どんなときもwifi 料金。 どんなときもWiFiとMugen WiFiを徹底比較!どっちがお得?

どんなときもWiFiとMugen WiFiを徹底比較!どっちがお得?

どんなときもwifi 料金

ポケット WiFi NEXT mobile どんなときも WiFi FUJI WiFi WiMAX プラン名 使い放題 データ放題 快適! の「使い放題プラン」、、の月々払いプラン、UQ WiMAX月額料金で料金を比較しました。 ネクストモバイルとどんなときもWiFiは25ヶ月目に500円値上がりしてしまいますが、 ネクストモバイルなら値上がっても3,600円程度なので助かりますね。 またもし値上げが嫌ならこのタイミングで解約がベストです。 違約金もかかりません。 2年間契約した時に掛かる実質月額と料金総額比較 NEXT mobile どんなときも WiFi FUJI WiFi WiMAX 使い放題 データ放題 快適! 実質月額や総額費用ではネクストモバイルが、最もお得に使えることが分かります。 ネクストモバイルの端末はFS030W NEXT mobile どんなときも WiFi FUJI WiFi WiMAX 使い放題 データ放題 快適! 3mm 65. WiMAXのW06と変わらない程度の重さですが、 厚みがあるのがやや気になりますね。 どんなときもWiFiのD1とFUJI WiFiのG3は重さや全体的な大きさがあるので、ポケットに入れて持ち運ぶには少し主張が強いかもしれません。 ネクストモバイルやWiMAXは小さめなのでポケットに入れて持ち運びたい人に向いているでしょう。 キャンペーン・特典の有無 NEXT mobile どんなときも WiFi FUJI WiFi WiMAX キャンペーン 端末0円 なし 有り プロバイダ による キャッシュ バック なし なし なし 各ポケットWifiの中でキャッシュバックや割引特典などが多いのはWiMAX。 WiMAXの中ではが手厚く、キャッシュバック34,600円となっています。 ただ月額料金が4,263円なのでトータルとしてはネクストモバイルほど安くありません。 ネクストモバイルには端末0円キャンペーンがありますが、どんなときもWiFiやFUJI WiFiはレンタル系なのでそもそも端末代金は0円です。 は 2020年4月末まで、月額料金が500円引きできるキャンペーンを行っています。 これにより、無制限プランは3,480円となっています。 ただそれでもネクストモバイルの3,100円には及びません。 ただ無制限以外のプランの場合、ネクストモバイルの20GBが2,400円であるのに対してFUJI Wifiの25GBが1,980円、ネクストモバイルの30GBが2,700円であるのに対してFUJI Wifiの50GBが2,480円とFUJIWifiに軍配が上がります。 ネクストモバイルが利用しているソフトバンク回線は通信量の程度に関わらず、時間帯や通信内容によって帯域制限を受ける可能性があるとのことですが、実際にされたという話は聞きませんからほとんど心配不要。 ただいつもより画像や動画の解像度が落ちている場合は、ネクストモバイルではなくソフトバンク側からの制限が入っていると思っておきましょう。 ネクストモバイルやFUJIWiFiは20GB、30GBの制限があるプランもありますが、いずれも容量を超過すると月末まで128Kbpsの速度制限を掛けられてしまいます。 エリア NEXT mobile どんなときも WiFi FUJI WiFi WiMAX 使い放題 データ放題 快適! 公式サイトのエリア検索もリンク先はソフトバンクのエリア検索です。 エリアは十分広く、繋がらなくて不満を感じることはほぼないでしょう。 一方でWiMAXは残念ながらかなりエリアが狭いです。 少し都会から離れると繋がらなかったり、都会でもビルの中や地下だと繋がらなかったり。 不便さを感じる人も少なくないと思います。 