先天 性 呼吸 器 機能 低下 過 眠 症候群。 先天性中枢性低換気症候群 概要

セロクエル25mg錠の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

先天 性 呼吸 器 機能 低下 過 眠 症候群

英 , 同 関。。 血清カリウム <3. 4-4. カリウム分布の異常• 発作時、インスリン・グルコースの投与 細胞のNa-K ATPaseを活性化するため• 体内カリウム量の低下• 摂取低下• 高齢者、神経性食欲不振症• 喪失亢進• 、、 を合併• 尿からの喪失• 内分泌 、 、• 腎 、、• 医原性 利尿薬の使用 病因 ぽけめ• 細胞間シフト• アルカレミア、インスリン使用、カテコラミン使用、低下リウム性周期性四肢麻痺、急激な造血 VB12で治療中の巨赤芽球性貧血、AMLの急性転化 、低体温• 低血圧または正常血圧 アシドーシス:DKA、RTA 近位RTA 2型 と多くの遠位RTA 1型 アルカローシス 利尿薬、嘔吐、NGTドレナージ 続発性高アルドステロン症 Bartter症候群 HHenleのループ機能異常:フロセミド様効果 Gitelmann症候群 遠位曲尿細管の機能異常:サイアザイド様効果 Mg欠乏:遠位でのK分泌亢進が原因の可能性• 高血圧性:ミネラルコルチコイドの過剰 原発性高アルドステロン症:Conn症候群など 続発性高アルドステロン症:腎血管性疾患、レニン分泌性腫瘍 非アルドステロン性ミネラルコルチコイド Cushing症候群、Liddle症候群、外因性ミネラルコルチコイド、肝臓 病態生理 検査 鑑別診断のために• QRS幅延長• T波の平低化、 U波出現• ST低下• 期外収縮• HIM. 282• 神経系:感覚鈍麻、傾眠傾向、無関心• 心血管系:心筋壊死、心筋線維症、、末梢血管収縮• 消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、 イレウス• HIM. 282• 泌尿器:多尿、腎濃縮力低下、糸球体濾過量・腎血漿流量低下、尿細管間質性腎炎、慢性腎盂腎炎• 282 、その他の代謝異常 負の窒素バランス、代謝性アルカローシス 低カリウム血症による腎機能不全 uptodateより• 集合管におけるADHに対する反応性低下と関連づけられている The concentrating defect is associated with decreased collecting tubule responsiveness to antidiuretic hormone が、完全によく分かっていない。 2つのことは少なくとも寄与している;アクアポリン2の発現の減少、Na-K-2Cl共輸送対の活性の低下。 increased ammonia production• increased bicarbonate reabsorption• altered sodium reabsorption• hypokalemic nephropathy 合併症• を誘発 治療• カリウム製剤内服• 1 原因• 2 症状• 3 代表疾患• 4 カリウム欠乏量• 5 カリウムの人体内のふるまい• 6 腎性尿崩症の原因としての低カリウム血症• 7 関連項目• 8 脚注 原因 [編集 ] カリウムの摂取不足や、細胞内カリウムとの平衡が細胞側へ傾いたり、腎臓からのカリウム排泄が亢進する事によって起こる。 症状 [編集 ] 低カリウム血症の症状としては、高血圧、疲労、筋力低下、神経機能の低下、不安、イライラ、抑うつ、睡眠障害、虚弱、便秘、乾燥肌などがある。 軽度の低カリウム血症では、若干血圧の上昇 [1],や不整脈を引き起こすことがあるが、特に症状がみられないことがしばしばある。 中程度の低カリウム血症では筋力の低下、筋肉痛、痙攣、便秘などの症状を引き起こす。 さらに重症な低カリウム血症では、麻痺、自律神経失調、強度の筋肉痙攣などが起こる。 深刻な低カリウム血症を伴う横紋筋融解症の報告がある。 骨格筋機能の重度の障害からくる呼吸不全は稀なことではない。 代表疾患 [編集 ] 原発性アルドステロン症 鉱質コルチコイドの異常な分泌によって、血清ナトリウム濃度が上昇する代わりに腎臓からのカリウム排泄が亢進する。 腎血管性高血圧 腎臓の血管に障害が起こって腎血流が低下し、これを体全体の血圧の低下と勘違いした腎臓が血圧を上げるホルモン : レニンを分泌して、鉱質コルチコイドが駆動されて、血清ナトリウム濃度が上昇する代わりに腎臓からのカリウム排泄が亢進する。 クッシング症候群 糖質コルチコイドの鉱質コルチコイド作用によって、血清ナトリウム濃度が上昇する代わりに腎臓からのカリウム排泄が亢進する。 ギテルマン症候群 腎臓の遠位尿細管におけるサイアザイド感受性NaCl共輸送体の遺伝子異常による。 リドル症候群 腎臓でのアミロライド感受性ナトリウムチャンネルの抑制不全によってカリウム排泄が亢進する。 