オメプラゾール。 医療用医薬品 : オメプラゾール

オメプラゾールの効果と副作用

オメプラゾール

【1】シトクロムP450について 患者一人一人の体質にあわせた治療を目指すテーラーメイド医療の声を聴いてから久しいが、医療の現場では未だ十分に浸透しているとは思えない。 例えば、抗がん剤イリノテカンの副作用には、下痢、好中球減少、血小板減少などがあるが、患者のもつグルクロン酸抱合に関与するUGT1A1(UDP-グルクロン酸転移酵素1A1)遺伝子多型の情報がわかれば、この抗がん剤を用いる場合の副作用対策に有益となる (1-3)。 服用した薬剤を人体では異物として反応するので、異物代謝酵素としての チトクロムP450(CYP又はP450と略す)が、多くの薬剤の代謝をつかさどる。 CYPには約60種あり、薬剤代謝に関与する分子種の主なものは、CYP1A2、CYP2A6、CYP2B6、CYP2C8、CYP2C9、CYP2C19、CYP2D6、CYP2E1、CYP3A4、CYP3A5などである。 薬剤がプロドラッグである場合、そのプロドラッグから活性体への代謝酵素が遺伝子多型であれば、多くの場合、活性体への代謝が困難となり、また、複数の薬剤の服用により相互作用が生じて薬効が増減することがあるので、テーラーメイド医療の対象となる場合が多い。 CYPの各分子種は、各々別の酵素であるため基本的にはそれぞれ固有の基質特異性を有する。 CYP酵素群の基質特異性は、低いとされているが、それでもある程度の固有の特異性がある。 以下は、CYP各分子種の基質特異性を示したものである(括弧内に基質となる代表的な薬剤を示す)。 CYP1A2 アセトアミノフェン、プロプラノロール、テオフィリン CYP2A6 テガフール CYP2B6 シクロホスファミド、ケタミン CYP2C8 パクリタキセル CYP2C9 イブプロフェン、ジクロフェナク、フェニトイン、ワルファリン CYP2C19 (クロピドグレル、オメプラゾール、ランソプラゾール、エソメプラゾール、ジアゼパム、イミプラミン、クロミプラミン、アミノトリプチン、フェニトイン、プログアニル) CYP2D6 タモキシフェン、フルボキサミン、ハロペリドール、プロプロプラノロール、リン酸コデイン CYP2E1 アセトアミノフェン CYP3A4 アミオダロン、カルバマゼピン、エリスロマイシン、タクロリムス、タモキシフェン、パクリタキセル CYP3A5 テストステロン、クラリスロマイシン 等である (4)。 以上のように、CYP3A4は、最も広い範囲の薬剤を基質とするが、次いで、CYP1A2、CYP2D6、CYP2C9、CYP2C19等もかなりの数の薬剤を基質としている。 【2】CYP2C19について CYP2C19を基質とする薬剤は、上記の他にも多数あり全医薬品の約10%にも及ぶとも言われている 表1。 ここで、 注意しなければならないのは、CYP分子種の中で、CYP3A4、CYP2D6、CYP2C9、CYP2C19は、個体により酵素の一部(遺伝子レベルでは多くの場合は一塩基)に変異をもつ場合があることである。 しかし、変異があってもCYP3A4の遺伝子変異は酵素活性に影響を与えないが、 CYP2C19、CYP2C9及びCYP2D6の変異は、酵素活性に影響を与えるので、その場合は薬効の増減や薬剤間の相互作用に影響することになる。 その他、CYP以外で、薬効に影響を与える代謝酵素、輸送蛋白の遺伝子多型にはUGT1A1とOATP1B1(Organic Anion Transporting Polypeptide 1B1)がある 3。 7%、13. 日本人のある家族のCYP2C19変異型の塩基配列を調べた研究では、CYP2C19 *2は、エキソン5の変異では681番目の塩基GがAに変異し、スプライス異常を引き起こす変異であって、野生型より13アミノ酸残基短い変異遺伝子であり (5,6)、 また、CYP2C19 *3は、エキソン4の636番目の(TGA)のGがAに変異することにより、終止コドン(TAA)に変異したため、野生型より279アミノ酸残基短いCYPをコードする変異遺伝子であった (5,6)。 これらの変異と野生型(CYP2C19*1 の組み合わせにより野生型とほとんどの多型が説明できる。 このようにCYP2C19には遺伝子多型があり、薬剤を服用する者がどのタイプに属するかにより酵素活性が異なる。 また、CYP2C19以外のCYPであるCYP2C9とCYP2D6の遺伝子多型に人種差があることについては、Kurose(黒瀬)、久保田らによる詳しい報告がある (1,5)。 CYP2C19の場合、遺伝子多型の多い酵素種であるため、単に基質となる薬剤、阻害剤となる薬剤、誘導剤となる物質を知っているだけでは足らず、患者、各人が、自分の遺伝子多型の型が分かっていた方が良いということになるので、多少面倒なことになる。 それでは、次に、CYP2C19について、どのような薬剤が基質となるか、どのような薬剤が阻害剤、誘導剤となるかを実際によく使用されている場面で調べてみよう。 