新生児 お腹 の 張り。 新生児壊死性腸炎について

【医療監修】赤ちゃんのおなかがパンパンに張るのはどうして?原因や対処法 [ママリ]

新生児 お腹 の 張り

新生児のお腹ゴロゴロは何の音? お腹の音は自然現象の一つ 新生児のお腹がゴロゴロ鳴る音は、 腹鳴(ふくめい)と言って自然現象の一つです。 腹鳴とは「グーグー」とか「ゴロゴロ」など、お腹の中で鳴る音のことで、誰でも経験がありますね。 母乳やミルク、授乳中に飲み込んだ空気や消化液などが消化管の蠕動運動(ぜんどううんどう)によって混ざり合うときに出る音なのです。 腸が活発に動いている証拠 赤ちゃんが授乳中にお腹がゴロゴロ鳴るのは、 腸が活発に動いている証拠とも言えるので心配はいりません。 でも、お腹の音だけでなく赤ちゃんの機嫌が悪い、お腹が張っている、何度も吐き戻すなど他に症状がある場合は注意が必要です。 特に新生児の場合は、授乳の後のゲップとお腹のゴロゴロの音が大きく関係しています。 お腹のゴロゴロと授乳後のゲップの関係とは? ゲップがたまるとゴロゴロの音が出やすくなる 新生児は、まだ上手にゲップが出せない子が多いですよね。 ゲップが上手く出せないと 飲み込んだ空気は、お腹にガスとしてたまり、腸の内容物と混ざり合うときにゴロゴロと音を出します。 お腹にガスがたまると、赤ちゃんのお腹のゴロゴロという音も出やすくなるので、授乳後の赤ちゃんのゲップはしっかり出させてあげましょう。 授乳後1~2時間たった頃、赤ちゃんがうなったりぐずったりすることはありませんか? お腹のゴロゴロは、赤ちゃん自身も気持ち悪く感じたり、苦しさを覚えたりして泣いてしまうことがあります。 そんなときは、 一度起こしてしっかりゲップを出させてあげるといいですよ。 ゲップがしっかり出せていないと、吐き戻しやお腹にガスがたまってパンパンになるなどの症状にもつながるので注意しましょう。 中にはお腹にガスがたまって、パンパンに張ってしまう赤ちゃんも珍しくありません。 上手にゲップやおならが出せないと赤ちゃんは苦しくなるので、ぐずったり吐き戻したりしてしまいます。 このように お腹がパンパンに張る、ミルクを大量に吐く、ゲップが出ない、おならを頻繁にするなどの症状がある場合は、 胃軸捻転症(いじくねんてんしょう)の疑いもあります。 胃軸捻転症は胃がねじれることで起こりますが、慢性のものが多く新生児や乳児によく見られます。 慢性の場合は成長とともに自然に治ることがほとんどですが、体重増加が見られない場合や気になることがあれば早めに医師に相談しましょう。 新生児が長期にわたって(1週間以上)下痢を起こしている場合は、 乳糖不耐性症の可能性が高いです。 乳糖不耐症とは、ミルクや牛乳などに含まれている糖質(乳糖)を上手に分解することができなくて下痢を起こしてしまいます。 ミルクを飲んでいる最中からお腹がゴロゴロ鳴り始め、水溶性の便が10回以上になることも珍しくありません。 赤ちゃんの乳糖不耐症のほとんどは後天的なもので、風邪やウイルス感染で胃腸炎などを起こした後にかかりやすくなります。 先天的な乳糖不耐症は、体質的に消化酵素が分泌されない場合で、母乳やミルクを飲み始めてすぐに水のような便(水様便)や酸っぱい匂いがする下痢を繰り返します。 どちらも、下痢や嘔吐が続くと脱水症状を起こして危機的状況になってしまうので、必ず早めに医療機関を受診しましょう。 まとめ 今回は、授乳中に新生児のお腹がゴロゴロ鳴る原因や、病気の可能性についてもご紹介しました。 赤ちゃんのお腹がゴロゴロ鳴るだけなら、それほど心配ない場合が多いです。 病気かどうかは、赤ちゃんの機嫌のよさやミルクが飲めているかどうか、体重の増え方など見て総合的に判断するようにしましょう。 病気のときはお腹がゴロゴロ鳴る以外に、何かしらサインがあるので見逃さないようにしてくださいね。

次の

辛いっ!私が妊娠7ヶ月でお腹の張り痛みを感じる時はこんな感じ!

