さいたま 市 西区 郵便 番号。 埼玉県さいたま市西区の郵便番号一覧、住所・地名の読み方

エステート白馬南浦和店 埼玉県さいたま市 西区大字佐知川 大宮駅 戸建情報

さいたま 市 西区 郵便 番号

地理 [ ] 埼玉県東部、さいたま市西区北東部の上に位置し 、北部および東部には低地があり、そこをが流れ、概ねとの境界を成している。 地区の東側を上尾市大字、南側を大字内野本郷、西側を大字清河寺、北側を上尾市大字やと隣接する。 また、左岸側の河川区域内、のすぐ北側に由来の飛地が所在し 、北側を大字の飛地、南側を大字、西端で大字古谷上と隣接し、南側をが流れる。 この飛地ほかその北側の市境沿いに大小多数ある西区の大字の飛地群は、西新井と同様にかつての指扇領の13の村々が領有していた入会地の名残である。 耕作地の多い農業地域で、大宮花の丘農林公苑や「西新井ふるさとの緑の景観地」などの自然が多く残る。 北西側は雑木林を開発して造成した 西新井団地と称する纏まったがある。 歴史 [ ] もとはより存在した指扇領に属する新井村で、古くは中世末期頃より存在した内野郷水判土荘(みずはたのしょう)に属されていたと云われている。 村高は年間の『武蔵国田園簿』では75石(田33町余、畑41町余、野銭永1貫230文)、『元禄郷帳』では100石余で以降は変化なしであった。 は中山道上尾宿に出役していたが、・年間は日光御成街道大門宿にも出役していた。 の世帯数は21軒で、村の規模は東西10、南北10町であった。 地名の由来は新井の「井(イ)」には広くは開墾集落を意味していることから、新たな開墾集落を意味するものと思われる。 沿いに下谷原入会地を領していた。 (18年)のは、(元年)よりとなる。 (9年)より知行は旗本山内氏。 1689年(2年)より再び幕府領となる。 なお、は元禄7年に実施。 また、入会地の検地は元年に実施。 (11年)より上尾宿寄場64か村組合に所属。 (4年) - 第1次により埼玉県の管轄となる。 (明治12年) - により成立したに属す。 郡役所はに設置。 それに伴い、郡内に同名の村(現、)が存在したため西を冠称して 西新井村となる。 (明治22年) - 施行に伴い、指扇村・宝来村・峰岸村・内野本郷村・西新井村・中釘村・清河寺村・高木村・指扇領辻村・指扇領別所村が合併してが成立。 指扇村の大字 西新井となる。 (15年) - 西新井のほか、その周辺で大旋風()が発生 、西新井では重軽傷者15名、家屋被害19棟(全壊13棟、半壊6棟)の被害を出す。 (30年) - が・・・・とともにへ編入され 、大宮市の大字となる。 (9年) - 地区内に大宮花の丘農林公苑の造成に着手する。 (平成12年)10月 - 大宮花の丘農林公苑が完成する。 (平成13年) - 大宮市が、、と合併しとなり、さいたま市の大字となる。 (平成15年) - さいたま市がに移行しさいたま市の大字となる。 (平成22年) - 地区内にが暫定2車線で開通する。 新井村に存在していた小字 [ ]• 西久保• 走り下• 牛沼 世帯数と人口 [ ] (平成31年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 西新井 277世帯 641人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 番地 小学校 中学校 全域 交通 [ ]• 地区内に鉄道は敷設されていないが、最寄駅としてはなどが近い。 道路 [ ]• 歩道橋の「西新井あおぞら橋」・「花の丘ふれあい橋」・「清河寺きよらか橋」が架かる。 花の丘通り バス [ ] 方面のが運行されている。 は西新井方面へ運行されないが、替わりにの運行を実施している。 また、当地域は上尾市域に属さないが、上尾市コミュニティバス「」が地区内に乗り入れている。 東武バスウエスト大宮営業事務所 地区内は「公民館」、「花の丘通り」、「花の丘」停留所が設置されている。 さいたま市乗合タクシー「あじさい号」 地区内は「西新井団地」、「西新井自治会館」、「清河寺団地入口」停留所が設置されている。 上尾市コミュニティバス「ぐるっとくん」• 大谷循環 地区内は「花の丘公園」、「西新井」停留所が設置されている。 施設など [ ] かつては臨済宗新養寺があり、年間には寺子屋が開設されていたが、明治初年に廃寺廃寺となった。 - 所在地は西新井だが、敷地の約半分が上尾市である。 緑のふるさとセンター• 西新井稲荷神社• 妙陽堂• 西新井団地• 大宮国際カントリークラブ - 飛び地に所在• 西新井ふるさとの緑の景観地。 脚注 [ ] []• さいたま市 2019年7月2日. 2019年7月14日閲覧。 2019年7月14日閲覧。 総務省. 2019年7月14日閲覧。 960頁。 総務省消防庁. 2019年7月14日閲覧。 1420頁。 さいたま市 2018年10月1日. 2019年8月5日閲覧。 1388頁。 さいたま市 2019年4月1日. 2019年7月14日閲覧。 - 東武バス. 2019年7月14日閲覧。 さいたま市 2019年3月4日. 2019年7月14日閲覧。 - 上尾市役所. 2019年7月14日閲覧。 - 埼玉県庁(2018年1月30日). 2019年7月14日閲覧 参考文献 [ ]• 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。 : 、。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - さいたま市• - さいたま市 上尾市 上尾市 西新井.