【3】CYP2C19を基質とする薬剤(実際使われる薬剤の事例) 表1 CYP2C19を基質とする薬剤一覧 薬効分類 CYP2C19を基質とする薬剤 抗血小板薬 抗凝固薬 クロピドグレル (プラビックス) シロスタゾール(プレタール)(一部) ワルファリン(ワーファリン)(一部) (24) プロトンポンプ阻害薬 オメプラゾール オメプラール ランソプラゾール タケプロン エソメプラゾール ネキシウム 向精神薬 抗うつ薬を含む ジアゼパム セルシン、ホリゾン イミプラミン トフラニール クロミプラミン (アナフラニール) アミノトリプチン (トリプタノール) 抗てんかん薬 フェニトイン アレビアチン、ヒダントール (一部) 抗真菌薬 ボリコナゾール(ブイフェンド)(一部) フルコナゾール(ジフルカン) 抗マラリア剤 プログアニル(マラロン配合錠) (一部): 基質の一部が、CYP2C19により代謝される 【3-1】CYP2C19を基質とする 抗血小板剤 抗血小板作用を有するクロピドグレル(プラビックス)は、プロドラッグであってCYP2C19により代謝を受けて活性体になるが、遺伝子多型の活性欠損者では活性体になりにくいので、期待する抗血小板効果が得られない。 米国では、このことが以前から問題視されているが、我が国ではあまり問題にされていない。 日本人を含むアジア人はCYP2C19の多型をもつ人が欧米白人より約7倍多いため、クロピドグレルの使用にあたっては、個人毎の遺伝子多型に注意が必要であるにもかかわらず、我が国ではあまり問題視されていないことは、問題であるように思う。 この問題の対処方法としては、患者自身が遺伝子検査を受けて、CYP2C19の多型にあたるか否かを把握することが必要である (7)。 また、抗血小板薬の選択においてクロピドグレルと同じADP受容体阻害作用をもつ抗血小板剤プラスグレル(エフィエント)へ切り変えることで解決できると思われる。 プラスグレルは、CYP2C19による代謝を受けないことが特徴の一つになっている (8)。 CYP2C19、CYP2D6、CYP2C9などにより代謝を受けない薬剤であることは、個体差のない治療薬という特徴になり得るため、今後の新しい医薬品の探索・開発研究において、重要な特性開発となるであろう。 【3-2】CYP2C19を基質とする プロトンポンプ阻害剤 プロトンポンプ阻害剤の中で、オメプラゾール(オメプラール)、エソメプラゾール(ネキシウム)は、どちらもCYP2C19 の基質となる(表1)。 オメプラゾールの光学異性体(S体)であるエソメプラゾール(ネキシウム)は、CYP2C19の基質となる寄与率が低いとの報告もあるが、インタビューフォーム 9 には、 「CYP2C19によりヒドロキシ体、5-O -脱メチル体に、CYP3A4によりスルホン体に代謝された。 代謝固有のクリアランスに基づき算出したヒドロキシ体及び5-O -脱メチル体の 生成に関与するCYP2C19 の寄与率は 73%であった。 」 と記載されており、代謝におけるCYP2C19の寄与率が大きそうである。 一方、別のプロトンポンプ阻害剤であるラベプラゾール(パリエット)は、脱メチル化に関与するCYP2C19及びスルホン化に関与するCYP3A4の寄与は小さく、主として非酵素的にチオエーテル体に変化するので、CYP2C19への依存は小さい (10)。 しかし、ラベプラゾール投与後の胃内pH、血清ガストリン値およびAUC、血中ラベプラゾール濃度はCYP2C19遺伝子多型の影響を受けるとも記載されている (10)。 【3-3】CYP2C19を基質とする 向精神薬・抗てんかん薬 ジアゼパム(セルシン)、イミプラミン(トフラニール)、クロミプラミン(アナフラニール)、フェニトイン(アレビアチン)などは、CYP2C19により一部が代謝されるが、主たる代謝酵素ではない (11-14)。 イミプラミン(トフラニール)及びクロミプラミン(アナフラニール)の代謝には、共に、主としてCYP2D6が関与するが、一部CYP1A2、CYP3A4、CYP2C19も代謝に関与する 12,13。 また、一部が代謝されるときであっても、決して無視できない場合がある。 CYP2C19遺伝子多型の患者でフェニトインを投与すると(代謝不全のために)フェニトインの中毒症状(脳波の徐波化、脳血流量の低下、麻痺の悪化など)が見られたという報告がある 25。 【3-4】CYP2C19を基質とする 抗真菌剤 ボリコナゾール(ブイフェンド)は、CYP2C19、CYP2C9及びCYP3A4で代謝される (15,16)。 このため、CYP2C19の遺伝子多型による活性欠損者では、ボリコナゾール(ブイフェンド)の代謝はCYP2C9とCYP3A4に依存することになる。 CYP2C19の遺伝子多型による活性欠損者がボリコナゾール(ブイフェンド)を服用しているときに、更にCYP2C9阻害剤又はCYP3A4阻害剤を服用すると、ボリコナゾール(ブイフェンド)の血中体液中濃度が著しく増大するので注意が必要である。 【3-5】 CYP2C19を基質とする 抗マラリア剤 マラロン配合錠は、抗真菌剤アトバコンと抗マラリア剤プログアニルが配合されている。 プログアニルは、CYP2C19により代謝されて抗マラリア効果を有する活性体シクログアニルになる 17。 このため、CYP2C19の遺伝子多型をもつ活性欠損者は、マラロン配合錠による抗マラアリア効果を得ることが困難である。