新生児 お腹 の 張り

正常 病気の可能性あり 母乳 ミルク しっかりと飲む 飲まない 次の授乳時 もとに戻っている もとに戻っていない 吐き戻し 無・少量 滝・噴水のように大量 うんち 3日以内に泣かずに出る 1週間以上出ない・浣腸しないと出ない お腹の柔らかさ ほっぺたのように柔らかい 硬い お腹の肌の色 肌色 赤黒い 紫色に近い 機嫌 いい 悪い・ぐったりしている 熱 ない ある 体重 増えている 増えていない 上記の表の正常な状態であれば、安心して大丈夫です。 後述しますが、赤ちゃんのお腹の張りの原因のほとんどは、 空気か便秘か母乳 ミルク です。 お母さんも初めての経験ばかりで、ちょっとのことでも気になってしまう気持ち、よ~くわかります。 私もそうでした。 でも、心配や不安ばかりでは、赤ちゃんにもその心配や不安が移ってしまいます。 まずは、お母さんが 「どんとこい!」という気持ちで育児することが大切です。 とはいえ、素人目に見て大丈夫そうだと思っても、病気が隠れていることもないとは限りません。 そして、お母さんの不安解消も大切なことです。 「様子をみて大丈夫なのか、それとも病院に行った方がいいのかわからない」というお母さんは、まず、小児科に行って相談してみることも大切ですよ。 赤ちゃんのお腹がパンパン・ぽっこり!お腹の張り・膨らみの原因は? 前述したように、赤ちゃんのお腹がパンパンに膨らむ原因の多くは、 空気か便秘か母乳 ミルク です。 空気の場合 生まれて間もない新生児~3、4か月くらいの赤ちゃんに多い原因で、飲む時の様子を見てわかるように、まだまだ上手に飲むことができない場合がほとんどかと思います。 そのため、どうしても母乳 ミルク と一緒に、空気がお腹に入ってしまいます。 成長の遅い子であれば5か月以降でもある話なので、 「うちの子、5か月だけど・・・」と思ったお母さん、安心してください。 空気が入っても自然とげっぷを出すことができればいいですが、赤ちゃんの胃はとっくりのような形をしていて、上手に飲んだ空気の処理をすることができません。 飲んだ空気を上手にげっぷできないままにしておくと、母乳 ミルク と一緒に腸に流れます。 腸に空気が入っても、上手におならができればいいですが、産まれて間もない赤ちゃんの腸も、胃と同様に未発達で、自力で上手におならができないことも少なくありません。 げっぷやおならを上手に出来ないと、胃や腸に空気が溜まることになります。 この溜った空気が風船のように膨らむことで、お腹がパンパンになります。 空気の場合は、表の 「正常」な状態ですが、 大量に吐くこともあります。 げっぷはもちろんのこと、ガス抜きをしてあげるなどして、楽にしてあげましょう。 少しずつ、母乳 ミルク を飲むのが上手になり、空気を一緒に飲んでしまう量が減ります。 さらにげっぷやおならが上手にできるようになってくるので、空気がお腹に溜まることもなくなります。 大きくなるにつれ、気にならなくなるので様子見で大丈夫です。 赤ちゃんも同じです。 新生児から便秘になる場合もありますが、5~6か月くらいから離乳食が始まります。 それまで、母乳 ミルク が主流だった赤ちゃんが、離乳食を始めることによって 水分が不足することで便秘になってしまいます。 また、少しずつ動くことができるようになり、お母さんが思っている以上に汗をかきます。 水分が汗にとられてしまうため水分不足になりがちで、便秘になりやすくなります。 便秘の場合は、表の 「病気の可能性あり」の状態ですが、 お腹の色は肌色です。 浣腸しても、すぐにまた便秘になってしまうようであれば、小児科に1度、相談してみるのもいいかもしれません。 そのため、母乳 ミルク を飲み過ぎてしまう場合があります。 空気や便がしっかり出ていても 、母乳 ミルク でお腹が膨らんでいる場合があります。 私たち大人も 「腹8分目を心掛けているつもりでも、つい食べ過ぎてしまう」なんてこと、ありますよね。 そんな時、お腹はどうなっていますか? いつもよりお腹が出ている感じがしませんか? 赤ちゃんも同じです。 小さな身体で、たくさんの量の母乳 ミルク を飲めば、それだけ赤ちゃんのお腹が膨らんでも、ごく自然なことと言えるのではないでしょうか。 「産まれたばかりの赤ちゃんでも、満腹中枢が全く働かないわけではなく、お腹が空いていなければ飲まない」という考え方もあるようですが、うちの場合は、残念ながらお腹がいっぱいでも飲んで、よく吐いていた子がいます。 その子は、保育園時代に食べ放題のお店に行った時、止めても 「トイレ!」と言っていなくなり、隠れて食べていた結果、食べ過ぎで吐いてしまった事件がありました。 母乳 ミルク の飲み過ぎの場合は、表の 「正常」な状態ですが、大量に吐くこともあります。 赤ちゃんがしっかり飲んでくれるのは、健康な証拠です。 ただ、母乳 ミルク を必要以上に飲ませることは、 過飲症候群などの病気の引金になります。 過飲症候群などの病気になると、 「正常」から 「病気の可能性あり」の状態に変わってくるので、そうならないように、適度な母乳 ミルク の量を守って飲ませましょうね。 