次の

宝来 (さいたま市)

さいたま 市 西区 郵便 番号

地理 [ ] さいたま市西区北西部の古(かつての)が作り出した(荒川低地)上に位置する南北に長い平坦な区域である。 地内には古荒川によってできた南北に延びるも見られる。 地区外の東域には(指扇支台)の崖線が南北に延びる。 中央を宝来川が南北に流れ、南側はが東西に流れ下り、西側には荒川の河川区域を隔てるが南北に築かれていて、それにすぐ東側に平行するように西堀川が流れる。 東側を大字や大字や大字、南側を大字やや大字、北側を上尾市大字や大字と接する。 また、西側はかつて指扇地区に属する大字のや由来の郡を隔てた向う側に大字がある。 北西側に離れた場所に周囲を上尾市および川越市に囲まれたさいたま市の飛地で、大字宝来に属する大きく纏まった飛地 があり、その中央を、西端を荒川が流れる。 地内の荒川堤防ではさいたま築堤事業によって、堤防のかさ上げ工事が実施されている。 土地利用としては北部はであり、ごみ処理場などの公共施設や住宅などが混在するされたの割合が多い農地で、や滝沼川を隔てた南部は に指定され、に近く都市化しており、専らとなっている。 堤外地()に位置する飛地では農地のほか、運動公園やゴルフ場などのレクレーション施設として利用されている。 地内にかつての内囲堤の跡が道路 として見て取れる。 歴史 [ ] もとはより存在した指扇領に属する 上宝来村および 下宝来村で、古くは末期頃より見出せる橘荘 に属していたと云われている。 現在の大字宝来の上宝来村は北半分、下宝来村は南半分に相当する。 また、古くは寛永〜正保期(1624年〜1648年)頃 は一帯は 宝来野(ほうらいや)と称されるで、宝来野には差扇(指扇)領の13ヶ村入会の場があった。 宝来は蓬莱とも記されていた。 (2年)指扇領の領主である山内豊前守が荒川の岸際に水除堤を築き、宝来野を開墾して上宝来村・下宝来村を村立てた。 期(1818年〜1831年)には流域沿いに宝来野の残部の原野が存在していた。 村高は年間の『武蔵国田園簿』では宝来村として野高106余、『元禄郷帳』では上宝来村では155石余、下宝来村では483石余、『』では上宝来村では158石余、下宝来村では492石余であった。 は両村ともに出役していたが幕末はにも出役していた。 の世帯数は上宝来村は15軒、下宝来村は62軒で、村の規模は上宝来村は東西20町、南北10町、下宝来村は東西3町、南北20町余であった。 村名は新村を村立てた際、その前途を祝す意味を込めて名付けたという ()。 荒川に近く東は大宮台地に挟まれた低地に属する地域で、・・・・年間に大水が発生して田が冠水するなど 、古くから水害の常襲地帯であった。 荒川の水防のための荒川水除堤が設けられていたが、台地縁から流入する水の排水の障害にもなり、悪水堀の開削や悪水吐圦樋()が水除堤に複数設けられていた。 はじめは両村ともは山内氏、(2年)より、以降変遷なし。 は1694年(7年)に実施。 荒川沿いに上宝来村の下谷原や、下宝来村の下谷原・千石原・広野・広谷・八百野などにがあり、検地は(元年)に実施。 (11年)より両村とも大宮宿寄場55か村組合に所属していた。 (4年) - 第1次により埼玉県の管轄となる。 (明治6年) - の実施により、下宝来村の地内にある明現寺の跡地に宝来学校(現)が開校する。 なお、明現寺には江戸後期より寺子屋が開設されていた。 (明治7年) - 上宝来村と下宝来村が合併し、 宝来村となる。 (明治12年) - により成立したに属す。 郡役所は浦和宿に設置。 (明治22年) - 施行に伴い、指扇村・宝来村・峯岸村・内野本郷村・西新井村・中釘村・清河寺村・高木村・指扇領辻村・指扇領別所村が合併してが成立。 指扇村の大字 宝来となる。 (明治40年)8月 - 荒川の宝来堤で越水し洪水が発生、91戸中87戸の床上浸水や、田畑冠水の被害を出す。 (明治43年)8月 - 荒川の宝来堤が決壊 、全戸が床上浸水し、17戸の家屋が流失、6戸が倒壊、8名の溺死者や640名の羅災者が発生するなど1907年の水害を上回る被害を出す。 (15年) - (現)が開業し、地内にが開設される。 (昭和30年) - 指扇村が・・・・とともにに編入される。 大宮市の大字となる。 (昭和44年)4月 - 地内に老人福祉センター西楽園(現、健康福祉センター西楽園)が開設される• (昭和48年) - 地内にさしおうぎ幼稚園が開園する• (8年) - 地内に健康福祉センター「西楽園」が開設される• (平成10年)10月 - 地内にが開通する。 (平成13年) - 浦和市、大宮市、が合併しとなり、さいたま市の大字となる。 (平成15年) - さいたま市がに移行し、さいたま市の大字となる。 (平成27年)5月 - 指扇駅の橋上駅化に伴い北口が開設され、北口駅前広場が整備される。 (平成30年)4月 - さいたま市宝来グラウンド・ゴルフ場が開設される。 