やはクラウドSIMを使ったトリプルキャリアのネットワーク対応となっており、ドコモ・au・ソフトバンクの回線からその場所で繋がりやすいものを拾ってくれます。 その為、エリアはこの中では最も広くなっています。 ただ稀に 、最近は MVNO系のネットワークを掴むことも。 MVNO系は楽天回線などの速度が遅いネットワークを掴むこともあり、 自分で好きな回線を選べないのが残念な点と言えます。 なおは無制限プランのみがクラウドSIMのトリプルキャリアとなっており、25GB・50GB・100GB等の制限容量があるプランはソフトバンク回線のみです。 それに比べるとは月単位で借りられるうえに解約金は掛からないのは良心的。 WiMAXのプロバイダの中には2万から3万の解約金が掛かるところもありますが、UQ WiMAXの「自動更新あり2年契約プラン」であれば2年間は解約金が1,000円、契約満了月を含む3ヶ月は0円で解約することができます。 契約する前はできるだけ解約金の負担についても確認しておきたいですね。 WiMAXも、途中解約で端末の残債が必要なもの、返却しなければいけないもの、25ヶ月以降は返却が不要なもの、購入して自分の所有物になっているものなど、プロバイダによって異なります。 ネクストモバイルは端末の返却は不要なので、解約後に端末の郵送で慌てるようなこともありません。 そう考えると、 盗難・紛失時も3,000円の負担でスピーディーに対応してもらえるUQ WiMAXの補償が手厚いことが分かりますね。 スマホを一度も落としたり傷つけたりしたことが無い人以外は、補償を付けておくことをおすすめします。 公式はこちら: ネクストモバイル・どんなときもWiFi・FUJI WiFi・WiMAXの通信速度比較 各ポケットWifiの通信速度を、朝9時、昼12時半、夕方17時、夜22時でそれぞれ同じ場所で測定しました。 ネクストモバイル・どんなときもWiFi・FUJI WiFi・WiMAXの時間帯別比較 測定に使ったアプリは「Speedtest」で、測定日の天気は雨。 どんなときもWiFiは低速回線以外を拾うようにして5回測定し平均をだしました。 もちろんタイミング次第で速度は変わってきますが、参考にしてみて下さい。 朝9時 単位 Mbps NEXT mobile どんなときも WiFi FUJI WiFi WiMAX 下り 26. 8 37. 3 29. 4 31. 7 上り 16. 5 13. 2 28. 7 14. 2 利用者が多く、回線が混雑しやすい22時前後は、固定回線でもぐっと遅くなりやすい時間帯。 夜にAmazonプライムで好きな映画を観る、ユーチューバーのチャンネルをチェックするといったことも問題なくできそうです。 ただWiMAXは特にですが夜に回線速度が遅くなり5mbpsをきるようなことも多々あります。 どの回線も今回は調子がよかったものの、ここまでの速度が常にでる訳ではないという点には注意が必要です。 ネクストモバイルなら1日通してまずまずの速度は出るかも 単位 Mbps NEXT mobile どんなときも WiFi FUJI WiFi WiMAX 朝9時 25. 68 27. 0 15. 68 27. 96 昼12時半 22. 5 22. 9 23. 7 9. 69 夕方17時 27. 4 24. 4 25. 85 20. 62 夜22時 23. 5 37. 2 29. 7 31. 実は、昼と夕方の2回の測定中、どんなときもWiFiが二度ソフトバンク低速回線につかまってしまったため、再起動をしたうえで再測定しています。 低速回線を拾ってしまうクラウドSIMはそういった手間が少々面倒かもしれませんね。 今後も引き続き測定していきます。 50GBの通信量が足りないなら無制限WiFiを検討してみて ネクストモバイルやどんなときもWiFi、FUJI WiFi、WiMAXについて10項目+速度を比較、検証しました。 最後にこれらをまとめます。 NEXT mobile プラン どんなときも WiFi FUJI WiFi WiMAX 使い放題 データ放題 快適!

