ヴェル ファイア 車検 代。 トヨタ ヴェルファイアの評価と車検費用は?継続車検と買取査定どちらが得?

トヨタ ヴェルファイア 車検費用お見積もり

ヴェル ファイア 車検 代

多くの方が所有しているからこそ、車検費用がどれくらいか気になるものです。 車検を受けるのもディーラーは高額なイメージがもたれているため民間工場に依頼する方も多いと思いますが、ディーラーの車検は本当に高額なのでしょうか。 大阪トヨタの車検費用になりますが、各トヨタ車種のディーラー車検費用はトヨタwebサイトであるから検索することが可能です。 その場で車検 基本点検に加えて、冷却水交換とブレーキフルードを交換したコース。 何も異常がなければ、1~2時間くらいで車検が完了します。 休日の運転がメインの方におすすめです。 安心車検 ブレーキ系のメンテナンスをはじめ、多数のメンテナンスをプラスした充実・安心のコースです。 毎日乗られている方におすすめです。 上記費用に、交換しなければいけない部品がある場合は、追加で部品代と整備費用 工賃 が必要になります。 点検・整備内容 それぞれの車検コースの点検・整備内容は、以下の通りです。 整備内容 その場で車検 快適車検 安心車検 シビアコンディション点検 〇 〇 〇 タイヤチェック 〇 〇 〇 バッテリーチェック 〇 〇 〇 ブレーキフルード取替 〇 〇 〇 ブレーキパイプラインエア抜き クリーナー使用 〇 〇 〇 冷却水取替 〇 〇 〇 パーキングブレーキ調整 〇 〇 〇 オイル・フィルター取替 〇 〇 タイヤローテーション 〇 〇 ホイールバランス2輪調整 〇 〇 フロントワイパーブレード左右取替 〇 〇 クリーンエアフィルター取替 〇 〇 ワイヤレストランスミッターバッテリー取替 〇 〇 エアクリーナエレメント交換 〇 Vベルト取替 〇 スパークプラグ取替 イリジウム 〇 フロントブレーキパッド取替 〇 リヤブレーキパッド取替 〇 3. 先ほどお示しした車検費用を確認された方は「民間工場よりかなり高額」と感じられたでしょう。 私もそれを承知で、 ディーラーで車検を受ける理由は、自社の車を知り尽くしたメカニックに車を点検してもらえること、つまり信用度が高いことにお金を出しています。 民間工場のメカニックも幅広く車に関しての知識・教養をおもちで、車は基本的な構造は同じですので、さまざまな車を整備できること、信用度が高いことは十分に承知です。 ただ 各メーカーの車を専門的に熟知しているのはディーラーのメカニックであることは間違いありません。 以前にダイハツディーラーに、日産・シーマの点検ができるかを尋ねたところ、シーマの構造を知り得ないということで点検はできないと言われました。 これらの考え方は人それぞれですので、信用度にお金を出すのか、費用が安いところに車検を依頼するのかはあなた次第です。 ここでは、大阪トヨタのディーラーに20ヴェルファイアの車検を出したときの様子をお伝えします。 厳しい目で車を点検 大阪トヨタでは、車検を受ける1台の車に対して、3人のメカニックが担当します。 3人体制で行なうことで、より厳格に・スピーディーに車検を行なうことができるのです。 車検を行なうメカニックは、トヨタの厳しい試験をクリアした整備士ですので、抜けなく点検が進められます。 ここが民間工場で受ける車検との大きな違いで、信用度は十分に高いといえるでしょう。 ここでは実際の明細をお示しして、実際のトヨタディーラーでの車検費用についてみていきます。 前述にお示しした法定費用に加えて、整備代金や車検代行手数料が含まれています。 総費用は126,586円となっており、これも前述の総費用と大差ありません。 実際には、私の20ヴェルファイアは以下の明細のように数カ所の交換部品を換えてもらいました。 ブレーキフルード、ブレーキパイプラインエア抜き、冷却液取替、発煙筒取替、エアークリーナエレメント取替の作業が車検費用に含まれています。 この他に、ウォッシャー液が出なかったため点検してもらうと、ウォッシャー液タンクが破損しており、ウォッシャー液が出ない状態では車検が通りませんので、タンクごと交換してもらいました。 この費用に関しては、保証の範囲内でしたので費用がかかりません。 「ディーラーは何かと交換推奨部品を言ってくるのが不快だ!」という声を聞きますが、推奨はあくまでも推奨なのであって、その交換部品を交換しなくても車検が通るのであれば、その部品を交換してもらわなければいいです。 私も先ほどの明細に載せられていない部分でいうと、オイル交換・オイルフィルター交換、CVTオイル交換を薦められましたが、オイルに関しては交換時期を自分で管理しているため交換を断りました。 ディーラー車検でいつも安心できるのは、交換推奨部品を伝えてくれることです。 交換を推奨してきた部品に対して「交換しなければ車検に通らない部品は交換する」「すぐに交換が必要ない部品は、その部品がどういう状態で、おおよそいつくらいに交換すればいいのかを聞く」ということをすれば、この先も自分の車を安心して乗れるのではないでしょうか。 車を預けている間は、代車の200ハイエースで用事をたしていました。 ディーラーの車検は民間工場の車検と比べると、費用が高いことは間違いありません。 費用が高い分、信用度が高いことを知っていただくと、車検の見方も変わると思います。 私は年に数回、1回の旅で片道数千キロの道のりを走りますので、車のコンディションは万全にしなければいけません。 ですので、車検はもちろんのこと、法定1年点検や半年点検をすべてディーラーで受けるようにしています。 そのこともあり、これまで乗り継いできた車が大きなトラブルを起こしたことはありません。

