ギガノーカウント使用量とは?。 ソフトバンクのウルトラギガモンスターはテザリングに要注意

ソフトバンクの「メリハリプラン」について徹底解説!

ギガノーカウント使用量とは?

ウルトラギガモンスター+って何? ウルトラギガモンスター+は、データ定額50GBの携帯のデータ通信のプランです。 ウルトラギガモンスター+のメリットは? 【メリット】動画アプリ・SNSアプリがデータ通信量の消費がない(ギガノーカウント) ウルトラギガモンスター+は、上に表示したアプリやサイトはデータ通信量が消費されることがありません。 つまり、50GBの定額部分を利用することなく、YoutubeやTVerやHuluが観られるということです。 (Hulu等のサービスは月額料金が別途かかりますので、各ホームページでご確認ください) そして、これらのコンテンツに関しては、テザリングでパソコンやタブレットで利用してもデータ通信量は減らないというのが凄いです! ギガノーカウントのコンテンツでもデータ通信量を消費するケースもありますので、以下にリンクをはってますからを参考にしてください。 【メリット】50GBを使い切って通信制限が入っても、対象アプリは普通の通信速度で使える 仮に50GBを使い切った場合はどうなるのか気になる方もいると思いますが、50GBを使い切った場合は、当然速度制限がかかります。 (128kbpsに低速化します) しかし、対象コンテンツは通常の速度で利用できるので、LINEやYoutubeなどが使い物にならいということはなくなります。 ウルトラギガモンスター+のデメリットは? 【デメリット】月月割が適用できない通話プランに移行しなくてはいけない ウルトラギガモンスター+は新料金プランのみで利用が可能です。 ただ、新料金プランは月月割がないプランなので、割引が残ってる人は割引がなくなるということになります。 基本料金も通話基本料金の金額は実質変わりません。 24時間通話し放題のスマ放題が2,700円、新料金プランは通話の基本料金が1,200円で、24時間通話し放題はプラス1,500円で利用ができます。 あまり通話をしないのに話し放題を使っていた人は1500円安くなるので、比較して利用しましょう。 【デメリット】データが余っても繰り越しされない 今までの50GBの契約は、20GB余った場合は翌月に繰り越されて70GB使えてたのですが、ウルトラギガモンスター+は繰り越しされません。 ただこの50GBは、ギガノーカウント対象アプリ以外で、50GBのデータ量があります。 実際使っていても使い切れないですし、速度制限が掛からないために契約したので、繰り越されなくて十分だと思ってます。 YoutubeやabemaTVなど1GBでどれくらい使えるのか? 対象となるコンテンツはデータ消費がありませんが、動画を観たりSNSを頻繁に利用する方にとってどれくらい利用価値があるのか気になりますよね。 使い放題できるコンテンツと消費対象となるコンテンツの主なものを上げてみました。 利用方法 1GBで利用できる目安 Youtubeの高画質動画の閲覧(HD高画質1080P) 約1時間の再生 abemaTVの動画の閲覧 最高画質:1GBあたり約1時間 中画質:1GBあたり約3時間 Gyao! 例えば、Youtubeを寝る前に1時間ほど見る人なら、それだけでも1か月で30GBも消費することになります。 もちろん高画質になればなるほどデータ消費量は増えていくので、これ以上に消費する可能性もありますが、 考えた方を変えれば、常に画質を最高にしてきれいな画像で見ることができるようになりますよ。 