次の

どんなときもwifi・WiMAXを徹底比較! 速度・料金・実際に使ってみた感想まとめ

どんなときもwifi 料金

めっちゃWiFiとどんなときもWiFiの比較とデメリット 私はモバイルWiFiとして どんなときもWiFiを使っています。 どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの比較 2019年10月1日に どんなときもWiFiと似たWiFiサービスが提供されました。 めっちゃWiFiというサービスです。 めっちゃWiFiとは めっちゃWiFiは どんなときもWiFiと似たWiFiサービスのようです。 ただし、めっちゃWiFiのホームページには気になる点があります。 ユニバーサル料金 特に私が気になった点は、 めっちゃWiFiの ユニバーサル料金の具体的な金額が めっちゃWiFiのウェブサイト上で見当たらなかったことです。 さらに、めっちゃWiFiの重要事項説明書にも ユニバーサル料金がいくらなのか 記載が見当たりませんでした。 pdf ユニバーサル料金? めっちゃWiFiは 月額料金3480円に加えて 別途ユニバーサル料金というものがかかります。 ユニバーサル料金が別途かかることは めっちゃWiFiのホームページ上に書いてあります。 その具体的な金額がホームページ上で確認できない場合、 私であればよくよく考えます。 サービス利用者にとって重要な情報が ホームページ上で見当たらないという点は Mugen WiFiと似ています。 2019年10月21日追記 めっちゃWiFiのユニバーサル料金は 3円であることを確認しました。 めっちゃWiFiの利用規約に ユニバーサル料金に関しての記載がありました。 pdf 第4ユニバーサルサービス料 2料金額 区分単位料金額(税抜) ユニバーサルサービス料基本額1契約ごとに3円 引用おわり めっちゃWiFiのホームページを見ると、 税抜きの月額基本料金3480円とは別に ユニバーサル料金が発生すると書いてありました。 したがって、 税抜きの月額基本料金3480円に ユニバーサル料金3円を加算すると、 3480円+3円=3483円となります。 どんなときもWiFiのユニバーサル料金 どんなときもWiFiの規約にも ユニバーサル料金について記載があることを確認しました。 pdf (ユニバーサルサービス料の支払義務)第35条 2. 当社は、通常料金契約ごとの月額にユニバーサルサービス料を含めてご請求します。 2 料金表 (3)ユニバーサルサービス料 平成31年2月時点、1契約ごとに月額 区分ユニバーサルサービス料 料金額(税抜) 3円 ア ユニバーサルサービス料は月額利用料に含まれております。 引用おわり どんなときもWiFiの利用明細 私のどんなときもWiFiの利用明細を確認しました。 追記終わり めっちゃWiFiとどんなときもWiFiの月額料金比較 めっちゃWiFiのの料金比較 クレジットカード払いにすれば、 どんなときもWiFiの月額料金は 税別で3480円です。 一方めっちゃWiFiの月額料金も 税別で3480円です。 ただし、めっちゃWiFiは 月額料金3480円に加えて 「別途」ユニバーサル料金3円がかかると思われます。 ユニバーサル料金が別途発生することは めっちゃWiFiのホームページ上に書いてあります。 サービス利用開始の事務手数料 どちらのサービスも事務手数料は3000円で同額です。 pdf どんなときもWiFiの月額料金 どんなときもWiFiの月額料金は 端末補償のオプション 有りだと 3880円です。 端末補償のオプションは税別で月額400円 どんなときもWiFiの月額料金は 端末補償のオプション 無しの場合 3480円です。 どんなときもWiFiのデメリット 2019年9月頃から どんなときもWiFiが2週間にいっぺん程度の頻度で 通信障害を起こすようになりました。 