行政書士 勉強法。 行政書士試験における重要科目!民法で高得点を取るための勉強法

たったこれだけで行政法は攻略できる!シンプルで確実な勉強法

行政書士 勉強法

合格を目指す勉強法とは 行政書士試験に合格するには、ある程度まとまった勉強時間が必要です。 だいたい600~700時間は必要と言われているので、期間にすると半年から1年くらいは勉強を継続することとなります。 半年先、1年先のゴールを見失わないためにはスケジュールが大事です。 そして、スケジュールは作るだけではなく、定期的に見直して現在地とゴールを確認しましょう。 そのとき比べるのは、過去の自分と今の自分です。 スケジュール通りに勉強が進んでいるか、出来なかった問題が出来るようになってきているか、それらを過去の時点と比較して、足りない部分を補うようスケジュールを組み直します。 このページでは、スケジュールの立て方と、振り返りに重要なツールであるノートの取り方を中心に、勉強法をご紹介します。 スケジュールの立て方 半年、月、日、時間へと細分化していく 初めて資格の勉強をする人にとっては、スケジュールを立てることも難しく感じるでしょう。 コツは、「いきなり詳細なスケジュールを作り込むのではなく、大きなところから考える」ことです。 例えば、試験まで半年あるとしたら、まずは、半年で行うことを大まかに決めます。 1カ月• 民法 2カ月~3カ月• 行政法 4カ月• 商法・会社法• 過去問 5カ月• 一般知識• 過去問• 記述対策 6カ月• 模試・過去問• 本試験 このように、おおざっぱに行うことを決めます。 この時、本試験からさかのぼって考えると分かりやすいです。 次に、その予定を1カ月の予定に落とし込みます。 1カ月 1日 月 憲法 2日 火 憲法 3日 水 憲法 4日 木 憲法 5日 金 憲法 6日 土 憲法 7日 日 憲法 8日 月 民法 … … 31日 水 民法 それから、1日の予定を考えます。 1日(月) 憲法• テキスト読み30分• 過去問で確認30分• 憲法テキスト読み30分• 過去問で確認30分(休憩15分)• テキスト読みと、暗記モノ60分 大きなところから始めて、だんだん詳細なスケジュールにしていけば、それほど難しくありません。 毎日のスケジュールは、進捗状況に合わせて1週間ごとくらいに見直して、全体が遅れないように調整していく必要があります。 スケジュールは逆算で立てる スケジュールを立てるときに非常に大事なのが、「逆算」という考え方です。 逆算の考え方とは、最初にゴールを設定してそこまでの間に使える時間を計算し、その時間の中でやりくりする、という考え方です。 試験は日程が決まっているので、逆算で考えなくてはなりません。 「何となく始めて全部の勉強が終わったとき」が偶然試験日になるということはまずないでしょう。 ですから、まずは試験日から逆算して自分にどれくらい時間があるのかを確認します。 そして、その時間の中で勉強を仕上げるには1日どれくらい勉強しなければならないか、どれくらいのスピード感で勉強しなければならないかを計算する必要があります。 また、人によって勉強スピードも理解度も違うので、「1日3時間勉強すれば間に合う」など、一律に決められるものではありません。 同じ範囲を勉強するにも、4時間かかる人もいれば2時間で終わる人もいます。 自分のペースを把握した上で、スケジュールを立てましょう。 「時間がない」の対処法 時間は「作る」もの 「勉強する時間がない」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 確かに、仕事をしながら、家事をしながらですと一日があっという間に終わってしまい、なかなか勉強の時間が取れないと思います。 しかし、「時間がない」からではなく、大事なのは、時間を「作る」という自身の意識です。 試しに、自分の1日の行動を書きだしてみましょう。 何をしているでもない時間、何をしていたか思い出せないような時間が結構あるのではないでしょうか。 その時間は、全て勉強時間にあてがうことができます。 問題は、どうやってその時間を勉強時間にするか、ですが、代表的な方法を2つご紹介したいと思います。 移動時間を勉強時間に変える方法と、だらだらしがちな時間を勉強時間に変える方法です。 (1)移動時間を勉強時間に あるアンケートによると、東京都内に勤める会社員の電車通勤時間は片道平均50分だそうです。 往復だと100分ですので、その時間を勉強時間にできれば、毎日確実に100分の勉強をすることができます。 通勤時間は寝てしまったり、何気なくスマホを眺めて過ごしている人が多く見受けられますが、それはとてももったいないことです。 