アレクサンドラ トゥル ソワ。 ついに沈黙を破る!トゥルソワ自身が移籍をSNSでコメント発表?

アレクサンドラ・トゥルソワ

アレクサンドラ トゥル ソワ

トゥルソワのコメント 「皆さん、 私は個人的な理由で、5年間在籍したエテリグループを去ることをお知らせします。 私の新しいコーチはエフゲニー・プルシェンコ氏です。 私はすでに新しいプログラム用に音楽を選んでおり、自宅待機終了後はトレーニングを開始します。 私の決定を理解して頂き、否定的なコメントを書かないようにお願いします。 私は本当にあなたのサポートを願っています。 」 これだけ、将来が有望視されているトゥルソワだからこそ、ロシアでも連日大きな話題になっているわよね。 もし彼女が胸に秘めた想いがあったとしても、それを公にすることはまずないでしょうね。 一見広いようで狭いフィギュア界、ロシアにおいてはとりわけ人間関係の繋がりが厳しそうな感じもするわ。 本人があくまで個人的な理由としている以上、マスコミやファンは、 移籍理由についての詮索をせずに、トゥルソワが選んだ決断を応援するべきよね。 そして移籍が正解だったのかという議論は、これからの競技での彼女の試合を見ていかないとわからないし、 何より彼女自身が決めることだしね。 We've got some ideas for you! 羽生結弦のように踊ろう! あなたがフィギュアスケートのファンなら、羽生結弦は紹介する必要はないでしょう。 ダブルオリンピックチャンピオンは氷の上で魅惑的な存在感を示し、優雅な動きと芸術性で観客を魅了する方法を知っています。 しかし、彼がスケートをしていないときはどうですか? 3部構成の投稿で、羽生は過去数年にわたって、彼のフィギュアスケートプログラムの彼の最も印象的な部分のいくつかを披露しています。 確かに一見の価値があります。 その後は、自宅で一緒に試してみることをお勧めします。 一方で、選手の衣装を塗り絵したり、間違い探しで衣装を加工したりするのは、あたしは違うと思うのよ。 だってそんなことしなくとも、 あるがままの姿が一番美しいじゃない! さあ、皆様も一緒に舞いましょう。 フィギュアスケート羽生結弦選手のメッセージをお届けいたします。 3つのパートを続けてご覧ください。 — 公益財団法人日本スケート連盟 skatingjapan フィギュアスケート羽生結弦選手の動画3本目をお届けいたします。 — 公益財団法人日本スケート連盟 skatingjapan 鏡を見ながら踊ってみたけど、1曲目のWhite Legendで中腰で手を伸ばした瞬間、 ギックリ越しになりかけたわ涙 やっぱり美しいものは見るのに限るわね! やっぱりこの企画「羽生結弦を鑑賞しよう」に変えなさいよ!!! それでは皆様、良い一日をお過ごしくださいね。 最後までお読み頂き、ありがとうございます。 下のブログランキング2つをポチっとして頂けると励みになります! あじさい 2020年5月8日 10:37 AM おはようございます! バコ美のお家拝見。 広い庭ですね〜 確かに小人が出て来そうなおうちが可愛くて気になります。 納戸かなぁ? バコ美とドヤ顔が結びつかないだけに私も笑ってしまいました。 ロシアってつくづく面白いですね。 プル様も気は熟したかどうかわからないけど参謀も集まり タイミングよく選手も移籍して来た。 タイミングなんでしょうか? 結果を求められるのは当然だけどトゥルソワとプル様の化学反応が楽しみです。 オネエ様ギックリ阻止出来て良かったですね。 私は真似してみたけど どうみても羽生君のようなエレガントな動きには程遠く まさにコンニャク踊り(爆笑) お互い鑑賞に専念しましょう! あい 2020年5月8日 12:19 PM オネエ様 おはようございます。 羽生君の動画、1日10回は無理ですけど(笑)、上げて頂いた都度観させて頂いております。 手の捌き方とかが丁寧で美しいです。 欲を言えば、もう少し長く観ていたかったです。 トゥルソワも北京で 金メダルを目指す選手として、同じ志を持ってくれるコーチを探していたのかなぁ?プル様はそうゆう意味でジャンプ力、表現力共に頂点を目指す方なので、ぴったしカンカンではないでしょうか?カリキュラム面ではサンボよりは弱いイメージですが、コス姫のジャンプのコーチも一緒に移動するので、より美しく跳べるのでは?と思います。 前に女の子の動画がエテリ組の対抗選手みたいにアップされてて、お互いに刺激を受けていいと思います。 ますます、日本の強敵が増えるかと思うと末恐ろしいですが、恐れる事なく進化して行って欲しいです。