宝来村に存在していた小字 [ ]• 上仲田• 根岸前• 下仲田• 槐(さいかち)• 八反田• 葭谷(よしや)• 一丁田 世帯数と人口 [ ] (平成31年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 宝来 1,796世帯 3,837人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 番地 小学校 中学校 1〜759、861〜928 760〜860、929以降 交通 [ ]• 道路 [ ]• 宝来インターチェンジ• - 旧、県道井戸木中野林浦和線• 扇通り - 西大宮バイパスの北側を平行し、宝来インターチェンジに至る通り。 - 堤防のを通る。 バス [ ] 指扇駅北口方面からのが運行されている。 ・ 地区内は「宝来」、「下宝来」、「指扇駅北口」停留所が設置されている。 地区内は「指扇駅」停留所が設置されている ・ 地区内はからを経由して同線に至る「西区コミュニティバス」(西区役所線)の路線が通り、「指扇駅」、「指扇別所」、「宝来指扇」、「指扇病院」停留所が設置されている。 また、西区指扇地区乗合タクシー「あじさい号」の運行も平日限定で実施しており、地区内は「西楽園」、「宝来グラウンド・ゴルフ場」、「トワーム指扇北」、「共栄繊維」、「中宝来自治会館」、「指扇幼稚園」、「大宮ハイツ入口」、「指扇駅北口」。 「ライフ前」、「やおかつ前」、「指扇病院」停留所が設置されている。 地域 [ ] 寺社 [ ] かつては旧下宝来村に享保期創設の天台宗明現寺もあった。 八雲神社• 宝来神明社 - 市指定有形文化財の「宝来神明社銅鏡」を所蔵していた。 実物はに展示。 福寿庵百観音 - 市指定有形民俗文化財• 稲荷社 - 地内の荒川の堤防付近に二ヶ所所在する 公園・緑地 [ ]• 宝来運動公園(一部)• 東京機器健康保険組合運動場(一部)• 宝来公園• 葭野公園 - あしや公園• 宝来水路公園• 下宝来児童遊園• 中宝来公園• 滝沼宝来広場• 大宮石橋公園• さいたま市宝来グラウンド・ゴルフ場 施設など [ ] 地区の南部は指扇駅前に位置しており、その周辺を中心に多くの商業施設が立地する。 指扇駅前交番• 指扇支店• さいたま市 健康福祉センター 西楽園• 西部環境センター - ごみ処理場• 西貝塚環境センター - 上尾市のごみ処理施設。 所在地は上尾市大字西貝塚だが、実際の施設の立地場所は宝来である。 北部配水場• 指扇中継ポンプ場• さしおうぎ幼稚園• 埼玉自動車教習所• 県営大宮宝来団地• 穂積自治会館• 中宝来自治会館• 下宝来自治会館• 大宮国際カントリークラブ - クラブハウスが立地。 は一部が飛地に位置する。 指扇第一・第二横堤()• 滝沼川第一遊水地• 滝沼川排水機場・大圦樋管• 宝来樋管 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• さいたま市 2019年7月2日. 2019年8月15日閲覧。 2019年8月15日閲覧。 総務省. 2019年8月15日閲覧。 荒川上流河川事務所. 2019年9月26日閲覧。 2019年8月15日閲覧。 545頁。 58-61頁。 韮塚一三郎『』北辰図書出版、1971年6月20日、49頁。 公益社団法人日本河川協会 彩の川研究会. 37-38. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市立指扇小学校. 2019年8月15日閲覧。 資料7頁。 407頁。 1420頁。 さいたま市役所 2018年10月1日. 2019年8月15日閲覧。 資料29頁。 さいたま市役所. 189 2017年12月. 2019年8月9日閲覧。 1389頁。 さいたま市 2019年4月1日. 2019年8月1日閲覧。 外部リンク節の『さいたま市地図情報』によるとと表示。 - 東武バス. 2019年8月6日閲覧。 - 東武バス. 2019年8月15日閲覧。 - 西武バス. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市 2018年6月19日. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市 2019年3月4日. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市役所 2016年8月8日. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市役所 2016年9月12日. 2019年8月15日閲覧。 参考文献 [ ]• 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。 : 、。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - さいたま市• - さいたま市• - さいたま市 ・ 指扇地区の大字の飛地群 (指扇・指扇領別所 ・指扇領辻・宝来〈飛地〉 ・・・ ・・) ・ 宝来 ・ ・.

