ヨハン ブレイク。 ヨハン・ブレイク|プロフィール・経歴・走り方の紹介【陸上】

2015年 リシャール・ミル新作 RM 61

ヨハン ブレイク

26 主な戦績 2005年 世界ユース陸上競技選手権大会100m7位 2006年 世界ジュニア陸上競技選手権大会 100m3位、400mリレー金メダル 2008年 世界ジュニア陸上競技選手権大会100m4位 2011年 ・400mリレー金メダル 2012年 ロンドンオリンピック100m・200mともに銀メダル、400mリレー金メダル 2016年 リオジャネイロオリンピック100m4位、400mリレー金メダル ヨハン・ブレイクの経歴 個人的に、とても好きな選手です。 ガオーッのポーズはおなじみでしたね。 選手に次ぐ、史上二番目に強い選手。 ボルト選手と同門のレーサーズトラッククラブ所属にして、トレーニングパートナーでありロンドン五輪では最大のライバルでした。 ちなみにかつての愛称<野獣 The beast>は、ボルト選手がマスコミに対し、「ブレイクは野獣だ。 彼の今後に注目しろ」といった事がきっかけです。 その資質はジュニア時代から高く評価され、10. 11のジャマイカジュニア記録を保持しています。 その後。 当時史上最年少での9秒台突入です。 その時はじめて彼の存在を知りましたが、写真を見ただけで資質の高さが伝わってきました。 非常に長いアキレス腱。 肩や臀部周囲には、発達し隆起した筋肉。 まるで立ち上がったクロヒョウのような印象です。 2009年は世界選手権出場資格を得ますが、ドーピング違反にて代表取り消しになってしまいます。 これはメチルヘキサンアミンという興奮剤摂取によるものですが、当時は明確に違反薬物として規定されていない種類のものでした。 しかし指定禁止薬物ツアミノヘプタンに類似していると指摘され、ドーピング違反と判断されます。 要するに、コーチ陣がグレーゾーンを狙ったという事です。 このあたりは規則の曖昧さと、彼のコーチ陣の認識不足が問題と思われます。 結局、三か月の競技会出場停止処分となります。 その後は順調に記録を伸ばし、2011年には大邱世界選手権に出場。 では、主役であるウサイン・ボルト選手がまさかのフライング失格に終わり、本命不在となりました。 やや騒然とした状況でしたが、ブレイク選手はとても落ち着いたレース運びを見せ、見事に優勝を果たします。 記録は9. 93(-1. 悪条件を考慮すると、今後が期待できるタイムです。 約二週間後にチューリッヒで行われた大会では、100mを9. 82で制し、自己記録を大幅に更新します。 しかしこの一週間後、さらなる衝撃が陸上界を襲います。 ブリュッセルで行われたダイヤモンドリーグ最終戦にて、のです!さらにこの時のリアクションタイムは0. 268と非常に遅く、すなわち純粋に走った時間だけで言えば世界記録を上回っています。 そしてこの頃から、彼とボルト選手の関係に少し変化が現れます。 翌2012年、オリンピックイヤーです。 ついにボルト選手との、同門ライバル対決が始まります。 ジャマイカの代表選考会にて。 その後します。 そしてこの後、ある出来事が発生します。 200mウイニングランの最中、彼は観客に向かって<しーっ>というポーズをとったのです。 つまり、「静かにしろ。 誰が一番速いか分かっただろ」という意味です。 ボルト選手は帰宅後、テレビでレース内容を確認していた際、この事を知ります。 彼のプライドはズタズタです。 そして必ず、ロンドン五輪でリベンジする事を心に誓います。 日本ではまったく報じられませんでしたが、このようにブレイクーボルトの複雑なライバル関係があったのです。 そして迎えた、ロンドンオリンピック。 予選・準決勝はいずれも日本の山縣亮太選手と同走。 準決勝では流れるような走りで9. 85をマーク。 まだ全力は見せていません。 ガトリン選手・ゲイ選手も調子は悪くなさそうですが、余力は感じられません。 つまり、この時点で決勝はボルト対ブレイクの一騎打ちが予想されていました。 決勝は大歓声の中スタートしました。 結果はボルト選手の圧勝でした。 その後200mでも一騎打ちの様相は変わりませんでしたが、ボルト選手は100mの優勝で自信を取り戻し、余裕の表情です。 レースは100m地点でわずかにボルト選手がリード、そのまま差が変わることなくフィニッシュした展開です。 二人のライバル対決に、決着がつきました。 特に100mはオリンピック史上最高の盛り上がりだったのではないでしょうか。 その立役者として、ボルト選手を追い詰めたブレイク選手の活躍を忘れてはいけません。 しかしその後、大きな挫折が彼を待っています。 2013年、レース中に重度のハムストリングス肉離れを受傷し、手術を余儀なくされます。 世界大会からは遠ざかり、9秒台も出せない時期が続きます。 自分を信じられなくなり、一時は引退も考えたと話しています。 時は流れ、2016年。 シーズン序盤から9秒台をマーク。 そしてジャマイカの代表選考会にて悲願の優勝を果たし、復活をアピール。 レース後、神に祈りを捧げている様子が印象的でした。 そしてリオジャネイロオリンピックに出場し、100mで4位入賞を果たします。 まだ全盛期のキレは戻っていない印象でしたが、完成度の高い走りは健在です。 2017年もさらに力を戻しつつあり、ロンドン世界選手権で100m4位入賞を果たします。 ヨハン・ブレイクの走り方(プロフィール) 彼の疾走フォームです。 前後にうねる脊柱、いわゆる腰を入れるという動作が抜群にうまいです。 また、長い脚から繰り出される柔らかい振り出しが特徴的で、膝をかなり伸展させた状態で接地します。 日本人ランナーではほとんど見られない動きです。 末續慎吾選手の重心位置を高くすると、このような走り方になるのではないでしょうか。 年齢的にも、まだまだ現役を続けられるはず。 彼は非常にストイックな選手で、練習ではいつも極限まで追い込む姿勢をみせるそうです。 怪我には細心の注意を払い、ぜひ東京オリンピック金メダルを目指してほしいと思います。

