転職と副業のかけ算。 【書評】本業ありきの副業は強い。『転職と副業のかけ算』から学ぶポイント

【要約/書評】転職と副業のかけ算 生涯年収を最大化する生き方

転職と副業のかけ算

motoさん、という人を知っている方は、このブログの読者に一体どれくらいいるだろうか? motoさんとは、SNSを中心に活躍されているサラリーマン・インフルエンサーの方で、転職によって年収を240万円から1000万円オーバーまで引き上げた、いわゆるジョブホッパーとして非常に有名な方だ。 自分は、motoさんのことをVoicyという音声メディアで知ったのだが、非常にロジカルな話し方をする有能な組織人といった印象を持っている。 motoさんの存在は、転職活動をしている人や、そうでなくてもサラリーマンの間では非常に有名らしく、ツイッターのフォロワーは一般人なのにも関わらず6万人を超えている。 motoさんが有名な理由は、自身がこれまで経験してきた「転職」のコツや方法論などを誰にでも分かりやすい言葉にして、ブログ、ツイッター、Voicyなどのメディアで発信しているからで、motoさんが発信するそれらの情報は、転職活動者やサラリーマンたちから圧倒的な支持を受けている。 そんなmotoさんが初の書籍を出版し、かなり話題となっているため、自分自身も興味が湧いたので購入してみた。 motoさんの処女作である「転職と副業のかけ算」は、新書で1400円 税別 の値段なのだが、果たしてその値段に見合うだけの価値はあるのだろうか? 本日は、かぶまくら個人の「転職と副業のかけ算」に関するレビューをこのブログ読者の方々にお届けしよう。 motoさんは副業でも年収4000万円 さて、motoさんの「転職と副業のかけ算」のレビューに入る前に、もう一つ補足で説明しておくと、motoさんはご自身が運営するブログである「転職アンテナ」からの収入等で、副業でも年間4000万円を稼いでいらっしゃる超ド級の猛者だ。 しかも、motoさんはすでに副業を法人化されており、その法人からの役員報酬として年間4000万円を受け取っているので、恐らく法人自体の年商は億を余裕で超えているだろう。 「そんなの嘘だろ?」 と、正直自分は以前までそう思っていたのだが、否定的な考え方をするだけでは情報から得られるものは少なくなってしまうので、よくよく自分なりに分析して検証してみた。 その結果、恐らくだが、motoさんの副業年収4000万円はリアルだという結論に達した。 motoさんのサイトである「転職アンテナ」は、記事数は非常に少ないのだが、そこにはmotoさんがこれまでの転職活動で培ってきた知見が凝縮されており、「確かにこれは違うな」と、ブログ記事を読んでみて思った。 そして、motoさんはすでにツイッターで6万人以上のフォロワーを抱えており、ブログの更新の代わりにツイッターで情報の発信を続けている。 ツイッターの情報拡散は、いわゆるSEOの影響や検索順位の変動の影響を受けにくいため、motoさんは常時検索エンジンとは別ルートで顧客を確保することに成功している。 そして、転職活動をしている人や副業をしている人の間では、すでに「motoさん」という存在がブランド化されているので、「motoさんの情報だから欲しい」という顧客層がすでに形成されている。 そのため、motoさんと取引したいと思う転職業者は多いと思うし、そうなると単価の交渉も非常にやりやすくなる。 しかも、motoさんの場合は本業と副業が見事にリンクしているので、発信できる情報量が他とは圧倒的に違う。 このような情報を総合的に分析していくと、motoさんの副業年収4000万円はリアルだろう、という結論に至る。 「転職と副業のかけ算」のレビュー 新書で出ているビジネス書なので、あまり深い中身に触れることは出来ないが、この本の要点は下記の三点に要約されていると思う。 というのも、最近の日本は超大手企業であるトヨタ自動車の会長が、「終身雇用は限界」、と宣言したことからも分かる通り、すでに能力のない労働者たちを退職まで抱えきる余裕はなくなってきている。 また、たとえ能力があったとしても、会社自体が傾いてしまえば首を切られてしまう厳しい世の中だ。 