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群 抗利尿ホルモンの異常な分泌によってカリウムに比べて相対的に水の排泄が弱まり、血清カリウム濃度が低下する。 バセドウ病 甲状腺ホルモンの影響で、血液から細胞内へカリウムの移動がおこるため。 周期性四肢麻痺を来たす。 褐色細胞腫 カテコールアミンの異常な分泌によって末梢血管収縮が起こり循環血液量が減るため腎臓よりレニンを分泌して鉱質コルチコイドが駆動され血清ナトリウム濃度が上昇する代わりに腎臓からのカリウム排泄が亢進する。 カリウム欠乏量 [編集 ] 基本的に高カリウム血症とアシドーシス、低カリウム血症とアルカローシスが連動するという経験則がある。 数値的なことを言うと、pHが0. 1下がると血清カリウムは0. 5上がるといわれている。 そのためカリウム欠乏量を計算する時は酸塩基平衡も一緒に考えなければならない。 pHが7. 4の場合のカリウム欠乏量は以下のようにまとめられる。 5 100 3 200 2. 5 400 もしpHが7. 3でKが3. 大体電解質の補正は3日くらいで行うことが多く、カリウムの補正につかうKCl製剤は1キットで20mEqのものが多い. カリウムの人体内のふるまい [編集 ] 維持輸液で必要なカリウムは一日あたり20~40mEqであるが、経口摂取では一日50~100mEq必要であるといわれている。 正常人ではカリウムは摂取量と同じだけ尿中に排出されることが知られている。 即ち、腎障害がなければ尿中カリウム量からカリウム摂取量を予測することができる。 尿中のカリウム排出の調節はCCT(皮質部集合管)で行われる。 ここはカリウムの尿中への分泌を行う器官であり、体内のカリウムが過剰なときはカリウム分泌を促進させホメオスタシスの維持を行う。 CCTでのカリウム分泌量調節因子としては以下のものが知られている。 CCTへ到達する尿量 CCTへ到達するナトリウム量 アルドステロン pH カリウム摂取量 低カリウム血症の場合はそれが腎からの排出亢進によるものか、摂取不足によるものかを区別する。 これは部分排泄率を用いることで簡単に区別することができる。 カリウム部分排泄率(FEK)は通常12. 5~25%である。 血清カリウムが低下しており、部分排泄率が増加していれば腎からの排出亢進、部分排出低下をしていれば摂取不足であると判断できる。 腎性尿崩症の原因としての低カリウム血症 [編集 ] しばしば、教科書では高カルシウム血症と低カリウム血症を同時に扱うことがある。 両者とも集合管のADH感受性を低下させ腎性尿崩症を起こすことが知られている。 悪性腫瘍患者の高カルシウム血症と糖尿病患者の低カリウム血症に伴う腎性尿崩症は患者を死に至らせることもあるため注意が必要である。 糖尿病性昏睡での治療失敗の原因の多くはカリウムの補正が足らず、極度の脱水の患者が腎性尿崩症にいたり、さらに脱水が助長されるという悪循環によるものである。 しかし高カリウム血症も不整脈により死にいたる病態であるため、このさじ加減は非常に難しい。 関連項目 [編集 ]• 高ナトリウム血症• 低ナトリウム血症• 高カリウム血症 脚注 [編集 ]• 1989 Increased blood pressure during potassium depletion in normotensive men. NEJM. , 320 18 :1177-82; PMID 2624617. この項目は、 医学に関連した 書きかけの項目です。 この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(プロジェクト:医学/Portal:医学と医療)。 UpToDate Contents 全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe. clinical manifestations and treatment of hypokalemia in adults• causes of hypokalemia in adults• evaluation of the adult patient with hypokalemia• hypokalemia in children• approach to the patient with hypertension and hypokalemia Japanese Journal• 症例 15歳時に遺伝子解析により確定診断された乳児期発症の3型Bartter症候群の1例• 前山 昌隆,石田 允,赤木 幹弘• 小児科 52 4 , 503-506, 2011-04• 症例 高度の 低カリウム血症により歩行困難となった高齢者の1例• 鳥本 桂一,岡田 洋右,西田 啓子 [他]• 内科 107 4 , 743-745, 2011-04• 副腎腫瘍の病態生理と臨床像 原発性アルドステロン症 内分泌腺腫瘍--基礎・臨床研究のアップデート -- 副腎腫瘍• 田辺 晶代,成瀬 光栄,肥塚 直美• 日本臨床 69 - 995 , 484-488, 2011-03• 緊急手術中の 低カリウム血症の原因が芍薬甘草湯長期内服であったと術後に判明した1症例• 安田 忠伸,平崎 裕二,小口 麻衣子 [他]• 麻酔 60 2 , 244-246, 2011-02• Related Links• 低カリウム血症(ていカリウムけっしょう)は、血清中のカリウム濃度が低い状態である。 