次の

トップ選手から学ぶ【ヨハン・ブレイク選手の坂ダッシュ】

ヨハン ブレイク

レーサーズトラッククラブに所属し 、ボルトとの練習パートナーを務め 、ともにグレン・ミルズの指導を受けている。 経歴 ブレイクはに生まれた。 にあるセント・ジャゴ高校に通った。 2007年4月、ブレイクはで行われたカリブ海貿易自由協定競技大会で100m10秒11のジャマイカジュニア記録を樹立した。 この大会では200mをも制したほか、・にもメンバーとして出場し大会記録を更新して優勝を飾った。 2009年5月、ブレイクはニューヨークで行われた100mBで優勝した。 同7月には、ローマで行われたのに出場し9秒96を記録して、19歳196日時点にを当時の史上最年少で突破。 、に次ぐ3位に入り、シニアの舞台で成績を残した。 ブレイクは前の7月に行われたジャマイカ国内のドーピング検査で、同国のらと共に興奮剤(4-メチル-2-ヘキサンアミン)の陽性反応を示した。 ジャマイカ反ドーピング連盟(JADCO)が組織する裁定委員会は、検出された薬物がの指定禁止薬物リストに記載されていないことを理由に、ブレイクに対してドーピング違反の判断をすぐに下さなかった。 しかしながらJADCOは指定禁止薬物(tuaminoheptane)に似た構造の薬物を摂取しないように選手が自制すべきであるとした。 委員会の裁定は世界選手権後に下される予定であったためにジャマイカ陸連はブレイクらを同選手権の代表から外した。 2009年9月、ブレイクと3名の選手に3ヶ月の出場停止処分が下された。 2011年8月28日、ブレイクは男子100mで決勝まで勝ち進んだ。 決勝はチームメイトのボルトがフライングにより失格となり、9秒92の記録でらを下して優勝を飾り世界選手権の金メダルを獲得した。 世界選手権後の9月8日、ブレイクは100mに出場して9秒82の記録で優勝。 9月16日にで行われた最終戦のでは、スタートのが出場選手9人の中で最も遅い0秒269 であったが、世界歴代2位となる19秒26を記録し優勝した。 同12月、ブレイクはジャマイカ陸上連盟 JAAA により、2011年のジャマイカ最優秀選手に選ばれた。 2012年6月29日、ブレイクは100mでボルトに勝利してジャマイカのオリンピック選考会を突破し 、同のでは、ボルトに次ぐ9秒75(自己ベストタイ)でを獲得した。 続く8月9日の200mでもボルトに敗れ銀メダル。 2013年4月、ジャマイカで行われた大会の100mでを痛めてしまう。 前回大会100mを制しているため同種目の出場権は既に持っており、ジャマイカ選手権(選考大会)などを欠場して回復に努めた。 しかし、このまま出場しても良いパフォーマンスが期待できないとして、7月に世界選手権の欠場を発表した。 幸先の良いシーズンのスタートを切ったように見えたが、6月14日の第6戦の100mは10秒21(-1. 2)の6位と惨敗すると、7月11日のIAAFダイヤモンドリーグ第9戦のグラスゴー大会100mでハムストリングスを再び痛めてしまう。 後日手術を受けて松葉杖生活を送ることになり、シーズンの残りは欠場となった。 2015年6月、に出場するためジャマイカ選手権100mに出場するも、10秒36(-1. 3)の準決勝全体9位で決勝に進めず、2011年大会以来の世界選手権出場は叶わなかった。 4)をマーク。 7)で優勝。 0)、決勝は20秒29(-1. 5)と、両ラウンドで2013年以降の自己最高記録をマークして優勝し、4年ぶりにスプリント2冠を達成した(ボルトは怪我のため100m決勝と200m予選を棄権)。 同年、にの2走で出場、チームは金メダルを獲得した。 2017年8月4日、ブレイクは、の予選に出場、組2着で準決勝進出をする。 8月5日、準決勝組1着で決勝進出を果たし、3大会ぶりの世界選手権で雪辱を果たすが、決勝では、3位のに0秒04届かず、去年のと同じ結果になった。 