ハズレ 枠 の 状態 異常 漫画。 ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 3|オーバーラップ文庫

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 1|オーバーラップ文庫

ハズレ 枠 の 状態 異常 漫画

この記事には 複数の問題があります。 やノートページでの議論にご協力ください。 出典がまったく示されていないか不十分です。 内容に関する文献や情報源が必要です。 ( 2020年1月)• 一次情報源または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。 ( 2020年1月)• 書籍の特筆性の基準を満たしていないおそれがあります。 ( 2020年1月) ハズレ枠の【状態異常スキル】で 最強になった俺がすべてを蹂躙するまで ジャンル 小説 著者 篠崎芳 イラスト KWKM 出版社 掲載サイト レーベル 連載期間 11月24日 - 連載中 巻数 既刊5巻(2020年4月現在) 漫画:ハズレ枠の【状態異常スキル】で 最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 原作・原案など 篠崎芳(原作) シロタカ(キャラクター原案) 作画 鵜吉しょう、内々けやき 出版社 KADOKAWA 掲載サイト レーベル ガルドコミックス 発表期間 2019年7月26日 - 連載中 巻数 既刊1巻(2019年12月現在) - プロジェクト 、 ポータル 、 目次• 概要 からで連載が開始され、により書籍化されている。 からはで漫画版の連載が開始された。 あらすじ クラスメイトとともに、異世界へと召喚された空気モブの高校生・三森灯河。 クラスの面々はS級やA級の勇者として召喚されたが、灯河は唯一の最低ランクであるE級。 さらに取得したスキルは、その世界では「ハズレ枠」と称される【状態異常スキル】だったことから、女神ヴィシスにより生存率ゼロの遺跡に廃棄されてしまう。 灯河は、絶望の奈落に沈みつつも、自身のスキルを駆使し魔物を蹂躙し続け、女神への復讐の旅へと出るのであった。 登場人物 主要人物 三森 灯河(みもり とうか)• 種族:人族• ランク:E級(EX) 本作の主人公。 異世界に来るまではとある経験から自己を押し殺しており、その本性は冷酷。 荻十学園に通っていた時には「空気モブ」として生活していた。 パーティからは「トーカ」と呼ばれている。 【状態異常スキル】のみで女神ヴィシスに廃棄遺跡に飛ばされたが、生き延びた。 本来は低確率でしか発動しないが全スキルが確実に当たり、規格外と認識。 街ではハティ・スコルと偽名で通している。 セラス・アシュレイン• 種族:エルフ族 元はハイエルフの国の姫であり、その後ネーアの国で聖騎士を務めた姫騎士。 精霊の力を使い戦闘衣装や偽装を使う。 街ではミスト・バルーカスという偽名。 十河 彩香(そごう あやか)• 種族:人族• ランク:S級 本作のサブ主人公。 鬼槍流の使い手。 公正で正義感のある女子高校生で、主人公が廃棄される際、唯一女神に異を唱え、彼を救おうとした。 主人公一行 三森 灯河(みもり とうか) 詳細は「」を参照。 ピギ丸• 種族:スライム 主人公が遺跡から出たあとに助けた闇色の森に住むスライム。 セラス・アシュレイン 詳細は「」を参照。 イヴ・スピード リズベット 既刊一覧 小説• 篠崎芳 『ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで』 〈オーバーラップ文庫〉、既刊5巻。 巻数 発売日 ISBN 1 2018年 07月25日 2 2018年12月25日 3 2019年 05月25日 4 2019年10月25日 5 2020年 04月25日 漫画•

次の

ハズレスキルで復讐を誓う「ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで」漫画版第2巻 :にゅーあきばどっとこむ

ハズレ 枠 の 状態 異常 漫画

あらすじ E級勇者VS人類最強 偽り、謀り、騙し、すべてを欺き。 あの人類最強を打倒せよ 「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、生存率ゼロの廃棄遺跡を脱出したE級勇者の三森灯河。 とある街にてミストと再会した灯河は、更なる力を得るため彼女とともにミルズ遺跡の攻略を果たした。 順調かと思われた女神ヴィシスへの復讐の旅路はしかし、ある男の登場によって一変する。 「誰よりも俺は強くなる。 あの女神すらをも蹂躙できるほどの力を、得てやる」 偽り。 すべてを欺く。 絶対最強へと至るE級勇者の逆襲譚、第2幕。 ネタバレありの感想 女神ヴィシスへの復讐を誓い、復讐の術を求め活動を開始したE級勇者の三森灯河は訪れた街でセラスと再会する。 ここから下は『』のネタバレありの感想になります。 未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。 前巻では廃棄遺跡という生存者ゼロの難関を突破した三森灯河ですが、今巻ではその時以上の難関に遭遇しています。 単純なステータス差では覆すことができない強者を灯河がどのよう手を使って退けるかが、今巻の見どころです。 灯河が窮地を切り抜けるためには奥の手である【状態異常スキル】を相手にかける必要があります。 そんな圧倒的強者に対して【状態異常スキル】をかけるため、灯河が用いた駆け引きと搦手は実に見事でした。 圧倒的な強者であるがゆえに僅かにみせた隙を見逃さない観察眼、隙につけこむ能力は【状態異常スキル】に並ぶ強力な武器であると思います。 灯河の強さは【状態異常スキル】と駆け引きにありますが、ステータス的にはLv1700超えているのに弱者であるという点が気がかりですね。 人間を倒してもLvは上がらないという事もあり、いずれLv的には頭打ちになると思います。 となるとステータス的に及ばぬ相手には【状態異常スキル】と駆け引きを用いないと敵わないわけですが、【状態異常スキル】が通じぬ相手やまったく油断しない強者と対峙した時が灯河にとっての真の窮地といえるかもしれません。 特に仇敵である女神ヴィシスには【状態異常スキル】が通じぬことが分かっていますので、それをどう打開するのかが物語としての肝になりそうです。 そして今巻で仲間となったエルフの姫騎士セラス まさに正ヒロインに相応しい善良さと真面目さをみせてくれました。 一巻から表紙でしたし、挿絵も多いしこれで正ヒロインじゃなかったら驚きますわ。 その点を意識するとセラスが灯河に対して恩義を感じるのも当然ですし、好意を抱くのも当然です。 異世界で出てきた女神ヴィシスやシビトを始めとした強者たち、そしてクラスメイトの勇者たちが性格的に難のある人物が多かったので、セラスの良さが引き立ちますね。 クラスメイトの勇者たちは勇者たちで内紛が起こりそうな感じでこちらの展開も楽しみです。 女神ヴィシスの思惑の通り力をかさに傲慢になっている桐原や小山田たち、能力不足で切り捨てられそうなC級以下の勇者たち、そして一人貧乏くじを引く真面目な十河さん。 クラス内で勢力が分かれ、弱者が虐げられているのでぎすぎす感の演出がすごいですし、追い込まれていく十河さんに注目してしまいますよ。 女神ヴィシスさんは本当に悪役らしい悪役のムーブを色々かましてくれるので、女神ヴィシス打倒という物語のけん引力が衰えを知りませんよ。 近年まれにみる名悪役といる女神ヴィシスさんの次の悪辣ムーブがとても楽しみです。 そして女神ヴィシスに虐げられる十河さんの抵抗も楽しみです。 一方、S級勇者桐原のわざとらしいくらいのなろうファンタジー勇者ムーブは滑稽すぎて辛いですわ。