1 原因; 2 症状; 3 代表疾患; 4 K欠乏量; 5 Kの人体内のふるまい; 6 腎性尿崩症 の原因としての低カリウム血症; 7 関連項目; 8 脚注. [編集] 原因. カリウムの摂取不足... 低カリウム血症。 低カリウム血症とはどんな病気か 体のなかのカリウムのほとんど(98 %)は細胞のなかにあり、残りのわずか(2%)が血液中など細胞の外に存在しています。 しかし、血液中のカリウムは細胞のはたらきを調節するう gooヘルスケア 家庭の... 次の文を読み、19~21の問いに答えよ。 28歳の男性。 意識障害のため救急車で搬入された。 現病歴 : 6年前、入社時の健康診断で高血糖と尿糖とを指摘されたが、症状がないため放置していた。 半年前からロ渇と多尿とがあり、ジュースやスポーツドリンクをよく飲むようになっていた。 最大体重27歳時94kgであった。 1か月前から体重が急激に減少し、倦怠感が増強していた。 今朝からぐったりとなり意識がもうろうとなった。 既往歴 : 子供のころから肥満であった。 家族歴 : 父と兄とが糖尿病である。 現症 : 傾眠傾向で、大声で呼ぶと開眼する。 身長176cm、体重84kg。 体温 36. 眼瞼結膜に貧血を認めず、眼球結膜に黄疸を認めない。 口唇と舌とは乾燥している。 心雑音は聴取しない。 肝は右肋骨弓下に2cm触知する。 浮腫は認めない。 アキレス腱反射は両側消失している。 検査所見 : 尿所見:比重1. 036、蛋白 - 、糖4+、ケトン体3+。 血液所見:赤血球480万、Hb14. 6% 基準4. 3~5. 8 、総蛋白7. この患者の検査所見で予想されるのはどれか。 32歳の男性。 のため搬入された。 24歳時に入社時の健康診断でを指摘されていたがそのままにしていた。 6か月前からととがあり、ジュースやスポーツドリンクをよく飲むようになった。 最大体重は1年前で95kgであった。 1か月前から体重が激減し、全身倦怠感を自覚するようになった。 今朝からぐったりとなり、夕方になって家族が救急車を要請した。 父と兄とが糖尿病である。 意識レベルはJCSII-20。 身長176cm、体重84kg。 体温36. 口唇と舌とが乾燥している。 血液所見:赤血球510万、Hb 15. この患者で考えられるのはどれか。 c 抗GAD抗体陽性• 46歳の女性。 多尿を主訴に来院した。 半年くらい前からトイレが近いことを徐々に自覚するようになった。 最近になり就寝後にも2回程度トイレに行くようになったため受診した。 排尿後は夜間であっても大量の水を飲んでしまうという。 他に腹痛などの自覚症状はない。 2年前から肝疾患で内服治療中である。 身長 156cm、体重 54kg。 心音と呼吸音とに異常を認めない。 腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。 四肢に異常を認めない。 尿所見:比重 1. 004、蛋白 - 、糖 - 、ケトン体 -。 血液所見:赤血球 421万、Hb 13. 血液生化学所見:アルブミン 4. 6~6. 多尿の原因として最も考えられるのはどれか。 39歳の男性。 朝食前に強いがあり来院した。 6か月前から食事前になると動悸とめまいとを感じていた。 最近、食欲は亢進気味で肥満の傾向がある。 身長165cm、体重70kg。 眼瞼結膜に貧血を認めない。 血液所見:赤血球445万、Hb14. 腹腔動脈造影写真を以下に示す。 予想される病態はどれか。 72歳の男性。 悪心と意識障害とのために家族に伴われて来院した。 6か月前に肺扁平上皮癌と診断され、化学療法を受けた。 終了後、外来で観察されていた。 2日前から尿量が多くなり、食欲不振と口渇とが出現した。 昨日から悪心を伴うようになり、いつも眠っているようになった。 意識はやや混濁し、呼びかけに対して容易に反応するが、時と場所に対する失見当識が認められる。 ばち指を認める。 右下肺にcoarse cracklesを聴取する。 心電図でQT時間の短縮を認める。 最も考えられる電解質異常はどれか。 薬物と副作用の組み合わせで間違っているもの• a 静脈性尿路造影剤-• b -• c -• d -• e - 「 英 , 同 関 概念• 常染色体劣性遺伝 AR• RAA系の亢進 にもかかわらず 正常血圧、浮腫の欠如• 低カリウム血症、代謝性アルカローシス• 傍糸球体細胞の過形成• これにより血圧上昇がキャンセル?