ゆき や scp。 SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します【初心者向け】

ゆきやの最新動画|YouTubeランキング

ゆき や scp

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 が含まれているおそれがあります。 ( 2019年8月)• を満たしていないおそれがあります。 ( 2019年8月) SCP — Containment Breach Joonas Rikkonen 通称Regalis 初版 2012年4月15日 (8年前) ( 2012-04-15) 最新版 1. 1 to 0. 2 種別 、 公式サイト 『 SCP — Containment Breach』(エスシーピー コンテインメント・ブリーチ)は、Joonas Rikkonen(Regails)が開発したの超自然ホラーゲーム。 本作品はであり、のウェブサイトに掲載されている超常的な架空の物語(報告書)をベースにしている。 一人称視点でプレイする3Dゲームである本作の主人公は科学的アノマリー(異常)の収容・研究に専念する施設の人間の被験者であり 、完全なセキュリティ違反が生じ、収容されていた危険なアノマリーの脱走につながった状況下の地下のSCP収容センターからの脱出を目指す。 本作は既存の部屋や廊下のランダムで選択されそれらが繋ぎ合わさり施設を構成するプロシージャル生成のプレイエリアを特徴としている。 日本においては主にで実況されており、一部で地味な人気がある。 また未翻訳であり日本語版は存在しない。 ゲームプレイ [ ] プレイヤーキャラクターはD-9341に指定された「クラスD」職員のベンジャミン・オリバー・ウォーカー(Benjamin Oliver Walker)(「らせん状のゲシュタルト(spiral gestalt)」として知られるSCPの違法研究を行ったことで拘束されたレベル4の研究者)であり、「SCP」と呼ばれる危険なアノマリー達が徘徊する地下研究・収容施設からの脱出を目指す。 序盤、主人公はいくつかの指示を受けるのだが、それを無視した場合は毒ガスによって処刑 終了 される。 プレイヤーは数々の敵対的なSCPに追われることとなり、それらの中で主要な敵は、「SCP-173」である。 死を避けるために他のSCPと同様に173から逃げなければならないが、プレイヤーはゲーム中に定期的にまばたきをしなければならず、このSCPはまばたきの一瞬でも距離を詰めてくるため、173が付近にいる際のまばたきは173に攻撃できる隙を与えてしまうため対処がより困難である。 また、特定の環境(除染ガスが充満する部屋など)ではプレイヤーのまばたきの頻度が増える。 その他のSCPとして普段は大人しいが顔を見られた場合に興奮し始め、顔を見た人間(プレイヤー)を追いかけて殺害する SCP-096が登場する。 ゲームの主な特徴の一つがランダム生成の部屋である。 ゲームの部屋のすべてが廊下、チェンバー、オフィスのセットからランダムに選ばれそれらが繋ぎ合わさり施設を構成している。 これらの部屋は三種類の舞台(軽度収容ゾーン、重度収容ゾーン、エントランスゾーン)に分かれており、各舞台には、ランダム生成が可能な独自の部屋・廊下及び独自のアーティファクトとSCPが含まれている。 SCP-173とSCP-106などの一部のSCPは施設全体に出現し得る。 プレイヤーがゲームを進めるに従ってゾーンは次第により過酷になっていく。 これらの兵士はチームで行動しこちらを見つけ次第発砲してくるため、ゲーム中に遭遇する最も危険な敵の一つとなっている。 道中でプレイヤーはサバイバルに役立つ様々なアイテムを見つけられる。 それらにはガスマスク、様々な電子機器、バッテリー、ロックされたドアを開くための様々なレベルのキーカードなどがある。 また、良性または動かないSCPにも遭遇する(例としてSCP-914は大型のぜんまい仕掛けの機械であり、プレイヤーが挿入したアイテムを起動前の設定に基づきより優れたまたはより劣化したバージョンに精製する)。 プロット [ ] 本作は世界の正常性を脅かす異常なアーティファクト、存在、場所の収容が専門の秘密組織「SCP財団」を中心に展開する。 本作の出来事以前に、財団を離反した集団「カオス・インサージェンシー」 が財団の収容サイト数ヶ所を攻撃したため多くのSCP(組織が収容するアノマリーの名称)を未詳のサイトへと移動させることを余儀なくされた。 その後まもなくしてあらゆる収容違反の可能性からこのサイトを防衛するために財団の「九尾の狐」が設立された。 プレイヤーはDクラス被験者(通常は財団に徴用された死刑囚 )であるD-9341を操作する。 D-9341は他の2人の被験者と共に、人から直視されていない時に高速で移動し首の骨を折ったり絞殺したりして攻撃するコンクリートの彫像SCP-173の実験を行うことを強制された。 