三井 住友 ds アセット マネジメント。 基準価額一覧|三井住友DSアセットマネジメント

基準価額一覧|三井住友DSアセットマネジメント

三井 住友 ds アセット マネジメント

マーケットレポート 関連コンテンツ• 当資料は、三井住友DSアセットマネジメントが、ファンドの商品性格および運用状況等についてお伝えすることを目的として作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨を目的としたものではありません。 当資料に基づいて取られた投資行動の結果については、当社は責任を負いません。 投資信託の取得のお申込みにあたっては、販売会社よりお渡しする最新の投資信託説明書(交付目論見書)等の内容をご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 当資料に投資信託説明書(交付目論見書)と異なる内容が存在した場合には、最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容が優先します。 投資信託は値動きのある証券(外国証券には為替変動リスクもあります。 )に投資しますので、運用実績は変動します。 したがって元本や利回りが保証されているものではありません。 投資信託は預貯金や保険契約と異なり、預金保険・貯金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 また登録金融機関でご購入の場合、投資者保護基金の支払対象とはなりません。 当資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等に基づき作成しておりますが、その正確性・完全性を保証するものではありません。 当資料の内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更されることがあります。 当資料に市場環境にかかるデータ・分析、運用・分配金実績等が示される場合、それらは当資料作成時点のものであり、将来の市場環境・運用成果等を保証するものではありません。 分配金は金額が変わる、または分配金が支払われない場合もあります。 当資料に評価機関等の評価が掲載されている場合、それらは過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。 また、当資料にインデックス・統計資料等が記載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。

次の

木村忠央氏(三井住友DSアセットマネジメント株式会社 株式運用第一部 バリューチーム シニアマネージャー)|会ってみた!10社ファンドマネージャーに独占インタビュー!|SBI証券

三井 住友 ds アセット マネジメント

本社のあるMORIタワー(右) 略称 SMAM 本社所在地 〒105-6228 愛宕二丁目5番1号 愛宕グリーンヒルズMORIタワー28階 設立 (注1) その他金融業 事業内容 投資運用・代理業、第二種金融商品取引業 代表者 兼 資本金 20億円 従業員数 1,099名 (2019年4月1日現在) 主要株主 :50. 三井住友DSアセットマネジメント株式会社(みついすみともディーエスアセットマネジメント、: Sumitomo Mitsui DS Asset Management Company, Limited)は、日本の3大のひとつの傘下企業で、主に投資運用、金融商品取引を行う会社である。 概要 [ ] 本社はに置くが、、、、にも事務所・子会社を置き、海外でも事業を行っている。 、の会員である。 10月1日には三井住友フィナンシャルグループの直接の子会社となっている。 4月1日、大和住銀投信投資顧問を合併。 三井住友DSアセットマネジメントに商号変更。 歴史 [ ]• 12月1日 - 三井生命保険(現・ )の子会社だった三井生命グローバルアセットマネジメント株式会社を存続会社として、住友ライフ・インベストメント株式会社、スミセイグローバル投信株式会社(2社は相互会社の資産運用子会社)、三井住友海上アセットマネジメント株式会社(株式会社の資産運用子会社)、さくら投信投資顧問株式会社(株式会社の資産運用子会社)を合併し、 三井住友アセットマネジメント株式会社を設立。 設立当初の構成は住友生命保険35. 1月10日 - 住友生命保険が保有している三井住友アセット株式のうちの12. これにより、同行が三井住友アセットの筆頭株主となる。 4月1日 - 株式会社を子会社化し、同時に吸収合併。 10月20日 - みさき投資株式会社と、戦略的業務・資本提携を締結。 4月1日 - 株式会社より日興グローバルラップ株式会社の発行済み全株式を取得し、100%子会社化。 10月1日 - 株式会社が三井住友銀行の保有していた株式すべてを現物配当により取得し、三井住友フィナンシャルグループの直接の子会社となる。 4月1日 - 大和住銀投信投資顧問株式会社を合併。 三井住友DSアセットマネジメントに社名変更。 事業内容 [ ] 投資運用業、投資助言・代理業 投資資産の運用による投資判断の委託を受けつけ、その投資を行う「投資一任業務」、投資の助言を行う「投資助言業務」を行う。 第二種金融商品取引業 組織体制 [ ] 運用• 運用企画部• 運用開発部• 調査部• 株式運用第一部• 株式運用第二部• エンゲージメント運用部• 企業調査第一部• 企業調査第二部• グローバル運用戦略第一部• グローバル運用戦略第二部• 保険資産運用第一部• 保険資産運用第二部• 運用管理部 営業• 営業企画部• 大阪支店• 名古屋支店• 運用コンサルティング部• 国際営業部• 投信営業第一部• 投信営業第二部• 投信営業第三部• 資産運用サポート室 管理• コミュニケーション推進部• 資産管理部• IT事務統括部• 人事部• 総務部• リスク管理部• コンプライアンス部• 内部監査部 脚注 [ ].