そのため、個人が会社という組織に依存して死ぬまで面倒見てもらえる、という時代はとっくに終わっており、「個人で稼ぐ能力」がないと路頭に迷いかねないような状況だ。 例えば、今所属している会社を明日首になったら、あなたは一体どうするだろうか? 自分の場合は、 「職をくだせええええ!!職をくだせええええええ!!」 と、ハローワークの窓口で叫びまくるしかなくなるわけだが、その際、自分自身の「人材」としての市場価値が高ければ、すんなりと就職も決まるだろうし、なんだったらそんな状況になる前に転職して年収を上げるという選択肢をとれる可能性もある。 しかし、仕事を通じて得たスキルや経験が市場にあまり評価されず、「人材」としての市場価値が低い場合は非常に苦労することになるだろう。 そのため、転職するにしてもしないにしても、「人材」としての市場価値を常日頃から仕事で磨いておくことは、現代日本社会を生きるサラリーマンとして非常に重要なことだと言える。 「転職と副業のかけ算」では、これまでmotoさんがどのようにして自身の市場価値を上げてきたのかが、考え方や行動、そして方法論としてかなり詳細にフィードバックされている。 motoさんは転職をする際、次の転職先でする仕事のことだけではなく、さらにその先の未来の自分をイメージして働くことを強く意識されている。 そして、その「未来の自分」を「稼いでいるお金の額」できっちりと定性化・定量化された目標として据えることで、自分自身の転職活動を戦略的に進めることに成功している。 このあたりのノウハウは、自分があれこれ語るよりも書籍の内容を見ればよく理解出来ると思う。 ただ、自分が一つ思うのは、転職活動というのは目標を定性化したり定量化したりするのが難しい領域だと思うのだが、それを「年収」という分かりやすい数値に置き替えるという考え方は、現実的かつ目標が定まりやすいので、目標設定の仕方としては非常に分かりやすい。 そして、目標は分かりやすければ分かりやすいほど、あとはそこに向かうために集中して行動することができ、その結果目標が達成されやすくなるので、「目標設定」という点で考えても、「転職と副業のかけ算」に書かれている内容は非常に効果的な考え方だと思った。 motoさんの考え方としては、副業はあくまでサブで、メインは本業なので、本業に集中できないような副業では意味がない。 そのため、可能な限り副業に割く時間を短縮する必要があるわけだが、motoさんは自分自身の転職経験や本業などで培った経験をフィードバックする形で副業を運営しており、本業と副業を完全にリンクさせている。 そして、可能な限り短い時間で有益な情報を顧客に届けるシステムを完成させているので、サラリーマンなのにも関わらず、副業で4000万円もの収入を生みだすことに成功している。 「転職と副業のかけ算」には、motoさんがいかにして副業を効率化しているか、のエッセンスがたっぷりと詰まっている。 「転職と副業のかけ算」と1400円の価値 motoさんの「転職と副業のかけ算」に1400円の価値があるのかどうか? 自分なりにこの書籍を読んでみた結論は、「余裕である」だ。 というのも、そもそも1400円というお金の価値について考えて欲しいのだが、1400円には一体どれくらいの価値があるのだろうか。 「転職と副業のかけ算」は、現時点で税込みでも1512円なので、まあ、物やサービスと交換出来るとしたらこんなものだろう。 一方で、「転職と副業のかけ算」には著者であるmotoさんが10年以上かけて蓄積してきた、転職や副業のノウハウが凝縮されている。 1512円で買えるものやサービスなどと、この書籍が出来るまでの背景を天秤にかけてみて、一体どちらの方に価値があるのかを考えてみると、答えは明らかだろう。 重要なのはこの書籍を読んだ結果、1512円以上の価値が生みだされるかという点だが、自分としては「買った値段以上の価値が生みだされる可能性が高い書籍」に該当するのではないかと思う。 特に、こういった考え方や働き方があるということを学生のうちに知っておけば、その後に無限の価値を生み出す可能性がある。 自分自身、学生時代に読んでおきたかったと思わされた本だね、これは。 なので自分としては、ビールを買ったり、自販機でジュースを買ったりといった刹那的なお金の使い方をするよりかは、「転職と副業のかけ算」を買う方をおすすめする。