次の

オメプラゾール:オメプラール,オメプラゾン

オメプラゾール

1.オメプラールの特徴 まずはオメプラールの特徴について、かんたんに紹介します。 オメプラールは 胃酸の分泌を抑えるお薬になります。 オメプラールは 胃酸を分泌する「プロトンポンプ」のはたらきをブロックする作用を持つため、「プロトンポンプ阻害薬」とも呼ばれています。 プロトンポンプ阻害薬には胃酸の分泌を強力に抑える作用を持ちます。 そのため現在の胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療においてまず用いられる第一選択のお薬となります。 デメリットとしては、• 効果発現までにやや時間がかかること• 夜間の胃酸分泌抑制効果が弱い事• 投与日数の制限があること などがあります。 一方で、胃酸の分泌を抑えるお薬にはH2ブロッカーと呼ばれるものもあります。 H2ブロッカーは胃酸を抑える強さはPPIにはかなわないものの、即効性・夜間の効きなどはPPIよりも優れ、また投与日数制限もないというメリットがあります。 状況によってはPPIとH2ブロッカーが使い分けられていますが、全体的な効果としてはH2ブロッカーの方が弱めであるため、胃潰瘍の治療などにはまずはPPIから用いることが一般的です。 また近年では「カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)」と呼ばれる、新しいタイプのPPIも登場しています(参照)。 このPPIは即効性、持続性があり、効きの個人差も少ないと考えられており、オメプラールなどの従来のPPIの弱点を補ったPPIとして注目されています。 オメプラールは副作用の頻度自体は少なくありませんが、ほとんどが便秘などの軽めの副作用であり、安全性も高いと考えられています。 以上からオメプラールの特徴として次のようなことが挙げられます。 【オメプラールの特徴】 ・強力な胃酸分泌抑制効果 ・効くまでにやや時間がかかる ・主に日中の胃酸の分泌抑制に効果的で夜間は効果が弱い ・投与制限がある事が多い スポンサーリンク 2.オメプラールはどんな疾患に用いるのか オメプラールはどのような疾患に用いられるのでしょうか。 添付文書には、次のように記載されています。 胃に潰瘍が生じていると、本来であれば胃に入ってきたばい菌をやっつけるために分泌されている胃酸が、潰瘍部を刺激してしまい、傷の治りが遅くなってしまいます。 このような場合は、胃酸の分泌を弱めてあげた方が潰瘍は早く治ります。 また、胃潰瘍を生じる可能性がある薬物(アスピリン、NSAIDs(非ステロイド性消炎鎮痛剤)など)を長期服用している方が、胃潰瘍を起こさないために予防的に投与することもあります。 Zollinger-Ellison症候群は難しい名前の病気ですが、ガストリンというホルモンを分泌する腫瘍が出来てしまう疾患です。 ガストリンも胃酸を分泌させるはたらきがあるため、胃酸の分泌を抑えるPPIは効果を示します。 ただし腫瘍ですので原則は手術になります。 オメプラールのような胃酸の分泌を抑えるようなお薬は、ピロリ菌の除菌に用いられることもあります。 オメプラールは胃酸の分泌を抑えるだけでピロリ菌をやっつける作用はないため、通常はオメプラールと抗生物質を併用した治療が行われます。 オメプラールは胃内の酸性度を下げることによって、抗生物質がよりしっかりと胃内でピロリ菌に対する殺菌効果を発揮できるように補助するはたらきがあると考えられています。 オメプラールの有効率は、• 胃潰瘍への有効率は98. 十二指腸潰瘍への有効率は99. 吻合部潰瘍への有効率は96. 逆流性食道炎への有効率は94. ヘリコバクター・ピロリ菌除去への有効率は81. 3.オメプラールにはどのような作用があるのか オメプラールは主に胃酸の分泌を抑えることで胃を守る作用があります。 