• 遺伝子異常• 1 [] Bartter syndrome, type 1 601678 [] SLC12A1 600839 [] 2 11q24. 3 [] Bartter syndrome, type 2 241200 [] KCNJ1 600359 [] 3 1p36. 13 [] Bartter syndrome, type 3 607364 [] CLCNKB 602023 [] 4A 1p36. 13 [] Bartter syndrome, type 4, digenic 602522 [] CLCNKB 1p32. 3 [] Bartter syndrome, type 4a BSND 606412 [] Sensorineural deafness with mild renal dysfunction 4B 1p36. 13 [] Bartter syndrome, type 4b, digenic 613090 [] CLCNKA 602024 [] 病態 uptodate. 尿希釈能低下:ヘンレループ上行脚と遠位曲尿細管の療法は尿希釈に重要な部位であり ADHの作用がない条件下で、水の移動なしにNaClを再吸収できるので 、本疾患では尿希釈能の低下をきたす。 しかし、出典不明の情報では、RAA系の亢進による血圧上昇がプロスタグランジンE2による血圧低下で相殺され、血圧正常とあるが、、、どうなの?出典はYNらしい。 尿中カルシウム:正常~増加• 血清マグネシウム:正常~軽度低下• [charged] バーター症候群およびギテルマン症候群 - uptodate• [charged] 原因不明の代謝性アルカローシスおよび低カリウム血症:嘔吐;利尿薬;ギテルマンまたはバーター症候群 - uptodate OMIM• BARTTER SYNDROME, ANTENATAL, TYPE 1 [display]• BARTTER SYNDROME, ANTENATAL, TYPE 2 [display]• BARTTER SYNDROME, TYPE 3 [display]• BARTTER SYNDROME, TYPE 4A [display]• BARTTER SYNDROME, TYPE 4B [display] 国試• 「 英 同 関 、 研修医当直御法度 症例帳 p. 組織へのカルシウム蓄積を引き起こしうる BPT. 27 病因• 甲状腺腺腫などによるPTHの分泌亢進• 腫瘍に随伴• 2-1. 2-2. 腫瘍の骨転移により、が骨破壊。 肉芽の構成成分であるマクロファージがビタミンD3を産生?• や骨粗しょう症の薬として1,25 OH 2D3製剤。 4-1. チアジド系利尿薬の慢性使用により体液量が減少し、近位尿細管での再吸収が亢進するため GOO. 755 ??• 家族性低Ca尿性高Ca血症• その他 ???? ICU. 558 ECGP. 223• , の中毒• USMLEより• Caused by calcium ingestion , hyperparathyroid, hyperthyroid, iatrogenic , , , , Neoplasms, , Excess , Excess ,. Calcium ingestion• Iatrogenic• Multiplemyeloma• Paget's disease• Addison's disease• Neoplasms• Zollinger-Ellison syndrome: ZES単独ではなく、MEN Iによるparathyroid tumorに続発した病態• Excessive vitamin D• Excessive vitamin A• Sarcoidosis 定義• 血清カルシウムが正常上限を超える場合。 血清総Ca 8. 6-10. 血清Caイオン 1. 15-1. 6-5. HIM. HIM. 285• 精神・神経症状:錯乱、昏迷、昏睡。 イライラ感、うつ傾向 QB. D-339• 消化器:食欲不振、悪心・嘔吐、 便秘。 膵炎、 消化性潰瘍。 腹部膨満 腸管運動抑制による QB. D-339• 消化性潰瘍:高カルシウム血症は胃酸分泌を促進する• :高カルシウム血症はの分泌を亢進する。 558• 急性腎不全• 腎不全は一般的に低カルシウム血症となるが、高カルシウム血症に起因する腎不全は例外。 高カルシウム血症は腎の濃縮力を低下させる HIM. D-339• 心血管:血管収縮による高血圧 出典不明!!。 徐脈、房室ブロック、QT短縮 HIM. 284。 D-147には血圧上昇、ICU. 558には低血圧とある。 筋 :筋力低下、筋痛• 全身:易疲労感• 異所性石灰化 強膜にカルシウムが沈着• 多尿による脱水、高血圧、徐脈 心電図 EAB. 114 SP. 94,524• QRS幅については延長する場合もある EAB. 114• 558• 細胞外液の補充• [display] 国試• 「 英 同 関 、 病因• 腎血管性• 内分泌性• 代謝異常• 過剰産生• 薬剤性• による• 妊娠誘発性 二次性高血圧を連想する症状• :、、、腎疾患既往• :、急激な血圧上昇、、• :四肢脱力、、• :、、皮膚線状、• :発作性・動揺性高血圧、動悸・発汗、、• :、、活動性減少、脂質・CK・LDH上昇• 混乱がひどくなってきたと訴え娘と。 