セガ エンタテインメント。 グループ概要|セガサミーホールディングス

90年代のゲーセンを席巻した“アストロシティ”筐体がスマホスタンドに! “セガロゴ焼き”とセットで6月29日より発売

セガ エンタテインメント

,LTD. )は、の(同社では自社を「アニメーションの総合プロデュース会社」と規定している)。 正会員。 概要 [ ] (昭和21年)に アサヒ手袋製造株式会社として設立され、元はメーカーであった。 後に、旭一編織株式会社、株式会社旭一、旭一シャイン工業株式会社、 株式会社キョクイチへ商号変更した。 (平成元年)、グループに買収され、繊維事業から事業へ業態を転換。 以降、セガ・エンタープライゼス(後の)に数度のを仰ぐようになり、(平成4年)にセガグループ傘下となる。 (平成7年)、アニメーション制作大手のを。 (平成12年)、 株式会社トムス・エンタテインメントに商号を変更。 (平成15年)、繊維事業から完全撤退し、以降はアニメーション制作とアミューズメント施設運営を事業の二本柱としていたが、2008年にアミューズメント施設運営を子会社の「」に分離(その後、セガグループに吸収合併され会社としては消滅。 詳細はリンク先を参照)したため、現在はアニメーション制作・映像ライセンスビジネス・コンテンツビジネスの三事業を軸としている。 なお同社の英語表記「 TMS」は、東京ムービー新社( Tokyo Movie Shinsha Co. , Ltd. )が表記に用いた略称と同じものであり、周年カウントについては旧・東京ムービーがアニメを制作開始した1964年(昭和39年)を起点としている(「沿革」で後述)。 沿革 [ ]• (昭和21年) - にて アサヒ手袋製造株式会社を設立。 同年、商号を 旭一編織株式会社に変更。 (昭和22年) - 株式会社旭一に商号変更。 (昭和32年) - 旭一シャイン工業株式会社に商号変更。 名古屋証券取引所に上場。 (昭和33年) - 名古屋市に本社移転。 (昭和36年) - シャインミンク株式会社を札幌に設立しミンク事業に進出。 (昭和37年) - 毛皮事業を開始。 (昭和39年)8月 - 旧・東京ムービー、アニメ制作を開始。 初作『』放送。 (昭和49年) - シャインミンクを統合し旭一シャイン工業のミンク事業部とする。 本社を名古屋市に移す。 (昭和55年) - 名古屋市錦に本社を移転。 (平成元年)4月 - ウォッチマングループに買収される。 (平成3年) - 株式会社キョクイチに商号変更。 名古屋市中区錦にゲームセンター「」栄店をオープンしアミューズメント事業に進出。 (平成4年) - セガ・エンタープライゼスおよび株式会社と業務提携。 セガグループ入りする。 キョクイチは赤字続きで累積損失は12億円に。 (平成6年) - 名古屋市中区栄に社屋移転。 (平成7年)11月 - セガの子会社だった株式会社東京ムービー新社を吸収合併し、東京支店を設立。 東京ムービー事業本部を発足させる。 またマルチメディア事業に進出。 合併はセガの意向であり、買収の資金もセガからの増資で得た資金によるもの。 (平成8年) - シンガポール現地法人設立。 また株式会社大王振興(後の株式会社オーペス)を子会社にする。 (平成9年)7月 - 鉄鋼メーカーだった(後の株式会社ヤハギ)を買収。 (平成10年)3月 - ヤハギ株を売却し、資本提携を解消。 (平成12年)1月 - 株式会社トムス・エンタテインメントに商号変更。 (平成15年) - 繊維事業から完全に撤退。 (平成16年) - 東京支社を東京本社に改組。 子会社となる。 (平成18年)• 3月 - オーペス代表取締役社長がTMS取締役退任。 オーペスがによりグループから分離。 (平成19年)7月より株式会社に社名変更。 愛知県名古屋市の本店と東京本社を統合。 本社を東京都新宿区に移転。 (平成20年)• 5月 - 子会社「株式会社AGスクエア」を設立し吸収分割によりアミューズメント事業を承継させた。 一度「ゲオスクエア」に社名変更したが譲渡中止で前の社名に戻した。 9月29日 - 同年10月1日にアミューズメント事業をに営業譲渡する予定だったが、ゲオ側の申し入れにより中止になる。 TMSに解決金2億4000万円を支払う。 (平成22年)• 2月 - 本店所在地を東京都新宿区西新宿七丁目二十番一号(住友不動産西新宿ビル28階)に移転。 11月26日 - 上場廃止。 12月1日 - により、セガサミーホールディングスの完全子会社化。 (平成23年)3月 - 子会社として株式会社スタジオさきまくら を設立。 (平成24年)• 4月1日 - 株式会社スタジオさきまくらを吸収合併。 11月26日 - 本店所在地を東京都中野区中野三丁目(旧・本社ビル)に移転。 (平成25年)• 12月1日 - 制作スタジオを東京都中野区上高田から本店と同じ場所に移転。 (平成26年)• 10月12日 - 旧・東京ムービーがアニメ制作を開始してから50周年を迎えた事を記念し、記念イベント「トムスFes. 」を東京・で開催。 『ルパン』・『コナン』など長年に渡って制作し続けた作品や『ヴァンガード』・『弱虫ペダル』など近年の制作作品に出演した声優たち総勢25人が登壇、トムスアニメ50周年の祝辞を述べた。 (平成27年)• 2月23日 - アニメ製作開始50周年事業の一環として、西武鉄道とのコラボアニメ「」を制作。 4月1日 - セガサミーグループ再編に伴い、セガサミーホールディングスの完全子会社から株式会社セガホールディングス(後の株式会社)の完全子会社となる。 (平成28年)• 7月 - 、、、の4社と共同で企画を立案したプロジェクト「」第1弾『』が放送開始(同年9月まで放送)。 (平成29年)• 3月1日 - 資本金を88億1686万6000円から1億円に減資。 4月17日 - 長年『ルパン三世』シリーズで深い繋がりがあった逝去をうけ、トムス社が訃報を出す。 4月24日 - 同年8月のトムスアニメ製作開始55周年を控え、に期間限定(2020年1月初頭までの予定)で、過去作のベストセレクションを無料配信する「TMSアニメ55周年公式チャンネル」を開設。 特徴 [ ]• 旧作の修復作業に積極的であり 、一部の作品ではDVD発売時のリマスター化の際にハイビジョン・マスターを制作していることもあった。 だが、修復作業の過程で旧東京ムービー社が製作したテレビアニメ作品のオリジナルの表記を変更し「 製作・著作 トムス・エンタテイメント」とする場合が多く賛否両論だった [ ]が、現在は映像はそのままに本編終了後にトムスの表記を添えるなどのオリジナルを尊重するなどの配慮はしている。 制作スタジオ [ ] 2010年代頃から、トムスが出資している作品の映像クレジットで、トムス社と共に同社の制作スタジオ名も併記される様になった。 スタジオ名には数字もしくは数由来の語句が入っている。 なお、他の会社がメインで出資、もしくは共同で制作している場合は会社名のみで、スタジオ名表記は無い。 現在確認されているのは下記の通り。 V1Studio - 『』(劇場版はから)など• だぶるいーぐる - 『』、『』など• 3xCube - 『』など• トロワスタジオ - 『』など• 制作8班(8PAN) - 『』シリーズ、『』など このほか、「ローグ・スタジオ」なども存在しているが、こちらは日本向け作品では確認されていない。 過去に存在したスタジオ• 777 Studio - 『』• Po10tial - 『』 作品履歴 [ ] 「」を参照 グループ会社 [ ]• トムス・ジーニーズ• TMS MUSIC UK LIMITED(英国)• TMS MUSIC HK LIMITED(香港)• TMS ENTERTAINMENT USA,INC. (米国、非連結) 過去 [ ]• - 株式を売却。 - により独立し、後にエッグボックスへ商号変更したが、2019年2月破産手続開始決定。 - セガアミューズメント施設事業部、セガビーリンクと統合してとなった。 スタジオさきまくら - トムス・エンタテインメントに吸収合併。 トクシス - マーザ・アニメーションプラネットへ事業を譲渡し、2019年3月に解散した後、同年6月に清算結了。 アルテメイト - 2020年3月に解散し、清算手続へ移行。 音楽事業はギャンビットへ譲渡され、舞台事業からは撤退。 関連人物 [ ] アニメーター・演出家 [ ]• 株式会社トムス・エンタテインメント. 2020年6月28日閲覧。 トムス・エンタテインメント ニュースリリース、2008年9月29日• セガサミーホールディングス 2010年8月27日• 2011年5月12日. スワッチのアニメ日記. 2014年6月4日閲覧。 なお、「さきまくら」は出﨑統本人のペンネーム。 PDF プレスリリース , セガホールディングス, 2015年2月12日 , 2019年7月6日閲覧。 PDF プレスリリース , セガサミーホールディングス, 2015年2月12日 , 2019年7月6日閲覧。 PDF プレスリリース , トムス・エンタテインメント, 2019年4月17日 , 2019年7月6日閲覧。 『』、『』、『』シリーズが該当する。 トムス・エンタテインメント. 2014年4月1日閲覧。 トクシス 2019年4月1日• マーザ・アニメーションプラネット 2019年3月8日• 国税庁法人番号公表サイト• アルテメイト 2020年3月• アルテメイト 2020年4月1日 関連項目 [ ]• - 東京ムービーおよび東京ムービー新社の概要・沿革についてはこの項目を参照。 - 同社出身の小沢十光が設立• - 同社出身のが設立• - 同社出身の松本真が設立• - 同社出身の宮本秀晃が設立• - 同社出身の徳永元嘉が設立• - TMSがセガに買収された時には、当社とは無関係となっていた。 外部リンク [ ]• - チャンネル.

