シューベルト 代表 曲。 即興曲集 D 899 Op.90/4 Impromptus D 899

シューベルトの代表作をご紹介。歌曲王と呼ばれた華麗な音楽とは

シューベルト 代表 曲

有名な曲一覧 ビゼーの死後1879年に友人エルネスト・ギローの手により完成された第2組曲 冒頭部分がアイルランド民謡『ミンストレル・ボーイ』に似てる? フルートとチェンバロのためのソナタ 変ホ長調(BWV. 1031)より(偽作?) J. バッハ『ポロネーズ』 管弦楽組曲第2番ロ短調(BWV1067)より。 主部の旋律がバスに移りフルートがオブリガートを奏でる。 フルートがソロ的な活躍をする管弦楽組曲第2番ロ短調(BWV1067)より シシリエンヌはシチリア舞曲シチリアーナのフランス語 元はピアノ連弾だがフルートとも相性が良い モーツァルトが家庭教師をしていた娘の父親がフルート愛好家で、娘の結婚式向けに作曲を依頼されたという。 第2楽章「アンダンティーノ」は単独でも演奏される。 ギリシア神話の牧神を象徴するパンの笛(パン・フルート)をイメージする楽器としてフルートが重要な役割を担っている 当初の曲名は「パンの笛(パン・フルート)」だったという。 フランスの名フルート奏者ルイ・フルーリーに献呈された無伴奏フルート作品。 笛つながりでフルートによる演奏機会も少なくない(ミニ・コンサートなどで) ピアノ独奏のための作品集『無言歌集』より ハンガリーのフルート奏者フランツ・ドップラーによるフルートの名曲 フルートのほかヴァイオリン独奏曲としても人気がある グルックのオペラ「オルフェオとエウリディーチェ」劇中曲 ヴァイオリンとピアノの編成で演奏機会が多いがフルートも心地よい ピアノ曲集「子供の情景」より 歌曲集「白鳥の歌」より。 ドイツの詩人レルシュタープの詩に作曲された。 クライスラーによるヴァイオリン用の編曲が有名。 フルート名曲を集めた楽譜集にも収録されている。 ヘンデルのオペラ「セルセ」第1幕のアリア J. バッハ『平均律クラヴィーア曲集』第1巻の第1曲「前奏曲」が伴奏に用いられる 関連ページ クラシック音楽の有名な曲を、チェロやオーボエ、クラリネットなど曲中で主に用いられる楽器別にまとめたページ バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴.