次の

ヴェルファイアの維持費は年間いくら?ガソリン車とハイブリッド車で比較

ヴェル ファイア 車検 代

金額 整備 38,460円 検査手続代行料 8,640円 完成検査料 6,480円 自賠責保険 25,830円 重量税 41,000円 印紙代 1,000円 値引 -428円 車検価格 税抜 121,410円 初回の車検ということもあり、特に不具合もないので最低限のメンテナンスで済んでいますので、ディーラーで車検を行う場合は最低このくらいかかるでしょう。 ヴェルファイア 車検業者の最安値は? ヴェルファイアをディーラー以外の車検業者で車検を通した場合の費用はいくらくらいになるのか、人気の車検業者2社と比較してみました。 コバックのヴェルファイア車検費用は69,130円~ テレビCMでご存知の方も多いと思いますが、車検のコバックは累計1200万台の実績を誇る人気車検業者。 ハイブリッド車・電気自動車の車検も対応しているので安心です。 コバックでは、整備・サービス内容を最小限にすることで費用を抑えているスーパーテクノ車検と、内容が充実したスーパーセーフティー車検の2種類が用意されていますが、 安いスーパーテクノ車検なら69,130円 税抜 からヴェルファイアの車検が可能です。 関連記事: オートバックスのヴェルファイア車検費用は72,830円~ カーショップでお馴染みのオートバックス。 実は車検にも力をいれており、累計750万件以上の車検実績があります。 オートバックス車検は地域などによって料金体系が異なりますが、今回は兵庫・京都・岡山エリアで比較したところ、 72,830円 税抜 からヴェルファイアの車検が可能です。 通常車検コース 検査費用 13,000円 自賠責保険 25,830円 重量税 32,800円 印紙代 1,200円 割引 初回車検のみ -3,900円 車検価格 税抜 72,830円 オートバックス車検についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。 関連記事: 【まとめ】ヴェルファイアの車検を安く済ませたいなら楽天車検で比較するのがおすすめ! ヴェルファイアの車検費用は• ディーラー車検の費用は121,410円 整備代を差し引くと95,890円• コバック車検の費用は69,130円~• オートバックス車検の費用は72,830円~ と、ヴェルファイアの車検はディーラーに比べて車検業者の方が約5万円安く済むことがわかりましたが、さらにお得に車検を通す方法があります。 それは楽天車検を利用することです。 楽天車検は車検業者の検索サイトですが、楽天車検を通して車検の申込をすると数千円相当の楽天ポイントをゲットすることができます。 申し込みも簡単なので、少しでも車検を安く済ませたいなら楽天車検が圧倒的にオススメです!.