次の

バトルが止まらないわ!トゥルソワ移籍騒動でプルシェンコ痛烈批判

アレクサンドラ トゥル ソワ

すっかり寒くなり、フィギュアスケートシーズン真っただ中ですね! グランプリファイナルでは日本勢が健闘し、ジュニアグランプリファイナルでも紀平梨花(きひら りか)選手が世界初の偉業を成し遂げました。 そして21日からは、全日本選手権が開催されますね! 私も楽しみで仕方ありません。 オリンピック出場をかけて戦いを繰り広げるシニアの選手たちはもちろんのこと、勢い溢れるジュニアからの推薦出場の選手たちからも目が離せません。 特に、紀平選手には大注目ですね! ただ今回ご紹介するのは、日本の選手ではありません。 先日名古屋で開催されたジュニアグランプリファイナルで優勝した、若干13才のロシアの選手です。 男子でも難しい4回転を、13才にして跳べる女子選手として、最近注目されています。 残念ながら試合での成功率はまだ高くないようですが、これからの成長に期待大の選手です。 そして、強豪ロシア勢のうち多くの選手が師事する、エテリ・トゥトベリーゼコーチの門下生ですね。 目次 Contents• トゥルソワってどんな選手?? トゥルソワ選手は、2004年6月23日生まれの13才、今シーズンジュニアに上がった選手です。 出生地はリャザンというところで、所属クラブは「サンボ70」、あの世界女王エフゲニア・メドベージェワ選手や、今シーズンシニアに上がって注目されているアリーナ・ザギトワ選手と同じクラブです。 コーチもメドベージェワ選手と同じで、エテリ・トゥトベリーゼコーチと、セルゲイ・デュダコフコーチですね。 今シーズンのジュニアグランプリシリーズとファイナルはすべて優勝し、しかもファイナルでたたき出した205. 61点という数字は、ジュニア歴代2位の高得点です。 (ちなみに歴代1位は、同じクラブのアリーナ・ザギトワ選手が昨シーズンの世界ジュニアで出した208. 60点です。 ) しかも、ファイナルのショートでは、73. 25点という、ジュニア世界最高得点を記録しました。 それでも本人はスピンなどに反省点があるとコメントしており、まだ得点を伸ばせる余地がありそうです。 またフリーでは、4回転の転倒と、トリプルルッツ-トリプルループのミスがあったうえでの205. もしノーミスなら、あと7点くらいは伸びるでしょう。 なんといっても彼女はまだジュニア1年目。 来シーズンにはさらに記録を更新し、ジュニア歴代最高を次々に更新してくるかもしれません。 しかも彼女は、今4回転サルコーを跳べるだけでなく、4回転トーループの習得にも意欲を見せているとのことです。 それだけではありません。 観客を魅了する表現力に定評のあるイタリアのカロリーナ・コストナー選手の名前を挙げ、「彼女のように滑れるようにならなくては」と語っています。 現状のままでもすごすぎるくらいの才能を持つ彼女が、さらに技術面・表現面でレベルアップしたら、いったいどんな化け物になってしまうんでしょうか。。。 トゥルソワ選手が跳ぶ4回転サルコーって、どのくらい難しいの? 男子選手の場合、最初に習得する4回転ジャンプは「4回転トーループ」であることが多いのですが、女子選手の場合、サルコーを跳ぶ選手が多いですね。 あの安藤美姫(あんどうみき)さんが跳んだのもサルコーでした。 この4回転サルコーですが、女子選手より肉体的に有利な男子選手でさえ、成功するのは簡単なことではありません。 オリンピックチャンピオンの羽生選手も、4回転サルコーは失敗してしまうことも多く、実際オリンピックでは転倒していますし、同じくトップ選手の宇野昌磨(うの しょうま)選手も、4回転サルコーの成功率は決して高いとは言えません。 