8月12日、は、決勝のみ3走に出場したが、アンカーのが、左足を痛め途中棄権。 5大会連続金メダルはおろか、メダル獲得にも至らなかった。 人物・エピソード• 貧困家庭出身。 空き缶を集めて売って学費を稼いだり、家に水がないため遠くからバケツに入った水を頭に置いて運ぶなどの生活を送っていた。 2011年に「ヨハン・ブレイク財団( YB Afraid Foundation)」を設立。 キングストン郊外に寄宿舎を建設し、貧困家庭の子供や孤児たちにスポーツや勉強などの学ぶ場を提供している。 練習の虫として知られ、他の選手が休んでいる中でも一人黙々と凄い形相で練習をしている。 そんなブレイクもが亡くなった時は1週間練習を休んだという。 かつてはビースト(野獣)の愛称を持っていた。 名付け親はウサイン・ボルトで、レポーターたちに「奴はトレーニングでビーストになるんだ」と言っていたのが定着したという。 しかし、2016年にビーストの愛称を返上した。 趣味はクリケット。 16歳の時に陸上競技をメインにするまでクリケットもやっていたことから 、現在も暇さえあればクリケットをするほど大好きで、自宅にはクリケットのボーリングマシーンがある。 将来は29歳で陸上競技を辞め、クリケットの選手になる計画を立てている。 4) 1位 40秒49(4走) 2006 3位 100m 10秒42(-0. 2) 準決勝 20秒37(-0. 8) 準決勝 20秒52(-0. - IAAF• - PUMA• - IAAF• - 中央日報• Reid, Tyrone S. 2007-04-10. 2008年9月17日, at the.. Jamaica Observer. Retrieved on 2009-08-13. Finisterre, Terry 2007-04-08. Retrieved on 2009-02-14. Retrieved on 2009-06-01. Retrieved on 2009-08-14. Ramsak, Bob 2009-07-10.. REtrieved on 2009-07-11. 2009-07-24. Retrieved on 2009-08-13. 2011年7月13日, at the. 2009-08-11. Retrieved on 2009-08-13. 2009-08-19. Retrieved on 2009-08-19. 2009-09-14. Retrieved on 2009-09-17. 2012年5月27日, at the. - IAAF• Mike Rowbottom 2011-09-18. 2011年9月18日閲覧• ニッカンスポーツ・コム、2011年9月17日。 - JAMAICA OBSERVER、2011年12月10日• Espn. com 2012年6月30日. 2012年8月7日閲覧。 細井伸彦 2012年8月6日. 2012年8月9日閲覧。 2013年7月17日. 2015年7月1日閲覧。 2014年7月23日. 2015年7月1日閲覧。 2015年6月27日. 2015年7月1日閲覧。 Jamaica Observer 2016年4月18日. 2016年7月14日閲覧。 2016年7月2日. 2016年7月14日閲覧。 2016年7月4日. 2016年7月14日閲覧。 IAAF. 2016年8月22日時点のよりアーカイブ。 2016年8月22日閲覧。 Heavy. com 2015年4月17日. 2015年7月1日閲覧。 (訳・生島淳)『ウサイン・ボルト自伝』、、2015年5月31日発行、 321頁。 Jamaica Observer 2016年4月19日. 2016年5月2日閲覧。 2011年8月28日. 2015年7月1日閲覧。 2014年5月16日. 2015年7月1日閲覧。 従来の記録はの22歳38日.

