トリエンナーレ 湯崎。 湯崎英彦

ひろしまトリエンナーレ、中止へ。広島県「コロナの影響」(美術手帖)

トリエンナーレ 湯崎

略歴 [ ]• :五日市町立南小学校(現・)卒業• :卒業• :卒業(高校在学時交換留学にてに1年間留 学)• :卒業• :入省 通商産業省 機械情報産業局総務課及び自動車課(通商問題担当) 中小企業庁計画部計画課 総括係長 資源エネルギー庁原子力産業課 課長補佐 通商政策局米州課 課長補佐 イグナイト・グループ(米国シリコンバレーベンチャーキャピタル)出向• :経営大学院(MBA)修了• :株式会社設立(代表取締役副社長) ( JASDAQ上場)• :広島県知事選挙に出馬。 県議会の最大会派や会派の支援を受けて、投票者数の過半数を超える、395,638票を得て初当選した。 :広島県知事選挙へ再選を目指して出馬。 自民党、、民主党の推薦を受けて選挙に臨み、再選を果たす。 :広島県知事選挙に3選を目指して出馬。 自民党、公明党、の推薦を受けて選挙に臨み、3選を果たす。 広島県知事としての取り組み [ ]• 、予定される第3子誕生後に、都道府県知事として初の「」を取る意向であることが報じられた。 第3子が誕生した同月26日に最初の「育児休暇」を取り、「イクメン」首長のひとりとして注目されたが、から批判されるなど、賛否両論の反応があった。 同年の県知事の定例記者会見で、からまでの1カ月の間に取得した育児休暇は、計12日間でのべ約20時間であったことを公表し、育児の重要性をPRする上での効果があったとの自己評価を示した。 一連の「休暇」取得終了後は、通常の執務体制に戻した。 がから3日間に行った、広島県内に住む無作為抽出の20歳以上の男女を対象にした電話世論調査では、知事の育児休暇について「賛成」が53%。 「反対」が22%。 「どちらともいえない」が21%。 2010年10月に2011年度以降、県の管理職に年俸制を適用すると発表した。 これは全国の都道府県初の試みである。 湯崎は官僚と民間企業双方での勤務経験があり、民間の成果主義を県政にも反映させようとしている。 前任の知事は市長のと非常に関係が険悪で、広島県知事と広島市長のトップ会談は長らく開催されていなかったが、湯﨑は知事就任早々、秋葉と会談し関係改善を図った。 秋葉の後継である市長とも同じ様に県と市の連携を深めていくことで合意している(湯崎は父が原爆の研究者、松井は被爆二世ということもあり、平和活動・核廃絶活動でも協力していくことを確認した)。 県内外各地に直接視察に行くことが多く、現場第一主義を掲げている。 の景観訴訟に関しても知事就任早々に現地に赴き、現地住民の意見を聞いた。 2020年にの全面閉鎖のアナウンスメントがのによりなされたことを受け、との面会を行い、「事前に情報提供もなく、決定事項として発表したのは遺憾」と対応を激しく批判した。 2020年4月21日、の緊急経済対策として県職員が国から受け取るの10万円を、県の対策事業の財源に活用したい考えを表明した。 4月22日、批判を受け「誤解を与える表現だった」として事実上、給付金の活用を撤回した。 しかし、財源捻出の選択肢の一つとして、県職員に何らかの協力を要請するか検討する考えを示した。 人物像・エピソード [ ]• 趣味はスキー、キャンプ、マウンテンバイク、トレッキング。 座右の銘は「志と覚悟」。 高校時代、高校交換留学にてアメリカのカリフォルニア州サクラメントに1年間留学。 高校3年生の時には体育祭団長を務めた。 学生時代は女性に人気だったようで、女子高の文化祭でライバル進学校の生徒だった"に睨まれた"を自慢にしている。 は高校および大学の1年先輩に当たるが、当時面識があったかは不明。 「その時々にやるべきことをやり遂げる」が信念。 スタンフォード大学時代の同窓生にのがいる。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 中国新聞社 2011年5月26日. 2019年3月21日閲覧。 朝日新聞. 2017年11月12日. 2017年11月13日閲覧。 朝日新聞デジタル2020年2月8日 10時26分• 毎日新聞2020年2月11日• /Yahoo! ニュース2020年4月21日• /毎日新聞2020年4月22日• /Yahoo! ニュース22020年4月22日• 2010年11月11日号 48頁「吉川晃司に睨まれた」と妙な自慢の「育メン広島県知事」. 新潮社 2010年11月4日発売• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 yuzakihide -•

次の

愛知の次は広島で来秋トリエンナーレ…公金投入に待った!