次の

シューベルトとは

シューベルト 代表 曲

このライヴ自体既に評価の高かったものだが、今回UHQCD化によって音質がグレードアップされた。 従来盤より透明度が増して全体的に音色の輝かしさが出て磨きのかかったような印象がある。 シューベルトのピアノ五重奏曲『ます』にリヒテルのような巨匠が加わることは稀だが、若い頃からアンサンブルに積極的に参加していた彼だけに、ここでも超一級の協調性をみせた力強く隙のない合奏が特徴だ。 また流石にヴィルトゥオーゾで一世を風靡したリヒテルらしく、急速楽章ではテンポを更に速めに設定してピアノ・パートの名技主義を前面に出した鮮やかなピアニズムも健在だ。 しかし一方で第2楽章ではボロディン四重奏団の持ち前の抒情性と相俟ってひときわ美しい情景を描き出している。 元来ボロディンはロマンティックな演奏を得意としているが、この作品でも彼らの長所とリヒテルによって引き締められた緊張感が心地良い。 最近聴き比べたグリュミオーとヘブラーが協演した同曲の演奏では、どちらかと言えばグリュミオーのヴァイオリンの美しさをヘブラーと弦楽部が支えているように感じられるが、ここではリヒテルが圧倒的な存在感を示している。 勿論ピアノ五重奏としてのバランスは堅持されているにしても、特に第4楽章の第3変奏でリヒテルの弾くピアノ・パートのユニゾンの華麗なテクニックはこのヴァリエーションに鮮やかな花を添えている。 1980年6月18日にオーストリア、ホーエネムス城で収録されたライヴ音源だが音質は極めて良好で、客席からの雑音もなく彼の瑞々しい音色を捉えている。 リヒテルは後年ヨーロッパの古城や宮殿を積極的に使ってライヴやセッション録音を果たしている。 それは現代のコンサート・ホールよりもかつてこうした作品が実際に演奏された空間の自然な残響を好んだだけでなく、都心を離れた閑静な環境で芸術的インスピレーションを高めるためだったと考えられる。 あぁ〜自由な演奏だなぁ。 各パートが他のパートに気を使ってセーブするのではなく、本当に各々がのびのびと演奏しているのが伝わってくる。 気分がノリノリになってしまったせいなのか、アンサンブルが多少ずれていることがありますが、音楽が本当に生き生きしているので気にはなりません。 室内楽は、細かいことは気にせずに仲間同士が楽しく演奏するのが一番なのかもしれないですね。 また、この録音はリヒテルのピアノの音色に特徴があります。 これ以上ないほど明るく美しい音色です。 この天国的な音色を聴くだけでも本盤を買う価値があると思います。 ツボにハマったときのリヒテルは、やはり20世紀最大のピアニストの一人であることを強烈に納得させてくれます。 というわけで、個人的には本盤は文句なくオススメですが、より完璧なアンサンブルを望まれる方は、ブレンデル盤をオススメいたします。 20世紀のピアノ演奏を語る上で、リヒテルの名前は外すことができないものだ。 幅広いレパートリーを持ち、そのどれも素晴らしい演奏をする天才。 自然体で、ヤマハのピアノを愛したことや、そのヤマハの工場でコンサートを行ったことなどでもよく知られている。 ソ連は数多くの素晴らしいピアニストを生み出したが、その中でも別格に位置するのは間違いない。 そのリヒテルは、室内楽でも魅力をいかんなく発揮させていた。 円熟期に入ってからはソロでも盛んに活動する一方で室内楽の活動が増え、特に自分の周りに集った若い音楽家たちと協演を重ねた。 このCDはそうした室内楽活動の代表版のひとつで、1980年にオーストリアのホーエネムス城で録音されたもの。 〈シューベルティアーデ〉というコンサートのライヴ録音だが、音質は良い。 80年代以後のライヴ録音の中でも、音質とノイズの少なさでは最も良い部類に入るだろう。 ここに聞くシューベルトの「ます」では、ボロディン・クヮルテットの演奏と、リヒテル演奏が対照的。 リヒテルのピアノはあくまでも自然体を貫いた温かく柔らかい音で、それをあからさまに主張するわけではない。 しかし、勢いがあって歯切れもいい弦楽四重奏に飲み込まれることもなく、音がひとつひとつはっきりと聞こえてくる。 「細部までズレがない」という類の演奏ではないので、ちょっと聞いただけでは演奏者が好き勝手をやっているような印象を受ける。 だが、じっくり聞いているとそれぞれのベクトルがひとつのいい方向に集約されていくようで、とても気持ちがいい。 最近ではなかなか聞けなくなった種類の演奏である。

次の

シューベルトのおすすめ名曲15選【彼の生涯の逸話と合わせてご紹介】 | VOKKA [ヴォッカ]