次の

ヨハン・ブレーク(Yohan BLAKE)選手のトップスピードランニングフォーム

ヨハン ブレイク

男子100mのジャマイカジュニア記録保持者である。 日本語では ヨハン・ブレイクとも呼ばれる。 100m9秒69の自己記録は2018年4月現在、に次ぐジャマイカ歴代2位の記録、200m19秒26の自己記録もウサイン・ボルトに次ぐ世界歴代2位の記録である。 レーサーズトラッククラブに所属し 、ボルトとの練習パートナーを務め 、ともにグレン・ミルズの指導を受けている。 経歴 [編集 ] ブレイクはに生まれた。 にあるセント・ジャゴ高校に通った。 2007年4月、ブレイクはで行われたカリブ海貿易自由協定競技大会で100m10秒11のジャマイカジュニア記録を樹立した。 この大会では200mをも制したほか、・にもメンバーとして出場し大会記録を更新して優勝を飾った。 2009年5月、ブレイクはニューヨークで行われた100mBで優勝した。 同7月には、ローマで行われたのに出場し9秒96を記録して、19歳196日時点にを当時の史上最年少で突破。 、に次ぐ3位に入り、シニアの舞台で成績を残した。 ブレイクは前の7月に行われたジャマイカ国内のドーピング検査で、同国のらと共に興奮剤(4-メチル-2-ヘキサンアミン)の陽性反応を示した。 ジャマイカ反ドーピング連盟(JADCO)が組織する裁定委員会は、検出された薬物がの指定禁止薬物リストに記載されていないことを理由に、ブレイクに対してドーピング違反の判断をすぐに下さなかった。 しかしながらJADCOは指定禁止薬物ツアミノヘプタン(tuaminoheptane)に似た構造の薬物を摂取しないように選手が自制すべきであるとした。 委員会の裁定は世界選手権後に下される予定であったためにジャマイカ陸連はブレイクらを同選手権の代表から外した。 2009年9月、ブレイクと3名の選手に3ヶ月の出場停止処分が下された。 2011年8月28日、ブレイクは男子100mで決勝まで勝ち進んだ。 決勝はチームメイトのボルトがフライングにより失格となり、9秒92の記録でらを下して優勝を飾り世界選手権の金メダルを獲得した。 世界選手権後の9月8日、ブレイクは100mに出場して9秒82の記録で優勝。 9月16日にで行われた最終戦のでは、スタートのリアクションタイムが出場選手9人の中で最も遅い0秒269 であったが、世界歴代2位となる19秒26を記録し優勝した。 同12月、ブレイクはジャマイカ陸上連盟 JAAA により、2011年のジャマイカ最優秀選手に選ばれた。 2012年6月29日、ブレイクは100mでボルトに勝利してジャマイカのオリンピック選考会を突破し 、同のでは、ボルトに次ぐ9秒75(自己ベストタイ)でを獲得した。 続く8月9日の200mでもボルトに敗れ銀メダル。 2013年4月、ジャマイカで行われた大会の100mでを痛めてしまう。 前回大会100mを制しているため同種目の出場権は既に持っており、ジャマイカ選手権(選考大会)などを欠場して回復に努めた。 しかし、このまま出場しても良いパフォーマンスが期待できないとして、7月に世界選手権の欠場を発表した。 幸先の良いシーズンのスタートを切ったように見えたが、6月14日のIAAFダイヤモンドリーグ第6戦の100mは10秒21(-1. 2)の6位と惨敗すると、7月11日のIAAFダイヤモンドリーグ第9戦のグラスゴー大会100mでハムストリングスを再び痛めてしまう。 後日手術を受けて松葉杖生活を送ることになり、シーズンの残りは欠場となった。 2015年6月、に出場するためジャマイカ選手権100mに出場するも、10秒36(-1. 3)の準決勝全体9位で決勝に進めず、2011年大会以来の世界選手権出場は叶わなかった。 4)をマーク。 7)で優勝。 0)、決勝は20秒29(-1. 5)と、両ラウンドで2013年以降の自己最高記録をマークして優勝し、4年ぶりにスプリント2冠を達成した(ボルトは怪我のため100m決勝と200m予選を棄権)。 同年、にの2走で出場、チームは金メダルを獲得した。 2017年8月4日、ブレイクは、の予選に出場、組2着で準決勝進出をする。 8月5日、準決勝組1着で決勝進出を果たし、3大会ぶりの世界選手権で雪辱を果たすが、決勝では、3位のに0秒04届かず、去年のと同じ結果になった。 