胃軸 いじく 捻転症 ねんてんしょう ・・・胃がねじれて、食道を圧迫する。 肥厚性 ひこうせい 幽門 ゆうもん 狭窄症 きょうさくしょう ・・・胃の筋肉が分厚くなって機能しないため、消化しても十二指腸に流れない• ヒルシュスプルング病・・・腸にあるはずの神経がないため、自力でうんちができない• 腸 ちょう 重積症 じゅうせきしょう ・・・2歳までになる腸閉塞。 腸の壁が二重になって圧迫されて、うんちの通り道が狭くなる。 お腹が膨らむ病気は、意外とたくさんあります。 上記はほんの一部の例で、消化管に限らず、肝臓や腎臓、脾臓など、臓器の病気という場合もあります。 表の 「病気の可能性あり」のような症状がひとつでもある時には、安心材料として、小児科に相談してみるのもひとつの方法です。 赤ちゃんのお腹の張りに効果的な対策!パンパンになったお腹を解消・マッサージ方法 げっぷ 産院で 「必ずげっぷをさせる」と言われたことがあると思います。 前述したように、赤ちゃんが母乳 ミルク を飲む時に一緒に飲んだ空気を出すためです。 しかし、げっぷが下手だったり、げっぷをしないまま寝てしまうこと、ありますよね。 ひたすら、げっぷをさせようと背中を叩いても、全くしそうになくて 「どうすればいいの?」と思った経験、私もあります。 お母さんの肩に赤ちゃんの胃の部分が当たるように抱えて、• 胃の後ろ当たりの背中を優しく叩く• 胃~首すじまでを下から上にさする• 少しの間、縦抱きで抱っこする• お母さんの抱っこの角度や、抱っこの体制を変えてみる 要するに、赤ちゃんの胃を軽く圧迫して、げっぷの出やすい環境にするわけです。 それでも、げっぷが出ない場合は、無理にさせなくても大丈夫です。 わが家では、げっぷが出ない時、吐き戻し防止のために10分ほど縦抱きしていましたが、20分抱っこしていた方がいいという意見もあります。 また、げっぷをさせるために奮闘する時間は、5分くらいでも大丈夫という意見もあります。 あまり長い時間する必要はありませんが、お母さんの気持ち次第かもしれません。 げっぷが出ないまま寝かせるとなると、吐き戻しが心配ですね。 綿棒をベビーオイルやオリーブオイルで浸して、綿の部分のみを肛門に挿し、優しく刺激する。 やり過ぎはよくないので1日1~2回まで。 お腹のおへそより下側 下腹部 を中心に、手の平でのの字にマッサージをする• 足の曲げ伸ばし運動をして、お腹を圧迫する• お母さんがうつ伏せになり、お腹の上に赤ちゃんをうつぶせに寝かせる• オムツ替え時、肛門の後ろから尾てい骨にかけて優しく押してマッサージする• 両手でおしり全体を包み込み、右手はのの字、左手は逆のの字に、お尻を持ち上げるように優しくマッサージして、肛門に刺激を与える うつ伏せに寝かせる時は、窒息してしまう場合もあるので、 顔がふさがってしまわないようにすることと、強い刺激は、赤ちゃんがびっくりして逆効果になってしまうこともあるので、 必ず優しくマッサージすることだけ気をつけてください。 また、上記の下2つに関しては、私が便秘気味な子やげっぷが下手だった子の時に、効果があった方法です。 直接、触れるとばい菌などの影響が心配なので、ガーゼなどを利用することをおすすめします。 一発で赤ちゃんが楽になるのは、綿棒で浣腸することです。 考え方はそれぞれかと思いますが、赤ちゃんが自力でおならやうんちをするのが1番です。 いろいろ工夫してお腹を圧迫したり、肛門を刺激できる方法を試してみて、だめだった時に、綿棒で浣腸するのを、私はおすすめします。 便秘の場合 便秘の時には、もうひとつしなければいけないことがあります。 水分補給です。 赤ちゃんの水分補給って、少しのつもりで飲ませても、母乳 ミルク に影響あったりして、意外と難しいですよね。 基本的には、母乳 ミルク さえ飲めていれば、無理に水分を飲ませる必要はないという意見もあります。 しかし、夏の暑い時など、汗をたくさんかいた時には、水分が不足しがちになります。 便 秘になってしまうようであれば、水分補給が必要です。 赤ちゃんにあげる水分は、白湯か麦茶が1番です。 6か月まではスプーン1杯~、6~10か月は100ml~、10か月からは母乳 ミルク や離乳食に影響のない程度が適量です。 母乳 ミルク や離乳食の前に飲ませると、影響が出てしまい、後に飲ませると吐き戻しの原因になることもあるので、極力控えた方がいいかと思います。 授乳と授乳の間は、2~3時間ありますよね。 だいたい授乳後1時間くらい経った頃に飲ませるのがベストですが、そううまくはいかないものです。 まずは、便秘を解消することを優先する意味も込めて、 授乳時に母乳 ミルク を飲む前に、白湯か麦茶を1~2口飲ませるところから始めるといいですよ。 それぞれ、私がした対策方法を紹介しましたが、おならや便秘の場合、すぐに結果が出る場合と出ない場合があります。 対策をして効果がない場合でも、数分後、数時間後になって効果が得られる場合もあるので、すぐにあきらめるのではなく、しばらく様子をみてみましょうね。