シューベルト 代表 曲

シューベルトは31年という決して長くはない生涯を通じて、600曲もの歌曲を残したため、「歌曲の王」と呼ばれることがあります。 ドイツの文豪ヴォルフガング・フォン・ゲーテの詩に基づく「魔王」は、18歳の年、1815年に作曲されています。 この年は歌曲がたくさん書かれ、なんと145曲も作曲されていますが、そのなかでも「魔王」は傑作の名に相応しいものです。 翌年、シューベルトの友人の一人がゲーテに宛ててシューベルトが作曲した「魔王」の楽譜を送付していますが、ゲーテからはなんの返事もこなかったそうです。 この時点ではシューベルトの音楽の新しさが理解できなかったのでしょうか。 しかし1830年にゲーテがこの作品を聴いたとき、まるで絵画を見ているかのように情景が浮かんでくると評し、シューベルトの才能を評価しました。 モーリツ・フォン・シュヴィント作「魔王」 この作品は、嵐の吹きすさぶ真夜中に、父親子供をつれて馬を駆るようすが詠われています。 子供は魔王がいることに気づいて、怖がりますが、父親は取り合いません。 しかし、魔王はその子供を殺してしまい、父親が気づいた時には既に息絶えていたのです。 シューベルトの音楽は、3人の登場人物の対話をオペラのように劇的に表現していきます。 歌を支えるピアノ伴奏が走る馬の蹄鉄の響きや嵐のようすを描写し、歌詞の内容を深めている点も重要です。 当時の歌曲は、詩を朗読するときのリズムを真似て簡単な旋律にし、伴奏も歌を控えめに支える役割に徹するのがふつうでした(ゲーテもそのような歌曲を評価しています)。 ところが、シューベルトの「魔王」は音楽の力を大いに活用することで、詩の内容を劇的に表現しているのです。 その意味で、シューベルトは新しい歌曲のあり方を明確に示した最初の作曲家であると言えます。 「歌曲の王」というニックネームは単に作品の多さだけでなく、内容の豊かさも指しているのです。 この連作歌曲集は、ミュラーという詩人が書いた24編の詩に作曲されています。 これらの詩は互いに関連のない内容ではなく、全体で一つのストーリーを物語っています。 結婚の約束までしながら失恋してしまった若者が、恋人のもとを去り、さすらいの旅を続けるというお話で、自分の本当の居場所を求め続ける「さすらい」というテーマは、シューベルト自身が、そしてロマン派の作曲家や詩人たちが好んだものでした。 「冬の旅」では、恋人への未練を残しつつも、それを断ち切ろうと決意する若者の心が揺れるさまが描写されていきます。 全編にわたって暗い色調が支配的ですが、有名な「ぼだい樹」のように束の間の光が見いだされる曲も含まれています。 モーリッツ・フォン・シュヴィント作「シューベルティアーデ」 シューベルトは、多くの詩を並べて一つの物語を形作った詩集に作曲する「連作歌曲集」という分野は、他にも「美しき水車小屋の娘」がありますが、どちらも男声歌手によって歌われる名作として有名です。 とりわけ、「冬の旅」は一晩の演奏会で取り上げるのに適した規模を持っているためか、鑑賞の機会がすばぬけて多い作品と言えるでしょう(最近では女声歌手が取り上げることも増えてきました)。 「冬の旅」はシューベルトが亡くなる前年、1827年に作曲されています。 前半の12曲は1828年の1月に出版され、続けて後半の12曲も出版される運びとなっていました。 病床に伏していたシューベルトはその校正刷りのチェックを最後までしていましたが、出版される前に亡くなってしまったのです。 余りにも短い人生でしたが、その最後の時期に作曲された「冬の旅」は現在においても名曲として歌い継がれているのです。 シューベルトは歌曲だけを作曲していたわけではありません。 オペラや教会音楽にも少なからぬ作品がありますし、器楽曲の創作にも意欲的でした。 器楽曲のなかで、おそらく最も有名なのがこの「未完成」でしょう。 「未完成」というニックネームは、第1楽章と第2楽章しか完成しておらず、第3楽章は簡単なスケッチのみ、第4楽章にいたっては着手すらされていないからです。 したがって、この作品は最初の2つの楽章からなっているのです。 なぜ途中で作曲を止めてしまったのでしょうか。 その理由はわかりません。 しかし、大編成のオーケストラを必要とする交響曲を、演奏されるあてもないのに作曲することは不自然ですから、中断したと考えられるでしょう。 2つの楽章で内容的に十分だったので、第3楽章以下を書かなかったという俗説は、4楽章構成が一般的だった当時の交響曲のあり方からすれば、まずありえません。 