顔を見られたためにプレイヤーを攻撃するSCP-096 この実験手順の最中、サイトの電力とドア制御システムが故障し始めたことでSCP-173が他の2人の被験者を殺害し換気システムへと脱出し、D-9341はプレイヤーの操作で収容チェンバーから脱出した。 その後、数体のSCPが収容違反したことを伝える放送がサイト全体に流れ、サイトが強制的に封鎖状態になった。 プレイヤーはその後D-9341を導いて施設を探索しつつ、施設内をうろつく脱走した複数のSCPからの生き残りを図らなければならない。 脱走SCPにはSCP-106(物質を通り抜けることができる腐敗した老人のような存在で、殺害するためにプレイヤーをポケットディメンションに引きずり込もうとする)やSCP-096(人型のクリーチャーで自身の顔を見られた場合にプレイヤーを不可避的に追いかけ殺害するが、顔を見られさえしなければ大人しい)がいる。 加えて、SCP再確保のために配備された九尾の狐の兵士達は彷徨うクラスD職員を標的にし殺害する指令を受けているためプレイヤーは彼らを避けなければならない。 ゲームの後半では、プレイヤーはマイクロコンピュータに棲む悪意ある人工知能SCP-079 に遭遇し、カオス・インサージェンシーのスパイ数名が施設の制御を079に与えたことで079が停電を引き起こし、財団が再収容に追われることになったと知った。 以降、SCP-079はプレイヤーに対し、プレイヤーがドア制御システムを再起動してドアの制御を079が取り戻せるようにするのと引き換えにプレイヤーの施設脱出を手助けするとの提案をした。 プレイヤーがドア制御システムを再度有効にした場合、SCP-079はゲートAとゲートBの二つの出口への扉を開く。 そこから異なる4種類のエンディングに到達できる。 第1・第2エンディングはゲートBを通って施設を脱出することで到達できる。 地上へとたどり着くと、SCP-682(SCP財団が何度も終了を試みた高速な再生能力を持つほぼ破壊不可能な巨大な爬虫類のクリーチャー)がゲートB付近から施設を脱出し、収容の最終手段として対象を破壊するために基地に置かれている核弾頭が起爆することを伝える警報が鳴り響いた。 その直後、核弾頭が起爆しD-9341を含むエリア全体を蒸発させる。 エンディング画面で通信士が爆心地の残骸を偵察するタスクフォースの配備を要求する無線伝送が聞こえる。 しかし伝送は途中で大きな咆哮が聞こえた時に中断され、核爆発によるSCP-682の破壊が成功しなかったことを示唆している。 第二のエンディングはプレイヤーが施設内にいる際に核弾頭を無効化した場合に生じる。 全戦闘要員にゲートBに戻るように知らせる別の警報が発信され、兵士の集団がプレイヤーの位置に集結する。 これにより兵士達の発砲でプレイヤーは死亡する。 最後の二つのエンディングはゲートAという名の別の出口を通ることで到達でき、施設にいる際にプレイヤーがSCP-106を再収容したかどうかでエンディングが変化する。 プレイヤーが上記のタスクを実行していない場合、SCP-106がゲートAから脱出しようとしたが、その後逃走防止用にH. High-Intensity Discharge、高輝度放電)タレットと呼ばれる武器の使用が許可された。 タレットが集中光線を発射し、光に敏感な性質を持つSCP-106は撤退を余儀なくされた。 この間にプレイヤーは騒乱を通り過ぎサービストンネルを通って脱出しようとするが、カオス・インサージェンシーの兵士の集団によって阻止された。 兵士達はD-9341は「彼ら(財団)にお前(D-9341)を捕まえさせるにはあまりにも多くのことを知りすぎている」と話し連れ去った。 その後の彼の運命は不明である。 最後に、プレイヤーがSCP-106を収容していた場合、その後数名のタスクフォースの部隊が代わりにD-9341を捕縛する。 エンディング画面ではD-9341についての報告記録が流れ、収容違反により生じたあらゆる危険な脅威を乗り越えた彼の特異な幸運と能力について言及され、D-9341をSCP対象として分類することも検討された。 制作 [ ] 本作はフィンランドの開発者Joonas Rikkonenが制作した。 SCP — Containment Breachの制作前にRikkonenはゲーム『SCP-087』(終わりのないように思える階段とそこに潜む謎の存在)をプレイし、ゲームが比較的シンプルな前提を与えられていることの恐ろしさに感銘を受けた。 Rikkonenは彼独自のバージョンに取り組むことに決め、『SCP-087-B』として公開した。 このミニゲームは最終的に非常に人気を博し、彼はより多くのSCPが登場するより大規模なゲームに取り組むことを決めた。 RikkonenはBlitz3Dで彼のゲームの制作を開始した。 その理由は彼の言葉で「他の言語やエンジンの学習を始めるのはかなり面倒くさかった」ためである。 