この出来事がきっかけとなり どんなときもWiFiのデメリットと どんなときもWiFiを選んで後悔したことを挙げてみました。 なお、 どんなときもWiFiと めっちゃWiFiはよく似たサービスです。 そのため、 どんなときもWiFiのデメリットは めっちゃWiFiのデメリットとも似てくる部分があると思います。 デメリット:通信障害が発生 2019年9月頃からどんなときもWiFiが 2週間に1度ぐらいの頻度で通信障害を起こすようになりました。 通信障害が起こると、インターネットには繋がりません。 インターネットを使いたい時に使えないのは モバイルWiFiとしては大きなデメリットだと思います。 自分自身が利用していることもあって どんなときもWiFiが繋がらない障害に関する記事を これまでにいくつか書いてきました。 デメリット:契約期間に縛り どんなときもWiFiは契約期間に縛りがあります。 契約期間は24ヶ月 つまり2年です。 契約期間の25ヶ月目が更新月となります。 更新月以外でどんなときもWiFiを解約しようとすると 契約期間に応じて契約解除料金がかかります。 なお、めっちゃWiFiの契約期間も24ヶ月です。 どんなときもWiFiの契約解除料 契約期間に応じて9500円から19000円 この契約解除料の存在が どんなときもWiFiのデメリットです。 めっちゃWiFiの契約解除料 なお、めっちゃWiFiにも どんなときもWiFiと似た契約解除料が存在します。 24ヶ月以内にめっちゃWiFiを解約した場合は 税別で9800円の契約解除料がかかります。 25か月後以降であれば 解約した時の契約解除料はゼロ円です。 デメリット:端末がレンタル 私が使っているどんなときもWiFiのD1端末はレンタル品です。 2年の契約期間が終わったら どんなときもWiFiに返却しなければなりません。 返却した時に端末が壊れていたり ケーブルや説明書などが欠品していたりすると 機器損害金18000円を支払わなければなりません。 この機器損害金の存在が どんなときもWiFiのデメリットです。 なお、バッテリーの劣化が 機器損害金の対象になるかどうかは私には分かりません。 めっちゃWiFiの機器損害金 私がめっちゃWiFiのホームページを見たときは 機器損害金について記載は見当たりませんでした。 そのためめっちゃWiFiで2年の契約期間が終わった後で、 機器損害金を支払わなければならないのかは 私には分かりませんでした。 ただしめっちゃWiFiの重要事項説明書の 「6 手数料一覧」には レンタル機器機器損害賠償金として 税別で5000円の記載があります。 どんなときもWiFiの初期契約解除の機器損害金は 18000円です。 もしも仮にめっちゃWiFiの機器損害金が5000円であった場合は どんなときもWiFiの機器損害金よりも 13000円低いことになります。 参考:どんなときもWiFi重要事項説明 デメリット:業者ツイートが多い ツイッターでどんなときもWiFiに関連したツイートを検索すると おそらく業者ではないかと思われるツイートがたくさん出てきます。 こうしたツイートでは 1日に何度も同じような内容がTwitter上に投稿されています。 そうした業者ツイートによって 実際にどんなときもWiFiを利用しているユーザーのツイートが埋もれてしまいがちです。 例えば今現在どんなときもWiFiで通信障害が起きているかどうか知りたくても、 他のユーザーのツイートが埋もれてしまい、私には分かりにくいです。 これも一つのデメリットではないかと私は思います。 どんなときもWiFiの通信速度 最後にポジティブなことを書いておきます。 ネットに繋がらない障害が起きてはいるものの 私が使っている限りでは どんなときもWiFiはかなり快適にネットに接続することができています。 その根拠を以下の記事にまとめています。 MICROWAVE.