そのくらい難しいジャンプなのです。 なぜトゥルソワは4回転が跳べるのか さて、男子選手でも難しい4回転サルコーを、なぜ13才の、しかも女子選手であるトゥルソワ選手が跳べるのでしょうか。 まず1つ目の理由としては、彼女の回転能力の高さにあります。 下の動画をご覧ください(先日のジュニアグランプリファイナルのフリースケーティングです)。 4回転こそ転倒してしまいましたが、ジャンプの回転が非常に速いことがわかります。  そして2つ目の理由としては、まだ体が小さく細くて、身体が軽いということが挙げられるかもしれません。 身体が軽いと、その分高く跳ぶのが容易になります。 女性特有の体型変化を迎えた後もこのジャンプ力を維持できるかというのは、一つのポイントになってくるでしょう。 コーチのエテリ・トゥトベリーゼってどんな人? トゥルソワ選手のコーチ、エテリ・トゥトベリーゼさんは、モスクワ出身で、5人兄弟の末っ子としえ生まれました。 シングル選手だった時代もありますが、後にアイスダンスに転向しました。 セルゲイ・デュダコフとともにコーチとして選手を指導しており、ソチオリンピックの時には、団体金メダルに貢献したユリア・リプニツカヤ選手のコーチも務めていました。 現在のエテリ組筆頭と言えば、間違いなく、世界選手権2連覇中のエフゲニア・メドベージェワ選手でしょう。 しかし、エテリコーチの門下生には、メドベージェワ選手のほかにも強い選手が沢山います。 今シーズンシニアのグランプリファイナルで優勝したアリーナ・ザギトワ選手や、ザギトワ選手と同期のポリーナ・ツルスカヤ選手もエテリコーチ門下です。 また、ジュニア選手の強さもすごいですね。 なんと、今シーズンのジュニアグランプリファイナルで表彰台にのった選手は全員、エテリコーチの生徒なのです! すごいコーチですね。。。 エテリ組はなぜ強い?? これほどまでに実力ある選手がそろうエテリコーチの門下ですが、強さの秘訣は何なんでしょうか? 以前、エテリコーチはインタビューで、「私たちのチームの強さの秘密は、練習にある」と言っています。 エテリコーチの生徒たちは、実際に試合で滑るプログラムよりも難易度の高いことを練習しています。 例えば、試合で3回転の2連続ジャンプを跳ぶとしたら、練習では、3回転を3連続や、4連続で跳ぶのです。 たしかに、3回転を5連続で跳ぶことができれば、2連続で跳ぶくらい簡単ですから、本番で落ち着いて力まずにできるでしょう。 私も以前から、「どうしてロシアの選手たちはこんなにもミスが少ないのだろう?」「ノーミスの演技を連発できるのはなぜだろう?」と不思議に思っていたのですが、この練習法を聞いて、なるほどなと思いました。 トゥルソワ選手の今後の試合は?? 才能あふれるトゥルソワ選手、今後の成長から目が離せませんよね。 そんなトゥルソワ選手の次の試合は、21日から始まるロシア選手権です。 シニア選手と戦う貴重な機会、きっと良い経験になるでしょう。 そして何より注目は4回転サルコーです。 まだ試合での成功率は高くありませんが、ここ一番で、決められるといいですね! そして3月には、シーズン締めくくりの世界ジュニア選手権があります。 オリンピックには年齢上出場できませんので、今シーズントゥルソワ選手にとって最も大きな大会は、世界ジュニアになります。 3か月でどんな成長を見せてくれるのか、楽しみですね! あわせて読みたい記事.

次の

ついに沈黙を破る!トゥルソワ自身が移籍をSNSでコメント発表?