次の

ヴェルファイアの車検が高いなら費用比較で安くしよう

ヴェル ファイア 車検 代

ヴェルファイアの年間維持費はいくらかかる?ガソリン車とハイブリッド車を購入した場合を想定して計算してみた トヨタのラグジュアリーミニバン「ヴェルファイア」は、LLクラスの大型ボディの迫力に高級感も加わる圧倒的な存在感を発揮する車です。 コンフォート特性に優れて、乗車する人を満足させる居心地の良い室内空間や、シートアレンジのパターンの豊富さなども同車の魅力です。 ヴェルファイアの最上級グレードの車両価格は700万円を超えるため、多くの人にとってはなかなか手が届きにくいですが、現行モデルのエアロボディや標準ボディのエントリーモデルの価格は300万円台と、計画プランをきちんと立てて、予算を見積もっておけば何とかなりそうな価格帯です。 セレブ層だけではなくて、より多くの消費者の購買意欲を刺激するためにヴェルファイアは多数のグレードを揃えて、幅広い価格帯を設定しています。 そんなヴェルファイアを購入する際に迷うのは、ガソリン車とハイブリッド車のどちらにすれば良いのかです。 そこで今回は、ガソリン車とハイブリッド車を購入した場合にかかる年間維持費を求めてみました。 ご自身の予算に合ったヴェルファイアのグレードを選ぶ際に役立つ情報です。 エアロボディのガソリン車であるグレード「Z」とハイブリッドモデルのグレード「HYBRID Z」のスペック情報 2018年10月に一部改良を実施して、インテリジェントクリアランスソナーを全グレードに標準装備させるなどして、商品力を強化したヴェルファイアの現行モデルはグレード「X」「HYBRID V」などの標準ボディと、サイドマッドガードや専用フロントバンパー等を追加装備させるグレード「ZG」「HYBRID Executive Lounge Z」などのエアロボディを展開しています。 ここでは、ヴェルファイアのガソリン車とハイブリッド車を購入した場合の年間維持費の概算値を求めるために、エアロボディに属するガソリン車であるグレード「Z(2WD)」と、そのハイブリッド仕様である「HYBRID Z」をモデルケースとして想定します。 ヴェルファイア グレード「Z」「HYBRID Z」のスペック グレード Z(2WD) HYBRID Z 全長 4,935mm 全幅 1,850mm 全高 1,935mm 1,950mm ホイールベース 3,000mm 最小回転半径 5. 8m 5. 6m 燃費(JC08モード) 11. 493L 2. ヴェルファイアのエアロボディに属するグレード「Z」と「HYBRID Z」の車両価格を比較した場合、ハイブリッドカーである「HYBRID Z」の方が918,000円ほど上回ります。 ヴェルファイアの年間維持費~ガソリン車のグレード「Z」は約52万円で、ハイブリッド車の「HYBRID Z」は約46万円 ヴェルファイアの年間維持費を計算した結果。 ガソリン車のグレード「Z」は521,827円、ハイブリッド車のグレード「HYBRID Z」は458,503円となりました。 その概算値を用いれば年間維持費は、「HYBRID Z」の方が63,324円リーズナブルである事が確認できます。 ヴェルファイア グレード「Z」「HYBRID Z」の年間維持費の比較表 Z HYBRID Z 自動車税 45,000円 45,000円 燃料代 154,800円 101,376円 駐車場代 120,000円 120,000円 車検代 30,127円 22,627円 任意保険料 98,400円 115,000円 諸経費 73,500円 54,500円 合計金額 521,827円 458,503円 年間維持費は、自動車税などのように法律によって支払い金額が定められている種類のものと、駐車場代・任意保険料などのように各個人の生活環境等の違いによって金額が変化する種類のものを内訳として、各値を合算して求めました。 個人ごとに金額が変化する諸項目を、ご自身の条件に合わせて再計算する事で、より精度の高い概算値を求める事ができます。 