これはどのような作用機序になっているのでしょうか。 オメプラールの主な作用について詳しく紹介します。 オメプラールをはじめとしたプロトンポンプ阻害薬(PPI は、胃薬なのに胃内で胃酸に触れると失活(作用が無くなってしまう)というちょっと困った特徴があります。 そのためPPIは胃では溶けず、腸で溶けて体内に吸収されるように作られています。 オメプラールに「腸溶錠」と名前が付いているのは、このような理由になります。 酸を分泌する「プロトンポンプ」に直接作用するため、その効果は強力です。 しかし腸で吸収されてそこから胃に到達しやっと効果を発揮するため、即効性にはやや欠け、効果を得るまでに時間がかかるという欠点があります。 胃は胃酸で酸性に保たれているため(pH1~2)、普通の細菌は胃内で生きる事は出来ません。 しかしピロリ菌はウレアーゼという酵素を分泌する事によって胃内で生存できてしまうのです。 アンモニアはアルカリ性ですので、胃酸を中和するはたらきがあるのです。 ピロリ菌は、• 胃潰瘍、十二指腸潰瘍• 胃がん• 胃MALTリンパ腫• 特発性血小板減少性紫斑病 など様々な疾患の原因となります。 そのためピロリ菌の感染が分かったら、除菌を行う必要があります。 除菌は抗生剤(細菌をやっつけるお薬)によって行われますが、胃内の除菌を行う際は、胃内のpHを下げ、なるべく酸性度を弱めた方が除菌効率が高くなる事が分かっています。 そのため、ピロリ菌の除菌を行う際は抗生剤投与に加えて、胃酸の分泌を抑えるPPIが用いられます。 実際、抗生剤にPPIを併用する事でピロリ菌の除菌率が高まる事が確認されており、現在ピロリ菌の除菌にはオメプラールのようなPPIが必ず併用されます。 スポンサーリンク 4.オメプラールの副作用 オメプラールの副作用発生率は1. 86~8. 5% ピロリ菌除菌の補助に用いた際は53. 2% 前後と報告されています。 生じうる副作用の多くは、• 下痢・軟便• 味覚異常 などで重篤なものではありません。 全体的な安全性は高いと考えてよいでしょう。 また検査値異常として、• 白血球減少• BUN上昇 などが報告されています。 長期的にオメプラールを使用する場合は、定期的に血液検査等を行うのが望ましいと言えます。 稀ですが重篤な副作用の報告もあり、• ショック、アナフィラキシー• 汎血球減少症、無顆粒球症、溶血性貧血、 血小板減少• 劇症肝炎、肝機能障害、黄疸、肝不全• 中毒性表皮壊死融解症 TEN 、皮膚粘膜眼症候群(SJS)• 視力障害• 間質性腎炎• 急性腎不全• 低ナトリウム血症• 間質性肺炎• 横紋筋融解症• 錯乱状態 が報告されています。 臨床で見かける事は滅多にありませんが、一応の注意は必要です。 5.オメプラールの用法・用量と剤形 オメプラールは、 オメプラール錠 10mg オメプラール錠 20mg の2剤型があります。 オメプラールの使い方は、用いる疾患によって異なってきます。 【胃潰瘍、吻合部潰瘍、十二指腸潰瘍、Zollinger-Ellison症候群】 通常成人には1日1回20mgを経口投与する。 なお、通常、胃潰瘍、吻合部潰瘍では8週間まで、十二指腸潰瘍では6週間までの投与とする。 【逆流性食道炎】 通常成人には1日1回20mgを経口投与する。 なお、通常8週間までの投与とする。 さらに、再発・再燃を繰り返す逆流性食道炎の維持療法においては、1日1回10~20mgを経口投与する。 【非びらん性胃食道逆流症】 通常成人には1日1回10mgを経口投与する。 なお、通常4週間までの投与とする。 【ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助】 通常成人にオメプラゾール(オメプラール)として1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びクラリスロマイシンとして1回200mg(力価)の3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。 