8月12日、は、決勝のみ3走に出場したが、アンカーのが、左足を痛め途中棄権。 5大会連続金メダルはおろか、メダル獲得にも至らなかった。 人物・エピソード [編集 ]• 貧困家庭出身。 空き缶を集めて売って学費を稼いだり、家に水がないため遠くからバケツに入った水を頭に置いて運ぶなどの生活を送っていた。 2011年に「ヨハン・ブレイク財団( YB Afraid Foundation)」を設立。 キングストン郊外に寄宿舎を建設し、貧困家庭の子供や孤児たちにスポーツや勉強などの学ぶ場を提供している。 練習の虫として知られ、他の選手が休んでいる中でも一人黙々と凄い形相で練習をしている。 そんなブレイクもが亡くなった時は1週間練習を休んだという。 かつてはビースト(野獣)の愛称を持っていた。 名付け親はウサイン・ボルトで、レポーターたちに「奴はトレーニングでビーストになるんだ」と言っていたのが定着したという。 しかし、2016年にビーストの愛称を返上した。 趣味はクリケット。 16歳の時に陸上競技をメインにするまでクリケットもやっていたことから 、現在も暇さえあればクリケットをするほど大好きで、自宅にはクリケットのボーリングマシーンがある。 将来は29歳で陸上競技を辞め、クリケットの選手になる計画を立てている。 自己記録 [編集 ]• 60m:6秒75(2008年2月1日)• 100m:9秒69(-0. 400m:46秒32(2013年3月23日)• 4) 1位 40秒49(4走) 2006 3位 100m 10秒42(-0. 2) 準決勝 20秒37(-0. 8) 準決勝 20秒52(-0. - IAAF• - PUMA• - IAAF• - 中央日報• Reid, Tyrone S. 2007-04-10. 2008年9月17日, at the.. Jamaica Observer. Retrieved on 2009-08-13. Finisterre, Terry 2007-04-08. Retrieved on 2009-02-14. Retrieved on 2009-06-01. Retrieved on 2009-08-14. Ramsak, Bob 2009-07-10.. REtrieved on 2009-07-11. 2009-07-24. Retrieved on 2009-08-13. 2011年7月13日, at the. 2009-08-11. Retrieved on 2009-08-13. 2009-08-19. Retrieved on 2009-08-19. 2009-09-14. Retrieved on 2009-09-17. 2012年5月27日, at the. - IAAF• Mike Rowbottom 2011-09-18. 2011年9月18日閲覧• ニッカンスポーツ・コム、2011年9月17日。 - JAMAICA OBSERVER、2011年12月10日• Espn. com 2012年6月30日. 2012年8月7日閲覧。 細井伸彦 2012年8月6日. 2012年8月9日閲覧。 2013年7月17日. 2015年7月1日閲覧。 2014年7月23日. 2015年7月1日閲覧。 2015年6月27日. 2015年7月1日閲覧。 Jamaica Observer 2016年4月18日. 2016年7月14日閲覧。 2016年7月2日. 2016年7月14日閲覧。 2016年7月4日. 2016年7月14日閲覧。 IAAF. 2016年8月22日時点のよりアーカイブ。 2016年8月22日閲覧。 Heavy. com 2015年4月17日. 2015年7月1日閲覧。 (訳・生島淳)『ウサイン・ボルト自伝』、、2015年5月31日発行、 321頁。 Jamaica Observer 2016年4月19日. 2016年5月2日閲覧。 2011年8月28日. 2015年7月1日閲覧。 2014年5月16日. 2015年7月1日閲覧。 従来の記録はの22歳38日 外部リンク [編集 ]• - のプロフィール (英語)• - バイオグラフィーとオリンピックでの成績 (英語)• - windiessports. com•

次の