ゲームの設計時にRikkonenは個人的に好きなSCPでありまばたきの要素をプログラムに実装することはゲームをより面白くすると感じたことからメインの敵をSCP-173に決めた。 Rikkonenは本当に怖いゲームを作成する最良の方法は、モンスターだけではなく環境と音風景に焦点を合わせることだと感じたため、ゲームは非常に雰囲気がある。 雑誌Edgeのインタビューで彼は以下のように述べた: Containment Breachを非常に恐ろしいものにしていることの1つは、プレイヤーがほとんど安全ではないことであり、わずかな不注意でもゲームが終了する可能性があることです。 絶えずSCP-173を警戒し、擦れる音を聞き、新しい部屋に入るときは注意深く見回す必要があります。 ランダムに生成されたマップとランダムに配置されたイベントもCBを恐ろしいものにする重要な部分です。 何回プレイしても、次に何が起こるかを100%確信することはできません。 また、ゲームのサウンドとミュージッククリップを探し制作するのに多くの時間を費やしました。 雰囲気は優れたホラーゲームの重要な要素の1つであり、よく作られた音風景は雰囲気に多くの要素を追加します。 Rikkonenは「人々を怖がらせるための幾分かチープな方法」であるとわかっていたが、「プレイヤーを用心させておく」ために彼は多くのを実装した。 彼は「見ていない時に不可思議な速さで接近してくるクリーチャーについてのゲームを作る場合には大体多少のジャンプスケアが必要になる」と説明した。 Rikkonenが最初にこのゲームに取り組み始めた時、彼は高等学校を卒業していた。 彼はゲームの制作を楽しんだ一方で、ゲーム制作を単なる「趣味」で「夢物語」であるといつも考えていた。 しかし、ゲームの成功後Rikkonenはトゥルク大学でゲームプログラミングを追い求めることに決めた [ ]。 3とv1. 11の間に独立ゲーム開発者グループ「Third Subvision Studio」がRegailsがSCP — Containment Breachに取り組むのを支援した。 Third Subvisionはまたプレイヤー役を九尾の狐のエージェントの一人と交代するゲームのmod『 SCP - Nine-Tailed Fox』も制作した。 評価 [ ] 本作は概ね好意的な評価を得た。 はこのゲームに好意的なレビューを行い、本作を「安っぽいクリーチャーをキャストするローエンドのBlitz3Dエンジンで作られたインディー作品」と評したが、「どういうわけか最近の高額予算のホラーゲームを組み合わせた場合よりも怖くなっている」と付け加えた。 は、ゲームは「完璧ではなく未だに少しバグがある」が、それにもかかわらず「言葉にならないきしむような恐怖のシリアスな瞬間がある」と記述した。 GeekInsiderのニコラス・グリーンはゲームプレイについて積極的に書き、特にまばたきタイマーの使用を称賛した。 グリーンはまた、ゲームの「幾分か時代遅れの外見は恐怖を軽減させることに全くならない」と特に言及した。 本作はPC Gamerのベスト無料PCゲームトップ50の22位に取り上げられ、「SCP — Containment Breachのパワーは影の組織が閉じ込めている怪異とモンスターについて創案された一連のインターネットの物語であるSCP伝説を利用していることで倍増している」と述べた。 2013年後半のバージョン0. 8のリリースと共に、PC Gamerのイアン・バーンバウムは本作を「とても怖い」と呼びサイト上で再び称賛を繰り返した。 脚注 [ ]• Rikkonen, Joonas. 2017年11月8日閲覧。 scpcbgame. com. 2016年11月17日閲覧。 2013年12月10日閲覧。 Adam Smith 2012年4月19日. 2012年9月17日閲覧。 In the wiki, SCP-173 if the person breaks eye contact with it. 2012年10月31日. 2016年11月17日閲覧。 2019年5月30日閲覧。 2018年3月13日閲覧。 The Administrator 2008年7月30日. 2013年11月10日閲覧。 SCP財団日本支部。 2020年1月6日閲覧。 The Administrator 2008年7月25日. 2013年11月10日閲覧。 2015年12月10日閲覧。 Edge Online. Aug 30, 2012. 2012年11月16日時点のよりアーカイブ。 2015年12月23日閲覧。 Diver, Mike 2016. on undertowgames. com 2017• GeekInsider 2013年10月16日. 2016年11月17日閲覧。 Rich 2013年9月21日. 2013年11月10日閲覧。 2013年9月23日. 2016年11月17日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• この項目は、に関連した です。