なお、クラリスロマイシンは、必要に応じて適宜増量することができる。 ただし、1回400mg(力価)1日2回を上限とする。 プロトンポンプインヒビター、アモキシシリン水和物及びクラリスロマイシンの3剤投与によるヘリコバクター・ピロリの除菌治療が不成功の場合は、これに代わる治療として、通常、成人にはオメプラゾールとして1回20mg、アモキシシリン水和物として1回750mg(力価)及びメトロニダゾールとして1回250mgの3剤を同時に1日2回、7日間経口投与する。 となっています。 他のPPIでも同じですが、投与日数に上限がある使い方が多いため、注意が必要です。 6.H2ブロッカーとPPIの違い オメプラールはPPI(プロトンポンプ阻害薬)に属しますが、同じように胃酸の分泌を抑えるものとしてH2ブロッカーもあります。 「H2ブロッカーとPPIはどのような違いがあるのか」というのは、患者さんからも多い質問です。 H2ブロッカーは胃壁のヒスタミン2 H2 受容体をブロックすることで、胃酸の分泌を抑制するはたらきを持つお薬です。 代表的なものに、「ガスター(一般名:ファモチジン)」「プロテカジン(一般名:ラフチジン)」「ザンタック(一般名:ラニチジン)」などがあります。 一方でPPIは、プロトンポンプという胃酸を分泌するポンプを直接ブロックすることで、胃酸の分泌を抑制するはたらきを持ちます。 この2つはどう違うのでしょうか。 まず強さとしては、PPIの方が強力です。 その理由はPPIの方が胃酸を分泌する部位であるプロトンポンプを直接的にブロックするためです。 一方でH2ブロッカーはH2受容体をブロックすることにより、間接的に胃酸の分泌を抑えるため、その強さはPPIよりは弱くなります。 そのため、急性期の胃潰瘍などではまずはPPIを使うことが多くなっています。 しかし即効性で言えば、H2ブロッカーの方が速く効きます。 おおよそですが、H2ブロッカーは効くまでに約2~3時間、PPIは約5~6時間ほどと言われています。 また効く時間帯にも特徴があり、PPIは主に日中の胃酸分泌を強く抑え、H2ブロッカーは主に夜間の胃酸分泌を強く抑えると言われています。 保険的な話になってしまうのですが、PPIは投与制限がかけられているものも多く(4週間までしか投与してはいけませんよ、など)、長くは使えないものも少なくありません。 一方でH2ブロッカーは投与制限のない使い方がほとんどです。 そのため胃潰瘍の治療では、まずは効果の高いPPIから初めて、保険が通らなくなる時期が来たらH2ブロッカーに切り替えるというのが良く行われている方法になります。 7.オメプラールが向いている人は? 以上から考えて、オメプラールが向いている人はどんな人なのかを考えてみましょう。 オメプラールの特徴をおさらいすると、 ・強力な胃酸分泌抑制効果 ・効くまでにやや時間がかかる ・主に日中の胃酸の分泌抑制に効果的で夜間は効果が弱い ・投与制限がある事が多い というものでした。 オメプラールは代表的なPPIの1つで、胃潰瘍・逆流性食道炎などを始め、ピロリ菌の除菌にも良く用いられています。 世界で一番初めに発売されたPPIであり、PPIの基本形と言っても良いお薬です。 強力に胃酸の分泌を抑えてくれるオメプラールは、症状がひどい急性期にまず用いるお薬として向いています。 一方で、効果発現までにやや時間がかかること、夜間の効果が不十分であることから、即効性が欲しい時や夜間の酸を抑えたい時にはH2ブロッカーを用いた方が良い場合もあります。 またオメプラールをはじめとしたPPIには投与制限があるものも多いため、漫然と用いることはできません。 適切な時期が来たら服薬終了するか、H2ブロッカーに切り替えるなどが必要になります。