新料金プランに変更した場合、割引がなくなって料金が若干上がる可能性も出てきます。 ただ、データ容量などを気にしながら動画を観たり、アプリを触ったり、移動しながら何も気にせず動画や音楽が聴けるのがストレスフリーにつながると判断しました。 あと、色々と考えましたが、必要に応じてテザリングもできるので、契約してデータを垂れ流すくらい使ってみようと思ったんですよね。 過去に何度かデータ量が不足して、1,000円で1GBを購入することを考えると、さほど変わらないことに気づきました。 実際にデータ容量の追加1GBで1000円だと考えると、ウルトラギガモンスター+は十分なコスパです。 実際に自分で使った結果のデータ使用料は?ギガノーカウント? 私が20日ほど使った時のデータ消費量です。 「ギガノーカウント使用量」のことろに書いてるGB数が、 ウルトラギガモンスター+で対象となってるアプリや動画で使ったデータ消費量です。 私は移動の時もYoutubeなどで音楽を聴いたり動画を観たりしているので、ギガノーカウント使用量は30GB以上になりました。 詳しい注意事項等はソフトバンクの料金ページのリンクを張っておきます。 を見る なぜオンラインがいいのか? ソフトバンクショップのほとんどが実は代理店ですので、ユーザーにとって不要なオプションを「2か月間だけ」とか「無料期間の間だけ」ということで、強制的に付けられる可能性があります。 今回は私がマイソフトバンクでプラン変更したときの方法の解説をしていきます。 また、2年契約(フリープラン)は25か月目からはいつ解約しても違約金が掛からないプランですが、私は途中解約する気がないので自動更新ありにしました。 ちなみにフリープランでも月月割はなくなりますし、契約年数は1からになるので、プラン変更してから2年となります。 ちなみに通話基本プラン以外のプランを選択すると、ウルトラギガモンスター+は表示されません。 ミニモンスターは使用量に応じて金額が変わるプランですが、これは本当に意味がないのでやめた方が良いプランです。 このやり方ですと余計なプランも付ける必要もありませんし、この機会に不要なオプションを解約してもいいかもしれません。 ちなみに、私はこの作業をしながら1,000円ほどプランを解約しました。 ソフトバンクに申し込む(他社ユーザー向け) 他社利用の人でMNPなどで変更・利用することができます。 以下サイトなどからソフトバンクに変更することが可能です。 データと多く使う、気になるという人、またテザリングをする人はかなりお得です。 ウルトラギガモンスター+ユーザーとしては、めちゃくちゃ過剰な使い方をしない限り、制限もありませんし、安心して使えるのでストレスがないのが一番の利点です。 使いすぎる方、ネットの利用でデバイス1つで多様性を持たせたい方にはお勧めです。 データ消費を抑えるために、ウルトラギガモンスター+以外で対応する方法 私はウルトラギガモンスター+で十分全てを賄えてますし、充分活用していますが、月額6000円上がるのは、現実的にあまり望ましいことではないですよね。 出費を抑えたい人、モバイルルーターを活用することで金額も多様性もカバーできます。 ただ、モバイルルーターのイメージは「端末代が別でかかる」「3日で10GBなどの制限」がありますよね。 しかし、モバイルルーターも進化し、 通信容量無制限・端末無料でできるようになってるんですよ。 私にとっては非常に悲しいことに、それが 月額3,500円ほどで使えるという・・・・。