次の

セガ エンタテインメント、経営環境刷新のためにインフォアのERPを採用(Infor プレスリリース)

セガ エンタテインメント

株式会社セガ エンタテインメントは、アミューズメント施設()などを運営する日本の企業。 本稿では4月から9月までにおける 株式会社直営時代のアミューズメント施設運営事業についても述べる。 概要 [ ] 2004年4月にセガの子会社として株式会社セガ ビーリンクを設立し、当初は株式会社から「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」の運営を移管した上でを展開していた。 セガ アミューズメント自体はセガ ビーリンク設立後もゲームセンターを中心に運営していたが、2005年4月に株式会社サミー・アミューズメントサービス共々セガに吸収合併されて再度セガ直営となった。 2012年10月に、セガからアミューズメント事業を吸収分割し 、セガの子会社であった株式会社を吸収合併したと同時に現在の社名に変更し、セガから「セガ」「セガワールド」「セガアリーナ」「ハイテクランドセガ」「クラブセガ(CLUB SEGA)」「ギーゴ(GIGO)」「岡山」を、AGスクエアから「AGスクエア」「AGBOWL」の運営をそれぞれ引き継いだ。 以降はセガサミーグループに於けるアミューズメント施設部門を担っている他、機のレンタル業務も担当している。 親会社であるは2016年1月29日に、2014年5月から実施しているセガサミーグループの構造改革の一環として同年3月1日付でセガ エンタテインメントの会社分割を実施し、設立時からの事業であるダイニングダーツバー事業、ダーツアクセサリー等の販売事業を承継会社である株式会社へ吸収分割することを発表。 同年3月1日にダイニングダーツバー事業、ダーツアクセサリー等の販売事業をビーリンクへ吸収分割したと同時に、「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」の運営はビーリンクへ移管された。 これにより、セガ エンタテインメントはゲームセンター事業並びにアーケードゲーム機のレンタル業務、「KidsBee」の運営に特化することになると同時に、セガサミーグループにおけるダーツ事業を行う企業は、2016年4月以降との2社となる。 沿革 [ ]• 4月1日 - 株式会社セガ ビーリンクとして設立。 同時に株式会社セガ アミューズメントから「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」の運営を移管。 10月1日 - 株式会社を吸収合併し、かつ株式会社セガからアミューズメント施設事業部を分割して吸収合併の上、商号を株式会社セガ エンタテインメントに変更。 セガから東京・梅田ジョイポリスを除くアミューズメント施設の運営、アーケードゲーム機のレンタル業務を再移管。 3月18日 - の子会社である株式会社ロイヤリティ マーケティングのポイントサービスであるのサービスを開始。 4月1日 - セガサミーグループ再編に伴い、の子会社となる。 2月15日 - 交通系によるゲームプレイ代金決済を、クラブセガ新宿西口店で試験導入開始。 3月1日 - セガ エンタテインメントの会社分割を実施し、「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」ブランドのダイニングエンタテインメント施設の企画・運営、飲食店施設の企画・運営、ダーツアクセサリー等の販売事業を、同年1月18日に設立した株式会社ビーリンクに吸収分割かつ移管。 4月 - 企業ロゴを独自のロゴから、セガホールディングス、セガゲームス、と同様のSEGAロゴに変更。 10月17日 - やで操作するオンラインを、同年12月から開始することを発表し 、同年12月15日よりサービス開始。 5月1日 - 本社所在地をカナルサイドビルからにある住友不動産大森パークビル7Fへ移転。 10月1日 - 本店所在地をセガホールディングス羽田1号館・2号館から住友不動産大森パークビル7Fへ移転。 展開している店舗 [ ] 現行店舗については、を参照 ・・・・・・の7道県には店舗は存在しない。 かつては店舗形態により複数のブランドを使い分けて展開していたが、2010年代以降出店の店舗は店舗形態によらず「セガ」ブランドに統一されており、既存店舗についても改装と同時にセガブランドに順次変更している。 