次の

ハズレ枠の【状態異常スキル】で最強になった俺がすべてを蹂躙するまで 3|オーバーラップ文庫

ハズレ 枠 の 状態 異常 漫画

あらすじ E級勇者VS人類最強 偽り、謀り、騙し、すべてを欺き。 あの人類最強を打倒せよ 「ハズレ枠」と称されたスキルを駆使し、生存率ゼロの廃棄遺跡を脱出したE級勇者の三森灯河。 とある街にてミストと再会した灯河は、更なる力を得るため彼女とともにミルズ遺跡の攻略を果たした。 順調かと思われた女神ヴィシスへの復讐の旅路はしかし、ある男の登場によって一変する。 「誰よりも俺は強くなる。 あの女神すらをも蹂躙できるほどの力を、得てやる」 偽り。 すべてを欺く。 絶対最強へと至るE級勇者の逆襲譚、第2幕。 ネタバレありの感想 女神ヴィシスへの復讐を誓い、復讐の術を求め活動を開始したE級勇者の三森灯河は訪れた街でセラスと再会する。 ここから下は『』のネタバレありの感想になります。 未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。 前巻では廃棄遺跡という生存者ゼロの難関を突破した三森灯河ですが、今巻ではその時以上の難関に遭遇しています。 単純なステータス差では覆すことができない強者を灯河がどのよう手を使って退けるかが、今巻の見どころです。 灯河が窮地を切り抜けるためには奥の手である【状態異常スキル】を相手にかける必要があります。 そんな圧倒的強者に対して【状態異常スキル】をかけるため、灯河が用いた駆け引きと搦手は実に見事でした。 圧倒的な強者であるがゆえに僅かにみせた隙を見逃さない観察眼、隙につけこむ能力は【状態異常スキル】に並ぶ強力な武器であると思います。 灯河の強さは【状態異常スキル】と駆け引きにありますが、ステータス的にはLv1700超えているのに弱者であるという点が気がかりですね。 人間を倒してもLvは上がらないという事もあり、いずれLv的には頭打ちになると思います。 となるとステータス的に及ばぬ相手には【状態異常スキル】と駆け引きを用いないと敵わないわけですが、【状態異常スキル】が通じぬ相手やまったく油断しない強者と対峙した時が灯河にとっての真の窮地といえるかもしれません。 特に仇敵である女神ヴィシスには【状態異常スキル】が通じぬことが分かっていますので、それをどう打開するのかが物語としての肝になりそうです。 そして今巻で仲間となったエルフの姫騎士セラス まさに正ヒロインに相応しい善良さと真面目さをみせてくれました。 一巻から表紙でしたし、挿絵も多いしこれで正ヒロインじゃなかったら驚きますわ。 その点を意識するとセラスが灯河に対して恩義を感じるのも当然ですし、好意を抱くのも当然です。 異世界で出てきた女神ヴィシスやシビトを始めとした強者たち、そしてクラスメイトの勇者たちが性格的に難のある人物が多かったので、セラスの良さが引き立ちますね。 クラスメイトの勇者たちは勇者たちで内紛が起こりそうな感じでこちらの展開も楽しみです。 女神ヴィシスの思惑の通り力をかさに傲慢になっている桐原や小山田たち、能力不足で切り捨てられそうなC級以下の勇者たち、そして一人貧乏くじを引く真面目な十河さん。 クラス内で勢力が分かれ、弱者が虐げられているのでぎすぎす感の演出がすごいですし、追い込まれていく十河さんに注目してしまいますよ。 女神ヴィシスさんは本当に悪役らしい悪役のムーブを色々かましてくれるので、女神ヴィシス打倒という物語のけん引力が衰えを知りませんよ。 近年まれにみる名悪役といる女神ヴィシスさんの次の悪辣ムーブがとても楽しみです。 そして女神ヴィシスに虐げられる十河さんの抵抗も楽しみです。 一方、S級勇者桐原のわざとらしいくらいのなろうファンタジー勇者ムーブは滑稽すぎて辛いですわ。

次の