とはいえ、満員電車ではテキストを広げるのさえ大変なこともあります。 環境としてはあまり望ましくないので、電車内でもできる勉強方法の工夫が必要です。 お勧めなのは、• スマホ一つあればできるe-ラーニング• 過去問を分冊してコンパクトに持ち歩く• カードに重要事項をまとめて暗記する などです。 工夫次第で、何気なく過ごしていた時間を全て勉強時間に変えていきましょう。 (2)テレビを見ない 試験までの期間限定で試していただきたいのが、何かを「やめる」ことです。 お酒が好きな人は、毎日の晩酌をやめる。 テレビばかり見ている人は、テレビを見ないようにする。 趣味や、楽しみをその期間だけ思い切ってやめてみましょう。 そうすると、かなりの時間を確保することができ、その時間が、勉強時間へと変わります。 完全に止めるのが辛い人は、頻度をこれまでの半分にすることから始めてみましょう。 または、週末だけはいつも通り過ごして良いなど、自分なりのルールを決めるのも一つの方法です。 ただ、すっぱりと完全に止めてしまった方がうまくいく場合もありますので、その期間だけ我慢し試験が終わったらまた思いっきり楽しめば良いのです。 ノートの取り方には3つのステップがある 綺麗なノートはいらない 勉強というと、ノートを綺麗に取ることを考える人も多いのではないでしょうか。 しかし、資格試験において綺麗なノートは不要です。 なぜなら、資格試験は時間との戦いなので、ノートはその意味通り「メモ」で構いません。 ここからは、合格を意識したノートの取り方について解説していきます。 大事なのは、ノートを取ることで満足してしまうのではなく、ノートを使い倒す、という姿勢です。 自分で分かれば、他の人には一切読めなくても構いません。 最終的には、ノートが必要なくなることがゴールです。 覚えたこと、身に付いたことはどんどん消していって、最後はテキストだけが残ります。 そこまでのノートの取りかた3つのステップについて解説します。 (1)科目ごとのノート ステップ1は、まず科目ごとのノートを用意します。 どんなタイプのノートでも構いません。 資格の勉強を始めた段階では、気になること、わからないことが山のように出てくるので、科目ごとにノートを作り管理しましょう。 科目ごとに分けるメリットは、あとから自分の書き込みを探すのが簡単だからです。 この段階で1冊のノートにまとめてしまうと、該当箇所を探すのに時間がかかります。 探すための時間は無駄になってしまいます。 書くべきこと テキストに書いてあることを書き写す必要はありません。 書くべきことは、• 疑問点• 不明点• 疑問、不明点に対しての自分の考え です。 そして、それぞれテキストを読み進めて行くうちに解決するので、解答も一緒に書いておきましょう。 (2)1冊にまとめるノート ステップ2でノートを仕上げていきます。 ステップ1のノートは、勉強が進むにつれて書き込んでいた多くの疑問が解消されていき不要になってくるでしょう。 しかし、中には勘違いしやすい点や、重要なメモも含まれているはずです。 それらは、1冊のノートに転記し、なおかつ、新たに出てきた疑問点なども、書き込んでおきます。 この段階まで来ると、疑問点も少なくなってきているので、1冊にまとめておくことで、「テキストとこのノートだけ見れば良い」という状態にすることができます。 これはとても大切なことで、外出先、移動中などの勉強にも活用しやすいでしょう。 (3)テキストに書き込んでノートを手放す ステップ3でノートを手放します。 重要なメモは、テキストにどんどん書き込んで、情報をテキストに集約しましょう。 これは、本試験会場に持って行くものを厳選するための準備でもあります。 本試験会場には、自分で書き込みをしてカスタマイズしたテキストだけ持って行くのが望ましいです。 あれもこれもと持って行っても、結局全てを見ることはできません。 テキスト1冊に絞り込んで、直前まで情報を叩き込むのが良いでしょう。 テキストに書き込むことにためらいがある人は、大判の付箋に書いて該当ページに貼り、消せるボールペンを使うなどして、工夫してみて下さい。 もう覚えたことをあえて書く必要はありません。 自分で「忘れそうだな」「これは大事だな」と思ったものだけ書き込めば良いのです。 綺麗なノートやテキストよりも、よほど役に立ってくれるでしょう。 まとめ スケジュールの立て方、ノートの取り方について、イメージを持ってもらえたでしょうか。 どちらも、自分でオリジナルのペース、使い方を作ることが大事です。 最初は試行錯誤が必要だと思いますが、時間が経つにつれて自分に合った方法が見つかるはずです。