アレクサンドラ トゥル ソワ

2018年世界ジュニアフィギュアスケート選手権でのトゥルソワ 基本情報 サーシャ、サシューリャ、トゥル様、、クイーン、 生年月日 2004-06-23 (16歳) 代表国 出生地 157cm 、愛犬ティナと遊ぶ 選手情報 セルゲイ・ロザノフ 元コーチ オルガ・シェフツォワ アレキサンダー・ヴォルコフ 元振付師 エテリ・トゥトベリーゼ ダニイル・グレイヘンガウス 所属クラブ FS Academy of Evgeni Plushenko 元所属クラブ フルスタリヌイ 練習拠点 開始 2008 11 2019—20 4 2019—20 2 2019—20 サイト ISU パーソナルベストスコア 合計スコア 241. 02 74. 91 166. 62 WR 2019 GPスケートカナダ 国内競技会成績・シングル 2位 記録• 女子初の4回転トウループ• 女子初の4回転フリップ• 女子初の4回転ルッツ• 女子初の4回転-3回転のコンビネーションジャンプ成功• 女子初の4回転からの3連続ジャンプ成功• 女子初のフリースケーティングで3回の4回転ジャンプ成功• 女子初のプログラム後半に4回転ジャンプ成功• 女子初のフリースケーティングで技術点100点超え 目次• 人物 [ ] 団体戦の金、女子シングルの金・銀メダリストを育てたを経て、から指導を受けている。 トゥトベリーゼに師事していた頃のチームメイトである、とフィギュアスケートの国際的な年齢規定で同世代である。 技術・演技 [ ] を除く5種類の3回転と、、、、の4種類の4回転ジャンプを跳ぶことが出来る。 4回転トウループ、4回転フリップ、4回転ルッツを公式戦で初めて成功させた女子選手である。 3回転アクセルも試合での成功はまだないが練習では成功させており、のでは初めてプログラムに組み込んだ。 セカンドジャンプに3回転ループを跳ぶことも出来るため、コンビネーションジャンプのバリエーションが豊富であり、4回転からの1回転オイラーを含めた3連続ジャンプも女子選手として初めて成功させている。 4回転-3回転のコンビネーションジャンプ、プログラム後半に4回転ジャンプを成功させたのも女子史上初である。 経歴 [ ] 2004年6月23日にで生まれた。 2008年にフィギュアスケートを始め、オルガ・シェフツォワにコーチされた。 2015年にに移り、アレキサンダー・ヴォルコフのコーチを受けた。 2016年にとがコーチになった。 現在モスクワのサンボ70に所属している。 のにおいて、4回転トウループと4回転サルコウを成功。 ISU公式大会において、女子で4回転サルコウを成功させたのは、に次いで二人目、4回転トウループを成功させたのは史上初であり、更に1つのプログラム内で2度の4回転ジャンプを成功させた最初の女子選手となった。 この時のフリースケーティングにおける技術点92. 35点は、金メダルのを上回る得点であり 、女子シニアの世界最高得点をも10点近く上回る点数である(2018年世界ジュニア選手権大会当時)。 にて女子選手として初めて4回転-3回転のコンビネーションジャンプを成功させ、では女子選手として初めて4回転ルッツに成功。 2019年でトゥルソワはSPで出遅れていたが、フリーで164. 44点という驚異的なスコアを叩き出し、SP首位のコストルナヤを上回った。 参考記録ながらフリーの164. 44点は、シニアを含めてもが記録した2018-19シーズンの世界最高記録を上回っている。 では女子選手として初めて1つのプログラム内で3度の4回転ジャンプを成功させた。 ではフリースケーティングで4回転ジャンプ4回の構成に挑戦。 冒頭の4回転サルコウは転倒したものの、4回転ルッツ、4回転トウループ-3回転トウループ、そしてプログラム後半に女子史上初となる4回転トウループ-1回転オイラー-3回転サルコウの3連続ジャンプを成功。 女子選手として初めて技術点100点超えを果たし、166. 62点という驚異的なスコアを叩き出した。 2019年グランプリファイナルでは女子選手として初めて4回転フリップを成功させた。 記録 [ ] スコア [ ]• 女子シングルジュニアクラスショートプログラム世界最高得点(73. 25) - 2017年ジュニアグランプリファイナル• 女子シングルジュニアクラスフリースケーティング世界最高得点(153. 49) - 2018年世界ジュニア選手権)• 女子シングルジュニアクラストータルスコア世界最高得点(225. 52) - 2018年世界ジュニア選手権)• 女子シングルフリースケーティング技術点世界最高得点(100. 20) - 2019年スケートカナダ• 女子シングルフリースケーティング世界最高得点(166. 62) - 2019年スケートカナダ• 女子シングルトータルスコア世界最高得点(241. 02) - 2019年スケートカナダ(2019年にが更新) ジャンプ [ ]• 女子初となる、4回転トウループ成功 - 2018年世界ジュニア選手権• 女子初となる、4回転フリップ成功 - 2019年グランプリファイナル• 女子初となる、4回転ルッツ成功 - 2018年JGPアルメニアン杯• 女子2人目となる、4回転サルコウ成功 - 2018年世界ジュニア選手権(1人目は、2002年)• 女子初となる、4回転-3回転のコンビネーションジャンプ成功 - 2018年JGPアンバー杯• 女子初となる、4回転からの3連続ジャンプ成功 - 2019年スケートカナダ• 女子初となる、同じプログラムで3回の4回転ジャンプ成功 - 2019年ネペラ記念• 95 3 150. 