ダッチ チャージャー。 チャージャー(ダッジ)の口コミ・クチコミ・評価・評判|中古車なら【カーセンサーnet】

ダッジ・チャージャーとは

ダッチ チャージャー

千葉県市川市の物流会社で役員をされている伊藤さんの愛車兼仕事車は、クワッドドライブがフルカスタムした07年型チャージャーSRT8である。 今から2年ほど前、映画の影響でチャージャーに一目惚れした伊藤さんは、クワッドドライブを訪れ、ショップのデモカーとして開発された写真のクルマを購入。 以来、プライベートはもちろん仕事でも営業車としてチャージャーを使用しているとのこと。 得意先を訪問する際には愛車を出動させ、相手会社の担当さんとクルマ談義に花を咲かせるという。 仕事の面でもチャージャーの存在はプラスになっているのである。 購入時点での走行距離は5万キロだったが、現在トリップメーターの距離は10万キロを超えた。 伊藤さんのチャージャーは年間2万5000キロのハイペースで走行しているわけだが、これまでにトラブルはなく、距離による劣化もほとんどないという。 チャージャーの信頼性の高さとメンテを担当しているクワッドドライブの技術力の高さを物語る話である。 伊藤さんの影響で社長さんはCTS-Vを購入したほか、社内への布教活動でアメ車に興味を持つ社員が増えているとのことだ。 もともとクワッドドライブのデモカーだった伊藤さんのチャージャーは、ショップが手塩にかけて製作したマシンだけあって、細部に至るまで手が行き届いている。 実際、同社のチューニングパーツはこのクルマに試作パーツを装着し、テストを繰り返した上で市販されている(伊藤さんの愛車にはプロトタイプのパーツが装着されている)。 エンジンはクワッドドライブ製のチューニングCPUに換装。 ヘダースとマフラー(コルサ)を交換し、アーリントン製のビッグスロットルを装着している。 そして、足回りにはビルシュタインの車高調が奢られており、モパーユニットが生み出す大パワーを確実に路面へと伝えている。 今後はストッピングパワー強化のためにブレーキ関係を中心に手を入れて行く予定だとか。 岡部さんの06年型マグナムSRT8は、一見するとノーマル車両にしか見えないが、じつは岡部さんの「マグナムの持つポテンシャルを引き出す」ことを目的に、足回りを中心としたファインチューニングが施されている。 これまで国産車を中心に乗り継いで来た岡部さんだが、アメ車に対しては、旅先で借りたレンタカーの印象が良くなく、そのことがトラウマになってアメ車に手を出すことができないでいた。 ところが、ネットなどの情報で最近のアメ車の完成度が高いことを知り、昨年夏にスタイリングが好みだったマグナムの中古車を購入。 だが、実際に乗って見ると足回りのダルさや経年劣化による痛みが気になり出し、アメ車ワールドの記事を見て自宅から近いクワッドドライブを訪ねることになった。 そこで林社長の真摯な人柄と同店の丁寧な仕事ぶりに感動し、徹底的なファインチューニングを依頼。 仕上がった愛車に試乗すると、バランス良い仕上がりに大満足。 「このクルマは一生乗り続けたい」と語る岡部さんだが、今後もいたずらにパワーを追求するつもりはなく、少しずつ手を入れながら愛車を長く維持して行きたいと語っていた。 一見するとストックの状態に見える岡部氏のマグナムだが、オーナー独自の哲学に基づいて細部にこだわってファインチューニングが施されている。 まず購入すると同時にモディファイというよりは、レストア的なリファインを行った。 まずは各部の傷ついていたフロントバンパーを交換。 そして足回りはクワッドドライブの手により、サスペンションからアームに至るまでを新品に交換されている。 その後、全体的なバランスを鑑みたモディファイに入る。 まずはボディ剛性アップのためにホチキス製のストラットタワーバーを追加し、冷却性能を向上させるためにラジエターやオイルパンなどを強化品に交換した。 これによって425hpのエンジンパワーをフルに使いこなすことができるようになったという。 どちらかというとオリジナル重視のモディファイに務める岡部さんだが、この先もずっと乗って行きたいと語ることからも、マグナムの持てるオリジナルの力を引き出すことに注力しているのである。