次の

『転職と副業のかけ算』をレビュー!|本の要約を10分で!

転職と副業のかけ算

motoさんは学歴はないけど、実力がものすごいから稼いでいるんだよ。 motoさんは短大卒、新卒でホームセンターに入社ですがめちゃめちゃ稼げてます。 ただ、地方ホームセンターで働いたことそのものが良かったのではなく、motoさんが地方ホームセンターに新卒で入社することを 戦略的に決めて動けていたので今のような結果があるのです。 詳しくは下記の有料noteにも書かれていますので、気になる方は読んでみてください。 戦略的キャリア設計ができていれば、たとえ今現在どのような企業にいてもmotoさんのようになれるといった勇気を与えられますね。 motoさんの考え方には「リクルート社員」をものすごく感じる 普段のツイートを見たり、本を読み進めていく中で、motoさんの考え方に「 リクルート社員」の雰囲気をものすごく感じます。 特に「リクルート社員の持つ6つのスキルと4つのスタンス」は確実に身につけているし、心に留まっているんだろうなってことが随所から感じられました。 構造で捉え俯瞰して見る力• 分析的に捉え問題を特定する力• 筋の良い仮説を立てる力• プロセスを作り込む力• ビジョンを打ち出す力• 人を理解し統率する力 結構似ていると思いませんか? motoさんはリクルートを転職で一度挟んでいるので、そのような考え方に影響されていると思います。 しかし、これらのスキルはどこにいっても通用する抽象度の高いスキルですし、ご自身の市場価値を高めるために必要な考え方になると思うのでぜひ参考にしてみてください。 『転職と副業のかけ算』を読んで心に刺さった箇所 転職と副業のかけ算を読んでいくつも心に刺さる箇所がありましたので紹介していきます。 サラリーマンでいることもメリット 最近の流れで、「会社なんてやめろ」「フリーランスのが稼げる」なんてよく言われて、 会社員でいることがイケてない選択肢であるかのような語られ方をすることが多くなりました。 しかし、motoさんは サラリーマンでいることもメリットであると述べています。 「サラリーマンでいること」のメリットを享受しながら、個人でお金を稼ぐという「手堅い立ち位置」を取り、生涯年収を増やす道を選びました 僕もこの考えには非常に賛成です。 会社員でいることのメリットは想像以上に多く存在します。 例えば、会社で学んだスキルや経験を活かして副業で稼いだり、本業でつながりを形成して副業の案件をもらうことなどもその一つです。 本書のタイトルにもあるように「副業」を掛け合わせることで、生涯年収を上げていくことは大いに可能です。 企業に依存するな 会社員でいることはメリットと言っておきながら逆のことを言っているようですが、企業に依存しない働き方をしている人は強いです。 「自分はいつだって転職できる」「どんな環境でも、自分でお金を稼げる」「給料以外に収入がある」という状態を実現していくことが「本当の安定」に繋がります。 一つの会社に依存して働き続けるよりも、複数の会社で経験を積み、自分の市場価値を伸ばしていくことは、一つの防衛策なのです。 いつでも辞めることができる余裕がある人は、仕事に対するスタンスも違います。 また、本業をお金のためにやる必要がなくなるので、本来の意味での自己実現のために会社を使い倒すことができるようになるでしょう。 常に自分の値段を把握しておくことが大切 市場価値を常に測っておくことは、転職市場では非常に重要です。 自分の価値や、市場からの値段の付けられ方を明確に理解していないと、これからどのようなスキルや経験を身につけていけばいいかの戦略を立てることができません。 motoさんは自分を「商品」だと捉えており、毎月1度は職務経歴書を見直しているようです。 また、 転職エージェントとも定期的に面談をして自分の市場価値を測るようにしていると言います。 30日以内に解約をすればお金は一切かかりません。 『転職と副業のかけ算』の感想まとめ この記事のタイトルにもなっている通り、『転職と副業のかけ算』は令和を生きるサラリーマンのバイブルです。 転職と副業を掛け合わせて、生涯年収を上げる考え方や、常に自分を商品として捉えて働いていくことはこれからの時代で必須の考え方になると思います。 本業だけで数千万稼ぐのは実際のところなかなか厳しいです。 しかし、motoさんのように副業と本業を戦略的にうまく掛け合わせることで、8桁プレーヤーになることは可能です。 短大卒、新卒でホームセンターに入社したmotoさんのキャリアの歩み方は等身大で多くの人の参考になること間違いなしです。 まだ本書を手に取っていない方はぜひ読んでみてください。 令和時代のサラリーマンのバイブル.