5Lエンジンを搭載するヴェルファイアのグレードの自動車税は45,000円 自動車税は年度初めの4月1日時点で車を所有している人に発生義務の生じる税金で、搭載するエンジンの総排気量が増えていくにつれて、負担額が加算されていきます。 今回、ヴェルファイアの年間維持費の概算値を求めるにあたってモデルケースとした、グレード「Z」と「HYBRID Z」はともに搭載するエンジンの総排気量は2. 493Lであるため、自動車税の負担額は45,000円となります。 5Lエンジンを搭載するグレード「VL」「Executive Lounge」「ZG」「Executive Lounge Z」を購入した場合、3. 0L超~3. 5L以下区分が適用となり、課される自動車税は13,000円増額されて58,000円となります。 ヴェルファイアの1年間にかかる燃料代(概算値)• 8=14. その値を用いて燃料費を判断すれば 「HYBRID Z」の方が、年間換算では53,424円割安である事が分かります。 月極駐車場の料金を全国平均の1万円と設定すれば年間でかかる費用は12万円 駐車場代は、ヴェルファイアの年間維持費を求めるにあたって、最も実際の金額と概算値との間の誤差が生じやすい項目です。 その金額は自宅に駐車スペースが用意されている方であれば無料であり、月極駐車場を借りている方であっても大都市と地方とを比較すれば数万円の開きが生じます。 そのため、ヴェルファイアの購入計画を具体化させるために、より現実に近い金額を確認したい方には、ご自身の居住環境等に合わせて再計算することをお勧めします。 ここでは、月極駐車場代を全国平均の10,000円と設定します。 そうすると、年間にかかる駐車場代は120,000円と計算できます。 全国主要都市の月極駐車場の相場• 東京(23区)の相場:30,000円• 大阪市の相場:25,000円• 横浜市の相場:17,000円• 名古屋市の相場:11,000円• 福岡市の相場:11,000円• 札幌市の相場:10,000円• 全国の相場:10,000円 ヴェルファイアの車検代(初回)を1年単位で考えればグレード「Z」は約3万円で、「HYBRID Z」で約2万円と概算できる 車検は新車を購入した場合には3年後、継続審査を行う場合には2年周期が、そのタイミングとなります。 車検代の内訳は、支払い金額が法律によって定められている法定費用と、作業を依頼する場所によって金額が変化する代行手数料・整備費用です。 ヴェルファイアの法定費用(2019年4月30日まで新車登録をした場合) Z HYBRID Z 自賠責保険 36,780円 36,780円 重量税 22,500円 0円 印紙代 1,100円 1,100円 合計 60,380円 37,880円 車検の適合性を国が認定する際の手数料や税金が金額に含まれている印紙代は、指定工場と認定工場に依頼するかによって、その額が変化します。 指定工場に依頼した場合は車種にかかわらず一律1,100円となり、認証工場に依頼した場合は5ナンバーでれば1,700円、3ナンバーの車両であれば1,800円、軽自動車であれば1,400円となります。 ここでは、車検を指定工場(自社で検査を完結できる設備を備える)に依頼した場合を想定しているので、印紙代は1,100円とします。 代行手数料・整備費用を3 万円と設定すれば、グレード「Z」にかかる車検代は90,380円、「HYBRID Z」にかかる車検代は67,880円となります。 1年換算で考えるとグレード「Z」は30,127円、「HYBRID Z」は22,627円となります。 2019年4月30日までに新車登録を行えばヴェルファイアの各グレードにはエコカー減税制度が適用されて重量税が免税・減税される 重量税は車両重量が500kg 増えるにつれて、負担額が増える種類の税金です。 