次の

保健所管轄区域案内 埼玉県|厚生労働省

さいたま 市 西区 郵便 番号

地理 [ ] さいたま市西区北西部の古(かつての)が作り出した(荒川低地)上に位置する南北に長い平坦な区域である。 地内には古荒川によってできた南北に延びるも見られる。 地区外の東域には(指扇支台)の崖線が南北に延びる。 中央を宝来川が南北に流れ、南側はが東西に流れ下り、西側には荒川の河川区域を隔てるが南北に築かれていて、それにすぐ東側に平行するように西堀川が流れる。 東側を大字や大字や大字、南側を大字やや大字、北側を上尾市大字や大字と接する。 また、西側はかつて指扇地区に属する大字のや由来の郡を隔てた向う側に大字がある。 北西側に離れた場所に周囲を上尾市および川越市に囲まれたさいたま市の飛地で、大字宝来に属する大きく纏まった飛地 があり、その中央を、西端を荒川が流れる。 地内の荒川堤防ではさいたま築堤事業によって、堤防のかさ上げ工事が実施されている。 土地利用としては北部はであり、ごみ処理場などの公共施設や住宅などが混在するされたの割合が多い農地で、や滝沼川を隔てた南部は に指定され、に近く都市化しており、専らとなっている。 堤外地()に位置する飛地では農地のほか、運動公園やゴルフ場などのレクレーション施設として利用されている。 地内にかつての内囲堤の跡が道路 として見て取れる。 歴史 [ ] もとはより存在した指扇領に属する 上宝来村および 下宝来村で、古くは末期頃より見出せる橘荘 に属していたと云われている。 現在の大字宝来の上宝来村は北半分、下宝来村は南半分に相当する。 また、古くは寛永〜正保期(1624年〜1648年)頃 は一帯は 宝来野(ほうらいや)と称されるで、宝来野には差扇(指扇)領の13ヶ村入会の場があった。 宝来は蓬莱とも記されていた。 (2年)指扇領の領主である山内豊前守が荒川の岸際に水除堤を築き、宝来野を開墾して上宝来村・下宝来村を村立てた。 期(1818年〜1831年)には流域沿いに宝来野の残部の原野が存在していた。 村高は年間の『武蔵国田園簿』では宝来村として野高106余、『元禄郷帳』では上宝来村では155石余、下宝来村では483石余、『』では上宝来村では158石余、下宝来村では492石余であった。 は両村ともに出役していたが幕末はにも出役していた。 の世帯数は上宝来村は15軒、下宝来村は62軒で、村の規模は上宝来村は東西20町、南北10町、下宝来村は東西3町、南北20町余であった。 村名は新村を村立てた際、その前途を祝す意味を込めて名付けたという ()。 荒川に近く東は大宮台地に挟まれた低地に属する地域で、・・・・年間に大水が発生して田が冠水するなど 、古くから水害の常襲地帯であった。 荒川の水防のための荒川水除堤が設けられていたが、台地縁から流入する水の排水の障害にもなり、悪水堀の開削や悪水吐圦樋()が水除堤に複数設けられていた。 はじめは両村ともは山内氏、(2年)より、以降変遷なし。 は1694年(7年)に実施。 荒川沿いに上宝来村の下谷原や、下宝来村の下谷原・千石原・広野・広谷・八百野などにがあり、検地は(元年)に実施。 (11年)より両村とも大宮宿寄場55か村組合に所属していた。 (4年) - 第1次により埼玉県の管轄となる。 (明治6年) - の実施により、下宝来村の地内にある明現寺の跡地に宝来学校(現)が開校する。 