ジョン ヒンクリー。 ジョン・ヒンクリー

ジョンヒンクリー Jrの現在は母親と二人暮らし! 退院したその後はどうなる? 【レーガン大統領暗殺未遂事件の犯人】

ジョン ヒンクリー

<35年前、女優のジョディ・フォスターの気を引くためにロナルド・レーガン大統領の暗殺未遂事件を起こし、フォスターの心に恐怖とトラウマを残したストーカーのヒンクリーが来月、精神病院を退院することになった。 以下は、ヒンクリーがレーガンを襲う1時間前までフォスターに書いていたラブレター> 1981年3月30日、ジョン・W・ヒンクリーJr. はワシントンでロナルド・レーガン大統領(当時)とその側近3人を銃撃した。 それから30年以上を刑務所の精神科病棟で過ごした後、ワシントン米連邦地裁は昨日、バージニア州ウィリアムスバーグの母と共に暮らしたいというヒンクリーの訴えに応じ、入院措置を来月解除すると決定した。 危険性はなくなったという判断だ。 1年後には、一人かグループホームで暮らせるようになる可能性もある。 1981年4月13日、本誌は大統領を殺そうとしたこの男の特集を組んだ。 以下はその抜粋だ。 事件を起こす前に女優のジョディ・フォスターに書いた最後のラブレターだ。 ヒンクリーは、映画『タクシードライバー』で娼婦役を演じたフォスターに一目惚れしてストーカーになり、大統領を殺せばフォスターに好いてもらえるという妄想を抱いていた。 やあジョディ、 レーガンを暗殺しようとすれば、こっちが殺される可能性も大きい。 だから今のうちに君に手紙を書いておく。 知ってのとおり、僕は君のことをとても愛している。 この数カ月、多くの詩や手紙やメッセージを送った。 ひょっとしたら君が僕に興味を持ってくれるのではないかと思ったからだが、そうはならなかった。 少なくとも君が僕の名前を知っていて、僕が君のことをどれほど好きかも知っていてくれているのは嬉しい。 僕が君の家のドアの下や郵便受けに残したメッセージが迷惑だったのはわかっているが、僕にとってはこの方法が一番ラクに想いを伝えられる方法だった。 君とは電話で2回話したけれど、君に直接自己紹介する勇気はどうしても出なかった。 内気なせいもあるが、本当に君の邪魔をしたくなかったんだ。 そして君の宿舎の周りを行き来しながら、僕は気づいた。 僕は笑い者かもしれないが、世間話以上の存在だと。 少なくとも君は、僕がずっと君を愛することを知っている。 ジョディ、もし君の心を奪い、残りの人生を共に過ごせるなら、レーガンを殺す計画はすぐやめる。 認めるよ。 僕がこんなことをするのは、今すぐ君にわかってもらいたいから。 君のためならこれだけのことができるんだということを、はっきりとわかってもらわなければならない。 自分の自由やひょっとしたら命さえ犠牲にしても、君に僕のほうを振り向いてもらいたい。 これから1時間後に、(レーガンのいる)ヒルトンホテルに向かう。 ジョディ、お願いだから自分の心をよく見つめて、こんな歴史的偉業を果たす僕に、君の尊敬と愛を勝ち取るチャンスをくれ。 永遠の愛を、 ジョン・ヒンクリー.

次の

恐ろしすぎるセレブストーカーの実態2

ジョン ヒンクリー

殺人博物館〜アーサー・ブレマー アーサー・ブレマー Arthur Herman Bremer (アメリカ) ウォレス遊説中の写真に写っていたブレマー アーサー・ブレマーがアラバマ州知事 ジョージ・ウォレスの暗殺未遂へと至る過程は、映画『タクシー・ドライバー』の主人公トラヴィスのそれとそっくりである。 それもその筈、ポール・シュレイダーは彼の日記を参考にして脚本を書き上げたのだ。 ブレマーがロバート・ケネディの暗殺犯 の影響を受けていたことは間違いない。 その所持品から彼に関する本が2冊も発見されているからだ。 たしかに、サーハンとブレマーはよく似ている。 共に孤独で、挫折感に打ち拉がれ、社会に対する恨みを抱いていた。 しかし、サーハンにはロバート・ケネディを標的にする理由があったのに対して、ブレマーにはなかった。 標的は誰でもよかったのだ。 1950年8月21日、ミルウォーキーの貧民窟で生まれたアーサー・ブレマーは一見、平均的な若者だった。 身長は170cm。 体格は良く、成績も悪くはない。 しかし、内向的な彼には友達がいなかった。 ガールフレンドは云わずもがなである。 21歳の時に家を出て、アルバイトを転々とした後、或る高校で用務員の職を得る。 ここで出会った生徒の一人、まだ15歳の少女と生まれて初めてデートの約束を交わすのだが、ブレマーが彼女を連れて行ったのは、なんとポルノ映画館だった。 これではフラれて当たり前だが、納得の行かないブレマーはなおも彼女に付きまとい、警察を呼ばれる始末である。 ブレマーがサーハンのような暗殺者になることを夢見始めたのはこの頃からだ。 仕事を辞め、頭髪を剃り、38口径のリボルバーを買い求め、そして日記を書き始めた。 暗殺日記である。 「これはリチャード・ニクソン大統領の暗殺に関する私の個人的な計画書である。 全世界に向けた私の男らしさの声明文でもある」 バカバカしいと思うなかれ。 書いている当人は大真面目なのだ。 しかし、わざわざカナダまで出向いて、ニクソンに接近しようと試みたものの、警護が厳重過ぎて不可能であることを知る。 そこで、民主党の大統領候補ジョージ・マクガヴァンに鞍替えするも考え直し、最終的に、黒人差別主義者として悪名高きアラバマ州知事にして、無謀にも大統領選に打って出たジョージ・ウォレスに狙いを定めたのである。 理由は「警護が甘そうだから」。 主義主張などは関係なく、本当に誰でもよかったのだ。 ブレマーは何週間も遊説中のウォレスを追い回し、その機会を窺っていた。 そして1972年5月15日、メリーランド州ローレルのショッピング・センターでその時は訪れる。 握手を求める支持者たちに紛れて、5発の銃弾を撃ち込んだのだ。 その瞬間の映像はドキュメンタリー映画『アメリカン・バイオレンス』で見ることが出来る。 ウォレスは一命は取り留めたものの、下半身不随となってしまった。 サーハン・サーハンと同様に精神異常を主張したブレマーだったが、陪審員は受け入れずに有罪を評決、53年の刑を宣告された。 9年後の1981年、この哀れな模倣犯を更に模倣する者が現れた。 『タクシー・ドライバー』に触発されて犯行に及んだ ジョン・ヒンクリーである。 彼が標的に選んだのはレーガン大統領だった。 馬鹿の連鎖はいったい何処まで続くやら。 今のところは現れていないが、いつ現れないとも限らない。 (2008年12月16日/岸田裁月) 参考文献 『暗殺者』タイムライフ編(同朋舎出版).