次の

赤ちゃんのパンパンお腹のガス抜き《3つの方法》&病院に行くタイミングについて

新生児 お腹 の 張り

赤ちゃんのガス溜まりのサイン• お腹がパンパンに張っている• 吐き戻しが多い• いきむ、うなる…お腹の中に溜まったガスを出そうと、いきんだり、うなることがあります。 手足をバタバタさせたり、足をお腹に届くほど上げたりする…お腹に溜まったガスを出そうとするためです。 布団に寝かせると泣く…お腹が苦しいと横になるのを嫌がる赤ちゃんもいます。 便秘・下痢…お腹がパンパンに張ることでお腹の動きが鈍くなるために、便秘したり、逆に下痢することも。 おならをよくする…飲み込んだ空気が多いと、おならの量も増えやすいです。 グズグズ・大泣き(コリック)…腹痛や不快感により、あやしても泣き止まないことがあります。 でべそ…ガスを出そうといきみ、お腹に圧力が加わること、でべそになることがあります。 緑の泡立ったうんち…胃腸の消化不良により、ウンチが緑色になったり、お腹の中に溜まった空気が泡になってウンチと一緒に出てくることがあります。 赤ちゃんにガスが溜まりやすい理由• 母乳やミルクと一緒に空気を飲んでしまう。 げっぷが下手。 ママの母乳の出が良い。 乳首に吸啜(ラッチオン)できていない。 母乳やミルクを消化する際、ガスが発生する。 胃腸が未発達なため、ガスが溜まりやすい。 大泣きしたときに一緒に空気を飲んでしまう。 母乳やミルクと一緒に空気を飲んでしまう 赤ちゃんの喉の構造は大人と異なり、母乳やミルクを飲みながら鼻で呼吸することができてしまいます。 そのため、母乳や、ミルクと同時に空気も飲み込んでしまうのです。 げっぷが下手 母乳やミルクと同時に飲んでしまった空気を、うまく「げっぷ」で出すことができません。 ママの母乳の出が良い ママの母乳の勢いが良いと、母乳と一緒に空気を飲んでしまいがち。 私たち大人も、水が勢い良く口の中に入ってきたら苦しいし、むせちゃいますよね。 母乳の勢いが良い場合、赤ちゃんが飲む量よりもママの母乳量が多い状態(母乳過多)かも。 一度確認してみましょう。 母乳過多とは? 吸啜(ラッチオン)ができていない 赤ちゃんがママの乳首に吸啜(ラッチオン)できていないと、おっぱいの隙間から空気が入り、母乳と一緒に空気をたくさん飲んでしまいます。 「ゴク、ゴク」と嚥下音が聞こえたら要注意です。 筆者もこのラッチオンが上手にできず、しばらく母乳外来に通いました。 母乳やミルクを消化する際、ガスが発生する 食べ物を消化する間に、お腹の中でガスが発生してしまいます。 胃腸が未発達なため、ガスが溜まりやすい 胃腸の機能・お腹の筋肉などがまだ十分に発達していないため、お腹の中で発生したガスが溜まりやすいと言われています。 大泣きしたときに一緒に空気を飲んでしまう。 赤ちゃんが大泣きしている時って、よく咳き込んだり、むせたりしますよね。 赤ちゃんは大泣きしている時も空気を飲んでしまいがちなのです。 赤ちゃんのお腹の張り・ガス溜まり解消法 筆者が試して効果のあった、お腹の張り・ガス溜まり解消法を紹介します! パンパンお腹をスッキリさせてあげましょう。 ガス溜まり解消法:げっぷの出し方を見直そう! 