39 3 225. 34 2019年12月24日-29日 () 3 76. 46 3 149. 88 3 226. 34 2019年12月5日-8日 () 5 71. 45 3 161. 73 3 233. 18 2019年11月15日-17日 () 2 74. 21 1 160. 26 1 234. 47 2019年10月25日-27日 () 3 74. 40 1 166. 62 1 241. 02 2019年10月5日-5日 () 1 160. 53 1 団体 2019年9月19日-21日 () 1 74. 91 1 163. 78 1 238. 69 2018-2019 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2019年3月4日-10日 () 2 72. 49 1 150. 40 1 222. 89 2019年1月31日-2月4日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権() 7 69. 55 1 164. 44 1 233. 99 2018年12月19日-23日 () 2 74. 96 2 154. 75 2 229. 71 2018年12月5日-9日 () 2 74. 43 2 140. 77 2 215. 20 2018年10月10日-13日 () 1 74. 19 1 146. 81 1 221. 00 2018年9月5日-8日 () 1 74. 74 1 146. 70 1 221. 44 2017-2018 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2018年3月5日-11日 () 1 72. 03 1 153. 49 1 225. 52 2018年2月19日-23日 ジュニア() 6 65. 78 1 143. 14 2 208. 92 2018年1月23日-26日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権() 1 74. 25 3 137. 84 1 212. 09 2017年12月7日-10日 () 1 73. 25 2 132. 36 1 205. 61 2017年9月20日-23日 () 1 69. 72 1 126. 60 1 196. 32 2017年8月23日-26日 () 1 65. 57 1 132. 12 1 197. 69 2016-2017 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2017年3月3日-7日 ロシアフィギュアスケートノービス選手権年長() 2 63. 64 4 120. 19 3 240. 67 2017年2月13日-17日 ジュニア() 6 65. 14 3 125. 75 3 190. 89 2017年2月3日-5日 ロシアジュニアフィギュアスケート選手権() 6 64. 95 4 129. 65 4 194. 60 2015-2016 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2016年3月3日-7日 ロシアフィギュアスケートノービス選手権年長() 2 62. 15 7 106. 69 5 221. 24 2015年11月18日-22日 ノービスクラス() 5 36. 23 1 76. 88 2 113. 11 2014-2015 シーズン 開催日 大会名 SP FS 結果 2015年3月19日-23日 ロシアフィギュアスケートノービス選手権年少() 2 49. 37 2 77. 82 3 173. 演奏:• My Immortal 演奏:• Spontaneous Me 演奏: 2014—2015 Mexican Hat Dance 演奏: 脚注 [ ] []• sanspo. com 産経新聞社. 2018年3月11日. 2018年3月20日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2018年3月11日. 2018年3月20日閲覧。 毎日新聞 毎日新聞社. 2018年3月11日. 2018年3月20日閲覧。 ロシアフィギュアスケート連盟• ロシアフィギュアスケート連盟• ロシアフィギュアスケート連盟• ロシアフィギュアスケート連盟• ロシアフィギュアスケート連盟 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• (ロシア語)• avtrusova -• - - 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013-2014:• 2015:• 2016:• 2017:• 2018-2019: 1973-1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979: 非開催• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002-2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008-2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2013:• 2014:• 2015:• 2016:• 2017:•

次の