次の

初めて法律を学ぶ人が行政書士に独学で合格する方法まとめ【初心者向けおすすめテキストと勉強法】

行政書士 勉強法

行政法とはどんな法律か?行政書士試験で問われる行政法の特徴! 行政書士試験のメイン科目として位置づけられている行政法ですが 実際には「行政法」という独立した法律が存在するわけではありません。 現行の法律の中で、行政に関するものをまとめて行政法と呼んでいるだけです。 したがって、行政法に分類される法律を1つ1つ列挙していくと、その数は膨大な量になります。 しかし、行政書士試験にそのすべてが出題されるわけではありません。 試験で扱われる行政法は、行政法の一般的な法理論・行政手続法・行政不服審査法・行政事件訴訟法・国家賠償法・地方自治法と、明確に範囲が決められています。 当然、資格スクールや通信講座、書店で販売されている行政書士対策用のテキストは、これらの範囲に沿って編集が行われていますので安心してください。 行政書士試験で問われる行政法の特徴は大きく分けて3つあります。 行政法は配点が最も大きい科目 まず1つめは、試験全体に占める配点の割合が最も大きいということです。 行政書士の試験は、法令等科目が244点分、一般知識等科目が56点分出題される、合計300点満点の試験です。 行政法は、法令等科目から出題され、設問別に分けると5肢択一式問題から76点分、多肢選択式問題から16点分、記述式問題から20点分の合計112点となります。 したがって、 合格するためには行政法が得点源になってる必要があります。 難問が少ない難易度が低めの科目 2つめは正答率の低い、いわゆる難問とされる問題が少ないことです。 民法や会社法では正答率が低く、正解できなくても仕方がないという問題が混ざることが多いですが、行政法に関しては基本的な内容が多く出題されるため、正答率も高い傾向があります。 実際、合格を目指す人は8割~9割の得点を目標にしている人も大勢いるのが行政法なのです。 指定範囲からまんべんなく出題される 3つめは、出題内容が細かいということです。 行政法で出題される法律の範囲は決まっていますが、その中で問われるのは細かい知識であることが多く、選択肢も似たような条文と混ぜた状態で出題されるので、確実に理解していないと正解できないようになっています。 したがって、 なんとなく全体を理解できているというレベルでは行政法で高得点を取ることはできません。 また、出題分野に偏りがなく、指定された範囲の中からまんべんなく出題されるのも受験生にとって悩ましい点です。 行政法の勉強法を考える前に戦略として知っておくべきこと 行政法を本格的に勉強する前に肝に銘じておいた方がいいことが1つあります。 それは、色々なことに手を出さないということです。 巷には行政書士試験対策用のテキストや問題集が数多くあります。 どれも合格には必要なものに見えますし、全部をやり切らなければいけないような気持ちになる人もいるでしょう。 しかし、やることの種類が多いということと、それぞれに個別の使い方があるという複雑さが、人を挫折させやすくするのも事実です。 こうした状況を考えると、まずはやることを徹底的に少なくすること、そしてやり方を思いっきりシンプルにすることが必要となるのです。 使用する教材は1つに絞って勉強しましょう。 法律を初めて勉強する人であれば、基本テストに 「 」をおすすめします。 このテキストの大きな特徴は、法律用語に慣れていない人でも理解できるような説明に徹している点です。 1つの条文でも、抽象的でわかりにくいようなものは具体例を交えながら2度、3度と言葉を変え、口語体で何度も説明してくれているので、暗記に頼らず理解することができます。 また、「一般的な感覚からすると違和感があるかもしれませんが、この法律の考え方は~」といった具合に、初心者の素朴な疑問にも丁寧に答えているのが魅力です。 試験範囲の網羅性も問題ありません。 