これは同業他社の(旧ナムコ)にも見られる傾向である。 にある「セガワールド アポロ」は、1972年7月の開業と同時に「アポロベガス」としてオープンした店舗であり、セガ エンタテインメントが運営している店舗では最古参の店舗でもある。 また、SEGA旧ロゴ時代から運営している店舗である。 Pontaポイントサービスは、当初は首都圏の3店舗で開始したが、2013年7月1日からは全国でのサービスとなった(一部店舗除く)。 電子マネー対応店舗は、2018年8月現在で70店舗に拡大している。 セガアミューズメント施設事業部から移管• セガ - 2010年代以降はこのブランドのみを使用• セガワールド - 主に郊外の中規模直営店向けブランド• セガアリーナ - 主に郊外の大規模直営店向けブランド• ハイテクランドセガ - 主にフランチャイズ店舗や小規模店向けブランド• クラブセガ(CLUB SEGA) - 主に都心の中規模直営店向けブランド セガ エンタテインメントへの商号変更後から運営• SEGA VR AREA• KidsBee• Peccone• SweetsSpoon• セガのたい焼き• やわらかシロコッペ• セガ ソニック鉄道• セガボウル かつて展開していた店舗 [ ]• コスプレプリントシールスタジオ「くるチェン! 」 - 2016年1月31日の新宿店閉店を以って消滅。 でこぼこモーターズ - 2017年4月9日のトレッサ横浜店閉店を以って消滅。 でこぼこクレーンカンパニー• ギーゴ(GiGO) - 主に都心の大規模直営店向けブランド。 秋葉原・池袋・岐阜・心斎橋・広島・天神の6店舗があった(池袋GiGOはセガブランドへ転換の際に「セガ池袋GiGO」となり店名にGiGOの名が残された)。 岡山ジョイポリス - 2018年9月6日閉店。 AGスクエア・AG BOWL - 旧・株式会社より移管。 2019年10月までにセガブランドに転換。 以下の店舗は2016年3月1日付で株式会社ビーリンクへ移管。 Bee• BeeRUSH• KABURA 対応する電子マネー [ ] 利用できる電子マネーは店舗によって異なる。 交通系ICカード乗車券 [ ]• のうち、を除く9種類が利用可能。 商業系電子マネー [ ]• 2000年代後半以降の動向 [ ]• 2009年3月期末当日である2009年3月31日には、セガから経営分離される北海道・・・・・・・・・・に所在する15店舗の運営を引き継ぐ新会社として、同年6月1日付で株式会社ES1を新設分割で設立することを発表。 ES1全株式は設立当日に株式会社の子会社である株式会社SPC1号(後の株式会社〈3代〉)へ譲渡され、同時にES1への移管対象となった12店舗はタイトーステーションに変更された。 なお、セガからタイトーへ移管された店舗は、2017年現在でも大半の店舗が営業している。 2017年12月より「セガキャッチャーオンライン」の名前でサービスを開始したオンラインクレーンゲームは、同業他社と同様、獲得した景品を宅配にて受け取るサービスとなる。 大手メーカー系列では、2017年秋にサービス開始予定のに次いで2社目となる。 経営面では、セガ ビーリンク時代は赤字決算が続いていたが、現社名に商号変更して以降は、2013年3月期以来4期連続で黒字決算となっている。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• セガ ビーリンク (2012年7月7日のキャッシュ)• セガサミーホールディングス 2005年1月28日• セガサミーホールディングス 2013年6月19日• net 2013年3月18日• セガプレスリリース 2015年2月12日• セガサミーホールディングス 2015年2月12日• 4Gamer. net 2015年2月12日• アニメ! アニメ! ビズ 2015年2月14日• セガ製品情報サイト 2016年2月15日• セガ エンタテインメント 2017年12月15日• セガ エンタテインメント 2018年4月21日閲覧。 セガ60周年特設サイト• 4Gamer. net 2013年7月1日• セガ エンタテインメント 2018年8月28日. 2018年9月17日時点のよりアーカイブ。 2019年8月23日閲覧。 セガ 2009年4月16日(2011年7月17日のキャッシュ) 外部リンク [ ]•