次の

アメリカ大統領を暗殺しようとしたクレイジーな犯人たち

ジョン ヒンクリー

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 目次• 生い立ち ジョン・ヒンクリーはアードモアで生まれ、とで成長した。 1973年から1980年までテキサス工科大学で休学と復学を繰り返した。 1976年にはソングライターになることを望みロサンゼルスに行くが、成功しなかった。 彼の両親に宛てた手紙には身の上の不運を嘆く言葉と金銭の援助を願う言葉でいっぱいであった。 彼はコロラド州エバーグリーンの両親の自宅へ戻った。 映画『タクシードライバー』を繰り返し見たヒンクリーは、映画の中で売春婦を演じたへの偏執的な憧れを抱く。 フォスターがに入学したとき、ヒンクリーは彼女の側に近づくためにニューへブンに転居し、彼女の自宅のドアの下に自作の詩を書いたメッセージを挟み込んだり、繰り返し電話をかけるなどした。 フォスターとの接触に失敗した彼は、飛行機をハイジャックし彼女の前で自殺して注意を引こうとする計画を考えた。 結局彼は歴史上の人物として彼女と同等の立場になるために、大統領の暗殺を企てる。 計画実行のため彼は当時の大統領を州から州へと追いかけたが、ナッシュヴィルで重火器不法所持の罪で逮捕された。 無一文になった彼は家に帰り、神経衰弱となり精神療法を受けたが改善しなかった。 1981年になると新任大統領のロナルド・レーガンを再びつけねらい始めた。 ヒンクリーはレーガン狙撃事件の直前にフォスターに宛てた手紙を書いた。 : 過去7ヶ月にわたって私はあなたに対して多くの詩や言葉、愛のメッセージを送りました。 私たちは二三度電話で話したけれど、私はあなたに厚かましく近づいて自己紹介することはありませんでした。... 私が今この計画を進める理由はもはやあなたに印象づけるのを待つことが出来ないからです。 レーガン大統領暗殺未遂後のワシントン・ヒルトン・ホテル前の混乱 1981年3月30日、のヒルトン・ホテルでレーガンが会議で演説した後にホテルを出ようとしたところで、ヒンクリーはリボルバー銃を六発発射した。 弾丸はレーガンの胸部に命中し、報道担当官ジェームズ・ブレイディ、警官トマス・デラハンティおよびシークレット・サービスのティモシー・マッカーシーが負傷した。 ヒンクリーは逃亡しようともせずその場で身柄を拘束された。 レーガンはジョージ・ワシントン大学病院で緊急手術を受け助かった。 ブレイディは頭部に弾丸を受け永久に障害が残った。 マッカーシーとデラハンティは軽傷で済んだ。 シリアルナンバーはL731332。 ヒンクリーは1982年の裁判では13の罪で起訴されたが、6月21日に精神異常が理由で無罪となった。 弁護側の精神医学上の報告書では彼が精神異常であると報告したが、検察当局の報告書は彼を法律上健全であると宣言した。 ヒンクリーはワシントンD. の聖エリザベス病院で拘束された。 彼は両親の監督下に1999年に退院を許可され、2000年には監督なしでの釈放が許可された。 これらの権利はヒンクリーがフォスターに関する資料を密かに病院に持ち込んでいたことが判明し、無効となった。 精神異常での無罪判決に対する反応 ヒンクリーの無罪判決は広範囲の狼狽を引き起こし、下院議会および多くの州で精神異常者の犯罪に対する法律改正につながった。 アイダホ、カンサス、モンタナ、ユタの四つの州が免罪措置を全て廃止した。 ヒンクリーとブッシュ家の関係 ヒンクリーの父親ジョン・ウォーノック・ヒンクリーはへの一番の寄付を行っていた。 暗殺未遂事件の数時間前に、ヒンクリーの兄弟、スコット・ヒンクリーの会社ヴァンダービルト・エナジーは不適切な価格設定によりエネルギー省から警告を受けていた。 翌日に予定されていたスコットとニール・ブッシュの夕食会はキャンセルされた。 ヒンクリーの家族とブッシュ一家の関係、および病院に向かう途中シークレット・サービスが道に迷ったことなどは陰謀論者の間で根拠となっている。 関連項目• Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の