次の

料金プラン|【公式】どんなときもWiFi

どんなときもwifi 料金

ニュース! Mugen wifi(無限wifi)は、 2019年11月8日の料金改定で、一気に一人暮らしにおすすめする ポケットwifi第1位へ昇格! あなたは 「Mugen wifi(無限wifi)」と契約をしようか悩んでいますよね? なぜなら、完全無制限のポケットwifiは、これまで「どんなときもwifi」だけで独占状態が続いていました。 しかし、秋以降、続々と完全無制限のポケットwifiが登場しています。 Mugen wifi(2019年10月)• よくばりwifi(2019年9月)• 限界突破wifi(2019年10月)• どんなときもwifi(2019年春) つまり、完全無制限のポケットwifiの選択肢が、急に増えたことで、悩まれているのですよね? 今回は、サービス提供から1ヶ月(2019年11月8日)に、早くも、ありえない程の料金改定そしたMugen wifi(無限wifi)についてご紹介します。 この記事を読むと、気になる完全無制限wifiの「Mugen wifi(無限wifi)」が、あなたにとっておすすめなのか?、その他のポケットwifiと完全比較します。 <今なら 30日おためし全額返金保証> 目次• 料金比較:Mugen wifiが料金改定で圧勝!どんなときもwifi他全てをしのぐ! これまで、Mugen wifi(無限wifi)は解約料金が30,000円と高額で、本ブログでもおすすめはしてきませんでした。 しかし、2019年11月8日に突然の料金改定!、本ブログでも、おすすめするポケットwifiの1位にさせていただきました。 下記が今回の料金改定内容になります。 料金は、下記3つの項目に着目しました。 初期費用• 月額料金• 総額費用で比較してみた このような複雑なポケットwifiの料金比較をする際は、 解約するまでの総額費用で再計算すると非常に分かり易くなります。 ココでは、解約した場合の総額費用を、 29カ月間で調査しましたので、その結果をご紹介します。 どんなときもwifi よくばりwifi 限界突破wifi 1カ月 1,000円 25,480円 21,800円 21,500円 2カ月 15,280円 28,960円 21,800円 25,000円 3カ月 18,560円 32,440円 25,250円 28,500円 4カ月 21,840円 35,920円 28,700円 32,000円 5カ月 25,120円 39,400円 32,150円 35,500円 6カ月 28,400円 42,880円 35,600円 39,000円 7カ月 31,680円 46,360円 39,050円 42,500円 8カ月 34,960円 49,840円 42,500円 46,000円 9カ月 38,240円 53,320円 45,950円 49,500円 10カ月 41,520円 56,800円 49,400円 53,000円 11カ月 44,800円 60,280円 52,850円 56,500円 12カ月 48,080円 63,760円 56,300円 60,000円 13カ月 47,360円 62,240円 53,750円 63,500円 14カ月 50,640円 65,720円 57,200円 67,000円 15カ月 53,920円 69,200円 60,650円 70,500円 16カ月 57,200円 72,680円 64,100円 74,000円 17カ月 60,480円 76,160円 67,550円 77,500円 18カ月 63,760円 79,640円 71,000円 81,000円 19カ月 67,040円 83,120円 74,450円 84,500円 20カ月 70,320円 86,600円 77,900円 88,000円 21カ月 73,600円 90,080円 81,350円 91,500円 22カ月 76,880円 93,560円 84,800円 95,000円 23カ月 80,160円 97,040円 88,250円 98,500円 24カ月 83,440円 100,520円 91,700円 102,000円 25カ月 81,720円 90,500円 83,150円 87,500円 26カ月 85,000円 103,980円 96,100円 91,000円 27カ月 88,280円 107,960円 99,550円 94,500円 28カ月 91,560円 111,940円 103,000円 98,000円 29カ月 94,840円 115,920円 106,450円 106,500円 あなた Mugen wifi(無限wifi)が競合である全ての完全無制限ポケットwifiをしのいで、圧勝しているのが良く分かりますよね? 