エコカー減税制度の対象車であるヴェルファイアは、2019年4月30日までに新車登録行えば、優遇措置が適用されてハイブリッド車を購入した場合であれば、初回車検の内訳に含まれる重量税が免除されます。 ガソリン車であれば、本則税率から25%が軽減された額が負担額となり、車両重量が2,000kg以下であるヴェルファイアのグレードZ(2WD)の重量税は22,500円となります。 ここでは両車の維持費を徹底比較するという観点から、2019年4月30日までに新車登録を行ったケースを想定して、グレード「Z」の重量税は22,500円、「HYBRID Z」の重量税は0円として考えます。 車両重量 初回車検(3年) エコカー本則税率 25%軽減 50%軽減 75%軽減 免税 0. ヴェルファイアを新車で購入した場合の自賠責保険料は36,780円(離島・沖縄を除く) 事故被害者を救済するという観点から法律によって加入義務が定められている自賠責保険は、車検費用に含まれます。 新車の場合には自賠責保険に加入していない期間を発生させないために、37ヵ月加入として購入時に支払うという仕組みを採用しています。 対人無制限・ゴールド免許保有などの条件設定のもとで概算したヴェルファイアの任意保険料は約10万円 車検代に含まれる自賠責保険は、相手方の身体に損害を与えた場合のみにしか適用されず・支払い限度額が設定されています。 強制加入義務はありませんが、万が一の事故に備えて、多くのドライバーが加入しているのが任意保険です。 任意保険は加入する保険の種類によっても異なりますが、支払い限度額を無制限とする事も可能で、対物・搭乗者・自損・車両等に関する事故に対しても適用されます。 加入期間中に1年間単位で事故を起こさなければ、等級をワンランクアップさせて、保険料を割り引くという等級制度を導入している任意保険は、乗車している車種、運転履歴などの諸条件を考慮して、統計学的な手法を用いて保険額を算出します。 ヴェルファイア任意保険料の概算値• 「Z」 98,400円(41,600円)• グレード「Z」の年間保険料は98,400円、「HYBRID Z」は115,000円となりました。 ヴェルファイアを維持するのにかかる諸経費は年間換算で考えるとガソリン車は約7万円、ハイブリッド車は約5万円と見積もられる 諸経費の内訳は、オイル交換代・新品タイヤの購入費用などです。 車の動作状態を良好に保つためには、消耗品であるタイヤやバッテリー等を新品へと交換する、劣化するとエンジンの動作不良や故障の要因となるオイルを定期的に交換する必要があります。 ヴェルファイアの1年間にかかる諸経費のガソリン車・ハイブリッド車別の目安 Z HYBRID Z タイヤ交換 63,500円 44,500円 オイル・エレメント交換 10,000円 10,000円 諸経費合計 73,500円 54,500円 消耗品であるタイヤを4年後に新品へと交換した場合の費用の目安は年間換算で考えるとガソリン車は約6万円、ハイブリッド車は約4万円 タイヤは、路面に動力を伝える際に摩擦等の影響を受けて表面がすり減っていく消耗品です。 表面が必要以上にすり減っているなどの状態の悪いタイヤを使用し続ければ、ハイドロプレーニング現象やバーストが発生しやすくなって、思わぬ事故を招いてしまう可能性が高まります。 新品タイヤへの交換時期は、年間走行距離や商品特性などによっても変化しますが、ご自身が利用しているタイヤの適切な交換時期は、ひび割れの進行レベルやスリップサインによって把握する事ができます。 エンジンの状態を維持するのに必要なオイル・エレメント交換の費用は年間10,000円 ヴェルファイアを製造・販売するトヨタは、劣化してしまえば、湿潤作用・密封作用・洗浄作用などの低下を招いて、エンジン効率の悪化や故障の要因となるオイル交換は、ターボ車でなければ1年単位で行うべきであると推奨しています。 また、動作過程でエンジンオイルに含まれた不純物を綺麗にろ過する、フィルターの役割を果たすエレメント交換も年に1回ほど行うべきであると推奨しています。

次の