なお、明現寺には江戸後期より寺子屋が開設されていた。 (明治7年) - 上宝来村と下宝来村が合併し、 宝来村となる。 (明治12年) - により成立したに属す。 郡役所は浦和宿に設置。 (明治22年) - 施行に伴い、指扇村・宝来村・峯岸村・内野本郷村・西新井村・中釘村・清河寺村・高木村・指扇領辻村・指扇領別所村が合併してが成立。 指扇村の大字 宝来となる。 (明治40年)8月 - 荒川の宝来堤で越水し洪水が発生、91戸中87戸の床上浸水や、田畑冠水の被害を出す。 (明治43年)8月 - 荒川の宝来堤が決壊 、全戸が床上浸水し、17戸の家屋が流失、6戸が倒壊、8名の溺死者や640名の羅災者が発生するなど1907年の水害を上回る被害を出す。 (15年) - (現)が開業し、地内にが開設される。 (昭和30年) - 指扇村が・・・・とともにに編入される。 大宮市の大字となる。 (昭和44年)4月 - 地内に老人福祉センター西楽園(現、健康福祉センター西楽園)が開設される• (昭和48年) - 地内にさしおうぎ幼稚園が開園する• (8年) - 地内に健康福祉センター「西楽園」が開設される• (平成10年)10月 - 地内にが開通する。 (平成13年) - 浦和市、大宮市、が合併しとなり、さいたま市の大字となる。 (平成15年) - さいたま市がに移行し、さいたま市の大字となる。 (平成27年)5月 - 指扇駅の橋上駅化に伴い北口が開設され、北口駅前広場が整備される。 (平成30年)4月 - さいたま市宝来グラウンド・ゴルフ場が開設される。 宝来村に存在していた小字 [ ]• 上仲田• 根岸前• 下仲田• 槐(さいかち)• 八反田• 葭谷(よしや)• 一丁田 世帯数と人口 [ ] (平成31年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 宝来 1,796世帯 3,837人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 番地 小学校 中学校 1〜759、861〜928 760〜860、929以降 交通 [ ]• 道路 [ ]• 宝来インターチェンジ• - 旧、県道井戸木中野林浦和線• 扇通り - 西大宮バイパスの北側を平行し、宝来インターチェンジに至る通り。 - 堤防のを通る。 バス [ ] 指扇駅北口方面からのが運行されている。 ・ 地区内は「宝来」、「下宝来」、「指扇駅北口」停留所が設置されている。 地区内は「指扇駅」停留所が設置されている ・ 地区内はからを経由して同線に至る「西区コミュニティバス」(西区役所線)の路線が通り、「指扇駅」、「指扇別所」、「宝来指扇」、「指扇病院」停留所が設置されている。 また、西区指扇地区乗合タクシー「あじさい号」の運行も平日限定で実施しており、地区内は「西楽園」、「宝来グラウンド・ゴルフ場」、「トワーム指扇北」、「共栄繊維」、「中宝来自治会館」、「指扇幼稚園」、「大宮ハイツ入口」、「指扇駅北口」。 「ライフ前」、「やおかつ前」、「指扇病院」停留所が設置されている。 地域 [ ] 寺社 [ ] かつては旧下宝来村に享保期創設の天台宗明現寺もあった。 八雲神社• 宝来神明社 - 市指定有形文化財の「宝来神明社銅鏡」を所蔵していた。 実物はに展示。 