次の

動画SNS放題の「ウルトラギガモンスター+」完全図解ガイド!料金はどうなる?

ギガノーカウント使用量とは?

サービス• 機種 この順番でみていきます。 ソフトバンクとワイモバイルの料金比較 ソフトバンクとワイモバイルの料金比較をすると、ワイモバイルの方が安いです。 それには理由があってソフトバンクは50GBまで使えて、ワイモバイルは14GBまで使えます。 なので、ギガをたくさん使う人はワイモバイルは安いけどギガが足りない…なんてこともありえます。 どれくらい料金が違うのか簡単にまとめていきます。 ソフトバンクとワイモバイルを 切り分けるポイントはギガをどれくらい使うかです。 、 ソフトバンクの料金 基本料金 980円 メリハリプラン 50GB 6,500円 合計 7,480円 7,480円がソフトバンクの基本料金です。 ここにプラスでいろんな要素が入ります。 機種代金• オプション• 割り引き 3GBまでの人だとかなり安く使えるのがわかりますね。 機種代金も少し古めの機種なので値段も安いです。 4,000円以下で使えることも珍しくありません。 ソフトバンクとワイモバイルのの料金比較のまとめ ソフトバンクはギガをたくさん使う人向けで料金が高くなります。 およそ7,000円〜10,000円となります。 高い人は15,000円以上の人もいますね。 ワイモバイルはギガを使わない人向けで、安く使えます。 4,000円以下で使える人が多いです。 料金が安いからワイモバイルに行こう!よりもどれくらいギガを使うかで切り分けて行きましょう。 ギガが足りなくなって買い足したら元も子もないですから。 ソフトバンクとワイモバイルのサービス比較 ソフトバンクとワイモバイルのサービスは実はあんまり大差がありません。 通話プランとオプションが少しだけ違います。 ソフトバンクは5分かけ放題か、かけ放題。 ワイモバイルは10分かけ放題か、かけ放題。 他にもワイモバイルはテザリングが無料だったり、キャリアメールが使えたり格安スマホとは思えないサービス。 簡単にそれぞれのサービスをまとめます。 ソフトバンクのサービス ソフトバンクだけのサービスはこんな感じ。 メリハリプラン Twitter・Youtube・LINEなど大手SNSや動画サービスが使い放題 アメリカ放題 アメリカでも日本料金で使える ヤフーショッピング優待 ポイントが10倍 PayPay優待 ソフトバンクユーザー向けに特典が出ることが多い 2年契約なし いつ解約しても解約料金なし 大手SNSやYoutubeが何時間でも使い放題なのは嬉しいですね。 僕もこのプランなんですが、非常に助かってます。 この画像のギガノーカウント使用量というところが使い放題の部分ですね。 60GBぐらい使ってます。 ソフトバンクの特徴としてここが一番押しですね。 お 子さんにどれだけYoutubeを見せても使い放題なので安心です。 ワイモバイルのサービス 格安スマホなのでソフトバンクのように使い放題はありません。 ただ、ソフトバンクより優秀な点もあります。 ワイモバイルのサービス特徴やメリット・デメリットについてはこちらでまとめてます。 ソフトバンクとワイモバイルの機種比較 ソフトバンクとワイモバイルが取り扱う機種には大きな差があります。 それはスマホの世代・スペックです。 ソフトバンクは最新機種• ワイモバイルは少し古め 料金の話の時にも出てきましたが、取り扱うスマホがまるっきり違います。 簡単にまとめていきます。 ソフトバンクの機種 ソフトバンクが取り扱う機種は最新機種が多いです。 iPhoneで例えるとわかりやすいでしょうか。 最新のiPhone発表されました!• 大手キャリアでも発売!• 定価で販売です! こんな流れなので、最新機種が取り扱われていて値段が高いとなります。 他のメーカーも最新機種が取り扱われます。 ただ、値段を抑えた廉価モデルもあるので全部の機種が高いわけではありません。 ワイモバイルの機種 ワイモバイルは基本的に型落ちモデルです。 これもiPhoneで例えるとこんな感じ。 (2020年5月現在)• ソフトバンクはiPhone11• ワイモバイルはiPhone7 iPhone7、8、X、XS、11と世代が変わっていくので約4世代分の遅れがあります。 最近のアプリは最新のiOSを要求する場合も少なくありません。 どうしても使いたいアプリがあっても、それが古い機種だと使えない場合もあるので注意が必要です。 最新機種を格安で使う裏ワザ 最新機種を使ってワイモバイルの格安料金で使う方法もあります。 それは最新機種をSIMロック解除して使うこと。 SIMロック解除についてはこちらからどうぞ。 簡単にいうと最新機種をどこの格安スマホでも使えるようにすることです。 SIMロック解除すると格安で使えるので最新機種を格安で使う人はぜひやってください。 今はワイモバイルを契約する場合オンラインショップだと手数料無料になるのでチャンスです。 \さらにPayPayが6,000円分もらえるキャンペーンも!/.

次の

ソフトバンクの「メリハリプラン」について徹底解説!

ギガノーカウント使用量とは?