娘の話では3週間前より混乱のが始まっており、はには無かった。 はの、、 も訴えていた。 のは時よりをしていたがのをうったえて2ヶ月前に、1日2. 5mgに切り替え特になかった。 :単身であり、近くに娘が住んでいる。 嗜好歴:、喫煙共に無し。 薬:薬無し。 の薬品屋でした剤は飲んでいる。 異常心音認めず。 の浮腫無し。 、なし。 との無し。 局所神経無し。 にと を認める。 は認めない。 investigations 、の、低下、低下。 S 混乱 はにに 5年前より2ヶ月前まで。 C-62 ・禁忌は? 、、、。 C-62 ・特徴 医学用語辞典より ・降圧利尿薬として本態性症に対する第一選択薬の1つとして用いられる。 ・有効率が高いこと、至適用量の個人差が少ないこと、効果の発現が緩徐で過度の降圧を来さないことなどの利点を有している。 ・心臓のに選択的に作用し、本態性、、に対して有用性が認められている。 ・以外にも、混乱や障害の評価にも使われている。 ・10の項目があって、答えられると1点。 6点以下で や が疑われる。 広義: の過剰分泌により、を伴った低レニン性高血圧を呈する疾患。 狭義: によりが過剰分泌している疾患 疫学• 30-50歳に多く、女性に多い。 D-59 病因• 5-1. 2cm以下の小さなものが多い、らしい。 病態 参考2• 浮腫は生じない:aldosterone escapeによる。 高血圧• 低カリウム血症:アルドステロンの影響で皮質集合管で排泄される。 正常な場合もある。 詳しくは資料2• 高ナトリウム血症:中等度。 低マグネシウム血症:アルドステロン過剰による。 ヘンレのループ上行脚でマグネシウムの再吸収が行われるが、aldosterone escapeが持続している場合、マグネシウムの再吸収が抑制される。 スクリーニング:血漿アルドステロン濃度 PAC、血漿レニン活性 PRA の測定• 確定検査:、、 診断• 血清アルドステロン濃度の高値、血漿レニン活性の低値、コルチゾール分泌正常 治療 治療目標• 血漿中のアルドステロン濃度を正常化、あるいは鉱質コルチコイド受容体を阻害すること。 治療法の原則 参考1• 片側の病変は手術療法で治療可能である。 特発性高アルドステロン症は鉱質コルチコイド受容体拮抗薬で治療する。 糖質コルチコイド反応性アルドステロン症は生理的な量の糖質コルチコイドの投与で治療する。 疾患別治療法• :外科的摘除。 アルドステロン受容体阻害薬は手術ができない場合、患者が拒否する場合に選択。 : アルドステロン受容体競合阻害薬 、 副腎皮質酵素阻害薬。 高血圧が持続する場合には利尿薬やACE阻害薬も追加できる。 両側副腎の病変部のみを切除したり、一側の腎を切除する手術方法があるが、薬物療法に比べて最適な治療とは言えない。 : 参考• [charged] Treatment of primary aldosteronism - uptodate• [charged] Clinical features of primary aldosteronism - uptodate 「 英 , , watery diarrhea, hypokalemia and achlorhydria 同 、 , 、 、??? ??? 関 、。 血管作働性腸管ポリペプチド産生腫瘍 による症候群であり、水様下痢・低カリウム血症・無胃酸症を伴う症候群• + + -WDHA症候群 「 英 同 関 、、• 植物の灰 pot-ash が由来らしい• 原子番号:19• 原子量:39. 10 カリウム濃度を調節する要素 PT. 481-482• 血液のpH• Na-Kポンプの活性化による。 例外 水・電解質と酸塩基平衡 改訂第2版 p. 153• 水素イオンと共に投与される陰イオンが細胞内に移行しうる場合、電気的中性は保たれるのでカリウムイオンは細胞外に移動しない。 4-4. E-128• 再吸収 :近位尿細管、ヘンレループ• 分泌・吸収:集合管 QB. E-128 、遠位尿細管 QB. E-130 、皮質集合管の主細胞 参考1 調節するファクター• アルドステロン• 集合管に到達するナトリウムイオン:集合管では能動的にナトリウムが再吸収されるが、電気的中性を保つために受動的にカリウムが管腔側に移動する。 参考1 臨床関連• 尿中カリウムの異常• 低カリウム血症• [charged] Pathophysiology of renal tubular acidosis and the effect on potassium balance - uptodate 「 英 , pathy• 検査や徴候に加えて 症状が出ている状態?.