次の

株式会社セガ エンタテインメントの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

セガ エンタテインメント

株式会社セガ エンタテインメントは、アミューズメント施設()などを運営する日本の企業。 本稿では4月から9月までにおける 株式会社直営時代のアミューズメント施設運営事業についても述べる。 概要 [ ] 2004年4月にセガの子会社として株式会社セガ ビーリンクを設立し、当初は株式会社から「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」の運営を移管した上でを展開していた。 セガ アミューズメント自体はセガ ビーリンク設立後もゲームセンターを中心に運営していたが、2005年4月に株式会社サミー・アミューズメントサービス共々セガに吸収合併されて再度セガ直営となった。 2012年10月に、セガからアミューズメント事業を吸収分割し 、セガの子会社であった株式会社を吸収合併したと同時に現在の社名に変更し、セガから「セガ」「セガワールド」「セガアリーナ」「ハイテクランドセガ」「クラブセガ(CLUB SEGA)」「ギーゴ(GIGO)」「岡山」を、AGスクエアから「AGスクエア」「AGBOWL」の運営をそれぞれ引き継いだ。 以降はセガサミーグループに於けるアミューズメント施設部門を担っている他、機のレンタル業務も担当している。 親会社であるは2016年1月29日に、2014年5月から実施しているセガサミーグループの構造改革の一環として同年3月1日付でセガ エンタテインメントの会社分割を実施し、設立時からの事業であるダイニングダーツバー事業、ダーツアクセサリー等の販売事業を承継会社である株式会社へ吸収分割することを発表。 同年3月1日にダイニングダーツバー事業、ダーツアクセサリー等の販売事業をビーリンクへ吸収分割したと同時に、「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」の運営はビーリンクへ移管された。 これにより、セガ エンタテインメントはゲームセンター事業並びにアーケードゲーム機のレンタル業務、「KidsBee」の運営に特化することになると同時に、セガサミーグループにおけるダーツ事業を行う企業は、2016年4月以降との2社となる。 沿革 [ ]• 4月1日 - 株式会社セガ ビーリンクとして設立。 同時に株式会社セガ アミューズメントから「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」の運営を移管。 10月1日 - 株式会社を吸収合併し、かつ株式会社セガからアミューズメント施設事業部を分割して吸収合併の上、商号を株式会社セガ エンタテインメントに変更。 セガから東京・梅田ジョイポリスを除くアミューズメント施設の運営、アーケードゲーム機のレンタル業務を再移管。 3月18日 - の子会社である株式会社ロイヤリティ マーケティングのポイントサービスであるのサービスを開始。 4月1日 - セガサミーグループ再編に伴い、の子会社となる。 2月15日 - 交通系によるゲームプレイ代金決済を、クラブセガ新宿西口店で試験導入開始。 3月1日 - セガ エンタテインメントの会社分割を実施し、「Bee」、「BeeRUSH」、「KABURA」ブランドのダイニングエンタテインメント施設の企画・運営、飲食店施設の企画・運営、ダーツアクセサリー等の販売事業を、同年1月18日に設立した株式会社ビーリンクに吸収分割かつ移管。 4月 - 企業ロゴを独自のロゴから、セガホールディングス、セガゲームス、と同様のSEGAロゴに変更。 10月17日 - やで操作するオンラインを、同年12月から開始することを発表し 、同年12月15日よりサービス開始。 5月1日 - 本社所在地をカナルサイドビルからにある住友不動産大森パークビル7Fへ移転。 10月1日 - 本店所在地をセガホールディングス羽田1号館・2号館から住友不動産大森パークビル7Fへ移転。 展開している店舗 [ ] 現行店舗については、を参照 ・・・・・・の7道県には店舗は存在しない。 かつては店舗形態により複数のブランドを使い分けて展開していたが、2010年代以降出店の店舗は店舗形態によらず「セガ」ブランドに統一されており、既存店舗についても改装と同時にセガブランドに順次変更している。 