母乳やミルクと一緒に飲んでしまった空気を「げっぷ」で出してあげましょう。 けれど、なかなか「げっぷ」が出ない赤ちゃんもいますね。 (私も苦労しました。 ) 絶対出さなきゃと思う必要はありませんが、出してあげた方がベター。 どうしても出ない場合は、 吐き戻したミルクで窒息しないように、顔を横にして寝かせてあげましょう。 赤ちゃんのゲップを詳しく ガス溜まり解消法:ガス抜きマッサージ・便秘体操 ガス抜きのマッサージや便秘体操は、 腸の動きを活発にすることでウンチやガスの排泄を促します。 お腹の動きはリラックスしているときに亢進するで、赤ちゃんが リラックスしている時間に試してみましょう。 便秘体操を詳しく ガス溜まり解消法:ラッチオンを見直そう! 赤ちゃんがママの乳首にしっかり 吸啜( ラッチオン)できていないと、隙間から空気が入り、 母乳と一緒にたくさんの空気を飲んでしまいます。 授乳のやり方は産院でも指導されると思いますが、退院してしばらく経つと自己流になりがちで。 赤ちゃんがちゃんと吸啜できていないと感じたら、母乳外来などで直接指導を受けるのも良いでしょう。 娘の場合もラッチオンがうまくできず、授乳の度に空気をたくさん飲み、吐き戻しの多い赤ちゃんでした。。 ところが、 母乳外来で 正しいラッチオンのやり方を教えてもらうと、すぐに上手に飲めるようになりました! ラッチオンはママの力で解決できます! ラッチオンとは? ガス溜まり解消法:綿棒浣腸 綿棒浣腸とは、綿棒で赤ちゃんの肛門を刺激し、ウンチやガスを排泄させる方法です。 綿棒浣腸は便秘にはもちろん、ガス抜きにも効果的なのです。 やり方は、便秘でする綿棒浣腸と同じ。 赤ちゃんの肛門を優しく刺激してあげましょう。 娘はほぼ毎日綿棒浣腸をしていました。 綿棒浣腸を詳しく ガス溜まり解消法:チャイルドヘルスを試してみる 赤ちゃんの夜泣きやたそがれ泣きに効くと言われている母乳由来の乳酸菌サプリメントがあります。 夜泣きやコリックの原因は お腹の不調や腹痛と言われており、「L. ロイテリ菌」という乳酸菌がお腹の調子を整えてくれます。 このサプリメントによって、夜泣きの時間が 50分以下に短縮されたという研究結果があるそうです。 娘も整腸作用を期待して試してみました。 ゲップを上手に出せるようになるのがお座りが安定する頃。 身体を活発に動かすようになると、必要な筋肉がつき身体の使い方が上手になるので、自然とゲップやおならを出せるようになります。 娘もお座りが上手になった頃、だいたい6ヶ月頃にはここで紹介した解消法をする必要なくなりました。 赤ちゃんのお腹が張る・ガスが溜まりやすい7つの理由と解消法まとめ 赤ちゃんにガスが溜まりやすい理由と解消法を詳しく紹介しました。 いかがでしたか? 赤ちゃんにガスが溜まりやすいのは成長するまでの一時的なもの。 赤ちゃんが成長するまでのほんの少しの間、赤ちゃんが気持ち良く過ごせるようにお手伝いをしてあげましょう。 赤ちゃんのグズグズに悩んだら…私の体験談まとめています。 よかったら参考にしてみてください。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の