次の

[71] 危険な不整脈とその治療

先天 性 呼吸 器 機能 低下 過 眠 症候群

眼球が前に出る原因は、眼の後ろの眼窩(がんか:眼球が入っているスペース)の炎症のためです。 また眼球を動かす筋肉が炎症を起こして正常に機能できなくなると、眼球が正常に動くよう調節するのが困難あるいは不可能になり、その結果ものが二重に見えます。 まぶたを完全に閉じられないため(眼瞼遅滞[eyelid lag]と呼ばれる)、外から入る細かい異物で眼が傷ついたり乾燥したりします。 これらの眼の変化は、他の甲状腺機能亢進症の症状より早く現れてバセドウ病の早期の手がかりになることがありますが、多くの場合は他の症状に気づいてから眼の変化が起こります。 眼の症状は、過剰な甲状腺ホルモンの分泌を治療して制御した後も現れたり悪化したりすることがあります。 チアマゾールと プロピルチオウラシルは、甲状腺機能亢進症の治療に最も多く用いられている薬です。 これらの薬には、甲状腺からの甲状腺ホルモン分泌量を減らす働きがあります。 いずれも経口薬で、最初は高用量で投与が開始されますが、後に血液検査の結果をみて調節されます。 これらの薬によって通常は、甲状腺機能を6~12週間以内に制御できます。 大量に使用すると速く作用しますが、副作用のリスクが高くなります。 プロピルチオウラシルを若い人に使用すると肝臓に損傷を与える可能性があるため、通常はチアマゾールが好まれています。 妊娠している女性がプロピルチオウラシルやチアマゾールを服用する場合、綿密なモニタリングが行われますが、これはこれらの薬が胎盤を通過して胎児に甲状腺腫や甲状腺機能低下症を起こすおそれがあるためです。 欧州で広く使用されているカルビマゾールは体内でチアマゾールに変換されます。 甲状腺の一部を破壊する治療として、 放射性ヨード(放射性ヨウ素)を経口投与する方法もあります。 体全体が受ける放射線はごくわずかであり、甲状腺がヨウ素を取り込んで濃縮するため、放射線の多くが甲状腺に運ばれます。 入院が必要になることはまれです。 治療を受けた人は、2~4日間は乳幼児に近づかないようにして、パートナーとは約2メートル以上離れた別のベッドで寝るべきです。 職場では特別な予防策を講じる必要はありません。 ただし、妊娠は6カ月程度避けるべきです。 放射性ヨードによる治療を受けた場合、その後数週間は、空港などの場所で放射線検知器のアラームが反応する可能性があります。 そのため公共の交通機関で旅行する場合は、そうした治療を受けたことを示す医師による書面を持ち歩くようにします。

次の

[71] 危険な不整脈とその治療

先天 性 呼吸 器 機能 低下 過 眠 症候群

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の