次の

【無料公開】転職と副業のかけ算

転職と副業のかけ算

「転職アドバイスが的確すぎる! 」「motoさんの発言を参考にしたら年収が上がった! 年収240万円の地方ホームセンター勤務から、4度の転職と副業を駆使して年収5000万円を稼ぐようになった「次世代型サラリーマン」の初の著書。 新卒で地方ホームセンターに入社し、レジ打ちからキャリアをスタート。 現在は広告ベンチャーで営業部長をする傍ら、Twitter、ブログ、note、voicyなどを通じて独自のキャリア論を発信しています。 インタビュー記事がTwitterで日本のトレンドに入るなど、今、最も注目されているサラリーマンの一人です。 「まず『会社にキャリアを用意してもらう』とか『給与はもらうもの』という従来の考え方は捨てましょう。 これからのサラリーマンには『キャリアを自分で取りにいく』『個人で稼ぐ力を持つ』といった考え方が必要です。 転職と副業は、そのための誰にでも使える術 すべ です」 本書より抜粋 moto氏の言葉は、「キャリアに悩む全ての人たち」に向けられたものです。 決してエリートではなく、年収240万円から始まった社会人人生のなかで頭と体に汗をかきながら培ってきた、数多くの知見が本書に凝縮されています。 本業、副業、転職、すべてをリンクさせて「かけ算」にすることで、生涯年収を最大化するという「これからの生き方」を、ぜひあなたのキャリアに役立ててください。 moto 1987年長野県生まれ。 地元の短大を卒業後、地方のホームセンターに入社。 リクルートや楽天など、4度の転職を経て、本業年収1000万円、副業年収4000万円を稼ぐサラリーマン。 現在は都内の広告ベンチャーで営業部長を務める傍ら、ブログ「転職アンテナ」などを運営。 2019年には日本最大級のASP「バリューコマース」から年間MVPとして表彰。 各種SNSを通じて、転職や副業、キャリアや営業戦略に関する知見を発信し、Twitterのフォロワーは1年で5万人を突破。 連日のように転職や副業を考える多くのサラリーマンの悩みに答えると同時に、「東洋経済オンライン」や「新R25」など、数多くのメディアにも取り上げられている。 地元の短大を卒業後、地方のホームセンターに入社。 リクルートや楽天など、4度の転職を経て、本業年収1000万円、副業年収4000万円を稼ぐサラリーマン。 現在は都内の広告ベンチャーで営業部長を務める傍ら、ブログ「転職アンテナ」などを運営。 2019年には日本最大級のASP「バリューコマース」から年間MVPとして表彰。 各種SNSを通じて、転職や副業、キャリアや営業戦略に関する知見を発信し、Twitterのフォロワーは1年で5万人を突破。 連日のように転職や副業を考える多くのサラリーマンの悩みに答えると同時に、「東洋経済オンライン」や「新R25」など、数多くのメディアにも取り上げられている。 帰省した際に地元の友達が絶賛していたので、普段は読まないジャンルですが購入してみました。 内容自体はいたって普通で目新しさはなく、なぜここまで人気になっているのかは不思議でしたが、SNSでの人気に支えられているということでしょうか。 私が変だなというか、悪質だなと感じたのは短大卒でもキャリアを積んで年収1000万、副業で4000万稼げるいうことをキャッチコピーとして使っているにもかかわらず、著者の実名はおろか勤務先もリクルート以外は示されていません。 また、副業の4000万の具体的な内訳(ブログの閲覧数がどのくらいでどれだけ売り上げがあるのか等)もなかったので、数年前に問題になったの情報商材と同じ類である印象を持ってしまいました。 内容も実体験ではなく、ネットから拾ったんじゃないかと思うくらいに。 最後に副業を勧めるブログを副業として稼いでいることは皮肉が効いていると個人的には思いました。 副業が解禁されつつも公言しにくい雰囲気のなかで素性を明かすのは勇気のいることだと思います。 著者の活躍によってキャリアを見直す人が増え、閉鎖的な日本の働き方にパラダイムシフトが起きることを願うばかりです。 応援してます! --------------------------------------------------------------------------- 以前から著者のファンで本書を購入しました。 Voicyと重複する内容が多かったですが、2段階くらい堀り下げて解説されているのでファンの方も楽しめる一冊になっていると思います。 