アスパラ ガス の 保存 方法。 アスパラはどれくらいもつ?冷蔵で何日?日持ちする方法も知りたい

アスパラの下ごしらえの方法、炒める、焼く時も必要、はかまは剥く?冷凍保存時も?

アスパラ ガス の 保存 方法

堀りあげた株の保存は可能? 結論から言うと、掘り上げた根株を一定期間保存することは可能と思われます。 実際に数年栽培した植え替え用の根株は袋詰めにされて販売されています。 ただし、その保存方法には注意点がありますので、特にご家庭で趣味の範囲で栽培される場合、その知識をちゃんと持っておくのがいいでしょう。 掘り上げた株を保存する方法や注意点は? 基本的に掘り上げた株は乾燥させないほうがいいでしょう。 アスパラガスは根が命ですので、掘り上げた時についた傷やいたんだ箇所は切ってきれいな切り口にした方がいいとも言われます。 ただ、根を切ることはアスパラガスの成長にはあまりいい影響をおよぼしませんので、切る部分は最小限にして、プランターの土の中に植えておいても大丈夫です。 スポンサードリンク 保存に適した時期は? 株の養生をするということであれば、越冬の時期になります。 方法としてはプランターのような容器に腐葉土や土を入れたものに入れ、上に数センチの土をかぶせておくのがいいでしょう。 容器がない場合は、黒い大きなナイロン袋などでも代用が可能なようです。 根が腐らないよう、できるだけ日陰で風通しのいい場所に置いておくのがいいですが、冬場は凍らないようにもみ殻などをかぶせておくといいですね。 時々様子をみて、土が乾燥していたら霧吹きなどで水やりをしますが、土の底に水がたまるまで水を与えないことも大切です。 まとめ この株の保存方法は、あくまで養生の目的と考えたほうがよさそうです。 春の植え替え時期になったら早めに畑などにもどしてあげるのがいいですね。

次の

アスパラガスを長持ちさせる保存方法や日持ち期間。美味しい選び方のコツ4つ

アスパラ ガス の 保存 方法

種類 科目 好適土壌pH 連作障害 アスパラガス アスパラガスは、毎年春〜夏にかけて出てくる若芽を食べる野菜です。 苗を植え付けてから1年目、2年目は収穫をせずに株を生長させ、3年目の春に出た芽から収穫を始めます。 その後、10年ほど収穫が可能です。 種まきからでも栽培できますが、市販の苗を購入して栽培を始めるのが一般的です。 苗には2〜3年目から収穫できる小苗と、その年から収穫できる大苗(すでに数年間栽培された根株)があります。 収穫まで時間が掛かるため、早く収穫を楽しみたい場合は、「」を購入するのがオススメです。 アスパラガスは根に蓄えた養分をエネルギーにして、萌芽を活発化させる性質を持っています。 太くて甘いアスパラガスを採るには、いかに充実した地下茎を養生するかがポイント。 栽培のポイント• 一度植えると10年以上栽培が続くので、植え付け場所はよく考えて決める• 本格的な収穫は植え付けてから3年目以降• 早く収穫したいなら、大苗を植え付ける 緑・紫・白の色の違い アスパラガスと言えば緑色が一般的ですが、最近では、紫色の紫アスパラガスや、白色のホワイトアスパラガスなどの品種も流通しています。 紫色の品種は、緑色に比べて甘みが強く、ポリフェノールの一種のアントシアニンが多く含まれています、但し、茹でると色素が抜けて緑色になるので、色を楽しみたい場合は、サラダなど生食に利用します。 ホワイトアスパラガスは、甘みと独特のほろ苦さが特徴で、緑色のアスパラガスを土や遮光フォルムなどで覆って軟白栽培したものです。 発生しやすい病害虫 アスパラガスに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 茎枯病(くきがれびょう) アスパラガスで最も被害の多い病気。 茎に褐色の斑点ができて、しだいに茎全体に広がり枯れてしまいます。 土中のカビが原因で起こる病気なので、マルチや敷きワラで泥跳ねを防ぎ、風通しよく、茎が混み合わないように管理しましょう。 雨よけ屋根なども有効です。 紫紋羽病 葉が黄化し枯れます。 地下の根や茎は腐敗し内部が空洞になります。 害虫 ジュウシホシクビナガハムシ テントウムシのような色をした、赤い体に黒い水玉模様の甲虫。 収穫期に発生し、伸び始めた新芽や茎を食害します。 幼虫が若い茎はを食害します。 ヨモギエダシャク シャクトリムシ状に動く幼虫が、新葉を食害します。