次の

オメプラゾールの効果と副作用

オメプラゾール

PPI(プロトンポンプ阻害薬)と胃酸 潰瘍が引き起こされる1番の要因として「胃酸」があります。 食物の消化に必要となる胃酸ですが、この胃酸の量が多いと潰瘍が起こってしまいます。 過剰な胃酸が自分自身の胃を攻撃してしまうのです。 そこで、これら胃酸分泌を抑制します。 すると、胃を攻撃する因子が消えるので潰瘍が修復されていきます。 これによって、消化性潰瘍を治療することができます。 つまり、「 胃酸分泌をコントロールすれば、多くの胃のトラブルを解消できる」という事が分かります。 この時に使用される薬がPPI(プロトンポンプ阻害薬)です。 胃酸は胃の壁細胞から分泌されます。 この時、アセチルコリンやヒスタミン、ガストリンなどのシグナルが作用することによって胃酸が分泌されるようになります。 これらのシグナルは最終的にプロトンポンプと呼ばれる場所に集まります。 このプロトンポンプから胃酸が分泌され、この量が多くなると消化性潰瘍や逆流性食道炎などを引き起こすようになります。 そのため、 胃酸分泌を行うプロトンポンプを阻害すれば、ほぼ完全に胃酸分泌を抑制できます。 このプロトンポンプを阻害する事で胃酸分泌を抑える薬がPPI(プロトンポンプ阻害薬)です。 このような考えにより、世界初のPPI(プロトンポンプ阻害薬)として開発された薬がオメプラゾール(商品名:オメプラール、オメプラゾン)です。 オメプラゾール(商品名:オメプラール、オメプラゾン)の特徴 PPI(プロトンポンプ阻害薬)が開発される以前では、強力に胃酸分泌を抑制する薬としてH 2ブロッカーと呼ばれる種類の薬が主に使用されていました。 H 2ブロッカーとしては、ファモチジン(商品名:ガスター)などが一般的に知られています。 H 2ブロッカーはヒスタミンが胃の壁細胞に作用する過程を阻害します。 これによって、胃酸分泌が抑制されます。 しかし、前述の通り胃酸分泌にはヒスタミンの他にもアセチルコリンやガストリンなども関与しています。 そのため、 H 2ブロッカーではヒスタミン以外のシグナルによる胃酸分泌までは抑制できません。 そこで、これら全てのシグナルからの胃酸分泌を抑制する薬として開発された医薬品がPPI(プロトンポンプ阻害薬)です。 オメプラゾール(商品名:オメプラール、オメプラゾン)は1日1回の投与で24時間にわたって胃酸分泌を抑制することができます。 また、オメプラゾールは消化性潰瘍の原因として知られているヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)の除菌に使用可能な薬でもあります。

次の