ソフトバンクのギガノーカウントサービスとして人気を集めている、 動画SNS放題。 実際には動画SNS放題というサービスがあるわけではないのですが、容量をカウントされずに利用できるとして話題になっています。 正式には、 メリハリプランまたは ウルトラギガモンスター+というプランを利用することで、動画SNS放題が適用されます。 さらに、 対象18サービス以外の通信も毎月最大50GB利用できるため、様々な場面で大量のデータ量を消費するユーザーにはおすすめの料金プランと言えます。 そんな、 動画SNS放題について今回は詳しく見ていきます。 関連記事:「」 「」 目次• 動画SNS使い放題対象サービスの内訳としては、 動画サービスが10つ、SNSサービスが5つ、5G LABベーシックの3つで合計18サービスです。 それぞれ内容を確認します。 具体的には、 YouTube、Amazon Prime Video、AbemaTV、TVer、GYAO! 、kurashiru、Hulu、スタディサプリ、スタディサプリ English、バスケットLIVEの10サービスです。 中でもYouTubeは、昨今では芸能人を含む多数の人気Youtuberが活躍する大人気動画コンテンツとして、圧倒的な地位を築いています。 毎月のデータ量に神経を使うことなく、動画を好きなだけ楽しめる環境が手に入ります。 具体的には、 LINE、Twitter、Instagram、Facebook、TikTokの5つのサービスを使い放題で利用できます。 コミュニケーションや情報入手ツールとしてSNSは無くてはならない存在です。 スマホを利用する方のほとんどのユーザーが上記のSNSのうちどれか1つ以上は必ず利用しているのではないかと思います。 SNS使い放題サービスとして、auの「auフラットプラン7プラスN」という類似サービスがありますが、ソフトバンクのメリハリプランまたはウルトラギガモンスター+は、そちらにはないLINEとTikTokのギガノーカウントが含まれているのが大きな特徴です。 5G LAB関連3サービスが使い放題 5G LABとは、ソフトバンクの5Gサービス提供開始と同時にはじまった、新しいエンタメコンテンツを提供するサービスの総称です。 AR SQUAREは、実際の景色に映像を重ねた拡張現実を楽しめるサービスで、例えばアイドルがその場にいるかのようなイメージで一緒に写真を撮ることが出来ます。 VR SQUAREは、仮想現実で目の前に臨場感ある映像を楽しむことが出来るサービスで、例えばスポーツ観戦やアーティストのコンサート映像をVRゴーグルを活用して目の前で味わうような臨場感を楽しむことが出来ます。 FR SQUAREは、コンテンツを多視点で楽しむことができるサービスで、例えば音楽のコンサート映像やスポーツ観戦の視点を自由に切り替えながら視聴することが出来ます。 これらの5G LABのサービスはコンテンツの新しい楽しみ方を提供する反面 、同時に動画や画像による大量のデータ量消費を伴います。 メリハリプランまたはウルトラギガモンスター+では、5G LABを思う存分楽しめるようギガノーカウントとなるのはありがたいところです。 どちらのプランも毎月のデータ量50GBに加えて、動画SNS放題の対象サービスがギガノーカウント、つまりデータ量を消費しない点において共通しています。 データ量を消費してしまうケースは以下の通りです。 例えば、街中を歩きながらYouTubeを見ていたら、知らぬ間にフリーWi-Fiに接続されてしまったらデータ量カウント対象となってしまいます。 移動しながらギガノーカウントの対象サービスを利用する時は、Wi-Fiの設定をオフにしたまま利用しておくと良いでしょう。 また、YouTubeのライブ配信、LINEの音声通話とビデオ通話、FacebookのMessengerもギガノーカウント データ量使い放題 の対象外です。 知らずにそのまま利用していると、使い放題対象外のデータ量50GBを消費してしまうこととなります。 特に動画データはデータ量を大量に消費しますので、対象外通信の該当項目は意識して利用しましょう。 もっと快適に動画SNS使い放題を楽しむ方法 もっと快適に動画やSNSサービスを楽しみたいなら、迷わず ソフトバンク光を活用したいところです。 ソフトバンク光は、最大通信速度1Gbps(エリアによっては最大10Gbps)で利用できる固定インターネットサービスで、利用料金は集合住宅タイプだと2年自動更新プランで毎月3,800円~、戸建て向けタイプだと2年自動更新プランで5,200円~です。 固定光回線であれば、やはりスマホのデータ通信よりも通信速度が速く・安定し、いつでも動画やSNSを快適に楽しめる点において必要不可欠です。 さらに、メリハリプランであれば、使い放題対象サービスを含めた月間データ量を2GB以下に抑えた場合に1,500円割引され、1回線あたり合計2,500円割引される可能性が広がります。

次の