特に注目すべきは1ヵ月目で解約した場合です。 実際、ポケットwifiを契約すると一番最初に解約したいと思うのは1カ月目なんです。 なぜだか分かりますか? 理由としては、一番多く利用する場所(自宅など)で圏外になっていたり、通信速度が遅くて使い物にならないなどが分かるためです。 ポイント1 Mugen wifi(無限wifi)の 「30日おためし全額返金保証」があることなんです。 つまり、30日間以内であれば、Mugen wifi(無限wifi)は解約料金を支払わずに解約できるんです。 ちなみに、初期費用3,000円も戻ってくるので、ありがたいサービスです。 とは言っても、返却処理手数料として1,000円(税抜)が発生します。 この1,000円も実は凄いんです! 本ブログでもご紹介している初期契約解除(クーリングオフ制度)ですが、8日以内に解約すれば、解約料金が無料になる制度としてご紹介しています。 しかし、この初期契約解除では、初期費用が戻ってくることはありません。 Mugen wifi(無限wifi)の 「30日おためし全額返金保証」は、この初期費用も返金されて実質支払い料金は、返却処理手数料1,000円だけになるんです。 1カ月目で解約した場合の料金の安さは、 お客様の立場になって、ちゃんと考えてくれているのが、良く分かりますよね。 ポイント2 Mugen wifi(無限wifi)の特徴は25カ月を超えると、解約料金が永年無料になるんです。 ちなみに、ほとんどの解約料金は更新月が決まっていて、更新月を超えると自動更新(通常2年)されてしまうのです。 さらにMugen wifi(無限wifi)の嬉しいのは25カ月目以降は、wifiルーターの返却義務もなくなるんです。 つまり返送料や手間も発生しないので、嬉しい条件で素よね! さすが、全ての競合相手(完全無制限のポケットwifi)を見て料金改定しただけあって、料金面では、Mugen wifi(無限wifi)が圧勝しているのが分かりますね。 それでは、「Mugen wifi(無限wifi)」、「 」、「どんなときもwifi」、「限界突破wifi」の使用する 電波(周波数)について調べてみましょう。 バンド( 周波数帯) ドコモ au ソフトバンク Band1( 2. 0GHz) 〇 〇 〇 Band3( 1. 7GHz) 〇 〇 Band8( 900MHz) 〇 Band11( 1. 5GHz) WiMAX 〇 Band42( 3. 5GHz) 〇 〇 〇 「Mugen wifi(無限wifi)」と「「よくばりwifi」と「どんなときもwifi」と「限界突破wifi」は、全て4G回線を使用しているポケットwifiです。 勘違いされやすいのですが、この4G回線は、実は1種類ではなく、複数の周波数帯に分けられています。 使用しているwifiルーターのスペックから、黄色で塗った周波数帯を使用していると思われます。 この黄色の箇所の周波数帯が、いわゆる プラチナバンドと呼ばれている周波数帯です。 その特徴としては、 通信速度は遅めになりますが、地下や建造物の影でも、電波は回り込んでいくので、繋がり易いという特徴を持っています。 プラチナバンドとは? プラチナバンドとは高周波数帯の電波 1. 5GHz~2. 5GHz 帯の電波と比較すると遠くまで届き、さらに障害物への浸透性も高いのが特徴です。 よって、ビルの谷間、地下街、そして山間部等では高周波数帯よりも繋がりやすくなります。 またdocomoやKDDIが800MHz帯を押さえていたことから、希少価値のある帯域の意味を込めてプラチナバンドと呼ばれています。 総務省では「ゴールデンバンド」とも呼んでいる周波数帯です。 反対にWiMAXのように周波数の高い4G回線は、通信速度は速いものの、障害物などに弱く、圏外エリアが広くなってしまう特徴があります。 ポケットwifiの通信速度や圏内エリアを比較するサイトがありますが、使用している回線は同じなので、同じ結果になります。 またその結果は安定していないので、計測する度に数値は変わります。 つまり、その計測地点はあなたの生活圏ではないので、あまり参考にならないことを覚えておきましょう 「クラウドSIM」vs「softbank」 「Mugen wifi(無限wifi)」と「よくばりwifi」と「どんなときもwifi」と「限界突破wifi」は同じ周波数帯を使うことが分かりました。 しかし、 それぞれのポケットwifiで使用するキャリアが異なります。 