肝心の内容については、読み進めるにつれ違和感が大きくなり、読後感はあまり良いものではありませんでした。 気になった箇所としては ・自身の経験やキャリアをコンテンツ化して副業にしているが、本業と副業を掛け算にするのであれば実名を出した方が良いと思った。 また、本業と副業の収入バランスが悪いため、ネタ集めのためのジョブホッピングになっている印象を受けた。 ・著者のサイトを拝見したが、4,000万円を生み出すサイトに思えない。 検索ボリューム(流入数)も記事数も少なすぎるのではないか。 ・全編を通じて、自己価値と生涯収入の最大化に重きを置きすぎており、考え方が利己主義に偏っている。 ロジカルで分かりやすい解説には感動を覚えるが、視野が狭い点は非常に残念だった。 次作では「なぜ生涯年収を最大化する必要があるのか」、「何のために働くのか」といった著者の本質に迫る作品が読めることを期待しています。 期待を込めて辛口レビューにしました。 Twitterでも話題になっていたので読んでみました。 年収至上主義みたいに書かれているのは、多分ただの売出し文句なので真に受けないように笑 この本、もといmotoさんの経験で一番参考にするべきなのは実際にそこまで頑張った場合、現時点のこの方のアッパーが副業収入4000万という事実なんじゃないかなと思います。 そういう意味で希望を与えてくれるし、副業に手を出したいと考えている人の背中を強烈に押してくれていると感じました。 私はある時働きすぎて精神をやってしまって、それから労働に対する向き合い方が変わりました。 - 人生の半分近くを働いて過ごさないと世の中は生きられないのか? - 正社員をやめて自分の力だけでこの先の人生を本当に生きていけるのか? - その活動の間に自分はずっと安定していられるのか? これらの不安に対する答えをこの本が持っていると私の場合は感じました。 アッパーづくりのための転職・副業と捉えることもできるのですが、副業収入を携えることによって得られる安定感は自分にとってかなり大きいです。 本業・副業のどちらかが不安定になってもお互いを立て直すだけの時間を確保できる スキルを磨け、自分を売り込め、その経験を事業化しろ というのがこの本の大まかなところです。 - 何か行動を起こしたい (けど踏ん切りがいまいちつかない) - もう一歩次のステージに進みたい(でもどうしたら?) - 自分のスキルを確かめたい (どうやって?) こういった感情を今持っていて、一般的な条件で就労中の方におすすめの本なのかなと思います。 転職して年収上げたいよって方、本書の主張を正しく理解できないと何も成果が出せないと思いますのでこれから読まれる方はご注意ください。 以下レビューです。 ----------------- 本の概要 ----------------- 4回の転職で年収を1000万にしてなおかつ副業で4000万稼ぐ通称motoさんの転職と副業についての考えやノウハウが書かれた本。 また副業として転職で得た知識をコンテンツ化して noteやブログとかで 収益を得る。 」 だと思います。 終身雇用の終わりによって勤続年数と給料が比例しなくなった今、自分で稼ぐ力が必要!なので転職と副業を利用しようというのが本書の出発点になっています。 ----------------- 感想 ----------------- 上記した主張からも分かる通り「転職」というのが本書の非常に重要なキーワードになっています。 (なぜならmotoさんの副業は転職経験を売っているから) 「じゃあどうやったら転職できるの?」 というのが気になりますが、本書では「現在の会社で成果を出すこと」が大前提であるとあります。 最近私も転職したのでこれはとても共感できました。 3章と4章で転職エージェントの話や職務経歴書の書き方などのノウハウに触れていますが、結局転職先が欲しがる能力や実績がないと転職できません。 ここを勘違いして転職エージェントの話や職務経歴書の書き方を読んで実践しても意味がないと思います。 現職で転職先でも活躍できる能力を身につけて、実績を積み上げることがスタートであり最重要項目になっています。 そうすると今度は 「転職先が欲しがる能力はどうやって身につけるの?そもそもどんな能力が必要になるの?」 というところが気になりますが、私はこの疑問に対する答えが曖昧だと感じました。 これに関しては第3章の「1. キャリアに対する根本的な考え方」で少し触れており、転職市場で価値を高める下記のような5つの力を紹介しています。 論理的な思考ができる力 2. 