ちなみに問題集を別に購入する必要はありません。 なぜなら問題集はそれぞれの問題集ごとのクセというものがあります。 そして、過去問にも過去問特有のクセがあるものです。 問題集を繰り返し解くことによって、実力が鍛えられるのは事実ですが、その際にどうしてもその問題集のクセも一緒に身についてしまいます。 すると、実際に過去問を解いた段階で、「問題集と感じが違う」といった違和感を覚えることがあります。 実際の試験で出題されるのは過去問のクセの方になるので、合格するためには新たに過去問のクセを身につけ直さなければなりません。 そうすると合格までの道のりがより複雑になってしまいます。 したがって、 過去問を問題集として使用するのが効果的なのです。 問題集を使用するとしたら、テキストと過去問を徹底的にやり込んだ後、自信が持てない苦手分野があってその部分の知識を確認するために利用するといった方法がより効率的です。 実際の試験の時間配分や解く順番を過去問題で試したいという人は、予想問題で十分対応できるので、その場合は予想問題集を使ってください。 行政法の勉強法はたったこれだけ! 行政書士試験は出題範囲が決められているので誰もが同じ内容を勉強することになります。 しかし、実際には合格する人の方が少ないのが現実です。 これは勉強の仕方に違いがあるということでしょう。 筆者がおすすめする勉強法は思いっきりシンプルですが、毎日机に向かってガリガリする必要がないので、途中で挫折する可能性を低くできると考えています。 具体的な勉強法は大きく分けて3段階です。 まずは、テキストを読むことから始めます。 このときテキストに線を引くことは一切せずに、ただひたすらに最初のページから最後のページまで読みます。 最後のページまで読み終わったら、最初のページに戻ってまた読む、これだけです。 この方法の良いところは、時間や場所を選ばないので、通勤時間やソファでゆったりしながらでもできる点です。 毎日読むページ数を決めて、わかってもわからなくても読み進めてください。 実際、筆者が最初に読んだときは、何1つさっぱりわからないというのが感想で、ただ文字を追っているだけの状態でした。 行政法は独特の言い回しや抽象的な表現が多用されているので、読みにくいと感じる人が多くいるそうです。 それでも、5回、6回と読んでいくことが非常に大切です。 繰り返しているうちに、理解できる部分が多くなり、読むペースも上がっていきます。 そして、行政法がわかってきたことを感じたら次の段階に移ります。 次は過去問を解くことです。 過去問は数多く触れた方が感覚も身につきやすくなるので、10年分は解くことをおすすめします。 過去問を解く目的は、知識の定着と問題のクセを身につけることです。 したがって、年度ごとよりも法律の種類ごとにまとめられている過去問題集をおすすめします。 しっかりテキストを読み込んだつもりでも、最初は半分くらいの正答率しか出ないことが多いですが、気にする必要はありません。 注意すべきは、問題を解く際に、たとえ細かいことは再現できなくても、その内容がテキストに載っていたか、載っていなかったのかを瞬時に判断できるレベルまではテキストを読んでおくことです。 それができないうちは、読み込みが足りないと思って下さい。 解き終わったら、最後の段階に移ります。 最後は、テキストに線を引くことです。 過去問を解いた際、自信を持って正解できた問題以外は知識が未定着なので、テキストと照らし合わせます。 出題内容に関して説明されている部分を見つけたら、テキストの該当部分に線を引いてください。 これをすることで、自分の理解が甘い部分が目立つオリジナルのテキストが完成します。 ここまでできたら、後はテキストを読む、過去問を解くということを繰り返すだけです。 何度もテキストを読むことで、条文の考え方や判例の根拠となる言葉も自然に覚えていくことになるので、記述式問題の対応力もついていきます。 行政法の勉強法まとめ.

