ほろよい 新作。 【コラム】ほろよい新作「ハピクルサワー」は超エモい味がする!まるでアレをアレで割った味? [えん食べ]

【コラム】ほろよい新作「ハピクルサワー」は超エモい味がする!まるでアレをアレで割った味? [えん食べ]

ほろよい 新作

サントリースピリッツ(株)は、「ほろよい〈ハピクルサワー〉」「同〈ミックスフルーツ〉」を10月8日(火)から全国で新発売します。 「ほろよい」は、やさしい味わいの飲みやすいお酒として、幅広い年代のお客様からご支持いただいています。 発売から10年経ち、飲用シーンも広がっており、ここ数年は来日された海外のお客様にもご好評いただいています。 今回は、〈ハピクルサワー〉〈ミックスフルーツ〉を新発売し、同ブランドのさらなるファン拡大を図ります。 パッケージは、乳性飲料をイメージした色合いを背景に、吹き出しで「乳性のやさしい味わい」と表記し、中味の特長を表現しました。 また「新!」と大きく描き、新発売であることを訴求しました。 〈ミックスフルーツ〉 桃やオレンジなど複数のフルーツをミックスしたやさしい味わいに仕上げました。 パッケージは、フルーツのイラストを大きく中央にあしらい、中味の特長を表現しました。 また「新!」と大きく描き、新発売であることを訴求しました。 なお、発売に合わせ、黒木華さんと佐藤二朗さんを起用した新TV-CMを全国でオンエア開始し、「ほろよい」の魅力をお伝えしていきます。

次の

黒木華が関西弁で「好き」、佐藤二朗と初共演 サントリー「ほろよい」新CM

ほろよい 新作

安くてキマる、良いじゃないか。 不景気の中、若者やサラリーマンの強い味方だ。 そんな中出会った、この『 ほろよい 香るあんず』。 美味いかどうか?そんなのは美味いに決まってる。 そうじゃないんだ… 安心感っ…!! 圧倒的安心感っ…!! 世知辛い社会で日々生きる我々が、正月に実家に帰った時のあの感覚に似ている。 まぁ僕は実家好きじゃないんですけどね。 そんなことはさておき、あんずのお酒と言えば が有名ですが、この『ほろよい 香るあんず』はどんな味わいなのでしょうか。 缶の中心に描かれた可愛らしいグラスと杏のイラストに倣って、上品にグラスに注いでいきます。 爽やか〜〜〜〜。 缶のままグイグイ行くのも良いけど、たまにはグラスに注ぐのもいいですね。 色はかなり淡めのオレンジ。 これがカラメル色素なんだね。 うんうん。 さて肝心の飲み心地は… なるほど。 効果音で言うと、 『スッ…』。 そのぐらいすんなり入ってくる感覚。 流石ほろよい、流石サントリーといったところ。 缶には小さくこう書いてある。 『あんずの豊かな香りと心地よい甘酸っぱさが楽しめる味わいに仕上げました。 』 これ以上的確にこの味を表現する語彙を、僕は持っていない。 強いて言えば、爽やかで軽い飲み口は様々な料理やおつまみに合うだろうし、決して邪魔をしないシンプルな味わい。 乾き物は勿論、お肉や生ハムと楽しんでも良いし、個人的には 甘いものと合わせても良いんじゃないかなと思いました。 まぁ間違ってないよ。 間違ってないけどね。 だから何だ?ほろよいはダサい?お前の脳みそはおいなりさん程度か?? 一人でも多くの人がお酒を楽しめるようにと研究・努力を重ねて作られたこの『ほろよい』というブランドは日本人らしい緻密で地道なチューニングの賜物だと私は思うし、 缶のデザインや書体など、味に関する面以外でも強いこだわりを持って作られていることが感じ取れる素敵な作品であると思う。 今回紹介した『ほろよい 香るあんず』は 2019年11月発売の期間限定品なので、コンビニやスーパーで見かけたら手にとって、ぜひグラスに注いで楽しんでみて下さい! 同時発売された『ほろよい 冬みかん』の記事は.

次の

【No.1はどれだ!?】サントリーの人気缶チューハイを外国人5人が飲み比べ!

ほろよい 新作

以前にお届けした「コンビニで買えるカクテル缶高カロリー」に続きまして、「糖質・糖類量ランキング」を作ってみました。 基本的には甘いお酒のカクテル。 果汁を使ったものも多いですし、ビールと比べると糖質量は多そうな感じ。 とりあえず日ごろ美味しく飲んでいるカクテルの糖質量について、あるていどの数値感を掴んでおきましょう(そして無視して乾杯する)。 チェックしたカクテル缶について 今回チェックしたカクテル缶は、主要コンビニ(セブン-イレブン・ローソン・ファミリーマート)に行けば「だいたい売ってるな〜」とmitokスタッフが判断した銘柄の350ml缶をピックアップ。 糖質・糖類はメーカー公式サイトまたはパッケージ記載の情報をもとにしています(2017年5月25日時点)。 なお、商品によって糖質または糖類いずれかの表示となっていますが、本企画では便宜上、両者を統合して扱っているため、ランキングはあくまでも目安としてご覧ください。 【350mlカクテル缶】糖質・糖類量ランキング! 銘柄によって糖質または糖類の表示となっているため、ランキングは暫定のものとなります。 また、ゼロ表示でも厳密には 0g とは限らない点については認識しておいたほうがよろしいかと(下記参照)。 糖類は糖質の一部(糖類ゼロ=糖質ゼロとは限らない)糖質 = 糖類(単糖類+二糖類)+ 糖アルコール + 三糖類以上の多糖類糖質・糖類は、100mlまたは100gあたり 0. 5g未満ならゼロと表示可能 糖類は砂糖やブドウ糖、果糖など、多糖類はオリゴ糖やデンプンなど、糖アルコールにはエリスリトールやキシリトールなどがあります。 0g、350ml缶42. 0gでもっとも糖質の多いカクテルという結果に。 ローソンの『プレミアムロールケーキ』3個分強(1個13. 0g)ですね。 この商品シリーズは総じて糖質が高い傾向にありますが、糖類表示のメーカーも多いので、この1位はあくまでも暫定ということで。 ちなみに、本商品はカロリーでも1位でした(231. 0kcal)。 一応、糖質・糖類量トップ5(350ml缶)を改めて確認しておきましょう。 第1位 サッポロ『ウメカク ソーダ仕立ての梅酒カクテル 宮崎産 日向夏』糖質 42. 00g第2位 サントリー『ほろよい 白いサワー』糖類 35. 14g第3位 アサヒ『アサヒチューハイ果実の瞬間贅沢みかんテイスト』糖質33. 95g第4位 サントリー『ほろよい ぶどうサワー』糖類 32. 52g第5位 サントリー『ほろよい もも』糖類 32. 03g 以前にお届けした缶ビールの糖質量ランキングでは第1位の銘柄が 16. 1g(350ml)だったので、カクテルはかなり糖質量が多いですね。 最後にカクテルとビールの糖質・糖類量の平均値をまとめてみました(糖質・糖類ゼロ銘柄は除外)。 カクテルは350ml缶で平均約19. 3g(5. 4g(3.

次の