後の生活費として割り振ります。 併用時は「iDeCoとつみたてNISA全体」での資産配分(アセットアロケーション)を考えよう 行き当たりばったりで商品を選ばない iDeCoごと、つみたてNISAごとに考えずに、あなたのすべての資産全体を見て、資産配分(アセットアロケーション)を決めるようにします。 例えば、• 証券口座を開設して、投資信託を買おう• でも、資産運用は不安。 ネットの記事を参考に、ローリスクなバランスファンド(債券60%:株式40%)を選ぼう• iDeCoを始めよう• でも、資産運用は不安。 iDeCoの記事を参考に、ローリスクなバランスファンド(債券40%:株式60%)を選ぼう• つみたてNISAを始めよう• でも、資産運用は不安。 つみたてNISAの記事を参考に、ローリスクなバランスファンド(債券70%:株式30%)を選ぼう といった選び方をすると、 あなたの資産全体を見たときに株式や債券をどの比率で持っているのが分かりにくくなります。 この比率がわからないと、例えば1年間でどの程度損失を抱える可能性があるか、といった計算もできなくなります。 それでは運用に失敗しても当然ですよね。 そこで、例えば株式と債券をバランスよく保有するなら、• iDeCo:債券100%(例えばeMAXIS slim 先進国債券インデックス)• つみたてNISA:株式100%(例えばeMAXIS slim 先進国株式インデックス)• あとは積立額で比率をコントロールする と投資したほうが、簡単で分かりやすいと思いませんか? 最初のうちは、このように場当たり的に商品を選んでしまうことも多々あるはずです。 でも、 最終的にはあなたが管理しやすいように上手くまとめられるようになることをオススメします。 ちなみに筆者作成のピザロを使うと、投資信託の組み合わせからアセットアロケーションを簡単に算出できるようになっています。 つみたてNISAとiDeCoの商品組み合わせ例 例えばこの記事なんかはつみたてNISAとiDeCoでの商品組み合わせに役立つと思います。 証券口座:国内株式や適当に買った商品など• 安全資産:預金と個人向け国債 iDeCoとつみたてNISA。 筆者流の使いわけ 毎月の収支を基準に、 取り崩す必要の無いお金をiDeCo、一時的に増減額するかもしれない金額をつみたてNISAで運用しています。 いわば、つみたてNISAは「緩衝材」みたいなイメージです。 iDeCoも魅力だけど、私がつみたてNISAをお勧めしているのは、この資金拘束が無いというところ。 20年って想像以上に長いですからね。 みらいさんのチャレンジと決断は悩んだろうけど素晴らしいと思う。 それなら、ウェブサイトから瞬時に金額を変更できるつみたてNISAのほうが調整役に適していると思いませんか。 参考までに筆者は「つみたてNISA 2:iDeCo 3」の割合で掛け金をかけています。 余談:つみたてNISAとiDeCoで同じ商品を買ってもよいか つみたてNISAとiDeCoで同一商品を購入すると、管理が簡単になりますが、なんらかのリスクの影響を受けやすくなります。 例えば 相場不調時に「つみたてNISA口座もiDeCo口座も損をしている」という状態になると嫌気が差してくるかもしれません。 複数の投資信託を組み合わせられないので、リスク・リターンを調整できない• 一社の商品に依存するので、繰上償還など会社都合の事象がおきたときに資産の大部分が影響を受けやすい [スポンサーリンク] まとめ• つみたてNISAとiDeCoは併用できる。 どちらを使うか迷ったら、併用することも考えてみよう。 その際には、60歳までに使う見込みのあるお金はiDeCoに振り分けないこと• 商品の組み合わせを考える場合には、つみたてNISAとiDeCoを含め、あなたの資産全体を見渡して配分を決めよう。 つみたてNISAだけ、iDeCoだけでポートフォリオを作ってしまうと、全体でどの程度リスクを取っているかがわかりにくくなる• つみたてNISAの商品は金融庁のチェックが入っているが、iDeCoの商品は金融機関が売りたいものが並んでいる。 酷い組み合わせのケースもあるので、金融期間選びは慎重に どちらも使わないと「勿体ない」ほどの良い制度なので、毎月の収入の一部をガンガンかけてみてほしいな、と思うわけです。 今始めている現役世代の人と、何もせずに日々過ごしている人では、絶対に将来差が出ると思っています。 もし元本割れが怖いな、と思ったら、投資信託の長期投資の優位性のことも思い出して欲しいです。

次の