トリエンナーレ 湯崎

ことし9月から開催される「ひろしまトリエンナーレ」について、市民団体から湯崎知事あてに公共の福祉に反する展示品の排除を求める要望書が提出されました。 湯崎知事宛てに要望書を提出したのは、広島県内外に住むおよそ100人で構成される市民グループです。 「ひろしまトリエンナーレ」は、備後地域で行われる大規模な現代アートの展覧会で、県などで構成される実行委員会が主催するものです。 市民団体は、「昨年10月から行われたプレイベントで、公序良俗や公共の福祉に反する展示が行われた」として、それらの作品を排除することを求める要望書を提出しました。 「多くの方が不快感を持ち、あるいはお怒りになるような創作物を、公的なイベントで展示することは、社会的合意を得られないと思います。 」(「ひろしまトリエンナーレ」を考える会 長谷川真美代表) 25日の県議会で、県は、プレイベントで一部の展示内容について多くの批判を受けたことや、主催イベント以外の内容について、実行委員会が事前に確認・把握する仕組みが構築されていなかったことを受けて、トリエンナーレに関わる全てについて確認する外部委員会を設置する方針を明らかにしました。 「実施体制の見直しとして、観光・地域経済・芸術の各分野の知見を有する者で構成する、実行委員会から独立した委員会を新たに設け、開催目的を達成できる展示内容を決定したい。 」(県 商工労働局 佐伯安史局長 25日) 県は、イベント開催費として来年度の当初予算案に1億5300万円を計上しています。 RCC BROADCASTING CO. ,LTD.

次の

今秋初開催、広島の芸術祭 抗議受け外部が作品選定

トリエンナーレ 湯崎

左から、湯崎英彦(広島県知事)、中尾浩治(ひろしまトリエンナーレ2020総合ディレクター) 広島県では初めてとなる大規模な現代アート展「ひろしまトリエンナーレ2020 in BINGO」が開催される事となり、2019年10月9日(水)、都内で記者発表が行われた。 会場は広島県東部の備後地区で、三原市・尾道市・福山市の各中心部と、百島(ももしま:尾道市)・小佐木島(こさきじま:三原市)の約20施設。 旧映画館 CINE PATIO、三原市ゆめきゃりあセンター(ともに三原市)、旧三井住友銀行、尾道市立美術館(ともに尾道市)、ふくやま美術館、広島県立歴史博物館(ともに福山市)などが会場となる。 全体テーマは「Beyond」で、総合ディレクターには合同会社アート・マネジメント・しまなみ代表で、現代アートのコレクターでもある中尾浩治氏(テルモ元会長)が就任する。 うち、若手支援としては、若手作家を対象にしたアートコンペを開催。 2020年1~2月に応募を受け付け、同5月の発表で3名程度を選抜。 8月から3週間程度かけて滞在制作を行い、三原市ゆめきゃりあセンターで展示する。 賞金も設定され、詳細は12月に発表される。 既に瀬戸内エリアでは、瀬戸内国際芸術祭(香川県、2019年で4回目)、岡山芸術交流(岡山県、2019年で2回目)が開催されている事もあり、ひろしまトリエンナーレも含めて、瀬戸内を現代アートの聖地として国内外で広く認知される事を狙う。 この日の発表には、広島県の湯崎英彦知事、中尾浩治総合ディレクターのほか、広島県在住のアーティストである柳幸典、岩崎貴宏の両氏も登壇。 中尾氏は「(他の芸術祭との違いを出すための)逆張りではないが、日本人アーティストの作品を多く出したい」と強調した。 2回目以降に瀬戸内・岡山と連携し、開催時期をあわせる事については、現時点では「検討中」(中尾浩治総合ディレクター)としている。 会期は2020年9月12日(土)~11月15日(日)の65日間。

次の