次の

木村忠央氏(三井住友DSアセットマネジメント株式会社 株式運用第一部 バリューチーム シニアマネージャー)|会ってみた!10社ファンドマネージャーに独占インタビュー!|SBI証券

三井 住友 ds アセット マネジメント

)の影響により上下します。 基準価額の下落により損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 運用の結果として投資信託に生じた利益および損失は、すべて受益者に帰属します。 したがって、投資信託は預貯金とは異なり、投資元本が保証されているものではなく、一定の投資成果を保証するものでもありません。 投資信託の主なリスクとして、株式市場リスク、債券市場リスク、為替変動リスク、信用リスク、カントリーリスク、市場流動性リスク等があります。 43%(税込み) その他費用:監査費用、有価証券の売買時の手数料、デリバティブ取引等に要する費用(それらにかかる消費税等相当額を含みます。 )、および外国における資産の保管等に要する費用等が信託財産から支払われます。 また、投資信託証券を組み入れる場合には、お客さまが間接的に支払う費用として、当該投資信託の資産から支払われる運用報酬、投資資産の取引費用等が発生します。 これらの費用等に関しましては、その時々の取引内容等により金額が決定し、運用の状況により変化するため、あらかじめその上限額、計算方法等を具体的に記載することはできません。 費用の料率につきましては、当社直販ファンドにおける、それぞれの費用の最高の料率を記載しております。 投資信託に係るリスクや費用は、それぞれの投資信託により異なりますので、ご投資をされる際には、事前に投資信託説明書(交付目論見書)や目論見書補完書面等を必ずご覧ください。 ・投資信託は、預貯金や保険契約と異なり、預金保険・貯金保険・保険契約者保護機構の保護の対象ではありません。 また、当社でご購入の場合、投資者保護基金の支払対象とはなりません。 ・投資信託は、クローズド期間、国内外の休祭日の取扱い等により、換金等ができないことがありますのでご注意ください。 投資信託に係る情報提供について• 当サイトで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の将来の運用成果等を示唆あるいは保証するものではありません。 当サイトの内容につきましては当社が信頼性が高いと判断した情報等により作成したものですが、その正確性・完全性を保証するものではありません。 当サイトにインデックス・統計資料等が掲載される場合、それらの知的所有権その他の一切の権利は、その発行者および許諾者に帰属します。 当サイトに評価機関等第三者による投資信託・運用者に対する評価・分析が掲載される場合、その評価・分析は過去の一定期間の実績を評価したものであり、将来の運用成果等を保証するものではありません。 当サイトに掲載している情報の内容(リンク先のサイト含む)に関しては、万全を期しておりますが、当サイトに記載された情報を使用することによって被ったいかなる損失についても、当社が補償するものではありません。 当サイトに掲載した内容は作成基準日現在のものであり、将来予告なく変更または廃止される場合がありますのであらかじめご承知おきください。 当サイトに投資信託説明書(交付目論見書)と異なる内容が存在した場合は、最新の投資信託説明書(交付目論見書)が優先いたします。 当サイトに掲載している投資信託は、お客さまの投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。 投資に関する最終決定はお客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。 〔2019年10月1日現在〕.

次の