次の

【行政書士の独学勉強法決定版】試験に一発合格した勉強法教えます|takaojournal

行政書士 勉強法

【行政法の出題範囲】 ・一般的法理論 ・行政手続法 ・行政不服審査法 ・行政事件訴訟法 ・国家賠償法・損失補償 ・地方自治法 行政法の出題は大きく上記の6つに分かれます。 特に出題が多く重要度が高いのは【 行政手続法・行政不服審査法・行政事件訴訟法】の3つになります。 【補足:行政法とはどのような法律なのか】 行政書士試験において、行政法という範囲があるのですが、実は「行政法」という名前の法律は存在しません。 行政に関する法律をまとめて行政法と呼んでいるに過ぎません。 ちなみに行政法に分類される法律は600種類以上あると言われています。 行政法は国や地方公共団体に関するルールを規定している法律の集まりであり、そのルールを学習していくのが行政書士試験における行政法分野となります。 行政法を少し3つの種類に分けると下記の様になります(詳細は覚えなくても大丈夫です)。 「行政法は暗記科目」ということをよく聞きます。 まさにその通りなのですが、暗記科目と聞いたときに特に気をつけたいのが皆さん暗記科目と聞いたときどのように勉強をされていますでしょうか。 テキストを何も考えずに暗記していくのはとても非効率です。 よくあるのがテキストをひたすら読み続けるというもの。 これはNGでして暗記量が多くあるのでこのような勉強法では合格するためには時間がかかりすぎます。 テキストではそれぞれ離れている箇所に記載がされていることが多いので、自分で上記のようなまとめ表を各ページを確認しながら作成していきましょう。 このように整理をしていくだけで点数が安定していきます。 そのため、まずは過去問演習が基本となります。 最低限、過去問は10年分を5周しましょう。 これは必須です。 過去問演習では一問一答形式がおすすめです。 理由は、本番形式と同じ問題を解くと正解や不正解に気を取られて1選択肢毎の振り返りの精度が弱くなりやすいです。 おすすめの一問一答形式の問題集は下記の記事に記載しております。 過去問は最低限10年分を5周はしましょう。 10年分の過去問を5周ほどすると6割以上の得点は安定するでしょう。 しかし、行政法で6割の得点では合格するためには足りません。 (最低8割を目指すべき) そこで、行政書士の過去問が中心とはなるものの、知識を再確認・補強するために公務員試験の過去問を解いてみることをおすすめします。 過去問を5周すると答えをなんとなく覚えてしまいますよね。 本番で正答するための知識をしっかりと覚えているのか、過去問の答えを覚えてしまっているのかが分かりづらくなります。 なので、行政書士試験と出題範囲が似ている公務員試験の過去問がおすすめです(明らかに行政書士試験で問われなさそうな問題は解かなくて大丈夫です)。 また、覚えている知識があっても違うような質問になったときに応用が利かなくなるケースもあるため、他の資格試験である公務員試験の過去問がおすすめということです。

次の