種類 使用キャリア softbank回線のみ クラウドSIM採用(docomo、au、softbank) どんなときもwifi 限界突破wifi この使用キャリアだけを見ると、よくばりwifiは不利に感じますが・・・ 実際、クラウドSIMを採用した「どんなときもwifi」は、 ほぼsoftbankしか繋がらない等の口コミが多く、使用しているキャリアは、どれもsoftbankの4G回線と考えて良いでしょうう。 夜中だからかな? 過去最高値です。 ちょっと嬉しい。 豆知識 ポケットWiFiがどこのキャリアと繋がっているか確認する方法は、いくつかあります。 その中でも通信速度のテストもできてしまう、こちらのサイトがおすすめです。 「 」 あなた そして興味深いのは、限界突破wifiのwifiルーターです。 なんと スマホ型なんです! と言うか、実はスマホで 「jetfon P6」という機種になります。 ただし、スマホとしての機能は制約されていて、グーグルマップと翻訳のアプリだけ稼働します。 保証はいるの? 保証料金(月額) 500円 380円 どんなときもwifi 400円 限界突破wifi 500円 wifiルーターの故障と言えば、ほぼ液晶画面割れです。 よって、Mugen wifi(無限wifi)と、よくばりwifiと、どんなときもwifiのwifiルーターには、液晶画面がないため、故障の可能性は、あまり神経質に考えなくても良いでしょう。 またスマホ型のwifiルーターを採用している、限界突破wifiは、液晶画面があるのですが、よくばりwifi等と違い、wifiルーターの返却義務がないので、稼働すれば修理する必要はありません。 よって、限界突破wifiも、保証制度には加入しなくても良いよいうのが私の見解です。 Mugen wifi(無限wifi)は、保証に1度加入すると解約できないので注意が必要です。 とは言っても、液晶画面が無いので、保証には入らないことをおすすめします。 限界突破wifiの気になる口コミ スマホ型wifiルーターを採用した限界突破wifiも、現在、とても人気のあるポケットwifiです。 しかし、このスマホ型wifiルーターには、気になる口コミもあることを覚えておきましょう。 実際使ってないので本当のところはわからないですが、 スマホとして作られているものなので、ルーターとして使うなら常にデータ通信してしまうことによるバッテリーの寿命の心配や、使っている最中にフリーズ、シャットダウンするとかが予想されるので期待できないと書きました。 あと価格ドットコムの評判で書いてある発熱ってのも心配です。 引用元: 私の場合、ポケットwifiのルーターは、やはり専用のwifiルーターの方が良いと判断し、限界突破wifiの選択肢は無くなりました。 Mugen wifi(無限wifi)は、どんなときもwifiで高評価なwifiルーターと同じ! >> 通信規制は、全て完全無制限だけど常識ある使い方を! 「Mugen wifi(無限wifi)」と「よくばりwifi」と「どんなときもwifi」と「限界突破wifi」は、現在、とても人気のある完全無制限のポケットwifiです。 しかし、下記のような利用をした場合は制限されるので注意が必要です。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合、 該当のお客様に対し通信速度を概ね384Kbpsに制限する場合があります。 また違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合、ご利用停止を行う場合があります。 引用元:Mugen wifi(無限wifi)の公式サイト ネットワーク混雑時の通信制限等は現状ございません。 引用元:よくばりwifiの公式サイト 不正利用・ネットワーク占有レベルの大容量通信をされた場合のみ、制限がかかる場合があります。 国内外の通信会社では、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合のみ、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。 上記のような利用でなければ制限をかけることはございません。 例えば、「長時間ゲームをする・動画を見続ける」といったご利用では制限がかかることはございません。 引用元:どんなときもwifiの公式サイト 他のお客様に影響が出る大容量通信をされた場合、違法ダウンロード、不正利用等の疑いがある場合、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。 引用元:限界突破wifi.

次の