福寿庵百観音 - 市指定有形民俗文化財• 稲荷社 - 地内の荒川の堤防付近に二ヶ所所在する 公園・緑地 [ ]• 宝来運動公園(一部)• 東京機器健康保険組合運動場(一部)• 宝来公園• 葭野公園 - あしや公園• 宝来水路公園• 下宝来児童遊園• 中宝来公園• 滝沼宝来広場• 大宮石橋公園• さいたま市宝来グラウンド・ゴルフ場 施設など [ ] 地区の南部は指扇駅前に位置しており、その周辺を中心に多くの商業施設が立地する。 指扇駅前交番• 指扇支店• さいたま市 健康福祉センター 西楽園• 西部環境センター - ごみ処理場• 西貝塚環境センター - 上尾市のごみ処理施設。 所在地は上尾市大字西貝塚だが、実際の施設の立地場所は宝来である。 北部配水場• 指扇中継ポンプ場• さしおうぎ幼稚園• 埼玉自動車教習所• 県営大宮宝来団地• 穂積自治会館• 中宝来自治会館• 下宝来自治会館• 大宮国際カントリークラブ - クラブハウスが立地。 は一部が飛地に位置する。 指扇第一・第二横堤()• 滝沼川第一遊水地• 滝沼川排水機場・大圦樋管• 宝来樋管 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• さいたま市 2019年7月2日. 2019年8月15日閲覧。 2019年8月15日閲覧。 総務省. 2019年8月15日閲覧。 荒川上流河川事務所. 2019年9月26日閲覧。 2019年8月15日閲覧。 545頁。 58-61頁。 韮塚一三郎『』北辰図書出版、1971年6月20日、49頁。 公益社団法人日本河川協会 彩の川研究会. 37-38. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市立指扇小学校. 2019年8月15日閲覧。 資料7頁。 407頁。 1420頁。 さいたま市役所 2018年10月1日. 2019年8月15日閲覧。 資料29頁。 さいたま市役所. 189 2017年12月. 2019年8月9日閲覧。 1389頁。 さいたま市 2019年4月1日. 2019年8月1日閲覧。 外部リンク節の『さいたま市地図情報』によるとと表示。 - 東武バス. 2019年8月6日閲覧。 - 東武バス. 2019年8月15日閲覧。 - 西武バス. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市 2018年6月19日. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市 2019年3月4日. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市役所 2016年8月8日. 2019年8月15日閲覧。 さいたま市役所 2016年9月12日. 2019年8月15日閲覧。 参考文献 [ ]• 「角川日本地名大辞典」編纂委員会『 11 埼玉県』角川書店、1980年7月8日。 『大宮のむかしといま』大宮市、1980年11月3日。 : 、。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - さいたま市• - さいたま市• - さいたま市 ・ 指扇地区の大字の飛地群 (指扇・指扇領別所 ・指扇領辻・宝来〈飛地〉 ・・・ ・・) ・ 宝来 ・ ・.

次の