これは同業他社の(旧ナムコ)にも見られる傾向である。 にある「セガワールド アポロ」は、1972年7月の開業と同時に「アポロベガス」としてオープンした店舗であり、セガ エンタテインメントが運営している店舗では最古参の店舗でもある。 また、SEGA旧ロゴ時代から運営している店舗である。 Pontaポイントサービスは、当初は首都圏の3店舗で開始したが、2013年7月1日からは全国でのサービスとなった(一部店舗除く)。 電子マネー対応店舗は、2018年8月現在で70店舗に拡大している。 セガアミューズメント施設事業部から移管• セガ - 2010年代以降はこのブランドのみを使用• セガワールド - 主に郊外の中規模直営店向けブランド• セガアリーナ - 主に郊外の大規模直営店向けブランド• ハイテクランドセガ - 主にフランチャイズ店舗や小規模店向けブランド• クラブセガ(CLUB SEGA) - 主に都心の中規模直営店向けブランド セガ エンタテインメントへの商号変更後から運営• SEGA VR AREA• KidsBee• Peccone• SweetsSpoon• セガのたい焼き• やわらかシロコッペ• セガ ソニック鉄道• セガボウル かつて展開していた店舗 [ ]• コスプレプリントシールスタジオ「くるチェン! 」 - 2016年1月31日の新宿店閉店を以って消滅。 でこぼこモーターズ - 2017年4月9日のトレッサ横浜店閉店を以って消滅。 でこぼこクレーンカンパニー• ギーゴ(GiGO) - 主に都心の大規模直営店向けブランド。 秋葉原・池袋・岐阜・心斎橋・広島・天神の6店舗があった(池袋GiGOはセガブランドへ転換の際に「セガ池袋GiGO」となり店名にGiGOの名が残された)。 岡山ジョイポリス - 2018年9月6日閉店。 AGスクエア・AG BOWL - 旧・株式会社より移管。 2019年10月までにセガブランドに転換。 以下の店舗は2016年3月1日付で株式会社ビーリンクへ移管。 Bee• BeeRUSH• KABURA 対応する電子マネー [ ] 利用できる電子マネーは店舗によって異なる。 交通系ICカード乗車券 [ ]• のうち、を除く9種類が利用可能。 商業系電子マネー [ ]• 2000年代後半以降の動向 [ ]• 2009年3月期末当日である2009年3月31日には、セガから経営分離される北海道・・・・・・・・・・に所在する15店舗の運営を引き継ぐ新会社として、同年6月1日付で株式会社ES1を新設分割で設立することを発表。 ES1全株式は設立当日に株式会社の子会社である株式会社SPC1号(後の株式会社〈3代〉)へ譲渡され、同時にES1への移管対象となった12店舗はタイトーステーションに変更された。 なお、セガからタイトーへ移管された店舗は、2017年現在でも大半の店舗が営業している。 2017年12月より「セガキャッチャーオンライン」の名前でサービスを開始したオンラインクレーンゲームは、同業他社と同様、獲得した景品を宅配にて受け取るサービスとなる。 大手メーカー系列では、2017年秋にサービス開始予定のに次いで2社目となる。 経営面では、セガ ビーリンク時代は赤字決算が続いていたが、現社名に商号変更して以降は、2013年3月期以来4期連続で黒字決算となっている。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ]• セガ ビーリンク (2012年7月7日のキャッシュ)• セガサミーホールディングス 2005年1月28日• セガサミーホールディングス 2013年6月19日• net 2013年3月18日• セガプレスリリース 2015年2月12日• セガサミーホールディングス 2015年2月12日• 4Gamer. net 2015年2月12日• アニメ! アニメ! ビズ 2015年2月14日• セガ製品情報サイト 2016年2月15日• セガ エンタテインメント 2017年12月15日• セガ エンタテインメント 2018年4月21日閲覧。 セガ60周年特設サイト• 4Gamer. net 2013年7月1日• セガ エンタテインメント 2018年8月28日. 2018年9月17日時点のよりアーカイブ。 2019年8月23日閲覧。 セガ 2009年4月16日(2011年7月17日のキャッシュ) 外部リンク [ ]•

次の