「未完成」の自筆譜 第1楽章の冒頭は当時の一般的な交響曲の開始法と比較すると、非常に独特なものがあります。 チェロやコントラバスが弱々しい音で不気味な性格の旋律を弾くことで始まるのです。 続いて現れる旋律はクラリネットやオーボエを中心とした息の長いもの。 歌曲の作曲家らしい旋律の美しさはこの交響曲の大きな魅力の一つと言えるでしょう。 第2楽章は、悲劇的な色彩の濃かった第1楽章とは対照的に、天国的な調べで始まります。 途中で第1楽章の思わせる荒々しい響きが挿入されているだけに、最初の旋律のはかない美しさがより印象的です。 この楽章の後、シューベルトはどのような音楽を考えていたのでしょうか。 前述のように、第3楽章には簡単なスケッチが残っており、このスケッチに基づいて別の作曲家が作り上げた「補作版」も存在します。 そしてシューベルトの他の作品から借りてきたものを第4楽章として、4楽章版の交響曲として演奏されることもたまにあります。 しかし、これはまさに蛇足というべき行為であり、シューベルトが完成した最初の2つの楽章だけで十分満足でしょう。 メンデルスゾーンは幼少時より音楽の才能を発揮し、モーツァルトに勝るとも劣らない神童でした。 この序曲は、17歳の年、1826年に作曲されています。 現在でも最も人気の高いメンデルスゾーン作品の一つで、とても17歳の少年が作った音楽とは思えません。 この序曲は、イギリスの文豪ウィリアム・シェイクスピアの「真夏の夜の夢」という戯曲を読んだメンデルスゾーンが、その内容を音楽で描写しようとして作曲しました。 シェイクスピアの「真夏の夜の夢」は真夏の夜、森のなかで繰り広げられる妖精の世界での、愉快な恋物語です。 メンデルスゾーンは神秘的な妖精の世界を見事に表現しています。 冒頭で、管楽器によって奏される4つの和音は昼の世界から夜の世界へと移り変わったことを示し、続いて妖精たちが森のなかで楽しく遊んでいるような旋律が現れます。 このような「妖精の音楽」はメンデルスゾーンが得意としたもので、他の作品でも似たような音楽が使われることがあります。 この序曲の作曲から16年後の1842年に、メンデルスゾーンはシェイクスピアの「真夏の夜の夢」を演劇として上演する際に使用するための劇音楽を作曲することとなりました(有名な「結婚行進曲」はこの劇音楽に含まれます)。 既に33歳となり、円熟の極みにあった作曲家にとっても、「若書き」の序曲は自信作であったのでしょう。 新たに劇音楽を作曲するにあたり、メンデルスゾーンは少年時代に作った序曲から旋律を借りているのです。 数多あるヴァイオリン協奏曲のなかでも、ベートーヴェンやチャイコフスキーの作品と並び称される傑作で、1844年に作曲されています。 この頃、メンデルスゾーンはライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団の指揮者を務めており、この楽団のコンサートマスターであったフェルディナント・ダーフィトと親しくしていました。 この協奏曲はこのダーフィトのために書かれています。 ダーフィトは国際的に活躍した名手で、初演以来忘れ去られていたベートーヴェンの協奏曲を演奏して、この作品の真価を広く知らしめたという功績があった音楽家でした。 メンデルスゾーンはこのダーフィトのアドヴァイスを受けながら作曲を進め、傑作を生み出すことができたのです。 ゲヴァントハウスのホール この作品は3つの楽章からなっていますが、楽章の間に休みを置かずに続けて演奏されます。 こうした構成法はメンデルスゾーンの発明ではありませんが、彼が協奏曲において好んだものです。 短い前奏に続いて現れる独奏ヴァイオリンの旋律は悲しくも美しく、一度聴いたら忘れられません。 オーケストラによる長い前奏の後に独奏者が演奏を開始するのが当たり前だった時代に、このような開始は聴衆たちに強い印象を残したに違いありません。 第2楽章はゆっくりとしたテンポに乗って、独奏ヴァイオリンがこれまた美しい旋律を奏でていきます。 美しい旋律を生み出す才能はまさに天性のものとしか言いようがないでしょう。 第3楽章では、打って変わってリズミカルな動きが満載された主題で始まり、独奏ヴァイオリンの華やかな技巧が目立ちます。 この楽章の軽快な性格は、序曲「真夏の夜の夢」の項で触れた「妖精の音楽」にも通じるものがあるのではないでしょうか。 ヴァイオリンという楽器の特性と魅力を最大限に引き出したこの協奏曲の人気が衰えることなく続いているのも大いに頷けます。

次の