次の

2016年型ダッジ チャージャー R/T スキャットパック|何時かは手に入れたいアメ車

ダッチ チャージャー

【エクステリア】 すきがないデザイン。 前、横、後ろ、どこからみても統一感がたもたれています。 事前に綿密に計算されたエクステリアです。 デザインが、ひじょうに際立っています。 【インテリア】 必要最低限。 SRT8はストリートレーシングテクノロジーの略称。 内容は軽量化を計るためシルバーや黒を基調としていてスポーティーです。 なかに入っているサウンドシステムのスピーカーが特別仕様になっています。 (*ボストン) シートは何時間座って運転しても疲れません。 バケットシートでクッションが柔らかくて大きいのでホールド感が安心感を生み運転に余裕が生まれます。 【 続きを読む エンジン性能】 はやい。 加速がすごい。 日本の高速や道路ではレッドゾーンまで回せません。 常用3000回転〜4500回転で200Kは、すぐ越えます。 あおられても基本的に負けません。 というより相撲でいったら13勝2敗で今場所は優勝こんな車です。 【走行性能】 直線です。 爆発的な加速。 というより暴力的な加速といったらいいでしょう。 コーナーは、それなりです。 車重が2トン以上あるので。 【乗り心地】 運転席は最高。 後ろは、車のケツが振られるみたいで、乗っている人は、たまに酔うといっていました。 【燃費】 計ってませんが、そもそも431pですから、よくはないでしょう。 しかしBMWやベンツとかわりません。 同じくらいです。 【価格】 このスペックで、この価格は、探したら1000万オーバーです。 欧州車なら。 アメ車だから実現できたんです。 マスタングとか同様です。 【総評】 基本的に、オーナーになってみないと本当の良さは、わかりません。 身銭きって所有して乗り回してみて、分かる事がいっぱいあります。 批評家の意見は参考程度です。 この型式でディーラー車は日本で黒、赤、は数台しかありません。 srt8は中古で値落ちが少なく現在高値を維持しています。 ワイルドスピードで金庫を引っ張りながら走るシーンは記憶に新しいです。 よって、『素晴らしい出来ばえの車を有り難う』これが、総評です。 すみません。 現オーナーの皆様にご質問がございます。 日本のオーナー、アメリカのオーナーの方 宜しくお願いします。 街乗りの燃費はどのくらいでしょうか? 2. 車幅がかなりあるのですがコインパーキングなどで不便などありますか?(出入庫) 3. 走っていて注目度などおもしろいエピソードなどありますか? 4. 純正のマフラーの音はカッコイイでしょうか? 続きを読む 5. 購入してからのオーナーさんの満足度は高いですか? 6. 内装の質感はどうですか? このモデルはマイナーチェンジとかフルモデルチェンジ(外観)とかする予定はあるのでしょうか? 8. 加速感はどうでしょうか? 9. 新車並行とディラー物では差はあるのでしょうか?(故障やサービス面など) デイーラーのメンテナンスフォーユー(3年6万キロ)保証となってますが この車は3年以内に大きなトラブルなどおこる可能性はありますか? いろいろ質問させて頂きましたがおてすきのさいご返答頂ければ幸いです。 ご教授宜しくお願いします。 待ってます。

次の

ダッジ チャージャー シックスパック 1968年 不明 (熊本県) ウエスト・ジャパン

ダッチ チャージャー

アメリカンブランド、ダッジ(DODGE)から日本市場へ投入する、60年代のマッスルカーを現代に蘇らせたハイパフォーマンスセダン「ダッジ・チャージャー」。 2008年モデルでは、インストルメントパネル、ドア内張り、センターコンソールを一身し、よりスポーティなインテリアに仕上げた。 また、カップホルダー、マップポケットに照明を取り付けた事により利便性の向上を図った。 さらに、今までのマルチステージフロントエアバッグ、サイドカーテンエアバッグに、フロントシートサイドエアバッグを追加し、さらに安全装備を追加している。 バリエーションは、「SRT8」モデルに加え、パフォーマンスモデルのチャージャー「R/T」を設定。 R/Tモデルは、ダッジブランド伝統の「ロード&トラック」車両で、専用に開発されたロード&トラックパッケージは、5. 7L HEMIエンジンにチューニングを加え、最高出力を340psから355psへパワーアップ。 可変シリンダーシステム(MDS)を搭載し、パワーを必要としない場合には4気筒を停止することで燃料消費量を抑え、低燃費も実現する。 さらに、大径20インチタイヤ、パフォーマンスステアリングギア、パフォーマンスチューンドサスペンションが装備される。 インテリアには、通気性の高いスエード革インサートを持つパフォーマンスフロントシートが装備され、シートクッションとシートバックともに、横方向のサポート性の良いシートを採用する。

次の