構造的に物事を捉える力 3. 物事を俯瞰した上で、課題を特定する力 4. 課題に対して仮説を立て、誰にでもわかりやすく話せる力 5. 1〜4を用いて組織をマネジメントする力 これらの能力は業界によらず仕事をする上で大切な能力だと思いますし、多くのビジネス書でも紹介されている能力なのでこれらの能力が重要視されているのは納得ができます。 ただmotoさんの転職エピソード(第1、2章)ではこれらの能力を発揮したエピソードがほとんどありません。 なので読んでいて迷子になりました。 motoさんの転職エピソードを語った第1、2章では下記のような働き方を紹介しています。 未経験でも「挑戦する姿勢」を持つ 2. デキる人を徹底的に「マネる」 3. 「企業を成長させる視点」を持つ 4. 「看板のない自分」にできることを考える 5. 経営者目線を「自分」に当てはめる 例えば2番目の「デキる人を徹底的にマネる」ですが、(ざっくりいうと)仕事できる先輩のマネを徹底したら営業がうまくいって、同じエリアを担当していた同業他社のリクルートの人から引き抜きにあった。 というエピソードでまとめられており、「転職市場で価値を高める5つの力」関係ないのでは?と感じてしまいました。 (「転職市場で価値を高める5つの力」を出すなら個人的にはこれらの力が転職でどうやって有利に働いたかのエピソードや、これらの能力をどうやってmotoさんが身につけたかを語って欲しかったです…) 一般的な転職に必要な能力を説くにもエピソード不足だし、motoさんならではの働き方紹介に関してもあっさり終わってしまっていてどっちつかずな感じになっている印象でした。 本来この2つがリンクしていれば最強の転職本になると思うのですが。 第1、2章のエピソードを読んで自分とは住む世界が違うなぁと感じてしまいました。 こういった自分とは異なる人のエピソードもそれはそれで面白いのですが、それを主軸に置くならそのときの苦労話をもっと盛り込んでどうやって転職市場に価値のあるキャリアを築いていったかを知りたかったです。 副業の章ですが、なんとなく知っていたことがまとまっていて勉強になりました。 最近Twitterに出没する「〜コンサル」と名乗る実績も能力も好評していない怪しい方がnoteで数千円もする記事を売っているのを見かけますが、そういった方達の生態系を知れて良かったです。 ----------------- まとめ ----------------- motoさんのツイートでは共感できるものが多いだけに少し残念でした。 伝えようとしているメッセージはところどころなんとなく共感できるのですが、それを読者に納得させて実行させる部分が欠けていると思います。 終身雇用や年功序列がほぼなくなり、新しい時代の生き方のロールモデルを様々な人が模索する中、当書籍は、本業と副業双方で、良い相乗効果を出す方法を詰め込んだ必読書と思います。 これまで、ジョブホッピングや副業については、必ずしも良いイメージがあるとは限らず、旧来の価値観を持つ人にとっては、転職や副業を負のイメージで見る人も少なからずいたでしょう。 もちろん、単なる自分の時間の切り売り、ましてや人生を削るような副業は、motoさんが提示する副業とは切り分けて考える必要はありますし、自分のためにも、周囲のためにも、すべきではありません。 また、本業や大学を辞めてインフルエンサーになった方の中には、注目を集める行為を行う人もいますが、そんな人は「すぐに消費される」と警鐘を鳴らしています。 やはり仕事をすることで入ってくるものは、お金だけでなく情報、つながり、体感など様々な一次情報、そして見えないプラスがあります。 会社を辞めてとか大学を辞めてとか煽る「インフルエンサー」は、その方の人生に責任を取れるのでしょうか。 (もちろん、ブラック企業などの話などとは切り分けて考える必要があります。 ) それとも、お決まりの「自己責任・本人の能力不足」で逃げるのでしょうか。 こういうところも含めて、不健全な煽りがないところにも、一種の誠実さを感じます。 書籍でmotoさんが書いているように、本業の経験を副業に活かし、最小限の時間(ただし労力・努力・経験が相当つぎ込まれている)で、本業にも相乗効果のある副業をする。 この正のサイクルを回すことで、企業にとっても、本人にとっても、大きなプラスとなるのではないでしょうか。 この書籍が一つのきっかけとなり、雇用の流動化と、被雇用者のリスクヘッジ、副業が健全な形で発展していけばと思います。

次の