次の

SCPの入り口としておすすめの20体を紹介します【初心者向け】

ゆき や scp

考察系youtuber・キリンがさんが話題に挙げた 「SCP」というワードが注目を集めています。 しかしながら多くの方が「結局のところ、SCPって何なの?」と疑問に感じているようで、その存在自体も謎に包まれているんですよね; ということで今回はSCPの概要について、分かりやすく紐解きたいと思います。 SCPは架空の組織だった!? いきなり核心部分に触れると、SCPこと「SCP財団」とは、実をいえば「架空の組織」の名称なんですよ! 興味がない人にとってはかなり理解しづらい部分が多いと思うのですが、SCP自体が一種の「ネタ」のようなものであり、現実にそのような財団が存在・機能しているという事実はありません。 その一方で「空想上の産物・SPC」の名のもとに多くの人たちが集まり、SCP財団を舞台に同じ世界観を共有する作品群をアーカイブした、シェアワールド形式の「短編ホラー投稿サイト」が運営されていることは事実です。 参加者たちはSPCが実在しないことを承知の上でネタに乗っかり、その不気味な設定を真剣に楽しんでいるわけですね^^ 「実在する財団ではないが、ネット上の投稿サイトとしては稼働している」というのが、SCPの真実なのです。 スポンサーリンク? SCPが誇る奇妙な収容物とは 次に、SPCに参加する人々が共有する「SPCの大まかな設定」について説明しましょう。 SCP財団は、SCPと呼称される自然法則に反した異常な存在・場所・物体・現象の保護・研究を世界各国の政府より委任された秘密組織(という設定)です。 組織として、一般市民の目に触れればその日常生活や正常な感覚を揺るがしかねない危険な存在を保管・研究しているわけですね。 それゆえ財団の収容物にはとても不気味なものが多いのですが、その一つひとつが「特別収容プロトコル(Special Containment Procedures)」のファイル番号にて識別されています。 特に有名な収容物は 「アイテム番号 : SCP-173」でしょうか。 SCP-173は施錠されたコンテナに収容されている巨大な人間の胎児のような姿をしたSCPで、一見彫像のようですが生きており、コンテナ内の入室者が一瞬でも目を離すと高速で近づき首の骨を圧断、または締め上げて殺害するという超・危険生命体(という設定)なのです! こちらの生命体について調べると、すぐに不気味な画像に行き当たるので、「え、実在するの!?」と驚く人も多いことでしょう。 ただ種明かしをしますと、SCP-173の写真は日本の画家・彫刻家として活躍する加藤 泉さんの作品「無題 2004」を二次利用しているですよ^^; 更に付け加えると、作品本来のコンセプトは何らSCPと関係していないのですが、加藤さんは「非営利に限る」という条件のもとで、SCP財団およびそのファンに対し「無題 2004」の画像を利用することを許可したのです。 う~ん、これは完全に加藤さんのご厚意によるものであり、氏の懐の深さが伺えますよね。 そんなわけで、SCPの収容物に目を引くような魅力あふれる作品が多いことは確かなわけです! 時折「世界中を見渡せば、本当にそんな組織も実在するんじゃないか?」と錯覚することもあり、現実と虚構が入り混じっているあたりがSCPの面白さであるとも感じますね。 人々が真剣にふざけた結果として、大変興味深いコンテンツではあります。 スポンサーリンク?