次の

[アスパラガス]栄養を逃がさない、茹で方と保存法

アスパラ ガス の 保存 方法

アスパラガスの下処理は必要? アスパラガスを茹でる前に下ごしらえをすると思いますが、実際下処理と言われるものは、どこまでしていますか? 私は最近まで根元をバサッと数㎝切り落とすだけで、あとは何もしていなかったのですが、ある時ちょっと疑問に思って調べてみました。 そして、アスパラも 下処理が必要だということを知りました。 もちろん、 必須ではなく、しなくても食べることはできるのですが、炒めるときも茹でるときも下処理をしたほうが固い部分をそぎ落とすので、より おいしく食べられるということです。 ちなみに、 えのきの下ごしらえ、どこまでカットしていますか?キノコ類も石突の部分を結構ばっさり切ってしまいがちですよね。 えのきの下処理は、こちらをご覧ください。 この部分はもちろん 包丁でカットしてもいいのですが、 簡単にできる方法があります。 それは、 片手は根元、片手は真ん中より下の部分を持って、根元に力を入れるのです。 そうすると、 自然とポキッと折れるところがあります。 こうして折ると固くて食べづらい部分と柔らかくて食べられる部分に 自然に分けることができて、便利です。 しかも食べられるところまで切り落とさずにすみ、無駄にならないのでおすすめです。 次に茎の下の方は皮がすこし 硬い部分、筋があります。 筋の取り方は 包丁やピーラーで剥きます。 全部剝く必要はなく、ところどころでも大丈夫です。 こうすることで食べて噛んだ時に、筋にあたらず口当たりもよくなって嫌な食感もなくなります。 あとは、アスパラには節に ハカマと呼ばれる 三角の突起したものがありますが、この部分をピーラーや包丁、または手で取ります。 ただ、この部分はそれほど固いものではないので、ものによってはそのままでいいような気もします。 以前は、はかまの処理を全くせずに食べていたのですが、そのまま食べてもおいしくて、あまり食感も気になりませんでした。 ただ、この下処理の方法を知ってからやってみると、やはり下処理をしたほうが口当たりはいい気がします。 また、アスパラは あくがないのであく抜きのために、下茹でする必要はありませんよ。 次の動画では、アスパラの下処理方法を紹介しています。 わかりやすいので、ぜひご覧ください。 【動画:グリーンアスパラの下処理(ハカマ取り)】 アスパラギン酸を豊富に含むアスパラは疲労回復にぴったりです!また、カリウムも豊富でむくみ解消にも効果がありますよ。 アスパラの栄養成分や効能はこちらをご覧ください。 根元の硬い皮の部分は 5㎝ほど、皮むき器で薄くそぎます。 ハカマと呼ばれる部分は取り除いても、のぞかなくてもOKです。 また、アスパラは 茎の穂先は柔らかいので取り扱いに注意しましょう。 せっかくのおいしい部分ですので、先っぽが折れたりつぶれてしまったらショックですよね。 ただ、アスパラも旬の時期や新鮮なものはとても柔らかくて、ゆでないで生で食べることもできるほどで、茎の硬いのもそれほど気になりません。 もし、ちょっと古かったり、細すぎたり堅そうだなと思ったら、まず、ゆでてから少し食べてみて処理をするのもいいかもしれませんね。 ちなみに細いアスパラは筋が多いので、太いアスパラの方が おすすめということご存知ですか?また、アスパラはどのように保存すれば日持ちするのでしょうか? おいしいアスパラの見分け方や冷蔵や冷凍の保存方法は、こちらをご覧ください。 冷凍時も下処理はしておきますよ。 お鍋で茹でるのが一般的ですが、電子レンジで加熱すると、簡単でしかも短時間で調理できます。 ただ、しておいた方が、すじも気にせずおいしくいただけます。 また、お弁当のおかずにしたり、来客などでアスパラ料理をお出しする時は、下処理しておくと食感だけでなく、見た目もきれいですね。 特に季節のアスパラのおいしい食べ方は、もっぱら塩ゆでやフライパンでソテーにしたりシンプルに調理するのがおすすめですが、炒めたり焼いたり、ゆでたりといろんな調理法でさまざまな使い方ができるアスパラ。 ちょっと手間に思うかもしれませんが、ひと手間かけて、いつものアスパラをよりおいしく食べてみてくださいね。 スポンサーリンク•

次の