次の

ゆきやの顔や本名が凄い!?マイクラで収入も増えている?

ゆき や scp

そもそも「SCP」「SCP財団」とは? そもそも 「 SCP(エスシーピー)」って何? と思う方もいるでしょう。 そこで SCP財団Wikiの日本語版から概要を引用します。 SCP財団Wikiについて SCP財団Wikiは、都市伝説及び現代ファンタジーをテーマとした共同創作サイトで、超常の物品・存在を収容し、人々の目から遠ざける秘密組織「SCP財団」 を舞台としたフィクションです。 大元である「SCP Foundation Wiki」は英語のサイトですが、その世界設定とサイトルールを基に多数の言語で派生サイトが作成されています。 このサイトはその一つである「日本語版」です。 2013年12月に公式な派生サイトとして認定されました。 上記の通り、架空の存在を収集する秘密組織「 SCP財団」を舞台に、主にその関係者による報告書・レポートという形で記事が作成されています。 誰もが記事を作成でき、規定に沿った形で作成すれば公式にも寄稿できます。 都市伝説及び現代ファンタジーと書かれていますが、ひとことで言うと恐怖系の内容が多くなっています。 SCPは「特別収容プロトコル( Special Containment Procedures)」の略で、SCP財団をざっくり言うと 人智を超えた存在を保護・研究する機関だと思って頂ければOKです。 SCPの世界はいわゆる「 シェアードワールド」の一種で、同じ世界観を複数の者が共有、創作をして世界を広げていく作品群です。 わかりやすく言えば 有志で作るX-ファイルってイメージでしょうか。 クトゥルフ クトゥルー 神話なんかもシェアーワールドですね。 SCP財団の世界観や記事は、一部のオカルト、ファンタジー、SF好きに大変" 刺さる"ものでして…… 私も例に漏れず、SCPの世界観にドップリと脚を踏み入れてしまっている一人です。 今回はそんなSCP記事から、 人気が高く秀逸な記事を20本紹介したいと思います。 「アイテム番号」はそのSCPの通し番号で、「 オブジェクトクラス」は ワンパンマンで言う災害クラスや 幽遊白書でいう妖怪ランクみたいなものだと思ってください。 細かくは説明しませんので、ぜひリンク先に飛んでその雰囲気を楽しんでほしいです。 0ライセンス 』に従います。

次の